≪ 2011 04   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2011 06 ≫
2011年05月の記事一覧

VSフシギバナ 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険
さてさて、チュートリアルも一通り終わり、ポケパークに着きました。
追いかけっこやかくれんぼ、バトルなどをして、友達をどんどん増やしていきます。
どれも簡単なルールだけど、飽きることもなく面白いです。
やっぱり面白いのはバトル。
アクションで電気ショックや体当たりを駆使して、相手のHPを削りきれば勝ちです。
ただ、クラコンが使えず、横持ちリモコンではかなり動きづらい・・・。
Aを押して電気ショックの充電をしながら、①で走って電撃を放つ操作が難しく、諦めて素直に体当りしてました。

草むらでの追いかけっこやバトルは暗転することもなく、その場で逃げたり距離を取ったりするのがいいなって思えました。
また、ポケパークにはいろんなポケモンがいますけど、体当たりや電気ショックでちょっかい出せるんですよねw。
体当たりではパチリスやヒコザルなどの小さなポケモンはぽーんと飛んでいったり、トロピウスみたいな大きなポケモンにはどーん!と、豪快な音を立ててピカ側も吹き飛んだり。
電撃では効果が今ひとつの草ポケモンには効かないけど、弱点のストライクには一発でダウンさせる威力が合ったり…。
この面白さはラストストーリーの待ち人のような感覚があります。
ついつい、ちょっかいを出して怒らせたくなってしまいますねw。
飛ばしすぎて、川の中に落としちゃうこともできるけど…まさに外道w。

くらピカ「おかしい・・・妙だぞ!?明らかに奴の体積より食べた量の方が多い!」
pokepark-kurapika.jpg
ゴンベの胃の中は四次元にでもなっているのでしょうか?

追いかけっこ、VSリーフィア。
これまで種族値95のパチリスに勝負しているので、同速なら簡単に勝てるだろうと思っていました。
実際に勝負してみると・・・早い早いw。
さすがは種族値5の違いというべきか…ピカチュウより早いですね。
普通に直線で勝負していてはまず勝ち目がありませんでした。
最後の最後、制限時間ぎりぎりでリーフィアを袋小路に追い込んで、ようやくタッチ。
初めて難しいと考えられました。

バトル、VSストライク。
かまいたちの追尾性能が強かったです。
左右のステップだけではかわせないので、横回りにダッシュして大回りで逃げました。
それにしても攻撃の種族値110の癖に、ピカチュウに1/4しか与えられないなんてw。
あ、特殊だから仕方ないか。
弱点攻撃の電気ショックはとてもじゃないけど当てられなかったので、体当たりだけで押し切りました。

友達数22人、じじい臭い心配症のフシギバナとのミニゲーム。
特に記述することもなく、クリアできてしまいました。
次は新しいエリア、難しくなっていくのかな。

涼宮ハルヒの驚愕 

谷川流「涼宮ハルヒの驚愕」の感想です。

4年ぶりの新作。
期待よりも不安のほうが多かったけれど読み終えてしまえば、「ああ、いつものハルヒだなあ」と感じました。
4年間を費やした傑作というわけでもなく、4年間も延長し続けた駄作というわけでもなく、普通に楽しみました。

できるだけ、驚愕に関するネタバレ要素は避けます。
分裂でもあるように、α、βに別れるストーリー。
αは謎の少女からの電話から、βは佐々木からの電話からの電話から始まりました。
現在、アニメのシュタインズゲートを見ていることもあって、世界線を思い出しました。
αとβの交互から、これはパラレルワールドの可能性が極めて高い。
謎の少女からの電話が世界線(作中では時間線と表記)を動かし、二つのパラレルワールドに別れ、並行して時間が進んでいきました。
その二つの世界が交差するとき、物語は一つとなった。
そんなストーリーだからこそ、今回は時間の概念、TPDDの正体など、未来人の重要事項が非常に多くなりましたね。

ここからは物語の真相に関わってくるため、読んでいない方は見ないほうがいいです。
ネタバレ注意!

正直、ここまでのことをハルヒが無意識のうちに起こしたとは、私は考え難いと思います。
だって、SOS団を守るためにパラレルワールドに分けたとしても、それはハルヒが未来のことを知っていなければならない。
やすみの存在によってαは何の闘争もなく続いていたけど、その時、藤原達は何をしていたのか、何故何もしてこなかったのか、定かにはなりませんでした。
佐々木の言葉を借りるなら、この世界には存在しない超次元的な神が世界を守った…そうとしか思えないんです。
小泉理論では何がなんでも無意識が起こしたというのは、ご都合主義ではありませんか?w
やすみがキョンとハルヒの子供と推測していた私はもっとあり得ないけど

後、佐々木の人柄について、いまいちピンと来ない部分があります。
分裂でもこの人は強い、ちょっとした圧力では倒れることはしない、そんな印象がありました。
驚愕でもその部分ははっかりと出ていて、彼女の心の強さというのがよく現れていたと思います。
何故、男相手には男口調なぜなのか、その理由を驚愕の最後の部分で答えていましたが・・・。
え・・・?もしかして、男口調なのは注目を浴びたいため・・・?
この文章を見て、何か拍子抜けしましたw。
「自己顕示欲が強い人間は嫌い、その人を嫌う自分も嫌い」
この言葉には私も共感しましたけど、佐々木自身が意外と自己顕示欲が強いのかも?
そんな気持ちがあるなら、超常現象のハルヒパワーが欲しいと思わないわけがないと思うし・・・。
最後の文章だけあって「喋り方」というのはいろいろ受け止められそうですね、どなたか佐々木を弁護してくれる方、教えてください。
いろいろと私も、佐々木については迷ってる部分があります。

他にもキャラの位置は、小泉と国木田の印象がずっと代わりました。
橘が言っていたことは本当なのでしょうか?

ピカの大冒険 

ポケモンチャンネル臭がして、発売日には買うことができなかったポケパークwii。
情報を見てると、何かいろいろ面白そうなので、欲しいとは思っていました。
だから安くなった頃合いを見て、中古で買ってきました。

封を開けてみたら・・・
pokepark-set.jpg
未開封の早期購入者特典のステッカーやクラブニンテンドーのポイント、さらに手書きの隠しパスワードのメモ用紙まで、同梱されていました。
説明書やディスクにも傷一つなし、これをお売りになられた人はすごくしっかりしていらっしゃたんでしょうね。
こういう人は結構廃人の確立が高いので、クラニンのポイントはさすがに残ってないんだろうなと試してみたら、まさかポイントをもらうことができました。
なんていい人だったんでしょうか・・・。
岐阜正木おじゃま館にお売りになってくださった方、本当にありがとうございます。
これから大事に遊ばさせてもらいます。

では、プレイ日記の開始とします。
開幕、映画のCMに出てきそうな・・・ピカチュウ達がミュウに連れられて穴に落とされました。
落ちた穴の先は・・・不思議の国のポケパークでした。
どうやら、ピカチュウ達の目的はポケパークに散らばったスカイプリズムを集めること。
ん?スカイプ、リズム?、スカイプでリズムを取ること?
と最初に考えてしまった私はどうしようもないパソ厨ですねw。
後々、プリズムが出てきたところで気づきましたけど、スカイ-プリズムのほうでした。当たり前だけどw。

ピカチュウげんきでちゅう、ポケモンチャンネルとの圧倒的な違いは、今回は人間自身の視点ではなく、ピカチュウ視点で直接操作していくことかな。
ダッシュや電撃、ピカチュウらしい行動も取れます。
残念なのは、コントローラーがリモコンにしか対応してないところかな。
慣れないと横持ちリモコンは結構辛いです・・・。

pokepark-pikachu.jpg
CUTE!!!
ポケスペのルビーのようなテンションで、プレイしていました。

東方幻想郷 

最近、旧作のBGMにはまっています。
知られていない名曲ばかり、私が好きになった曲を紹介していこうかなと思います。
今回は東方幻想郷、怪奇談はアリス含めて知ってる曲が多いですけど、幻想郷は多くの良曲を発見できました。
リンク先はニコニコ動画となってます。

霊戦 ~ Perdition crisis

旧作のBGMにはまりだすようになったきっかけを作ったのがこの曲。
Bad apple!!で知られているエリーのテーマソングですね。
開幕のイントロ、サビ開始がすごく強そうでかっこいい。
4面ボスとは思えない程の迫力が込められてますねw。

実はこの曲、アレンジで良く聞くことになったので覚えてます。
幻想少女大戦紅ではエリーが出てくるので、その戦闘曲となっていました。
元曲が知らなかったけど、ずっといい曲だなと感じていました。
原曲にある終盤の繰り返しが、すごく盛り上がるようなアレンジをされていて聞き飽きることがなくなってますね。
というか、東方幻想郷のBGMが旧作の中で一番好きになったのは、大体幻想少女大戦のせい。

Witching Dream
東方幻想郷一面のBGM。
これは、確実に幻想少女大戦補正が強いです。
だから、初めてきくような人は好きになりにくいかもしれませんね。
おかげさまで、私の中では道中というよりも、靈夢のテーマの印象が強くなってます。
この原曲を聞いてるだけでも、夢想封印の効果音が頭の中に流れてくるぐらいですw。

11.星の器 ~ Casket of Star
言わずと知れた魔理沙のテーマ。
東方緋想天、幻想少女大戦、不思議の幻想郷と、様々なところでアレンジされている旧作の中でも知名度の高い曲ですね。
恋色マジックがアレンジされたのなら、星の器もZUNの手でアレンジされて欲しいところです。
何故か自分でも分からないんだけど、恋色マジック・マスタースパークとよく似ているんですよね。
魔理沙のテーマとしてすごく納得が行く、ノリのいい曲です。

眠れる恐怖 ~ Sleeping Terror

なんだ・・・このプレッシャーは・・・。
出だしのゆっくりとしたスピードから始まるこの曲。
曲名にある「恐怖」というものが感じられる迫力のある盛り上がり方になってますね。
旧作の幽香よりも、現在の風見幽香のほうが似合うBGMだと思います。
トラウマソング、ぎゃああああああああ

蒼炎8-10章 

ファイアーエムブレム 蒼炎の奇跡

第8章 絶望そして希望
とうの昔にその名と剣を捨てた。
今の相棒は・・・これだ!
FE屈指の名シーン。グレイル団長かっこよすぎのムービーです。
因縁となる漆黒の騎士との出会い、7-8章は蒼炎での重要なイベントですね。
獅子王の助けが入りますけど、この辺境の地域まで王様はよくいらっしゃったものですねw。
さすがは形式がないラグズの文化と言えそうです。
ここで流れるFather's Backは、蒼炎の中でもかなり好きな曲。
イベントで印象に残るし、画面の絵とこの曲が見事一致していました。

ここから、武器防具が買えるようになりました。
今までライブの消費を気にしたりして、極力消費を控えてきましたが、ここからはどんどん押していけそうです。

このマップは籠城戦となり、プレイの仕方によって難易度が大きく変わってくるマップですね。
初見マニアックの軍師様の悲劇は、今でも覚えています。
いつもの籠城戦のように、全ての敵を倒そうとしてもここは増援が多いので、無理です。
右と下はオスカーとティアマトで塞いでおいて、本隊を時計回りのように進ませて、できるだけ一掃します。

イレースが仲間になりました。
暁では唯一レクスボルトを使えるキャラだけあって、育てる優先度は高めです。
セネリオ同様、魔道士二人目として育てようかな。
チク狩りすることになるから、ライブ上げは可能ですしね。

第9章 ガリアにて
ここは山賊がすぐに増援してくる、めんどくさいマップです。
ワユとアイクを体当たり、救出引き継ぎおろしを駆使して、山賊を撃破。
海側からぐるっと、回って村を訪問しておきます。
ネタダ率いる山賊部隊は毎回毎回、ワユのいいレベル上げになりますねw。

マーシャが仲間になりました。
暁二部でマーシャを育てておくと楽になるので、今回も育てていくつもりです。
全く、蒼炎プレイなのに暁のことばかり考えてしまいますねw。

ここのボスは友軍のターンがめんどくさいので、チク狩りせず。
さっさと倒してしまいました。

第10章 捕虜開放
ここは牢獄マップ、敵に見つからずに進ませるようにしたかったんでしょうけど・・・。
もはや、見つかる前提のマップですねw。
もし宝箱がなくカウンターの書がなかったら、ボーナスEX目当てで、捕虜解放+潜入作戦を敢行してもいいんだけどね・・・。

ラグズを育てるのがこの蒼炎プレイの目的なんですけど。
最初から上級職扱いのラグズは育てられないので、当分の間は削り役に徹してもらいます。
本当に蒼炎のラグズは使いづらい・・・。

ハードなので、敵がそれほど強いわけでもなく。
1ターン目から、牢屋の砦を叩いて、増援を出現させた後、その増援を駆逐して、前から向かってくる敵に対して構えておくだけです。
ハードでは、難しい章というわけではありませんね。

扉を壊したり宝の鍵を盗んだりして、徹底してフォルカに仕事を与えない私でした。
本当にお金取られるのが、何かいやでしてねw。
最後はトラキアみたいに、アイク意外の全てのキャラを離脱。
壁さんことセフェランを救出したマーシャを離脱させると無駄なことをしていましたw。

ケビンと姫との関係。
流れるBGMはVow、暗黒から烈火と、アレンジを重ねられてきた名曲です。
この曲を聞いてしまうと自然と背筋が伸びてしまう・・・烈火の騎士の誓いの印象が強いからでしょうか。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない8 

伏見つかさ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」8巻の感想です。

黒猫と付き合いだした京介。
物語中盤までは、黒猫との甘いデート生活が続きました。
初々しい二人での恥ずかしそうな交際。
二人ともすごく楽しそうで、このまま付き合い続ければいいと感じられました。
しかし、これまで1-7巻見てもこのままで終わるわけがありませんでしたね。

ここからはネタバレとなってしまうので、要注意です。


・・・黒猫が倒れた時、私は本当に死んだと思ってしまいましたw。
黒猫は医者からいつまで生きられる年月を聞かされており、最後の一時を愛しい人との交際に使った。
体が苦しくなり愛しの人を悲しませないために何も伝えず、地元であった地方の病院に行き、ひっそりと息を引き取った

妄想乙 CVダル
私が瞬時に考えた脳内妄想でした。
どうみてもそんなキャラじゃないし、そんな物語ではありませんw。
全く、私はいつからラブロマンスを思い浮かぶような人間になってしまったのでしょうか・・・。

さて、9巻はどう動いていくのでしょうか。
三角関係・・・じゃなくて、四角形関係が判明した今、京介は相手は誰になるんでしょうか。
予想としては次で沙織と友好度も上り、五角関係に発展するとか。
彼女達の性格がいいから、間違っても「かなーしみの♪」展開にはならないから安心ですねw。

ハイペリオン 

ダン・シモンズ「ハイペリオン」を読ませて頂きました。

このハイペリオン(アマゾンリンク)、表紙から見覚えのある人が多いのではないかと思います。
そう、涼宮ハルヒで長門がキョンに貸した一冊がこの本です。
映画の消失でも、重要なフラグとなっていましたね。
もちろん、この本は真っ当なSF作品であって、女の子の栞が挟まれているわけではないので、あしからず。

しかし、キョンが厚物SF作品と言うだけのことはあります。
全532P、しかも1ページごとに二段に分けられて敷き詰められてます。
しかも…読み終わった後に気づいたんですけど、この本だけで完結しないで、まだ後編に続きます。
どんだけ長いんですかw。

内容はというと、巡礼者の物語がこの前編の主軸です。
つまり、前編の90%が登場人物の過去を語る話になってます。
これだけを聞くと、すごく面白くなさそうに思えるかもしれませんけども。
この過去に遡る話、一つ一つが話に引き込まれて、本当に面白かった。
短編集みたいに、最初はまた別話になってツマラナイなーって感じるんですけど、物語が進むに連れて捲る速度がどんどん早くなっていきました。
次がどうなるのか、最後はどうなるのか、展開を楽しむことができましたね。

続編ともなる「ハイペリオンの没落」も読みたいんですけど、少し後にします。
このハイペリオンを読むのに、図書館返却のちょうど2週間ぎりぎりかかってしまいました。
25日は驚愕が発売されるので、驚愕を読んでから借りてこようかなと思います。

蒼炎4-7章 

ファイアーエムブレム 蒼炎の奇跡

4章

もう神官の指輪を装備させて、魔防カンスト狙っていますけど。
これまで魔防は6のまま、乱数が控えめになりはじめましたね。

この章は蒼炎でも屈指の難関に入るのではないでしょうか?
マニアックでのここの難しはなかなかのもの。
今回はハードなので籠城する必要もなく、セネリオ中心に育てています。

セネリオに対してボスは「こんな子どもが」と発言してますけど。
軍師で頭よくって強くって…こんな子どもがおるか!って感じですねw。
年齢的には…ゴフンゴフン。
これこそまさに、頭脳は大人!体は子供!

5章
傭兵団の砦で籠城するマップですね。
グレイル「俺が裏を守ってくる」
隊長ともあろう方が1マスで守りやすい裏を選ぶなんて…グレイルの実力なら一人でなぎ倒せると思うのにw。
・・・そういえば、暁のウルヴァンの耐久力って減ってないね。

ここのボスは女神像を持っているので、籠城するだけではなく、ボスを倒しに攻めこみます。
カンストを目指すのならば、ドーピングアイテムは絶対に見逃せませんね。
ハードでもティアマトを酷使、アイクとガトリーだけではさすがに厳しいです。
食べ残った敵はセネリオに食べさせて、押していくのみですね。

ボスを倒して敵もほとんど倒したのだけれど…。
最後に現われた三人のソルジャーを倒しきることができず、一人手槍持ちだけ食べ残してしまいました。
ああ・・・もったいない。

それにしても、この蒼炎の時点でボーレとミストがくっつくなんて誰が想像できたことなんでしょうか…。
ヨファミスト派だったのになあ。

6章

初見マニアックでは厳しい場所だった覚えがありますね。
ここは平地が多くて、籠城がしづらい場所。
基本的には森に隠れながら進んで、橋の上で籠城することにしています。
橋の上を制圧して、全軍がこちらに向かってくるのを事前に身構えておけば、安全です。

育ててるのはアイクとセネリオ。
オスカーの成長が結構いいけど、毎回育ててるから、今回は育てたくないなあ…。

7章
ワユ登場です。
現在、いろいろと酷いことを言われてるワユですけど、彼女こそが真の被害者ですねw。
この際だから、毎回蒼炎プレイするごとに育ててますけど、今回も育てようかなと思います。

以外に苦戦させられたマップ。
いまだにシノンとガトリーが出てくる条件が見えないけど、恐らく敵の数に関係がありそうですね。
ここの盗賊は別の意味で厄介。
こちらに盗賊がいない上に輸送隊がいないから、アイテムを盗まれただけで取り返しが付かなくなります。
実際に、天の羽衣を盗まれてリセットするはめとなりましたw。

チク狩りしやすいボスですけど、武器が買えないしユニットが少ないこともあって、めんどくさくなってしまいますね。

生きている内に凄くやっておきたいことは?バトン 

バトンを頂きましたー。
どうもありがとうございます。

追記にバトン内容を入れますね。 ▼追記を読む(コメント返答)▼

蒼炎序章-3章 

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡

序章
そういえば、テレビを買い換えてFEをプレイするのは初めてですね。
GCである蒼炎もプログレッシプモードで起動できました。
音楽やグラフィック、今までよりもずっときれいにプレイできそうです。

もう何回見たであろう、冒頭のアニメ。
エルナと子守唄のシーンは物語のキーとなりますね。
暁での邪神を開放するミストの子守唄を脳内で思い出していました。

ボーレ、グレイルとの練習戦。
おお、やっぱりグラフィック綺麗。
前までブラウン管でのプレイとはまるで別物のように思えてしまいます。
当時は私の蒼炎の評価はあまり高くなく、どうしてもグラフィックに慣れず好きになれなかったなあ…。
今となっては暁で慣れたこともあって、蒼炎もずいぶんと好きになりました。
何より暁が神げーだったことが大きいですw。

1章
今回はラグズ中心プレイということで、最低人数しか育てないつもり。
つまり前衛は後優先にして、杖を使える魔法タイプを優先に。
よって、ボーレ、オスカーを育てるつもりはないので、アイクのみに経験地を集中させます。
オスカーから奪っておいた騎士の指輪をアイクに装備させて、無双させていました。

2章
ここはマニアックだったら、結構厄介なマップなんですけど。
ハードなので、アイクを壁にして何度も戦わせればなんとかなってしまうマップとなりますね。
次のガトリー、シノンマップではアイク一人でも十分戦える状態にしておきたいところ。

アイクのレベルアップは4回目、レベル5となったわけですけど。
今の所、なぜか必ず魔防が伸びるおかしな成長なっています。
何これ、魔防5ってどういうことなの・・・。
もしカンストできたらゴリラアイクがスリープに耐性つけられるようになるのかな。

3章
もうこのままアイクの魔防カンストを狙って、神官の腕輪にかえました。
たったの+5%、ステリセは一切しないつもりだけど、伸びてほしいな。

マーシャは範囲内がフラグになっていることを知っているので、ミスすることもなく行きました。
今のところ、ノーリセ。
ハードだから楽なんですけどねw。

Ver2.02 

もっと不思議の幻想郷plus

ver2.02がupされたので、さっそく更新してみました。
まずは今まで死にゲーだった、マジカルボンバーをプレイ。

mazibom-clear.jpg
・・・簡単になりすぎですw。
どのぐらい簡単になったかというと、東方のlunaticから一気にeasyになった感じ。
今までは死ぬ要因が多かったんだけど、全て取り払われました。
ボムモンスターとしての空とでかい永琳は、何故か一発殴るだけで倒せるように設定されてます。
最初見たときはびっくりしました、その代わり経験値はかなり少なめ。
なんという詐欺w。
苦しめられた河童も、にとりちゃんになって即死ではなくなりました。
他に厄介なモンスターだった白蓮等のモンスターも~ちゃん系統に。
通路で出会っても、一撃で殺されるどころか、殴り殺せるレベルでした。

正直な私、私はアップロード前のマジカルボンバーのほうが好きです。
こういっては失礼なのかもしれないけど、ゆとり仕様ですw。
例えば、響子のギタン投げはダメージすらなくなり足元に落ちる仕様となっていました(シュート・ザ・マネーで。
元々シレンの河童のギタン投げは祝福ギタンまである仕様でもし幻よりも辛い設定なのに。
以前のマジカルボンバーは爆弾で逃げ続けるダンジョンという意図が分かったのに、今のマジカルボンバーはレベルを上げて終盤でも殴り負けないようにすることになり、他のダンジョンとの差異が少なくなりました。
辛いのは爆弾よりも、おはぎが落ちていないことになってしまいます。

アクアスタイルにあるJYUNYAさんのブログを見てきました。
私が思い出したのは文花帖にあったZUNさんの考え方。

同人自体がミニ商業化して商業とやることが同じになってしまうと、先が見えてきてしまうんですよ。
僕はユーザーが同人作家に要望を言い過ぎるのは,同人っぽくないと思ってます。
商業とは性質の異なる同人というものに対して、要望や批判をし過ぎるとものを作る人のパワーが減ってきて市場が萎縮してしまう。

ユーザー側としては、感想や意見を聞いてくれるのは本当にありがたいんですけど。
ニコニコの実況プレイヤーがスレを見ないほうがいいと言われるのと同じように、あまり評価を気にして欲しくはないです。
一番大事なのは創作欲。
所謂アクアスタイル風のダンジョンを好きなように作ってくだされば、それでいいと思います。

蒼炎前置き 

ファイアーエムブレム 蒼炎の奇跡

最後のファイアーエムブレム、蒼炎をプレイしていきます。
これにて、FE全作品のカテゴリ化が完成することになります。

今まで、二週目以降となるFEは何らかの縛りを入れてきましたけど。
最後はなしにして自由に、ハードをクリアしようかなって思ってます。

多分、ステリセやチク狩りを行うことになるかもしれませんね。
やっぱり蒼炎のクリアデータは暁に繋げられるのが嬉しいですし、多くのカンストキャラを育成したいです。
いつもはベオクしか育てたいので、今回はラグズを中心に育てたいな。
暁でのラグズ育成が楽しかったから、蒼炎から引き継ぎさせたいです。
引き継ぎステータスは実際には+4ということになりますね。
ただ、ラグズを育てた友達から話を聞くに、一つもカンストしなかったらしいですけどw。

いざとなったら、ラグズにドーピングをつぎ込めばいいかな…。

烈火ノーリセ 感想 

ファイアーエムブレム 烈火の剣 真のノーリセ縛り(章別セーブ禁止)

戦歴
5位 103勝 エルク
4位 110勝 ヘクトル
3位 122勝 ギィ
2位 132勝 エリウッド
1位 134勝 バアトル

なん・・・だと・・・。
見た瞬間びっくりしました。なんとMVPが馬鹿になってしまうなんてw。
今回は良成長を繰り返してきたため、斧と弓が非常に使いやすかったことはありますね。
またウォーリアの戦闘グラフィックがかっこいいから、ついつい戦闘させることが多くなったのかもしれません。
2位のエリさんとはたった2勝の違い、接戦でしたね。

感想
さすがにノーマルでは簡単すぎました。
また烈火は何度もプレイしたために、増援箇所を把握していたため、事故なく攻略していくことは容易でしたね。
一度死んだらやり直せないというこの縛りも、主人公が育ってしまえば怖いことはほとんどなくなり、無双ゲームになっていました。
気をつけるのはせいぜいソードキラーぐらい、GBAとして回避ゲームとなってしまいました。

これまでずっと中断セーブを残し続けてきました。
これはエピローグをみたあとでも、きっちり残ってます。
rekka-norise-end1.jpg
序章で20時間50分経過しているようにも見えますねw。
これを押したら、火竜がアーリアルで倒されるシーンに戻されます。
また烈火をプレイするときまで、この中断データは残しておこうかな。

エピローグを保存していなくても、ちゃんと戦歴はついていました。
rekka-norise-end2.jpg
GBAの評価は手厳しいので、一応ターンを稼がないようにしていても、攻略評価は1でした
異伝や外伝に行っているせいなんでしょうけど。
あれ、さっきのリン編よりもプレイ時間が少ない・・・と不思議に思いましたけど。
あちらはリン編の時間が含まれているってことなんでしょうね。

次回
次はラストのFE、蒼炎の軌跡。
これが終われば、全てのFEのカテゴリ化が終了です。
縛り自体ほとんどなしで、簡単な難易度でラグズ中心で育てるプレイにしようかなと思います。

烈火ノーリセ終章 

ファイアーエムブレム 烈火の剣 真のノーリセ縛り(章別セーブ禁止)

終章 光
主要キャラをまとめます。
計算したわけではないですが、なんとカンストしたキャラの数がちょうど出撃人数と同じでした。
ヘクトル編でのドーピングは未使用です。

ヘクなんとか(斧S)
HP 56
力 25
24
速さ 22
幸運 13
守備 29
魔防 10
ヘクトル編ではクラスチェンジが遅いのが難点、下級職でレベル20になるまでが晴れ舞台でした。
この防御力から壁役には最適なんだけど、ノーマルでは他のキャラでも余裕で受けられるので。
二回攻撃できない不便さを感じることはありました。
また、幸運が低い点では物理攻撃の必殺はまるで怖くはないですけど、光魔法がちょっとした恐怖。
支援相手ファリナが間に合わなかったせいでもあるけど、アルジローレの2%を引いていれば、ゲームオーバーとなっていましたね。

エリウッド(槍S)
HP 51
27
26
速さ 23
幸運 23
守備 16
魔防 16
主人公らしく、非常に使いやすかった成長をしていました。もうエリなんとかなんて言わせない
火力と速さに優れ、物理にも特殊にも強い耐久力。
どっち取らずとよく言われるエリウッドですが、今回は高成長をして長所になっていましたね。
速さはヘクトルよりも早く安定して追撃できていたところも、評価に値する結果でしたね。
あれ、いつのまにか速さ追いつかれてる

リン(弓S)
HP 53
力 23
29
速さ 30
幸運 29
守備 8
魔防 15
守備が一桁…とにかく紙耐久。
でも武器が弓なので回避率が異常w、当たらなければどいうということはない。
守備の代わりに幸運がよく伸びたことも大きいですね。
リンだけはいつ育てても、毎回エースになってくれます。

エルク(理S)
HP 46
魔力 25
技 20
速さ 26
幸運 16
守備 16
魔防 18
上級職になってから、魔力の伸びが悪かった…。
しかし、魔法使いとは思えないこの守備力。
なんとあのエリウッドと同じ!・・・って言うと凄そうに聞こえない不思議。
でも、ノーマルなら大抵のファイアで一撃で葬ることができましたね。

ウィル(弓S)
HP 55
力 19
技 27
速さ 18
幸運 22
守備 12
魔防 11
(´・ω・`)
まさに村人その3とも言える能力。
長所が一つも見当たらないこの能力!
さすがウィルと言えます。今回のエリウッドポジション。
でもこの烈火ではシューターの存在がとにかく大きいので、非常に便利でしたね。
それにスナイパーの戦闘グラ大好きです!

セーラ(光S)
HP 40
魔力 23
技 18
速さ 26
幸運 30
守備 13
魔防 28
改めて。
感想はこの前と同じなので、省略。

カナス(闇S)
HP 43
魔力 24
技 21
速さ 23
幸運 15
守備 10
魔防 23
能力は平凡。
しかしアトスを覗いて唯一の闇使い、ルナのおかげでボスキラーとなってくれます。
バアトルの回復を行いながら、リザイアで自身のHPも回復できる点が使いやすかったですね。

バアトル(斧S)
HP 60
30
技 21
速さ 17
幸運 20
守備 18
魔防 12
いつものバアトルより、ずっといい成長をしてくれた感があります。
技と幸運が伸びてくれたため、斧の命中率も怖くない。
HPと守備力の高さから、安定した壁になってくれました。
あと、このGBAの戦闘グラフィックで一番かっこいいのはウォーリアだと思うのは私だけですか?
弓が好きなんだけど、それでもこのウォーリアの斧は重さが感じられてかっこいい。
ウォーリアの斧必殺はまさにゼフィール、迫力ありますねえw。

ファリナ(槍S)
HP 48
23
技 23
速さ 28
幸運 22
守備 16
魔防 23
残念ながらヘクトルとの支援Aは失敗してしまいました。
支援は何一つ入っていませんけど、このステータスだけでも十分強いですね。
さすがはペガサス三姉妹最強と名高い2万ゴールドの女。
ペガサスの速さだけではなく、火力と守備力も高いです。

ギィ(剣S)
HP 53
力 19
29
速さ 30
幸運 25
守備 14
魔防 6
まさにソドマスらしいステータス。
あの下級職から成長が伸び悩んだ印象が高いです。
幸運が伸びて回避率は高いんだけど、力と守備が低かったかな。
終章では支援Aであるプリシラは未出撃、残念です。


長い!長いよ!
長くなりましたけど、終章の感想です。
こちらも32章同様に、支援会話集を100%にするため何戦も繰り返してきたために、全て暗記しているんですよね。
厄介なウハイはリンで、必殺のあるケナスはパピス持ちのエリウッドで、ライナスとの支援あるロイドはソードキラーで。
各それぞれに対策を施していました。
ここでも勿体と感じて、極力最強武器を使わないようにしていました。

ネルガル戦はなんとセーラのアーリアルで41×2で一撃で倒せましたw。
ラスボス火竜も情けないことに、リン→ヘクトル→エリウッド→セーラの、4人の攻撃で終わったという事実。
FEのラスボスなんてこんな物ですよねー。
ともあれ、難易度ノーマルではあったけど、ノーリセで犠牲者0で終えることができて良かったと思います。

マジカルボンバー 

もっと不思議の幻想郷プラス

パチュリー・ノーレッジのマジカルボンバー・・・(#^ω^)。
このダンジョンはアクアスタイル製作者の人達の性格を表している思いますw。
開始した時には爆薬を10個所持。
1Fから芳香やパチュリーちゃんが多く出現するため、レベル上げるのは困難。
2Fからもう妹紅やパチュリーが出現するので、爆薬に頼って逃げていくダンジョンとなります。
そんなダンジョンなのに、嫌がらせのようなモンスターが数多く出現。
4F、5Fにはニトリ様が出現、いきなり攻撃されて否応なく殺される霊夢も数多くいるでしょう。
6Fからはでかい永琳様登場、通路からいきなり射撃されて否応な(ry。
しかも爆薬無効、逆行薬が落ちてるのはこのためかな。
終盤にはこいし出現、目薬無効の上、いきなり(ry
そういえば、能力使われなかったけどでかい天子もいたような(?)…アークドラゴン的な能力を使われたら、あれ死ぬんじゃない?w
そして、最大の嫌がらせは空のエンカウント
通路を歩いていたら、打たれて死にます。
爆薬を投げつけても、核の炎に包まれて死にます。
火水木金土日月の札で低速にしても、1ターンで無効化されて死にます。
つまり、空に出会ったら、大体の場合は終わりです。

始まって24秒後、空との対峙。
mosiplu-utuho.jpg
どうしようもないです^^。
半属性ボスがエンカウントなんて…こんなのってないよ、あんまりだよ!。

空対策は今のところ二つしか見つけてないです。
火水木金土日月の札で水にするか。
核爆薬 「ニュークリアフュージョン」を飲んで、ダンジョンごと一掃するか。
前者は運なのでどうしようもないときに。
後者が今のところ安定、核爆薬が落ちているのを願うのみです。
ニュークリアフュージョンは核マスという、相手の攻撃1にするという素晴らしい効果があるので、マジカルボンバーをクリアするキーアイテムだと思っていたり。
ニュークリアフュージョンは一人倒さないと階段が出現してくれないという性質があるので…。
最初に湧いてきた敵が空だったら絶望です、何故か意外とその確立が高い気がするんですけどw。

私の最高記録は9Fでした。
開幕、部屋にいたでかい白蓮とでかい子傘を爆薬で仕留めて、手持ちの爆薬が尽きました。
もう後一匹でも現れたら死ぬと覚悟を決めて、次の部屋に行ってみると、階段発見。
やった!ようやくクリアした!と回りのアイテムを気にせず、階段に直行しようとしたら…
階段三歩手前で、こいしに殺されました(; ;)。

ほんと、ブックスオブライトすら落ちていないところも含めて…。
このダンジョンの製作者の性格はすごくいいですw。
皮肉ではなく、もちろん、これは褒め言葉ですw。もっとやれ!
糞ダンジョンを通り越して神ダンジョンだと思うようになった私でした。

烈火ノーリセ30章-32章 

ファイアーエムブレム 烈火の剣 真のノーリセ縛り(章別セーブ禁止)

第30章 狂戦士テュルバン
出撃数が3人と少ないマップ。
ここでヘクトルがクラスチェンジしたため、ヘクトルのレベル上げ+ファリナとの支援会話を重視しました。
後一人はエリウッド、槍Sは無理っぽいけど。

ここでは盗賊が宝の鍵を持っているため、盗賊は不必要。
わざわざ盗賊が奪ったものを後から回収。どうもありがとうございます!
短いマップなので特記することもなく、クリア。

第31章 悠久の黄砂
守城戦。
懐かしのマップ、封印のオスティア城の南側というのが分かりますね。
増援はそこまで多いわけでもなく、左の階段から少しと、馬鹿正直に正面から湧いてくる敵を迎え撃つだけ。
ここまで成長したユニット達がいるなら、苦労することは一つもありませんね。

ここのボス、デニングは本当にモルフらしいモルフ。
テープレコーダーのように、FCドラクエの村人のように同じことしか言わない。
ソーニャやリムステラとは違い、本当に人形って感じです。バカジャネーノ
またスナイパーであるため、接近戦でボコられるかわいそうなボス。
ラストに向けて、チク狩り用なんでしょうか?やらないけど。

第31章 外伝 戦支度
FE唯一、敵がいないマップ。
支援が足りていないペアを出撃させて、適当に買い物をして、終わらせました。

バアトルが仲間になっているので、カアラが出現。
弓を持たせてイベントに入りましたけど、バアトルの弓の命中率や威力が表示されているのはバグなんでしょうか?
初めてカアラが仲間にするときに、試しにソードキラーを持たせてわざと殺したなんてこともしましたねw。
ヘクトル×ファリナは結構隣接させているんだけど、いまだに支援cすらもつかず…。
絶望的な状況となっています。

第32章 背水の戦い
終盤だけあって上級職ばかり増援として出てくる、広いマップ。
しかも、外伝に行くためには20ターンのターン数制限があるため、急いで進軍しなければなりません。
実はこの章、支援会話集を100パーセントにするため何度もリセットしやりなおしたのですごく慣れていたりします。

ユニットが揃っているため、苦戦することもなく、無双で進んでいきました。
ヒヤッとしたのはウィルが低乱数で何度も攻撃を受けたぐらいで、大体の敵は一撃で沈んでいくので、すぐさまリムステラの場所まで、到着してしまいました。
分散したパーティは下記の通り
左上経由-リン、ウィル、ギイ、プリシラ
中央経由ーヘクトル、ファリナ、エルク、セーラ
右下経由ーエリウッド、ラガルト、カナス、バアトル

VSリムステラはカナスのルナで、見事溶けました。
必殺25%、威力25で、必殺出して一撃で殺しました。
烈火は本当にルナの性能がおかしいですw
使えるキャラがカナスだけだからバランス取れてるんでしょうけど。

ファリナ×ヘクトルの支援Aは諦めました。
またプリシラのクラスチェンジも結局はできないままになってしまいましたね。
チク狩り等、ターンをかけるものを行っていないので、仕方が無いとは言えます。
ですが、ここでほとんどのキャラがレベル20に達しました。

第32章外伝 生の価値
出撃人数5人しかない上に、上級職の増援が続々出没してくるマップ。
前章でレベル20に達してないキャラ5名を選びました。
ヘクトル、ウィル、エリウッド、エルク、ラガルト

難易度的には育てきっているキャラがいれば怖いものはないですね。
ヘクトルのヴォルフバイルがはれば、スレンドかトマホークの二択であるうざいジェネラルを一撃で落とすことができます。
扉を開いたとき、開始地点から続々とサンダーストーム持ちのヴァルキュリアが出てきました。
忘れていたのでこの時、ラガルト以外の全員がカンストしていたし、倒しに戻るのも面倒なのでスルー。
さっさと魔封じの者を倒してクリアしてしまいました。

これで育てていたメンバー全員(ラガルト以外)がレベル20となりました。
次の記事で終章前にまとめようかな。
あと、輸送隊であるマリナスは一度も死ぬことはなかったので、最高レベル9になりました。

不思議の王国 

もっと不思議の幻想郷プラス

あ・・・ありのまま今起こったことを話すぜ!
開幕モンスターハウスでスペルカード夢想封印を使ったら、いつの間にか博麗神社に戻されていた。
な・・・何を行っているのか分から(ry

ナズーリンランドの不思議の王国にて。
武器(おはらい棒1スロ+13)、防具(穣子の帽子2スロ印重吸+5)と、結構揃い始めていい感じでした。
オハギの心配もなく、悠然とレベルを上げてこのままクリアまで行こうと思っていました。
そんなときに、23F(うろ覚え)で開幕全フロアモンスターハウス。
近くに永琳さんがいたし、とりあえずはダメージを与えておこうと夢想封印を使ったのさ。
ところが、山彦で何度もダメージが返って来て、25ダメージ×αを受けて、一撃で昇天しました\(^o^)/。
これは新しく登場するようになった響子のせいで、反射でダメージが何度も返って来た、というわけです。
新キャラの対策ができてなかったわけであって、結構悔しいw。

今回のもっと不思議のダンジョンの位置にある、持ち込み不可99Fダンジョン、不思議の王国。
亜空間との差は、ニトリはたてなど有用な敵が出現しなくなり、神霊廟から参戦した響子と芳香、非常に厄介なモンスターが増えました。
前述した響子はシレンに登場したあの厄介な河童の能力を持つだけではなく、さらにダメージを反射させる能力を持ってます。
祝福ギタン等シレンより投げられて怖い物は少ないですが、シレンよりも床に落ちているアイテムが多いため、いらいらさせられること間違いなし。
特に貴重なアイテムを投げられたときの虚しさは異常です、ギャーテー。
芳香は攻撃すると何度も復活してくる…トルネコ2の骸骨戦士の能力。
今のところ~さん以上を見たことがありませんが、強くなるほど厄介になるのは間違いないです。
倒し方は今のところ分かってる時点で、爆薬を投げるかオハギを投げるかのどちらか。
投げたおはぎは一段階能力を下げる性質があるので、ドロドロオハギ以外ならいけるみたいです。
おはぎもどきを手持ちに残す選択肢が増えましたね。

ニトリが出て来ないとすると、合成のスキマが非常に重要になってきそうです。
お札も合成しづらくなり、立ち回りがかなり制限されそうですね。

魔法少女まどか☆マギカ 

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」を見ました。
タイトルや可愛らしい女の子の絵から、長らく敬遠していました。
ただ可愛いから人気がある、それだけなら私も見ることはなかったと思います。
予想以上に深いストーリー、残酷な世界観、キャラクターの心相に惹かれて、アニメを見始めたら止まらなくなってしまいました。
先の展開が気になる、久々の良アニメだったなと思います。

今回はコメ返答欄から、感想を書きます。
シリアスアニメなので、ネタバレだけは絶対に見ないほうがいいと思います。

▼追記を読む(コメント返答)▼

烈火ノーリセ28章-29章 

ファイアーエムブレム 烈火の剣 真のノーリセ縛り(章別セーブ禁止)

第28章 夜明け前の攻防
ヘクトル編ハードにしなかった理由がここ。
ここのジャファル、ニノ生存だけは確実に運が絡んでくるので…。
リセットできないとハードではジャファル生き残るのはかなり厳しいきがしました。

ノーマルでも、ぎりぎりでしたね。
戦士のソードバスターがジャファルに当たる当たる…。
2ターン目にして、ジャファルのHPが3でしたからね、乱数によっては死んでいました。
ゼフィールの方に逃げて特効薬を使って、回復をしてくれたおかげで、無事に救けることができました。

また此処にはブーツやデルフィの守り。
重要なアイテムを入手できたので、これからの戦闘がぐっと楽になりますね。
ブーツはニニアンに、再行動ユニットを早くするようにしてますね。

第28章外伝 決別の夜
ブレンダン・リーダス・・・。
この黒い牙首領はどうも嫌いには慣れないんですよね。
義賊黒い牙をまとめあげた実力者であり父親。
ソーニャ・・・いやネルガルさえ来なければ、黒い牙は暗殺部隊になることはなかったのに。
ネルガル達を許せなくなるシーンです。

封印の水の神殿を思い出させられるようなマップ。
しかし、こちらはベルンに存在するのだから、別物なんでしょうね。
増援数が多く遠距離持ちがいるので厄介なマップではあるのですが、レベルの高いファリナがいるため、さほど苦戦することもなく、進んでいきました。
なるべく、支援レベルを高めようとしているのですが、なかなか支援をつけることができませんね。
意外と長いのがエルク×セーラ。
エルクが嫌がっているせいなのか、いまだにCってどういうことなの・・・。
また、ここでもファリナを多用してしまったために、ヘクトル×ファリナの支援は間に合わなさそう。
終章まで残りわずかですしね・・・。

地味にラガルトがクラスチェンジ。
サブキャラなので、ステータスは略。
強いどこところか、弱いステータスとなりました。

第29章 運命の歯車
増援祭り。
橋前で篭城していれば、敵のキャラ数限度に達し、増援が止まる程の増援スピードです。
今回はノーマルだけあって敵の強さ自体も弱く、敵の砦を制圧するかの如く、進軍していきました。
左側はヘクトル、ファリナ、エリウッド、ニニアン
中央はセーラ、エルク、カナス、バアトル
右側はリン、ウィル、ギィ、プリシラ
といったように、育てたキャラ自体が多かったことで楽に進めることができました。

ここでセーラのレベルがとうとうカンスト。
初の上級者カンストとなりました。
HP 40
魔力 23
技 18
速さ 26
幸運 30
守備 13
魔防 28
さすが、アフアを使っただけあって強くなりましたね。
速さと幸運はさすがのもの、雑魚敵の攻撃なんてまるで当たりません。
クラリーネを思い出させるような、回避率を誇っていますね。
ついでにちょうど光がSになりました。
ネルガル相手にアーリアルを使う最優先候補となりそうです。
一応、アトスには負けそうですけど。

ロイドェ・・・。
なぜ仲間にならなかったのか。
分岐があるのだから、ライナスとロイドのどちらかが仲間になる仕様でよかったのに・・・。
弟を殺された怒りで狂気の沙汰になったのか、それとも死に場所を探していたのか。
ライナスを私たちが殺したわけではないことを打ちあけ、仲間になってほしかった…。
【白狼】のロイド・・・かなり好きなのに。

裏庭の地下室 

もっと!?不思議の幻想郷plus

裏庭の地下室を一日でクリアしてしまったので、連続で記事にします。

攻略法っていっても、こればかりは運なので、何度もやるしかないですねw。
~さん系統の1~5Fまではがんばってレベル上げ。
我らの天使「センジュナマコたん」が出てくるのを待ちましょう。
今回はLV1で見つけることができたら、すごく楽になりました。
あの弱さで705超えの経験値はこのダンジョンにおいて、救済措置になってますね。
~さま系統の6F~10Fは階段を見つけたら即降りして逃げることにしました。

持ち越しのスキマはほとんど使わずじまい。
もし防具なしなど、最低の引きを引いた場合の時のために、身代わりや低速を入れておいたけど、運が良かったせいか使うときは来ませんでした。
10Fで一応割ったんですけど、敵が来る前に階段を見つけてしまいました。
mosiplu-uraniwa.jpg
これで一つ目のダンジョンクリアです。

リプレイは一応取っておいたんだけど…バグってましたw。
http://u1.getuploader.com/picachu/download/19/replay20110512004746.lrd
途中でずれたのかおかしな行動をしまくる霊夢。
途中殺された瞬間に、クリア画面が出るのはとてもシュールですね。

もしプラ 

もっと!?不思議の幻想郷plus

今日からメロンブックスで始まったダウンロード販売。
もしプラ買ってきました。
今回はもし幻の追加ということで、たくさんのダンジョンの追加です。
やりこんでいるわけではなく、結局画竜点睛をクリアしなかったので、全てのダンジョンをクリアできないだろうけど。
またゆっくりやっていこうかなと思います。

まず最初のクリアを目指すのは裏庭の地下室。
不思幻でもあったダンジョンで、完全に運試しのダンジョンです。
10Fと短いダンジョンで、アイテムは降りたときにランダムで決められる。
もちろん、持っていたアイテムはほとんど(とあるスキマの中以外)消えることになるので、使い切ることが重要ですね。
武器防具が最初の持ち物になければ悲惨、地獄と化しますw。

このダンジョンは1Fから~さん系統の敵が出てくるので、基本的に最初のアイテムが揃っていないと即死します。
1Fが最大の壁。
mosipura-twitter.jpg
実際にはTLを無駄に汚すのも何なので、死ぬと分かったときは断念しているだけで、もっと死んでますw。
1Fの修羅場を抜ければ、警告待ちまでレベルを上げて進んでいくことになります。
もし幻から登場した子傘や幽香の存在で、結構難しくなったなと感じました。
また成長印は全てLv1なのであってもなくてもほとんど大差ないのがちょっと残念です。

まだ発売されたばかりであって、バグっぽいものが見られました。
一つは合成のスキマ。
複数同時に入れると、何故か修正値が合成されず+10になってしまいました。
一応、印のほうは正確に合成されていました。
でも、一つ一つ入れていくと回避してくれるみたいで、バグ回避はできそうです。
二つ目はもしかしたら仕様で強化されたのなのかもしれないけど、橙。
普段は倍速なんですけど、今作は一回の攻撃が二段攻撃となってますね。
だから射命丸みたいに計4回攻撃。
ガガガガ、ガガガガとダメージがかなり削られてしまいますね。
橙だと思って甘く見たら死んでいましたw。

今回はリプレイを取れるみたいなので、裏庭クリアしたらリプレイとっておこうかな。
動画にできないから、ほとんど意味ないんですけどねw。 ▼追記を読む(コメント返答)▼

烈火ノーリセ26章-27章 

ファイアーエムブレム 烈火の剣 真のノーリセ縛り(章別セーブ禁止)

第26章 届かぬ手、届かぬ心
またまた懐かしいマップです。
下の村でウルスラが「あの竜騎兵は必ず殺しなさい」って言われるから、初見でヴァイダを殺すためがんばった覚えがあります。
言うまでもなく、初見ではヴァイダは仲間になりませんでした。
他に仲間にならなかったのは、ダーツとガイツでしたね。

ともあれ、ノーリセ開始です。
リンディスがクラスチェーンジ。
弓が使えるようになったので、弓Sにしようとがんばろうかな。
リンの弓Sって通信闘技場の経験からもいって、普通に強いんですよね。
ソードキラー対策にもなりますし。

ここもシューターがあるのでウィルで有効活用。
山上のドラゴンナイトも恐れることがなくなりバンバン撃ち落とすことができます。
あー、スナイパー楽しい。

ファリナがクラスチェンジ。
HP 29
力 13
技 17
速さ 17
幸運 14
守備 10
魔防 14
伸びはそこまで良くはなかったものの、さすがの初期ステータスの高さでした。
ファリナは飛行タイプなのでヘクトルと歩数が全く違うから、なかなか支援を上げにくいという欠点がありますね。
ああ、早くデルフィのお守りが欲しい。

また、アフアを使ったセーラがやっとクラスチェンジしました。
HP 28
魔力 12
技 10
速さ 16
幸運 16
守備 5
魔防 17
まあまあかな。
耐久力には問題あるけど、それ以外では優秀なステータスですね。
ここからは光Sにするために杖を持たせず、支援相手のエルクと共に最前線へ送り込みます。

第27章 闇の白い花
久々にジュルメルートに来ました。
今まで一回ぐらいしかやったことがないような…そんな頻度。
まるで初見のように挑むことができました。

ネタキャラに扱われることが多いジュルメだけど。
何こいつアサシンの癖に、転移魔法使ってるし、結界まで貼れてるし…。
実はこいつドルイドから兵種変更でもしたんじゃないのかな。
黒い牙一のアサシンDAってほざいてるけど、どうみてもジャファルの方が上です。本当にあり(ry
ジュルメ「ひゃはっ! グチャグチャにしてやるぜ!」
セーラに3ダメージ。

あと、私はカレルが好きなので、急いで進軍し、カレルを仲間にしました。
倭刀おいしいです。
さすがに育てられるスペースはないけど、バアトルは育っているため、ソドマス3人揃えられそうですね。

烈火ノーリセ23章-25章 

ファイアーエムブレム 烈火の剣 真のノーリセ縛り(章別セーブ禁止)

第23章 生きた伝説
冒頭、ヘクトルとニルスの挿絵。
ヘクトルがニルスを肩車するシーンなのですが、砂漠で熱くなった鎧に、むき出しの太ももに当たるのは苦痛では…。
まあニルスの種族的に暑さには強そうだけど(ネタバレ的なので割愛)。
太も…ぐへへへへ、な、何でもありませんよ!

砂漠のマップ。
落とし物が落ちているため、回収回収。
砂漠の平原の方で、弓兵を一体囲んで時間を稼ぐのが私のやり方。
パントは連れてきたヒースで回収しておきました。

カナスがカンスト。
HP 30
魔力 15
技 14
速さ 12
幸運 10
守備 8
魔防 12
あまり強くないけど、カナスなら仕方ないね。
これで大体のキャラがクラスチェンジしました。
まだ光をSにする必要があるセーラがまだまだ…早くカンストさせないと。

第23章外伝 創られし命

この章は実は何度もプレイしました。
何故かというと、支援会話を100%にするため、支援会話ループに使用した章の一つでしたからね。
敵兵が少ない上に、相手は上級職ばかり。
外伝で難しいというよりも、サービスマップにしか思えませんw。

エリウッドがカンストしました。
HP 31
力 17
技 18
速さ 17
幸運 13
守備 11
魔防 4
エリなんとかとは言わせない、今回はなかなかの強さ。
力、速さが高いために、主人公らしく非常に使いやすくなりました。
当分はカンストしたため仕事もなくなり、ニニアンとリア充させることになりそうですね。

第24章 四牙襲来
主人公全員がカンストしているため、ライナスルートへと進みます。
アフアの雫はセーラに使いました。
成長率を高くして早くCCさせるつもり・・・だったんですけど、ライブでの経験値量は変わらないんですね…。
ノーリセなのでやり直しが効かないですw。

ここの増援は長く出てくるのでターンをかけてゆっくりと待っていました。
できるだけダメージを受けて、セーラで回復できるように努めていました。
ボスライナスは音楽はかっこいいけど、動いてこない阿呆な敵。
せめて四牙ぐらいは強くしてあげましょうよw。

第25章 狂える獣
ここの占いは明らかに間違ってることが有名。
ドラゴンナイトいないですしw。
26章のヴァイダの説明となっていますね。

パスカル・グレンツァウ。
シャーロック・ホームズを思い出されるような、非常に特徴ある喋り方。
ヘクトル編のみのマップなのに、影が薄くない敵ボスですねw。
身内の方でパスカルが好きな人がいたような、いなかったような。

飛行タイプをこれまで全く育てていませんでした。
カアラ出てくる左下の村に訪問するのを諦めるにはまだ早く、こちらには育てきったスナイパー、ウィルがいます。
村へ近づこうとする山賊をシューターで殺して守っておきました。
その後でゆっくり訪問、烈火の剣程、シューターを使えるFEは他にないですねw。

進撃準備で、覇者の証を売ってお金を作っておきました。
もちろん、二万ゴールドの女を仲間にするためです。
エリウッド⇔ニニアン
リン⇔ウィル
が支援Aとなり、ヘクトルはファリナにしようと思いまして。
飛行系は一人いるだけで選択肢が増えるので、一人は育てておきたいところですね。
▼追記を読む(コメント返答)▼

烈火ノーリセ20章-22章 

ファイアーエムブレム 烈火の剣 真のノーリセ縛り(章別セーブ禁止)

第20章 竜の門
異伝をクリアした後だと、すごく簡単に思えてきますね。
広いマップなのに、敵の数は少なめ。
ただ進軍していくだけです。

そこまで敵が強くないのにも関わらず、経験値はなかなか美味しい。
二人のクラスチェンジ者が現れました。
ギィ
HP 35
力 13
技 19
速さ 20
幸運 15
守備 10
魔防 3
なかなか強くないですか?
感覚は忘れてしまいましたけど、結構良い成長ばかりしていた気がします。
ソドキラだけは警戒を忘れないようにしないと。

エルク
HP 29
魔力 17
技 11
速さ 18
幸運 9
守備 7
魔防 8
リン編でエナジーリングを使用したおかげで、なかなかの魔力。
魔力30は微妙なところ、賢者で12回魔力が上がればカンストするんだけど。
その他の能力も低くなく、使いやすい賢者になりそうですね。

第21章 新たなる決意
エルバート様ぁ・・・・
油断していたとはいえ、あのネルガルに一撃で瀕死のダメージを与えるエルバートの能力が見てみたいw。
20章-21章の間はFEの中でもかなり長いストーリー展開になっており、烈火のストーリーの良さが現れていると思いますね。
封印や新暗黒ではストーリーに飽きて飛ばしていたのに、6週目となる烈火はいまだに全部見てしまいます。
流れる曲も名曲揃い、やっぱり烈火はFFの中でも面白いと思いました。

さてさて、このマップは索敵。
ラガルトが仲間になったので、盗賊家業はマシューと交代。
育てている下級職自体が少なくなったし、この際だからラガルトも育てようかな。
現在のメンバーはCCした上級職含めて
ヘクトル、リン、エリウッド、セーラ、エルク、ウィル、ギィ、バアトル、バアトル、ラガルト、カナス、プリシラ、ニニアン
と、余裕があるので多めのキャラを育ててます。
セーラ・プリシラはここまで来たのにまだまだCC先だけど…。

リンのレベルがカンスト
HP 36
力 12
20
速さ 19
幸運 17
守備 4
魔防 6
守備がほとんど伸びませんでした。
また、速さがカンストしないリンは珍しい気がしますねw。
どちらにしてもブレイブロード20では、確実にカンストすることになるだろうけど。

第22章 二つの絆
守城戦。
シューターは設置してあるものの、正面ががら空きとか、なんて攻められやすいお城なんでしょうかw。
敵達はランスバスターなど、3すくみ反転武器を所有しているのも特徴的なマップですね。
まあ、相手が弱いから怖くないんですけど。

増援ではラスが登場。
リン編より痩せたとうわさされているラス(体格が減少)。
リンに貢ぎすぎて、お金がなくなったのか(蹴。
説得したらめんどくさいので、ラス隊を自分で救出して待機していてもらいましょ。
ヒースを仲間にしたらもうこの章はほとんど終わりですね。

バアトルがカンスト
HP 43
20
技 12
速さ 12
幸運 12
守備 11
魔防 6
あれ、何かめっちゃ強くない?w
硬い、強い、早い三拍子が揃っているんだけど、バアトルってこんなにも成長率よかったっけ。
いつの間にか頼れる戦士になっていました。
ちなみに支援相手はカナス。
二人揃って、バカと略しております^^。

烈火ノーリセ18章-19章 

ファイアーエムブレム 烈火の剣 真のノーリセ縛り(章別セーブ禁止)

第18章 海賊船
狭い船上での狭い。
敵が強いわけではないので、簡単ですね。
何か新暗黒、新紋章をやった後だと、一人一撃で殺せる世界に違和感を覚えますw。

ボスは烈火では凶悪な性能を持つルナ装備。
威力12固定で必殺を持つので、ノーリセでは結構怖い敵です。
またハヤテの羽を盗めることも忘れずに、盗賊→救出で。
倒すときはウィルの長弓でHPを削ってから、反撃を受けないように一撃で倒しました。

第19章 魔の島
レイラアアアアアアアアアア。
このジャファルの殺害イベントでは瞬殺なんですよね。
初見ではアサシンという職業を初めて見たわけで、気付かなかった覚えがあります。
せめて痛みを知らず安らかに。

フラグ回収乙…。
ここで流れる曲はサントラで聞いても、自然と悲しくなってきます。
ゲームの中で伝わるイメージが曲の中で生きていますね。

いつもながら、索敵マップでのノーリセは怖い…。
危うく増援として出てきたペガサスナイトにプリシラが殺されそうになりました。
敵将ウハイは森の中で遊牧騎兵と厄介な相手。
しかし、レイラの死によって激怒したヘクトルの必殺(命中率55%、必殺率約5%)のヴォルフバイル、一撃オーバキルで倒してしまいました。

ウハイの持っていたオリオンの矢でウィルが初のクラスチェンジ。
ウィルでキシュナ撃破は厳しいかなあw。

第19章外伝 魔封じの者
キシュナ撃破できるかどうか、問題のマップ。
まずはそこまでちゃっちゃっとクリアしてしまいましょう。

魔封じの者が現れたら、もはやサービスマップです。
アイオン「いかずちよ!いかずちよ!我が叫びを聞け!いかずちよ!」
いかずち「聞こえんなぁ」
烈火でも有名なネタキャラですねw。
ボルトアクス将軍といい、雷タイプはネタキャラ豊富?

キシュナの回りの兵たちを倒して少しでもレベル上げ。
さすがにギィCCまでは難しいですが、攻撃力を上げて必殺率を高めれば、楽になるはず。
全てのユニットで戦闘準備ができたら、早速殴りかかかりました。

結果をいえば、倒すことができましたー。すごく嬉しい。
ヘクトルの銀の斧命中率60%が当たってくれたのがすごく美味しい。
銀の剣をリンディス、エリウッドで使い回して、ウィルで削って。
止めはギィでしたね、これまで回避なし。
運がよくて助かりました。

ヘクトルがカンスト
HP 36
力 15
技 14
速さ 13
幸運 8
守備 17
魔防 2
まあまあなのかな。
さすがはヘクトル、力速さ守備の三大ステータスが高いので、非常に強いです。

第19章異伝 時の垣間

やってきました異伝。
リン編でニルスのレベルを7以上にした甲斐がありました。

烈火は6週目だけど、異伝に来た回数は恐らく一回切り。
増援箇所や遠距離攻撃等、ほとんど覚えが無いので、初見と同じような感じとなりました。
敵が結構強い(ギィがまさか盗賊に2回攻撃されるとは思いませんでした)ので、結構危うかった…。
特に敵は乱数、今までこんなことはなかったのにばぐってんだろおおお、と思わされるほど。
ギィは30%の命中率を何度も受け、HPを一桁まで減らされましたし…
ヘクトルは命中率20%のイクリプスが直撃したし…
エリなんとかさんは30パーセントのスリープを受けて、ヒュプノスに取り憑かれましたし…
(罰として、起きたその後は夕食係に)
かなり危ない立ち回りでした。

竜の盾を盗んだ盗賊が逃げようとしてるので、全速力で追いかけてぎりぎり盗み返すことができました。
レベルカンストしたヘクトルを突っ込ませるなどレベル上げをする暇がなく、かなりgdgdになりましたねw。

ここでは、ネルガルの元屋敷。
最後の最後に、ネルガルがここにワープしてくるんですけど。
そのネルガルのユニットマークが友軍である緑というのが、なんとも感慨深いですね。 ▼追記を読む(コメント返答)▼

烈火ノーリセ14章-17章 

ファイアーエムブレム 烈火の剣 真のノーリセ縛り(章別セーブ禁止)

第14章 うごめく者たち
さすがに慣れては来ましたけど、「序章」の中断セーブから一気にここまで飛ばされるのは違和感がありますw。

このマップはトラウマの人がいるんじゃないでしょうかw。
封印でルトガーが仲間になるマップですね。
烈火ではトラウマの再来とはならず、後ろからの増援が現れたり、騎兵が突っ込んできたり、イケメン剣士が切りかかってくることもなく、安泰としてますね。

1ターン目からマーカスでエルクゥを救出して、次のターン説得。
後は平野で騎兵の相手をするのはめんどくさいので、ヘクトル一人突っ込ませてしまえば、簡単ですね。
急に雨が降ってきたものだから、プリシラがいる街を訪問するのに間に合うか心配でしたけど、ぎりぎり1マス差で間に合ったので助かりました。
わざわざ、特殊イベントが起きるエルクで訪問したくなりますよねw。

第15章 舞い降りる鉤爪
ヘクトル編のみに追加されるマップ。
難しいわけでもなく、誰かが仲間になるわけでもなく、有用なアイテムもなし。
どうしてエリウッド編にないのか、理由が分かりません。

敵将は風来のシレン。
近接なしの敵将とか、ナメプでしかないですねw。
それにしてもアーマー系統と騎兵系統のボスは烈火では特化武器が多すぎて、涙目w。

第16章 キアランの公女
リン編のエース達が仲間になりました。
最高のレベルのヘクトルよりも、リンとウィルのほうがレベルが高かったり。
どうしてラングレンなんかにキアラン城が制圧されたのか…私に指揮をとらせてくださいよ!

マップ自体は森がたくさんで配置され、進軍的にはゆっくりだけど危険はなし。
崖上に配置されているシューター、山道に配置しないと意味なくないですか?w
これはまさか飛んできたペガサスナイトを落とすために配置されたものだったら、隠されたフロリーナの功績となりそうですねw。

第17章 謎の行方
レイモンド!レイモンドじゃないか!
玉座を目指して強行軍していくだけですね。
もちろん、忘れずにマリナス守護隊は残しますよ、はい。
FEの矛盾は平地で戦うよりも、攻城戦のほうが簡単というところかなw。

忘れずに「だが男だ」をレイヴァンで仲間にして制圧。
なんということもないマップです。
ウィルの速さが伸びてくれて、容易に二回攻撃してくれるので、かなり使いやすくなりました。

第17章外伝 港町バドン
キタ━(゚∀゚)━!!!!!、皆のトラウマ、港町。
ノーリセで予想していた最大の難関。
昔はクリアするために、何度もリセットした覚えがありますね。

だけど、今と昔では考え方そのものが変わってきています。
昔はキラーアクスやキラーボウなど強力な武器を相手に籠城するのは無理、殺られる前に殺るという考え方。
対して今は籠城してしまえばパターン化できて容易、攻撃されなければどうということはないという考え方。
伊達に裏ルナ22章を籠城で制圧したわけではありませんよ。

左下からダミアンがやってくるのはもはや有名。
ferekka-7.jpg
ここにヘクトルを配置すると、ダミアンと海賊二人で、ヘクトルへの間接位置を塞いでくれるので、ヘクトルの武器を外し籠城完成。
後はいつもの籠城通りに、間接武器持ちをやっつけ負けのないように後衛でゆっくり倒していくだけですね。
間接さえ倒してしまえば、もう終わりみたいなものでしょう。
死を前にした絶望(笑)。

昔は苦労したマップが今では簡単に思えてくる。
私が成長したことを実感しました。

ここでウィルのレベルがカンスト。
HP 36
力 12
技 16
速さ 11
幸運 14
守備 7
魔防 4
なんという村人Cなステータス。
すごく平凡ですw、どちらかというと弱いけど。
オリオンの矢が手に入らないから、クラスチェンジできないのが残念です。

ちなみにチク狩り同様、闘技場もスキではないので飛ばしました。
だからレベル的にキシュナを倒すのはかなり厳しいですね。

烈火ノーリセ 11章-13章 

ファイアーエムブレム 烈火の剣 真のノーリセ縛り(章別セーブ禁止)

ヘクトル編の開始です。

11章
このマシューとヘクトルのやり取りが何気に好き。
魔王の手下のように現れるマシューw。
何気に出かたと消え方がかっこいいです。

ハードならマシューが育っていないと苦労するマップですが、ノーマルなのでヘクトルの手斧で十分です。
ヴォルフバイルは後々手に入ると分かっていても出し惜しみしてしまいますね。
ここのボスではチク狩りしてもいいんだけど、めんどくさいのでヴォルフ一閃でした。

12章
ここも前章同様に、ハードだと難関になるマップですね。
しかし、安易に行動したせいでペガサスナイトにマシューが囲まれ、犠牲者一人を出しそうになりました。
咄嗟にヘクトルで救出したから助かったけど。
これハードだったら、マシューかヘクトルのどちらかが死んでいたと思いますw。

バアトルは一応育てようかな。
カアラが仲間になる条件なので、ついつい育てておきたいですね。
そしてドルカスはいつも育てられない運命。
「…まあまあだ。」
最高のネタキャラではあるんですけど。

うーん、主人公側の成長率がいまいち。
エリなんとかさんは仕方ないけど。ヘクトル・・・あなたまで。
HP一つのみとか、技一つのみとか…これ、私をゲームオーバーにさせる気、満々ですねw。

13章
ルトガー同様、味方を説得する時が一番危ない…。
そのことを強く心に留めて、挑みました。
特にギィ周辺は増援が湧くわ、弓兵が屯してるわ、手斧が飛んで来るわ…
集中攻撃させられることは確実です。

ノーマルとはいえ、ノーリセなので無理はしたくない。
あら、ちょうどギィの攻撃が届かないところにいい砦があるではないですか^^
すごく使いやすいところにありますよねこの砦、これを利用しない手はありません。
ここに手斧持ちヘクトルを待機させておくだけで、大半の敵をぼろぼろにしてくれます。
HPが減った敵を後ろに待機しておいた全軍で踏み潰せば、安全です。

ギィ君が仲間になりました。
この子も毎回育てているから、ソードキラーの存在も懸念して育てるつもりはなかったんですけど。
思わぬ良成長っぷりを見せたので、育てようかなと思います。
支援相手誰にしようか考え中。
この際、プリシラも育てようかな。

13章外伝
ノーリセの鬼門、その一だと思ってます。
索敵マップに増援が多め、厄介な遊牧騎兵、傭兵、剣士が出てくる防衛マップですね。
しかも、このときはまだリン編のエース達が仲間になっていないので、レベル不足は確実。
ドルカスやオズインを含めた、総力戦となります。

いつも通りの作戦。
村を破壊されないようにマーカスを単独行動、ヘクトル編ではお金がないので、確実に訪問しておきました。
何も籠城しづらい中央で待たなければならないこともないので、マリナスを救出して、さっさと左下に籠城しました。
ここだとすぐ上にボスがいるので、倒すことも楽チン。
終わってみれば、敵が一人も残っていませんでした。
これまで犠牲者を一人も出すこともなく、順調順調。

超反応の感覚 

夢の中で、この記事を書く夢を見ました。
すごく厨ニ的なタイトルですけど、このタイトルだったのでお許しくださいw。
もしかしてこれは天からの命令。
これを記事にすることで何かのフラグが立ったり…、というのは半分冗談で。
寝ながら記事を考えるという、ブロガーらしい夢だったので、このまま記事にしてしまおうと。
内容は覚めてから少し纏めて記述しますけど、大体合ってます。
悪まで、私の感覚で、というお話。
寝ぼけていると、温かい目で見てやって臭い。

超反応っていうと、人間の反射という機能を使って、ある事柄に対し素早く行動を起こすことだと思います。
まず反射というシステム自体は生物を履修した方なら分かると思いますけど。
感覚神経から脊髄を取って、脳に通らずに運動神経へ行く行動。
つまり、大脳へ刺激が届くわけではないので、無意識に動く人間の防衛反応として知られていますね。
よく出される例は、熱い物に触れたときに即座に手を引っ込めるという現象かな。
反射神経というのは、文字通りどれだけこの反射を使うことができるか、ということになると思います。

ここから、私の感覚のお話。
昔、従兄弟に誘われてサッカーをやっていたことがあるんです。
当然、その頃から外で遊ぶタイプの人間ではなかったので、運動神経は皆無で、楽なポジションをやっていました。
つまりキーパー、飛んでくるボールを弾くだけで、難しいようで暇なポジションです。
(こんなことを言うと、本職の人に怒られそうだけど、遊びのサッカーなんてそんなレベルです)
ここで、本題に入ります。
横からセンタリングが入り込み、相手選手の足でボールのベクトルが変更し、こちらに飛んできました。
私の眼球に映っていたものはボールの面積の半分、白い円のみでした。
気がついたら、手に物が当たったという感覚のみが残り、横にボールが弾かれ、私自身が倒れていましたね。
そのわずか一瞬、何も考えておらず、その後、少し呆然としてしまいましたw。

他にもスマブラXでも、経験がありますね。
タイマンで、相手の回りこみ緊急回避を見てからの振り向き掴み。
稀にの頻度ですが、やったことがあります。相手はネスだったかな。
もちろん考えたわけではなく、気づいたら掴んでいたみたいな感じ。
なんで振り向き掴みなのかは私にも分かりませんけど、勝手に体が覚えてしまったみたいですね。
普段から振り向き掴みなんて、滅多にしないのに…。
感覚で対戦する私としては、これほどまでに神経が集中している時が一番強い時かもしれません。

格ゲーでも何でも、反射を体に覚えさせるということが、大事なんでしょう。
私がどうしても全キャラでのぶっ飛び緩和ができないのもそのせい。
キャラごとに緩和が異なっているから、一旦脳で考える癖があるために緩和が間に合っていないからでしょうね。
こればかりはただ対戦数を増やして、覚えさせるしかないんですけど…全キャラを使っているとなかなか覚えられませんw。
▼追記を読む(コメント返答)▼

烈火ノーリセ 8-10章 

ファイアーエムブレム 真のノーリセ縛り(章別セーブ禁止)

8章
これはアーチだ。(Cvルシフェル)
ロングアーチが出てくるチュートリアル。
確認し忘れましたけど、これ最初の冒頭でロングアーチの矢が少なくなりましたっけ。

いつもなら強行軍してウィルにアーチを使わせるんですけど。
今回は増援で出てくるソルジャーでウィルのレベル上げをしたので、アーチの存在を忘れてました。
今回はHP,力、技、速さ、守備と神成長を見せるウィル。
いいですねえ。

9章
ガハハハハハ
ワレスのクラスチェンジ、チュートリアル。
レベル10以上ならクラスチェンジできることを教えてくれます。
初心者がいつも勘違いするから、基本はレベル20でクラスチェンジというのも教えてあげるべきだと思いますw

また、初の索敵マップで、増援がぞくぞく出てくるマップ。
初めてやったときに、回りが見えず増援が出てくるここは怖かった印象があります。
何度もプレイしたので、慣れてしまいましたけどね。
橋、森の二つと、三マスで籠城できる箇所があるので、そこで時間を稼ぐのが鉄則となっています。

ボス、イーグラー将軍は初の上級職で、経験値がおいしい相手。
ここではニルスのレベル上げを兼ねるため、ターンを稼ぐことになります。
次の章は雨が降るのでターンを稼ぐのにめんどくさいので…
そのため、自動的にチク狩りみたいになってしまいますね。
私自身、チク狩りは好きじゃないから、あまりやらないようにはしているんですけど。

10章
天気がころころ変わるマップ。
雨が振ると移動力が落ち、動きづらくなります。
しかし、雨が止むのはこちらのターンの終わりなので、正直こちらばかり利があるんですけどね。
さすがはサカの民といったところ。

ゲットできる力のしずくはエルクに使いました。
魔力は是非とも上げたいもの。
・・・今回のエルク成長は最悪でしたけどね。
HPのみの成長…orz

これにてリン編終了。
ヘクトル編ノーマルへと進みます。 ▼追記を読む(コメント返答)▼

鏡花水月 

鏡花水月ーもっと不思議の幻想郷を手に入れることができました。
今回はアニメイトで買うことができたので、ダウンロードに頼る必要がなく助かりました。
kyokasuigetu.jpg

もし幻は、不思議の幻想郷シリーズの中でも、結構やりこみました。
そのため、使われているBGMはどれも思い出のある曲ばかり。
ゲームのサントラって、一つ一つのBGMごとに思い出やイメージが湧いてくるからこそ、楽しめます。
だから「明鏡止水」よりも「鏡花水月」のほうがずっと味わい深かったかな。

東方アレンジの私の好みとしては、原曲が残っているかどうかが重要なキーとなってます。
アクアスタイルアレンジでは原曲が分かりにくいアレンジとなっています。
それでも私が楽しめたのは、前述したゲームとしての思い出が強かったからでしょうね。
東方アレンジは東方の原曲としてイメージが残るんだけど、アクアスタイルアレンジは不思議の幻想郷としてのイメージが強かった…。
そんなことを考えながら、音楽に浸っていました。

お気に入りの曲は「法界に満ちる光」です。
すごく壮大な曲。
ダンジョンの最深部で、不思議としての神秘さを表しながら、緊張感を感じる…そんな曲です。
厳しかった月光城や不思議の亜空間での冒険が思いだされますねw。
特にうどんげ様の遠距離ゲイズ、初めて此処に来たときは対策に悩まされていました。


もっと不思議の幻想郷の近況はというと、画竜点睛は諦めましたw。
wiki見てもたくさんアイテムを集めなければならないみたいだし、めんどくさいから…。
最新パッチでは、地底世界はクリアしました。
画像どこかに保存したんだけどなくしてしまったので、記事にしませんでした。
他、亜空間をもう一度クリアしたり…、持ち込み不可ダンジョンは何回やっても楽しめますね。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー