≪ 2013 03   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2013 05 ≫
2013年04月の記事一覧

異世界の謎 

バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子

火炎洞窟でまた遺児が死ぬことで、異なる世界へと渡って来ました。
気づいたら、四人のアジトに帰っていました。
現実世界と違って、サギがいない時も時間が進んでいることがあるみたいですね。
首領であるティスタと皆で、作戦会議している最中。
baten2-43.jpg
指導者ワイズマンが人のマグナス化を進行していることが分かります。
少し前に渡ってきた時、壊滅していた村はマグナス化された後だったんですね・・・。

まずはアジトを出て、ここがどこの島かを判別しようとしたら・・・
baten2-44.jpg
島どころではなく、大地が見えています。
現世界なら、大地なんて毒に侵されており、泥雲に覆われているはず・・・。
この世界は、神と巨人が争う前にお話であることが予測出来ますね。

今回はここで、暗転。元の世界へと戻ります。
みじかっ!

目を覚ましたら、そこはまだ火炎洞窟。
一気に現実世界に引き戻され、崩壊する火炎洞窟から逃げ出さなければならなくなりました。
立ち塞がる火炎洞窟の主
baten2-45.jpg
3回ほどバトルすることになるので、面倒くさいといえば面倒くさいね。
なかなか強くて、一人ミローディアが殺されることもありました。

洞窟を抜けだして、ネロ邸の報告に向かいます。
首謀者を捕まえ、ミッションコンプリート。
交換条件としていたカラスの容疑は・・・まだ達成されていませんでした。
暗黒部隊を持つバアルハイトに直接、直訴してきてほしいと言われます。
命を狙われていた暗黒部隊の本陣に一人で行くなんて・・・ギロの言うとおり確かに危険ですけれど。
このままずっと命を狙われ続けるというのも、迷惑をかけてしまいますからね・・・。

直接、バアルハイトに会いに行くと。
baten2-46.jpg
何もしないまま、「容疑を解く」で終わってしまいます。
バアルハイトいわく、「本当に(精霊が)着いているのか確かめた」とのことですが、特に何もしていなかったような?
これ、このさきの展開が分かっていると、ニヤリとしてしまう瞬間ですねw。
ちなみに、このバアルハイト邸には、ミリィアルデは友達に会うと嘘をついて、付いて来ませんでした。
バアルハイトとミリィアルデ関係・・・ここにも注目すべきですね。

無事に容疑を解かれ、ネロ様に報告。
とうとう、本命であった「各大陸の指導者に会いに行く」任務が出されます。
次に向かう先は、雲の国ディアダムですね。

妖精と会話をする誰かが・・・
baten2-47.jpg
暗転していて誰かはわかりませんけれど、精霊付きが確かにいることが分かります。
バテン1のように、ウインドウを選択するような、演出がいいなって思いますねw。

バテン推理 

バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子

アザーで「嘆き風」と呼ばれるテロ首謀者探し。
baten2-37.jpg
リョバンナという帝国兵が下に付いてくれます。
赤い髪にこの髪型、名前にリュが付くこと。
リュード一族の血縁のものでしょうかw。

ここから、謎の推理ゲームが始まります。
会話をマグナスとして入手できるので、それを証拠として抑えること。
baten2-38.jpg
現場に戻ったり、容疑者に尋問したりして・・・。
これ、何のゲーム?w

証拠を皆の前で突きつけます。
baten2-39.jpg
マグナスから取り出す仕草も、手を真っすぐ伸ばしてかっこいい。くらえ!
ちなみにすごく簡単です。
どちらかというと、面倒くさいだけ。
複数いる容疑者の中に、一人だけ顔グラありが混じっているので、ばればれですからw。

帝国の圧政に、アザーが苦しんでいるのは分かります。
でもなんで何の罪もない群衆に攻撃を加えるのかが、私にはわかりませんね。
それこそ帝国要塞にでも、次期皇帝候補を狙ったテロ攻撃すればよかったのに・・・。

逃げた犯人ダインを追って、火炎洞窟へ進みます。
baten2-40.jpg
蟲香油を使って、岩喰虫を集めて噴出する蒸気を塞いだりします。
こんな吹き出し口を見ると、封印烈火のアルマーズ洞窟を思い出しますねw。
また、虫の死骸を溶岩の上を通る橋にしたりするのですが・・・
どう考えても体積的に無理じゃない?w

ここの洞窟の敵がかなり強いですね。
baten2-41.jpg
一気に4匹同時に出てくることも・・・。
この蝿みたいな奴は耐久が脆いので怖くはないんですけれど。
一度他の雑魚的に全滅しました。
このゲームは、世界樹と同じで通常エンカウントの敵のみ、負けたら即ゲームオーバーになるのが辛いところですね。
デッキ事故るのは勘弁して欲しいところですw。

奥では、絶望に陥ったダインが狂いだしています。
baten2-42.jpg
体から黒いオーラを出して・・・オーラが体を覆ったと思ったら。
次の姿には、あのマルペルシュロの遺児が・・・ネロが「」と呼ぶバケモノに変身していました。
今までの影は人間だったのか・・・またまた疑問が浮かんできますけれど。
影戦に移ります。

結果的に、止めを刺したのは戦闘に割り込んできた、マキナアルマのヴァララ。
遺児が死んだ時、またまた異なる異世界へ飛ばされることになります。

次期皇帝争い 

バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子

元の世界に戻ってきたサギ。
もはや居場所が割れてしまっている中で、このハッサレーにいても仕方がないことから。
帝国へ戻ることになります。

帝国では皇帝の追悼式、そして次期皇帝候補の演説が行われていました。
候補は二名。
baten2-31.jpg
一人はバアルハイト。
帝国どころか、世界をマキナ化するという公約を掲げた強硬派といったところでしょうか。
サギを罠に陥れた暗黒部隊はこちらがわ。
baten2-32.jpg
もう一人はネロ。
精霊付きとして知られ、帝国の軍務官の地位に着いています。
サギ達を導いたゲルドブレイムを片腕にしています。
後ほど、ネロ邸を訪れることになりますね。

ここで、演説会場に無差別テロ事件が発生。
帝国のポットが爆発し、無関係な人々が巻き込まれる事件に遭遇します。
救急箱を届けたり、消化したり・・・お尋ね者がここまで目立って大丈夫なのか?ってぐらいに人助けw。

さて、ゲルドブレイムのつてを頼ってネロに会いにいくと。
baten2-33.jpg
権限を使って容疑を除く代わりに、下について働いて欲しいと頼まれます。
バアルハイトのマキナ化の阻止のため、各国の首脳陣に協力を仰いでほしいと。
命令ではなく頼み事、下にでるその姿勢は実に良い人のように見えますね。
ハッサレーへの被害を考えても・・・首を横に振るわけにはいかないですけれど。
一度、よく考えてから返答をすることにします。

ゲルドブレイムからもお願いされたり。
baten2-34.jpg
部下も完全な忠誠を誓っています。
こうやってみると、信頼出来る指揮官のように思えますね。

砂漠の町アザーへ。
気晴らしに散歩とはいえない、極暑の砂漠を超えてきたんですけどね・・・。
baten2-36.jpg
バテン1とは違って、活気のある鉱山に見えますね。
顔グラ付きの明らかに怪しい人と会話した後、ネロの元へ戻ります。

ネロの提案を了承して、当分はネロの下で働くことになります。
まずは小手調べとして、この前の無差別テロ事件の犯人を探すため。
また一度、砂漠の町アザーへ行くことになります。
baten2-35.jpg

世界一の美しい心の翼 

バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子

帝国を抜けだした三人は、サギの故郷ハッサレーに向かいます。
暗黒部隊には故郷がハッサレーであることを伝えてないから、大丈・・・夫?
馬鹿なの?調べられてるとか思わないの?
故郷に迷惑かけるとか考えないの?

ハッサレー港からイバラのヌサカンを抜けていきます。
バテン特有のマップの見づらさは健在ですねw。
どこから伝っていくのか、蔦を伝って・・・( ´,_ゝ`)プッ。
出口には、サギとギロの出会いの場所がありました。
ギロは地面に埋まっていたみたい・・・
帝国が作り出した機械ではなく、古代の機械人形?
謎が深まるばかりですね。

ハッサレーに到着。
子供をあやすのに使われた、一人の女の心の翼・・・
baten2-19.jpg
美しい・・・世界一美しい心の翼。
ここで流れるBGMはLe Ali Del Principio

バテンカイトスⅡのメインテーマです。
すごく壮大でいい曲って感じますね。

さて、この女性はジーナ、サギと母親に当たります。
当分の間はここで平和な日々を過ごすことになります。
baten2-20.jpg
子どもと遊んであげるギロw、意外と乗る気のように見えるのが面白いです。

子供の帽子を探したり、お使いにいったり、お寝坊なサギちゃんの寝顔を拝見したり。
サギ「・・・はい」が可愛らしく吹いてしまいましたw。

また、ミリィアルデは誰かと通信している姿もありました。
やはりスパイ的な役割りなのでしょうね、通じているのは帝国の誰か。
ここが攻められるのも時間の問題でしょう。

そんな生活の中で、遺跡のボテン湖に人が行方不明になっている事件を聞きます。
帝国で逃亡していた時に現れたあのバケモノがいると・・・
あの夢の世界の話、ギロの暴走・・・
その疑問を解くためにも、ボテン湖へ向かいます。

中途半端になるのでいろいろと省きますけれど。
光合花を使えば酸素を補給することができるので、持てるだけ持って水の中でギミックを解いていきます。
中には沈んでいる村人もいるので、適当に光合花をあげて、助けてあげるといいかも。
ほかっておくと、死んでしまいます(?)。

三人PTとなって、リプライコンボというものを狙って行きましょう。
baten2-22.jpg
一人のキャラが必殺技で終えた時、手札に「1」のカードがあると、追加コンボのように攻撃ができます。
ボーナスで威力が高くなるばかりか、経験値の1つであるTPボーナスも高く付くため、狙っていくといいかも。

奥には、やはりバケモノがいました。
baten2-21.jpg
二度目の戦闘。
もう、ジャコモ戦から全て防具面を抜いて武器だけなので、全てゴリ押しなんですw。
このRPGは戦闘シーンが画面を見れないほど忙しいこともあって。
感想を書くにもないのが事実ですw。
同じように最後は負けイベントで終わるのですが・・・
またまた同じようにギロが凄まじい動きでバケモノを倒してしまいます。
ギロ「こやつを殺すために生まれてきたのかもしれない」
意味深な台詞ですね。

それから全ての村人達を助けて、ハッサレーに戻ると。baten2-24.jpg
帝国が制圧されていました。
帝国兵器マキナアルマとの戦いになります。

こちらの攻撃は全て0・・・まず勝ち目のない戦い。
負けイベントですね。
圧倒的な兵器になすすべないサギ達・・・そこに立ちふさがったのは。
baten2-25.jpg
先ほどのバケモノですね。
帝国兵ヴァララはマルペルシェロの遺児と呼んでいました。
何故サギ達を助けるのかはさっぱり分かりませんが、なんとか命拾いをしたもようです。

強力なレーザー砲を受け、遺児が力尽きた時・・・。
またまた、別の世界へ飛ばされるのでした。

懐かしき顔ぶれ 

バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子

見知らぬ世界から戻ってきたサギ。
夢だったのか、現実世界での時間は経過していないもようです。
またまた、追ってから逃げ出すことになります。

必死に逃げていく中で、謎の若者から匿われることに。
baten2-13.jpg
この男の名前・・・ゲルドブレイム
前作の皇帝だった存在ですね。
後何年かしたら・・・こんなんになってしまうなんて、到底思えないですねw。
baten2-14.jpg
きっと、頭がおかしくなっていく姿も、後々描写されるのではないでしょうか。

地下水路となっていましたけれど。
いつかは見つかってしまう+こんな臭い所には居たくないというサギの判断で、帝国脱出を試みることになります。
もはや、見慣れてしまった帝都ミンタカ
ちゃんとリュードの家に行くこともできますw。

帝国脱出のため、ミンタカの港を目指すことになるのですが・・・
最後はやはり力押しの強行突破となります。
帝国兵との連戦に苦戦するサギ達ですが・・・そこに助けに現れた謎の少女。
baten2-15.jpg
今作のヒロインミリィアルデ
蝶々のような特徴のある綺麗な心の翼、ボクシングのような戦闘ステップからの微妙な乳揺れ。
なんとなく狙われている感はありますけれど・・・
正直、このゲームでは・・・
戦闘が忙しすぎて、画面見る暇ないですからwww
困ってる人を助けに着た、とのことですけれど。
帝国のお尋ね者になるリスクを冒しては考えられず、この時点で怪しいと感じてしまいますね。

三人に立ちふさがるのは・・・ジャコモ!
baten2-16.jpg
1でもお馴染みのお方、主人公カラスのライバル的な存在でしたねw。
baten2-17.jpg
将来は結構味のあるお方になるけど、決して嫌いになれない人物だったなあ・・・。
ただし、声優さんは三木眞一郎さん。
どう聞いても、ポケモンのコジロウにしか聞こえませんw。

そして、このジャコモ戦となるのですが・・・強すぎ
baten2-18.jpg
10回以上は全滅したと思いますw。
RPG慣れをしていると自惚れているのですが、そんな私でもなかなかの難易度を誇っているゲームだと思いますね。
相手のフルコンを食らうとギロなら一撃死、回復なんて、到底間に合うわけがありません。
ミリィアルデはまだ仲間になったばかりなので、指揮系統が外れていて指示を出すこともできないです。

結局、どうしたかというと・・・火力で押し切りました。
このバテンⅡの使用上、武器と防具は同時に装備出来ません。
だったら、もう防具を全てはずして、サギとギロの武器のみ。
殺られる前に殺るの精神で、ゴリ押ししました。

ロズレイド育成 

ポケットモンスター ホワイト2

久々にポケモンを育成しました。
今回、育成したのはロズレイドとバクフーンです。
rozureido.png
CSをメインに振った特殊アタッカー。
耐久調整はA補正マンムーの礫確定耐え、素早さは最速ロトム抜きとなっています。
めざパは天候によって、ウェザーボールに変えてもいいかもしれませんね。

個人的には、ロズレイドをスカーフやメガネで縛りたくないと思っています。
それはやっぱりねむりごなの存在が大きいかな。
草技、毒技共に受けられやすいタイプであるので、交換読みねむりごなは使いやすいです。
特に相手よりこちらの素早さが抜いていた場合は、非情に有利に立ち回れるのが、たま持ちの大きいメリットですね。
また、リフストで特攻が下がっていても、ねむりごなで起点にされづらいのも利点です。
スカーフで戦える相手を増やすことに対して、範囲が狭まる代わりに役割を遂行しやすくなりますね。

特性はよく考えましたけれど、自然回復の方が使いやすい結論に至りました。
めざパテクニシャンよりも、有利なラグやカバのあくびに対して居座りやすくなる方が使いやすいかな。
それと電気タイプも受けやすいので、電磁波の的になりがちです。

次、バクフーン。
bakuhun.png
こちらはもう説明不要のテンプレ。
臆病最速のふんかスカーフですね。
主力技が炎のみなので使いづらい感はありますけれど。
種族値100の最速スカーフの時点で立ち回りやすかったです。
御三家のバランスのいい種族値から、一発耐えることも多いので。
ふんかというよりも、大文字の方が主力技となっていました。

潜っていたPT。
rozebaku-PT.png
ロズ、バク共に、ボルチェンで繋げれば、使いやすかった感じです。

この二匹の活躍はほぼありませんでしたけれど、非情に面白かったバトルビデオ。
71-58348-27200
水ロトム、ルカリオ、バクフーン VS ボーマンダ ビーダル ペンドラー

むらっけビーダル好き必見
ルカリオ、ペンドラー、ボーマンダ落ちて。
バクフーン、水ロトムVSビーダルとなり。
こだわりメガネをトリックされて、ダイビング固定となったビーダルは水ロトムに対して、ダイビングの連続。
伸び続けるむらっけによるステータス、ロトムはボルトチェンジで削っていくが・・・
泥試合になったものの、最後のオチには笑ってしまいましたw。

砂食い 

バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子

またまた、謎の夢の世界に来てしまったサギ。
今度は仲間のミリィアルデとギロも一緒です。
baten2-25 (2)
ただし、サギ以外は世界に干渉ができない・・・。
変わらない歴史をなぞっているような、感覚に陥ります。

変わらず、謎の四人衆に連れられて、進んでいきます。
baten2-27.jpg
磁石のギミックは変わらず・・・ちょっと複雑になったかも。
敵も多く、追いかけてくる敵もいるため、エンカウントは避けづらいですが、戦ってもHPが減る仕様ではないため、気軽に戦闘ができますね。

デッキ枚数で手札の数が決められるのですが。
baten2-26.jpg
7枚になると、結構回しやすくなりますね。
バテン1にはなかった全体攻撃もあるので、ボス戦と雑魚戦でデッキを作っておいたほうが楽ですね。
めんどくさいからやらないけど

ボスは砂食い。
baten2-28.jpg
魔法が効かない・・・って、この世界の住人は魔法をいとも容易く使うみたいです。
効かないというよりも、シールドみたいに弾いているように思えますねw。
ここでサギ達の出番、マグナスバトルで倒してしまいましょうか。
虫みたいに気持ち悪い動きを指定ますけれど、特別に感想もなく倒せてしまいましたね。
ここでまた暗転、元の世界に戻ることになります。

ここでもらえるセドナのマグナス。
baten2-29.jpg
前作の星座てきなマグナスですw。
世界に散らばっているマグナスを集めて、村を復元していく、というもの。
お礼にカードが貰えるので、定期的に渡しに行くといいと思います。
面倒くさいので、狙ったりはしませんけれどw。

荒廃した世界 

バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子

皇帝暗殺計画に携わることになった、主人公サギ。
暗黒部隊はマキナウィルという特別な機械の使用を許されます。
マキナウィルとは、俗にいう殺人人形みたいな、機械で動く人型兵器のことです。
baten2-6.jpg
サギのポットから出てきたのは、覆面をかぶったギロという人形。
通常の兵士が持っているマキナウィルは、機械なので当然話すことも意志を持つこともありませんが・・・
ギロは何か特別なマキナウィルなのでしょうね。
正しく言えば、マキナウィルに含まれないとのことですけれどw。

さて、帝国のお屋敷へと進んでいきましょう。
今作では、Bボタンを押し続けることで、心の翼ダッシュができます。
baten2-7.jpg
画像がぶれまくってしまいましたけどw。
移動が早くて楽ちん楽ちん。
ただし、上のバーが溜まりきってしまうと、一定時間歩くのが遅くなってしまうデメリットもあります。
このバーの減りは敵がいるフィールドだと顕著に早くなるので、注意が必要かも。

皇帝の屋敷・・・別働隊が囮となっている間に侵入します。
まずは始めたばかりなので、チュートリアルですね。
スティックをわずかに傾けることのしのび歩き。
バテン1でもお馴染み、ブランクマグナスを使った採取などです。
さてさて、このRPGもかなり長いので、後が使えてますから、どんどんと進んでいきますよ!

いざ、皇帝の部屋に侵入してみると。
先にシャナトといわれる人物が会話をしています(この段階では分かりませんがバアルハイト派の人物)。
その人物を見送り、いざ皇帝の暗殺に関わろうとすると・・・
すでに皇帝は殺されていました。

暗黒部隊に囲まれるサギ達。
baten2-8.jpg
そう、これは罪を被せるための罠だったんです。
このまま捕まってしまえば、口封じのために死刑は免れないため、頑丈なギロを盾にして、逃げ出します。

逃走中・・・いきなり化け物に襲われます。
baten2-9.jpg
この敵はこの時点では判明していませんね。
初のボス戦となります。

初のボス戦で流れるのは、このBGM。
Poacher

かっこよすぎます
もはや、序盤のボスとは思えないような壮大さがそこにありますねw。
難易度自体は初めて、ということで楽に戦うことができます。
ただし、イベントで最後にはふっとばされてしまうんですけどね。

このまま、殺されてしまうかのように見えましたが・・・
ギロがばちばちと電気を発して、暴走。
バケモノをぼこぼこに殺してしまいます。

そして、何故かサギが大きな悲鳴を上げて・・・暗転。
まだ良くわからないことばかりですが、後ほど分かってきますw。

目を覚ましたら、見たことのない男に起こされるのでした。
ティスタ、ペッツ・・・サギは見覚えがないみたいですが、二人はサギのことを知っている様子。
baten2-10.jpg
しかし、サギのことをマーノと呼ぶことから、勘違いしているのではないかと考えられます。
近くにギロの姿が見えないことし、別の世界だと判断できますね。
村がなくなる? まずはこの人達に付いていくしかないみたいです。

草木も生えない荒廃した世界。
付いた先の村では・・・
baten2-11.jpg
村の人々が精神体と化していました。
いわゆる魂のみの姿にされたってことなのかな?
死んでいる(?)ことにも気づいていない村人・・・ちょっと可哀想です。

ここで、初めて青いフラワーワープに入ることができます。
行ける先はバテンカイトス1でもお馴染み、教会ですね。
baten2-12.jpg
今作では、レベルアップは戦闘後に計算されるので、前作みたいに何度も来ることはありませんけれど。
クラスアップはここで行われますが・・・前作のように攻撃力自体そのものが変わったりしないので、時たまな頻度でいいかもしれませんね。

この村を出ようとした瞬間・・・またまた暗転。
元の世界に戻ることになります。

バテンカイトスⅡ 

ひき続いて、「バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子」をプレイしていきます。
またまた、長編RPGとなります。

一周プレイしているので、そのデータを引き継いで始めて行きます。
baten2-1.jpg
特に引き継ぎボーナスで難易度に関わることはなく、BGMやマグナスといったコレクションが埋まっているぐらいですね。
バテンカイトスⅠと同じように、プレイヤーは主人公に取り憑きます。
今回も性別は女、しかし、名前はピカにしました。
敢えて、前回と違う名前にしていくのも・・・実は伏線ですw。

しかし、二周目といっても、ストーリーなどはほとんど覚えていなかったりw。
baten2-2.jpg
最初のサギの夢・・・伝承の中の戦いのようなムービーが入るんですけれど。
全く意味がわからないぐらいに、覚えていませんね。
ただ、物語の鍵を握る様な重大な事実だけは覚えているって感じですw。
本当に久々のバテンだから、ストーリーを楽しんでいけそうですね。
またまた、専門用語がかなり飛び交うストーリーになるので、やったことがない人にはさっぱりになると思いますw。

時代は前作バテンカイトス1の世界の・・・何年か前のお話。
さて、今回の主人公のサギは、帝国の暗黒部隊に属する一兵士です。
名前の通り、暗殺まで・・・かなり悪どいことまでやる組織です。
そして、いきなりかなり重大な任務につくことに。
baten2-3.jpg
帝国のトップである、皇帝を暗殺するように命じされます。

まずは、このバテンⅡのシステムを紹介していきましょうか。
バテンⅠのシステムは他のRPGとくらべてもかなり特徴的なシステムでしたが。
バテンⅡではお馴染みカードバトルは健在ですが、そのシステムをさらに変更されています。

デッキは1つに統一。しかも、複数のデッキを作成できるようになっています。
baten2-4.jpg
攻撃方法はシンプルに、1:小攻撃、2:中攻撃、3:大攻撃になっていますね。
Ⅰでは武器=攻撃手段となっていましたけれど。
Ⅱでの武器は装備して一定回数だけ持続する仕様となっています。
これにより、Ⅰの面倒臭かったバテンのデッキ編集がかなり楽になったと思いますw。

戦闘画面

baten2-5.jpg
攻撃方法は1~3の小~大攻撃となっていました。
カードを選択するにあたって、数字が大きくなるように選んでいきます。
理想的な流れは0:装備魔法→1→2→3→4:必殺技となりますね。
さらにバテンカイトスⅠの変更点として・・・
要らなくなったカードをBボタンで捨てられるようになったのが、非情に大きいと感じます。
Ⅰでもよくあった、防御ばかりのカードが揃ってしまって、攻撃不可能に陥ることを避けられますね。

バテンカイトス感想 

「バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海」の感想です。

一見変わった世界、ストーリー、BGMから織り成す世界観は見事なものです。
プレイヤーを精霊と置き換えることによって、本当に独特な世界観を表していると感じますね。
心の翼を持つ、空に生きる人々のファンタジーの世界。
SFのストーリーを楽しめるような方なら、まず楽しめると思います。

さらに、キャラクター、迷路のギミック、やりこなし要素まで。
しっかりと作りこまれている、大作。
私にとっては、紛れも無い神ゲーでした。

反面、戦闘システムについては、好き嫌いが別れてしまいそうです。
最後にもなると、一人のデッキ枚数が60枚、メンバー分としたら、計300枚を管理しなければなりません。
時間と共に回復アイテムが変わってしまう仕様も含めて、面倒くさいと感じる人も多いでしょう。
戦闘のマグナスバトルでも、防御カードが手札ばかりに来てしまって、攻撃できなくなってしまうこともあります。
回復のタイミングも完全に運となるので、自分の思い通りにならないと気が済まないような人には・・・向いていないのかもしれませんね。
逆に、縛りプレイとかが好きで、一定のルール上で遊べる人なら、戦闘も楽しむことができると思いますw。

バテンカイトスリメイクもしくは、バテンの続編を・・・。
任天堂の子会社となった、モノリスソフトさんが発売してくれることを祈っています。
もしかしたら、スマブラ参戦も・・・ないかなあw。
一定時間で折れる心の翼は、スマブラの復帰システムにはマッチしているように見えますね。

最後に、このブログと名前となった光星煌めく旅路の果てへ

いつ聞いても神曲です。
バテンカイトスをクリアした後だと・・・自然と涙を誘われてしまいますね。
記事を書きながら聞いていたのですが、100分間を聞き終えてしまいましたw。

さて・・・ひき続いて、バテン・カイトスⅡのプレイ日記を続けていきます。
このブログの名前を使わせてもらっている以上、決して避けて通れない道ですからw。
新作ゲームとか、幻想の系譜とかプレイしたいんですけれど。
もうちょっとだけ、待ってねw。

海、復活 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

ネタバレ注意


カラスは、一人旅立つシェラの後を追うと、付いた先は、初めてのエンドマグナスの地であった・・・
月騙しの森でした。

そこでシェラは最初からカラスの野望に気づいていたことを打ち明けます。
baten-115.jpg
知っていて・・・それでも泳がせていたんです。
ミラでのシェラの言葉「あなたを信じているからね、カラス」の言葉が身にしみますね。

そして、シェラは自らの使命を伝えます。
baten-116.jpg
氷の女王そのものに海が封印されていると。
大陸が大地に付いた以上、氷の女王として、封印を解かなければならない。
当然、氷の女王そのものは・・・

やりたくないけれど、やらなければならない。
シェラとカラス、精霊の力を使って・・・

光なき地に光を 
救いなき者に救いを
一人夜の底を行く我らを
海よいざないたまえ
時を捨て明日を葬る我らを
海よいつか許したまえ

baten-117.jpg

・・・まだだ!大きな怒声が割って入ります。
マルペルシェロに取り込まれて、マグナスそのものにでもなったのでしょうか。
baten-118.jpg
このエフェクト怖い・・・。
でもね・・・すごくいい雰囲気だったのにとりあえず空気を読もうか(#^ω^)。

正真正銘のラスボスです。
それでもエピローグ中のおまけボスてきな感じなのか・・・めちゃくちゃ弱いので。
さらっと倒してしまいましょうw。
baten-119.jpg
77777777

変な横槍が入りましたけれど。
海の復活によって、シェラ自身のマグナスが散ってしまいました。
baten-120.jpg
シェラアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
ここで光星煌めく旅路の果てへを流すのは本当に反則(`;ω;´)

その後、海に打ち上げられた、ペンダントから。
神獣クジラによって、ばらばらにされたシェラは繋ぎ止められて、後々復活することができます。
ハッピーエンドで本当に良かったです…。
その後のエピローグでは、白龍にのってカラスとデートしている姿もw。

最後、カラスと精霊(私)とのお別れです。
現実世界に対して、製作者の伝えたいメタ発現もありましたねw。
二次元の世界には来るなと・・・
baten-121.jpg
ノシ
本当に皆ありがとうー 楽しかったよー

マルペルシェロ 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

マルペルシェロとの最後の決戦です。
baten-109.jpg
一人一人に戦う前の戦闘準備が見ることができます。
いい演出ですね、カラスかっこいいw。

さて、(ほぼ)ラスボスといってもいい、完全体マルペルシェロ。
かなり凶悪な性能をもっています。
前みたいなビンタみたいな攻撃ではなく、大きな拳を用いて殴ってきます。
ダメージも多く、何度も殴られると本当に危ない・・・。
いつものように回復アイテムや防御アイテムを少なくしていると、かなり危険です。
さらにこのマルペルシェロ・・・3回攻撃してきます。
手札が防御で埋まる心配もないので、専用デッキを作ったほうがいいと思いますね。

かなりぎりぎりな戦い・・・死んだら御神酒で回復が続きましたけど。
baten-110.jpg
攻撃PTとして、なんとか攻め切ることができました。
これまでとは打って変わって、ラスボスに相応しい強さだったとおもいますね。

ミズチ様の術でマルペルシェロの動きを封じた後・・・
カラスはマルペルシェロに取り込まれたミローディアを救いに行きます。
baten-111.jpg
この子顔芸さんも可哀想な子だったんですね…。

正気に目覚めたミローディアは真っ白な神色から、水色がかかった髪に。
マルペルシェロに操られたカラス、ミローディア、そして精霊の力を持って。
マルペルシェロを封印へと導きます。
baten-112.jpg
この期、コル・ヒドラエは次元幽閉されるので。
白龍に乗って、逃げ出すことになります。

エンドマグナスを失った大陸は・・・地面へと落下。
baten-113.jpg
このままだと、大陸が滅んでしまいますが・・・

エンドマグナスの影、おそらく各大陸のエンドマグナスの残滓でしょう。どうみてもムジュラ
baten-114.jpg
大陸を支えてくれます。
この期、大陸は植物に絡められるように姿を消していき・・・大きな山のような大陸となりました。

命を賭けた死戦が終わり・・・アヌエヌエ・・・いや、世界中で宴が始まります。
サヴィナやギバリといった仲間たちも肩の荷を降ろし、宴の中に溶け込んでいました。
・・・が、一人表情を曇らせて、白龍に飛び去るシェラの姿。

もうちょっとだけ、続くんじゃよ。

全ての力を結集させて 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

コレルリ様に準備ができたことを報告して。
baten-102.jpg
最初の大陸を収めていた小者のロドリゲスを含めた全員で、嵐の城コル・ヒドラエに立ち向かうことなります。

まずは、城を塞いでいるシールドを壊さなければなりません。
baten-103.jpg
大陸をごごごごごご・・・大陸に残ったエンドマグナスの力を使って、結集させて。

各大陸からのエネルギーを直接ぶち込みます。
baten-104.jpg
ゲルドブレイムが亡き今、帝国側は・・・あのエイミとフォルンが味方についてくれました。

敗れたシールドから・・・白龍に乗って、PT全員がコル・ヒドラエに侵入することができました。
ちなみに、最終決戦だからセーブ出来ない可能性があると考えられますけど・・・
これほどの大掛かりをしたことにもかかわらず。
コル・ヒドラエを脱出して戻ることができます。
大陸も何事もなかったかのように、戻っていますねw。

コル・ヒドラエでは、エンドマグナスの影を倒していくことになります。
baten-105.jpg
各ボスの影は、それぞれ火、水といった属性を吸収するような特性を持っています。
逆に考えれば、二倍近く弱点があるので、それを付くようにすれば楽になると思いますね。
戦闘ダメージの詳細画面を表示していない設定だと、判別が難しくなりますけどw。
また、ラストダンジョンらしく各キャラの最終必殺技に加えて。
ライトブローレベル6といった強力なカードが手に入るので、宝箱だけは逃すことはできませんねw。

マルペルシェロとミローディアが玉座に座る謁見の間に来ると・・・
またまた凄まじい形相で睨んでくる顔芸さんw。
マルペルシェロとの最終決戦が始まります。

正直言って・・・
かなり弱いですw。
baten-106.jpg
前通り可愛くビンタしてくる+状態異常攻撃が多め。
全キャラに99耐性防具を装備している時点で、全く怖くないですw。
ほとんどがHPを削られないまま、簡単にクリアできてしまいましたね。

マルペルシェロが押されていることに、衝撃を受けるミローディア。
後から駆けつけた王族たち・・・カルブレン公にミローディアについて衝撃的な事実を打ち明けられます。
baten-107.jpg
実はミローディアはすでに亡くなっていました。
それをエンドマグナスの力を借りて、蘇り・・・マルペルシェロに操られていたのでしょう。
自分の境遇にさらに絶望し、マルペルシェロの中にとりこまれてしまいます。

空っぽだったマルペルシェロが魂を帯びてしまいました・・・
マルペルシェロ完全体・・・。
baten-108.jpg
・・・だっさwwwwwwwwwww

亡き祖父の遺産 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

毒に囲まれた大地から、アヌエヌエに戻って来ました。
状況は変わらず劣勢、無限にも思える魔物が襲いかかってくるのだから、当然なのかも。
そこで、魔女たちから、ラリクシ・・・一番最初のケバルライ村の医者から話があることを聞きます。
とりあえず、コトランの足音がうるさくてシリアスブレーカーになってますねw。

カラスと・・・フィーの衝撃な事実を聞かされます。
baten-95.jpg
ゲオルグの手によって、いや、マルペルシェロの手によって・・・
人為的に生み出された命でした。
片羽が無いのは出来損ないだかららしいですね。

そんなゲオルグが、ラリクシを通してカラスの為に残した、遺品。
それを探しに、離れた孤島へ向かうことになります。
その先には・・死んだはずのジャコモ。
baten-96.jpg
精霊の力を無効化する特殊な戦術を駆使して、襲いかかってきます。
負けイベントだったのか、かなり厳しい戦いを強いられます。
フォロン、エイミ、ジャコモそれぞれ攻撃力も高く。
こまめに回復しないと、危うくなります。

一戦目、勝ったとしても何故かイベントでは負けており。
カラスが愛用していたゲオルグの飛翔機が壊されてしまいました。
・・・もうこの流れで遺品が何なのかわかってしまいますねw。
カラスの新しい飛翔機でした。
精霊のちからも回復して、テイク2,2戦目に突入します。
今度はHPも下がっているので、三人のうち一人を倒せば、かなり楽になりますね。

この戦闘でジャコモは死に、エイメとフォロンの二人にカラスを協力するように頼みます。
ただし、今の今まで殺しあってきた相手と一緒に手をつなぐことなんてできず・・・。
二人は別の道を歩いて行くのでした。

ここから、最後の決戦に向けて、フリーとなります。
各キャラの最強武器を求めて、クエストをクリアしていくような感じ。
このブログでは、各キャラの詳細を詳しく書いていないので、省略してしまいますね。
baten-98.jpg
シェラの場所はこんなところ。
最後には、そのキャラを強制的に出撃させるような、ボス戦も待ち構えています。

ここからは、マグナスの数字が回るのはデフォルトに。
baten-97.jpg
全てのキャラにこんな全耐性を持つ装備をゲットできるからですね。

シェラの究極魔術はこちら。
baten-99.jpg
氷の女王らしい、水の必殺技です。
まさに必殺技の名の通り、即死100%は便利ですw。
当然、ボスは耐性を持っているため、効きませんけど。

サヴィナの究極秘術はこちら。
baten-100.jpg
スタンドを会得しますw。
オラオラオラオラオラオラオラ

おまけ
同じモノリスソフトのコラボですね。
baten-101.jpg
私はプレイしたことないんですけど・・・w

次の記事で、ようやく最終決戦となります。

土の国崩壊 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

天の剣を持っていった犯人・・・
それは、もう一つの村の町長つまりもう一派の長であるクラムリが持ち去ってしまいました。
天の剣を片手に、マルペルシェロと交渉をしようと、石の塔の結界は解いてしまおうと画策しているみたいです。

それを追って、石の塔ゾスマへ。
ここのギミックは非情に見づらいパズルとなっていますw。
baten-89.jpg
赤を緑色の部分にはめ込み、青色は壁側に押すことで、進んでいけるようになります。
ただし、3Dを2Dに表示させると、どちらが手前なのか、分かりませんねw。
是非、3DSで見てみたいダンジョンです。
バテンリメイクはよ

先へ進んでいくと、周りのブロックを消していくような階層も。
baten-90.jpg
じろーって見られると、やりづらいんですけど・・・。
やはり、このブロックを消してしまったら、よく分からない機械みたいな二個のボス戦となります。
属性はわかりやすく色通り、赤い方が火で、青い方が水となっています。
うちのメンバーは水属性が多く投入されているので、赤い方から倒してしまいました。

石の塔頂上では、クラムリが結界を破いてしまいます。
雷と共に現れるマルペルシェロ。側にはあの顔芸さんも一緒です。
baten-91.jpg
結局、憎しみで構成されている神には話しあいなんてできるわけがありませんね。
結界が解かれてしまった土の民の集落。
長年の封印の恨みを晴らすため、マルペルシェロが暴れまくります。

大カムロ様達は、土の民として命を持ってマルペルシェロと戦い初めます。
まだマルペルシェロには到底及ばないだろうから、ミズチ様とカラスたちには、空へ登れと・・・
それで、素直に戻るミズチ様でもありませんから。

結局は、大カムロ様達のところへ戻って、マルペルシェロの戦いとなります。
baten-92.jpg
仮面を剥ぎ取ったミズチ様の覚醒・・・
結局、戦うのはカラス、シュラ、サヴィナなんですけどねw。

イベントではすごく強そうなのに・・・
実際に戦ってみると、長い手で往復ビンタしてくれる程度の強さ・・・
正直弱いですw。
baten-93.jpg
パニッシュグレネード(棒

ミズチ様のちからもあって、なんとかマルペルシェロを撃退。
しかし、唯一の神器、天の剣を折られてしまいます。
マルペルシェロへの対抗策がなくなってしまいましたが・・・土の民の避難と共に、アヌエヌエに戻ることになります。

土の国へ 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

カラスを再び仲間に加えて、レギュラーメンバーの、シェラ、カラス、サヴィナのPTに戻ります。
精霊の力は再びカラスへ・・・シェラ固定にして欲しいんですけどねw。

まだ古の土の民が存在することが分かり、ミズチ様に連れられて土の国へと降ります。
何者も生きられないと考えられていた、泥雲の下へ、飛び込んで行きましょう。

降り立った先は・・・迷宮。
baten-84.jpg
進んだ先が自分目線となる(言葉で表現できない)ので、方向感覚がない人だと迷うことになります。
私とか、私とか、私とか・・・orz。
マップが切り替わるごとに、雑魚モンスターが復活するので、面倒くさいマップではあります。

迷宮を抜けると、ようやくミズチ様の故郷であるゲンマ村に到着することができます。
ミズチ様のご両親と面会することで、今まで謎だったミズチ様の過去がようやく明かされることになります。
ミズチ様が自分で「様」付けをしているのを、怒られています。
baten-85.jpg
静止画ではわかりませんが、この名前のミズチ「さま」の部分が点滅しているのが、面白いですねw。
これは後々分かることですが、自分のことを様付けしている理由は、他人に「様」と呼ばされることで、指揮官クラスだと思わえて、敵の狙いを引き付けるため、だそうです。

ゲンマ村のお偉い方、大カムロ様と行き先について相談します。
baten-86.jpg
この大カムロ様の「大」の意味はわたくしも存じ上げませんw。
龍の鏡、ペンダント続いて、マルペルシェロの対抗するための最後の神器天の剣が収められていることを教えてくださります。
剣を取りに行くために、死の庭園カペラへ進むことになります。

ドロドロと泥ゴムと呼ばれるドロが流れ続けており、かき分けて進んでいくことになります。
baten-87.jpg
進むスピード、超おっそ!
いらいらタイム・・・いらいらいらいらいらいらいら。
でもこの流れてる茶色っぽいもの、チョコレートだと考えれば、少しは楽しく・・・なりませんかね?w

付いた先は、まるで世界が違うかのような、明るい小屋となっています。
baten-88.jpg
まるで絵に書かれているようなものですねw。
天の剣と言われているだけ、すごく和風な一軒家。
しかし、すでに天の剣は持ち去られていました

誰が持ち去ったのか・・・真相を探るため、大カムロ様の元へ戻ります。

白き翼 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

帝国要塞・・・
近づいてみたら、いらっしゃいと言わんばかりに分厚い門が開かれます。
baten-77.jpg
どうみても誘われている感が否めないですね。

ここの帝国要塞・・・違う意味での要塞。
今までのバテンのダンジョンは短く簡単なものが多かったですが・・・。
要塞はエレベーターのギミックがかなり分かりづらいです。
4つぐらい存在するエレベーターがどこにどうやって通じるのかを把握して、進んでいきましょう。

大きくなった今なら意味が分かるようになったんですけど・・・。
baten-78.jpg
回転するベッドルーム、その枕元においてあるお人形、木馬にプールまで・・・。
もしかしなくてもダッチワイフ
悪趣味なゲルドブレイムの趣味ですね、帝国の要塞にこんな一室を設けるなんて。変態乙。

玉座の前に現れたのが、ミローディアに付き添っていたファロド
名前言いづらい!ファドロに改名すべき。
baten-79.jpg
マルペルシュロの力を委ね、化け物化しています。
もはや、進化の秘法みたいですねw。

このファドロが相当強かったです。
ダメージ痛すぎ・・・麻痺らされるので防御すらできないこともありました。
こんな強いボスの二回行動は反則並のやばさですね。
こちらは防御マグナスをぎりぎりにまで削ってあるというのに・・・。
一人死ぬこともありましたけど、御神酒のおかげで蘇生。
HPは三人ともほの100近くにされましたけど、なんとか倒すことができました。
・・・これからまだ連戦があるので、お団子でHPを回復させることを忘れないようにね。

奥には、カラスとミローディアが待ち構えていました。
敵を討ち果たして、カラスは先に何を見ているのでしょうか・・・
かつての主人公、カラスとの戦闘に入ります。
baten-80.jpg
闇のwwwww大天使wwwwwwwカラスwwwwwwww
いやぁー、かっこいい名前ですねー(棒。
カラスという名前に反して、翼は白い・・・予言通りの白き翼です。
この写真のように、何度も何度も攻撃してくるので、防御マグナスが足らなくなりがちですね。
でも思ったよりもダメージは低いので、攻撃する準備を整えることを優先させてもいいかもw。
シェラの精霊魔法セイントバブルで1710ダメージ。
止めもクロノスティルで止めを刺せて、ストーリーの流れ的にいいなあって感じましたw。

その後、海の鏡によってカラスを浄化しようとするものの・・・。
カラスの苦しむ姿を見て、戸惑うシェラ。
そのスキを突いて、ミローディアに海の鏡を割られてしまいます。

もはや希望であった神器もなくなり・・・。
エンドマグナスから、復活するマルペルシュロ
baten-81.jpg
パーティ全員の結束の力(笑)を利用され。
闇の魔王・・・降臨。

強大なマルペルシュロに圧倒され、パーティは戦闘不能となりました。
ミローディアに止めを刺すように言われ・・・戸惑うカラス。
一人の葛藤が始まります。
じいちゃんゲオルグと弟フィーが殺される過去が明かされました。
baten-82.jpg
フィーの見た目って、ブッタみたいですねw。

希望を取り戻し、自分の白き翼を引っこ抜くカラス。
この翼を抜くという行為・・・これはバテンカイトス2によく出てくるようになりますねw。
カラス一人、マルペルシュロに立ち向かうものの。
闇の力及び精霊の力がなくなったカラスでは到底勝てないものでした。

絶体絶命、薙ぎ払え!と叫びたくなるようなビームをマルペルシュロが発射しようとした時。
幾年も昔、マルペルシュロ封印に貢献したと言われる土の民が立ちはだかってくれました。
幻の土の民・・・実はミヅチ様が土の民だったのです。
まだ本来の力を発揮できないマルペルシュロは逃げ去ってしまった・・・とさ。

こんな専門用語ばっかりで、プレイしていない人にとっては、さっぱりわけがわからないと思いますけど・・・
私には説明できません!w。

氷の国ワズン 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

シェラ、ギバリ、リュード、サヴィナ、ミズチ。
ばらばらになっていた5人の仲間を再び揃えて、アヌエヌエの対策本部に行きます。
神の肉体であるエンドマグナスの封印を解くには時間がかかるはず。
それまでになんとかして対策を立てなければならないのですが、エンドマグナスのちからを手に入れたカラスに対して、妙案もなく打つ手なし。
そんな時に名前がでた、氷の国の魔女のお話、魔女の助けを得られれば・・・。
本当にあるのかどうかすら分からない、氷の国ワズンへ・・・
藁をも掴むような気持ちで、向かうことになりました。

嵐の氷壁ゴライザ
baten-74.jpg
吹雪が襲われる中、雪をかき分けて進んで行かなければなりません。
氷の国へ入るためには、魔女の結界を破らなければならず。
写真左上が結界源となっており、3-4箇所の赤い玉に触れなければなりません。
雪のため、歩くのが遅いから、少しいらいらしてしまいますねw。

ゴライザを抜けると、崖の先に青く輝くクリスタルでできたワズンの都が見えます。
どうやって中に入るか、検討も付きませんけど。
何故か、シェラはワズンの国への入国方法を知っていました。

氷の国ワズン
家も道も全て氷でできている、寒そうな国。
これ、ベットまで氷だったら、生きられそうも無い気がしますw。
シェラが中央の道を通るだけで、周りの人々が頭を下げている!?

そうです、これまでずっと身分を偽っていましたが・・・。
シェラはワズンの国の女王様でした。
いわゆる魔女、雪女。
肌が異様に白い理由も、雪に囲まれて育ったからなんでしょうね。
婆様にこれまでの経緯のことを説明。
エンドマグナスを封印するために使われた、海の鏡を入手しに龍の湖へ向かうように言われます。

龍の湖で行われる試練とは・・・。
baten-75.jpg
運を試される、謎のマグナスバトルでしたw。
ボスは小林幸子
早く言えば、手を出す種類が多いじゃんけんです。
失敗するとダメージを受けますけど、割合ダメージなので、何回か失敗しても大丈夫です。
通常プレイでリセットすることなく、クリアできてしまいましたw。
これまでの海の女王がクリアできない・・・?これで?

シェラはこの鏡を使って、なんとしてもカラスを助けたい気持ちをもっています・・・が。
婆様は一度闇の力を持つものを救い出すことはできないと、シェラに知らせることもなく、見送ります。

マルペルシュロに通じる神器を携えて、帝国要塞へと乗り込んでいきます。

ヴァンガ3DS 

カードファイト!! ヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!

ヴァンガード3DS、買ってきましたー。
実は私カードゲームのゲームというのが大好物で。
遊戯王を始めとして、ポケモンカードゲーム、モンコレ、モンスターファーム、カルドセプトまで。
さまざまなゲームを楽しんできました。
今回もいろいろと楽しみにしているものですw。

さて、まずは主人公決めから。
ショタキャラ、ロリキャラ、イケメンまで、6人のグラフィックがありますけれど。
何か見た目とボイスが合っていないような気もw。
おもうちょっと男の子の声が高ければなあ

ちょうど良い、青髪カチューシャ姿の女の子がいたので、この子決定。
vanga-2.jpg
苗字と名前には、迷いました。
ニックネームはワユで行くので、漢字版の当て字で羽由で。
苗字・・・苗字・・・
いつもなら、木乃を使うんですけど、「きのわゆ」は、ゴロがあんまり良くないから使いたくなくって・・・。
結果として、同じ青髪カチューシャから、アルカナハートから廿楽冴姫の苗字から頂くことにしました。

続いて、初期デッキ選択画面へ。
性格判断の結果は海皇の末裔が選ばれたんですけれど。
vanga-1.jpg
この説明文から、桜花の姫巫女に決めました。
ガジェや剣闘獣といった、手札アドが大好きな私には、ぴったしな予感?

その後、頂いた拡張パックから、エースが頂けました。
vanga-3.jpg
CEOアマテラスー
パズドラから名前だけで、もう満足してしまいましたねw。
当分の間は、この子エースでがんばってもらいましょうー

こういうカードゲームのプレイ日記を書くことができないので、対戦の感想だけ。
対戦自体はスムーズで、すごく楽しみやすいです。
コール! コール! コール! 
・・・ボイスがうるさい!って思えるぐらいw。
ただ、遊戯王と違って、カードからモンスターが出てくるわけでもなく。
テーブルゲームのようにだけ進むのは、ちょっと寂しいかな。

CPUのAIは、序盤だからかもしれませんけれど、弱めですね。
回し方の正しさなんてものは、ヴァンガードを知らない私には分からないんですけれど。
CPUはいわゆる0円プレイではなく、絶対に負けたくないような戦い方をしてきます。
つまり、後二回攻撃される状態、クリティカルトリガーを引けば勝てる状態になったら、シールドを無駄遣いしてくるような傾向があります。
そうなると、手札アド的にはこちらが有利になりやすいので、簡単に勝ちやすいって感じました。

一回で貰えるポイントはかなり多め。
700ポイント以上で、1つの拡張パックを100ポイントで買えることと考えると、デッキ補強には楽そうですね。
私はオラクルシンクタンクなので、それがたくさん入っているパックを買いあさります。
vanga-4.jpg
パックを選べるなんて、凝ってるって感じましたw。

レアカードには数種類あるみたいで。
遊戯王でいう、レア、パラレル、ウルトラみたいな感じなのでしょう。
vanga-5.jpg
同じアマテラスでも金色に光るカードもw。
まさにエースとして、切り札に見えて、頼もしく見えてきます。

ヴァンガード記事はこれで当分の間はおしまいかな。
デッキレシピなんて書けるような知識もないので・・・書くことがないんです(´・ω・`)。

主人公シェラ 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

場面は移り変わり・・・暗闇の中で声だけが聞こえてきます。
この声は、シェラ!?

まだモザイクが、かかったままの状態。
baten-70.jpg
カラスに代わって、シェラに精霊として取り付くようになります。
現在の状況を聞いてみると、あれから帝国に捕まり、留置場に入れられてしまったとのこと。
新たにカラスを助け出すために・・・シェラは覚悟を決めることになります。

初めてマップ画面で光星煌めく旅路の果てが流れて盛り上がってくるのに。
baten-71.jpg
トイレの水で台無しだよ!!!

留置場の様子がおかしい。
なぜかシェラの牢屋の鍵が開いているし。
誰ひとり帝国兵が居ないし。
敵すら出現しない、静寂に包まれた空間。

様子を伺っていると、ものすごく大きな音が・・・。
白いドラゴンになった謎の一味が助けてきてくれました。
シェラも知っている様子・・・そういえば、シェラはこれまでに出身が明かされることがありませんでした。
そんな逃げる後ろ姿を見送るカラスの姿も。
わざと取り逃がしてくれた、そんな感じがします。
これはカラスの意志なのか・・・それとも、ミローディアの作戦なのか。

アヌエヌエにある、4国同盟軍本部にて、これまでの経緯を説明。
他の味方達は次元の狭間に連れて行かれてしまったもようです。
コルヒドラエからの魔物は、軍事同盟に任せておいて。
まずは、仲間を助けに行くため、シェラとワユ(私)は動き出すのでした。

それぞれの仲間は、エンドマグナスを手に入れた場所に磔にされています。
封印を解く鍵は・・・各大陸ごとの特色であるマグナスをもっていく必要があるので注意ですね。
とりあえず、今回レギュラーとして扱っているサヴィナから助けに行きました。

おお・・・番人が強そう。
baten-72.jpg
死霊騎士デスカリバー・ナイトを思い出してしまいますw。
こんなやつと、シェラで一騎打ちしなければいけないことを考えると、かなり厳しくなりそう・・・ですが。

2ターンで終わりました\(^o^)/
光属性が弱点だったのでしょうか(詳細を表示していないため、分からない)。
一度の攻撃で1220ダメージと、高火力をたたき出していました。

サヴィナを戒めから解き放って、パーティが二人になります。
次はこれまで一度も使ってなかった、ミズチ様・・・と。
ギバリ、リュードと、5人のメンバー全てを迎えに行きましょう。

カルドセプト3DS 

続いて、水面下でプレイしていた。
カルドセプト3DSの感想です。
あくまでストーリークリアのみ、対人のみは全くプレイしていません。

まず・・・
超ストレスゲー(#^ω^)
と感じましたw。

ゲームシステム自体は、それを売りにしているだけあって、面白いです。
簡潔に答えれば、モノポリー+カードゲームって感じですね。
イメージとしてはいただきストリートや、チョコボランドを想像してもらえれば早いかもしれません。
ただし、踏んだらお金を取れるのが確定なのではなく。
土地に配置したモンスターを守らなければ、逆にその土地を無償で盗られてしまうといった、デメリットもあります。
これは、モノポリーやチョコボランドでは、一旦優勢になってしまえば、安定するのですが・・・。
少しでも油断すれば、一気に逆転されてしまうゲームです。

しかし、CPUと対戦中は理不尽なサイコロの目に、イライラさせられますねw。
本当に理不尽・・・
1~10まで進めるのですが、ピンポイントで相手のマスに止まるのは、もうよくあることw。
酷い敵には、1800の相手マスに止まりそうになったので、分かれ道を進んで避けて、再度通り抜けようとすると、また止まってしまう目を出すんですから・・・
城や祠に止まりやすいのは当たり前、これ絶対に1/10ではないと感じてしまいます。

さらに、私がDSを投げたくなったのは・・・
CPUとタッグを組んで、タッグバトルというものがあるのですが。
タッグを組んでいるのなら、相方の土地を売って借金を返すことができてしまいます。
しかも、CPUのAIは、何 故 か、一番高い土地から売っていきます。
もういいたいことは分かったと思いますw。
一緒に組んだセレナさん、ほぼ勝ち確で進んだゲームなのに。
相手-800の土地踏んで私の1800の土地を売って、さらに相手の-1800の土地を踏んで、私の土地のほとんどを売って・・・
( ゚д゚ )
まじでDSに強打したくなってしまいましたねw。
私のネッシーレベル5の土地があああああああああああああああああああああああああ。

とまあ、こんな感じで。
現在、バルベリト&ライバーン戦で、少し萎えてしまっている現状でありますw。
また少し時間が空いたら、進めていくつもりではありますね。

明日、発売するヴァンガードも運ゲーと言われていますけれども。
ここまで、操作されていないことを願っていますw。

シムシティ5感想 

少しバテンカイトスを休憩して・・・。
これまで水面下でプレイしていたゲームの感想を書いていきます。
ちょうど、ヴァンガード3DSの発売直前ですから。

パソコンゲーム、シムシティ5の感想です。
まず、私が作ったクリミア都市から紹介していきましょう。
ここで注意事項。
シムシティ5に対して、私のパソコンはプレイできるぎりっぎりのスペックしか持っていません。
よって・・・
グラフィックを最低限にまで抑えているので、そこのところだけは、ご了承ください。
実際のゲームはもっと高画質なので、ニコニコ動画などで見てみるといいかも。

さて、ここが我がクリミアの玄関ともなる、高速道路の入り口です。
sim5-1.jpg
右側にバスターミナルを備えて、観光客に対して歓迎の構え。

大通りの病院や路面電車ターミナルを通り越して。
道の突き当りまで行くと・・・
sim5-2.jpg
我が都市のメインである、大学が見えてきます。
手前、左側には大きな高校が賑わっていますね。

大学を一望した写真です。
sim5-3.jpg
学生寮が三つ立ち並び、各学部が三つ据えてあります。

大学の後ろ側は、低所得帯が並び・・・
我がクリミア、もう一つの玄関ともなるフェリーが設けられています。
sim5-4.jpg
ちょうど船が出港されるところですね。
対岸に見えているのは、shaideさんが作った都市がぼんやり見えていますね。
残念ながら、うちの画質では粗すぎていますけれどw。

工業地帯では、我が都市の全ての電力を補うソーラー発電所が見えています。
sim5-5.jpg
左側は大学のテクノロジーを十分に用いたハイテク工場。
右側は小さな大学であるコミュニティカレッジが見えていますね。

とまあ、こんなかんじで、自分の思うがままに作れるのは本当に楽しかったですw。
最後に、クリミア都市の夜景を1つ。
sim5-6.jpg
もっと綺麗にプレイできたら良かったなあw。

感想に入ります。
シムシティ5は、純粋に街作りを楽しむことができるゲームだと感じました。
私はSFCのシムシティ、シムシティ2000ぐらいしかプレイしたことがないのですけれど。
いずれも、少しづつお金を貯めた上で、街を広げていくようなイメージがありました。

今作では、非情にお金が貯めやすいですw。
石油や石炭などの地下資源だけではなく、ゴミから出るリサイクルだけでも、プラスチックといった様々な素材を売り出すことができます。
それだけでも、序盤では利益が-になること自体が少なく。
あっという間にお金を溜めて、設備にどんどん投資していくことができますね。
流れる時間も早くできるので、すぐに大きな都市を作れます。

今作では、セーブデータも鯖によって保存されるので。
一都市が終わったら、また別の都市を作りなおせますから。
思う存分に、都市を作っていくことができます。
学園都市、工業都市、観光都市、何を作りたいかコンセプトをはっきりさせて。
自分好みの都市にしていくといいと思いますね。

画像にある通り、目線を低くして、実際に街を歩いているかのように目線を変えられるのは、すごいって思いましたw。
見てるだけで楽しいですね、街の喧騒に耳を傾けるのも良し。
大学やバスターミナルの、人が溢れる時間を見に行くのもいいですねー。

難点としては、1つ1つのマップが狭すぎました。
石油発掘や貿易省、スタジアムなど、施設をいろいろ作ったら、マップの土地が足らなくなってきます。
まだ全てが平地のマップならいいのですが、崖などがあるマップだと、どうしても・・・

今作はクラウドゲームとして、他の友だちと一緒にプレイすることができました。
あんまり一緒にプレイするメリットがない(流れる時間が違うので、片一方が異様に都市が成長していきがち)になるため、ちょっと残念でしたw。
流れる時の流れで一緒で。
ネトゲみたいなシムシティが出ても面白そうだなあって、期待してみますw。

怒りのゲルブレートフレイム 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海
ネタバレ注意!
このゲームに核心に入ります。
プレイする予定がある方は、是非実機で見て欲しいと思いますね。

ひき続いて・・・ゲルドブレイム戦です。
baten-64.jpg
最初の一手で・・・カラスが即死しました\(^o^)/。
恐らく即死属性の攻撃、一回だけなのでしょうか、それ以降は一度もしてくることはなかったのですけど。
回復役のカラスが死んだことで、かなりやばい状況に。
シェラ・サヴィナのどちらにも、回復アイテムなんて一つも入ってなかったですw。
それでも、力のゴリ押しでなんとか削りきってしまいましたw。
シェラのHPがもう敵の攻撃一回で死ぬところだったので・・・。
かなりぎりぎりではありましたね。

戦闘では勝ったんですけど、イベントではマルペルシュロの邪悪な力によって吹き飛ばされ・・・。
絶体絶命の状態・・・しかし、そこに黒幕登場。
baten-65.jpg
そう、冒頭から何度も何度も独白してきたミローディアでした。
ミローディアによって唆され、騙されたと知ったゲルドブレイム。
エンドマグナスはマルペルシュロの体ではなく・・・さまざまな神を分解して作られ恨みによって作られたマグナスだったのです。
そんな力を普通の人間が使ったら、ひとたまりもない・・・。
ゲルドブレイムはミローディアに引き連れられてきた帝国兵に撃たれ、火山の中へ落下していきました。
ここまで来ると、タコのような見た目も合わさって、ちょっと可哀想かもw。

さて、PTの中の裏切り者・・・今までずっと騙し続けてきた存在。
それは・・・主人公のカラスでした。
baten-66.jpg
初見ではびっくりしましたね。
今でこそいろいろなフラグがあったなあ、なんて思えるものの。
主人公は裏切ることはないと、そんな偏った考え方をしていたのでしょうね。
ケバルライ村から始まった時、精霊である私の記憶がなくなっていたのを利用しようとした時、私は反対した。
でも、エンドマグナスを手に入れるためには、精霊の力は必要であるから。
ミローディアとカラスは、何をしてかは知らないけど、精霊のみの記憶を消してしまったんでしょう。
最初から、エンドマグナスについて興味無さそうにしていたのも、全て演技だったのです。

必死にカラスを止めようと、選択肢を決めるものの。
baten-67.jpg
カメラ目線で、プレイヤーに語りかけるように、恐ろしいことを話し続けるカラス。
現実見たほうがいいのではないかって言われても・・・逆でしょうに。
実際問題、敵であるジャコモは死んでしまいました。
何のために力を獲ようとしているのでしょう・・・もはや得られる力に魅了されているにしか見えませんね。

マルペルシュロの力を得た、邪悪なるカラス。
baten-68.jpg
それにしてもすごい目をしていますw。
精霊を追い出し、マルペルシュロをその身に取り憑かせるのでしょう。

そして、最後のミローディア。
baten-69.jpg
拡大化してみると分かると思いますけど、なんという怖い顔をしているのでしょうかw。

突き放されてしまった精霊は・・・ここで光景が見れなくなり。
画面は暗転することとなります。
ー完ー

エンドマグナス開放 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

砂漠の村アザー
自ら語ることはなかったサヴィナですが、ここに来て重要な告白をします。
baten-59.jpg
元帝国兵サヴィナ・・・アザー討滅隊に参加した軍人でした。
虐殺が嫌で反対し参加しなかったリュード。
参加し帝国を抜けだしたサヴィナ。
両者に共通する部分はあると思いますね。

女の子から死神と呼ばれ蔑まれ・・・。
ここにいると傷つけてしまう、長く留まりたくないと感じたのでしょう。
帝国兵が見張っている火山の洞窟に堂々と入っていきます。
死神と恐れれる見張り兵・・・殺気あふれるサヴィナを見たら、戦闘する気が無くなってしまうのも仕方ないですねw。

しかし、火山の洞窟へ続く扉は鍵がかかっていて入れなくなっていました。
奥に済むおじいさんに聞いてみると・・・。
かつてのケバルライ村にいる医者のラリクシと知り合いのようで。
カラスの祖父であるゲオルグとも面識がある方でした。
第三者からの、ジャコモはゲオルグの息子であることの証明にもつながりましたね。

おじいちゃんは鍵を開けたり、その先の溶岩が行先を封じている道を開けるための「輝く粉」を作ったり、大活躍。
あのドロドロ流れる溶岩が一瞬にして氷漬けとなり、通れるようになるって、粉は一体何なのw。
baten-60.jpg
入り口にはかつてシェラが身に着けていた、古のペンダントが。
これが用済みということは、もはや最後のエンドマグナスは封印を解かれてしまったのでしょう。

とうとう、エンドマグナスが揃った!
ハイテンションのゲルドブレイム皇帝。
baten-61.jpg
解き放てエクゾディア!・・・じゃなかったマルペルシュロ!

外の世界ではすでに影響が出ていました・・・。
baten-62.jpg
マルペルシュロの居城であり、呼び寄せたのでしょう。
嵐の城、コル・ヒドラエ。
そこから溢れ出る魔物・・・・各地を襲い始めています。

ゲルドブレイムは古の神の力により・・・化け物の姿に。
baten-63.jpg
何これ?タコ?w
神とも思えないような格好に、ちょっと笑ってしまいますね。
さあ、ラストバトル(?)!

ジャコモとの関係 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

アルマードがから託された思いを胸に。
皇帝を追ってゴルドバへと踏み入ります。
飛行船で隣接させたのですが、銃撃も何もなくやすやすと侵入することができてしまいました。

飛空戦艦ゴルドバ
誰も居ない・・・セキュリティ用の機械だけが動いている感じです。
少し前、ミラのワープ空間にてジャコモたちがいた司令室で、コードを入力して。
ブリッジへのドアを開かなければなりませんが、コードは敵ロボットが持っているので、全員殺していきましょう。
iphoneでメモしていきました、全て手に入れるとこんなかんじに。
baten-56-6.png
・・・って、配送状況って何?wiphone何と勘違いしてるの?と突っ込みたくなります。
答えは4653
間違えて入力しても、大砲が発射されたりマグナスが入手できたりと、ちょっとおもしろいかもw。
4649なんて、ゴロがあるとつい入力したくなりますね。

ブリッジにいたのは・・・ジャコモと愉快な仲間たち。
baten-58.jpg
皇帝はすでに逃げ出した後でした・・・。
ジャコモ・フォロン・エイメ。
初めての3VS3、カラスの敵との最終決戦ですね。

まず最初に誰を倒すか・・・。
ジャコモは二回攻撃してくるけど、このゲームは攻撃されたほうが手持ちマグナスが事故りにくいのでラストにしておきましょうか。
攻撃力の高いフォロンから倒して、その次にエイメという順番でしたね。
状態異常攻撃もしてくるわけでもなく、三人ともHPは低めなので、苦労することはないと思います。

倒した後、ジャコモから衝撃の事実が・・・
baten-58.jpg
ゲオルグが父・・・?
ということは、カラスにとってジャコモは・・・父なのかおじさんなのか。
その言葉を最後に、ジャコモは自爆スイッチを押し、歴史上から名を消すのでした・・・。
・・・死の直前であっても、この不敵な笑み・・・ジャコモは憎めない敵でしたねw。

リミット5:00!ゴルドバを脱出せよ!
時間がないように思われますけど・・・。
FFⅥと違って、戦闘中でもメニュー場面開いても、時間が経過しないので、ゆっくりいってもまず大丈夫ですw。
兵器車庫にある装甲車に、ブランクマグナスを使って燃料を補給して。
どうやって降りたのか、装甲車で砂漠に不時着しました。

まずは近くの街にあるアザーにいって、情報収集しましょうか。

いざ敵の本拠地へ 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

カラスが無くしたしまったエンドマグナスも含めると。
結局、全てのエンドマグナスは帝国の手に渡してしまっていることになります。
ここで、ミローディアからエンドマグナスの正体を明かされます。
baten-53.jpg
シュ(手)、ソク(足)、キョウ(胸)、ドウ(胴)、そして最後の1つ・・・トウ(頭)。
5つ揃えると、世界が闇に覆われてしまうという・・・
なんだ、エクゾディアか・・・。

とうとう、最後の決戦が近づいてきてしまいました。
仲間の6人それぞれ胸に秘める思い。
baten-54.jpg
本当に寂しいよ・・・。

ここでようやくDISC1が終わりました。
baten-55.jpg
最終決戦前、もう物語は終わりそうにも思えますけど・・・ね。

帝国の友人たるミローディアの船を使って、帝国に不法侵入します。
・・・というか、警備緩すぎw。
ジャコモなんてミローディア誘拐までしたんだから、警戒されていて当然なのにね。
帝国に着いて情報収集しても、皇帝に関するエンドマグナスの情報を集まらず。
とりあえずは、元帝国兵であるリュードの家を訪れることになります。

代々、帝国の仕える名門リュード邸。
軍国主義である帝国は他国を陥れるかのような教育を続けていますけれど。
リュードの乳母であるアルマードには、まともな青年になるように育てた・・・恩人のような存在です。
何年かぶりの再会に感動しているものの、すでにリュード邸には罠を仕掛けられており。
リュードの兄と姉が、侵略者であるカラスたちを捕まえるため、銃を突き詰めてきました。
名門の恥さらしと呼ばれるリュード・・・それ許せずアルマードがリュードの味方に付き・・・。
baten-56.jpg
(゚ε゚ )ブッ
泣けるシーンですよ?深刻なシーンなのですよ?
その豚鼻は何?ふいてしまったじゃないですかw。
一周目の時はリュードが好きでメインで使っていたのに・・・。
今やり直すと、なぜかネタキャラにしか見えないんですけどw。

鏡の国のカラス 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

ミローディア家がある幻影街パランソワールに到着。
さすがはカラスの故郷というべきか、いろいろな所でカラスの顔を覚えている人がいますね。
中には片方しか羽がないことを理由に、悪口を吐くものも・・・。

ミローディアに招かれて大公の館へ入ります。
何故か、カラスの友達と名乗ってミヅチ様が着ているのでした。
悪い人には見えないけど、この時点ではさっぱり何者なのか分からないミヅチ様です。

カルブレン公にエンドマグナスと帝国の話を伝えて、協力を得ると同時に。
ミラの国にあるエンドマグナスは、代々大公が地下に封印していることを伝えられました。
・・・それを堂々と聞いているジャコモw。
帝国兵がいるなら、話すことぐらいやめればいいのにー。

最後の仲間であるミヅチ様が仲間になりました。
14歳だったかな?、この仮面の容姿ではありますが、女の子らしいですw。
ミヅチ様の武器はシェラと同じバースト系。
メンバーに入れるつもりはないので・・・
baten-49.jpg
有用なレベルⅢ系をシェラに移しておきましょうw。

ジャコモ達を追って、大公の館地下へ。
そこは、鏡の世界でした。
baten-50.jpg
細かく区切られて16カメラ。
どんな迷路になっているかすら、わからなくなりそうですw。
スタートが右上の赤い星、ゴールは左上の月、この画面ではすでに付いています。
分かりにくいけど、敵がドアップで映っている時もありますね。

続いて、第二の鏡。
baten-51.jpg
カラスが三人!?
原理はそこまで考えなかったけど。
画面が鏡になって反射している部分があるみたいですね。
道も狭くモンスターを交わすのもめんどくさいので、さっさと倒してしまいましょw。

迷路を抜けたその先は、鏡で封印された部屋。
ジャコモの鎌によって、封印は破られてしまいました。
出てくるのはエンドマグナス守護者・・・
baten-52.jpg
まどマギの魔女みたいなイメージがありますw。
戦わせられるのは当然、私達・・・っておい、ジャコモ!あんたも戦えよ!

せっかく倒したところ・・・まさに漁夫の利。
エンドマグナスをジャコモにさっと取られて、逃げられてしまいましたw。
エンドマグナスの封印を解くペンダントも呆気無く奪われてしまって・・・。
今まで、泳がされてきたのかってそんな感覚を覚えてしまいますね。

少女誘拐事件 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

お菓子村パルナスに戻ってみると、ミローディアが誘拐されたという事件が発生。
元々よそ者の集団であるシェラ達は、捕まってしまいます。
お菓子の家の中で捕まるけれど、お菓子を食べて穴を開けるという大胆な発想。
そして、それをギバリが実践するという展開には笑ってしまいましたw。
baten-48.jpg
効果音もすごく、がつがつむしゃむしゃですからw。

ミローディアを連れ去ったのは間違いなく、帝国軍でしょう。
しかし、逆に返せば、帝国はまだこの国のエンドマグナスを探しているということ。
庭園のエンドマグナスはまだ盗まれていないことが分かります。
まずは、ミローディアの救出を急いで、精霊の社 ネクトンへ。

最初の、精霊の名前を付けるときに出てきた場所がここでしょうね。
闇に包まれてはいるけど、仄かな柔らかい光が佇むような。
不思議な森・・・。

実はここの写真も撮ったんですけど。
私のiphoneでクラスの写真を撮ることになったのですが・・・、
「なんでゲームの画面なんて撮影してるの?」
なんて聞かれるとめんどくさいなって思って、急遽、消してしまいましたw。
そういうことで、当分はSSなしが続きますー。

実は分かれ道を二本超えるだけで、ボスの所に到達してしまうという短さですw。
ミローディアを人質に取っているのは、ジャコモ、エイミ、フォロンの特務部隊三人トリオ。
とうとう3VS3の戦闘か!と思いきや。
横槍を入れてきたのは、異次元の穴でお世話になった使徒に似た、シークリーです。

はっきり言って、めっちゃめんどくさい相手・・・。
麻痺攻撃ウザ過ぎ!
そして、麻痺させたキャラばかりを狙ってくるものだから、余計にめんどくさいですね。
攻撃がバラけないと、アタッカーのシェラの持ちマグナスが、防具系のマグナスで埋まって攻撃できなくなってしまうことが多いです。
そんなにもカラスが大好きなのか!ってほど、カラスばかり攻撃を仕掛けて来ましたw。
HP100代に持ち込まれたものの、なんとか自身で回復できたので、助かりました。
このゲームは、一人死ぬと蘇生手段が少ないから絶望的なんですw。
今のところ、一回も人を殺したことはないから、慣れているというのは有利ですね。

ミローディアを助けて、カルブレン公にエンドマグナスについて教えてもらおうと思った時・・・。
カラスは、アヌエヌエで手に入れたエンドマグナスが無くなっていることに気が付きます。
帝国に奪われた形跡も、落とした形跡もない・・・。
それなら、仲間の内の誰かが裏切って、持ち物袋から盗んだ?
疑心暗鬼に陥るPTです。

カラスは精霊である私に対して、エンドマグナスがどこにあるかを聞いてくるんですけど。
知っているかと聞かれたら、もちろん知っていますw。
誰が裏切っていて、どうやって亡くなって、今どこにあるかもね^^。二周目だもん。
でも、知っているって応えても、知ったかぶりのようにされてしまうのは、ちょっと悲しいかなw。

不思議な国のミラ 

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

ミラの国へと到着します。
エムブレマーたる私は、ミラって聞くとどうしても外伝を思い出してしまいますね。
まるで関係ないですw。はい。

お菓子村パルナス
文字通り、お菓子でできた村なんだから凄いですw。
ミラの国のお姫様、ミローディアとも出会うことになります。
baten-43.jpg
白い髪に純白な肌色、赤い瞳。
可愛らしいというよりも、なんだか不気味な印象を与えていますね。
カラスの故郷であるので、カラスの知り合いも見かけるというのに。
この国で有名なミローディアとは初対面・・・?
鋭い方なら気づくと思います。
記事には触れていませんが、エンドマグナスを開放するたびに独白する女の声・・・
どう聞いてもミローディアですよねw。
一度クリアした人なら、ここのシーンはにやにやしてしまうかも。
まあここまで言ってしまったなら、これから起きる展開に気づいてしまいそうw。

カラスの幼馴染とのお菓子イベントを終えて。
「光り輝くマグナスを見た」というトリルの証言から、不思議庭園デトゥルネへ進みます。

!?

baten-45.jpg
唐突に、2次元の世界へようこそ。
マップの名前も、まさかのそのまんまドルアーガの塔になっていますw。
明らかに塔ではなく庭園なのに・・・初見ではかなりびっくりしていましたw。
このスライムは普通に、エンカウントの敵として戦闘できます。
もう緑色の丸っこい塊なので、シュールw。

カラスがレベル5になると、最初はマグナスが足りなくなって大変w。
baten-44.jpg
もう属性なんて考えずに、適当に突っ込むぐらいじゃないと、50枚を埋めることなんてできませんね。
戦闘画面もこんな多さに・・・一回攻撃にマグナスを6枚選びます。
baten-46.jpg
これだけ選択肢が広がると、戦闘が楽しくなってきますねw。

最深部では、エンドマグナスは見つからず・・・影が残されているのみ。
そのマグナスの影との戦闘になります。
baten-47.jpg
モンスターファームのモノリスを思い出しますねw。
ダメージを耐えると、少しづつ欠けていく辺り。
かわいいw。

ここのエンドマグナスは誰が封印を解いたのか。
帝国に盗られてしまった後なのか。
調べるために、村へと戻ります。

お知らせ詳細 

あああああああああああああああああああああ

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
20130401.jpg
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
▼追記を読む(コメント返答)▼

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー