≪ 2012 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2012 08 ≫
2012年07月の記事一覧

ホエルオー育成 

ポケットモンスター ホワイト2 ブラック2

ホエルオーの育成論です。
旧作のポケモンは夢特性によって、強化されてきました。
これはホエルオーも例外ではないと思います。
メロメロを防ぐ「どんかん」は使い物にならないし、やけどを防ぐ「みずのベール」が範囲は狭いけれど、どんかんよりはマシなので、選ばれることが常となっていました。
ホエルオーの夢特性は「プレッシャー」。
pp値を削るだけの特性で強そうではないかのように思われるでしょうけれど、DP時代から使ってきた私のホエルオーの型にはぴったしでした。
hoeruo0.png
DP初期時代から何も変わっていない技構成です。
のろいとどわすれから、防御と特殊防御をあげてしまって、完封を目指すようさいクジラ型
対戦していると何を警戒しているかは自ずとわかりますが、ホエルオーを見た人はこだスカしおふきを警戒する人が多いみたいですね。
ヤドランやハピナスに交換してきて、積みの起点となる場面も。
特に3:3では、ホエルオーの対策ができておらず、3タテできる場合もありますね。

では、プレッシャーになって何が強くなったのかというと・・・。
耐久積み型の弱点である急所の回数を減らすことができます。
実はこれが非常に大きい。
威力120を誇るインファイトや逆鱗などのメインウエポン、優秀なサブウエポンで急所に当たりやすい特徴を持つストーンエッジはPP値5。
ポイントアップ分を含めても、たった4回の攻撃で削りきることができます。

具体的には、よく使われるこだスカガブリアスの逆鱗
さすがに受けることはできませんけれど、わんぱくホエルオーはのろい補正込みで超高乱数2発です。
のろい→ねむる→のろい→のろいorどわすれ→ねむる
によって、逆鱗のpp値をなくして交換を誘い、のろい×2、どわすれ×1の素ねむり状態へとなります。
ここまで積んでおけば、タイプ一致弱点技を使われない限り、眠るループが成立できますね。
ほかにも一撃必殺の回数を減らしたり、弱点のギガドレインを削りきれたりと、要塞クジラの名前に相応しい特性だと思いますw。

もちろん、耐久積みの弱点は盛りだくさん・・・。
はまれば強いけれど、あるポケモンがいるだけで出せなくなることが多いです。
こだスカこだメガトリック、挑発、かわりものメタモン(おそらくステロでもない限り、交換連続でpp負けする)、ちょすいやよびみず、イカサマetc。
のろいとプレッシャーのおかげで、積み型対積み型に強いのは評価できますね。
竜の舞は防御があがる時点で有利、蝶の舞はどわすれの方が早い、ただし、剣の舞だけは追いつかないですw。

それでも、ホエルオー独自の強さを得られるのは嬉しいですね。 ▼追記を読む(コメント返答)▼

幻想妖 18話19話 

幻想少女対戦妖 ver.1.0.5 魔理沙ルート

第18話 紅の館に手を出すことは
妖怪の山の戦力に対抗するため、仲間集めに走るために。
霊夢達は慧音のつてを辿って、迷いの竹林へ。
魔理沙達は紅魔館に要請を求めることになりました。

魔法使いトリオの一人、パチュリーへ。
幻想少女対戦の世界では、この三人の仲がいいのが特徴ですね。
ただ、引きこもりのパチュリーは協力してくれないみたい・・・。
速く魔理沙、アリス、パチュリーの三人を育てたいのになあ。
gensenyou-3.jpg
・・・いろいろな意味でアウトw。

諦めて紅魔館を去ろうとした時、天狗の偵察勢がバレました。
この天狗たち、まさに鼻が天狗になっているようで、相当うざいですねw。
これにはプライドの高いレミリアもいらいら。
幻想少女対戦紅と同じように、格下の相手には自分で戦わないレミリアです(単に太陽の下に出たくないだけ?
代わりに咲夜と美鈴を貸してくれるみたいです。

咲夜はやはり普通に強いですね。
曲がフラワリングナイトとなってBGMがよくなったことも加えて。
技量が高く技のクリティカルが高いので火力が高く、気合120以上で発動するプライベートスクウェアは確立で完全回避できるので防御面も安心です。
ただ、中途半端な回避と防御では辛く、気合が貯まるまでが辛いところです。
今作は追加された技能に、毎ターンパワーを+3する気分高揚があるので、安定して挙げられるようになりましたね。

第19話 突入! 秋の霊山
霊夢達が連れてきて仲間たちと、魔理沙達が連れてきた仲間たちと合流。
大妖精やチルノ、ルーミアなど、前作では仲間になっていたキャラですね。
やっぱり、印象に残るのは慧音が連れてきた藤原妹紅。
だって、永夜抄のexボスですよ・・・。
こんな簡単に仲間になってしまっていいのかって思える程、カリスマキャラですねw。
鳳凰天翔など、炎を扱う妹紅のスペルカードは、東方キャラの中でも随一のかっこ良さを誇り、幻想少女対戦ではぴったりなキャラなのかもしれませんねw。
PVで見た時には、必ず育てようと思いました。

さあ、風神録のやり直し。
まずは一面ボス、秋姉妹との再戦ですね。

昨夜ルートで仲間になったこまち、旧作からのくるみ、エリー・・・仲間になるキャラ増えすぎですw。
いやー、本当に育てたいキャラばかりになって大変。
どれもこれも音楽がいいので、戦闘させたいキャラばかりになってますw。
gensenyou-4.jpg
前作のボスだったら、エリー・・・。
曲にカリスマがありすぎて、セリフと顔グラが合ってないかなw。

秋姉妹の合体攻撃・・・閃きを使えば簡単にボーナスWPをゲットできてしまいますね。
どちらか一方を倒すと、もう片方が撤退してしまいますので・・・。
無駄に同時撃破をがんばろうと調整して、幸運+霊撃で倒してしまいましたw。

幻想妖 16話 17話 

幻想少女対戦妖 ver.1.0.5

ずっとやりたかったゲーム、とうとう買って来ました。
幻想少女対戦紅から引き続いて、プレイしていきます。
心配していた推奨スペックですが、win7でも正常に起動できています。
ただし、ドラクエⅩが発売間近なので、一旦途切れることになってしまいそうですね。

第16話 再訪
紅魔異変から月日が経ち、秋となりました。
妖ということで、白玉楼の異変となる・・・はずなんですが。
まずは、風神録異変となるみたいですね。
「再訪」とは、東風谷早苗が博麗神社を乗っ取るために訪れることでした。

ここでは、ストーリーとは関係ないスペルカードバトルでした。
妖精達チルノ相手のチュートリアル含めた遊びのバトルでしたね。
引き継いでいるため、魔理沙とアリスのレベルが異様に高く、無双して終わりました。

早苗の挑発に乗って、妖怪の山へ侵入しに行きます。
風神録の始まりですね。

第17話 神の棲む山
進撃準備画面です。
正直、この引き継いだデータは適当にスキルを付けたので心配だったんですけど・・・。
新しいスキルが採用されたのと同時に、全てリセットしてくれたみたいで助かりましたw。
アリス、魔理沙、霊夢はグレイズポイントがすごく溜まっていたので、振り分けるのが大変でした。
そのスキル補正も後々紹介できたらいな。
まずは、初回プレイなのでいろいろなキャラのレベルを上げてみたいとおもいます。

風神録第一面、秋姉妹との闘いです。
さすがは野良神様というべきか・・・正直強くないw。
精神スキルで閃きを使用しなくても、魔理沙の回避率がほとんど0%と命中率もひどかったですね。
ボーナスWP獲得条件を取得するのに、穣子と静葉の倒す順番は気をつけなければなりませんね。

※今回だけ1.0.4でプレイしてしまいました
豊穣の神様ですから。貰えるポイントの方が多いかなって。
幸運を使った霊夢で止めを刺しました。
gensouyou-1.jpg
紅でもそうなんですけど、この止め演出がかっこよくて大好きですw。

一面ボスクリア。
次は二面ボスなのかな・・・とおもいきや、天狗や河童と妖怪の山の精鋭がずらり。
精神使いきった今、これほどの大人数と戦うのは厳しいか・・・と冷静に戦局を見つめる私がいましたw。
もちろん、そんなことはなく、霊夢たちは一旦撤退しましたけどね。
gensouyou-2.jpg
戦力差を盾に、脅迫じみた交渉を行おうとする早苗。
常識さん、はやく飛んで下さい。

オーダイル育成 

ポケットモンスター ブラック2 ホワイト2

o-dan.png
龍の舞型、オーダイルです。
1舞の後、みがわりでチイラ発動させて、攻撃力2段階上昇激流たきのぼりを叩きこむのが狙いです。
HPは4n調整、身代わり3回でチイラを発動させるためですね。
個体値31努力値0振りだと、実数値160となってしまい、身代わり3回チイラ発動後、1ターンで砂嵐で死んでしまうので、避けました。

突破力はそれなりのもの。
全てのウエポンを半減される水タイプがいなければ、耐久サンダーであってもラティオスであっても抜くことができます。
オーダイル自体がマイナーの部類であって、警戒されない点が結構大きいのかも。
侮っている相手に二回舞うことができて、こだスカガブリを速さで抜いて3タテすることもできました。
物理耐久はそれなりにあるので、ノクスとのタイマンでも逆鱗を一発耐えて、龍の舞→チイラ発動冷凍パンチで返り討ちにできたりと、舞う機会は多いです。
ただし、このケースでは竜舞を読まれて相手にも舞われると、死兆星が見えてしまいますねw。

水に等倍を取るじしんや岩雪崩でも良かったんですけれど、激流たきのぼりのほうが威力が高いので、冷凍パンチにしました。
オーダイルで最も怖いのは、滝登りの二割怯みでしょう。
ランターンぐらいの物理耐久ならば、半減でも2確定に持っていけるので、ゴリ押しできてしまうことも有り得ますね。

威力はあるといっても、スカーフ相手には勝てないもの厳しいところかな。
わざわざHPを下げて激流チイラを発動しても、スカーフ持ちに簡単にもっていかれてしまうのが辛いです。
また、今回は威力を考えていじっぱりにしたため130属を抜けず、よく使われているサンダースが相手PTにいると、選出できなくなってしまいます。
(ヤドランやナットレイがいるだけでも出しづらいけど・・・特定のキャラに弱いのは詰みタイプの宿命か)
多少威力が下がってしまっても、ようきにしたほうが範囲が広がったかもしれませんね。

世界樹Ⅳ感想 

世界樹の迷宮Ⅳ「伝承の巨神」の感想です。

世界樹シリーズはナンバーが進みに連れて、進化していっていると感じますね。
初代世界樹は未プレイなんですけれど。
世界樹Ⅱは理不尽なFOEの殺戮から、Ⅲでは緩和されて手のつけやすい難易度に。
Ⅳでは、Ⅲの大航海システムを利用して、ただダンジョンを潜るだけの単純なゲームではなく、世界の中にダンジョンを配置して、よりPRGらしくなりました。
他にも、Ⅱ→Ⅲはクエストのクリアが親切になったり、Ⅳでは間違えて付けたしまったスキルを簡単にリセット(lv-2)できたりと、徐々に楽になっていっている感じがします。

これはシリーズを通しての長所なんですけど。
ダンジョンを潜っていく楽しさが、世界樹にはありますね。
敵が強い場合にはなかなか探索できないので、少しづつ探索してマップを広げていく・・・まさに冒険しているように思えてきます。
独特な言い回しでイベントが盛りだくさん。
決してグラフィックが綺麗なわけでもないのに、ここまで続いているのはこのゲーム性のおかげだと思いますね。
そのうちトルネコみたいな99Fランダムダンジョンができたりしてw。

残念なのは、もうちょっと作って欲しい・・・かな。
イベントはほとんどが文字のみ・・・ウロビトやイクサビトの集落もダンジョンと代わりがないので、工夫して欲しいです。
世界樹のストーリーが頭に入らないのはそのせいなのかも。
悪く行ってしまえば、同人ゲーム並なんですよね・・・。
正直、GBAのFEよりも工夫が少ないので、今のゲーム機器の性能なら、もうちょっと頑張って欲しいなって思います。

最後に、南の聖堂にて放置上げを行いました。
それ以上の迷宮は石化してくるサソリがいるため怖いんですよね・・・。
ローゲルと戦った9マスの部屋をぐるっと廻るように自動平面エスカレーターを配置。
後はAボタンをセロテープで固定して、3DSを充電させておけばいいですw。
カンスト値は70。
転生させることもできますけれど、私の冒険はこれで終わりですね。

sq4-13.jpg
sq4-15.jpg
▼追記を読む(コメント返答)▼

楽園への導き手 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

扉の向うで待ち受けていたのは、黒幕の皇太子。
世界樹の力をその身に取り込んで、帝国クラスのインベリアルとして襲い掛かってきました。

VS翠翼の呪皇
最初の方は超余裕。
ドライブ攻撃はイージスの守護Ⅱで完全に守れるので、他に強い攻撃は全くありません。
やばいのはHPが赤くなったぐらい(?)からですね。

イグニッション後の爆発力はやばいです。
初戦では、オーバードライブでPT全員1500ダメージ(ワユの最大HPが500程度)とか、ぶっとんだダメージを与えてきました。
まともに受けたら、ゲームオーバー・・・恐ろしい火力です。

HPが半分ぐらいになるまでは、全員スキルを温存。
バーストゲージ5ゲージを残して、オーバードライブ用にイージスの守護Ⅰを使える万全な体制を整えました。
勝負はイグニッション後ですね。

予め、毒の方陣を使っておいて・・・。
ワユはソードテンペスト、ライは閃刃、スーはシルバーアロー、ディアドラはワユにクイックステップ、ピカは通常攻撃orパーティヒール。
これを乱射していたら・・オーバードライブを使われる前に殺ってしまいましたw。
これがフォートレスのない火力PTのちからです(ドヤァ。

皇太子は世界樹の力を得て有頂点となり、崖下へ落ちてきました。
・・・本当に帝国の人のためを思って、巨人を復活させたのか疑わしくなりますね。
世界征服したかっただけじゃねーの? ってw。
そんな小物臭がします。

さあ、ラスボス、復活した巨人との最後の戦いです。

楽園への導き手
楽園?、どうしてこんな名前なんでしょうか。
楽園=天国なら分かる気もしますが・・・。

かなり厄介な相手でした。
とにかく属性攻撃の威力がやばいですね。
特に雷・・・ダメージ200がPTに何発も何発も襲い掛かるので、死者が出るほどです。
本体は両手に守られているので、ダメージを与えづらいし・・・本当に面倒くさい相手w。
その他にも、状態異常、縛り攻撃、防御力低下など、いやらしいですね。

初戦で負けてから、PTほぼ全員(ワユ意外)に雷の耐性アクセサリを装備させて、再戦しました。
両手を殺すまでは、スキル温存。
本体、両手ともに毒が効くので、ダメージを稼ぐことができます。
両手を壊したら、呪皇と同様に全力の攻撃の繰り返しですね。
1ターン溜めて攻撃してくる祈り攻撃は全防御で全員に200ダメージ。
PTヒール+クイックステップで簡単に整えることができるので怖くはないかな。
ここまで耐性を上げても威力の高い雷のほうが、断然厄介ですねw。

本体のHPを削りきったら、コアが丸出し。
此処でもフル突撃ですねw。
HPが赤になるぐらいでまた本体に赤ゲージのままで戻ったので、また倒す。
またコアがむき出し、破壊となりました。

世界樹の迷宮Ⅳクリアー!

この巨人の女神・・・両手で巫女を差し出すところを見ると、悪くない巨人なのかもしれませんね。
それならどうして封印されたのか・・・エンディングだけでは腑に落ちない部分がありますね。
ただ、エンディング後はプレイしないと思いますw。
誰かストーリー、教えてください><

クリア時のPT
sq4-11.jpg
sq4-12.jpg
最近、秘宝変えてないかもw。 ▼追記を読む(コメント返答)▼

煌天破ノ都 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

儀式により、世界樹が枯れてしまいました。
巨人を復活させる皇太子の野望を砕くため、第5迷宮「煌天破ノ都」へと行きます。
これまでと違って、第5大地はなく、第4大地に世界樹があった場所が穴となって、ダンジョンとなっていました。
世界樹の根っこのダンジョンということでしょうか。

煌天破ノ都は、大きな門が・・・。
どうやっても開かない扉、このダンジョンを潜るためには、横道から進んで行かなければならないみたい。
磁軸の奥側に、他のマップへと繋がる入り口がありました。

これまでクリアしてきたダンジョンが全てつながっているみたい。
ボス部屋の奥、石版を手に入れたあの装置がまさか扉になっていたなんて・・・誰が想像できたでしょうか?w
だから、途中でアリアドネの糸で帰っても、過去のボスを突破するだけで簡単に戻れるのは嬉しいですね。
後、進んでいくうちに、世界樹の仕組みや何故ダンジョンがつながっているのかなど、文献を得ることができます。
ここから、結構プレイが飛んでいたりしたから、憶えてないや

ギミックは各ダンジョンがさらに難しくなった感じですね。
ただし、木偶ノ文庫だけは・・・広いだけの迷路?w
敵も強くなってきたので、探索するのも大変になってきました。

金剛獣ノ岩窟
大量の鱗が行く手を阻んでいます。
まずは、ホムラミヅチの裏側にある大きな鱗を破壊しにいかないとね。
ほむほむを瞬殺してから、棒杭が足りないので、いろんなところから取りに行ったりと、めんどくさかったですw。
限りある棒杭で、先に進めるようにするためには、頭をちょこっとひねる必要がありましたね。
まあ、いつもどおり抜け道を解禁させてしまえば、此処はクリアも同然ですね。

深霧ノ幽谷
めちゃくちゃ複雑・・・。
ワープ箇所多すぎでしょうにw。
矢印記号が散乱することに・・・マッピング任せなギミックですねヽ(`Д´)ノプンプン。
こんなマップがあるから、萎えてしまうんです!w

碧照ノ樹海
懐かしい、FOEに道を開けさせるマップ。
マップは直線ばかりで、簡単簡単。
ただし、敵が強くなっているので、誘導している間にエンカウントしてしまうと、死が見えてしまうかも。
・・・同じギミックで行うのはいいんですけど、ちょっとギミックの種類が少なすぎる今作ですね。
もしかして、ネタ切れ?

全てのダンジョンのキーを作動させて、煌天破ノ都へと突入します。
ここのマップはラフレシアからどうやって逃げるかですね。
出てくる条件がよくわからないけれど、マップ上の糸に引っかかってしまうと強制戦闘することになります。
いかにラフレシアから逃げて出して、探索できるかがポイント・・・のはずなんですけどw。
私はめんどくさいので、毎回倒していましたw。
さすがは火力PTというべきか、フルスキル攻撃で2ターンで倒せました。
これによって、ただの迷路・・。
最後の方は幽谷のようなワープゾーンによって、複雑にはなってましたね。

さあ、最後のフィナーレは次記事で。

木偶の文庫 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

では、木偶の文庫を攻略しにいきましょう。
入るのも帝国の見張りをかいくぐらなければならないので大変。
他の冒険者が囮役となってくれるので、その隙間から侵入することにしましょう。

木偶の文庫。
さすがは終盤のダンジョンというべきでしょうか、長い広いうざい・・・。
特定のフロアには見張りロボがいるので、気付かれないようにスネークしていくこと。
向いている方向の直線に入らなければ、たとえ隣接したとしても気づかれることはないです。
もしバレた場合には、二倍速の機械の番犬が追いかけてくるので、速く扉の向うへ逃げないとねw。
中にはわざと発見させて、番犬をどかさなければならない箇所もありましたが・・・めんどくさいので、番犬×2、見張りロボ×1をゴリ押しで倒してしまったりしました。

2Fのクエストには、特定のモンスターを探して倒さなければならない調査クエスト。
メタルニードル二匹が全然出なくって、TPが切れるまで、ずっと戦い続けていました。
そのせいで、かなりレベルが上がってしまいましたねw。

帝国兵にも、植物が身体に寄生している巨人の呪い病にかかっている人達もたくさんいました。
その身体で皇太子を手伝うためにモンスターだらけのダンジョンへ来るとは・・・大した忠誠心です。
その割には帝国兵見ないような・・・
皇太子、そして帝国について語ってくれました。
どうしようもなく唯一の発見した道筋が、今の皇太子が行おうとしていること・・・。
皇太子を責めることなんてできませんね・・・。

3Fにはやはり待ち構えていたローゲルとの決戦。
これまでダンジョンをクリアしてきたせいか、レベルも高くなり苦戦することはありませんでした。
帝国の将軍として皇太子の忠義を尽くすのか、それとも皇太子の過ちを正すのか・・・。
迷っていたみたいですが、後者を選択、私達と共に戦ってくれるようです。
冷酷なローゲルよりも、優しそうなワールウインドが彼の本当の性格だったんでしょうね。

3F最奥部には、皇太子と巫女の姿を発見。
助けようといますが、ローゲルの裏切りにショックを覚えた皇太子は暴走。
護衛ロボ(?)との闘いとなります。

揺藍の守護者
強い・・・硬い強い遅くない。
頭が阿修羅になって攻撃してくる属性を変えてきます。
また、頭が物理攻撃バーになっていないと、こちらの攻撃がほとんどまともに入らないので、硬い硬い・・・。
唯一ダメージを与えられる砂のシルバーアローを中心に攻め立てました。

相手の攻撃はというと・・・アームミキサーとか各種の属性攻撃でPT全員に大ダメージ。
その威力はメディックを全快から一撃で殺すほどの威力・・・まじチート。
初回では完全に殺されてしまいましたが、料理補正HP+80を使って、一発耐えられるようにしました。
どうやら連続では使ってこないみたいなので、1回耐えられれば、クイックステップ+パーティヒールの世界樹お馴染みのスキルで持ちこたえることができます。
他にも全体麻痺攻撃、全員縛り攻撃をしてきたりと、本当にうざい・・・。
ミスティックのリカバリワルツとリフレッシュワルツを使用して、後衛を守るようにしていましたけど、ミスティックやメディックが三回連続麻痺で動けなかったのは、ポケモンのタワークオリティかよ!と苛ついてしまいましたねw。

スナイパーにアムリタを使い続けてなんとか撃破したら、まさかの頭だけが復活。
お前はジオングかーい!
ターンカウントし始めたので焦りましたけど、ローゲルのオーバードライブであっさりと逝きましたw。

クリアレベル。
sq4-9.jpg
sq4-10.jpg

風止まぬ書庫 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

帝国の意思は、世界樹の力を暴走させ帝国の滅亡を防ぐために、タルシス、ウロビト、イクサビトを犠牲にすること。
温厚である公爵様が激怒するわけですね。
皇太子は公爵様に対して、何かの犠牲者が出るのは仕方のないことだと説いていますけれど。
少しはもし逆の立場だったら?、を考えて欲しいところですよね。
まだまだ皇太子として未熟なところなのでしょうか。

帝国が強硬に出る以上、こちらも巫女を奪い返さなければならない。
儀式が行われる木偶の文庫へ侵入するためにも、第三段階まで上昇するため気球を強くしなければなりません。
これはもう完全なご都合主義なんでしょうけど、南の聖堂の近くにある、風止まぬ書庫にある「黒い炎(だったっけ?うろ覚え)」を奪いに行きます。
なぜそんな重要なものが城砦の外にあるかなんて、聞かないで下さい><。

ギミックは一定箇所に風が吹いているので、進めなくなっているもしくは強制的に動かされることとなります。
単純な迷路ですね。
ここで石化させてくるメタルニードルが出てくるのは怖かったです。
石化は戦闘が治っても終わらずターンでも回復しない、初代ポケモンの氷漬け状態。
全員が石化してしまえばその時点で強制ゲームオーバー・・・セブンスドラゴンでもとある竜でトラウマになってる人も多いのではないでしょうか?w
今回はメディックのピカと、ミスティックのディアドラがリカバリワルツを覚えているため、テリアカβを買わなくても済みましたね。

この風止まぬ書庫には帝国の気球が止められていたので、ボスがいるのかと思いましたが・・・。
帝国の中にも、強行反対派がいるみたいで、協力的でした。
ローゲルの部下みたい・・・やはりローゲルはこちら側に付いてくれるのでしょうか。
炎をゲットして、気球は三段階目まで上昇することが可能になりました。
今までの第一~第四大地の地図を書きに行かないとw。

本編のダンジョンに入る前にサブダンジョンをクリアしておこうかな。
南の聖堂
会談場所からぐるっと左回りに進むこととなります。
クエストクリアするためには、ボタンを追いかけなければならないため、ターン制限がありのんびりと探索することはできないですね。
ギミックはカメレオンがたまに不可視になるぐらい。
カメレオンの動きをよく見てパターンを理解すれば、避けるのは容易です。

問題はクエストボス、極彩を統べる者でした。
味方を読んで後衛に下がるためダメージを与え辛いし、透明となってカウンター攻撃をしかけてくるため厄介。
全体毒攻撃もしかけてくるため、リカバリワルツは必須でした。
取り巻きは毒で殺せるものの、透明状態となっているカメレオンにワユが双刀で二回攻撃するとカウンターで二連続入り一撃死するので、なかなか相性は良くなかったなと考えてます。
本当に毎ターン300ダメージを全体に与える毒の封陣は強いですね。

金鹿の図書館
金鹿を捕まえるクエスト。
敵対状態にして特定の場所へ連れて来れば終わり。
そこまで強くないので、二倍速で追いつかれることはありますけど、逃げるのは容易ですね。
FOEはその金鹿のみ、そのクエストを追えてしまえば、悠然と探索するのみです。

絶界雲上域 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

ストーリーに戻りましょう。
やはり裏切ったワールウインド。
巫女と巨人の心臓を奪い、第四大地へと逃亡してしまった様子。
公爵様も予想外らしく、私達エムブレムにミッションを発行。
PT一行は第四大地へと向かいました。

草原、渓谷、雪山と来てお次は・・・。
絶界雲上域、名前だけなら雲海広がる高地に思えるかもしれませんが。
そこにあったのは人工的な城壁が聳える、世界樹の木の根本でした。
大砲を持つ戦艦に囲まれて、「平和的な取引がしたい」と、こちらの代表である公爵様を連れてくるよう言われました。

取引場は南の聖堂・・・小ダンジョンへ。(帝国の城はないんですかい!?
近衛兵が魔物払いをしてくれているみたいなので、エンカウントはないみたいですけどね。
そこにはかつての冒険者の姿ではなく、鎧に身を包んだワールウインドの姿も。
帝国のスパイだったわけではない(結界を行き来できないから)はず。
優しそうな雰囲気をしたワールウインドではなく、帝国の将軍として厳格な態度を持つ本名ローゲルとなり、本当のことを語ってくれました。
帝国は大地の実りがなくなり滅びつつある、ローゲルは帝国を復活させるため結界をなんとかして抜けてタルシスへ、冒険者を装って、キーアイテム(巨人の心、頭、心臓でしたっけ、忘れました\(^o^)/)を探していたみたいです。

公爵様と帝国の皇太子との会談は破綻。
激怒する公爵様、意外だったのはその様子に驚いたローゲルですね。
裏切り行為を行ったのだから、破綻すると考えるのは当然だと思いますけれど・・・。
武力行使に出る帝国、公爵様を護衛に来ていた私達冒険者との闘いは避けられないものとなりました。
これまで一緒に冒険者として助け合ったワールウインド、ローゲルとの闘いです。(世界樹には結構ありがちな展開かな?

ローゲルは公式HPに「???」と記されていた隠しクラス、砲剣使い。
オーバードライブの攻撃がとにかく痛い・・・強い・・・。
私達は5人でこれまで冒険してきたわけですが、これ程まで強いのなら、一人で戦えたことも当然と言えるでしょうね。
これまでのウーファン、キバガミ同様に後で仲間になるフラグ。
この闘いではHPを半分下回った時点で、戦闘は終了してしまいましたけどね。

一旦、タルシスへ戻って公爵様を届けた後、対策を練りましょうか。
巫女や心臓は奪われたままなので、取り返しにいかなければならないのは確かです。

第三大地 クエスト回収 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

モノノフを仲間にすることができるようになりました。
予定通り、フィー(ダンサー)を解雇して、ライ(モノノフ)を加えました。
ライのサブクラスはソードマン。
前衛はどちらも紙耐久なので、ソードブレイカーと物理防御に補正をかけて、フォートレスの穴を埋めるような感じですね。
スー(スナイパー)のサブクラスもモノノフにしました。
敵を選ばないシルバーアローの火力を上げるためです。
現レベルで羅刹1振り物理攻撃ブースト補正ありで、シルバーアロークリティカル時が500ダメージ。
今のパーティの最高火力となりました。

lv1モノノフで前衛では、とにかく厳しいので、まずはマップの探索クエストから初めて経験値をもらっていきます。
次にボスのない金剛獣ノ岩窟での採取クエストの順番。
新しいダンジョンは更に後にして、次はボス戦をクリアしてきます。

ホワイトシザーズ討伐
二倍速の蟷螂さん、回避力も高いので厄介な相手。
ミスティックが攻撃力低下のデバフスキルを持つので、直接的な火力は問題ありませんが、厄介なのは即死攻撃ですね。
現状、リザレクトを使えるのはメディックのみ。
メディックが死んだらやり直しということになってしまいます。
また、状態異常の毒は効きにくいものの、腕縛りにできてしまえば、相手は何もできなくなるので、積極的に狙って行きました。

狒狒を統べる者討伐
森の廃坑にて、まずはノーマルの狒狒を倒して行きましょう。
数も少なく強くないのでささっと倒すことができます。
全滅させて一旦アリアドネの糸で戻って、又廃坑に戻ってくると・・・。

ガチムチな狒狒が入り口に待機してるw。
ここまで来ると、狒狒というよりもゴリラの方が近い気がします。
「絶滅な覚悟を持って・・・」と言われる程、確かに強い相手でした。
取り巻きとして読んでくる丸マジロのヒーラーボール。
これを投げつけてくると、PT全員に大ダメージを受けるに上に、狒狒の回復という。
性能がぶっとんだ、ヒールストライクが非常に厄介でした。
脳筋ゴリラの癖して回復までしてくるのはどういうことなの・・・。
イージスの守護をタイミングよく重ねたり、ミスティックの魅了で攻撃力を下げたりして、とにかく守るだけでも大変でした。

猛毒洞穴
サブダンジョンクリアを進んでいきます。
長くなってきたので簡潔に。

迷宮とは言えないような、大きな広間が2フロアあるだけの単純なマップです。
広間には巨大な毒沼を吐いて作ってくるトカゲがいます。
ボスクリア後なのでレベルが高くFOE自体は弱いので楽に倒せますけど、毒沼に入るだけで痛いダメージを受けますね。
クエストクリアの条件は、伐採場所に毒沼を作らせて、伐採することでした。

凍てついた地底湖
凍ってて、全部回れない・・・。
中央にある燭台も現在は火をつける手段がない・・・くまなくダンジョン内を探しても見つかりませんでした。
幸いにもクエストに使う純粋な氷は発見することができました。
これをウロビトの村集落に届ければクリアっと。

ポリゴン2育成 

ポケットモンスター ブラック2 ホワイト2

初めての乱数調整で育てたポケモンがこのポリゴン2でした。
どちらかというと、物理受け型。
単ノーマルパで仕事を果たすために、育てました。
厄介なのは鋼タイプなので、めざパ炎を覚えさせて、鋼受けできるようにしました。
素早さはハッサム抜き調整。
こだわり馬鹿力を耐えて、返り討ちにできるようにしています。
pori2-.png

