≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
XenobladeXの記事一覧

XenobladeⅩ 感想 

XenobladeⅩ

まずは一言。
非常に勿体無い!
この言葉に尽きます。

惑星ミラ、この広大感は素晴らしいです。
ただ探索しているだけでも、その光景に心を奪われてしまう程ですし。
いくつかの洞窟を発見して、冒険しているのでも、ワクワクしてきます。
種類多い敵グラフィック、巨大なボスとの戦いなど。
世界観は非常にうまく構成されていました。

しかし、その世界観をうまく生かせなかったのがバランスだと感じています。
とにかく戦闘がだるいし、楽しくない・・・RPGとしては致命的であるかもしれませんね。
生身で冒険したくなる気持ちはあるんですけれど。
すぐに敵に発見されて、戦闘となりますし。
その戦闘を終えるまでが長く、気軽に戦いたいと思えなくなってきます。
そして、冒険というよりは敵に見つからないように、スネークのような隠れてこそこそ動いていくようになってしまうんですね。

極めてドールのシステム。
こいつに頼ることで、戦闘が超楽になります。
生身で戦っていた時は、なんだったの?って思ってしまうぐらいにw。
終盤では無制限に飛べるようになってしまって、冒険システムが完全に崩壊
全て空を飛んで行けてしまうので、力を込めて作った惑星ミラの美しき風景も。
冒険するということ自体がなくなってしまい、宝の持ち腐れになってしまっていました。

つまり・・・ゼノブレイドクロスはネットゲームに近くしすぎました。
マルチプレイは私未プレイなので感想は書けませんけれど。
家庭用ゲームのRPGらしくないバランス調整だったと感じています。

XenobladeⅩ 惑星ミラ 

XenobladeⅩ

助けに来たラオさん、しかしルクザール総帥との肉弾戦により。
セントラルライフの暴走に巻き込まれ、化け物化してしまいます。
欲望が暴走し、セントラルライフを破壊しようとするラオを・・・
それでも庇おうとするリンさん・・・
zenokuro-21-1.jpg
ブレイドとしては失格なんでしょうけど・・・
それでも、今回ばかりは戦わざる負えませんね。

ラスボス戦:ラオ
このレベル42では・・・全くもって勝ち目が見い出せませんでした。
少しばかりレベルをあげて再戦しても。
zenokuro-21-2.jpg
二段階目であるラオはとにかく強い。

まず・・・ドールが使えなくなります。
敢えてもう一度いいます。(またかよ)
ドールが使えなくなります
これまで頼ってきたドールが使えず、自分で戦わなければならないのは、まさにラスボス戦と言えるのでしょうけど。
そのおかげで非常に辛いですw
それでもがんばって、HP半分以下に削ることはできたんですけれど。
キマイラの取り巻きを二体も呼び出されて、一瞬にして戦局が傾いてしまいました。

もう、圧倒的にレベルが足りないことを実感したので・・・
レベルを56にまで上げてきて再戦。
それでも難易度を下げでのバトルで、ようやく勝つことができました。
ラオ戦自体は破壊する部位が多いので、ちょっと楽しかったですw。

感動のエンディング
これまでの伏線を回収していきます。
まずグロウスが執拗に人類の肉体を狙ってきた理由を簡単に説明すると。
人類の祖先が、グロウスという種族を作り出したおかげ、遺伝子的に(?)逆らうことができないようになっているとか。
猫がライオンに歯向かわないようなものなんでしょうか。

そして、これまで主人公より主人公してたエルマさん。
実は地球人じゃなくて、異星人でしたー
zenokuro-21-3.jpg
も ど し て
赤のようなイメージの強いエルマさんでしたけれど。
姿はまるで雪の女王みたいな、寒々しい見た目をしていますね。

・・・正直な話ですよ、正直な話。
今更、異星人だーって落ち出されてもなあ・・・w。
地球人に、BBや宇宙船の技術を教えたのもこのエルマさんだとか。
これまでのストーリーもそうでしたけれど、なんでエルマさんは地球人にここまで尽くしてくれるのか。
ぶっちゃけ、セントラルライフ探しでも、エルマさん「私関係ねーし」状態だったんですからね。
そもそも、セントラルライフにエルマさん自身がコールドスリープ状態として眠っているなら。
最後のように遠隔操作して起き上がり、内部から操作することもできそうな気もするんですけれどw・

セントラルライフ内部にあり、地球人類の補完されているはずのデータベース。
墜落の際に全て壊れていたことが判明。
zenokuro-21-4.jpg
え?じゃあ、BBとして今動かしている肉体の意志はどこから来てるの?
to be contenuid
続編が出るのか、それともDLCとして次のストーリーが用意されてるのか。
楽しみではありますね!

最後に1つ。
主人公って結局なんだったの!?
一人流星の丘から動き出して・・・他のモブキャラBBと同じ、一般兵と代わりないのでしょうか・・・w
「記憶をなくしている」という伏線も一切触れられることはありませんでしたね。
これまた次回の伏線なんでしょう。
きっと!多分!

XenobladeⅩ セントラルライフ 

XenobladeⅩ 

人類がこれまで探し求めてきたセントラルライフ。
それは海上にポツンと墜落していました。
遊戯王のアルカトラズかな?
zenokuro-20-1.jpg
人類を恐れるグロウスもここの場所を嗅ぎつけており。
グロウスとの最終決戦となります。
ここからはセーブ不可、まさにラスボス戦へと入っていくことになります。

グロウス、ルクザール総帥が乗るドールとの決戦。
このドールは元々うちらが回収して、グロウスに奪還された謎の高性能ドールでした。
zenokuro-20-2.jpg
こいつもまたまた強い強い・・・
レベル50,難易度下げてもレベル45。
11章クリアしてすぐのレベルでは、非常につらいものが有りました・・・
HPを半減させると、イベントで強化されます。
黒く丸っこい援軍を呼び出してくるので、各個撃破していかないと。
HPの回復手段の乏しいゼノブレイドクロスのシステムではかなりの脅威となります。

人類の肉体が眠っているとされたセントラルライフ。

zenokuro-20-3.jpg
しかし、エルマの口から、それは嘘であったことを告げられ・・・
真実を語られることになります。

これまでの説明では、セントラルライフに眠る肉体から、クラウド型としてリアルタイムでBBと呼ばれる、今の動かしている身体と通信していると説明されていました。
zenokuro-20-4.jpg
しかし、実際の話では地球人類の肉体はとっくに滅んでしまっていたと。
ただし、脳や魂としての部分を電子化し、データだけを残すことによって。
何百万人の地球人類の意志を地球から、持ち出すことができたのだと。

なるほど、確かに道理ですよね。
肉体を残すにしても、生命維持装置を付けなければならないだろうし、何よりその分だけ場所や重量をとってしまいます。
電子化することで1つの宇宙船に詰める人間の数を増やすことに成功したのでしょうね。

それにこのセントラルライフには肉体を構成する機能が備わっています。
つまり一度は喪われてしまった肉体ですけれど。
DNAの解析からか、一から元の肉体を作り出すことも可能。
すごい!まさに未来の技術ですよね。

しかし、その機能がグロウスのウィータの攻撃によって暴走してしまいます。
タンパク質を組み分け、生命を生み出すこの装置。
暴走によって、まさに化け物を生み出してしまうのでした。
zenokuro-20-5.jpg
キマエラ✕10との戦い。
こちらはドールにのってさえ、いれば楽ちん楽ちん。
ドールの大技アーツを決めれば、一発で沈んでくれます。

まだまだ12章は続きます。

今日の一枚

zenokuro-20-6.jpg
黒鋼の大陸の存在する、謎の巨大花。
グロウスというよりも、この惑星ミラの原生生物に違いないでしょうね。
まさに食虫植物という見た目を持ち、グロテスクそのもの。
レベルが上がったら倒せるようになるのでしょうか。

XenobladeⅩ  黒鋼の大陸 

XenobladeⅩ

ようやくですけれど。
ゼノブレイドクロス、進めることができました!
レベル41制限が厳しく、なかなかレベル上げる方法が分からなくて、滞っていたのですけれど。
結局、グーグル先生に聞いて、効率の良い狩場を調べてしまいました。

そうすることで、これまでの苦労が嘘のように・・・
どんどんレベルを上げることができるようになりました。
zenokuro-19-1.jpg
フィアーマンダ狩りなど、ドールを使えば簡単に倒せてしまうんですけれど。
貰える経験値は1000近くですからね。
数10ぐらい倒せば、レベル1上がる計算となります。
正直、ストーリーと自体は難易度を下げてクリアしてしまえばいいと思っちゃってるので。
早く、エンディングを迎えたいというのが、気持ちとしてありました。

さて・・・11章ですね。
ラストが12章なのですから、もう1つ前にまで来てしまいました。
zenokuro-19-2.jpg
ラオさんの裏切り
これまで散々裏切りフラグを出しておいて。
10章ではほぼ確信に近い域にまで達していたのに、監視も付けず野鯖らしておくというのは、さすがに対応ミスでしょうにw。
まあ、確かに今まで仲間として使ってきた時期もあるから。
「信頼しすぎてしまった」という、面が大きいのでしょうね。

物語の目標である、人間の肉体が眠るセントラルライフの居場所
ラオさんがデータすべてを持ち逃げしてしまったため、主人公達は取り戻すという、ミッションを受けることになります。
場所はグロウス敵本拠地内部である、 黒鋼の大陸
危険というか、無謀に近いものがあるような気がしますけれど(;・∀・)

入り口が小さく、グロウス基地内ではドールを使うことができません。
敢えて、もう一度言います。
ドールを使うことができません
zenokuro-19-3.jpg
おかげで非常に辛いです・・・
ストーリーのイベントボスですらないので、難易度を下げることもできませんし。
必ず戦闘をしなければならない箇所も幾つか存在していますね。
レベル41ぴったしだと、なっかなかの難しさでした。

内部中枢へ行くと、ボス戦。
最初は難易度を下げずに戦ってみるのですけれど、まず勝てそうもありませんね・・・
zenokuro-19-4.jpg
このフリーダムのフルバーストみたいなマルチ攻撃。
難易度下げずに受けると、パーティ全員が即死するという、馬鹿みたいな火力。
難易度を下げたとしても、半壊するような威力でしたから困ったものです。
幸い、一戦闘に一回来るかどうかぐらいの頻度なので、全体回復のオーラヒールを使えるだけテンションを蓄えておいて。
すぐに体制を整えるように、工夫していました。

要塞内部にてラオさん発見。
このターンXみたいなドールとの戦いとなります。
ここからはドールに乗って戦うことができるため、ずいぶんと楽になりますね。
zenokuro-19-5.jpg
一定ごとに(?)、格闘無効か射撃無効になることがあるので、戦況を判断していきましょう。
特にドールはレベル上げなどのため、格闘アーツばかりに偏ってる場合が多いと思われます。
そういう時は一旦降りるというのも、選択肢に入ると思いますね。

自分の意識や魂が機械の中に保存されてしまってる・・・
死のうと死ねない状況・・・人によっては確かに地獄のように思えるのかもしれませんね。
地球から脱出際に家族を失ったラオさんの心が病んでしまったのも、分かるような気がします。

次は最終章12。
セントラルライフの位置もわかり、物語は終盤へと向かっていきます。

今日の一枚
zenokuro-20-7.jpg
本日装備していた、主人公(♀)のエロ装備。
このソフトって可愛らしい衣装は少なく、露出の高い装備ばかり多いのは不思議ですw。
今はまだファッション装備と言われる見た目だけ変えられるシステムは使えないんですけれど。
もう少し着せ替えゲームとして遊べたら良かったのにね。

XenobladeⅩ ズ・ハッグ 

XenobladeⅩ

10章、とうとう二桁に入る大詰めですね。
まだまだ終わりはなさそうだけど、どこまであるのかな。

空一面に覆い尽くす巨大モビルドール。
zenokuro-18-1.jpg
見た目、鉄の檻でも降ってきそうで、アッガイかなと思ったんだけど。
ズ・ハッグ?ズゴックかな?と連想してしまうガンダム厨でした。

こいつがまたまた強くて強くて・・・
もはや、難易度下げるのは恒例となってしまってます。
レベル上げ面倒くさいからね・・・クエスト消化はクリアしてからでもいいなって思ってしまいますし。

でも、お金はあるんだから、より強いドールを作ってみました。
今までレベル20ドールに対して、今回はレベル30ドール。
zenokuro-18-2.jpg
刀2つを持つという、厨ニ臭満載です。
今回の名前は・・・どうしようか迷ったんですけれど。
刀二本ということで、スサノオ・ガンダムにしました!
それにしては、ちょっとゴツすぎてデブってますけどねw。

そんなんで、ズ・ハッグに再戦!
しっかり地上に降りてくるのを待って、向かい打てば倒すのが楽ちんでした。
zenokuro-18-5.jpg
どんどん湧いてくる取り巻きは出てくる度に倒しておかないと・・・
HPを回復しづらいゼノクロでは、かなり厳しくなります。


HPを半分近くに削ったら・・・イベントが起きて再戦
zenokuro-18-3.jpg
上部から頭のようなものが出てきて・・・
アプサラス!?
中央のお口からゲロビでも飛んできそうですね。

正直・・・どうなってるのかさっぱり分からなかったけど。
zenokuro-18-4.jpg
バックから切りつけていれば、いつの間にか終わっていました\(^o^)/
レベル30のドールが優秀だからかもしれません。
10000ダメージをたたきこめますからねw。
エルマさんがスローネ・ドライに乗ってくれてるから、ドール2人で戦えるのは楽となっていました。

次の章に進むためにはレベル41制限・・・
正直、レベル上げが非常に面倒くさいですw

今日の一枚

zenokuro-18-6.jpg
黒鋼の大陸。
グロウス人によって機械化された火山が印象的ですね。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 05月 【27件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー