FC2ブログ
≪ 2018 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 12 ≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ更新停止のお知らせ 

突然のお知らせです
結婚することが決まりました!

なんというか・・・いろいろと信じられないです。
こんな私が・・・こんあゲームオタクが・・・
人を愛して、人に愛されるようになったんですからね。
「どうしてこうなった・・・」
これでも、いろいろと悩んできました。
これが人を好きになるということなのか・・・
そんな、戸惑いとの戦いでしたね。

苦悩して、悩んで・・・
初恋は実らない、とよく言われますけれど。
訪れるのが遅かった私は、ストレートでゴールすることになりました。
そんな私の恋の体験も。
実は記事として文字にはしてあるんですけれど、恥ずかしくて下書きとして眠ったままだったりしますw。

今ですら、時間が取れにくくなっていて、停滞することが大きかったブログでしたけれど。
これから、新しい人生を歩んでいくことを考えると。
毎日の更新はここでおしまいとさせていただきます。

ちょうど区切りが12月25日。
プロボーズのあった12月のクリスマスでの終わりは、キリがいいものだなって思いますね。

しかし、ゲーム人生はまだまだ終わりません。
ブログ自体も、ゲームの感想など、たま~に更新で進めていくつもりではあります。

光星煌めく旅路へ
私の旅はまだまだ終わらない。
光り輝く希望へ向かって、歩み続ける。
生涯の伴侶と共に。
スポンサーサイト

ニノ国2 感想 

steam版「二ノ国II  レヴァナントキングダム」の感想です。

二ノ国シリーズは、これがはじめてのプレイでした。
前作をプレイしていなくても、ストーリーを楽しむことができました。

ジャンルはアクションRPG。
シンボルエンカウントと戦うことにより、攻撃やスキル、アイテムを用いた、アクション性のバトルとなります。
最近のゲームに比べて、とてもシンプルで分かりやすかったです。
スキルを使うためには、通常攻撃を当ててMPを貯めなければならない仕様かな。
回復はほぼアイテム頼りになってしまうと思います。
戦闘自体はもっさりしているので、あまり楽しさは感じられなかったけれど。
ザコ敵とのエンカウントでは、一度に多勢と相手にすることが多く・・・
スキルを使って、薙ぎ払う爽快感はありました。
ボス戦では、ゼルダのような手順を踏まなければ倒せないボスもいましたね。

二ノ国を語る上で、最も評価されるのが、グラフィックだと思います。
ジブリのような、アニメの絵で、ゲームの世界を楽しむことができるのは、すごいなって思いました。
私、PS4持っていないですからね。
普段、任天堂機ばかりプレイしていることもあって・・・
これが最先端のゲームなんだなって、感動してしまったぐらいですw。
陽気で盛り上げてくれるBGM、個性豊かな登場人物達。
人だけではなく、亜人や精霊などが織りなす世界観が引き込んでくれます。


そして、二ノ国Ⅱと目玉システム・・・国造り!
リアルタイムで一定時間経つと、報酬が貰えて。
好きなように・・・とはいっても、決められた場所で配置するだけ。
自由度は少ないんだけれど。
それでも楽しかった・・・
自分の国が、発展していくのを見ていると、わくわくしてきますねw。
リアルタイムなので、ダンジョンやクエストをクリアするたびに・・・
王国へ戻って、国の発展を期待しながら、プレイしていましたw。
うん、この面白さはFFの「小さな王様と約束の国」に通じる面白さがある!
せめて、配置ぐらい私で決めることができたら、もっと良かったんだけれどねー
人材については、数が多すぎて、掌握する必要がなくなってしまったのが残念かな。
スキルやレベルも、存在する割には、対して重要もなし。
モブキャラを作らず、一人一人の顔グラを作られているのはよく出来てしますけれど。
その分だけ、勿体無いなって、感じてしまいますね。

後、私の不満点は・・・
8000円の割には、ストーリーのボリュームが少なすぎるかなあ。
やりこみ要素は多い、けれど。
私みたいなエンディングを区切りとしているゲーマーにとっては、ちょっと物足りないかな。
クエストや国の発展などで時間を使いましたけれど。
メインストーリーだけだったら、呆気ない終わりになってしまうと思います。
詰むことを避けるためか、メインストーリーのボスは弱め。
クエストやネームドモンスターの方が、圧倒的に強いという、違和感は拭えませんねw。

大逆転裁判1・2 感想 

ニンテンドー3DS「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-」 
ニンテンドー3DS「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」
の感想です。

逆転裁判シリーズは本当に久々のプレイとなりました。
プレイしたことがあるのは、アドバンス時代の「1、2、3」のみでした。
よって、感想の書き方としては、旧アドバンス時代の比較が主となってしまいますね。

さて・・・さすがは最新作の逆転裁判シリーズです。
アドベンチャーゲームとしては、とても出来がいいシステムとなっていると思います。
殺人事件が起きて、最初は何が起きたのか。
表面上の結果しか分からない状態から始まるのですが・・・
法廷のやり取りを通して、事件の裏側が少しづつ見えてくるのは。
まさに推理小説の醍醐味に近いものがあるのではないでしょうか?
ただ、単に考えもなしに進めていくよりも。
自分の中で推測を持って、展開を予測してくようなプレイングの方が、逆転裁判は楽しめると思っています。

それと、アドバンス時代よりも、かなり分かりやすく、プレイしやすくなっていると感じました。
難易度自体は、かなり落とされているはず。
”突拍子もないこと”もなくなり、読んでいけば、”ここでこの証拠品が関わってくる”というのが、感じられますから。
ゲームとしてのバランスも、私としてはよく出来ているなあって思います。
ただし・・・2の3章だけは別格ねw
あの章の終盤だけは、私も中断セーブとロードを繰り返しちゃったなσ(・ω・*)
まあ、アドバンス時代と違って、すぐにやり直すことも可能なので。
初心者が逆転裁判シリーズに手を付けやすい作品ではあると思います。

それと、これは私に限ってなんですけれど。
この大逆転裁判シリーズをプレイする前に・・・
明治村で主催された『「容疑者」夏目漱石最後の事件』に参加していました。
だから、大逆転裁判シリーズに出てくるホームズさんや夏目漱石が、脱出ゲームの冊子とは違うイメージで・・・
原作でプレイすると、「あ、こんな感じなんだ!」という、ギャップも楽しんでいましたw。
ホームズさんに関しては、最後の最後で声も当てられていたので。
三回、キャラクターのイメージが変化する楽しみがありましたね。
濃すぎる登場人物の挙動や動きを楽しむのも、逆転裁判シリーズの良さなんではないかと思います^^

後書きたいことは・・・
久々の3DSで、3DSモードが楽しめたのも、私には良かったかなw。
最近、3DSゲームなのに、3DS機能が付いていないゲームが多い(ポケモンしかり)ですからね・・・
いっつも、3Dモードを全開でプレイしているから、純粋に楽しめていました。
これも人によるみたいんですけれど。
3Dモードでプレイしていると、画質がすごく良くなるように思えるのは、私だけなのでしょうか。

以上かな!
大逆転裁判の音楽で気に入ったのは・・・
「亜双義一真 ~使命のサムライ」
「調査」
「バロック・バンジークス 〜大法廷の死神」
でした。
マイサントラに入れておこ!

リディ&スールのアトリエ クリア! 

少し遅れた報告なってしまいましたが・・・
ニンテンドースイッチ、リディスーアトリエをクリアしました!

・・・なんで、遅くなってしまったかというとね。
これは完全な本音の部分なんだけれど。
書きたい感想がない( ゚д゚)
うん、本当に浮かばなかったので・・・
結局、放ったらかしになってしまったわけです\( ̄□ ̄)/

アトリエシリーズもずいぶんとプレイしてきましたからね。
面白かったんだけれど、これまでの感想とほぼ同一になってしまうわけですしσ(・ω・*)
まあ、今回はクリアの報告と記録ということだけで。

そうだなあ・・・
結局、不思議シリーズの錬金術システムがあまり好きにはなれなかったかな。
他のアトリエシリーズ同様、終盤には”やりたい放題”にはなるんだけれど。
パズルのマス目という制限などもあって、”気持ちよさ”というのはあまり感じられなかったかも(^_^;)

私がアトリエシリーズで挙げるならば・・・
ストーリーはシャリーのアトリエ
錬金システムはエスカ&ロジーのアトリエ
その他、クエストなどのシステム諸々の出来がいいのは、メルルのアトリエ
かな~ 個人的にはね(*´ω`*)

次回作のネルケのアトリエ。
今回もスイッチ版が出るということで、嬉しい限りです。
過去作の主人公が全員出るというのは・・・正直、どうかとは思うんですけれど。
街を作っていく、システム自体には、大いに期待してますヽ(=´▽`=)ノ

主人公の服装の存在感も、作品が進みに連れて、やばくなってる感あるかもw

ゼノブレイド2 感想 

大変、遅くなりましたけれど。
今更、ゼノブレイド2の感想です!

期待されていた大作RPG。
その期待に違えず、かなり完成度の高いゲームでした。

ストーリー面では、絵こそアニメに近いものとなりましたけれど。
その壮大なストーリーがプレイヤーを楽しまさせてくれます。
さすがに、無印のストーリーを超えることはなさそう・・・かなw
無印のストーリーは神すぎましたからね。

絵つまり、グラフィックについては、賛否両論ありますけれど。
実は、私は無印よりも2の方が好きだったりします。
このブログで何でも話しましたけれど・・・
私、中途半端な3Dってあんまり好きじゃなくって。
荒くなるぐらいならば、ドット絵やアニメ絵の方がいいって思うタイプですから。
それに、アニメ絵調だからこそ、ブレイドといった・・・
個性溢れるキャラクターを、表現豊かに再現できたではないかって。
あまり露出度の高いものだったり、明らかに狙っているものは好きではないんですけれど。
それでも、世界観を構築する上では、よく出来ていたかなって、思います。

戦闘システムについては、・・・楽しいヽ(=´▽`=)ノ
そもそもRPGのアクションってあんまり好きじゃなくって。
無印の戦闘も、やれることが少なすぎて、私にはいまいちだったりしたんです。
2では、基本的には無印と同じような戦闘の仕方なんですけれど。
ブレイドコンボを繋がていったり。
頭の中で、どんな順番に組みててていくのか考えて戦闘するのが楽しかったなあ。
AIがブレイドコンボを重視して、勝手にブレイドを変更するのは怖かったけれど。
その特徴を生かして、AIを誘導するなんて、ことも出来ましたからね。

難点は、先程も話したとおり。
AIの弱さがキャラの組み合わせの柔軟性を、邪魔していますね。
戦闘では攻撃、防御、回復。
その3パータンを維持して戦っていくのがバランスのがいいですけれど。
AIがコンボを意識して、勝手に回復から攻撃のブレイドに移ったり・・・
回復が追いつかないで、負けてしまうこともありましたから。
結局、パーティの一人は回復のみのブレイド、もうひとりには防御のみのブレイドで、固定されてしまいましたね。
個性豊かで声優さんも起用した、システム。
本当に良かったけれど、戦闘では活かしづらかった感じがありました。

・・・クロスなんてなかった!

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2023年 01月 【1件】
2018年 07月 【3件】
2018年 05月 【1件】
2017年 12月 【25件】
2017年 11月 【29件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。