もう少し特殊防御に振っても良かったんですけれど。
ポリ2の仕事は、物理相手に出してHPに余裕を持たせられる耐久を持つこと。
どくどくを交換よみで打てば、鋼は対抗できる炎を入れてありますので、当てやすい(根性格闘やめて、お願い!)。
毒状態にしてしまえば、相手がアタッカーなら特殊であろうと自己再生連打でいけるはずと考えました。
ポリ2にどくどくは古いという意見もありますけれど、どくどくならば、相手を突破するときにHPを最大まで回復できるという利点は大きいと思いますね。

ただ、やっぱり今作は厄介なジュエルがあるので・・・
威嚇ウインディのジュエルインファイトが飛んできたりと、倒せると思っていたポケモンでも倒せなかったりしましたね。
もちろん、普通のポリ2よりも特殊防御がやわめ。
雨パ相手には、なかなか役割を果たしにくいとは感じてしまいました。
もうちょっと防御を下げてもいいかもね。

バトルビデオ 94 50101 31028
ミミロップ ドーブル ポリゴン2VSウオッシュロトム ズルズキン ハッサム
どうみても左側の勝ち目がないように見える闘いですけれどね。
うん・・・がんばりましたw。
こだわり系のトリックで、ぐだってしまったこともありましたけど、読み合いが熱い、長期戦となりました。

▼追記を読む(コメント返答)▼

金剛獣ノ岩窟 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

サブクラスが解禁されたので、またまたPT考察。
ワユ(ソードマン)は速さを高めるためにも、ナイトシーカーに。
二刀流にするつもりなので、二刀スキルが充実してるのも大きいです。
フィー(ダンサー)はモノノフに変更するつもりなので、適当でいいでしょう(蹴。
スー(スナイパー)はシルバーアローの火力を上げたいため、物理攻撃ブーストキャラがいいな。
まだ攻撃特化であるモノノフのスキルも分からないので、後々でいいでしょう。
ディアドラ(ミスティック)は本当はルーンマスターにしたかったんですけれど。
世界樹必須スキルであるアザーズステップが欲しいので、クイックステップを覚えられるダンサーにしました。
ピカ(メディック)はルーンマスターに。
TPカット、TPブーストはTP消費が激しい回復キャラにとってはすごく嬉しいですね。

では続いて、金剛獣ノ岩窟の攻略。
ここは本当にややこしいダンジョンですね・・・。
階段が幾つもあって、生き止まりもあります。
あれ、詰まっちゃった・・・と迷いかけたことがありましたが、冷静に地図を確認したら、まだ散策していない箇所を確認できました。
しかし、レベルが低いこともあって敵が非常に強く感じます。
さらに熱い鱗を壊すのもHPが削られるので、必然的に何度も街に引き返すこととなりますね。
少しづつ少しづつダンジョンを切り開いていく、この感覚。
めんどくさいと感じる方も多いかもしれませんけれど、冒険者になった気分で楽しく思えますw。

B3Fからは、幽谷同様に、キバガミがゲストキャラとして参戦。
6人PTで進むことになります。
レベルは38・・・私の現最大レベルよりlv8も高いってどういうことなのw。
お試しモノノフ・・・普通に強いですw。
羅刹は毎ターンダメージを受けるデメリットはあるものの、火力を上げることができるスキル。
ミスティックの方陣でのHP回復があれば気にならないので、有用スキルかも。
スナイパーのサブクラスはイクサビトに決定かな。

近寄るとダメージを受ける鱗は、二枚重なっていると近寄ることすらできなくなってしまいます。
よって特にボス部屋では、壊す順番がとにかく大事。
キバガミの助言では、ボスの背後にある大きな鱗を壊すことで弱体化できるとのこと。
幸いにもボス部屋ではエンカウントしないようなので、近づいてくるボスから逃げながら、1つ壊して部屋を出るの繰り返しで、大きな鱗を破壊してしまいましょう。
壊した時にはPT全員HP1になってると思うので、一旦街に戻って決戦の準備してきましょうか。

VSホムラミズチ。
弱体化されているようで、HP半減状態から始まります。
キバガミの氷刹で396ダメージ、スナイパーのシルバーアロークリティカルで約500ダメージがメイン火力となっています。
相手の攻撃は見た目通り炎中心なので、イージスの守護Ⅱや耐熱ミストが非常に有効でした。
怖い攻撃は鱗を出してくるところですね。
この鱗は攻撃で破壊できない上に、ほむほむが炎を吐くと反射して全体ダメージを増加させています。
2個以上になると非常に危険、低レベルな私のPTはひとたまりもないです。
マップ同様に、氷銀の棒杭で破壊できるので、幾つも持っていったほうがいいかも。
最後は棒杭が突きて、次のターン炎を図れる+鱗4つ待機の状態となり戦慄しましたが、炎を吐かれる前に倒しきる事ができました。
いやー、毎回ボス戦は本当にぎりぎりですw。

現PT

sq4-7.jpg
sq4-8.jpg
一応、毎回秘宝は代えていますw。

銀嵐の霊峰 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

ミスティック解禁ー。
ポケモンではどくどく好きな私にとって、世界樹の毒も魅力的に見えましたw。
最大の毒スキルlv8にすると、毎ターン300ダメージ・・・普通に威力やばくない?
全体回復も低TPで行えるのも、すごく魅力的。
ミカヤ(ルーンマスター)をリストラして、ディアドラ(ミスティック)をレギュラーに加えました。

第3大地
へ。
トンネルを超えた先は・・・雪国でした。
どちらかというと、標高が一段階高くなっているため、雪山って感じですね。
色違いの白いニドキングとか、蟷螂のアイスバージョンとか・・・追跡してくるFOEが多すぎですw。
酒場で情報を入手して、蟷螂の好物はうさぎという情報を手に入れなければ、小ダンジョンに入るのも難しかったです。

ここの大迷宮(金剛獣ノ岩窟)は入り口が二つあるという、変わった構造をしてます。
街から直接進むことができる方をメイン(B1Fから)とすると、サブ側は1つ標高が低い場所にあり、B2Fから始まっています。
各階層に1つ、大きな鱗が配置されており、それを割ると火のダンジョンから氷のダンジョンへ、一気に変わります。
どちらかが水で詰まっているなら、もう片方側に潜って進めるようにすることが必要でした。

ラグズキタ━(゚∀゚)━!!!!!。
2つ目の種族、イクサビトです。
漢字で書いて戦人、虚人もそうですけれど、わかりやすい名前ですね。
今のパーティは前衛が二人しかいないので、ダンサーがなかなか活躍できません。
予定通り、ダンサーをモノノフに代えたいので、速くメインシナリオをクリアしてしまいたいですね。
クエストはlv1のモノノフを加えてから、攻略していくことにしようかな。

イクサビトの村に到着。
ウロビトとは違って、戦友と認められている人間はもてはやされました。
また、種族の認識の違いか、イクサビトは世界樹を悪魔の木と読んでいる模様。
巨人から世界をつくりだした・・・これもまた北欧神話から取られているのでしょうか。
ウロビトの歴史との共通点はあるものの、どこかすれ違いが起きているのも事実ですね。

イクサビトの子供が木に侵されていく病気・・・巨人の呪い
タイトルからいっても、巨人がラスボスであるっぽいですね。
そこに現れるワールウインド。
巨人の心臓とウロビトの巫女によって、病気を治すことができる・・・?
胡散臭さ、MAX。
選択肢では、ワールウインドの真意を問いました。
「打算があることは認めるよ」
裏切りフラグびんびんですね。
とにかく病気を治すことは確かのようなので、イクサビトの人達と共に、金剛獣ノ岩窟の奥部にある巨人の心臓を取りに行きます。

丹紅ノ石林 B2F B3F 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

では、本編のストーリークリアしていきましょう。
ウロビトとの共生を図るため、新書を携えてウロビトへの集落へと向かいます。
公爵様本当に良い人。

うん、予想通りでした。
冒険者が着いた時、集落は襲われ、巫女は連れ去られていました。
誘拐犯は鼻唄を歌っていた時に襲いかかってきた、ホロウ。
ワールウインドとともに、巫女奪還へと動くこととなります。

B2F
B1Fにもありましたが、道が途切れていて、同じ軸にある別の場所にワープするギミック。
追いかけてくるFOEを誘導したりして、何度も行き来することになるので、めんどくさいですね。

B3F
B1F、B2Fと同じギミックですけど。
同じ軸にワープが二つあったりと、さらに迷宮がややこしくなりました。

ここからウーファンがゲストとして仲間に加わり。
6人PTでの進軍となります。
ウーファンはレベル28という高レベルで、鍵クラスのミスティック。
ただ、解禁するのではなく、お試しということで使用感を味わえるのは嬉しいです。
方陣スキルは使い勝手がいいですね。
TP消費が少なめで、固有スキルによって消費を抑えられるし。
火力スキルはないものの、毒属性を撒くことで、スキルレベルlv2で毎ターン80ダメージと火力もあります。
今まで毒に苦しめられてきた世界樹ですが、此処に来てこの毒の仕様で楽しめる時が来ましたw。

さあ、ボス戦・・・ホロウクイーン。
厄介な敵でした、こちらは6人PTとはいっても。
回避率高い、火力ある、取り巻きが強いと、初戦ではどうしようもありませんでした。
といっても、ただいたずらにレベル上げしても面白く無いので、まずはがんばってみましょう。

このボス戦では、ゲストキャラのウーファンをいかにうまく使うかにかかっていますね。
取り巻き含めて、相手のメイン攻撃は魔法攻撃ばかり。
方陣で頭さえ縛ってしまえば、魔法の大部分を無効化することができます。
それでも、命中率の低い次元斬がPT全員にHITすると、PTが半壊するので、安心はできません。
ソードマン、ウーファン、メディック以外の全員が死んでしまったところまで、行きました。

相手の火力を無効化できても、困るのは相手の回避率。
ダメージを与えるのも辛いのに、相手の後衛が回復してきたりと、非常にめんどくさい。
方陣は頭縛りにつかっているので、ダメージ源である毒にもできないし、魔法ですら当たってくれないため、長期戦となりました。
もう終盤、相手のHPが赤色になってからが泥沼化しましたねw。
ウーファン、メディック以外、火力スキル職のTPが全て切れて、通常攻撃しかできない状態。
メディックのTPが30を切り、二人が死亡した中で、本当にぎりぎりで倒すことができました。
・・・ふぅ、熱い戦いでしたw。

現在PT
sq4-4.jpg
ミッションの経験値を入手した後(ワユはlv2上昇、他はlv1上昇)だから、ボス倒した時の平均レベルは24-25でした。
ついでにQRコードも。
sq4-6.jpg

キュレムVS聖剣士ケルディオ 

ポケモン映画、キュレムVS聖剣士ケルディオを見てきました。

今作はメロエッタのキラキラリサイタルと二作品の公開です。
ポケモンがサブ映画がなくなったのは、デオキシス以降でしたっけ。
何故、元に戻したかは謎ですw。

感想
うーん・・・正直、今まで見たポケモン映画の中で、一番おもしろくなかったです。
出てくるポケモンの種類は各レギュラー陣の手持ちを除いて、キュレム、ケルディオと3闘、フリージオのみという少なさ・・・。
ゲストキャラとしては、おまけで出てきた売店のお姉さんしか映画専用キャラが出てきませんでした。
なんだか、手抜感を感じてしまいましたね。

ストーリーも正直良くわかんない。
聖剣士になるための試験が何故キュレムとのバトル?
聖剣士って何なの?
3闘って世界を守るためと言ってるけど、具体的には?
氷タイプのキュレムがやたら炎を吐くし・・・(原作では覚えない、覚えたら不器用と言われない)
いろいろと突っ込みどころがありました。

ケルディオは3闘を凍らされて、逃げ出すし。
巻き込んでしまうのにも関わらず、悠々とサトシたちの冒険に加わって生贄を増やしていきますし。
キュレムは明らかにぼろぼろになっているケルディオに対して、死体殴りをしようとしますし。
囮となって飛行船で飛んでいたアイリスに対して、ケルディオが居ないことを確認してから、飛行船を凍らせて墜落させようとしますし。
いろいろと見ていていらって、思うシーンが幾つかありましたね。

後、好きになれないのはポケモンが喋り過ぎなんですw。
伝説ポケモン5匹全員が普通に人間の言葉を使っていました。
いつもならサトシが「しゃべった!」みたいに驚く場面があると思いますが、もう慣れてしまったのかごく当然のように出会いましたね・・・。

と、今作のポケモン映画はいつもより楽しむことができませんでした・・・。
去年の映画はゴルーグが見所と書きましたけど。
今作はテラキオンがポケモンの中では一番良かったですねw。
あの4足で喋ることは違和感がありますけれど、頼れる兄貴って感じでたくましかったです。
・・・圧倒的な存在感!
▼追記を読む(コメント返答)▼

第二大地 小迷宮 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

各キャラがとうとうlv20を突破。
いままで貯めていたスキルポイントが触れるようになって、随分と楽になりました。
特に今作でのリザレクトは少しのスキルポイントを振るだけで、ザオリクとなるので、非常に便利。
何これヌルゲー?(←言うまでもなくフラグ、特に次記事)。

第二迷宮の幽谷をクリアする前に、クエストを含めた小迷宮を攻略してしまいましょうか。

はぐれ熊の茂み

工房でいつもお世話になっている(特にアリアドネの糸で)ベルンドと一緒に、小さな花を採取に回ります。
敵のレベルは第一大地にあるだけあって、そこまで強くはない雑魚敵ですね。
唯一のFOEも少し前に倒した血の断裂者なので、怖いことはありません。
ただし、説明にはベルンドがいるため無駄な戦闘は避けるべきだとの注釈もあって、倒してしまうと障害物を壊すことができず進めなくなってしまうので注意が必要ですねw。
全部壊させたら、もう用なしなので殺してしまっても、何もありませんでした。

人食い蛾の庭
ここに入るのも一工夫必要でした。
周りを二尾のニドキングが守っているため、誘導しなければなりません。
前記事より、この二尾キングの好物は羊のFOEなので、そのFOEをキノコで釣って連れて来れば、どいてくれました。

蜂の巣・・・。
大きなフロアの中にはFOEの蜂が静止してます。
戦闘になれば近づいてくるパターン、フロア中央で戦闘になると何匹もの蜂に襲われてhageる可能性が高くなります。
カモフラージュ安定ですねw。
エンカウントしなければ、どうということはない。
意図的に蜂を動かさなければならない場面もありましたけど、部屋の隅っこで戦闘をするなどして、FOEに乱入される前に敵を倒してしまうような工夫をしました。

騒がしい沼地

蛙ゲロゲロ。
水路を避けて歩く、水の迷路ですね。
ここのマップだけは、FOEが蛙なこともあって、少し生態系が違う気がします。
一番多く出てくる雑魚敵は、ブサイクな鳥ですしねw。
PT一味でザリガニ取りに夢中になったりと、もはや遠足気分。
・・・ザリガニ一匹取るのにHPどんだけ減らしているんですかw。

丹紅ノ石林 B1F 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

第二の大地、丹紅ノ石林に到着しました。
第一の森林とは違って、第二は荒れた崖のような土地となっていますね。
自動で書き込まれるマップは緑色に染まっているので、紅色のこの大地は違和感を感じてしまいます。
まあ、まずはマップを埋める目的で、FOEを避けながら探索しましょう。

FOEがFOEを食べる弱肉強食の世界・・・。(←フラグ
sq4-5.jpg
ピクンッと、こちらの気球に気づき襲いかかろうとしてきます。
何このニドキング、めっちゃ強そうなんですけど・・・。
まだ、これより上空に浮かぶことはできないため安全なんですけど、今にも崖上から襲いかかってきそうで怖いですねw。

次の大地へ進むためのキー(石版)はもう一つ上空の丘にあり。
気球を改良するためにも、近くのダンジョンへと進みます(そこしか行き先がないだけ。

瘴気の森。
隠し職種であるミスティックの姿を持つ少女が、人間とは関わりたくないと・・・。
そういえば、第二大地を切り開いたいのは私達が初めてなんですよね。
シリーズを通しての疑問ですけど、他の冒険者達は一体何をどこで何の目的で冒険しているのか・・・?w

ここのギミックはメインフロアに異臭が漂っているため、10歩までしか歩くことができません。
扉の向こう側に入るとリセットすることができるので、息継ぎのために扉を渡り歩くこととなりますね。
ただし、最近ルートを通ることになりますので、歩いている鈍足のFOEを抜くには気をつけなければなりません。
入り口から見えていた宝箱がゴール地点。
気球を改良して上昇できるようにするためのアイテムがありました。

・・・これ、人類初のはずなんですよね。
すでに丘の上に浮いている他の冒険者の気球があるってどういうことなの?w

さあ、行けるようになった深霧ノ幽谷B1Fに進みます。
靄がかかったような、先が見えないまさに天然の迷宮って感じがします。
ここを実際に冒険するとなると、本当に迷ってしまいそう。
どなたか、下画面を隠して地図なし縛りプレイとかやりません?w

怖いのはB1F終盤・・・。
前衛の暴れ牛鳥と後衛の危険な花びらのコンビが凶悪でした。
暴れ牛は1ターン様子を見て、その次に全体攻撃をしてくる凶悪なモンスター。
耐久力も結構あるので、全員で集中攻撃しないと倒せません。
では、まず全力で相手の前衛である牛を倒そうかと思ったら・・・後ろから飛んでくる眠りの花粉。
PTの半分以上が睡眠状態に\(^o^)/。
次のターン、暴れ牛の全体攻撃と花びらの全体攻撃の二つによって、見事PT崩壊。
hageることとなりました・・・orz。
抜け穴発見、でもTPまだあるからもう少し散策してから帰ろう←死亡フラグ

迷宮の途中で、小さな女の子が鼻唄を歌っていました。
こんなランダムエンカウントするような場所でよく一人でいられるなと思っていたら、案の定戦闘に。
ふぇぇ・・・怖いよぉ
ポケモンもそうですけど、流行ってますね、幼女セリフw。
側近であるウーファンはこの少女との接触を快く思っていない様子。
こちらとしては、人間とウロビトの関係がよく分かっていないので、クエッションばかりですw。

そのまま、追いかけてB1F再奥、ウロビトの集落に着きました。
どうやら、先ほどの少女はウロビトの集落に住む唯一の人間みたいです。
巫女と呼ばれているところを見ると、特別視されているみたいですね。
神の信託ではなく、世界樹の信託を受けることができるみたい・・・って、世界樹は意識持っているんだなあw。
選択肢では、事実を述べるか否かがありましたけれど。
ここは少女の純粋無垢な性格を傷つけたくないと考えて、嘘を述べる方に選択しました。
・・・この選択肢に分岐でもあるのかどうかは、知らないですw。

そして、ウロビトと人間との関係を聞かされました。
昔、世界樹が巨人によって襲われる(アースガルドと巨人の戦いであるラグナロク?)ことがあり、世界樹を守るためウロビトは戦ったが、人間側は逃げてしまった。
だから、人間を軽蔑している・・・とのこと。
正直、そんなことかーと思ってしまいましたねw。
ベオクとラグズのような、奴隷扱いしているような関係ならば対立するのも納得行きますけれど。
戦争どころか対立すらしていないので、そこまで歪んだ確執はなさそうかなと。
これなら、溝を埋めることも可能そうですね。

樹海 B3F 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

B2Fで戦った血の断裂者との最終決戦。
もちろん、一回アリアドネの糸で戻って、回復してきましたけどねw。
敵が休んでいる・・・はずなのに、体力は半分近くのまま。
余裕ですね☆。

ワールウインドは此処の敵が強くないかどうか、聞いて来ましたが・・・。
別に苦労してないから、心配してくれたって別に嬉しくないんだからね!
と、見栄を張って、いいえと答えました。
まあ、B3Fの敵は強くはないのは確かなんですけど・・・。
B1Fから行くのが非常にしんどい・・・今までの世界樹ならB3Fに磁軸があったのに。

うざったい雑魚敵は見た目がサソリのデスストーカーです。
物理攻撃に対して耐性ありすぎ、有効打はルーンマスターの魔法攻撃のみ。
ただし、デスストーカーはマヒ攻撃を得意としているので、ルンマスが麻痺らされたらかなりめんどくさくなりますw。
余計なダメージをもらって、また帰還することになり、長い道のりを進まなければならなくなる・・・うん、めんどくさいね!

途中で、FOE希少種血の断裂者とのバトルがありました。
1ターンごとに輝きをましていく希少種ですが、それごとに強くなっているのか、終盤では一人が一撃で殺されるような火力に。
倒した時、立っていた味方はルンマスとメディックの二人だけという有様にw。
おかげで、一気にレベルが2も上がることとなりました。

ボス戦、獣王ベルゼルケル
このダンジョン、碧照ノ樹海のボスなんでしょう。
見た目がすごく大きく、ナルトの4尾孫悟空を思い出しました。
周りのFOEに気付かれないように、横から挑んでいるんですけど。
ここまで大きかったら、気づいてもおかしくないのにねw。

初手はやはりというべきか、バウンドボイス
ポケモンの猫騙し同様に、守る安定です。
血の断裂者と同じように、力を貯めてきます。
攻撃して解除させることも可能ですけれど、盲目や腕縛りをかけてきますので、状況によっては攻め切れないことも。
防御+守備の陣形ならば、低ダメージに抑えることもできます。それでもPT全体攻撃は痛い・・・。
メディックのリカバリーやリフレッシュを使って状態異常を逐一直しつつ、回復は速さの高いダンサーにメディカを使わせたりして、安定させていきました。

クリアー!
sq-3.jpg
次の大地へと繋がる、石版をゲット。

新天地に向かう前に、今まで放置してきたFOEを倒しておこうかな。
昔の世界樹のFOEのように、一撃で殺されるような理不尽的な強さではなくなっているので、このぐらいのレベルでも倒せてしまいますねw。

ドラクエⅩ写真集 

ドラゴンクエストⅩ 目覚めし五つの種族 βテスト
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


ドラゴンクエストⅩの発売まで、もう一ヶ月を切りました。
βテスト中に撮った写真の一部を紹介したいなと思います。
一記事で思い出を語るのは無理だから、短いコメントばかりでいきます。

樹海の奥地。
dqb-7.jpg
レベル制限がある中で、ここまで来るのは大変でした。
敵と遭遇したら殺される、気付かれないようにスネークするのも楽しかったですw。

渓谷。
dqb-5.jpg
広大な崖の対岸には光り輝くアイテムが・・・
決してルーラー草ではありませんw。

木漏れ日の中で。
dqb-6.jpg
森の奥地、どことなくゼルダの時の神殿(トワプリ)を思い出します。
もう少し上が見たいけど・・・死なないと見れないですw。

パーティでダンジョン奥地に到着、記念撮影。
dqb-8.jpg
旅の扉。
β版では入ることができず、ここでいいどまり。
製品版ではどこにつながっているんだろうか。

負荷テストイベント、踊る宝石ver。
dqb-10.jpg
人を集めて耐久テストということで、通常フィールドに踊る宝石が大量に湧くイベントでした。
もう人と踊る宝石とドロップ宝箱がカオスになって、もうめちゃくちゃw。

負荷テストイベント、メタルスライムver。
dqb-11.jpg
上記と同じくして、大量に湧くメタルスライムを大量の人で取り合いするイベント。
製品版でもこんなイベントがあると楽しそうw。

イベントの後のサプライス。
dqb-9.jpg
レベル制限がある中で、ゴールドマンを倒すのは難しい・・・散乱する屍。
死ぬと分かっていても、周りの僧侶が助けてくれますし、強者刈りとして挑戦するのはとても楽しいですw。
メタルキングが湧くサプライスもあったみたいですけど、残念ながら私は見れませんでした。
▼追記を読む(コメント返答)▼

樹海 B2F 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

小さな果樹林
徘徊するFOEに当たらないように進んでいく、単なる迷路かな?
特別に書くようなことはありませんでしたね。
マップから見えるFOEの鹿さん、かわいいw。
もちろん、触らぬ神に祟りなしですけどね!

このダンジョンの最後には、雷の魔法を使えるように成るアクセサリーが。
ルンマスに装備させて使いましたけど、雷系は普通に使いやすいですねw。
炎は周りのダメージがダメージ減少するのに対して、雷はライン一列に安定したダメージでした。
氷の場合は直線上となるので使いにくそうかな。

シンリンチョウ怖い・・・何が怖いかというと、見た目が怖い。
毒を撒かれるという過去のトラウマが思い出されます。
いやまあ、シンリンチョウは毒ではなく盲目だから、大丈夫なんですけどね。
ただ、うざいだけw。
後衛にチョウチョがいる場合は、うちのスナイパーが撃ち抜くことにしています。
幸いにも防御面はあまり強くないですね。

クエストの目標アイテムを採取によって、簡単に取ることができましたー。
小さな果樹林クリアっと。

B2F
荒れくれ狒狒とボールアニマルorビッグボールのコンボがマジで怖い・・・。
狒狒がボールを投げてくるようで、PT全体に大ダメージを受けます。
レベルが低い内や防具が揃ってない時には、このダメージは後衛が一撃死するほどの威力なので、PTが半壊しました。
バースト技の守備の号令を出しているときには、投げてこないのがものすごくムカつきます(#^ω^)。
逃げようとしても、狒狒の速度が早いので先手をとられるし・・・狒狒の癖して・・・。
こういう時は本当にファランクスが欲しいなって感じますねw。

この階層のギミックは、FOEが中央に隠れているので、気付かれずに進んでいくだけ。
実は気づかれても、FOEが巣に戻ろうとするときに、通り抜ければ、回り道をしなくても、通過することができてしまいます。
まあ、ランダムエンカウントには注意ですけどねw。

ボス、血の断裂者
開始のボイスのダメージには驚きました。
スタン率も高く、PT全体にダメージが入るので、展開が厳しくなります。
開始1ターン目は防御で安定かも。
2ターンかけて、力を溜めてきますけれど、一定ダメージを与えれば怯んで溜めが解除されるみたいですね。
火力PTなだけあって、楽に潰すことができます。
その間にメディックで全回復できるので、大きなアドが入りますね。

しかし、メディックのTPが亡くなってきて、相手のHPはまだ半分近く。
これはちょっと厳しいかな・・・と思っていましたが、途中で逃げていきましたw。
最終決戦はB3Fになるみたい。

乱数調整 

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2

BW2はストーリークリアしましたし、wifi対戦へ向けて育成していきたいと思います。
まだまだ行っていない箇所やクリアしていない施設が残っていますけど。
そんなものより、やっぱりポケモンは対戦がしたいですw。

かねてから予定していた通り、乱数調整をがんばっていこうと思います。
元々は厳選孵化による一期一会の方が面白かったです。
しかし、ブログを初めて沢山のゲームをプレイすることになりましたので、昔のDP時代のように孵化させる時間が取れなくなってきました。
その上、めざパの重要性がDP時代より上昇した今、どうしてもめざパ炎を搭載したいポケモン(ジバコイルetc)が出てきましたので。
BWでの乱数調整に踏み切ることにしました。

元よりテストで行った6vメタモンの乱数だけは成功させていたので。
予めの知識はちょびっとだけありました。
お世話になったサイト様はこちらです。
ヤドンでもできる乱数調整
やり方自体の説明は、乱数初心者である私が書いても分かりにくいだけです。
上記のサイト様は親切に教えてくださるので、おすすめです。
他、オフセットについて詳しく書かれているブログ様にもお世話になりました。
こちらは「リンクフリー」を確認できませんでしたので、直リンクはやめておきます。

今、私がBWで乱数できるのは、孵化乱数だけなんですけど。
思ったよりもすごく簡単です。
DPでの野生メタモン6v調整では、1Fを狙うかのような繊細さが必要とされましたけど。
孵化乱数では猶予期間が長いので、失敗することなく狙うことができます。
ただ、パロメーターの特定乱数調整に入る前がいろいろと手間となりますね。
それさえ済んでしまえば1時間以内に1匹、同じ初期シードを用いればオフセットの特定を省くことができますので、卵1つで産ませることができ、20分に1匹以内のペースが可能となります。
難しそうと敬遠している人も、一度挑戦してみるといいかも。

オフセットで躓く人が多いみたいですけれど、やっぱりTimerズレで戸惑ってしまう方が多いのでしょうか。
timerズレは何度も諦めずに孵化することが大事ですね。
私も乱数を始めてばかりなのに、Timerズレ個体が連続で4回~5回も来ることがありました。
大事なことは、同じ時間帯でDSを起動したとしても最低二種類のポケモンが生まれる可能性がある、ということを理解することです。
パロメーターがあっていることを確認できたのならば、bwseedlistに含まれないはずがないので、リストに乗ってないならTimerズレ個体なんだと割りきって、何度も挑戦することですね。
それでも失敗するのならば、オフセットに用いている親ポケモンを代えてみてもいいかも。
もしかして海外産だったならば、なかなかうまくいきません。(私も海外産だったことに気づかず迷いました
自分で産ませたコイキングにすれば、安全ですね。
▼追記を読む(コメント返答)▼

風駆ノ草原 樹海B1F 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

虹翼の欠片で、気球を作りました。
世界樹Ⅲの航海システムが空になった感じですね。
仕様としては、敵も出て来ず、移動にも制限がないので、自由に動けます。
近づいてくるFOEには気をつけなければなりませんが、お金になる資材を回収したい放題ですね。
Ⅲではいろいろとマップを作るのが大変でしたが、今作では通化するだけでマップに海や森が書かれるので、非常に楽です。

クエストには、特定の地形を見つけて場所を示す、世界樹のシステムをうまく利用した仕組みがありました。
マップを作っていく世界樹ならではのクエストでしたw。
また、他の気球と会話して、取引することもできるみたいですね。
レア資材を要求されるため、取引が成功したことはないんですけれど、もらえる報酬は大きいのでしょうか?

装備はダウジングロッド。
すれ違い通信で秘宝の場所を相手に教えられるのでしょう。
いきなりレア度★★のヒールロッドを手に入れることができました。
もしかしてなかなか手に入らない杖なのかな?と期待したんですけれど。
すれ違いをしたほとんどの方がこの杖をしているので、そうでもないみたいですねw。
全く期待はずれでした、まあルーンマスターがヒーリング使えるのは大きいけど。

また世界樹のダンジョンだけでなく、小ダンジョンである小さな果樹林もありました。
潜ってみると、蛙がやたら攻撃力が強くて厄介でした。
まずは先に世界樹ダンジョンB1Fに進んでみましょう。

B1F
さあ、ようやく世界樹ダンジョンです。
とはいっても、背景は森のままでそう変わりはないから、雰囲気は変わらないんですけどねw。
B1Fの厄介な敵は、鼠・・・。
ひっさつまえばがとにかく痛い、レベルの低いうちは前衛が二確だったのでヒーリングも間に合わず、怖かったです。
アフロゴリラの色違いなんてものもいましたけど、単体でしか出て来なかったので、助かりました。

ここでのギミックは、道を塞いでいる丸太をFOEのゴリラを誘導して、壊させることですね。
ただその道の前に誘導してくるだけで、パーティの追跡をやめて破壊を優先します。
・・・そうとう苛立っているのかもしれませんねw、壊すものがあれば壊したくなるゴリラさん。
追いかけてくる時は、廃坑と同じくランダムエンカウントがとにかく怖い・・・。
警戒歩行くださいよー。

B2Fに到達した時、例のワールウインドがB2Fで暴れているゴリラについて、情報をくれました。
世界樹は毎回B5Fがボスになると思っていたけど、B2Fか、早いですね。
ミッションを頂いて、B2Fに行くよりも果樹林でレベルを上げてきたほうが良いとのアドバイス受けて、先に小ダンジョンをクリアしにいこうと思います。

森の廃坑 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

IRコードを載せておけば、3DSで私のPTを読み取れるみたいです。
sq4-1.jpg
まあ、宝のマップも初期のヒールロッドなので、見る価値はほとんどないです^^。

では、プレイ日記始めて行きます。
sq-2.jpg
「よろしくおねがいします」

ストーリーの始まり。
世界樹に挑む前に、小手調べといった森の廃坑のミッションをいただきました。
まずはFOEといったような、ダンジョンのチュートリアルなのでしょう。
さすがはお試しマップというべきか・・・小さなマップですね。

ワールウインドと名乗る冒険者と出会いました。
地図の書き方を教えてくれる親切なおじさん・・・でも何か怪しい。
特に顔が・・・どうみても親切そうな顔には見えず、レイプ目。
恋人を亡くして、その恋人を生き返らせるために冒険者を装い、最後の最後で主人公の前に立ち塞がるみたいな?(適当
これはくろまく~フラグ。

彷徨う狒狒?
だっさwww
アフロに赤っ鼻・・・マザー3のキメラを思い出されます。
得意技はどうみてもアフロブレイクですね、わかります。
正直強そうなモンスターには見えませんけど・・・。
世界樹でのFOEは触れたら死ぬというトラウマが脳内に染み付いていますので、触らぬ神に祟りなし・・・。
今回のFOEはフィールド上でグラフィックが表示されるので、迫力がありますね。
また、今までの世界樹DSと比べて、画質が格段に上がっているので、くっきりとしていて見やすいです。

ミッションは虹翼のかけらの入手。
探索箇所は中央の狒狒が二匹回っている所。
探索すると1ターン消費することになるので、隣接していると危ないです。
ぐるっと回って、ターンに余裕を持たせて採掘する必要があります。
後ろからFOEが追いかけてくる時、ランダムエンカウントが非常に怖く感じます・・・。

かけらを入手したら、街へ帰還。
戻る前に、ワールウインドのおっちゃんに地図を見せました。
しっかり地図が完成している・・・って褒めるだけですかい!?
何かくださいよ!くれくれくれくれく(ry。

ミッションを報告して、冒険者の資格ゲット! ▼追記を読む(コメント返答)▼

パーティ編成 

世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神

では、せかいめ(私の略し方)を始めていきたいと思います。
このゲーム・・・始めるに当たって、最大の壁はPTの編成ですねw。
5人の名前とスキルの振り方を考えなければなりません。
まだ、サブクラスについては深く考えないようにしました。

前衛
ワユ(ソードマン)
フォートレスを採用していないので、とにかく前衛として防御面を固めなければなりません。
クラス固有スキルは全職取るとして・・・。
lv20以下のスキルは、物理攻撃ブーストが欲しいだけですね。
lv20に取れるスキルは防御ブースト、ソードブレイカーなど、優秀な防御スキルを優先して取って行きたいかな。
攻撃スキルはソードテンペストを狙って行きたいですね。
まだ、どのスキルが使いやすいのかさっぱりなので、これで強くなるのかどうか・・・w

フィー(ダンサー)
如何にも、紙耐久な子。
扇の舞でがんばって回避してほしいです。
ダンサーを採用したのは、TP軽減が魅力的でしたね。
PT的に結構消費が激しいクラスが多いので、ワイドダンスと絡めて、全体エナジーダンゴをかけられたらいいな。
ワイドダンスの使い勝手が分からないので何ともいえないんですけどね。
もしかしたら、隠しクラスに変更するかもしれません。

後衛
スー(スナイパー)
私の好きな弓持ちです。
今回の砂はどちらかというと警戒歩行みたいなカモフラージュや、素材を入手しやすくなるスカベンジャーなど、サポートタイプなのでしょうか?
どれも欲しいスキルばかりで、悩みますね。
スカベンジャーを優先的に取得する(私はパッシブ系が好き)として、攻撃技は使いやすそうなシルバーアローを狙いましょうか。
PT的に封じ効果を期待したのほうがいいのかもしれませんけどねw。
火力弓を目指してみようかなと。

ルーンマスター(ミカヤ)

またまだ火力職ですよ、防御なんて知りません^^。
世界樹の魔法使いは、いつも無属性攻撃を目指すので、今回もlv40の始原の印術を狙いたいな。
今回はスキルポイtントを振り直す休養が-2ポイントと非常に易いので、lv42になったら振り直すようにした方が効率がよさそうですね。
それまでは、毎回、範囲が広い炎ルンマスとしてがんばってもらいましょう。

ピカ(メディック)
私。ドラクエⅩ同様に、回復キャラが好きです。
今回、STRやMPに直接振るようなステータス補正がないので、TPに悩まされることになりそうです。
ヒーリングはTP7になる前のlv5止め、リフレッシュは1止めしておいて、リザレクトやパーティヒールを覚えさせるため、lv20まではスキル溜めになりそうですね。
それでも今回のヒーリングは回復量が少なく使いにくい・・・。
ヒールマスタリがlv40だから、lv40までこの回復量で行くことになるのかな・・・。

殿堂入り 

ポケットモンスターホワイト2
ネタバレ注意!

プラズマ団との争いも決着がついて・・・
ポケモンリーグへと挑戦しにいきましょう。
ジャイアントホールを超えた先には、チャンピオンロードです。

無人のバッチ確認機。
恐らくこのゲームでは、バッヂなしではここまで来れないと思いますけど。
もしバッチなしで通過しようとしたら、どうなるんでしょうか?
最後の巨大な門だけは開きそうもないですけれどw。

チャンピオンロード。
初代風来のシレンでこんなダンジョンありましたね。
地下水が流れている上を通って行くような・・・。
如何にも古代の城って感じで、雰囲気が出ています。
・・・たった2年間でチャンピオンロードがこんなにも変わってしまうなんてw。

フラッシュが必要なところがあったり、ゾロアークが立ち塞がっていたり。
前作同様にクリア後ではないと進めない箇所がありました。
いつもいつもチャンピオンロードでは結構な時間がかかってしまうんですけれど。
BW2では手持ちのレベルが高いせいか、ゴールドスプレーが効いてくれたのですんなり進むことができました。
いやー、ゴールドスプレーって偉大ですw。
いつもどおりなら、野生ポケモンが出現して、逃げることですら苦労するのにね。
出口では、予想通りライバルシュウとの最終決戦ですが・・・。
あっけなく終了w。

二年前と全く同じ、チャンピオンズリーグへ挑戦です。
念の為に元気のかけらとすごい傷薬を大量に買っておくことは、習慣となっていますね。
BWではチャンピオン(笑)と戦うことすらできなかったけれど、今作はちゃんと5戦連続での戦闘なのでしょうか。

一人目、レンブ
この縛りプレイで、レベル差はほとんどありませんでした、それに四天王の手持ちは4匹・・・。
バランスがいいというべきか、簡単すぎるというべきか・・・w。
格闘メインレンブは素早さの低いポケモンが多いです。
格闘半減できるロズレイドでやどりぎを撒いて、フライゴンの空をとぶで上空に逃げるパターンが入りました。
厄介なのは切り札のローブシンよりも飛び跳ねるを持つコジェンドでしたね。
デンリュウで麻痺らせてしまいましたけど^^。
四天王の中で一番苦労した敵でした。

二人目、カトレア
ロズレイドに変身したゾロアークで終わり。
効果がないサイコキネシスしか撃って来ませんでしたw。

三人目、ギーマ
ルカリオ無双入りまーす。
ワルビアルに素早さで負けて焦りはしたものの、ダイケンキで水に流してしまいました。
やっぱりPPが多くて必中という破格の性能を持つ波動弾はストーリーでは便利ですね。

四人目、シキミ
ゾロアークのターンでした。
デスカーンもロズレイドに変身させておくだけでサイコキネシスを撃ってくれるので、無効化ですしね。
ただ、他のゴーストはサイコを持っていないので影玉でバレてしまいますw。
デスカーン以外はダイケンキで弱点を付けるので、楽でした。

ラスト・・・チャンピオン、アイリス!
ヒウンシティで会ってから、ソウリュウジムでジム戦することもなく、何もアイリスに触れられなかったですしね。
前作通り、シャガとアイリスでバージョンが違うのかと思いましたけど。
よくよく考えたらプラズマ団の襲撃でアイリスだったら、緊張感が出ないなーとw。
それにしてもチャンピオンはまさかの幼女・・・。
初代グリーンは10代のショタでしたから、一緒かなw。

アイリス戦自体はなぜかあまり苦労しませんでした。
初手のサザンドラが火炎放射でルカリオに対して弱点をついてきた(ぎりぎり耐えて反撃できました)ことはびっくりしましたけど。
ラプラスやボスゴドラはルカリオ、ドラゴン全般はダイケンキのれいとうビーム、アーケオスはデンリュウと。
効率的に弱点を付けていくことができたからかもしれません。
切り札たるオノノクスの龍の舞も、デンリュウで麻痺させて突破力を半減させましたから。

それにしても、初手が600族のサザンドラで切り札がオノノクス・・・。
歴代の600族達はチャンピオンの元で戦ってきたというのに。
FL→本気グリーンのバンギラス
金銀→チートカイリュー
RS→メタグロス(マンダはゲンジの切り札、二匹いるから仕方ないか)
DP→ガブリアス
BWでは、ウルガモスに切り札を奪われて・・・。
BW2では、600族ですらない同じタイプの竜であるノクスに負けて・・・。
サザは名前通り、浮かばれない子・・・。
育てる時はNN「りょくふう」にしたいですねw。

長くなりましたけど、ポケモンクリアー。
ようやく育成という本編に入れますねw。

殿堂入りPT

マリカ(フタチマル):lv57
アン(デンリュウ):lv55
ルカ(ルカリオ):lv58
ロザリィ(ロズレイド):lv56
ゾロアーク(ゾロアーク):lv60
gm(フライゴン):lv57

対戦のために育てたポケモンの育成日記を紹介していきたいんですけれど。
世界樹の迷宮4を買いましたので、プレイ日記はそちらを優先していきます。
ちょくちょく、育てたポケモンを出していくかも? ▼追記を読む(コメント返答)▼

VSキュレム 

ポケットモンスターホワイト2 

向かう先は、前作DWでキュレムの住処となっていた、ジャイアントホール。
中央の湖で、一面が雪原になったりと、不思議な場所でした。
逃げたプラズマ団を追って、主人公とシュウの二人がかりで挑みます。
・・・今作のジムリーダー達は戦ってくれないんですねw。

Nの支持派だった元プラズマ軍がシュウの熱意に影響されて、元仲間たちと戦う覚悟を決めました。
友達を守る、イッシュ地方を守るために、キュレムを助けに行きましょうか。
またまた、プラズマフリゲート内部へと侵入です。

赤緑のシルフカンパニーのようなワープ地形を踏みながら、バリアを解除。
とうとう、プラズマ団幹部達との戦いです。
何度も戦っているヴィオはいつものこと。
毒タイプがメインなプラズマ団はフライゴンとルカリオがよく刺さっています。
やはりというべきか、プラズマ団側に付いていたアクロマも難なく撃破。
黒幕ではないみたいですけど・・・こいつって何のために今まで存在感を放ってきたの?w

真の黒幕登場。
あのDWの事件から三年たった今、プラズマ団が再び世界を制圧しようとしたきっかけは・・・
やはり、この男、ゲーチスの再登場だったのでしょう。
前回の反省を生かしてか、伝説ポケモンを手に入れるまでずっと暗躍をし続けてきました。
忌々しいジムリーダー共に結束されたら、野望が崩れてしまうと考えたのでしょうか。
ただし、今回は半分以下に分かれているプラズマ団にとっては。
ほぼ二人の少年によって、半壊させられています。

ジャイアントホール奥地にて、キュレムの真の力を解放したゲーチス。
まさかのプレイヤーにダイレクトアタック!こごえるせかい!
名前の割には相手の周りに浮かべたつららをぶつけるだけで、⑨のアイシクルシュートみたいな技で、弱そうw。
ワタルの破壊光線よりは威力的にマシかも?
そんな時に、つららを破壊するレシラムの炎が・・・。

Nの登場です。
ゲーチスから解き放たれたNが、友達を守るため、親に歯向かうことに。
レシラムVSキュレムで睨み合う二人・・・。
ムービー始まります。
ソウリュウシティから盗み出した、いにしえの楔によってレシラムを封じ込めてしまい。
キュレムはホワイトキュレムへと、フォルムチェンジしました。
・・・正直、このムービー、かっこよくないですねw。
だって、キュレムなんてまるで機械みたいだし・・・レシラムの回避シーンなんてちょっと迫力にかけてる感じ。
まあ、それは置いておいて・・・。

友達(レシラム)傷つけたくないNにかわって、ホワイトキュレムとの戦いです。
lv55で1匹だけ、回復の薬も使ってこない。
ゲーチスのロッドによってモンスターボールで捕獲することはできないので、倒すことになりますけど。
6対1なので、余裕ですねw。
具体的には電磁波して、やどりぎして、空を飛んでいるだけみたいな。

この俺様がー、と小物臭をぷんぷんさせるゲーチス。
プラズマ団との最後の戦いです。
・・・なんだろう、あんまり憶えてない(おいw。
キュレム戦での消費が回復されていたので、楽だなって思いました。
デスカーンはロズレイドにイリュージョンしたゾロアークにサイコキネシスしか撃ってこないし。
ドラピオン、ドクロッグともgmの大地の力で一撃だし。
蛙もギガドレインで傷薬となりましたし。
切り札のサザンドラもルカリオで完封できましたし。
・・・あれ、ゲーチスさん?

現在のPT
マリカ(フタチマル):lv49
アン(デンリュウ):lv50
ルカ(ルカリオ):lv53
ロザリィ(ロズレイド):lv49
ゾロアーク(ゾロアーク):lv50
gm(フライゴン):lv52 ▼追記を読む(コメント返答)▼

VSプラズマ団 

ポケットモンスター ホワイト2

バッチを全て入手し、チャンピオンリーグに行きたいところなんですけれど。
次はプラズマ団だ!と意気込む相棒に押されて、逃げたプラズマ団を追うこととなりました。
キュレムと大いに関わりがあるジャイアントホールに行ってみたものの、そこにプラズマ団本隊の姿はなく。
アクロマのマシーンをもらって、海辺の洞穴でイワパレスが塞いでいた先へと向かいました。
・・・このイワパレスももしかしたら、プラズマ団の仕業なのかも?

途中で出てきたテラキオン・・・。
「いま、あなたの目の前で存在感を放つ!」
ごめんなさい、正直吹きましたw。
私には変なおっさんが腕立てしてをしている風に見えてしまいました。
まじで、存在感ぱねぇですw。

浜辺に停泊しているのは、プラズマ団戦艦。
水のエキスパートであるシズイに橋を下ろしてもらって、潜入開始です。
頭脳筋の水泳馬鹿かと思いきや、シズイは結構深いことを言いますね。

出てくるプラズマ団を軒並みに蹴散らしていく・・・
敵船の中でも、他人のベットで悠々と休むことができるほど、のんびりとした侵入劇でしたw。
中枢へ入るためのパスワードを団員からヒントを聞き出していくギミックも。
ネタバレ注意ですが、得られたヒントから・・・
・好きな数字0を入れればいい
・パスワードは4つの数字から成り、3つは同じ数字
・最初の文字は9、二番目の文字も9、最後の文字も9
よって、9909で解除することができました。

電磁バリアを抜けた先には捉えられたキュレムが・・・。
なんだか映画みたいな展開になってきましたね。
人の知識で作られた機械で無理やり伝説ポケモンを従わせ、猛威を振るう的な?
敵将ヴィオをマルチバトルで倒しても・・・またダークトリニティによって追い出されることに。
ダークトリニティ強すぎじゃないですか?w。

セイガイハジム 

ポケットモンスター ホワイト2

ジム戦直後、プラズマ団襲来。
キュレムを制するため、いにしえのくさびをシュガから奪いに来ました。
空をとぶプラズマ団の戦艦の主砲により、たちまち凍り付くソウリュウシティ。
古代のアイテムを守るため、ジムリーダーのシャガと主人公は立ち向かいました。

各地にいるプラズマ団を倒して、いにしえが隠してあるだろうジムに入ろうとしていた賢者を倒して・・・。
拠点防衛成功! 
のはずが、安心して調子に乗ったシャガは隠してあったいにしえを持ちだして。
結局、ダークトリニティに奪われることに。
もしかして、馬鹿なんですか?
フラグビンビンでしたけどねw。

もはやプラズマ団はキュレムを手の内に入れているのでしょう。
プラズマ団を追って、セイガイハシティへと向かいます。
シュウはマリンチューブから来いと言ってましたけど、折角道が日本あるのだから、水路を通って行く事にしました。
レベル上げを兼ねてねw。
ドラゴンタイプのジムだったから、デンリュウとロズレイドのレベルが少し低いので。
水ポケモン中止となる海上では、レベル上げしやすいのです。

洞窟の中には、イワパレスによって通れない場所を憶えつつ。
技マシンどくどくを入手しました。
どくどく自体は、回復アイテムを無限に使えるストーリーでは、非常に強力な技となりますね。
ただ、今作では思った以上にレベル差が出てこいないので、粘らなければならない時が少なそうかな。

セイガイハシティに到着。
ジムリーダーシズイちゃんが泳ぎにいっている?
これは・・・カントーのおてんば人魚と並ぶ水着ジムリーダーが登場?。
ところが残念、漢でしたー。

BW2最後のジムは、水タイプでした。
もはやデンリュウ、ロズレイドと草電気の最終進化系が揃っているうちのPTの敵ではありませんね。
今作はギガドレインが強いので、ロズレイドで弱点を付いたギガドレインならHPが減ることなんてありません。
切り札たるブルンゲルすらも、簡単にたおしてしまうことができました。
これで、最後の8個目のバッチもゲットー。

折角なので、今回は写真にしてみました。
現在のPT
BW2-pt1.jpg

ソウリュウジム 

ポケットモンスター ホワイト2

リバースマウンテン
に到着。
ハードマウンテンと同じ地質と言うことから、間違いなく赤いゴキブリはでてくるでしょうねw。
火山の置き石が必要なところを見ると、クリア後が条件なのでしょうか。

ここでは、ペルと合流、ダブル状態で先に進んできます。
ハードマウンテンと同じ展開ですね。
トレーナーと戦っても、自動で回復してくれるのは非常に楽です。
唯一、最終進化系になっていないビブラーバを中心に・・・
レベルの上げにくいポケモンを此処で上げておくことにしました。

lv40付近のこと。
まさかのgmさん、ビブラーバがだいちのちからを習得。
私の記憶では、フライゴンにだいちのちからを覚えさせるためには、ナックラーでlv60ぐらいする必要があったはずなんですけどね。
まずい・・・メインウエポンのなさを考えてgmにしたのに、このままではgmではなくなってしまいそうw。
それと、フライゴンとビブラーバのレベルで覚えられる技が変更されたのなら・・・。
きっと、高レベルにはちょうのまいという希望が・・・。

サザナミタウンに到着、通称シロナタウン
前作ではクリア後からの街並みはあんまり覚えていないんですけど、こんな街でしたっけ?w
さすがにBWからポケモンを持ってこれるであろうシアター方面には進むことができませんでしたので。
シュウが待ち構えていた北側、ソウリュウシティ方面へと向かいましょうか。

ここ13番道路地形はよく覚えていますw。
毎日貰えるアイテムがあって、通った覚えもありますね。
白い砂浜、高い崖・・・海岸段丘みたい。
居合い切りの木の向うにコバルオンが出現しましたけど、華麗にスルー。
伝説ポケモンは残しておく派ですw。

カゴメタウン。
キュレムの伝説がとうとう明かされました。
ジャイアントホールとの関係・・・夜に出歩かない待ち人の慣性。
古の人々から、崇められるというよりも恐れられたポケモンの方みたいですね。
プラズマ団とのいざこざもありましたけど、ただの一般トレーナーと大差がありませんw。

ビレッジブリッジ。
親父さんの歌もBW同様に収録。
動物の森のような、歌声ですねw。

ビリジオンが なかまになりたそうに こちらをみている。
なかまにしてあげますか?
   はい    →いいえ
折角、崖から「ききゅあああああ」と出てきたのに。
スルーされて、道のどまんなかで放置されるビリジオン・・・切ない。

ソウリュウシティへ到着。
いろいろと探索したりデパートでお買い物した後、7個目のバッチを狙ってジムへと挑戦です。
ホワイト2ではジムリーダーはシャガ。
もしかしたら、ブラック2ではアイリスだったりするのでしょうか?

ドラゴンポケモン中心ということで、ダイケンキが大活躍。
れいとうビームはないものの、技マシンのふぶきを買っておいたおかげで、無双することができますね。
ここでgmがフライgmへと進化しました。
竜の息吹から、まともなドラゴン技(ドラゴンクロー)が覚えられる・・・と期待したんですけど。
ドラゴンテールかよ!やっぱgm
ストーリーでは使いづらい技なので、まだ息吹の方がマシですね・・・。

シャガ戦
BW2では全体的に相手のレベルが低い気がします。
相手の切り札オノノクスも、攻撃技が必ず後攻になるドラゴンテールを使用してくるので、正直怖くないですね。
りゅうのまいを詰んだ意味が薄くなってますw。
最後はルカリオのゴツゴツメットで落ちるという、間抜けなクリアとなりました。

現在のPT
マリカ(フタチマル):lv45
アン(デンリュウ):lv42
ルカ(ルカリオ):lv43
ロザリィ(ロズレイド):lv41
ゾロアーク(ゾロアーク):lv42
gm(フライゴン):lv45 ▼追記を読む(コメント返答)▼

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー