≪ 2011 10   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2011 12 ≫
2011年11月の記事一覧

スライム肉まん 

先日発売された、今話題のスライム肉まんを買ってきました。
nikuman.jpg
どこもかしこも、売り切ればかり。
三軒目のファミリーマートにて、ようやく購入することができました。

丸くて青い肉まん
鞄の中に入れていたせいで、少し凹んでしまいましたね・・・。
・・・しかし、青色なんて、正直美味しそうには見えないですw。
母親曰く、青いう◯こ。(食事中の方々、大変申し訳ありません。
とりあえず、頂いてみることにしました。

で?味は?
至って、普通の肉まんですね。
半分に切ってみたところ、頭の頂上まで詰まっていたのが印象的でした。
nikuman-12.jpg
・・・グロイと言われているのが分かった気がしますw。
この目が充血しているかのようで、怖いです。
さらに内部の肉が、脳み(げふんげふん)に見えてしまうのが、余計グロく見えてしまいますw。

170円と、普通の肉まんよりも高めですけど、記念としては面白かったですねw。
売れ残っている時があれば、また買ってみたいです。

オルディン火山 

ゼルダの伝説、スカイウォードソード
ネタバレ注意です。

スカイロフトに戻りまして、石版をはめはめ。
雲海にオベリスク、赤い光の柱が現れました。

行く前にいろいろとお買い物をしてから。
・火に強く、燃えにくい鋼鉄の盾を購入してみた
・パチンコの弾が20個では厳しいので増やした。
木の盾を強化することができたのでやってみた
テリーのお店で商品だけ確認して出ようとしたら、落とされてしまいましたw。
なんかむかついたので、ピンポンダッシュして逃げておきました。
・・・ヘビーブーツまだー?、重い装備でお店に入りたいですけどw。

さて、オルディン火山です。
傾斜の激しい山、ドロドロと流れる灼熱のマグマ。
厳しい環境のはずなのに、流れる陽気なBGMなおかげで拍子抜けしてしまいます。
なんとかゲームオーバーにはならなかったものの、やはりなかなか難しい難易度でした。
爆弾のミスやマグマへの落下で、どんどんHPが削られて行きました。
特に爆弾は穴に潜ってる火トカゲを倒すのに、なかなか絶妙な位置に爆弾を転がさなければなりませんでした。
慣れてないうちには、爆弾を転がす動作がなかなか難しく、持っているまま爆発させてしまうことも、ありました。
でも、ボウリングのような動作で、転がっていくのは楽しいですw。

モグマ族・・・もぐらと魔族の合体なのでしょうか?
でも、虐げられているけれど、良い人達みたい。
掘り掘りグローブをもらいました。
掘れる穴からルピーを稼ぐことができます。
金欠になりがちなスカイウォードソードでは助かります。

途中でシークみたいな位置な人が現れました。
・・・火山の神殿のボスではないでしょうね?
金の鍵を5つ探すイベント。
ダウジングで探すのですけど、高低差があるせいで、なかなか分かりづらかったです。
崖の端を渡って行ったり、火山の高熱の中を走ったりと、まさにロッククライミングでした。

次はマグマの神殿。
入ろうとした矢先に吹きつける熱風が厳しい環境であることを物語っていましたね。

天望の神殿 

ゼルダの伝説 スカイウォードソード
ネタバレ注意です。

天望の神殿
天を望むなのか、もしくは天が望むなのか、どちらの意味なのでしょうか?
現段階では謎が多すぎて、推測はできません。
未来を見通す「展望」と掛けているのかもしれませんね。

例に漏れず、自然系のダンジョンです。
多く生息するのは蜘蛛、至るところに蜘蛛の巣を発見することができます。
トワイライトプリンセスのような、大きな百足モンスターがいないので、ほっと一息です。
とはいっても、私は蜘蛛も大の苦手なのですけどね…。

最初のダンジョンとはいえでも、結構複雑にできており、考えさせられます。
まるで水の神殿のようなギミック。
水路が存在し、水かさを増やすことにより、先へ進めるようになりました。
他にも、尖った物に注目する目玉があったりと、リモコンを回すことに気がつくのが難しいギミックもありました。
スカイウォードソードらしい、ギミックです。

モンスターは蜘蛛が多いということで、スタルチュラが出てきました。
お腹が弱点というのは相変わらずなのですが・・・。
時のオカリナのように待つだけで腹を見せてくれるような、簡単設計にはできていません。
剣で横に叩いて揺らすことにより、ようやくお腹を見せてくれるので、突きを繰り出す。
縦切りや横切りではダメージを与えられないことを注意しなければ、なりませんでした。
こう、厄介なモンスターが多くなっているのですが、従来までのゼルダと違って、倒した敵が復活しない仕様は、探索することにも大いに助かります。

中ボスのスタルフォスを倒すと、もらえたのは新アイテム、ビートル
まるで飛行機のリモコンの用なアイテムです。
ビートルは自由に飛びまわれるので、wiiリモコンを傾けることによって操作。
物を切ったり、アイテムを集めることができるみたいです。
とりあえず、金欠なので赤ルピーを探してあつめてもらいましたw。

恐ろしい強敵、地を這うスタルチュラ
zelda-sky9.jpg
写真では天井に登っているお姿ですけど・・・。
追いかけられているときに写真撮ってる暇なんて、ないんですw。
地を這うことにより、弱点を克服したスタルチュラ。
いくら攻撃しても剣が弾かれ、盾でガートしようとすると全身で絡みつき、逃げる相手には蜘蛛の糸を吐いて動きを封じてくる。
6本の足の移動速度は早く、まるで映画に出てくるような巨大なタランチュラでした。
そんな蜘蛛に私は泡を吹いて逃げ惑うのみ・・・上にのぼる蔦を見つけて、必死にリモコンを振っていました。
やばい・・・まじで怖い・・・。
その時写真のように、上に逃げていく蜘蛛の姿を発見、ビートルで糸を切ることにより、タランチュラが一定時間、ひっくり返ることが分かりました。
倒し方を分かりかけても、止めコマンドが出ていることに気づかずやり直したり、焦りまくってやり直したりと、さんざん苦労しましたw。
ビートルで糸を切る、Bボタンで解除、Bボタンでビートルを戻す、Aダッシュで近づく、Zボタンで注目、リモコンとヌンチャクを同時に振る
作業としてはこんな程度なのですが、人間焦ると何もできなくなりますね…。

・・・何かいるーーーー
zelda-sky10.jpg
次なる中ボスは三首の髑髏でした。
名前をファイに聞いたのですが、すっかりど忘れ・・・。
まあ、虫型じゃないだけ、精神的にもすごく楽ですね。
倒し方も三首を同時に破壊するだけと、非常にわかりやすかったです。
回転斬りが一番楽かと思い試しましたけど駄目・・・素直に横切りしてしまえば、あっさりと倒すことができました。

さて、記事が長くなって来ましたので、細かいところは省略。
ボス戦、ギラヒム
zelda-sky11.jpg
ゼルダを襲った竜巻はこいつだったんだな・・・うん。
魔族の長、魔族の目的が分からないな・・・うん。
きざったい野郎でむかつく・・・うん。
爆弾があれば、爆死狙えるのに・・・うん。

最初のボスの癖に、まさかの二段階ありました。
一段階目は剣を構えている方向から攻撃すると、取られてしまいます。
剣を左に構えたら、こそーり右に持って行き、切ったりしていました。
たまに剣を奪われることがありますけど、投げて返してくれるのでやさしいですねw。
ダメージを与えてくる攻撃自体が少ないので、適当にやっていれば勝てそうです。

二段階目は相手も剣を装備、一騎打ちです。
攻撃種類は三段階。
ビットを飛ばして遠距離攻撃、横に逃げていれば自機狙い弾は当たりません。
リンクのすぐ後ろに悲しみのベガワープ、Zボタンで注目して剣を振るのみ。
構えてアバンストラッシュ、タイミングよくシールドしてシールドカウンター。
・・・正直、最後の攻撃以外ダメージを食らうパターンがないですw。
アバンストラッシュだけはタイミングずれると、シールドゲージが大幅に減りますので、盾破壊されたら後が怖そうでした。
ゼルダのボスはスカイウォードソードでも、弱いみたいですw。

聖地に到着したけれど、そこにゼルダの姿はなく・・・。
次なる聖地、オルディン火山に向かったみたいです。
リンクはゼルダのストーカとなり、山へと向かいます。

フィローネの森 

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

フィローネの森といえば、トワイライトプリンセスでリンクの故郷になる森でした。
まさか、それがスカイウォードソードにも出てくるなんて・・・。
道中で敵に囲まれていたゴロン族を助けつつ、フィローネの森へ入りました。

マップを見ると、どことなく面影が残っています。
中央にあった巨大な湖の存在はどこにも残っていませんが・・・。
精霊が存在した湖は形もそのままで残っていますね。
今はまだトアル村の後地には行けない模様、先にフィローネの森のイベントを終わらせてしまいましょう。

キュイ族探し。
長老の話を聞くと、ぼけた振りしてさり気なくキュイ族の安否を確認するように誘導されたわけです。
キュイ族は尻尾から葉を出して、隠れる照れ屋さん
回りの草むらを切ると、ちょこちょこ歩いて他の草むらに懸命に隠れようとしていました。
zelda-sky8.jpg
・・・何この生物、可愛い。
鳴き声も可愛い・・・出てくる作品、ポケモンと間違ってないですか?w
何とかしてゲットする方法ないかな。
ともかく他の2匹のキュイ族を探すため、ダウジングを駆使して、探し回りました。

4匹全てを見つけ終わると、長老からパチンコをゲット!
初めての飛び道具、弓はまだまだ先なのでしょう。
道具の使い方はリモコンの後ろにあるBボタンで使うようになっていますけど、これは慣れるまで時間かかりそうです。
これまでのゼルダと違い、道具を持ち替えるのも時間が止まらないので、もたもた交換することができなくなりそうですね。
これで、森の奥にある、ゼルダが行った天望の神殿に入ることができます。

・・・その前に一旦スカイロフトへ戻って、虫取り網を購入しておこうかな。
せっかく森にいるんですし、いろいろな虫をゲットできそうですからw。

大地へ 

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

雲の狭間から、大地へと降り立ちます。
元々バテン・カイトスの先入観があったため、封印されている大地はかなり荒廃しているだろうと予測していました。
しかし、予想は180度異なったもので、森が繁っている自然豊かな土地でした。
ゼルダのはじめのダンジョンが自然系である法則はまだ続いている模様です。
人の手が入っていない土地なのでしょうか。

降り立った先は封印の地と呼ばれる土地。
何とも重々しい名前ですね、そういえば何故封印されているのか、分からないけど。
螺旋状になっていて、クレーターの中央部に石版が埋まっています。
目的地はあそこかな。

戦闘、デクババ
デクババといえば、時のオカリナで初めに合う敵ですね。
つまり、ゼルダでいうザコ敵
チュートリアルにも使われ、デクの棒の取得用にされているザコ敵中のザコ敵
大事なことなので三回いいました。
私もデクババなら弱いだろうと、慢心しきって攻撃をしかけたのですが・・・。
初ゲームオーバー、おめでとうございます!
いやぁ・・・まさか、この私が・・・。
ゼルダ未プレイですらなく、ゲームの経験者と自惚れているこの私が・・・。
デクババなんかに殺されるなんて、夢にも思いませんでしたw。
スカイロフトで空き瓶は他に使うだろうと、薬を買わなかったのがここで仇になりましたね。

今回のデクババはなんと攻撃が効きにくいようになっています。
後々気づいたのですが、口の形によって、縦切り、横切りを使い分けなければ、攻撃が入らないようになっているみたい。
道理で、いくら攻撃しても剣が弾かれるんですね・・・。
スカイウォードソードの発売前情報でも、闇雲に剣を振っていてはダメージを与えられない。
とは聞いていたのですが、まさかデクババに採用されているなんて、思いませんでしたw。

中央部の石版に、スカイウォードソードの溜め攻撃を当てて、封印を解放。
妖精ナビィと同じ位置である、ファイがダウジングの使い方を教えてれくました。
剣の方向によって、ゼルダと関係がある物を文字通りダウジングする機能みたいです。
剣をいろいろな方向に回して見ましたが、反応する箇所は壊せる壁の中など、今は行けないところもありました。
近いうちにボム袋をゲットできるのかもしれませんね。
結局、行き先は下りの時は閉まっていた扉の内部でした。

もうそろそろダンジョンと構えていましたけど、まだまだ先。
ここは一族の末梢が住んでいる家なのでしょうか?
zelda-sky7.jpg
時のオカリナにて空飛ぶ絨毯の上でボムチュウを売っていた、おじいさんじゃないですかw。
子孫とはいえ、かなり重要な立ち位置を確保し、ただの商売人から出世しましたね・・・。
ここの洞窟はまだ行けない箇所があったので、後々来ることになるのでしょうか。
次なる行き先はフィローネの森と、導いてくれました。

・・・うん?フィローネの森

攫われた姫 

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

ゼルダに騙され、またもや紐なしバンジーをさせられる結末。
何の構えもしていないのに、いきなり後ろから、どんなんてひどいw。
いきなり円の中に入れなんて、無理な話ですw。
円の外側で無様に落ちたリンクさんでした。

ゼルダといちゃいちゃタイム、空を飛ぶデートですか。
厨ニ病を発症するゼルダさん・・・いや事実でしょうけどw。
黒い砂嵐に飛ばされ、ゼルダは行方不明となりました・・・。
ゼルダは生死不明、リンクはゼルダを探しに行く決意を固めます。
ここで、ようやく勇者の服に着替えました。
この緑色の服を見ると、ようやくゼルダって感じがしますねw。

深夜、謎のゾーラ族っぽい人に導かれて、リンクは寮を抜け出しました。
道中では、ミーちゃんそっくりの猫が豹変して襲いかかってくるシーンが・・・正直、びっくりしましたw。
まさか、ゲポラ校長が敵だったなんて…
たどり着いた先は、神殿の内部でした。

台座に刺さっているのはスカイウォードソード
今回は退魔の剣、マスターソードではないみたいですね。
後々ゲットできるかもしれませんけど。
上に構える仕草が結構判定が難しく、探さなければならないのが億劫でしたw。
リンクとゼルダ、その大いなる運命によって導かれていることをファイに教えられました。
ゼルダの伝説はここから始まる・・・。

これからは自由に鳥で飛べるようになりました。
島を出られるようにもなりましたので、光の柱に行く前にいろいろと旅をしていました。
中には竹を切ったり、カボチャのスープを飲んだり、シャンデリラを落としたりw。
風のタクトの大海原並の広い広いフィールドマップです。
それでも移動に飽きないで、空を気持ちよく飛んでいるだけでも気持ちよくなってきますね。
騎士団の方が飛んでいるのを見かけると、近寄りたくなりますw。

美しいスカイロフトの夜景
zelda-sky6.jpg
街の溢れる光、天を貫くオベリスク、満天の星空。綺麗・・・
ゼルダとのデートスポットにどうですか?、リンクさん。

これなんてエロゲ? 

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

鳥乗りの儀、直前にて相棒である紅い鳥がいなくなってしまったリンク。
鳥を探して、広場へと向かいます。
・・・鳥、鳥って何かいいニックネームでも付かないのかな。
エポナでもいいけど(蹴。
幻の種族紅族、後々の伏線になりそうなのでよく覚えておきます。

ギドが初登場、悪ガキ三人衆みたいな感じ。
とりあえず・・・髪の毛がすごいことになっていますねw。
zelda-sky3.jpg
メガホーンでも使えそうな、とんがりっぷりです。
汚物は消毒だ!
ゼルダに片思いしているらしく。
仲の良いカップルとなっているリンクを目の敵にしているのでしょう。
鳥乗りの儀では優勝者にゼルダとふたりきりの儀式があるので、優勝を狙っているもよう。
リンクの鳥さんを隠している犯人に間違い無いですね。

どうやら、隠した場所は滝の裏の洞窟に。
コウモリが出るらしく、護身用の剣を借りていくこととなりました。
剣術道場でまずはチュートリアルから始めて行きます。

wiiモーションプラスを使ったリモコンを振るシステム
・・・すごいです、剣を振った方向にリンクの剣も同じように動いてくれます。
縦に振れば垂直斬り右上から左下に振り下ろせば袈裟斬り前に押せば突きに。
細かく判定してくれるので、実際に切っているように感じられますね。
回転斬りはリモコンとヌンチャクを同時に振るアクションに変わっていました。
前記事に書いた元気ゲージを消費するみたいで、トワイライト同様に何度も使うことができませんでした。

洞窟にて初めての戦闘です。
敵に合わせて、切り方を簡単に変えることができるので、自分で判断しなければなりませんw。
縦切り、横切り、めんどくさくなったら安定の回転斬り。
今はまだただのザコ敵なのですが、戦闘だけでも楽しくなってきます。

洞窟を抜けた先で、鳥にのってやってきたゼルダと再会
Aダッシュした後、後ろからとことこ走ってくるゼルダは可愛らしいですねw。
捕らえられている鳥さんを発見、救出することができました。

初めての飛行操作ですが、これが以外と簡単でした。
リモコンを傾けて左右の方向転換、上昇するにはリモコンを上下に振る、下降しつつ加速するにはリモコンを下に下げるだけ。
エポナの人参ゲージみたいな、鳥ゲージをAボタンで消費して、その場でダッシュすることもできます。
うーん、風になびかれて気持ちがいいw。

鳥乗りの儀
成人の儀式と同じような意味合いで捉えていいのでしょうか?
逃げる黄金の鳥から、トロフィーを早く奪った者が優勝です。
分かりやすいルールで助かります。

バドの妨害を受けつつも、一回で優勝しました。
・・・バドが先に取ることあるんですか?w
コツは狙いを定めて一旦上昇した後、加速。
3ダッシュで捕まえられる範囲まで入るのが重要でしたね。
喜んで飛び降りてきたゼルダをお姫様抱っこでお持ち帰りするリンクさん。
結婚の儀式でしたっけ、これ?w

リオデジャネイロの石像を女神象に変えたような石像の手のひらで、ゼルダとの儀式を行います。
・・・儀式といっても嫌らしい意味じゃないよ!
トロフィーを渡し、ゼルダのパラシュールをもらいました。
ほんのりいい臭い・・・って、お前もギドと同類か!(ギドはクンカクンカしようとしていました。

儀式の最後に行わければならないこと・・・。
ゼルダはほんのり頬を染めてリンクと息が触れ合う距離にまで近づき、問いかけました。
zelda-sky5.jpg
・・・ドキドキ。

新たなゼルダ 

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

早速買ってきました。
wiiモーションプラスを持っていなかったので、定価8800円の限定版の方を購入。
ゼルダのイラストが入った金色のリモコン+が付いて来ました。
オーケストラコンサート曲を聞きながら、記事を書くことにしましょう(作業進まないんですけど・・・。

最近、同人ゲームやネトゲの記事が続きましたが、ようやく商業用のゲームのプレイ日記を始めます。
ゼルダの伝説は時のオカリナ以降、据え置きゼルダのみ、プレイ済みです。
ゼルダらしいゼルダということで、スカイウォードソード、本当に楽しみにしていました。
オープニングムービーを見ただけで、鳥肌が立ったぐらい。
それどころか、何も悪いものを食べていないのにお腹を壊したぐらい、ワクワク状態でしたw。

空に浮かぶ島、厄災から守るために浮かばされた・・・。
バテン・カイトスのストーリーを思い出しました。
そして、MHをやっている方なら誰もが思い浮かべたのではないでしょうか?
ハプルボッカさんw

いつもどおり、寝坊助のリンクさんから始まります。
始まりは学生寮みたいな建物でした。
食堂、トイレやお風呂場まで、完備。
こんな細かなところが、世界観を作るので、嬉しいですね。
zelda-sky1.jpg
トイレに座るリンクさん、●REC
洋式で立ち上がると自動的に流されるから、意外と高性能なのかも。
ただし、お手洗いはバケツですがw。

グラフィックは風のタクトとトワイライトプリンセスを足して2で割ったような感じ。
勇者の服を着ていないので、まだリンクらしさが感じられませんね。

システムのチュートリアルから始まります。
Zボタンでの注目やBダッシュならぬAボタンでのダッシュ機能。
今作は重い物を持ったり蔦を登っていると、がんばりゲージが減っていってしまうみたいです。
言うまでもなく、ゲージがなくなると一定時間動けなくなってしまいますね。
ゲージの回復力は早いので、待たされることもなさそうでした。
そういえば、最初のハートが6つもありますね。
事故も少なくなりそうで、助かります。

黄色い髪で前髪を切り揃えたゼルダ登場。
まだお姫様って感じはしないで、わんぱくな村長の娘さんみたいです。
リンクとゼルダが幼なじみのような、お似合いのカップルのように見えました。
リア充から始まるのは、初めてではないでしょうか?
ゼルダは紐なしバンジーならぬ、鳥なしバンジーを強制する辺り、かなりハチャメチャみたいですw。

そして、ゼルダの父親の村長さん。
こんな顔であったw
zelda-sky2.jpg
ゲポラ校長と聞いて、嫌な予感はしていたんですけど・・・。
まさかの怪鳥ケポラゲポラが擬人化。
主に眉毛と髭に面影を残していますねw。

リンクは自分の鳥を探すため、広場へと向かいます。

東方怪奇談 

東方怪綺談、ノーマルクリアしました。
紅魔郷の一つ前なので、やはりシステムや難易度はwin版以降の東方シリーズによく似ていると感じました。

怪奇談の特徴はなんといっても背景でしょう。
一面では洞窟に入る絵も描かれており、ストーリーを展開させています。
しかし、綺麗な背景が弾幕と混じってしまって、かなり見辛くなるシーンもありましたね。
touhoukaiki-1.jpg
背景と被る苦無。
動いていると、擬態化してしまって非常に危ない、ボム安定にしていました。
最も、片方側を潰す場合がほとんどなので、ここまで拡散させられることは少ないです。

三面ボス、ロリスことアリス。
touhoukaiki-2.jpg
背景は山や川と、地球のような風景が眺められます。
都会派というよりは、魔界も田舎ですよねw。
アリス・マーガトロイドと違い、人形ではなく妖精みたいな奴隷を操っているように見えました。

4面ボスはマイとユキ、二人がボスで倒したほうによって分岐する珍しいシステムです。
弾幕では追尾してくるレーザーが初見殺しで、抱え落ちさせられてしまいましたw。
まずはBGM裏切りの少女が聞きたかったため、マイの方を倒してみました。
すると・・・
touhoukaiki-3.jpg
小傘のようなレーザーを回す弾幕。
小傘と違い、回る寸前にも当たり判定があるので、レーザーから離れていないと、もれなく事故ります。
初見プレイではノーコンでここまで、苦手なレーザーで全てを落とされました。
・・・これからは先にユキを落とすことにしました。

6面ボス、神綺様。
クリアしたときは、戦う前まで2ボム、6残基残っていたのですが…。
しつこく追尾してくるへにょりレーザーに、何度も落とされましたw。
ボムで消すことができないし、回避できないし、win版にはない種類の弾幕で、難しかったです。
白蓮の大魔法「魔神復誦」の元ネタがこれでしょう。
touhoukaiki-4.jpg
白蓮との大きの差は左右の幅が狭い狭い…。
そして、見づらいので、どこまで動けるかがはっきり分からないところですね。
しかし、この紫色の大玉は、こいしの表象「弾幕パラノイア」と同じように、判定がすごく小さく設定されてます。
真ん中でちょこちょこ避けていれば、意外と当たらないものです。
最後の神綺様の弾幕は、途中までと比べて簡単なものになっていますねw。

これにて、旧作ノーマルを全部クリアできました。
Exも封魔録はあきらめモードですけど、せめて怪奇談、アリスぐらいは倒したいと思っています。

東方幻想郷 

東方幻想郷、ノーマルクリアしました。

正直、今までプレイしてきた東方の中で、一番簡単な作品だったと思います。
最初始めた時、低速が解除できない自体が起きてしまっていて、高速モードなしの低速縛りでプレイしました。
そのハンデがありながらも、まさかの一発クリア。
・・・とはいっても、幽香の極太レーザー、マスタースパークが詰んでいたぐらいで、プレイ自体に支障は少なかったですけどねw。

低速が解除できなかった原因は、JoyToKeyの方にありました。
封魔録と同じ設定をしていたので、パッドの十字キーにキーボードの矢印を当てていたわけです。
幻想郷ではもうパッドの仕様がついているので、すでに十字キーで移動できるようになっていました。
つまり、パッドを一回押すだけで同時に二回移動コマンドが押されるような状態になっていました。
何か低速移動ができなくなるような理屈ですけど、実際には低速移動しかできなくなっていましたねw。
後で、十字キーの割り当てをなくせば、不具合無くプレイすることができました。

少しやりづらいのは、幻想郷についているパッドの機能を移せないことですね。
win版以降の私はPS2コンで、△が低速、◯がショット、☓がボムにしています。
しかし、旧作では△がボムとなっているため、△に低速を当てることができないのです。
仕方なく、R1に低速を当ててプレイしていました。

紅魔郷から2つ前の作品、もうかなりwin版に近い仕様となってきました。
レザマリは紅魔郷と同じ、点灯するレーザーですw。
touhougensou-3.jpg
ついでに、幽香の分身とレーザー。
本家の極太レーザーは撮るのを忘れてしまいました。
ほとんど魔理沙のマスパと同じなので、ラーニングした推測されているのがわかる気がしますw。

しかし、風見の付かない幽香さんはカリスマ性皆無。
6面ボスの中でも最弱だと感じました。
touhougensou-2.jpg
はじめ見た時は驚いてボムりましたけど、実は円の中が安置。
どことなく、八意永琳や幽谷響子の弾幕を思い出しますね。

黒歴史魔理沙さん、夢時空だけではなく幻想郷でも笑っていたんですねw。
touhougensou-1.jpg
っふ、っうふ、うふふふふふふふふ
ちょうどボム時の光景が重なったので、撮って見ました。
レーザーが邪魔をしているのが残念ですw。

東方夢時空 

東方夢時空、ノーマルクリアしました。
自機は魔理沙、初回プレイで一発でしたので、東方でも簡単な方だと思います。

夢時空のシステムは、win版以降では花映塚の元となった作品です。
touhouyumeziku.jpg
私は花映塚のノーマルがクリアできていないので、システム等はあまり詳しくないのですが。
大きな違いはゲージを使う技で弾幕が消えず、ボムを持っていることですね。
花映塚ではC2を利用してどんどん弾幕を消すことができますが、夢時空では2つしかないボムで逃げ延びなければなりません。
つまり、気合避けが重要となってきそうです。
まあ、夢時空の方が弾速が遅いので、避けやすい感じではありましたね。

夢時空のBGMは旧作の中でも最も好きです。
リーインカーネイションを始めとして、空白少女や東方妖恋談など、名曲ばかり。
ゲームをプレイする前でBGMが一番好きになった作品なので、win版しかやったことがない人も是非聞いてほしいななんて思います。

封魔録でもそうなのですが、私はJoyToKeyを使って、パッドに当ててます。
PS2コンで言えば、◯ボタンをショット、☓ボタンをボムに。
このようなスクリーンショットを撮るときでも、L1ボタンにALT+Ctrl+F9の同時押しに設定しておけば、簡単にwinshotで撮ることができるので、非常に便利です。
夢時空では低速はありませんが、shiftを仕込むこともできますね。
・・・書くことがないからパッドのことを書いて、記事稼ぎ乙。

神様のカルテ2 

夏川草介作「神様のカルテ2」を読ませて頂きました。

理屈とか全てを吹き飛ばして、ただ面白いとだけ言いたいですw。
紙を捲るスピードが収まらず、本を借りてきてすぐさま読みきってしまいました。

愉快な個性あふれる登場人物には、愛着が湧いてきます。
主人公栗原のセンス溢れるニックネームがそれを強調してくれますねw。
大狸先生、お大狐先生、大蔵省・・・。
その中でも、ハルや次郎に加わり、栗原がNNを付けない人物、タツが登場しました。
さすがの親友と言うべきでしょうか、やはり気を許せる仲間だったのでしょう。
エリートだったはずのタツがどうして信州に帰ってきたのか。
物語の展開にわくわくしました。

最後は、悲しい物語で締めくくるのに。
読み終わったときには、悲しみが吹き飛び、清々しい気持ちが残っているのは不思議な気がしますw。
憲武、御嶽山。
私も山登りは好きなので、いつかは登山してみたいです。

「良心に恥じぬということだけが、我々の確かな報酬だ」

東方封魔録 

東方封魔録、ノーマルをクリアしました。
自機は防御靈夢でした。

東方プロジェクト第二段。
初の弾幕シューティングゲームとなる封魔録。
win版以降の東方に慣れている、ゆとりな私にはかなり慣れない部分が多かったです。
靈夢の当たり判定が大きめに設定されているので・・・。
win版のようにグレイズしようとすると、まず被弾してしまいますね。
また、低速移動が実装されていないので、細かな避け自体がしづらくなっています。
それでも、東方の基本的な部分は同じですから。
相手の弾幕を回避して、危なくなったらボムを撃つ。
終盤での緊張感は、win版の東方と同じく、楽しめました。

旧作のストーリーは、原作とは、雰囲気が異なっています。
huumaroku-satoka.jpg
里香との戦闘前会話では、ずっこけたり。
明羅の戦闘後会話では、埋めようとしたり。
赤魔理こと、魔梨沙は「キャハハハハ」と笑ったり。
全体的にノリが高い印象がありますw。
・・・ゲームオーバーでは靈夢が火あぶりにされたり、黄色いスライム漬け(?)にされたりと、かなりブラックな内容になっていますけどねw。
霊夢「ひ~~~~~~~~~~」

弾が非常に見にくいのも特徴的。
huumaroku-2doutyu.jpg
靈夢の攻撃弾幕が四角い赤、敵の目玉からの攻撃が丸い赤、背景までもが赤。
相手の弾幕を見失うと、危険なのであまり動かないほうがいいかもしれないです。
逆に4面道中では、至近距離から小さな弾幕が自機狙いで放たれるので…。
見づらく見てからでは間に合わないので、弾が飛んできたと仮定して、動き続ける必要が出てきます。

とにかく、事故りやすいのが封魔録。
huumaroku-mima1.jpg
明羅、魔理沙、魅魔、ボスの位置が非常に近いのがかなり厳しい。
弾の速度もやたら早い上、喰らいボム猶予がないので、弾が近づいてからボムを打とうするとだけでも、事故りやすくなります。
幸いエクステンドがかなり多い(合計、自機10基ぐらいにもなる)ので、事故らずどれだけボムゲーにできるかが、攻略の鍵となりそうですね。

クリアした瞬間。
huumaroku-mima2.jpg
最後の最後で事故りました。
私自身、終わった・・・と思って、悔しく膝を叩いたぐらいですw。
でもピチュってからゲームオーバーになるまでの間に魅魔様のHPがなくなったみたいで、超ぎりぎりでクリアすることができました。
まさに奇跡w。
むぁ~、怖かった。

成績。
huumaroku-ed.jpg
後ろの成績よりも、右にいるちょっとふとましい霊夢が気になりますねw。

exは・・・うーん、どうしましょうw。
動画だけ見たのですが、通常でも細かな弾幕をボムのみ逃げ続けてきた私には、到底クリアできる難易度ではなさそうですね…。

レンジャー終了のお知らせ 

剣と魔法のログレス

今日のメンテナンスより、職業バランス調整が行われました。
事前に告知された内容だけではなく、プリーストの反応改善やクリティカルの計算、などが変更されていました。

我が本職であるレンジャーはどう変わったのか。
結論から述べますと・・・
終わりました

今までクリティカルは数値の大体2%ぐらいの確率でした。
34の数値で、大体68%ぐらいの体感はありましたね。
今回のアップデートで下方補正がかかり、体感、数値=1%の確率ぐらいかな。
大幅に落とされていることが分かりました。

これにより、ファイターは火力が上がっているため、物理弓のみ威力がメンテにより、随分と下方補正されました。
基礎命中率が上がると告知されていましたが、実際に上昇したのは・・・たったの5。
おまけ程度ぐらいの命中率で、何が変わるのいうのでしょうか?

新スキルは癒しの風、コスト3、回復量70。
プリの補佐ぐらいになる程度で、器用貧乏の称号は促進されたようです。
・・・これがバランス調整?w
よっぽど運営さんはレンジャーが嫌いなのか、レンジャーを使ったことがないのか、問いたくなりますねw。


プリーストは、ナイトヒールの回復量が130に変更されたことで、現在の必須職から外されそうですね。
新スキル、リザレクションはコスト5という、使い勝手が悪いもの。
他の職業(弓以外)は強化された中で、プリーストは停滞と言った感じです。
せめて、ヒールの上限を挙げて欲しかったですw。

他にも変更点はヘイトの仕様が変わったみたいで。
マジシャンなどの全体攻撃にヒールよりもヘイトが取りやすくなったみたいです。
これは良調整かな、以前のようにマジシャンばかりのPTでは、ヘイトが移動しやすく、ナイトさんもかばりにくいでしょう。
しかし、これは弓にも、とばっちりをうけていることを忘れては行けませんね…、
マジに火力が劣る風弓も、終了ということなのでしょうか。

もう当分はアップロードされないと思いますけれど。
弓にゲージ上昇を速めるような全体バフスキルなど、PTに必須のスキルがつくことを祈っています。
もはや、火力職とは言えない職業となってしまいましたから。 ▼追記を読む(コメント返答)▼

VS鈴仙・優曇華院・イナバ 

東方人形劇プレイ日記 ver1.812 非公式「神霊廟パッチ」 宇佐見蓮子バージョン
ネタバレ注意です。

とうとうラスト。
チャンピオン戦、ライバル:マエリベリー・ハーン戦との決戦です。
BGMはやはりというべきか、メリーとの関わりが深いネクロファンタジアとなっていましたね。

相手の先発、輝夜は素早さが高くないので。
優位タイプであるレミリアで削り、チルノのなみのりで弱点を突いて、止め。
順調な滑り出しで、バトルは始まります。

厄介な綿月姉妹は・・・。
dolls-mirrorcoat1.png
dolls-mirrorcoat2.png
はいはい、困ったときのミラーコート。
豊姫の時はまさかのリアルタスキでしたw。
主人公自機らしさで、見事に働いてくれました。

また、攻略のキーとなったのが、八意永琳でした。
さとりのトレースでわかったのですが、特性は自然回復。
つまり、状態異常を受けると、相手はカケラを代えてくるわけです。
よって、一発耐えることができる幽々子で眠らせれば、さとりの無償降臨が可能でした。
dolls-akubi1.png
この状態ですでに相手はあくび状態。
幽々子を捨てることになるので、このターンを回復に費やしていると、相手のダストシュートが外れました。
これで、永琳が睡眠状態に。
もう一回、交換よみのあくびをすることで・・・。
dolls-akubi2.png
出てきた、相手の切り札、鈴仙にHIT。
ここで幽々子様はご退場、何度も元気の欠片で使いまわすことになります。
死に出しで出すのは、言うまでもなく古明地さとり。
dolls-akubi3.png
安全に想起成功。
ドーピングや回復アイテムによって、倒すことができます。
四天王戦MVPはどうみてもさとりですねw。

初の殿堂入り。
dolls-dendou.png
エンディングを迎えました。
まだこれから4-7の島に行けますし、伝説の3鳥を無視しているので、まだまだ人形劇は続きます。

調整メンテの予想 

剣と魔法のログレス

11/17日に行われる職業バランス調整の内容が公開されました。
実際に調整が入る前ですが、どのような影響がでるか予測してみました。

火力職
ファイターの物理攻撃力強化は単純に大きいでしょう。
パワーチャージの威力が大幅に上がることになります。
スキルのスタンバッシュは、弓のスローショットのお株を奪うことになりそうですね。

現環境の最高火力職であるマジシャンは属性強化の計算式が変更されることが、どちらに転ぶか。
バフスキルの効果がより実感されるということは、属攻の威力は二次関数を描きそうな予感。
そうなると、トラスト系の威力がさらに上がることとなりそうですね。
追加スキルはウエイトタイマーを軽減する、クイックワールド。
今でさえ行動待ちターンが多いというのに、さらに複雑になりそうですねw。
どうして弓ではなくマジシャンに実装した

私の本職であるレンジャイこと、レンジャーの強化はというと・・・。
基礎命中率が向上。
・・・それだけ?w
現環境でも弓は命中率を上げるバフスキルのおかげで、命中率は困っていなかったり。
アローレインが全弾当たるような、命中補正がかからないと、意味がなさそう。
最低の火力職だったレンジャーは調整でも、火力面の上昇は一切なし。
これはまたレベル上げで肩身が狭くなるかもw。
せめて、クリティカル補正を・・・
新スキルは全体を回復する「癒しの風」。
魔攻があまり高くもないレンジャーでどれだけ回復するのか、コストがいくつなのかも気になるところです。
タゲを取ってボコられるレンジャイが後を絶たなくなるかも。
状態異常に全体回復、よりボス戦特化に向いた職業となってきた印象です。
器用貧乏になりそうですけどw。

後衛職
プリースト
リザレクションの追加が大きいでしょう。
一人死んでしまっても、プリーストで復活できるのはマスター相手に重宝すると思います。
こちらも弓同様に、ボス特化に向いてきた印象がありますね。

ナイト
今でも必須職の癖に、一番バランス調整の恩恵を受けそうです。
ネタスキルが多かった攻撃スキルの強化により、火力も上がり。
ヒールの回復量により、耐久面も向上。
ソロでもさらに戦いやすいクラスとなってきました。
回復量次第ですが、プリなしので、「盾魔魔魔魔」パーティが組めるかもしれません。
弓もネタスキルばっかなので、強化してください


実際に実装されたら、どうなるかはその時になってみないと、わかりませんけどねw。

VSかいりゅー 

東方人形劇プレイ日記 ver1.812 非公式「神霊廟パッチ」 宇佐見蓮子バージョン
ネタバレ注意です。

四天王戦、続きです。
つぎはおばけをエキスパートとするキクコ戦。
妖夢や幽々子といった白玉楼の面々など、幽霊キャラが出てくるのでしょう。
ポケモンでゴーストがゴーストタイプの技が弱点と同じように、おばけもおばけ技が弱点なので、これまで安定だった先発幽々子作戦は使えなさそうです。

相手の先発はルーミア。
タイプ相性のいいレミリアで削り、霊夢で止めという形でした。
二人目は一番の苦手意識を持っていたS妖夢が登場…どうしようかなと迷いましたが、これまでどおりの作戦で。
さとりでコピーしてしまいました、運が良いことに妖夢は1ターン目剣の舞をしてくれました。
剣の舞で攻撃力二段階の妖夢同士、当然おばけ技であるシャドーダンスで一撃。
同速であるはずの素早さを運で勝ち、こちらには無傷、剣の舞状態の妖夢をコピーしたさとりのみが残されました。
幽々子様もぬえも妖夢の素早さを抜くことができず、シャドーダンスだけで4タテw。
dolls-kikuko.png
パルシィのみ、のろいと剣の舞の積み合いとなりましたが、一閃が急所に入ってくれましたw。

次は変態チートさんで有名なワタルです。
いつぞやの記事で述べたように、神道がドラゴンのようなタイプをしていたので、霊夢や早苗といったような、巫女オタクで来るのかと予測していました。
しかし、予想は斜め上どころか、次元自体が異なっていたような、見当違いだったわけでして…。
dolls-manda.png
まさかの擬人化w。
先発の幽々子は弱点だった炎技の大文字で焼き尽くされてしまい、リセット。
ふっ、ドラゴン相手なら素早く威力の高い氷技を持つチルノがいるから、楽勝!と勇んで、チルノを先発にするも…。
氷タイプが弱点ではなくなっていました
\(^o^)/

ポケモン界で暴れるドラゴンタイプがとうとう氷タイプを克服、まさに天下無敵のドラゴン集団となりました。

ぼーまんだ自体は相性がいい霊夢を駆使し、レミリアで止めと二体がかりでなんとかなりました。
次に出てきた「がぶりあす」は幽々子のあくびが成功、キクコ戦と同じように剣の舞状態のがぶりあすをさとりがコピーすることに成功し、「りざーどん」や「ぎゃらどす」を抜くことができました。
そして、相手の切り札たる「かいりゅー」戦。

コピーしたがぶりあすで素早さを抜くことができず、またこれまでの威嚇で攻撃を元に戻されていたため、がぶコピーさとりも敢無く撃沈。
再び、元気の塊で復活させた幽々子であくび攻撃、弱点技である大文字をしてこなかったのが相手の敗因でしょう。
dolls-kairyu.png
再びコピーして、万全の体制。
しかし、ここで素早くカイリューの目が覚めてしまいます。
相手の特性は「かそく」、さとりがコピーをしても恐らく相手のほうが素早さ1段階、勝られているでしょう。
レベルによるHP差により、さとりは相手の先制技である神速で確2でした。

それなら最終手段・・・PPなくし!
dolls-hiling.png
相手の神速がなくなるまで、すごい傷薬を連打しました。
汚い?レベル差埋めるためには仕方ないこと!
・・・ご覧のとおり、もはや後がなかったので、急所が物凄く怖かったですw。
カイリュー同士の接戦は回復アイテムのおかげで、なんとか勝つことができましたとさ。
▼追記を読む(コメント返答)▼

VSてんし 

東方人形劇プレイ日記 ver1.812 非公式「神霊廟パッチ」 宇佐見蓮子バージョン

四天王戦開始です。
まずは、氷のエキスパート、カンナ戦。
レミリアと霊夢が弱点なだけなので、PT全体ではそこまで苦手ではないタイプかな。
先発は幽々子様。
あくびがあるので、一回耐えてくれるだけで、仕事を果たしてくれます。

まさかの旧作キャラ登場。
dolls-mai.png
裏切りの少女、マイ。
名曲勢ぞろいの怪奇談の中でも、かなり好きな曲ですね。
困ったときのミラーコートで一撃で倒してしまいました。
320ダメージの反射ダメージですw。

相手、切り札は洩矢諏訪子。
dolls-suwako.png
さとりに諏訪子を想起させて、すごい傷薬。
同キャラ戦に持込、回復と状態異常でゴリ押しする戦術を取りました。
麻痺らせて瀕死状態にしたら、攻撃力の高いチルノで止め。
いつもどおりの作戦でした。

次、シバ戦。
格闘タイプは人形劇には存在しないので、地面タイプのエキスパートなのでしょうか?
苦労したのは比那名居天子戦。
dolls-tenko.png
鋼タイプはらめぇ!弱点だらけ。
素早さもチルノより早く、さとりですら、がんせきほうで一撃。
原作では反動つきなのに・・・絶望に陥りそうでした。
何度かリセットして、光明を見出したのは、幽々子様でした。
ふゆうで地面タイプを無効化できるので、一発耐えてあくびで眠らせてくれます。
後は、さとりでコピーして、眠っている間に倒してしまいました。
・・・もう少し幽々子のレベルが高ければ楽なのにw。

最後の萃香戦も。
dolls-AAsuika.png
相手の最も強い天子をコピーしただけあって、楽々。
やはり、変身は強いですw。

甲殻終わりー 

剣と魔法のログレス

ようやく、虫の甲殻が集まりました。
rogureus-koukaku40.jpg
サブのプリ用で、合計40個。
中には転職用も含めて、合計100個集める強者も多いみたいで・・・・私はそこまで割り切ることができませんw。
本職のスロウショットと、サブのエクスキューショナーが使えるだけで、十分かなと思います。
・・・もう虫の顔は見たくもありませんねw。

スキルの使い勝手はというと。
スロウショットはアクティブを遅らせることができるので、レンジャースキルの中でも優先度は高くなるでしょう。
パワーシュートやハートブレイクショットと違って、発動確率が高いのも魅力的ですね。
エクスキューショナーは、回復がメインとなるプリでは微妙ですねw。
3コストが大きい割に、魔防を下げる発動率は低め、デバフ期間もかなり短いですし。
ヒールに余裕がある低レベルモンスターとのバトルで使い道が出てくる程度でしょう。

話は代わりますが、スターター装備であるトバイバル装備を強化したら、すごいことになりましたw。
roguresu-kuridora.jpg
まさかのトラストクリティカルドライブlv2。
この胴装備だけで+15なんて、凄まじい上昇率ですw。

lv26時のステータスはご覧のとおり。
roguresu-sute26ren.jpg
クリティカルがさらに伸びることになりました。
いまいちなのは、命中率かな。
レンジャーには命中率を補えるバフスキル、「集中」で補うことができるので、後回しにしていました。
今目指しているのは、下半身装備のコアですね。
ひたすらコアを詰め込んで、スペシャルの羽吹雪、孤独のプレリュードを探してみようと思います。

やるクエもなくなり、レベル上げしかやることがなくなりました。
レンジャーは誘ってくださる方が少ない点で悲しいですw。
本鯖で見かけた方、PTに入れてやってくださいw。

VSゆゆこ 

東方人形劇プレイ日記 ver1.812 非公式「神霊廟パッチ」 宇佐見蓮子バージョン

全てのバッチが揃い、チャンピオンロードへと進みます。
栄光ある道中のBGMを飾るのは、亡き王女の為のセプテット。
雰囲気、出ていますね。

チャンピオンロードのトレーナーがまたまた強い強い。
特にエリートトレーナーがやばい・・・一回戦うだけでポケセンに戻る必要があるぐらいでした。
初代のチャンピオンロードは最寄りのポケセンがトキワシティにしかないので、往復するのが大変です。
まあ、どこぞのバージョンみたいに、チャンピオンロード最後で強いトレーナーとイベント戦にならないだけ、ましかな?w

私のパーティで最大宿敵は妖夢。
dolls-Chyoumu.png
恐らくタイプは鋼、おばけ。
おばけで弱点をつかれるのは、アリス、幽々子。
鋼で弱点をつかれるのは、霊夢、レミリア、チルノ。
・・・と、弱点をつかれすぎて、かなり厳しいです。
鋼タイプすら苦手意識を持っているというのに。

チャンピオンロードにて、ようやく最後の一人、幽々子が進化。
dolls-yuyuko.png
永夜抄では鈍足機でしたが、意外と速さも高そうですね。
ただし、メイン技はかげうち(おばけ威力70)という弱さ。
四天王戦では、あくびによる睡眠攻撃の補助が仕事となりそうです。

これで、PTが完成。
dolls-temoti.png
一番弱そうな、チルノが一番高いというおかしなことになってますw。
チャンピオンメリーのレベルはどのくらい高いんだろう…。

アイテムを買って、準備万端。
dolls-zyunbi.png
こんだけ買っておけば、大丈夫・・・のはず。
四天王戦、がんばってみます。

判別表 

剣と魔法のログレス

私が勝手に偏見で考えた、ステータスで見る地雷判別表誘う時に注意する点。
相手のステータス画面では、補正が含まれていない場合もあるので、注意。
ステータスの数値だけでなく、装備を確認することが大事です。

ファイター・・・命中率
ダメージ効率が大きく関わってきます。
特にエルネの森以降は顕著に差がでます。攻撃力だけを上げるのは物足りないかな。
強い人はトラストヒットドライブやハードヒッドリングなどで、補っていました。
パワーチャージ3を使う場合は、さらに重要な値となるでしょうね。
・・・レンジャーですらトラストヒットドライブが欲しいと感じますね。

レンジャー・・・存在自体が地雷属性追加攻撃の有無(風以外)
なければ、レンジャーの特異のスキル、状態異常攻撃を活かして戦ってくれるでしょう。
また、風はダメージアップに繋がるため、悪くはないと思います。
でも、高価なトラストエアロドライブの魔弓に入ってしまった場合も考えられますので、それぐらいは見過ごしてあげたいですね。
ここ最近、プリになってからというもの、レンジャーさんの地雷率がやばいです。
甲殻集めで、終盤、自分が少なかったからかPT全員で分ける、って言い出した弓さんもいましたし…。
私自身は喋りながら楽しくやりたいタイプなので、ネタでアローレイン連打したりするのは別に大丈夫なんですが、マナーに関わるだけはやめて欲しいですね。
レンジャイレンジャイ馬鹿にされているぐらいなので、もっとレンジャーの質が高くなることを祈ってます。

マジシャン・・・属攻
トラスト◯◯ドライブを持っている人なら大丈夫でしょう。
各属性を持っていなくても、得意の属性だけで大ダメージを稼いでくれます。
エルネ森以上のマジシャンさんは全員と言っていいほど、持っていて普通に強いです。
さすがは最高火力と言われている職業だからでしょうか。
弱い人はほとんど見かけないです。

ナイト・・・属性防御
ボス戦で重要、属性防御の高いナイトさんは頼れます。
特にトラスト◯◯レジストを装備している方なら安心、全属性を集めている方がほとんどです。
しかし、この項目だけは場合によりけりかも。
ウッドエージェントでは物防の方が大事だったりするので、一概には言えなさそうですね。

プリースト・・・反応スキル
プリーストは装備が重要ではない職業だと思っていますが、反応スキルだけは外す必要があります。
理由はナイトさんのかばうが、反応スキルによって邪魔されてしまうからです。
まあ、単なる知識の差なので、防具を外したり、パッシブを抜くだけで解決できてしまうから、地雷とまでは行かないでしょうね。
最も、ソロ時や低レベルのモンスター相手、ナイトさんが居ない時には、応急手当を入れることもあるので、相手の状態を確認することも忘れずに。


以上でした。
元レンジャーだけあって、私は火力募集においてマジシャンのみの募集ではなく、ファイターやレンジャーを誘うことも多いです。
できるなら5職全種を揃えたほうが楽しいですしねw。

VSレミリア 

東方人形劇プレイ日記 ver1.812 非公式「神霊廟パッチ」 宇佐見蓮子バージョン

マサキの拉致されて、1の島へ連れて行かれることになりました。
1-3の島のBGMは・・・私の期待を裏切らない物でした。
街ソングは、まさかの旧作から、隠された名曲、「永遠の巫女」アレンジ。
道中では、「End of Daylight」
絆の森では、かの有名な「Bad Apple!!」
どれも不思議と、雰囲気がぴったしなんですよね。
まさに名曲揃い…。

まずはストーリーをクリアしていきましょうか。
暴走族に絡まされている村を助け、絆の森へ。
原作では、幼女マヨにロリーパーが襲っていたのですが・・・人形劇では・・・。
dolls-sakuya.png
二次創作でレミリアかわいいよ状態で書かれる事が多い、咲夜さんでした。
鳴き声がスリーパーになっている辺り、製作者の作為が見え隠れしますw。
しかし、こんなナイフが浮いていたら、本当の意味で危険ですね。

咲夜を捕まえてみたら、専用技を覚えていました。
dolls-theworld.png
まさかの10割氷w。
命中率が55%とかなり低い値、歌うと同じ程度になっていますが、5割以上の確率で凍らせるならば、初代の吹雪三割氷をも上回っています。
・・・原作でもこういう優秀な技があれば、重力パが組めるんだけどなあw。

絆の森では、出現キャラは永遠亭勢でした。
中ボスだからという理由は分かるんですけど、こんなほいほい因幡てゐが見つかるなら、幸運としての有難味がなくなってしまいますねw。
藤原妹紅を探していたら、まさかの輝夜の色違いが出現しました。
dolls-kaguya.png
炎髪灼眼・・・だと・・・。
輝夜を育てても良かったのですが、やっぱり輝夜は日本美人の方が似合う気がしましたし、何よりタイプがアリスと被ってしまうので、やめることにしました。
予定通り、最後のメンバーはおだやかな幽々子様に決定。
これから必要な秘伝マシンは随時、メンバーに覚えさせていくことにします。

カントーに戻り、最後のジム、トキワジムへと足を進めます。
トキワジムのトレーナーが多いので、幽々子のレベル上には最適。
内心、攻撃の努力値が増えていくんだろうなと危惧しつつ、気づかない振りをしてレベルを上げていきました。

さすがに幽々子のレベルを上げることができず、サカキ戦を迎えます。
サカキ自体が相当強かった・・・。
初手萃香で砂嵐状態にしてくる砂パ。
しかも、タイプ相性がはっきりわかっているわけではないので、誰と相性がいいのか分からず、何回かやり直してパターンを拾っていったものです。

サカキ戦の切り札はレミリア。
dolls-Aremi.png
レベル差があっても、加速状態のチルノを素早さで抜くことができなかったもようで。
紙耐久ぶりを発揮し、アイスボール一発で落ちてくれました。

僅か三日 

剣と魔法のログレス プリースト育成日記

サブキャラ、プリーストが三日でランクAに到達しましたw。
レベルは20、メインのレンジャーと比べると、恐るべき速度で進んでいます。
それほどやり慣れてしまったってことでしょうか。

プリの面白さはやっぱり緊迫感にありますね。
ボス戦ではプリが死んでしまったら、パーティは全滅します。
皆の回復を担う重要なポジションなので、責任は重大。
しかーし、悪魔キルギム戦。
roguresu-purikirugimu.jpg
バタンキュー
結果として、お手伝いでしたレベルの高い弓さんと戦士さんのおかげで、倒すことはできました。
実はこの時トラストアースレジスト装備を忘れてしまい、属性攻撃に押されてしまったのです。
・・・どうみても、地雷プリです、本当にあり(ry。

現在、ギルドコールでグリフォンとナイトメアケルピーのクエが出ています。
メインの弓で参加してもいいのですが、せっかくですし慣れたいプリで参加しました。
グリフォンは全体攻撃が一度もしてこず、倒すことができたんですけど。
ケルピーの全体攻撃が非常に辛く、回復が間に合わないので勝てませんでした。
私自身のダメージも多めで課題は盛りだくさん・・・まだトラストウォーターの防具を見つけることができていません。
市場には何故かトラストフレイムばかり陳列されているんですけどね…。

今のレベル20は面白いほど、プリだらけ。
プリかぶりすることが多く、逆にナイトさんが少なめの印象があります。
まあ、どちらも必須クラスなので・・・今、ナイトをプレイしている方は需要が多く、引っ張りだこにされているのかもしれませんねw。

ああ、回復役ってやっぱり面白いです。
私はやっぱり献身的な職業の方が似合うみたいw。
ドラクエ10はβテストの募集がそろそろ始まるみたいですね。
もちろん応募してみるつもりですけど、抽選では当たるのが難しい気がします。
プレイできるとしたら、ドラクエ10の職業は僧侶にしたいと思いますw。

蒼炎19章-20章 

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 ラグズ縛りプレイ(ラグズ強制出撃)

第19章 託されしもの
鴉王ネサラのステータスが初めて分かることで印象に残るマップです。
初回プレイでは鳥獣族で話しかけたら攻撃してこないことを利用して、ネサラを落としてしまったものですw。
この時は、ナイトリングの存在を知りませんでしたw。

ナイトリングを取るまでが大変なマップ。
初ターンから鴉が襲ってくるため、鴉も殺さないように尚且つ鴉にも殺されないように進まなければなりません。
鴉は飛行ユニットなので、壁が機能しにくいのも辛いところ。
リュシオンには攻撃してこないので、我が軍で危険なのはミストぐらいですけれどw。

速攻で行きました。
2ターン目にはリュシオンの再行動を利用して、ガトリーをネサラの攻撃範囲まで進軍させました。
ネサラは攻撃ではなくウインドの二回攻撃を仕掛けてくるので、逆に楽になっていますねw。
3ターン目にヤナフで会話、3ターン目の敵フェイズでネサラとリュシオンが会話。
souen-knight.jpg
ナイトリングさえ手に入れてしまえば、簡単なステージとなりますね。

友軍ユニットになった鴉。
一羽だけリュシオンの後に付いてくる鴉が・・・
souen-tori.jpg
鴉「ニンゲンなんかに護衛が務まるか!俺が守る!」
みたいな感じで、可愛らしい鴉だなあ・・・と思っていましたけれど。
HP1の状態だったので回復して欲しかっただけでした・・・なんという現金な鴉(#^ω^)。

第20章 ダルレカの攻防
ここで、サザさんカンスト。
ステリセしたこともあって、優秀です。
souen-saza.jpg
多少なり、ドーピングで補正後です。魔防とHPを一回使ったのみでした。
幸運は暁に引き継ぐと25まで落とされた覚えがありますので、このままでいいでしょうね。
暁の序盤でがんばってもらうことにしましょう。

ここは、ジルの父親、シハラムが出陣してくるマップですね。
初回プレイでも、ジルで話しかけたら寝返ってしまい、ジルを倒さずクリアした覚えがあります。
結果として、ジルは戻らず、その先のハールも仲間にすることはできませんでした。

難易度的には最初の方に乱戦に持ち込まさせられる可能性があるので危険。
此処に来て、ラグズ中心のPTではめんどくさいと思えるシーンはありますね。
蒼炎でのラグズゲージは減りやすく溜めにくいので、なかなか戦わせにくいです。
最も、ミスト以外の耐久値が皆さん異常なので、たかがハードではゲームオーバーになる要因が見つかりませんけどw。
・・・やっぱりマニアックの方が面白かったかなあ。

プリ 

剣と魔法のログレス

名声カンスト、レベル上げしかやることがなくなったレンジャー。
・・・それならもう1キャラ作ればいいんじゃないか!
ということで、2キャラ目を作って来ました。

今度は♀、プリースト特化キャラです。
転職に値段がかかるという不評を数多く聞きますけれど、2キャラを作ってしまえば転職しなくても自由に使えます。
あの苦痛な名声作業が降り出しに戻るというのは辛いかもしれませんねw。
名前はFE、聖戦の系譜から「ラケシス」にしました。
他にお気に入りの回復役がいなかったのと、一発でFEとわかる名前にしたかったことが理由です。

昨日、午後から初めて・・・。
気の合う方と狩りさせて頂くことができましたので、一気に進みました。
何もなし、lv1からの状態で。
ランクFから、ケルピー諸々含めてキークエ全てクリアして、ランクC。
耐性を上げるためのマジシャンをレベル10まで。
メインのプリーストをレベル16にまで一気に上げることができました。
さすが、二回目というのは早く進みますねw。

プリーストは、ナイトの庇うの恩恵を受けるため、反応スキルはタブーとされています。
ライトリチュアル系を鍛えるときには、反応スキルが出てくること自体、怖かった・・・。
結果、頭以外の補正を+3にしたとき、反応スキルは0でした。
運が良かったですw。

その中でも、結構な良スキルを持つ装備も。
roguresu-purirityu.jpg
睡眠耐性15%。
ナイトメアケルピー戦やモリモリキノポ戦では、全体睡眠攻撃を持つので、PTが全滅する恐れも出てきます。
その中で、プリが睡眠耐性を持つことができれば、保険になるかな・・・と。
最も、ナイトさんが復帰しなければ危ういので、キュアスリープ、欲しいところですw。

VSもこう 

東方人形劇プレイ日記 ver1.812 非公式「神霊廟パッチ」 宇佐見蓮子バージョン

ブリッジや双子島への道中。
ひたすら、霊夢のレベル上げでした。
lv5からなので、交換しながら戦わなければならないし、めんどくさいですw。
だから、プレイ時間の割にはあまり進んでいません。

水路では、トレーナーがよく水ポケモンを出してくれるので、比較的上げやすかったですね。
まだタイプの優劣を全て把握したわけではありませんが、神道は炎や水、風には強いみたいです。
ポケモンでいえば、まるでドラゴンみたいですねw。

回り終えたら、グレンタウンへ。ポケモン屋敷の攻略へと移ります。
この時点で、霊夢はレベル30越え、ようきな性格だけあって、野生ポケモンからは楽に逃げられるようになりました。
野生ポケモンは、無人発電所が紅魔館だったように、地霊殿メンバーが勢ぞろいでした。
霊烏路空を捕まえられたものはいいものの、最後まで古明地こいしを発見することができませんでした・・・。
さとり普通に出てきていたのに・・・バージョンの違いではないかと、推測しています。

グレンジムへ。
ジムにしてはトレーナーの数が多く、また戦い易いので、レベル上に最適でした。
此処に来て、ようやく博麗霊夢が進化。
dolls-reimu.png
主人公機体らしい、満遍なく高いステータスです。
しかし、メインウエポンがたまなげとなんか情けない技w、威力は40×2で悪くはないんですけどね。
夢想封印とか、専用技あったらいいんですけどね。
タイプのしんとうは、炎水雷を半減と、ドラゴンらしいタイプで、非常に使い安かったです。

ジムリーダーカツラ戦。
相手のレベルが圧倒的に高く、熾烈な戦いとなりました。
切り札たるAうつほは、火力だけ高くて耐久値は低めのステータスなのか、落とすのには苦労しませんでした。
基本的には削って、止めは素早いチルノのなみのりって流れでしたね。
dolls-Vsmokou.png
おかげでチルノだけ、頭を一つ抜くレベルになりました。

次の1~3の島です。
どんな東方キャラがいるのでしょうか。

VSパチュリー 

東方人形劇プレイ日記 ver1.812 非公式「神霊廟パッチ」 宇佐見蓮子バージョン

なみのりが使えるようになりました。
これで行ける範囲が拡大します。
まずは、分布からレミリアや咲夜が出現する、無人発電所へと向かいました。

紅魔館メンバーから一人育てるつもりで。
咲夜、レミリア、フランから、いい性格が出たものをどれか育てようと思っていました。
数匹ゲットして、育てると決めたのは、このかけら。
dolls-sremi.png
やんちゃなレミリア。
レミリアらしい性格で、使いやすい攻撃力上昇の性格ですw。

次はグレンタウンへ。
道中のトレーナーはレミリアへの食事にしてしまいました。
そこで化石を復元してもらいました。

正直、レミリアを育てているので、霊夢はパーティに入れなくてもいいや、とレポートも書かず、すぐに復元してしてしまいました。
それなのに、出てきたのはこの性格。
dolls-sreimu.png
陽気な霊夢・・・なんというぴったしな性格なのでしょうかw。
これは育てざる負えない・・・まあ、相当レベルが低いので、レミリアの後になりますけどね。

後はレベル上げをしつつ、ストーリーを進行させていきます。
シルフカンパニーで、ロケット団撲滅。
複雑な地形であっても、原作で何度もやっているため、カードキー及び休憩所の場所は覚えていました。
まずはカードキーをゲットして、2Fから順に全ての階層を踏破していきました。

途中でレミリアが進化。
dolls-remi.png
お嬢様に失礼ですが、チルノと同じく、攻撃型なステータスですね。
最も、チルノより耐久値が格段に上ですけどw。
シルフカンパニーが終わったら、霊夢のレベル上に切り替えるとしようかな。

ライバル戦。
ジムリダ戦が強すぎるせいか、どうもインパクトのないライバル戦ですw。
dolls-toreceyoumu.png
妖夢ごと剣の舞をコピーした、さとりが暴れてくれました。
サカキ戦も何事もなく、クリアー。
マスターボールと同じルナボールをもらって、シルフカンパニーを後にしました。

ヤマブキジム。
エキスパートはエスパー、人形劇でいうこころタイプです。
こころに強い、レミリアとさとりがいるので、一般トレーナーは楽々、霊夢の経験値にすることができました。
さて、問題のジム戦、ナツメ戦です。

レベルだけでもなく、AIの性能も鋭くなっています。
四季映姫に対して、アリスを出すと、さとりに交換してきたり、なかなか厄介な相手。
相手の切り札はレベル49とこれまでカケラよりも、ずっとレベルが上がりました。
dolls-vspatye.png
一度はリセットさせられましたけど。
ライバル戦と同じくして、瞑想を詰んださとりを、さとりがそうきで変身して、ゴリ押ししました。
補助技ごとコピーしてしまう変身はやっぱり使いやすいですね・・・。

残りの育てる枠は後一つ。
個人的には眠らせる技が欲しいので、おだやかな幽々子にしてしまおうか迷っています。
1の島に行って、新しいカケラを確認してから、考えようかな。

VSひな 

東方人形劇プレイ日記 ver1.812 非公式「神霊廟パッチ」 宇佐見蓮子バージョン

シルフスコープの入手のため、カジノのロケット団のアジトへ。
相手のレベルは20代、レベル差が10以上とサクサク進んでいきます。
此処まで来たら、早くなみのりを入手して行動できる範囲を広げたいから、レベル上げを考えず、無双していきます。

シオンタウン、ポケモンタワーでも同様。
特に何も特記することもなく、終えてしまいました。
後は最上階で、時間をかけてポケモン探し。
図鑑にポケモンタワーが印されているから、妖夢や幽々子が出てくるまで粘っていました。
なかなか出現してくれなかったけど、ゲットできたのは、プリズムリバー三姉妹、レイラ、妖夢、幽々子。
初ゲットの性格が幽々子の場合、穏やか。
幽々子らしい性格で性能も悪くないことから、育てても良かったのですが、まずはなみのりゲットを優先させてしまいました。

サイクリングロードではトレーナーを無視して、完全スルー。
セキチクシティに到着。

まずはサファリーゾーンでポケモン探しです。
四季映姫や小町など、新しいカケラばかり見つかりました。
最初見た時は、何かと思いびっくりしましたw。
dolls-horai.png
まさかの、アリスの蓬莱人形でした。
波乗りの秘伝マシンを入手した後でも、結局は上海人形が出現せず・・・。
サファリーゾーンで一緒に出てくるのでしょうか?

5個目のバッヂ、原作では毒のセキチクジムです。
この人形劇では、ジムリーダーがなかなか強く設定されていて・・・。
dolls-hina.png
如何に、相性がいいアリスがいても、かなりぎりぎりの試合でした。
マジックナイフが二回しか当たっていなかったら、負けていました・・・。

VSとよひめ 

東方人形劇プレイ日記 ver1.812 非公式「神霊廟パッチ」 宇佐見蓮子バージョン

タマムシシティに到着。
BGMは「明日ハレの日、ケの昨日」・・・素晴らしい選曲。
元がシューティングゲームとは思えない、ゆったりとしたアレンジ。
ついつい手を止めて、聞き惚れてしまいますねw。
一回デパートのジュースを買って、ヤマブキシティに入ろうと初代的なミスを犯しましたw。
タマムシシティのマンションでお茶をもらわないといけませんでしたね。

ヤマブキシティ内にある格闘道場。
何のポケモンがもらえるのかなと、期待して道場破りします。
お弟子さん達はレベル30代、ここらでもまあまあなレベル。
こちらのレベルが大体35付近なので、レベル差が少なくなったなあと思いながら、ポケセン通いで倒して行きました。
一番最後で戦うこともなる師範も、大体その程度のレベルだと思い、後一人なら回復しなくてもいけるだろうと踏み、突撃しました。

師範はもらえるポケモンを出してくるので、何のキャラかと思ったら・・・
dolls-yorihime.png
エエエエエエエエエ(;゜ロ゜)エエエエエエエエ
いきなり月のチート、綿月姉妹。しかもレベル差がひどいw。
直前でセーブしてないよ(エミュ機能は当然縛ってます)、どうしよう・・・。
考えても殴るしかないわけで、とりあえず氷の拳を選択。
当然、綿月依姫の方が早いですが、開幕剣の舞→れいとうパンチが当たる、少し減る。
どうみても勝ち目がないです、本当にありが(ry、と諦めかけていたら、加速発動。
次のターン、先手のこおりのパンチで、氷漬けになってくれましたw。
結果、溶ける前に押し切ることができました、まさに運ゲ乙・・・。

次、豊姫。
加速状態のチルノで、もう一度氷漬けを狙うものの、そこまでうまくいくはずがなく即死。
ん?流星群? 特攻が下がっていく技なので、もしかしたらがんばれるのではないか・・・。
まずは道中で捕まえておいた、文を使って砂かけ。
依姫と違い、おっとり系からか、素早さはそこまで早くないみたいです。
さらに、レベルの高いアリスで鳴き声で攻撃力を下げたりしておきました。
さて、勝負はここからです。

こちらには、レベル差をなくす技を持つさとりがいるので、すぐさま変身しました。
dolls-toyohime.png
流星群の応酬。
打ち合いになれば、こちらには間違えて購入した回復アイテム、ジュースがあるので、ゴリ押しできてしまいます。
運に助けられながらも、なんとか倒すことができました。

もらえたポケモンは綿月姉妹の進化前。
豊姫の方を選択しましたが、綿月姉妹が好きというわけではないので、育てることはしません。
続いて、タマムシジムに向かいましょう。

ポイズンボディを持つメディスンに対しては、チルノではなく、オーロラビームを持つアリスに任せていました。
途中にて御三家がようやく、進化してくれました。
dolls-aliceM.png
ステータスが攻撃=素早さ 防御=特防と対照的な形になってますw。
早くはないものの、固めの特殊タイプ。鈍足アタッカーの立ち回りでしょうか。
自タイプ一致技がマジックナイフに頼っているので、もっと安定するメイン武器が欲しいところです。

エリカ戦。
こちらの方がレベルが高く、氷飛行タイプのチルノがいるので、楽々です。
dolls-minorikoD.png
ピキーン。
タイトルにもされなかった秋姉妹ェ・・・。
レベル差が激しくなってきたので、ここらでもう一人仲間を増やしたいところですね。


ランカー昇格 

剣と魔法のログレス

11月となりました。
ログレスがオープンにされ、大体一ヶ月近くが経過しましたね。
初めて、ギルドの月ランキングが定められました。

公開当初から始めていた優位さもありまして、ランキング入りすることができました。
roguresu-rancer.jpg
シルベリーランク、17位ー。
こつこつ、ギルドコールをがんばってきたおかげです。
ルーキーから、ランサーに昇格しました。

さて、ギルドからの報酬は何かというと・・・。\デデーン/
roguresu-rancarclass.jpg
これは酷い☠
ツッコミどころ満載。
ギルドコールのみだと、一ヶ月かかるようなGPを要求され、しかもこの性能。
対した性能ではない上に「稀にしか能力がつかない」って何なんですかw。

参考までに、一つ下のランクは・・・。
roguresu-A.jpg
どうやら、500GPの差とは、スライムガードとビーストガードの差らしいです。
報酬を期待していたら、ゴミ同然の物で、お金まで要求されたみたいな、感じですねw。
城下町の大臣も似たような物でした。
ギルドとは何だったのか。
・・・もう、ギルドコールはやんないですw。

進行状況はといえば、名声40000カンスト達成しました。
キークエは「砂漠の呪いを解く儀式」
キングモスコアダークグリフォンコアゴーレムコアの納品。
・・・赤コア3つとか、無理に決まってるじゃないですかw。

ギルドコール、クエストも途絶えることになってしまい、今はレベル上げしかすることがなくなりました。
虫の甲殻集めは、後たったの5個。
これだけ、集めきってしまいたいなとは思います。
でも、少しログレスをやりすぎていた事もあって、少し休憩しようかな。
またやりたくなったときにやる感じで、いつもどおり、ゆっくりペースに戻そうかと思いました。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 09月 【24件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー