≪ 2011 05   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2011 07 ≫
2011年06月の記事一覧

アルカナフォース 

遊戯王WCS2011

今日、オシリスの天空竜が配信されますね。
三幻神の一角、東海地震で遅れたこともあって、ようやくの解禁です。
ついでにタッグで数戦しようかな。

最近、構築したデッキ。【下級アルカナフォース】です。
光の結界で、大量の回復が狙えたりと、タッグ向けの面白いデッキだとは思うんですけど・・・。
如何せん、使えるモンスターの種類が少なすぎますね。
デメリットがあるというのに、表を出したとしても、メリットが少なめのキャラばかり。
その中でも、チャリオットの効果が飛び抜けて強いですね。
あの凶悪で禁止カードとなったゴヨウ・ガーディアンよりも、さらに強い効果。
光の結界で回復しつつ、ゴヨウしたキャラでダイレクトアタックできるので、ライフアドを大量に稼げます。
他にも、攻撃力が2200となるマジシャンが、中でも実用的と言えるでしょうか。
そのために速攻魔法は多めで、こんな感じとなりました。

モンスター(14枚)
異次元の女戦士
マシュマロン
クリッター
オネスト
ウィクトーリア
アルカナフォースVII-THE CHARIOT×3枚
アルカナフォースIV-THE EMPEROR×2枚
アルカナフォースI-THE MAGICIAN×3枚
アルカナフォース0-THE FOOL

魔法(21枚)
封印の黄金櫃×3枚
収縮×3枚
死者蘇生
光の結界×3枚
月の書
禁じられた聖槍×3枚
ブラック・ホール
ハリケーン
テラ・フォーミング×3枚
サイクロン×2枚

罠(5枚)
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬
リビングデッドの呼び声


オネストは必須カードなので、光モンスター中心ですね。
しかし、これでもタッグ用のデッキ。
なぜならカタストル対策をほとんどしていませんので、シングルだとどうしても厳しくなりますw。
サイドラ採用してもいいんだけど、フールやマシュマロンと相性が悪い点が考えものですね。

まあ、マイナーデッキではあることもあって、戦闘破壊の一芸を優先するだけで精一杯でした。
これ以上、除去を増やしたりすると、どうしてもマジシャンの立ち回りが危なくなってしまいます。
禁じられた聖杯も、マジシャンと相性が悪いですしね・・・。

今日で、当分タッグは休憩しようかなと思います。
最近飽きてきたということもありますね、いずれまた急にやりたくなる時が来ると思います。
まあ、もしかしたら土日に入ることがあるかもしれないけど・・・ブームは終わりました。

スピリット 

遊戯王WCS2011

カードが全部揃いましたー
yugioh-comp.jpg
コンプリートまでの手順はすべてのパックを95%にしてから、パスワードで個別に入手していくという順番でした。
これでも、すべてのカードを集めきったわけではなく、配信されるカードがないので、全所有カードが99%になったままです。
明日配信されるオシリスの天空竜、後々配信されるであろうラーの翼神竜が早く欲しいです。
目標が達成されたこともあって、やることがなくなってしまいました。

最近、使っていて楽しかったデッキを晒します。
まずは、コメント返答にも名前を出したスピリットデッキから。
東方プロジェクトから、日本神話に興味が出てきたので、スピリットは好きなんです。
残念ながら、有名な伊弉波(イザナミ)や草薙の剣は、使い勝手が悪いので、採用することはできませんでした。
また、雷帝神(スサノオ)に至っては未収録と来たものです・・・。
この不遇すぎる立ち回り・・・。

モンスターが手札に戻るという性質から、攻撃面ではかなり厳しいです。
せめて、月読命が禁止から復帰してくれれば、阿修羅と共にモンスター除去に一役かってくれるはずなのに。
・・・禁止になるぐらいだったら、月読命の効果が相手モンスターの対象のみで良かったw。
そう、まるで夜叉のように・・・。

ということで、デッキコンセプトは除去です。
スピリットの性質上、モンスターカードは極力少なめにしました。
エンペラー・オーダーに対応し、有用そうなスピリットモンスターはたった6枚。
40枚デッキから初手6枚のうちに一枚来ることを、期待値から考えると、良い数値となりますね。
まあ、カードゲームにおいては、モンスターが一つも来ないというのは絶望的な展開になるので、基本的に多めにいれることが普通なのでしょう。
しかし、これはタッグデュエルなので、モンスターが一匹も来ない状態が起きても、相方さんの手札によっては絶望的にはならないと思います。
如何にカードを腐らせないか、私がデッキを構築する上で最も重要視する考え。

モンスター(10枚)
夜叉×3枚
磨破羅魏(マハラギ)×3枚
ナチュル・コスモスビート×2枚
トラゴエディア
クリッター

魔法(13枚)
地砕き×3枚
死者蘇生
封印の黄金櫃×3枚
強制転移×3枚
ブラック・ホール
サイクロン×2枚

罠(17枚)
八汰烏(ヤタガラス)の骸×3枚
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
神の警告×2枚
次元幽閉×3枚
激流葬
リビングデッドの呼び声
エンペラー・オーダー×3枚

こんな風に完成しました。

スピリットモンスターである夜叉と磨破羅魏はタッグデュエルならではの、可能性を秘めていると思います。
夜叉はハリケーンと同様のメリット、すなわち手札に戻すことによって、2ターン以上罠を使わせないことができます。
しかしながら、クリッターの数も二倍、リミリバで使い回されることも少なくないので、相手のデッキによって使用するかどうかも判断しなければなりませんね。
磨破羅魏は相方への支援効果となります。
スピリットではキーカードが少なく決定力がないので、攻撃面ではほぼ相方さんに頼ることに・・・。
そのためにも、サポートしたいですねw。弱化カードトレーダー乙
・・・やはりエンペラー・オーダーがないと、厳しいのがスピリットの効果です。

エンペラー、骸でドローしまくって、各種罠を揃えれるのが、目的なんですけど。
ハリケーンやめてください、死んでしまいますw。
ほんと、ハリケーン対策だけはどうしようもないですね・・・これ以上除去を減らすと立ち回りが危ういですし。
壁役がないデッキの定めなんでしょうか・・・。
また、デッキの性質上、相方頼りになることは必須なので・・・。
相方のデッキが弱いと勝てないというのは、疑いようもない欠点ですね。

とりあえず・・・もっとスピリットを増やして欲しい。
よく使われる金華猫はスピリットデッキ向けではないので、もっとスピリットで統一できるようなカード欲しいですw。
まだまだ日本神話では未登場の神々も多いですし。
これから、発展していかないかなあ・・・。 ▼追記を読む(コメント返答)▼

東方茨歌仙 

原作「ZUN」、マンガ「あずまあや」、東方茨歌仙を読みました。
てっきりアニメイト等の同人ショップでしか買えないと思っていたら、最寄りの本屋に売っていたので助かりました。

ストーリーの内容は一話ごとに異なってます。
一話ごとの完結、短めの話が多いですけど、結構読み応えがありました。

また洩矢か!
幻想郷に騒ぎを起こさせる、本当にハタ迷惑は神様ですねw。
しかも、今回だけでも、二回起こしてるしw。
常温核融合、パラジウム、物理学。
日本古来の村の話とは思えない、現代的な内容が出てきました。

二話の出落ち、満面の笑みを浮かべて、目までキラキラさせて「パラジウム合金が必要なのです!」と力説する早苗。
もしかしたら、高校時代に物理を専攻しており、実は理系の天才少女説、浮上。
しかし、同時に出ている吹出しによる「皮相浅薄」との表現により、天才少女説、崩壊。
皮相浅薄の意味は「表面的で底が浅いこと。知識、思慮、学問などが非常に浅いこと。」
いつも通りの早苗で安心しました。

あの4文字熟語は毒舌ですねw。
弾幕はパワーだぜ、大胆不敵にも思える魔理沙には、「大胆小心な人間」。
サボり気味の小町には、「拓落失路(しりぞけられて出世の道を失うこと)の死神」。
神奈子に居場所を奪われた諏訪子には、「名存実亡の神様」。
キャラの説明には確かに合ってる・・・けど、ひどいw。
小町・・・今作では珍しく仕事をしているというのに・・・。

初めて聞く単語「常温核融合」について、調べてみました。
物理学を理解できていないとはいえ、少々かじったことがある私は、興味がありますね。
その内容は実際にググッてもらえれば、分かるとは思います。
現段階では投入されたエネルギー以上の、大量のエネルギーが発生することは認められていないみたい。
でも、物質の変化、しかも原子番号が変わるという、錬金術のような、化学では考えられないことが起きているみたいです。
この技術は原子力の核融合であるせいなのか、予算が組み込まれず、なかなか研究が捗っていない模様です。
「常温核融合」が幻想入りしたということは・・・この現代には現れないということになるのでしょうか?w
大衆の場で実験する神奈子・・・それにしてもノリノリの神である。
科学と宗教の交差・・・どうみても怪しげな宗教にしか見えませんw。
今度のエクスパンデット・オンバシラはパラジウム合金で飛んで来るんでしょうか?

後、疑問に残るのは、間欠泉から出てくる怨霊。
疑いようもなく、地霊異変に関わりがあるのでしょうが、地霊異変の怨霊はお燐の警告だったはず。
この話は、地上にさとりやこいしが見かけること、地霊殿のキャラが話の内容に出てきていることから、地霊異変後はの話であるはず。
それにもかかわらず、怨霊が出ているのは他にも原因があるのかな?

また、茨木歌仙の正体も謎ですね。
小町が「仙人みたいなことをするから」としゃべっていることから、仙人ではないみたい。
左腕の鎖から類推すると、まさか鬼・・・?
死神が来たのは仙人だからではなく、怨霊を潰したからだとは思うけど・・・。

次巻が楽しみですね。

ガノンドロフ 

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

時の神殿に戻ります。
光のプレリュードで戻ったはずなのに、入り口から走って入ってくるリンク。64だから仕方ないね。
シークが変身してゼルダに!ナンダッテー、シラナカッタナー
最後のアイテム、光の矢をゲットしました。
その瞬間、ガノンドロフの笑い声とともに、ゼルダがルピーの中に入れられて攫われてしまいます。
ハッハッハッハッハ
最後の最後で、お姫様を助けだすベタな展開ですw。

初めてガノン城に入りました。
ここまでクリアしてき驚くリンク、いまさらかよ!
魔王のいるお城へかかる光り輝く橋。これが虹の雫か
すごく綺麗に見えました。

ガノン城は今までのダンジョンとは違って、神殿ごとに分けられています。
元のハイラル城だった痕跡は全く残っておらず、生活感の欠片もないただのダンジョンと化してます。
ガノン流リフォームでもしたんでしょうか?
自分が飛べるからって、玉座へ至る階段はめんどくさい階段ばかり続いていますね。

神殿ごとのギミックはそれほど難しいものはありません。
特に順番はないんですけど、金のグローブがないと、火がクリアできないので、闇から先にクリアしなければなりませんでした。
森のダンジョンは、「森」という部分がどこにもなく、ただの神殿。
雰囲気が森の神殿に似ていないことはないんですけど・・・。
後、水の神殿は氷と絶対間違えてますよねw。
ボス部屋の一歩手前までいったら、一度戻って物資の補給。
また、金のグローブを使って、最後の大妖精で防御力を強化しておきましょうか。

部屋を開けると、優雅にパイプオルガンを弾くガノンドロフ。
パワータイプって不器用なイメージがあるけど、意外と器用なんですね・・・。
少しでも力を入れたらパイプオルガンが粉砕するとか、力のトライフォースの秘密があったりして。
もし、ガノンドロフがゼルダの主人公となるんだったら、どこからともなくパイプオルガンを持ってきて、メロディを弾くんでしょうか?w
こちらを向くと同時に、言うセリフ。
「貴様らには過ぎたオモチャだ」
やばい、かっこいい・・・。
実はこのセリフ、私の持っているスマブラDXの攻略本に、このシーンが載せられていたので、すごく印象深いです。
はい、カリスマタイム終了のお知らせ。

ガノンドロフ戦。
ファントムガノンと同じ、飛んでくる光弾を剣で打ち返すだけ。
違いは光の矢を挟むぐらいでしょうか?
寧ろ、一段階目がない分、幻ガノンよりは簡単だと思いますw。
最終ボスの癖して、1パターンしかない、かわいそうなボス。
スマブラXにも、この光弾を習得して、遠距離武器くださいよ・・・。

崩壊するガノン城からゼルダと共に、逃げることに。
制限時間があるので、急いで動かなければならないけど、焦らなければ全然怖くないですね。
折角、武器をダイゴロン刀にしておいたのに、弾かれるマスターソード。
ラスボスガノン戦です。

さすがはラスボスというところか。
ゼルダのボスは簡単なボスが多いけど、このガノンはその中でもとりわけ、さらに簡単。
キングドドンゴ戦では、ガードするという作業があったのに、ガノンはガードすら必要ないですねw。
注目しながら、顔に光の矢を打って、回りこんで、尻尾を切るだけ。
その行動順序は1面ボスのゴーマに近いものがありますw。
感動のエンディング!

ゼルダのメロディによって、元の子供世界へと帰って来たリンク。
城に戻るとゼルダがいることから、時空改変が起きたのでしょうか?
この事件によって、青年時、少年時で、世界戦(時間軸)が分岐したみたいです。
しかし、詳しいことは私ではトワイライトプリンセスの内容を忘れてしまったので、何ともいえないが…。
確かなことは、このままリンクはムジュラへと繋がっていくみたいですね。

トワイライトプリンセス、クリアしたいな・・。
裏ゼルダはもうちょっと後になってから、やりたくなったらプレイしようかと思います。
結構、詰みゲー増えてきているので、蒼炎を始めとして、いろいろ終えてからw。

魂の神殿 

一日に二回も更新してしまったので、こっそり繰り上げw。


ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

ナビィのナビ通り、ガノンドロフの故郷である砂漠へと向かいました。
名曲キタ━(゚∀゚)━!!!!!。ここの曲を聞いてると冒険心が溢れ、テンションが上がります。
ゲルドの谷ではエポナで、橋から橋へジャンプ!
すごい脚力のジャンプ、光が追従している辺りが綺麗ですね。
フックショットでも渡れるけど、ハイラル平原からここまで来るときは、距離的にエポナで乗ってきていることがほとんどですねw。

ゲルドの砦。
所謂スネークタイム!敵に気付かれずに、オカマ大工達を助けろ!
ここのダンジョンで一番厄介な点はマップがないというところだと思います。
外を何度も出ることになりしかも高低差があるから、覚えるのはめんどうだなあと感じました。
見つかるだけで、また入り口に戻されてしまいますしね・・・。

このゲルドの名も亡き隊長はリンクが忍び込んでいることを見逃し、腕を買ってくれたみたい。
男を見下す傾向があるゲルド族の中では、なかなかな大物の広さを持っていますね。
やぶさめで弓の所持量を最大にまで引き上げてから、幻影の砂漠へ向かいました。
この砂漠の雰囲気がとてもいい。
最初は旗を追って進んでいくことになりますけど、砂塵に阻まれて霞んで見えるところが特に。
途中からは幽霊からを、まことのメガネで見ながら追いかけてくことになります。
どんどん湧きでてくるリーバがうざったいだけで、特に問題はないかな。
遅れると待っててくれるお化け、優しい。

巨大邪神像到着ー。
明らかにこれが神殿臭がします・・・いや知ってるけどw。
だって、こんな所に宗教的意味合いが強い建造物が存在する時点で怪しい・・・。
寧ろ、誰もこんな所に来ないんだから、魂の神殿と表記してもいいのにw。
それとも、見た目だけで名付けた人がいたのかなあ、ゲルドの砂漠超えた人がいたのかも。
大人では進めないので、一旦子供に戻ります。

子供リンクin魂の神殿。
一本道なので迷うこともなく、進められます。
ボスのアイアンナックは子供だと、非常に辛い相手。
リーチ短いし、攻撃力がないし、相手の攻撃でハート三つが一気に飛ぶし・・・。
これがボス最強なんじゃないんですか?w
もしこのアイアンナックがスタルフォスみたいに、盾持ちだったら、もっと苦労することになるんでしょうけど。
銀のグローブゲット!
一方、地上ではナボールが百合展開になっていたり(蹴

またまた、大人リンクに戻り魂の神殿を攻略します。
おっと、その前に、子供の時に植えておいた豆の木を忘れずにっと。

入り口付近、すぐにコンパスをゲットすることができました。
おお珍しい、マップよりもコンパスが先にゲットできるなんて、まるで夢の島の仕様みたい。
・・・と思ったんですけど、実はマップのみなら、子供時代の時にゲットできていたんですねw。
子供の時はめんどくさくって、大人時代に散策すればいいと思い、隅々まで散策しなかったのです。
ミラーシールドを手に入れることができれば、ギミックも簡単に気づけられますね。
最後のダンジョンにして、子供ルートが合ったとは言え、迷うこともないぐらい短く簡単なダンジョンだったなあと思います。

ボスはコタケコウメのツインローバ。
和訳すれば二人の老婆となんたる弱そうなボス。
ミラーシールドの反射で倒すことになるのですが、一段階目ではどちらが魔法を使ってくるかを判断しさえすれば、ダメージは受けないでしょうね。
二人が合体した二段階目も、相手の魔法を3チャージして跳ね返すだけ。
早く氷を打てよ・・・と焦らされるけど、炎の魔法を交わしたときに足元に広がる範囲を、大胆に安全にバッグステップすれば、怖くないです。

これで6人の賢者が揃いました。
ラストダンジョン、ガノン城へと進みます。

闇の神殿 

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

リンクは炎上するカカリコ村を目の当たりにした。
雨が降っている分、火自体はすぐに収まるはずだ。
しかし、この村のどこかに火災の張本人である魔物が潜んでいるだろう。
気を引き締め、広場を注意深く進むリンクは、井戸の前でシークの姿を見つけた。
シークは後ろから近づいてきたリンクを見ることもなく、緊迫した声で話しかけた。
「下がっていろ、リンク」
唯ならぬ威圧感に押され、リンクは後退した。

しばらくの間、雨と雷の音のみが二人を包み込んでいた。
その二人の静寂を破壊したのは、突如シークの前方から吹き出した不気味な風だった。
ただの風ではない、リンクの第六感は感じ取った。
ナビィは魔物だと教えてくれたが、目には何も写らない。
もしや見えない魔物なのか、リンクが結論を出した時、不気味な風の中心がシークを目がけて動き出した。

シークには敵の正体が見えているのだろうか。
吹き荒れる風の中で、木の葉のように舞い敵の攻撃を右に交わしたかのように見えた。
さらなる突風が吹きハイラルの盾で構えたリンクは、再び正面を向いたとき、目の前に巨大な怪物の赤い眼が存在した。
思いがけぬことに驚き、後ろに倒れこんでしまったが、すでにその魔物は死んでいた。
シークは交わす間際に、仕込針を放っていたのだ。

こうして、カカリコ村はシークによって平和を取り戻した。
シークは闇の賢者として目覚め、リンクは闇のコインを受け取った。
リンクは最後のコインを手に入れるため、砂漠へ向かうこととなった。//

理系の文章で、すみませんw。
こんなんだったらいいなーって・・・。
ゼルダポジは代わりにインパですね、分かります。
それにしても、「下がっていろリンク」とシークが話し、初めてシークが戦うんだ!と期待したのは私だけではないはず。
すぐさま「うわあああああああ」ですからねw。
情けない・・・情けないよ、シークw。

ぐるぐるおじさんから、嵐の歌を教えてもらいました。
この嵐の歌は7年前の子供リンクから聞いたらしいけど、一体どこから来たんでしょうね?
タイムパラドックスでも起きたのかな?

井戸の底です。
恐怖度MAXのダンジョン。目に見えないのって本当に怖い・・・。
昔やったときは、本当にやばかった・・・。
レンズを取って、すぐに逃げ帰ったぐらいでしたね。

トラウマに囚われていては進歩できないので、とにかくがんばってました。
zelda3d-numa.jpg
沼に沈む死体・・・ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい。
まさに地獄を具現化したような場所。
シャレコウベもたくさんあるし・・・真実の目を持たない者は閉じこめられたのでしょうか?
ああ、恐ろしい・・・。
真のレンズさえゲットできれば、用はないんですけどね。
それでも、肝試しのような心持ちで、アイテムをすべて取ってきましたよ・・・。
特に良いアイテムはなく、黄金のスタルチュラぐらいの成果ですけどw。

闇の神殿。
ギロチンや磔台、天井からぶら下がる鎖など、地下の拷問部屋みたいなイメージ。
そんな怖い怖いとされる闇の神殿ですけど、何故か怖がりの私は大丈夫だったりします。
やっぱり死体や人骨がないからかも・・・。

ここも一直線、鍵も一つづつ探すだけ。
迷うことはないので、難易度は低めだと思います。
ただ、メガネがめんどさいこともあって、ギミック自体が難しくなりつつありますね。
ボスのボンゴボンゴは弓さえあれば、怖くはない相手。
時オカのボスは弱い相手が多いですね。

闇のノクターンという便利な音符覚えたから、わらしべイベントクリアしておこうかな。

水の神殿 

ゼルダの伝説 時のオカリナ

氷漬けとなったゾーラの里。
液面だけが凍っているわけではなく、水のすべてが凍ってるみたい。
zelda3d-zora.jpg
見辛ー。
そのため、ハンマーで叩こうが炎で炙ろうが、一向に溶ける気配がありません。
これほどまでの冷気・・・水の神殿に呪いが掛かってるとは言っても、水棲核細胞モーファは氷タイプではありません。
凍らしている犯人が別にいるのではないか?、と想像したくなりますね。

ジャブジャブ様の御池から、氷の洞窟へ。
小さなダンジョンだけあって、迷うこともなく進めます。
ここはフロルの風を使うのは何故か、無理なんですね・・・入り口にポータルが移動してしまいました。
ボスは何故か、ホワイトウルフォス。
ボスというよりも、通常の敵ですねw。

ヘビーブーツをゲットし、シークから水のセレナーデを教わりました。
デュエット曲で、一番好きなのは水のセレナーデ。
聞き惚れるぐらいいい曲です・・・。
水の神殿に向かう前に、スタルチュラが30個揃ったため、巨人の財布を先にもらってきたからにしました。

さて・・・水の神殿。
ここのダンジョンは本当に長い・・・。
唯一の救いはダンジョンとコンパスが早いうちにゲットできるので、迷わずに進められますね。
ただ、通路が狭いので・・・精神的に疲れます。
別に私は閉所恐怖症があるわけではないのですが、狭い通路で水が満たされていると、なんだか息苦しくなります。
リンクだから酸素の心配はないけれど、自らがそんな状況に陥ったと考えると・・・恐ろしいです。
ダンジョンが長いだけあって、余計疲れますね・・・。

ここのダンジョンのギミックは水の高さを調節すること。
一番高く水面を上げられる場所にフロルの風を置いておくことによって、かなり便利になりました。
最初は最上の水面から始まり、また最上に戻したとき、必要な鍵の数は二つ。
私の時はそれが一つだったため、また水面を調節してやり直すはめとなりました。

中ボスのダークリンク、通称ダーリン。
こちらのハート数が多いほど、耐久力の上がるかなり強い相手のイメージがあったんですけど・・・。
剣装備→ハンマーで殴る、安定して倒していくことができました。
今作は弱くなったのかな・・・?

ボス、モーファ。
正直、ダメージを食らう要因は壁にある刺くらいだと思いますw。
触手が出てくる水面はばればれ。
攻撃するためのフックショットはプールの対面からでも届くので、安全な場所で攻撃できます。
間違えて水面に落ちるなんてことさえしなければ、怖いものはないですねw。

水の神殿クリアー。あー疲れた・・・本当に疲れた・・・。
ちょうど水の神殿をクリアした瞬間、朝日が登ってきたので、炎の矢をいただいておきました。
なんというベストタイミングw。


おっくれってるううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう
今日はUFOの日です、記事に入れるのを忘れてましたw。 ▼追記を読む(コメント返答)▼

炎の神殿 

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

一旦、時の神殿へと戻り、光のプレリュードを覚えてきました。
おそらくその便利さから一番よく使う転移魔法でしょうねw。
二番目は森のメヌエットでしょうか?、妖精を捕まえるために。
満タンになった大人の財布を消費するため、子供時代に戻り魔法の豆を購入を買ってきました。
あんまり意味が無いけど、この時点で10個買い終えてしまいましたw。

大人になった時の用事はほとんど森の神殿前に終わらせちゃっているので、素直にゴロンシティへ。
デスマウンテン登山道はすでに豆を植えておいたので、楽チンでした。

転がってくるリンクを爆弾で止めて、イベント発生。
リンクはリンクから赤いゴロン服を頂いたとさ。
スマブラでもカラーで着ることはできるけど・・・小さな性能差を入れて欲しかったですねw。
普通の勇者の服は防御力が高くて、赤色はフシギソウの逆で炎耐性がついて、青色は溺れにくくなって・・・。
え?青色、いらない効果? そりゃあそうですねw。

火口について、炎のボレロを教えてもらいました。
本当にデュエット曲はいい曲ばかりですね、3DSとなって音質が上がり余程そう感じます。
昔は全デュエット曲、ピアノで弾けたんですけど、今ではすっかり忘れてしまって無理でしたw。
楽譜を引っ張り出して、もう一度練習しようかしら。

ハートの欠片を取るため、子供時代に戻り、転移メロディで往復するのはもはや当たり前でしょう。
ここでハートの欠片を二個もゲットできるのは大きい。
ライフが二段になったので、もう負ける気がしないですねw。

さて、炎の神殿の攻略に移ります。
ここの神殿は、森の神殿と違って、まず一直線です。
鍵はゴロン族が捕まっている牢屋にあるので、見落としがないように各部屋を探しながら、進んでいくことになるのではないかな。
少し厄介なところといえば、マップとコンパスのゲットが遅いところかな。
私なんて、最後のボス部屋の鍵をゲットした時、コンパスがないことに気づいて戻ったぐらいでしたw。

全部回ったあとで、取っていない宝箱があり、入っていない部屋があることに気づきました。
5Fのもう片方側、3Fでは何もないところにナビが反応しているので、カカシで上がると推測しました。
しかし、カカシの歌を吹いても何も起きない・・・。
何故?と迷っていたら、大人時代にカカシに合うのを忘れてましたw。
仕方がなくフロルの風で場所だけ覚えて、遙か遠方、ハイラル湖畔まで行ってきました。

そんな苦労を犯したにも関わらず、宝箱の中身は100ゴールド。
どうせ、お金はカンストしてますよーだ!
まあ、黄金のスタルチュラが二体もいたから、苦労は報われたかな・・・。

ボスは灼熱穴居竜ヴァルバジア。
ヴぁとバが二つもあるなんて、何か紛らわしいですね、間違えそうになりました。キャー!ヴァさーん!
モグラたたきならぬ、もぐら竜。
姿も名前もかっこ良さそうなんだけど、飛んでいるスピードはチルタリス並の遅さ。
名前と格好が合わない、情けないボスだと思いますw。

森の神殿 

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

大人にまってまずはやるべき事。
それは、やっぱりエポナ回収でしょうw、移動速度が早くなるのは便利なので。
早速、ロンロン牧場、ゴーマン兄弟を倒しに向かいました。
インゴーとの乗馬対決も、エポナを選択している時点で楽勝。

フィールドでエポナが乗れるようになりました。
折角なら、ビックボウ10匹出るまで、空き瓶4つ目を取得するまで頑張ろうかと思いましたけど、やっぱりなかなか出てこなかったので諦めましたw。
最初の一日目は二匹出現と幸先良かったのになあ・・・。
今回のプレイでは完全クリア目指してないので、無理にやる必要もないかなと思ってます。

一度は子供の頃に戻りたいのだけど、シークさんが邪魔してどいてくれないので、森の神殿に向かいました。
迷いの森ではサリアが歌ってくれないので、めんどうなことになりますね。
基本はぎりぎりまで近づいて、その先が見れるか否かで判別できるけど、最後の神殿への入り口は別。
1/3として、感に頼るしかありませんでした。

森の聖域では、突進してくるモリブリンが邪魔臭い。
どこぞの元素名みたいな名前をしてますが、あんなガタイのいい体つきなのに、マスソ一発で倒せるのは意外です。
ボスブリンといい、森の神殿前のトラウマとして、よく心に刻まれてます・・・。
お陰さまで、ボスブリンの戦い方は慣れてしまって簡単でしたけどw。

シークに森のメヌエットを教えてもらい、さあ森の神殿に行こうか。
・・・あれ、どうやって入るんでしたっけ。
ヽ(*゚д゚)ノ カカリコ村に行くのを忘れたー
シーク「僕のことを信用してなかったんだね・・・」

と、一気に戻りましてカカリコ村。
ダンペイのお墓がどこにあるかさっぱりわからず、適当に墓を引いたら、一発で当たりだったという。
このダンペイとの鬼ごっこも64版では相当苦労した覚えがあるんですけど・・・。
私のゲーム力が強くなっているのか、3Dだから見やすく判断しやすいのか。
ミスすることもなく、一発でクリアしちゃいました。ラッキー!
伸び縮みするものをゲットしたので、森のメヌエットを吹きましょう。

さて、森の神殿。
井戸の底と同じぐらい、寧ろこっちのほうがダンジョンが長いという理由で、64時代最大のトラウマです。
闇の神殿のように見えないわけでもなく、何が怖いかといったら・・・。
BGMから醸しだされるこの雰囲気。
まさに神秘的、誰もいない森の中で一人ぼっちにさせられているというか。
なんだか、すごく不安になってくるんですよね。
これは私だけの感性かもしれませんが、フォールマスターの初登場と重ねあって、自分の恐怖との戦いになっていました。

3D版でもこれまでのダンジョンと違って、やたら緊張してしまいました・・・。
しかし、この緊張を解いてくれたのが、まさか64版で精神を削り取られたトラウマたる敵、フォールマスターでした。
なんと今回は、上から降りてくる影が円形ではなく、手の形しています。
これまで64では黒い謎の円形の影が大きくなってくることによって、いつ襲いかかってくるかわからないし、フォールマスターと分かっていても、ただ出口に戻されるだけでフロルの風がある時点で全く怖くない効果だと分かっていても・・・、正体不明の敵に思えてなんだか恐ろしく感じてしまいました。
3Dでは手の形なので、避けるのがすごく簡単に。
また、なんだかマヌケに見えてしまいますねw。

ボスのファントムガノンには初めて妖精を使われる程、苦戦してしまいました。
一段階目では絵の中から、矢を当てるんですけど、二つガノンが出てきて、一方は偽物。
合計6~8回ぐらいガノンを狙ったんですけど、全てにおいて最初に弓を構えたほうが偽物ってどういうことなんでしょうかw。
私の運終わってる・・・。
二段階目はガノン戦でも慣れているため、簡単に倒すことができました。
空き瓶で返せるかどうか、試せば良かったなあw。

とりあえず、トラウマダンジョン。
森の神殿クリアー。
・・・ふぅ。
▼追記を読む(コメント返答)▼

ハイペリオンの没落 

ダン・シモンズ「ハイペリオンの没落」の感想です。
初めての試みで、自分の記事にトラックバックしてみました。
サイドバーにTB入れてないから、大差はないんですけどw。

全600P超え。
前作のハイペリオン550pと合わせたら、1000pを余裕で超えます。
うーん、長かったw。
ページ数だけで考えれば、ライトノベル3冊分とすると、すごく楽に思えてきますね。


ハイペリオンで明かされた巡礼者の6人の物語、それが一つに繋がるのは驚きでした。
シュライクとアウスター、作中では同時進行していたので、全然別物のようにも見えてきますが、これもまた繋がりがありました。
同人進行、例えば片方のストーリーが途中で切れて、また別のストーリーが進んでいくことがあります。
何かテレビ番組のいいところでCMが入ったようなもどかしさを感じてしまいましたw。
でも、この書き方が面白いと感じたのは、Aが敵の正体を知っている、Bが最高司令官であり(グラッドストーンばればれか)作戦を決行しなければならない、Cが倒すべき敵の居場所を知っている、など、持っている情報がばらばらでした。
本当は~なのにこんな作戦で大丈夫なのか…ドキドキしてしまう展開もありましたね。
その情報が一つに束ねられたとき、解決に向かって行きました。

私はSF小説が好きなのですけど、これほどのSF小説を読むのは初めてでした。
本当に難しい・・・現代にもないような単語ばかり出てくるので、想像することが難しかったです。
しかし、その想像すること自体がSF小説の醍醐味なのかもしれませんね。
また、このハイペリオンの没落は詩や、まどろっこしい話をする雲門のおかげで、言葉の表現自体も非常に難しかった…。
国語が得意ではない私にとって、すべてを読み取ることができませんでした。
特に雲門・・・話長いし、ほとんどが倒置法だし・・・。
わけがわからないよ。

この小説の教訓としては…
便利な物に頼りすぎてはいけない、ってことですね!(キリッ
▼追記を読む(コメント返答)▼

ジャブジャブ様のお腹 

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

ゾーラ川に着きました。
魔法の豆を買えるだけ購入。
この先にある、カエルの合唱でお金を補充して、できるだけ買いました。
もう大人の財布になっているので、80銭までいけました。

早速、柔らかい砂に植えて、アキビンで水をすくって来ましょう。
・・・あれ、水がゲットできない!?
と苦闘していたら、これムジュラでしたねw。
ついつい混同してしまった私でした。

ゾーラの里に到着!
燭台に火を灯したり、潜水ゲームをしたり、ハイリア湖畔に行ってきたり・・・。
めんどくさいので、細かいことはいいんだよ(AA略
空き瓶がこの時点で三つとなり、かなり楽になりました。
便利な魔法、フロルの風を覚えてから、ジャブジャブ様のお腹へと進みました。

うげー・・・。
3Dになってより、一層気持ち悪くなりましたね…。
肉片がぶよぶよ、ドアまでがにゅるり。
・・・今だからこそぎりぎりでできるけど、昔の私では3Dでクリアできなかったと思いますw。
ああ・・・懐かしいなあ。飛んでくるムカデ。
当時の私はもはや頭の中が一杯で、お化け屋敷から走って逃げるように、できるだけ見ないように走り抜けましたね。
まあ、それは今でも変わらないんだけど…。

とりあえず、ジャブジャブ様の敵はこれまでのダンジョンとは違って、新しい敵ばかりでかなり強いんですよね。
ブーメランが有効な敵ばかり・・・逆に言えばブーメランさえ手に入れてしまえば、簡単なんですけど。
最初のうちは飛んでくるクラゲに攻撃するわけにもいかないし、逃げるのが一番。

ルカ子!・・・じゃなかった、ルト姫。
3Dになって可愛らしくなりましたねw。
頬を染めてツンデレっぷりをアピール。
「別に助けてほしいわけじゃないんだからね///
洞窟の壁に投げてぶつけると、面白い声で泣くので遊んでました(鬼

ボスの電撃旋中バリネードはまさかの第4段階を誇るボス。
気持ち悪さといい、さすがは子供時代のラスボスと言えるでしょうね。
倒し方は注目しながら、ブーメランを投げ続ければいいという簡単なお仕事ではありますけど・・・。
これで、三つの精霊石が揃いました!

ハイラル城下町へと戻ろうとすると、イベント発生。
\ガノンドロフ/\ガノンドロフ/\ガノンドロフ/
・・・ごめんなさい、重要なシーンなのに。
長い鼻の3D表現には笑ってしまいましたw。
シリーズで重要な立ち位置をする時の歌。
オカリナ曲では、最も好きな曲です。
ムジュラ・・・

時の神殿。
窓が設置されたせいか、64版よりもずっと明るくなった印象があります。
柱まで多数設置されて、すごく神聖な神殿って感じ。
zelda3d-tokinosinden.jpg
ただし、シーカーストーンがすべての雰囲気をぶち壊していますけどw。

ドドンゴの洞窟 

ゼルダの伝説 時のオカリナ3D

ロンロン牧場へ。
アキビンをもらうため、タロンのニワトリを探すミニゲーム。
64では何か見分けがついた覚えがあるんですけど、3Dではさっぱりw。
適当に捕まえる作戦で、運が良かったのか、ぎりぎりでクリアできました。
ついでに、エポナ+マロンにも会ってきました。
話しかけたら、エポナに逃げられるリンク・・・嫌われちゃったのかな。
代わりにエポナの歌を教えてもらい、仲直り仲直り。

次ーカカリコ村に到着。
この村の曲はゼルダでも屈指の名曲だと思ってます。
折角なので、いろいろと村周りをしていました。
今話しを聞くと、盗賊になるとか、フログビンビンだったんですねw。

後は墓地に行って太陽の歌を覚えたり、キータンのお面を買ってきたり、射的でパチンコの玉数を増やしたり、コッコお姉さんのお手伝いをしたり…。
全部は書きませんけど、いろいろとこなしました。
それにしても、ニワトリを捕まえて、もらえるのがアキビン。
現実世界では飲み干したペットボトルのような存在感だけど、ゼルダ世界ではこれ以上便利のものがないシロモノとなりますねw。
3Dではニワトリを捕まえている時の舞い散る羽根が綺麗でした。

村を後にして、ゴロンシティへ。
ダルマーニに話しかけて、思い出したんですけどサリアの歌、教えてもらうのをすっかり忘れていました…。
ここからずっと戻ってコキリの森へ…あーめんどくさいw。
ドドンゴの洞窟に入れないなんて・・・ドドンガ、知らんが。(又ふるーいネタを・・・。

森の神殿。
今、攻略するわけではないと知りつつも、ここの門を見るだけでため息が漏れますw。
時オカのダンジョンはトラウマだらけだけど、森の神殿はその中でも最上級。
フォールマスター怖い、フォールマスター怖い、フォールマス(ry
しかし、森の神殿の入り口には何度かお世話になりましたねw。
妖精の泉が近いという理由で。

思い出話はこれまでにして、サリアの歌を覚えました。
またぐるーっともどってきて、ゴロンシティへ。
せめて爆弾花を持てるようになってから、サリアの歌を覚えられれば近道できるのに・・・。

と、不満を抱きつつも、ドドンガの洞窟に到着。
洞窟の上のかけらでライフが一つ大きくなったので、万全の耐性。
ここのダンジョンは特に思い出もなく、苦労することもなく、クリアしました。
3Dとの違いは、2Fの吊り橋からの視点が絶景でしたねw。

キングドドンゴも呆気無く、NOダメで終了。
倒し方を分かってるボス程、かわいそうなものはないですねw。

ゼルダ姫との出会い 

時のオカリナ 3D

コキリの森に出る前。
サリアから、オカリナをもらいました。間接キス///
3D版でのオカリナはボタンが5個。64って何個でしたっけ…。
なんとなく、少なくなった感があります。

広いハイラル平原を横切って、ハイラル城下町へと進みます。
急がないと夜になって、門を閉じられてしまいます。
懸命に前転で走るリンク、走るというよりも転がるといったほうが近いかも。
64ではこのコキリ⇔ハイラル城下町を間に合ったことがないんだけど、3Dでは調整されたのか、間に合いました。
zelda-maron.jpg
夜中に、響く声で歌うマリン。
まさに近所迷惑ですねw。

ザルみたいな警備を足しぬき、ハイラル城の中庭へ。
余りにもザルなのでついつい遊びたくなってしまいます。
zelda-osiro.jpg
見にくいので、赤印をつけてみました。
目の前で崖捕まりしても、気づいてもらえないですw。

お忍びで覗いている姫様の元に、剣を担いだ少年が忍び寄る…。
おそらく見守っていたであろうインパはもしかしたら事情を察していたのでしょうか?
時のオカリナをクリアすると、どうしても印象に残るシーンになりますね。
ここから、時のオカリナの物語が始まります。

64ではここに隠しとして、マリオやピーチの絵が飾ってありました。
それが今作なくなった?、場所を忘れてしまったので、探したんですけど見つかりませんでした。
誰か情報プリーズ!・・・クリアし終えたら、調べてみます。

次はゴロンシティへと向かいます。
その前に、ちょっと寄り道しますけど。

ポケパーク感想 

ポケパーク、ピカチュウの大冒険の感想です。

二年前のソフト、古いwiiソフトでしたけど、かなり楽しめました。
やっぱり私がポケモン好きというのが大きんでしょうねw。
ポケモンのサブタイトルは良くないのが多いと言われていますけど、ポケパークは当たりだったなあと思います。

始めは誰もいないガランとした、草原。
ピカチュウが力比べをするたびに、ポケモンが戻って来ます。
いつの間にか、草原はたくさんのポケモンが住むようになり、歩くたびにポケモンの姿が見れるようになる。
この過程が面白かったなあと思います。
平和に暮らしているポケモンにぶつかることもできるし、話すこともできる。
草原にポケモンが存在していると、分かるこの世界観がポケパークの良さだと思いました。

また、記事でいろいろと書きましたように、アトラクションの中でも、ポケモンごとに固有の動作があったのが良かったです。
例えば、ブイゼルなら泳ぐときに尻尾を回転させたり、コイキングなら跳ね回ったり。
細かなところまで作られてるところは、いろんなポケモンを使っても飽きることがありませんでした。

逆に、ポケモンごとに性能の違いをもう少し入れて欲しかったですね。
レースゲームにしても、加速の違いやスタートダッシュの違いなど、ポケモンごとに違いを入れていたら、もっと楽しめました。
アトラクションごとに攻略法がポケモンの違いがなく一緒だったのが、残念でしたね。

アトラクションについてですけど、もう少しバリエーションが欲しかったw。
走る、飛ぶ、泳ぐ&滑る と同じようなアトラクションばかり。
ミニゲームならもうちょっと種類が欲しかったなあ。
でも、レースゲームは基本的にコースを覚えることから始まりますから…
コースを覚えるまで性能の低いポケモンからずっとやっていくことにより、伝説枠までに自然とコースが覚えられた、というのはいいゲームスタイルだったと思います。

後は、ポケモンの写真ぐらいかなw。
SDメモリーで保存できて、ブログに上げられるのは、撮ってるこっちも楽しかったです。
いい記念にもなりますしね。

以上、ポケパークのプレイ日記でした。

ゼルダ3D 

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

と書くと、3Dがただ着いただけの間抜けに思えて。
THE LEGEND OF ZELDA OCARINA OF TIME 3D
英語にするとかっこよく感じる不思議。

早速買ってきました。
3DS、時のオカリナリメイク。

まずはクラニン登録から。
もちろん、時のオカリナサントラを応募。
ポイントなしで買うだけでサントラがもらえるなんて、すごく嬉しいですね。

「ゼルダの伝説 25周年 シンフォニー オーケストラコンサート」はまだ未定。
お金に余裕があるなら、もしかしたら応募するかもしれません。
オーケストラの生演奏、今まで生きてきた中で一度も聞いたことがないので、この機会に聞いてみたいとは思うんですけど。

では、時のオカリナ3Fのプレイ日記及び感想に入っていこうかなと思います。
実機で1回、ゼルダコレクションで1回と、三週目のプレイとなります。
起動したら、懐かしの時オカオープニング。
このオープニング曲はゆったりしていて何気に好きです。
ゼルダのロゴもちゃんと3Dになっていて、綺麗ですね。

名前をリンクにして、セーブデータを作成。
いつも通りのゼルダで、リンクが目覚めるところから始まります。

コキリの森、実際に歩いてみると、3Dが本当に綺麗。
村の奥まで感じられるので、広々としたような雰囲気が伝わってきます。
一番3Dとして綺麗だと思ったのは、切った草や、割った石の破片が飛び散っているのは、突っ切るところです。
細かい所まで、3Dにされていたのはさすがだなあって感じました。
このまま、ゼルダのプレイでは3Dゲージを最大にして進めていくつもりです。

ストーリーや攻略法はもう知っているので、コキリの剣と、木の盾を手に入れます。
ここの40Gが地味にめんどくさいw、浮いている足場を渡ったりして、集めました。
デクババの再生速度に驚きつつ、デクの木様のダンジョンへ入りました。

いやー、懐かしいです。
小学生か中学生か・・・そんな時に初めてプレイした時のオカリナ。
情けないことにこのダンジョンで相当苦労しましたw。
当時怖いものが本当に苦手で、ビクビクビクビク…一部屋に入るたびにセーブするぐらいでした。(今もだけど
上から降ってくるスタルチュラには、飛び上がる程に驚いてその日はプレイできなくなったりw。
今でもそうですけど、私はリアルの蜘蛛も苦手でして…。
ここをクリアするだけでも、一週間…いや一ヶ月くらいかかっていた覚えがありますw。

今となっては懐かしき思い出。
3Dになったことで、全体的に明るくなった(テレビの差かも?)ような気がして、進むのは楽でした。
ちなみに当時のトラウマのせいからか、スタルチュラの場所はすべて覚えていましたw。
パチンコはスティックで視点を変えられるけど、ついつい3DS機能で3DSを動かして、狙いをつけたくなりますね。
慣れてこれば、これが以外と便利だったり。

ボスはゴーマ。
当時の演出だった「暗闇の中に紅く光る眼」がなくなっていたのは何故でしょうか。
これもトラウマだったのにw。
倒し方が分かっているので、ゴーマは一度も卵を生むこともなく、天井に這ったのは一度きりで情けなく終了しました。
今プレイ中の、夢島の一面ボスのほうが圧倒的に強く思えますw。

デクの木様のストーリー講座。
ディン、ネール、フロルの女神達、雨が3Dになって、64よりもずっと綺麗でした。
光り輝くトライフォースも、画面上のすぐ近くで浮かんでいるように思えて、ずっと神々しかったです。

次はハイラル城下町。
3Dだとどうなっているか、楽しみです。

アトラクション攻略(終) 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険

アブソルのつぎつぎハードル
ハードル走。
痙攣ダッシュ、腕クラッシュと同じような感じで、②ボタンで障害物を飛び越えるアトラクションです。
まあ、痙攣ダッシュよりポケモンが少なく、腕クラッシュのように速度が落ちることはないので、楽といえば楽ですね。
攻略には振ってタイミングよく押すだけなので、苦労することはありませんでした。

エーフィ。
pokepark-efisuke.jpg
クリアした後も、伺えるこの上品さ。
シャナリ、シャナリっていう効果音が聞こえてきそうですw。
コンテストと間違えてるんじゃないですかw。

ボーマンダのスーパースカイレース
空を飛ぶ第二弾。
ペリッパーのはばたきスカイレースに遠距離攻撃が着いたゲームでした。

伝説枠:ラティオスはスカイレース同様に、なかなかの難しさでした。
でも、竜の波動なのか、バリンバリン割るこの性能は気持ちがいいですw。
pokepark-ratexiosu.jpg
得点は50000点と異常に高いものの、何回かやり直したら、ぎりぎりでクリアできました。
的の位置を覚える必要がありますね。

レックウザのパニックバルーン
最後のアトラクション。
アクションパートと、シューティングパート、二種類に別れてます。
それにしても、このバルーンのマヌケさといったらw。
pokepark-rekkuuza.jpg

伝説枠はデオキシス。
最後のアトラクションとはいっても、一回でできてしまうぐらい簡単でした。
シューティングパートでの照準の大きさにはびっくりw。
-的を引かないようにする方に注意しなければならないほどでした。


これですべての友達が仲間になりました。
ミュウとのイベントを済ませて、ポケパーククリアー!

アトラクション攻略(参) 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険

モジャンボのスイングレース

フシギバナのスイングロープが連続になり、レースゲームになったもの。
ターザンみたいに、蔦を飛び移っていきます。

しかし、このアトラクションだけは開発者の調整ミスでしょうw。
pityu.jpg
一番性能の低い、ピチューですら、伝説枠のプレゼント記録を越してます。
すべてのポケモンがこんな調子なので、簡単すぎw。
終盤のアトラクションに近いほうが、簡単になってるような…。

ヨノワールのクラッシュランニング
腕が痛くなるようなアトラクションw。
障害物にぶつかることになるので、痙攣ダッシュよりも、さらに負担がかかります。
ゴーストタイプは障害物をすり抜けられるので、少し楽でした。

伝説枠:ダークライはただ、振るだけでクリアできました。
お前も障害物すり抜けられるだろうに…何故当たるw。
腕クラッシュランニングと呼ぶべきですね。

ロトムのどきどきシューティング

今までのアトラクションとは異なったゲーム、シューティングです。
ルールは簡単、近寄ってくるゴース・ゴーストを撃つだけ。
リロードという概念もないため、外してもリスクは少なく、撃ちまくればいいですね。

ゲームオーバーは近づかれたら終わりですけど、取り付くのに時間があるため、後ろからでも余裕で間に合いますw。
pokepark-usirokara.jpg
これが難易度を著しく落としている原因でしょうね。

ブーバーンは炎で多段HIT。
ポケモンごとに差別化できていて、いいなと思いました。
pokepark-buba-n.jpg
あれ、何かかっこよくない?w

伝説枠はロトム、明らかに種族値で劣っているゲンガーよりも性能が上です。
苦労することもなく、クリアすることができました。

アトラクション攻略(続) 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険

トリデプスのパネルクラッシュ

ブロック崩しの要領。
飛んでくる玉を跳ね返すだけという、すごく簡単な使用です。
初代東方みたいに、ポケモンの攻撃が襲ってくるようにすればよかったのにw。

伝説ポケモンよりも、ずっと前。
ウソッキーの時点で、得点がカンストしてしまいましたw。
pokepark-usoki.jpg
これ以降、ウソッキーより性能のいいポケモン、全員カンスト。
今までのアトラクションの中でも一番簡単な部類に入りますね。

そして、伝説枠グロスさん。
pokepark-metaguross.jpg
でかすぎ!!
ミスる要素がないですw。
左右1/3の大きさを誇るブロック崩しって…。

ドサイドンのおしだしヒートアップ
早く言えば、ベーゴマ。
ポケスタのミニゲームでこんなゲームがあったようなきがしないでもないです。
アイテムを使って、ポケモンを一気に吹き飛ばせるし気持ちがいいですね。
それはポケモンごとに、高速スピンだったりだいばくはつだったりと、差別ができていたのも良かったです。

ブースターの性能がすごい。
pokepark-busuta.jpg
ネンドールやコータスの性能より上で、かなり上の方に居ました。
そして体格よりもずっと駒が大きい気がしますねw。

伝説枠:ヒードランは目標得点が高いため、なかなかの難易度。
落ちてしまったら、補正(連続で落とすと倍になるシステム)切れになってしまうので、一度でも落ちたらやり直すことになるでしょうね。
運が絡んでくるので、何度も挑戦しました。
pokepark-hidorun.jpg
終わってしまえば、カンストでしたw。

バシャーモのパンチングロックス

タイミングよく、リモコンを振るゲーム。
慣れるまでが大変ですけど、慣れてしまえばクリアは簡単です。

ガラガラはさすがというべきか、骨で割っていました。
pokepark-garagara.jpg
他にも、カモネギはネギで岩を切るという偉業をw。
カモネギざむらい「また、つまらぬものを切ってしまった…」

伝説枠:グラードンは性能が凄まじいので、簡単にベストタイミングの300ポイントを出してくれます。
しかし、プレゼント記録が高いので、一つ足りともミスは許されません。
すべて300で壊すことになるので、簡単ではないでしょうね。

アトラクション攻略 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険


ペリッパーのはばたきスカイレース

今までで一番難しかったアトラクション。
動きづらく、なかなか円をくぐることができませんでした。
まずは場所を覚えて、把握することはもはや必須。
ラティアス使用はほとんどの輪っかを見逃すことができず、少しでもみすったらやり直していました。
クリアできたときは歓喜、ゲームをやり慣れている自信はありますけど、十分難しいです。

ギャラドスのマリンスライダー
ウェーブレースを思い出すかのような、水上レース。
フラッグとフラッグの間を通って、タイムを競うレースゲームです。

コダックの泳ぎ方w。
pokepark-kodaku.jpg
これも見覚えがありますね、アニメの泳ぎ方かな?
背泳ぎ、水ポケモンとは思えないけど、可愛らしいです。

ここのマナフィもなかなか難しかったですね。
目標タイムの猶予が本当に余裕が無いです。
フラッグを全部通らないと、到達するのは難しいぐらいでした。
せめて、クラシックコントローラーならもっと楽だったんだろうけど。

エンペルトのスノースライダー
水上から、スキーに代わっただけですw。
コース自体が長くなり、本格的にレースゲームになってきました。
とりあえず、フラッグの位置を覚えておかないと、特に伝説戦では厳しくなりますね。

タマザラシは予想通り、コロコロ転がっていました。
pokepark-korokoro.jpg
静画では分かりにくいけど、他のポケモンと滑り方が異なっていますねw。
左右に分けられるタマザラシはさすが転がりなれていると言えそうですねw。

カメックスは腹ばい。
pokepark-kamegorou.jpg
個人的には裏側のほうがよく滑るんじゃないかなってw。

伝説ポケモン枠、スイクンもまた、マリンスライダーと同じように、フラッグをほとんど取ってこないと、時間的に危ういです。
回りやすいので、ミスはしにくいけど、一番の難点は体の大きさでしょうかw。
前が見にくいよ!

友達集め 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険

まずは、見過ごしてしまった友達探しから。
いちいち捜し回るのはめんどくさいから、グーグル先生に聞いてきました。

ハスボーさん、門番が仲間になるのかと思ったのに、普通に出てきました。
pokepark-hasubo.jpg
進化前にしては結構大きめ?
葉っぱの上に乗せて川を渡ることがあるからかな。

Oh-UFO!
pokepark-zibakoiru.jpg
UFOの日にはちょっと早かったけど…。
レアコイルは可愛らしいけど、ジバコイルともなると、やっぱり大きいですね。
コイルがつながったようには到底思えませんw。

フィールドで仲間になるキャラを揃えたら、次は隠しキャラですね。
全てのパスワードを入力して、準備は整いました。
ミニゲームのプレゼント得点をすべて、クリアを目指します。
作業になるのは確実だけど、全部クリアしたい、そんな意欲が出てくるのは、ポケパークの面白さのおかげかもしれませんね。

フシギダネのふりふりダッシュ
作業!
振るだけのお仕事です。
やたらポケモンが多すぎて、本当に手が疲れますw。
某実況者のネタで痙攣連打ならぬ、フシギダネの痙攣ダッシュ!
走り方はポケモンごとに違っていて、ストライクがかっこよく飛んでいるのが印象的でしたね。
・・・ふぅ、一体、何匹いたんだろう。
まあ、一匹一匹の時間は短いので、時間はかからないけど。

フシギバナのスイングロープ
タイミングを計って、ジャンプ。
コツはちょうど勢いがついた半分より少し後ぐらいが、楽でしたね(日本語でおk。

絶対、この開発者コイキングが好きでしょw
pokepark-koikingu.jpg
あら、かわいい。
ネタキャラとされているのか、出場できるアトラクションは多めですよねw。

空をとぶ巨体。
pokepark-mozyanbo.jpg
物理的にどうなんだろう、これが翔ぶなんてw。
見た感じ、結構シュールでした。

意外と難しかったのが、ジラーチ。
100mと目標得点が異常に高く、何度かプレイしてようやくクリアできました。
さすがは伝説、隠しのほうが難しいです。
子供向けのゲームとはいえ、舐めてかかってはいけませんね。
pokepark-zirachi.jpg
普通に空飛んでくださいよ!

ナチュルシンクロ 

遊戯王5D'S オーバー・ザ・ネクサス WCS2011DS

この間、初めて通信タッグでレーディングポイントが増えましたw。
WCS-wayu.jpg
タッグで公式戦を選ぶ人もいるんですね。
これまで一度ももらうことがなかったコインを初めて頂きました。

ついでに、右下のグラフ。
ほんの少しだけ、シングル練習戦をしたことがあるんですけど、技の値だけが異常に高いってどういうことw。
それに技って何なの?このグラフの中で最も分かりにくいステータスですね。
技と攻撃が高い・・・FEのワユらしいとは言えますねw。

ナチュルデッキ、その1
実は今のところナチュルでも4種類デッキがあったりします。
他のも機会があれば晒すことがあるかも、今回は暴走+ダークヴァージャーを狙うデッキです。

モンスター(15枚)
ナチュル・ローズウィップ×3枚
ナチュル・トライアンフ×3枚
ナチュル・コスモスビート×3枚
ダーク・ヴァージャー×3枚
スポーア
グローアップ・バルブ
クリッター

魔法(16枚)
封印の黄金櫃×3枚
地獄の暴走召喚×3枚
精神操作
死者蘇生
月の書
強制転移
ブラック・ホール
ハリケーン
サイクロン×2枚
おろかな埋葬
エネミーコントローラー

罠(9枚)
鳳翼の爆風
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬
リビングデッドの呼び声
デモンズ・チェーン×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
アームズ・エイド
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ナチュル・ガオドレイク
ナチュル・パルキオン
ナチュル・ビースト×2枚
ナチュル・ランドオルス
フォーミュラ・シンクロン
ブラック・ローズ・ドラゴン
ヘル・ブランブル
メンタルスフィア・デーモン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


正直なところ・・・ナチュルにこだわる必要がない植物シンクロなんですけどねw。
利点はヴァージャーが二体落ちてる時に、コスモビートでナチュルバルキオンが出せるぐらい。
他の植物チューナーでは、lv1とlv2を使い分けられる優秀なコピープラントがいるから、トライアンフより使いやすくなるかもしれません。
lv1チューナーが多くなるから、スケープゴートやダンディライオンで、フォーミュラを狙えるようになるのも大きな利点ですね。

一度、ナチュルではない植物のヴァージャーメインデッキを作ったことがあるんです。
しかし、それだと、ローンファイア・ブロッサムとティタニアルの活躍が目立ち過ぎて、私がやろうとしていることの意味が薄くなってしまってw。
無理やりナチュルにしてみた、というわけです。
比較してみると、ナチュルヴァージャーは、超黄金太陽やリミット・リバースがない分、月の書やデモンズ・チェーンを入れられるから、爆発力は少なくなるけど防御力は高くなりました。
特にデモチェは、サイクロンを無効化できるナチュビと相性がいいので、使いやすいなと思ってます。

最近では、他にやりたいこともあって、タッグはあまり参加していないです。
頻度は土日に数戦程度かな。
新しいデッキを作ると、やりたくなるんですけどねw。 ▼追記を読む(コメント返答)▼

ポケパーククリア 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険

ストーンゾーンにつきました。
まるでゼルダの伝説にありそうな、複雑な構造をした遺跡です。
いつも通り、友達を増やしていきましょう。
もうすでにストーリーの感想どころか、SSを貼るだけの記事となってますw。

ポリゴンZ。
pokepark-poriZ.jpg
人工物の進化系であるポリさんが遺跡に佇んでいるのは、何か理由があるのでしょうか?
バトレボにもある狂い具合がよくできていると思いました。

トゲチッスさん、こんにちは!(10万ボルト!)
pokepark-doMtoge.jpg
こうかはばつぐんだ!
・・・のはずなので、倒れるどころか喜んでいらっしゃるw。
まさかのドM疑惑。

130属さんキタ━(゚∀゚)━!!!!!。こんにちは!
pokepark-sandasu.jpg
私の嫁です。ちゃっかり、蓄電で無効化されてます。
もちろんサンダースの種目は追いかけっこ。
他のポケモンよりは早かったけど、今ではピカチュウが最速になっているため、追い付くのは楽でしたね。

ボーマンダのミニゲームを攻略っと。
ミニゲームの感想は後々、まとめて記事にします。

フラワーガーデンに着きました。
ポケモン自体は少なく、友達増やしも大分と楽になりました。
広場に戻って、鏡を取ってきたりと、ちょっとめんどくさかったです。

これぞ、ラーの鏡。真実の姿を写し出せ!
pokepark-rar.jpg
ボストロール「見たなあ…」

レックウザのアトラクションも軽くこなし、一同は気球に乗って、スカイガーデンへと向かいました。
pokepark-picakkikyuu.jpg
うーん、懐かしい、ポケモンダッシュを思い出します。
ニンテンドーDSの初期に発売されたゲームで、評価はあまり高くなかったけど。
私は結構好きで、楽しんでましたw。
BGMもよくて、あれこそ、隠された名曲です。

話を戻しまして、スカイガーデンに到着。
崩壊した、天空城みたいな…ワルプルギスの夜
ミュウ以外のポケモンがおらず、寂しい場所でした。

ラスボス、ミュウとの最終力比べ。
アスレチック、追いかけっこ、バトルと、今までの集大成でした。
バトルはブーバーン、ガブリアス、バンギラスの、錚々たるメンバーでした。
しかしもはや、最強レベルに達したピカチュウにとって、楽勝ですw。
めんどくさかったのは、追いかけっこ。
スカイガーデンの回りには穴が空いてるので、それを避けながら追いかけるのが結構難しかったなーって感じました。

ミュウに勝つことができたら、エンディング。
ポケパーククリアしました!
スタッフロールがないエンディングというのも、斬新ですねw。

2011e3 

e3の任天堂プレゼンテーションを生で見てました。
情報自体は任天堂HPで見ればいいだけのことなので、私の感想のみです。

まずはソフト面から。
ブログでは2009年からe3の感想を書いているわけですが、残念ながらe3のFE発表は一度も着ませんでしたw。
暁が発表されたように、今年こそは・・・と思うのはもはや三年目ですねw。
新紋章が去年発売されたわけですけど、今年のFEは出ないかもしれませんね。

今回のE3で新しく発表されたのはルイージマンション3Dだけでしょうか。
ゼルダ、マリオ達は去年のE3に名前は上がっていたので、サプライスにはなりませんでした。
新しいラインナップタイトルがなかったのは、寂しかったなと思います。
というか、サードを除けば、ほとんどがマリオとゼルダでしたねw。
まあ、これから3DSに有力タイトルが発売されるのはすごく楽しみなんですけどね。

今年の目玉はなんといってもwiiU、wiiの次世代機でしょう。
コントローラーが画面になっている、据え置きゲームの枠組みを超えた、新しいアイデアのゲームです。
見た目は画面がついているだけで、どうみても面白そうには思えませんでした・・・が。
WiiUの実際にプレイしている動画を見て、すげーとしかいいようがありまえせんでした。
使い方は本当に多種多様、時には地面を置いたり、時にはタッチパネルで動かしたり…。
作るゲームの幅が広がることは間違いないです。

私が思い出したのはゲームキューブのコントローラーの代わりにGBAを使用したシステムでした。
有名なタイトルは初代FFCCやゼルダの伝説4つの剣。
誰にも見られず自分だけの画面があったらこそ、楽しめたゲームだったと思います。
wiiUでも、同じことができるようになりました。
ゴールデンアイのようなFPSでは自分だけの視点を持ち、他の人に知られることもなく、正々堂々と戦うことができます。
これからの据え置きゲームでのマルチプレイは画面を割ることもなく、一人一つの画面で遊ぶ時代が来るのでしょうか?

しかし、「自分だけの画面」というのはwifiを使用しなしオフラインでの遊び方のみ、関係しています。
これまででも、wiiのオンラインでは、スマブラやマリオカートといったような、wifiでのメジャーソフトはwiiリモコンでの使用が少なく、アイデアを活かすことなく、遊ばれてきました。
これはwiiUでも同じように、wifiでの遊びはコントローラーが画面である、このアイデアを活かすことができないのではないか、と心配ではありますね。
ただ、スマブラの次回作は3DSとwiiUでの連携が予告されました。
画面を活かすwifiゲームを開発する可能性が非常に高そうですね。


E3で告知され、6/8日より配信された「ゼルダの伝説夢をみる島DX」をDLしました。
夢島発売時、私はゼルダが未開拓だったので、今まで未プレイです。
名作と名高いこのゲーム、是非ともクリアしたいですね。
感想は書くかもしれません。

3DS更新 

ニンテンドー3DSの更新が今日行われました。
具体的な内容はインターネットブラウザー、DSiからの引き継ぎツール、ニンテンドーeショップですね。
この順で話題にしていきます。

まずはインターネットブラウザー。
DSiの時に比べて、開く速度が早くなり、使いやすくなりました。
しかし、残念ながらyoutubeやニコニコ動画を見ることはできませんでした。
よって、ノートパソコンやiphoneを持ってる人にとっては、ほとんど出番がないでしょうねw。
何かブラウザー探索で、ゲームと関連づけた物があるなら別なんでしょうけど…。

DSiからの引き継ぎ。
行う前に、まだ500ポイント残っていたため、面白そうなソフトを探していました。
結果として「ドラクエウォーズ」・「辛口大籠城」の二点を3DSに送ることに。
DSiの方に引き継ぎツールをインストして、3DSと通信させました。
なんと、運んできたのはピクミン。
3DS-hikitugi.jpg
可愛らしい。
待ち時間でも、飽きさせないようにできていますね。
同時にwifi情報も3DSに送ることになったので、事実上DSiの出番は終了しました。
これから、遊戯王やポケモンをやるにしても、3DSでの起動となりますね。

ニンテンドーeショップ。
早速、ポイントを購入して、懐かしのゲーム「マリオランド」を買ってきました。
すごく懐かしい…子どもの頃、よく遊んだ思い出があります。
BGMや効果音の一つ一つが、子供の頃を思い出せてくれます。
ただ、今大人になって初めて気づいたことは、このゲームのスターを取った無敵時間のBGMは「天国と地獄」なんですねw。

注釈ですけど。
私には結構年の離れた兄がいますので、古いゲームを結構プレイしてます。
こんな感想書いていると、かなり年上に見られてしまうようなきがして、一応w。
1989年発売のマリオランド、実は私の誕生年に近かったりします。

と話を戻しまして。懐かしのゲーム。
3DS-VC.jpg
GBAFEはGBASPでやっているので、今でも実機でプレイできるんですよねw。
ただ、マリオランドだけはサビが付いてしまっていて、完全に壊れてしまいました。
名作と思うカービィのピンボールもプレイできず・・・VC配信を楽しみにしてます。
星のカービィは今日配信されたみたいですけど、これは何度もやり尽くし、今でも実機でプレイできるので、見過ごすことにしました。
後、VCではデータ消去に定評がある6つの金貨をぜひやりたいところです。

今日の深夜にE3の任天堂発表があるので、すごく楽しみです。
wiiの次世代機、どんなものになるのでしょうか…。

ハウスゾーン 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険

スカイゾーンへの道をムウマージに聞くため、ハウスゾーンにやってきました。
マリオ64のお化け屋敷を彷彿させるかのような、洋館。
今まで自然に存在するものだったのに、今回は完全な人工物がフィールドとなりました。
いつもどおり、友達集めから。
しかし、洋館には入るためには、モジャンボのアトラクションをクリアしなければなりませんでしたね。

懐かしい転がるマルマイン。
pokepark-marumain.jpg
ポケモンスナップを思い出しますねw。
超ドアップのマルマインを撮影できた覚えがあります。
だいばくはつの瞬間の写真を取るのが、面白かったなあ。

漆黒を纏う闇からの使者、黒猫(蹴
pokepark-buraki.jpg
かっこいい・・・・
暗闇で光る目からやっぱりブイズは猫ですよ!異論は認める!

その奥さん。
pokepark-efi.jpg
歩き方がすごく上品で、優雅でした。
女の子の喋り方。
ブラッキーが♂で、エーフィが♀なんて、開発者分かってますねー(何を。

夫婦に10万ボルト。
pokepark-huuhu.jpg
ううう・・・かわいい…。
持って帰ってペットにしたい。

絵の中に潜むゲンごろう。
ついつい、ごろうを付けたくなるのは、ポケモンスタジアムからのトラウマだからでしょうかw。
pokepark-picture.jpg
表情的には迫力を見せているんだろうけど…。
ポケモンアニメの昔のゲンガーを覚えていると、どうもフザケているようにしか見えませんw。
絵から飛び出しても、さすがに漫才なゲンガーではありませんね。
pokepark-genga.jpg
後ろからは、初代ポケスタからの腰振りは遅くなりながらも健在。
静画では分かりにくいけど、(´・ω・`)。

この洋館の主であるムウマージはやはりというか、女の喋り方でしたねw。
pokepark-maiko.jpg
まいこおおおおおおおおあ、はい、身内ネタであり、トラウマです。
性格は困ったことがあったら、書斎に引き篭もる読書好きかな?

マグマゾーン 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険

ケイブゾーンから、トロッコに乗ってマグマゾーンにやってきました。
まずはいつも通り、友達作りから開始です。
だけど、炎に阻まれて先に進むことができず、ストーリーを進めなければなりませんでした。

バクーダを倒した後、ドリル⇔溶鉱炉の往復。
鉄の塊を発掘して、機械を直さなければなりませんでした。
その間に、三つの金の塊が掘れたため、これをゴローニャに渡すことによって大量の木の実が手に入りました。
600×2+400・・・走力、10万ボルトを最大にまで上げることができました。

溶鉱炉ードリルの間で邪魔してくるコータス。
pokepark-cotus.jpg
なぜか、コータスから村長という言葉が思い浮かんでくるんですけど、何故なんでしょうか…。

グルグル回る螺旋上の火口で、友達作り。
挨拶するたび、友達増えるよ!
ここにいたブースターは、今までブイズは追いかけっこだったのに対して、バトルでしたね。
さすがは唯一王といったところか!
ピピピ、チッ、素早さ種族値たったの60か・・・ゴミめ。

↓パンチラ画像

見えたっ!
どうみても、スカートにしか見えませんね。
エビワラーは♀のみで、サワムラーは♂のみにすればよかったのに。

バシャーモのアトラクションは、飛んでくる岩を割るタイミングゲーム。
最初のピカチュウの一回目ではタイミングが掴めず、すごく低い点数で失敗しましたw。
二回目でコツを掴んで、連続で割りまくり、クリアとなりました。
そこまで難しいアトラクションというわけではありませんでしたね。

ケイブゾーン 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険!

つどいのひろばにて、ダッシュを強化。
順番的にはダッシュ→アイアンテール1レベルのみ→10万ボルト→アイアンテール→HPの順にしていくつもり。
HPは少なくても、立ち回りでなんとでもなりますから。

ツリーハウスで増えていたミノムッチ
pokepark-minomutti.jpg
こんなにも小さいんですね…。
DSの画面では分からない感覚ですw。

さて、ケイブゾーンです。
洞窟を英語で「cave」と読むんですけど、何故かゲームではあまり見ないカタカナ語ですね。
日本の洞窟でもケイブなんて使われないからでしょうか?
いつも通り、友達を増やす作業から始めて行きます。

バリヤードさんのパントマイム!
pokepark-bariyard.jpg
動かない静画では分かりづらいですけど、本当に壁があるように見えます。
おお・・・すごいすごい。

ニャースさん、草原ではなく洞窟の中にいるのは意外でした。
pokepark-nyasu.jpg
アニメのニャースの印象が強すぎて、どことなく違和感を感じますw。
ちょっと表情が硬くて怖い…。

ゴルバットさん
pokepark-gorubatto.jpg
口を抑える仕草がすごく懐かしい、ポケモンスタジアムを思い出しました。
今のゴルバットでも全く変わりありませんねw。

ドアップカイリキー。
pokepark-uholtu
最近、カイリキーを見るだけで笑いがこみ上げるようになりました。
初代からのポケモンで、ここまで印象強いポケモンも少ないですねw。

ストーリーで木の実をカビゴンさんに届ける任務。
pokepark-ookinakinomi.jpg
折角木の実を守っていたガラガラさんだけど、これ頂いていきますね。
当然の如く、スルーされましたけどw。

トリデプスのアトラクションは、ベーゴマみたいなゲームでした。
とりあえず、最初はピカチュウで。
さすがに体重が軽く簡単に吹き飛ばされましたけど、アイテムを取ったら、すごい勢いで点数は増えていきましたw。

そういえば、ここにブイズはいなかったなあ…。

アイスゾーン 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険

アイスゾーンに着きました。
開幕、出会ったポケモンで思ったこと…。
pokepark-tamazarasi.jpg
タマザラシって思ったより大きいねw。
ピカチュウを丸呑みできそうな、大きさです。
トドクラーやトドゼルガもぜひ合ってみたいところ。

まあ、いつも通りまずはアイスゾーンにいるポケモンを友達にしていきます。
ここにいるブイズ、グレイシアは今までのブイズよりずっと簡単でした。
走る速度を上げておいたのが大きかったかもしれませんね。
とりあえず、目隠しみたいな氷はあんまり意味がなかったように思えました。
まだマリオカートのイカスミのほうが厳しいですねw。

二人のヒメグマ。
pokepark-himeguma.jpg
うーん…可愛い…beautiful!。
特に後ろの子のヒメグマらしい表情。
口を手で押さえてる感じがいいですねw。

上記の写真のオクタンには挨拶に行ってきました。
pokepark-okutan.jpg
見たばかりのポケモンにはまずは10万ボルトを撃つのがピカ式のこんにちはです。
しびれて倒れるオクタンがちょっと面白かったねw。

デリバードで木を飾るイベント。完成!
pokepark-tree.jpg
・・・思ったよりもあんまり綺麗じゃない気がw。
大体クリスマスツリーというのは、モミの木ですからね。
枯れ木に装飾しても、何かもの寂しさが残ってしまいます。
記事してる最中で思い出したけど、デリバード友達にしたかな…あとで確認しておこう。

ここのボス、エンペルトのアスレチックはスキー。
旗と旗を通って加速しながら、ゴールを目指すレースゲームです。
今回もピカチュウは使えなかったため、誰で行こうかんとポケモンを見ていたら…。
コイキングだと…!?
これは選ばざる終えない、初代ポケモンが好きな人なら絶対選ぶ選択肢でしょうw。
実際に滑ってみたら、跳ねながら滑るという、ものすごくシュールな光景になりました。
プレゼントタイムは越したものの、目標タイムは残念ながらコイキングではクリアできませんでした…。
グレイシアを使って、楽勝っと。

ビーチゾーン 

ポケパークwii ピカチュウの大冒険

次なる行き先はつどいのひろば。
中央に大きな木、なにやら不法占拠したチコリータが家を作っていくらしいです。
マップを移動するたびにここを通ることになるので、その時に友達が増えていく感じになるのでしょうか。

ムウマの写真屋さんでは、なんとSDカードにカメラで撮った写真を移せるみたいです。
これはなんていい機能、ブログの記事にするにはすごく便利です。
よーし、気合いれて写真撮りまくるよー(今回の記事では少ないけど。
testも兼ねて、カシャッと。
pokepark-test.jpg
無断転載されることを見越してか、NINTENDOの名前も入れてありますね。
…いつもいつも写真撮って、無断転載してごめんなさいね。
ちなみに、この梯子、登れるかと思ったけど、結局登れませんでしたw。

エレブーが10万ボルトの強化をしてくれました。
一回目の木の実数は350個、二回目が1000個。
10万ボルトはよくバトルで使うことになるので率先して強化しておきました。
だけど、これが後々後悔に繋がるんですけどw。

ビーチゾーンに着きました。
海なだけあって、いろんな種類のポケモンがいます。
全員とちからくらべするのも、結構時間がかかりました。

グリーンゾーンにはリーフィアがいたように、ここにはシャワーズがいました。
ブイズ系は各フロアに一種類づついるのかと推測しながら、ちからくらべで勝負。
種目は追いかけっこ、種族値60程度じゃ余裕かなとたかをくくっていました。
ところが、早い早いw、リーフィア並に早い。
こだわりスカーフ持っているのではないかと思えるぐらい、しかもグリーンゾーンとは違って広く、追い詰めることは無理でした。
カーブで先読みしたりして…ぎりぎりの時間。
残り時間0,(コンマ)代でようやくぶつかることができました。

そういえば、キャモメって…。
pokepark-kyamome.jpg
この羽根を無くした、白い体と黄色いくちばしの生き物をどこかで見たことがあるんですけど、なんでしたっけ…。
ワリオ…?たまごっち…?ヨッシーアイランド?

ペリッパーのミニゲームをクリアしたら、ダッシュを強化してくれるビーダルが出現しました。
…走る速さは追いかけっこの意味でもすごく重要なので、10万ボルトよりもまず真っ先に重要視しなければならないもの。
後先考えず10万を優先したのは間違っていたかなと思いました。
まあ、後々上げることになるので対した差にはならないんですけどw。

オーダイルの岩を破壊してもらい、ラプラスの背へ。
ラプラスにのって♪さがしにいこう♪
次の記事はアイスゾーンです。

蒼炎11-12章 

ファイアーエムブレム 蒼炎の奇跡

第11章 流れる血の色は
まだ中盤と言えるのに、蒼炎は一章一章が長いです。
暁でも4部ぐらいにならないと、ここまで時間がかからないと思うのに・・・。
時間的にも一記事二章ペースになりそうかな。

さて、初見殺しとして・・・トラウマになった人が多いのではないでしょうか?
漆黒ハウスとして有名なこのマップ。
蒼炎を代表するような、蒼炎を知らない人でも知ることがあるぐらいの有名なマップですね。
最も、ギミックが分かってる今では怖いことはありませんけど。

また、漆黒の他にも自衛団を殺してはいけないことも忘れてはいけませんね。
前回で仲間になったチャップさんの武器を外して左下の自衛団の囮へ、右上の自衛団は攻撃範囲に入らないようにしておきました。
これによって自衛団を全員無傷でクリアしました。
敵将マッコヤーはワユが90%の攻撃を外したがために、ティアマトーで倒すはめになりました。
ティアマトー「因果応報」

そういえば、私の初見では「状況」によって説得できる相手を分かることを知らず・・・。
ツイハークを仲間にできませんでしたw。
右上の家が怖すぎて、近寄りがたかった気持ちがあったんでしょうね。

暁の鍵ともなる場面。
漆黒とライとの戦い、そしてセフェラン。
こうみると、蒼炎は暁の伏線ばかりですねw。
暁のムービーである漆黒とライとの一騎打ちを思い出していました。

第12章 異邦の領域
サザキタ━(゚∀゚)━!!!!!。
さようなら、フォルカ。
暁の成長補正のため、サザ優先は確定ですね。
早いところ、力と速さを上げて、盗みやすい盗賊にしたいところです。
サザ「かかってこいよ!フォルカ!ただし蒼炎だけでな」

このマップはラグズのカラスが大量に湧いてくるマップ。
ラグズは経験値が多いので、レベル上げに最適。
ワユ・イレース・セネリオ中心に育てました。
とりあえず、早く一匹でも上級職に仕立てあげたいところ。

また、このマップの特徴として、増援が遅いところですね。
かなり遅く天子の衣持ちのカラスが増援として湧いてくるので、ターンを稼がなければなりません。
レベル上げのために、ボスは特効薬を持っているため、HP減らす→使わせるを繰り返させて、擬似チク狩りを行いました。
止めはワユで87%の鉄の剣で!・・・と攻撃したら見事回避される始末。
2chの呪いがまさかここまで影響してくるなんて・・・。
その後、一か八か47%の命中率だったイレースのエルサンダーで倒すことができて良かったです。

アイクがレベルカンストしました。
カンストは一つもありませんが、能力的はまあまあ?、アイクにしては弱い気がしないでもないです。
魔防は高めなので、ゴリラアイクの魔防+2を狙っていきたいですね。
souen-ike.jpg
やばい、デジタルで写真取ったら、すごく綺麗で見やすい…。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 05月 【27件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー