≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
+信長の野望の記事一覧

ポケノブ 感想 

ポケモン+信長の野望 の感想です。

先に一つだけ。
このゲームを一言で表すのならば、キャラゲーです。

まず、戦闘シミュレーションとしてのシステム面。
スパロボみたいに、幾つかの技を使いこなせるのかと思いきや、ポケモン一匹につき一つの技だけでした。
これは逆にポケモンの数の多さを生かすことができるし、戦略的にも相性は非常に重要となって来ました。
一匹だけ育てるだけではクリアが難しくなるシステムは良かったと思います。
贅沢を言えば、もう少し技のバリエーションを増やして欲しかったかなw。

このゲームでとにかく残念だったのは、ボリュームの少なさですね。
全国マップは一つのみ、それぞれ城にある戦闘マップも少なめ。
短めの一周目をクリアしてしまえば、後はそのマップを何度も繰り返すことになります。
戦闘シミュレーション好きな私でも、20時間遊べばもう投げ出したくなりましたw。

全国統一間近では、経営するのも大変。
そのための「おまかせ」があるのですが、お金を貯めようとしても設備に投資したりするので、不便でしかないです。
ブショーの移動にターンがかからないのは分かりやすくて便利なのですが、何のためにブショー配置をするのか・・・。
賢さの高いブショーを集めるにしても、探し方はそれぞれ個別に探さなければならなかったし、もうちょっと工夫が欲しかったですね。
子供向けに設定されているのは分かるんですけど、もうちょっと策略の部分を・・・。

正直言って、5800円を出す商業用のゲームとしてどうなのかなと感じる部分はありました。
一周遊ぶのに4時間・・・もはや同人ゲーム並の短さでEDを迎えてしまいましたw。
最初の頃は、戦闘シミュレーション好きな私にとって夢中になるほど、システム自体は楽かったんですけど・・・。
長く遊ばせるための工夫が足りなかったってところでしょうか?
wifiや通信機能が乏しく、専用のファングッズ発売されている時点で気付くべきだったのかもしれません。

竹中半兵衛のベストリンクがピカチュウだったこともありまして・・・。
戦国無双のキャラ達とポケモン達が並ぶ姿は可愛らしくて良かったです。
特にポケモンは原作と違いドット絵ではないので、本当によく書かれていると思いました。
全199匹(全国ポケモンが登場するといううわさも聞いてるけど?)、全て書かれているとしたら、膨大な量だと思いますねw。
半兵衛とピカチュウが並ぶ姿といったら・・・もう・・・。
というわけで、結論は冒頭で述べた通り、というわけです。

もうやらないと思うので、値下げする前に売って来て、同時期に発売するゲーム。
パルテナの鏡をプレイしたいなと思います。
▼追記を読む(コメント返答)▼

追加エピソード 

ポケモン+信長の野望

クリア後の追加エピソードを、クリアしていきます。
全武将30キャラ以上あるみたい。
さすがに長すぎるので、クリアしたエピローグだけを簡略に紹介。

ミツナリ、キヨマサ、マサノリ
戦国無双からショタ化した三人。
同じイベントを別々の視点で行なっていくシステムです。
悪い言い方すれば、使い回し。

ミツナリのポケモンはハッサム
他の二人、キヨマサとマサノリと比べれば非常に凶悪なポケモンです。
よって、ミツナリ視点からだと、二ヶ月でクリアできる程簡単。
さすがは難易度1。
キヨマサ、マサノリ視点からだと、逆にミツナリのハッサムが難問・・・に見えるかもしれません。
カエン城で上から降ってくる岩石は炎攻撃、逃げ回っていれば勝手に自滅してくれます。
両者共に三ヶ月でクリア。

イエヤス
ブショーのポケモン100匹以上を集めること。
適当に進軍していればいつの間にか終わってました。
ハガネールとコドラが強くて便利ですね。

ギンチヨ
女ブショー同士の7ヶ国の戦い。
・・・どうしてそこに森蘭丸が混じっているのw。
序盤での固定40ダメージ「龍の怒り」がとにかく凶悪。
逆に言えば、ランマルさえ仲間になれば、楽勝のマップです。
このエピソードだけに限らず、モブブショーでもオイチにでも、龍の怒りを持ったミニリュウを仲間にしておくと、ずっと楽になると思いますね。
りゅうのいかりゲー。

ヒデヨシ
ストーリーと同じように、全国統一を目指します。
もう、めんどくさくなってきたので、ちゃちゃっとクリア。
全員が最終進化形態まで進化させることができました。
ヒデヨシ ゴウカザル
ハンベイ デンリュウ
オイチ カイリュー
モトナリ ジャローダ

ハンベイ
戦国無双で最も好きなキャラですむしろ私の嫁
得意キャラは電気、ベストリンクポケモンがまさかのピカチュウw。
まさか私と被るなんて、これほど嬉しいことはありませんでしたw。

もう何度も同じマップをクリアしてきたので、これを最後にしようと食いのないようにプレイしました。
飽きるまで主力メンバーのレベル上げ。
多くの城を制圧している甲斐姫の城の一つを攻め落とす→自軍の城をわざと空けておく→甲斐姫がそこに攻める→また甲斐姫の城を攻める
の繰り返し。
一回の戦闘で1.5%以上はもらえるので、どんどんレベルを上げられます。
ハンベイのライチュウが75%を超えたところで、めんどくさくなったのでやめましたw。
最終メンバーは・・・
ハンベイ ライチュウ
ランマル ルカリオ
イナヒメ エンペルト
オイチ ウルガモス
カンベイ シャンデラ
カネツグ サーナイト
どれも好きなキャラで、全員ベストリンクです。

無限の塔 

ポケモン+信長の野望
ネタバレ注意!

最後の最後に、石を売ってくれる行商人が現れました。
これにて、プリンもプクリンに進化し、最終メンバーが勢ぞろいしました。
わゆ サンダース
オイチ プクリン
シンゲン ドサイドン
ケンシン エルレイド
モトチカ シャワーズ
テルモト エルフーン (唯一モブブショー)

リュウの国
最後の武将、ノブナガです。
国の名前から分かるように、最後のタイプはドラゴン。
こちらのメンバーはドラゴンタイプは愚か氷タイプ、鋼タイプすら、いないので厳しい戦いになる・・・はずでした。

・・・なんだろう。
明らかに苦戦するはずなのに、いつの間にかノブナガのゼクロム以外の相手メンバーが消えていました。
恐らく相手が勝手にギミックで自爆してくれたんですねw。
このリュウの国のギミックは飾られている玉の周りに、それぞれ色のタイプ攻撃を行うものです。
サンダース、シャワーズは電気と水によって回復し、ドサイドンは電気によって攻撃力を高められます。
またCPUは回復の玉をうまく使ってこないので、ほぼ被害なしで攻めていくことができました。
攻め側としては逆に有利な環境だったのかもしれませんw。

ここまでブショーパワーを一つも使わず、6VS1、ゼクロム戦。
サンダースを含むほとんどの攻撃が半減、決定打はドサイドンとシャワーズのみ。
それにしても、意外と火力のないゼクロムさんです。
回復玉に隠れていれば、こちらのHPが削られることなんてありませんでしたねw。
結局、岩石砲とサイコカッターで押し切ってしまいました。

これにて、天下統一達成!
伝説ポケモンが現れるという、無限の塔が出現しました。
・・・無限の塔
ここからセーブできないということで、最後の決戦です。
名前から言って、何層もあるダンジョンで、長くなりそうですね…

いざ、出陣!
ってあるぇー、もう塔の屋上まで登ってる。
無限とは何だったのか・・・。

アルセウスを従えることができた主人公。
しかし、そこにまた黒いレックウザを率いるノブナガ軍の姿が・・・。
伝説ポケモンを従えた主人公を倒すことで、まだ野望を諦めていないみたいです。
アルセウスVSレックウザ
壮絶な戦いが始まろうとしている・・・


ギミックのない平面のマップで、両軍が接近を開始。
さすがは足の早い伝説ポケモンレックウザ、単独で突っ込んできました。
さすがにここはまだアルセウスをぶつけるのは早いと思い、遠距離でレックウザのHPを削ろうと考えました。

レックウザのHP214。
ドサイドンの岩石砲→レックウザに201ダメージ
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・はい?
シンゲンのブショーパワー込みで、通常ポケモンに一撃で落とされるレックウザ。
結局、一つも技を出すこともなく落ちるレックウザ。
恵まれない伝説ポケモンの中でようやく活躍の場がサブタイトルに来たはずが、ネタだったレックウザ。
黒いレックウザとは何だったのか・・・
残りのポケモンは言うまでもなく、アルセウス無双。
格闘のルカリオは警戒しましたけど、攻撃が飛んで来ませんでした。

これで、ポケモン+信長の野望クリアー。
ノブナガ、テライケメン。
悪い人なんて一人もいなかった、ポケモンらしい終わり方でしたね。
感動(?)のEDです。

ここまで総プレイ時間数4時間。
これでもブログの記事を書くために放置していた時間もあるんだけど。
・・・ポケモンはエンディング後が本番と言われていますけど、ここまでクリアが短い商業用ゲームも珍しいかな。

フブキの国へ 

ポケモン+信長の野望

この日本地図、どうみてもアルセルスですねw。
かなりキテレツな格好をした島となってます。
伝説ポケモンは恐らく創造神アルセウス、願いを叶えてくれるとのことだけど、さて・・・。

フクツの国
イエヤス戦です。
本多忠勝を率いる徳川軍らしく、得意タイプは鋼でした。
フィールドマップはやけに広いマップ、攻撃側は最初から分断されているので、めんどくさいかな。
通路の広間には監視カメラが徘徊しており、捕まってしまうとどこかに飛ばされてしまいます。
よって、主戦場は幅1マスしかない狭い通路になりがちでした。

こちらの主人公ポケモンはサンダースなので、鋼には非常に相性がいいです。
原作では考えられないことですが、イエヤスのコドラも半減なので、簡単に受けられます。
面倒なのはタダカツのハガネールでしたね。
原作戦国無双でも、相当苦労した相手でした。
ただサンダースで受けるのは簡単だったので、エルレイドとドサイドン、そして運が良くゲットできたシャワーズのハイドロポンプでゴリ押しました。

ミタマの国
ゴーストタイプが主軸、ノウヒメ戦ですね。
この期に及んで、進化前ムウマとの戦い。
あんまり強くなかったですw。
一番の敵だったは、フィールドを徘徊している人魂でした。
この人魂に乗り移られると、状態異常を受けてしまうので、回避しなければならず、面倒w。
鬼火っぽいので、捕まると眠たくなるって、どういうことなの・・・。

フブキの国
最後の国は、ノブナガの側近であるミツヒデとの戦い。
歴史と違って裏切ることはありませんでした。
しかし、最後のタイプなのに、タイプの中でも最弱に近い氷タイプってどうなんでしょうw。
霰のない氷統一パなんて・・・。

ミツヒデのポケモンはラプラスなので、電気タイプであるサンダースの前には、霞んでしまいます。
むしろ苦労したのは、フィールドのギミックとガラシャですね。
主力の一人であるドサイドンは雪上の歩数が1マス、また氷の上を滑っては主砲の岩石砲を当てることなんてまずできません。
砂漠を進軍するパラディンのような気持ちでしたw。

ミツヒデの娘、ガラシャはムンナを操るエスパータイプ。
唯一の技は攻撃技ではなく動きを封じる催眠術なので、非常にメンドクサイ相手でした。
逆に言えば、ムンナのみにしてしまえば、勝ちはほぼ確定ですねw。


残る武将はノブナガのみ。
・・・ここまでほとんどターンをかけず、進軍してきましたが、もう終わりなのでしょうか?

ヤシャの国 

ポケモン+信長の野望

どうでもいいですが・・・ランセ地方という名前を聞くと。
例のあの動画を思い出してしまって、思い出し笑いをしてしまいますw。
これが乱世のゲンコツ、北痘神げんこつ

攻め込める国が4つも増えました。
ケンシン、シンゲンが仲間に加わり、一気に戦力が増えました。
どんどん行きましょう。

ツバサの国。
伊達政宗が率いる飛行ポケモンの国。
ケンシンのエルレイドは厳しいですが、シンゲンのドサイドンの岩石砲で撃ち落として行きましょう。
この岩石砲はマップ3マス先にのみ、大ダメージを与える技です。
原作通り次のターン反動で技を使うことができませんが、まさに長距離砲みたいなイメージを持てますねw。
ドーン、急所!ムクバード500ダメージ!
威力やばすぎw。
マサムネのウォーグルも岩石砲で簡単に落とせてしまいました。
それでも、飛行は地形を無視して動いてくるので乱戦になりやすく、結構苦労しました。
もはや、主人公のイーブイですら戦力とは言えず、レベルの高いエルレイドとドサイドンぐらいしか歯が立たないぐらいです。
犠牲者(プリン)も簡単に殺されてしまいますw。

ここで、前田慶次から、三石をもらいました。
みずのいし、かみなりのいし、ほのおのいし。
言うまでもなく、イーブイの進化のためですね。
もちろん、雷タイプのポケモンが不足していたため、サンダースを選択しました。

といっても、まだサンダースにはならず、次の戦が終わってからです。
持ち物を持たせた後の、戦闘後に進化。
その前に岩タイプの国、キガンの国をクリアしてしまいましょう。

岩がごろごろ落とされてくる・・・。
エムブレマーなら絶対思い出すでしょうね、ボルトアクス将軍をw。
敵将は岩地面のガントルなので、4倍ダメージを通しやすく、簡単に倒せます。
効果が今ひとつなのに大ダメージを与える岩石砲も健在でしたw。

ここでサンダースに進化ー。
主人公の横に並ぶダースは可愛らしいですw。

さあさあ、新戦力も加わりどんどん行きましょう。
ドクガの国
からくり屋敷の中の旗取りゲームでしたが・・・超余裕ですw。
FEと同じく、部屋の中での戦闘ならば、やはり戦い易いですね。
進化系サンダースも、10万ボルトは1マス離れた後の横3マス(表現しにくい)の範囲なので、使いやすく威力も高いです。
文句を上げるなら、特性はちくでんではなく、移動力があがるしゅんそくが良かったなあw。

ラスト、ヤシャの国。
悪タイプ、戦力の要であるエルレイドが全くの役に立てず、めんどくさかったかな。
特に最後まで苦戦したのはワルビアル
エルレイド、サンダースが全て無効、岩石砲も半減とかなり厄介でしたw。
長くなっていたので、こんなんで省略ー(オイ。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー