≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
THE LAST STORYの記事一覧

ラストストーリー感想 

ラストストーリーの感想です。

最初は「糞ゲー臭」から始まりました。
段々とプレイしていくうちに、ラストストーリーの世界観に浸っていきました。

このラストストーリー。
文花帖でZUNさんが定義した「世界観」、このゲームは世界観を重要視したことがよく伝わってきました。
広い広い街にたくさんの人が歩いている。
生活感に溢れていていて、喧騒も騒がしいし。
何より、人とぶつかれることによって、人がただの背景になっていませんでした。
また、傭兵→騎士見習い→騎士に移るに渡って、人にぶつかった後が違うんですよねw。
傭兵だったころは騎士にぶつかると跳ね返えされるだけで、騎士見習いだと少し吹っ飛ばせるように。
さらに騎士となると、ぶつかった後、相手がおじきをしますw。
こんな細かい設定があるのも好きになれました。

この世界観があるからこそ、ストーリーを楽しめます。
綺麗だった街やルリ城を破壊されるのは何かむかつくし、トリスタ将軍などが死ぬときも悲しくなれます。
力を入れて制作した、というのがわかるから、このゲームは良ゲーだと感じました。

小ネタが多いのもいいところですね。
ニコニコ動画の小ネタ集です。
http://www.nicovideo.jp/mylist/23699425
私も知らないことだらけでしたw。
ムルー(///)。

戦闘は賛否両論だと思いますけど、私はあんまり好きになれなかったかなあ。
攻撃、防御、ガード反撃が基本で、後はウインドや仲間にコマンドを要求するぐらい。
単純なのはいいけど、やはり少し寂しかったです。
やっぱり戦闘中に使用キャラを変えたかった…遠距離で魔法を使いたかったです。
マルチプレイは協力モードの討伐だけやりました。
他のプレイヤーがうますぎるので、わずか数分で一ボス終わってしまう始末。
何このモンハン3rd状態w。
作業ゲーに感じてしまいましたね。

最後に…何故「ラストストーリー」という名前なのか。
これはファイナルファンタジーと同じ名前のつけ方と捉えていいのでしょうか?w

THE LAST WORLD 

ラストストーリー

ルリ城へ、異邦の物を奪いに向かったザングルグを追う傭兵達。
まさに、ラストダンジョンのふさわしい異世界でした。
セイレンがルリ島の地下にはこんなものがあったなんて、という発言ありましたけど、異次元の世界じゃないの?。
さて、ここからはボスラッシュです。

まずは最初のボス戦、柱の上に登る…エヴァンの出てきそうな背中に剣が刺さった敵。
一番最初のボスにそっくりですね。
倒し方は柱に登ったときに、剣を投げてくるので跳ね返すだけ。
時オカの光弾を跳ね返したことを思い出しました。
まさか第二形態があるなんてね…。

この第二形態がかなり厄介でした…。
巨大なボス、エヴァゲリオンの使徒みたいですw。
足の止め方が分からず、攻撃の仕方に気づくことはできませんでした。
垂直切りを行おうとしても、細い柱ではなかなか難しくて失敗してしまうんですねw。
広範囲のタックル攻撃はガードしてもかなり削られますね…。
一度しかチャンスがない、上から釣り下がっている剣も、見事外してしまいましたw。
こうなると、アドバイス通りゴリ押し!
ギャザリングしながら逃げまわって、離れたらボウガン乱射。
後は仲間任せで、最後まで削りきりましたw。

次、三人に分裂スナイパー。
…強すぎワロタw。
勝てるなんてもんじゃないですね、一発攻撃うけると体力の大半が削られるってw。
このままではさすがにきついので、縛り・・・ではないけど、これまでお金をケチって使わなかった強化を最大まで行きましょうか。

エルザの武具はサンクチュアリを最大まで強くしたカリバーン。
それと防具はヘビー装備+9。
他、仲間たちも素材がなくなるまでまで強化。
大体はマナミアにはTPポイント稼ぎ、ユーリスには詠唱速度増加を重視しました。

お陰様でボスもフルボッコw。
ライフ削りもなく楽に行きましたね。
それにしても、ユーリス達の詠唱、早くなりましたね。

ここで仲間と一時期の別れ。
それぞれ単体で戦えるのは楽しかったです。
特にユーリスは詠唱ファイアー、面白かったw。
元からストーリーで使えるキャラを選べれば良かったのに。
セイレン、ジャッカルルートは、かなり厳しかったですね。
敵が多い割に詠唱するジャッカルでは全然間に合わないしw。
そして、完全にデレたユーリスw。

双子のボスの片割れ。どうやら魔法使い担当のようです。
前と同じようにバリアーを割る作業。
ダメージサークルが痛いので、ヒールサークルで待機する待ちゲーでしたねw。
もう一つの片手剣担当はなかなかの強さ…。
簡単にガード反撃してくるので、迂闊に攻撃することはできません。
やはりここで活躍するのはガード反撃ですね。
確実にダメージ与えられるのは大きいです。

ジャッカルゥゥゥゥゥゥ。
さっき倒したのに・・・止めを刺さなかったのは傭兵の甘さというべきものか。
仲間の屍を乗り越え、エルザは先へ進む・・・っとw。

とうとうやってきましたザングルグ戦。
最初は剣を奪って相手のシールドを破壊すること。
ここもまたガード反撃無双ですねw。
シールドさえ破壊してしまえば、後は皆でぼこぼこ。
ここまで来ると、シールドやエフェクトで光りすぎてよく分からなくなってきますねw。

記事が長くなりそうなので、ネタバレ防止も含めてここからは簡単に。
最後のラスボス戦「???」。
まさかの第三形態まであるとは思いませんでした。
第一形態はガード反撃で。
第二形態、第三形態はヒールサークルで回復しながら、ボウガンやら通常攻撃でゴリ押ししました。
最強スキルはマナミアのリバイブですねw。
本当に助かりました。

エピローグ後はカナンと墓地へ。
キモイ蜘蛛がボスだったけど、わざと食べられて腹の中で切りまくりましたw。
両親の前で、結婚。
このカナンのウェディングドレス、装備で欲しかったですw。
帰ってきたら、ダブルベッドとは・・・
さすがはこのゲーム、露骨に狙いますねw。

アリエル酒場まで行って、スタッフロールを迎えました。
ようやくラストストーリークリア。
プレイ時間は20時間でした。

異邦の物を探して 

THE LAST STORY

崩壊したルリ島城下町。
市民を守るため、我々騎士は命をかけて、戦い始める。
・・・一目散に逃げる騎士は何なの?死ぬの?w

ファストボウのおかげで、空を舞うガルーダを簡単に落とすことができました。
このボウガン、連射が早くてすごく気持ちがいいですねw。
ダダダダダダ!
ボウガン特化武器なんて作れればよかったのにw。
パラライズアローをたくさん購入して撃ちまくれば強いかもしれないけど。

タシャーーーーーーーーーーーーーー。
まさに孤軍奮闘…一人で戦うタシャ。
引いて戦の準備をすることも騎士の行いの一つだと言いたい。
血は出ていないけど、太ももにあんな太い剣が突き刺さるのは痛い痛い…。
なんとか生きているようで、ほっとしました。
もしルリ城を取り返したのなら、トリスタ将軍に代わる将軍となるのでしょうね。

地下水路からグルグ族本拠地に向けて、進軍。
意外と厄介な結界魔法使い。
見た目、二重結界に似てますねw、魔法打って穴が空いたときに攻撃すれば楽に倒せました。
ウィザードキラーが切れてしまってからはちょっと苦戦しましたケド…。

ボスは双子の魔法使い。コタケ・コウメ
属性魔法で結界を破壊しつつ攻撃していかないと回復されてしまうみたいです。
相手の攻撃力自体はたいしたことないので、死なないように回復していけば怖くはありませんでしたね。
2体ボスなのに、1体のみを集中攻撃して狙うことができない、厄介なボスであることは間違いないのかも。

ついに到着、異邦のもの。
何本かの剣が刺さっているのを見ると、どこかしら心臓に見えてきました。
ルリ城の異邦の物と同じように、ドラゴンが現れました。
あちらは白龍に対し、こちらは黒龍。
倒し方も同じみたいです。

最初、二人きりのときはサイレスが使えず非常に苦戦してました。
マナミアが加わってから、落とせるようになったのでパターン化入ります。
途中、イベントでカナンが召喚魔法を唱えました。
まるで、FFⅩの召喚獣対決みたいな光景w、羽を折る+10000ダメージは大きい。
そこから、セリフが終わるまでもなく、全員のテンション技でぼっこぼこにして倒してしまいました。
このアクセラレータ強いですねw、連続攻撃の火力はなかなかのものです。
二つ目の砲台も破壊っと。

どうやらガングルグはルリ城の異邦の物を奪いに行ったみたい。
この展開、二つ合わさった異邦の物を取り込んだガングルグがラスボス的な展開ですねえw。
ガノンと同じように、きっとガングが・・・おもちゃですねw。

橋の上から落とされて船に連れ去られたエルザとカナン。
もはやキチガイと化しているジルにでも、一応は助けてもらったんだし御礼はいいましょう。
何かものすごく残酷なことを言ってらっしゃるけどw。

ジルとの一騎打ち。
こいつ、何気に強かったです…攻撃力高いですね。
武器はやはりナーシェンと同じようにルーンソードなのか体力を吸われてしまいます。
厄介なのは相手のガード反撃、確定で攻撃を食らってしまう上に、1000ダメージは痛い…。
1.2回やり直しましたけど、相手の攻撃に慣れてこれば、楽になりましたね。
こちらもジャスガによるガード反撃。
攻撃した後にスキが出るから、合計2000ダメージを一度で削ることができます。
連続で三回ぐらいガード反撃を決めることができましたw。

連れ去られたカナンを助けるため、ルリ城へ。
ここまでクォークの出番は全くなし。
何もなく死んでいることは有り得ないと思うし…やっぱり裏切り者なのかなあ。

カナンとの結婚式 

THE LAST STORY

とうとうカナンとの結婚式を迎えたエルザ。
その前座、騎士の就任式。
漢を見せたエルザさん、かっこいい。くそくらえだ!
その後、ウェディングドレスを着たカノンを迎えに。
これは駆け落ちフラグw、島は独立してるけど。

大地を荒廃させている異能の力、砲台を破壊しようとしたら、グルグ族の反撃。
何度も何度も崩壊させられるとか、このルリ城はなんなの?攻める気あるの?
大体、制空権があっちに有る以上、どうしようもないですねw。
まさに第二次世界大戦において制空権を取られたイギリスのような惨状。
上から降ってくる碇、城の城壁も紙みたいなものですw。

まさかのジャッカル操作。
エルザと比べると、本当に使いづらいです…。
屋根の上にいる敵スナイパーを落とすのが大変でした。
とりあえず、ザオリク使えないのが一番つらかったです。

砲台にいるエルザ達と合流。
封印されし異邦のものが存在する地下の中へ。
レベルが低いせいか、ここのリザードマン達が強かったです。
ダメージサークルのHP減少がほんとやばかったですねw。
ヒールサークルから出られない・・・敵をゆっくり減らしてから進軍するしかありませんでした。

パーティのレベルの上がりが尋常ではないですw。
どんどんとテンション技を覚える仲間たち。
ユーリスのメテオ!「( ゚∀゚)アハハ八ノヽノ \」
には笑いましたw。

ボス戦、何かかっこいいスナイパー。
弓兵なんて近づけば終わりです、FEみたいに。
このボスもそうでしたね、近づくと馬鹿みたいにくるくる回っているだけw。
モーションも判断しやすく、ガードの容易。
これまでのボスの中でもだいぶ楽な部類に入りますね。

さらに深層へ。
異邦のものから出てきたのは、何かかっこいいドラゴン(?)
さっきのボスは中ボスだったみたいですw。
このボスも飛び回っているだけで、サイレスを拡散すれば、パターンが入りました。
楽チン楽チン。

もはや、伯爵も狂気の沙汰ですねw。
グルグ族によってルリ城は壊滅、伯爵も無念(笑)の最後を遂げられました。
これから、こちらの砲台は事実上破壊されたので、グルグ族の砲台を破壊しにいくのでしょうね。
壊滅した城下町。
かつてグルグ族を虐殺した人間の災いは返って来ました
・・・罪のない民間人にね。

グルグ族本拠地 

THE LAST STORY

グルグ族本拠地の到着。
そこはもぬけの殻であり、騎士による略奪、虐殺が行われていた…。
エルザさんの過去の回想が良く出来ていると思いました。
回想が終わった後の赤色に染まる効果もうまかったです。
こういう規律も何もしっかりしていない騎士というのは、蛮族と何も変わりませんね。

むかつく司令官にくらえ!
thelaststory-sikaesi.jpg
急いで撮ったのでブレてしまいましたけどw。

グルグ族と人間、双方共に大地の荒廃が戦争の動機であった。
物語の核心部分に触れてきましたね。
大砲のエネルギーの供給源から見ても、大地の荒廃は異邦のものから吸い取られているのでしょう。
グルグ族の大陸も荒廃していること、ガングルグが異邦の力を持っていたことから推測しても、グルグ属にも異邦のものがあるに違いないでしょうね。
伯爵の言う「救世主」とは戦争でグルグ族を駆逐することではなく、大地の荒廃を妨げること。
ここからエルザはどう動いていくのか、先が気になってきました。

それと、ここでグルグ族を助けたことから、またあらぬ容疑をかけられ、また牢獄に入れられるのではないかと予測してしまいましたw。
タシャがいたから、助かったのかも…。

クォークはエルザ達傭兵団との違いを顕にしましたね。
手柄が欲しい・・・どちらかというと、貴族よりの考え方だと思います。
生活を安定にするためには、全く間違っていません。
義をとるか、利をとるか…傭兵と騎士の違いみたいなものですね。
このままだと、騎士団に全傭兵団員が就任したとしても、ジャッカルとセイレンだけは抜けてしまうような感じがします。
しかし、なんだかんだいいながらグルグ族本拠地にも傭兵団を使用しているところを見ると、腕っ節ばかりは信頼されているかもしれませんね。
中世貴族社会って、憧れるけど難しい時代です。
FEみたいに綺麗な国ばっかりだったらいいのに…。

グルグ族の内通者がいるのは確かだけど、もしかして・・・ね。
消去法で、もはやクォークしか残らない気がします…。

子守唄に導かれて、城の禁断の場所に進むエルザとカナン・・・とタシャ。
一人場違い感がですぎですw。
ストーリー的にはトリスタ将軍の勲章はタシャに託されていたなら分かるんだけど…。
というか、タシャが好きな私としては絶対にそっちのほうが良かった、うんw。

ボスはいなかったけど、雑魚敵が妙にうざかったここ。
どうみても「異次元の偵察機」・・・スロウじゃないと攻撃不可とか厳しすぎです。
それにしてもタシャのレベルが高い高いw。
こちらまだ、30代なのに…。

ここで物語の核心部分を告げられました。
エルザの行う目的がはっきりしたいま、エルザの迷いも少なくなることでしょう。
物語もようやく終盤ってところ?
ガングルグでてこないけど。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー