≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
不思議のダンジョンの記事一覧

時幻の塔 

ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊
ネタバレ注意

ラストダンジョン、「じげんのとう」。
ここで立ち塞がるのは、何故か人工ポケモンであるはずのポリゴン達。
高速移動で倍速化し、フロア全体を攻撃してくる放電を撃って来ます。
フロア内にポケモンがいたら、ポリゴンを警戒しろ・・・、初代トルネコの大目玉みたいな感じですねw。
とはいっても、グミで大量に強化してきた私に、大きなダメージが入ることはありませんけどねw。

さて、時幻の塔最深部。
狂いかけている闇のディアルガが立ちふさがります。
soradan-26.jpg
「けっせん!ディアルガ!」
この名曲を聞くために、ここまで来たといっても過言ではありませんw。
昔はこの曲をバンブラで作ったりしました。
この画面の状態のまま、二週聞いて、さらにイヤホンさしてもう一週ぐらい、止まっていましたw。

VSディアルガ。
ここまで全く苦戦することなく進んできましたが、何故かこのラスボス、ディアルガだけは強いんですよねw。
スキルの「威圧感」によって、かなりの頻度で技を失敗させられます。
具体的に言えば、ひのこ→ふういんの連続技を放っても、どちらも失敗することが何度もあるぐらい。
その上、相手の攻撃力はこれまでのボスと違って飛び抜けてますね。
ドラゴンクローの急所で、私のHPの半分を持って行かれました(ピカさんは急所で一撃。
まあ、ふういんが決まってしまえばタコ殴りできる状況には持っていけるんですけどねw。

ディアルガを倒して、時の歯車を収めると・・・。
ぎりぎりの状態で、塔の崩壊を防ぐことができました。
世界を守ることができた!
その喜びを胸に秘めて、崩壊する塔から逃げるため。
プクリンギルドの皆と合うために、時幻の塔を後にします。

崩れ落ちていく塔から逃げ出す二人。
しかし、とうとう私の身に変化が・・・
soradan-27.jpg
ストーリー、BGM、ポケモンの絵・・・涙腺に恐ろしい攻撃を仕掛けてきます。
これまで過ごしてきた相棒との別れ、私がいなくなった場所にピカさんが倒れこむのが印象的でした。

私との最後の冒険を過ごした、じげんのとう。
soradan-28.jpg
DSを生かして、離れていく塔を見つめるピカさん。
世界を守ったことの喜びから一転して、別れの悲しみ。
心中は複雑になっていることでしょう。

このあと、ピカさんはプクリンギルドに帰り、起きた出来事をポケモン達に多く広めて行きました。
こんなことが二度と起こらないように・・・
~FIN~

エンディングが流れます。
個人的にはこのまま終わったほうが好きかな。
ポケモンはエンディング後からが本番、ポケダンでも同じようにエンディング後があります。
私がいなくなったままでは物語が進みませんので、無理やりディアルガの力で復活したって設定ですw。
サントラでBGMを聞けるようになるまで進めたいから、もうちょっと進めます。

幻の大地 

ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊
ネタバレ注意

私、ピカ、ジュプトル・・・三人で幻の大地にまで来ました。
異次元空間にあるのでしょう。
ラプラスが海を泳いでいたのが、ヒレが浮いて、空を泳ぐように進んで行きました。

時幻の塔は宙に浮かんでいる模様。
塔に行くためには、「虹の石船」を探さなければならないみたいです。
「まぼろしのだいち」の探索が始まりました。
ダンジョン的には、もうおぞましいポケモンばっかり出てきますね。
超絶破壊力を持つラムパルド、現環境でトップを誇るガブリアス・・・。
そして、ユキノオーが出現するのでアラレがとにかくうざい(ダメージを受ける時間的な問題で)。
ここまで来ると、街に戻れないからグミも使いづらいし、このレベルでは上がってもそこまで大差はないので。
さっさと、階段を見つけたら降りて行きましょうか。

まぼろしの大地、最深部。
もう見るだけで分かる、如何にも「遺跡のかけらをここにはめ込んでください」的な場所が。
さあ、時幻の塔へ乗り込もうと勢いづいた時、未来から追ってきたヨノワールが立ちふさがります。

わざわざ、ショッカー部隊に連れられて広い広場に出た後。
因縁の対決、ヨノワール&ヤミラミ隊との戦いです。
何か↑みたいな絵になってしまいましたw。
soradan-23.jpg
これまで、幾度と無く戦ってきたヨノワール。
其の実力は・・・
めちゃめちゃ、弱かったですwwww
周りのヤミラミは、ピカの放電で一撃死。
ヨノワール自体も、ロコンの封印で動きを止めてしまえば、一度もヨノワールの攻撃すら受けることもなく、倒してしまいました。

そんな雑魚なのに、ヨノワールの決死の反撃に怯んでしまう三名。
ヨノワールの下の口って、そこって開くのw。
主砲のシャドーボール・・・それを跳ね返して、見事、決着!
ゴーストタイプの主力技は、自身が弱点ですからねw。

見事、ヨノワールを倒した三人ですけど。
ピカさんが遺跡のかけらをはめ込みにいってる間に、また衝撃的な事実が・・・。
soradan-24.jpg
・・・未来を変えるんですから、当然なのかもしれませんね。
死を覚悟して、ジュプトルとセレビィは反逆していた・・・。
当然、私も消えてしまうことになってしまいます、このことはピカさんには伏せて先に進むしかありません。

再び立ち上がったヨノワール。
soradan-25.jpg
ジュプトルは犠牲となって、ヨノワールを止めてくれました。
セレビィはもう捕まっているはずなので、二度と過去に来ることはできない・・・。
相棒であった私、そしてピカさんを信じての行動なんでしょう。
ここでこのBGMは反則w、涙を誘われてしまいます。

ジュプトルとの別れに、涙を浮かべるピカさん。
「ジュプトルと皆が平和に暮らせるように」
事実を伝えられない、伝えていない罪悪感が浮かび上がると共に。
・・・重い一言だと思います。
▼追記を読む(コメント返答)▼

世界を救うため 

ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊

時の嵐から、目を覚ました場所は、相棒のピカさんと出会った浜辺の海岸でした。
「私」の正体が分かり、昔の相棒のジュプトル、今の相棒のピカ。
何か三角関係みたいになってますねw。

ときわたりなんだから、ヨノワールが連れ去った直後に帰還してもいいのにね。
恐らく未来の世界で過ごしてきた分の時間が、現在世界でも流れてしまったみたいです。
この世界でもジュプトルは犯罪人とされ追われ続けている身なので、まずは広場からこっそりと情報収集から初めて行きました。
事態は芳しくなく、時の停止は、部分部分から進行しているみたいです。

アグノム達に戻されてしまった、ときのはぐるまをまた回収していかなければならない。
番人がいるときのはぐるまに近づくと、また大騒ぎになってしまうため。
誰も見張っていない、前にジュプトルが最初にときのはぐるまを盗んだ、キザキのもりへと向かいました。
ときのはぐるまはもとに戻されていましたが、周りの環境はまだ時が止まったまま・・・。
とにかく急がなければならない事態となっています・・・。

まだまだ問題は山積みです。
時幻の塔に時の歯車を持って行かなければならないのですが、その時幻の塔自体がどこにあるかすら分っていない状況。。
私達エムブレムは、ジュプトルにときのはぐるまを任せて、時幻の塔を探すこととなりました。
しかし、全く手がかりがない状態・・・時間がないのにぼやぼやしていられない状況です。

結論はプクリンギルドに戻って、すべてを打ち明けることとなりました。
いなくなっていたポケモン達が急に戻ってきて・・・。
世界を崩壊させる要因となるはずのときのはぐるまを集めよう!なんていっても、信頼できないのは分かるんですけどね。
でも、世界各地で時が止まり始めているのも事実であって、このままだと事態が危ないのは理解してくれるでしょう。。
ヨノワールが私達を強引に連れ去ったことを見ても、信憑性が出てきます。

足あと当番のディグダからギルド全体に帰ってきたことを知らされ、もみくちゃにされていましたw。
その後、未来で見てきた事実を皆に話しました。
あの子供っぽかったプクリンですら、まじめな表情をしているのが印象的ですねw。
結果は・・・
soradan-20.jpg
信頼してもらえました。
「仲間」だからこそ・・・この言葉がなかなか重いです。
ヨノワールの時と違って、一緒に動いてくれるポケモンはプクリンギルドメンバーだけではありますけども。
それでも、私達にとっては大きな力となってくれそうですねw。

場面転換が長い!
ゲームらしい感想なんて一つもできず、ストーリーだけで終わってしまいました。
このあと、ギルドメンバーがアグノム、ユクシー、エムリットに協力を求めにいくんですけど。
割りとすんなり協力してくれるようになったのが、気にはなります。
番人だからこそ、歯車を直しても時が進まない現象に、危機感を覚えていたのかもしれませんね。
ジュプトルが集めにいくんじゃなくて、それぞれがはぐるま持ってきてくれればいいのに

私の正体 

ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊
ネタバレ注意!
特に今回は主人公の謎が解かれることとなります。

もりのたかだい奥、セレビィが時渡りを行う場所。
4人PTが到着した時、すでにヨノワールが待ち伏せをしていました。
ヨノワールだけならまだ強行突破できるだろう、ジュプトルは戦闘体勢へと移りました・・・が。
後ろに控えていたのが、黒幕である闇のディアルガ。
これはもう勝ち目がない(草タイプで鋼ドラゴンは確かに絶望的な相性だなあ)、絶望へと移っていきます。

もう簡略し過ぎて書き忘れていたことがあるんですけど。
主人公の始まりについて復習しておきましょうか。
物語の序盤に、浜辺に流されていて、記憶が無い
相方のピカさんに発見してもらうものの、覚えているのは元は人間だったということと、自分の名前だけ
物に触れるだけで、過去と未来を覗き見ることができる時空の叫びを持つ

ジュプトルは私が失敗したとしても、相方の「わゆ」が世界を救ってくれる・・・と。
soradan-19.jpg
はい、繋がりました。
記憶を失う前、人間だった頃の私はジュプトルの相方だったんです。
オープニングの嵐は、ときわたりの衝撃だったんでしょう。
ここは何故かはわかりませんが、その衝撃によって、人間からロコンの姿となり、記憶を失ってしまったんです。

復習のために出した三行の説明は、ヨノワールには伝えてしまっています。
ジュプトルとその相方である「わゆ」を始末するため過去の世界へと渡ってきたヨノワールは、無理やりエムブレムを連れ込んだ理由がここにあったというわけ。
ここで捕まってしまえば、ジュプトルの希望は叶うはずもなく、世界は崩壊へと進んでしまうでしょうね。
しかし、セレビィが囮となり、なんとか現在の世界へと戻ってくることができました。

この世界で言う「人間」とは何なのかな。
他のポケモン世界の概念は種族を示すワードです。
でもこのポケダンシリーズだと、「人間」は私だけしか出てこないので、しっくり来ないんですよね。
だから、ポケダンでは人間=ポケモンの一種と考えたほうが分かりやすい気がしますね。
No??? ニンゲン みたいな感じでw。

真実 

ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊

ここから物語の核心へと迫っていきます。
もしこれからポケモン不思議のダンジョン 時・闇・空の探検隊をプレイする予定がある方は特に注意してください。 ネタバレ注意!

ヤミラミの追ってから逃げるため・・・。
くうかんのどうくつを抜けて・・・くらやみのおかを超えて・・・。
何も動かない孤独の世界での、足が動かなくなる程辛い逃亡劇。
頼りになるのは・・・相方だけですね。
soradan-16.jpg
でも、逃げているだけでは何も変わらない。
現在の世界へと戻るためには、やっぱりジュプトルの知恵が必要です。
私は相方のピカさんを説得して、ジュプトルの背中を追うことにしました。

ふういんのいわばの奥地にて、ジュプトルが倒れている場面に遭遇。
犯人は要石に隠れている、ミカルゲでした。おんみょ~ん!
いつもどおり、ひのこ→封印の連結からの火炎放射連打であっけなく終了。
戦闘面では感想が書けそうもないので、ストーリー面を重視して書いています。

助けだしたジュプトルと、もう一度話し合うことに。
今度は「正しいかどうかは、自分で考えるよ」と、この頃の最新巻にあった某忍者漫画のサスケェを思い出しました。
soradan-17.jpg
ジュプトルの口から聞かされる衝撃的な事実を箇条書きにしてまとめると・・・。
・ときのはぐるまを盗んでいたのは、過去の世界(主人公からみたら現在)を助けるため
・歯車をとって周囲の時間が止まるのは一時的であって、元通りになるとのこと。
・現在の世界はこのままだと、時限の塔が崩壊して、星が止まってしまうこと
・時限の塔を直すためには時の歯車が必要であること
・ヨノワールは過去の歴史を変えさせないために、ジュプトルを捕まえにいったこと。
・ヨノワールを使わせた黒幕は、時限の塔が壊れて狂いだした、闇のディアルガであったこと。
・ジュプトルが厨二病だったこと

今まで親切だったヨノワールが悪いポケモンだったなんて考えられないピカさんは、まだ信じきれていない様子。
私はヨノワールに無理やり連れてこられて、命まで狙われている以上、まずは信じるしかない状況だと思いますね。
兎にも角にも、まずは現在世界に帰る方法を探さなければならないので。
ジュプトルの後に付いていくこととなりました。

時渡りすることができる、幻のポケモン・・・
セレビィの元へ。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 08月 【23件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー