≪ 2013 12   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2014 02 ≫
2014年01月の記事一覧

FFT 3章 4章 

ファイナルファンタジータクティクス アプリ版

さて、ここまでシナリオを進める準備が完了。
どんどん進めていきましょうか。

アルガスの公爵が誘拐されてしまったらしく。
それを助けるために、主人公達は動くことになります。

スウィージの森
死屍累々。
FFT-11.jpg
突撃タイプのアルガスとディリータはすぐに倒れてしまいますねw。
厄介なのはボマーさん。
自爆されると広範囲でダメージを受けるので、予めばらばらにしておいたほうがいいかも・・・。

ドーターのスラム街
ドット絵キャラのアニメーションは見ていて面白いですねw。
FFT-12.jpg
剣を突きつけるなど、細かい動作もできているので。
よく作られているなって感じますw。

ここのマップは弓の崖撃ちが非常に面倒くさい…
FFT-13.jpg
攻撃が全く届かないような場所から白魔道士などの弱いユニットを狙われるので、痛い痛い。
なんでか知らないけど、ディリータとアルガスのNPC二人が勝手に向かっていってくれるので。
ほおっておいても大丈夫そうですね。

黒魔道士のファイア・・・始めて使ってみたんですけど。
威力やばすぎですねw。
範囲攻撃に加えてあの火力・・・相手のクロマが一撃で吹き飛んでしまいました。

上位貴族よりも、下位貴族の方が当たりが強いってありますよね…。
FFT-14.jpg
今、ちょうどソードアートオンラインのアリスタイゼレーションを読んでいるんですけれど。
それとは全くの逆なんだなーって感じてしまいました。
上からやられたことを、下にやりかえす・・・。
今の現世も残っている気がしますね。

FFT 2章  

ファイナルファンタジータクティクス アプリ版

マンダリア平原
野盗にボコられてるアルガスを助けるマップです。
「こいつまだ息があるのか?」
とか言われても、HPがMAXのアルガス君。
戦闘が始まれば、共同戦線してくれるぐらいですw。

なんか勝手に敵が詰まってくれるので、戦うのは楽ですね。
FFT-10.jpg
アルガスが倒されるとゲームオーバーなので、後ろからおまじないをかけてあげます。
おらおら!はよ戦えよ、アルガス!

マップをクリアしたら、レベル上げ開始。
マンダリア平原はワールドマップで通過しようとすると、確率でランダムエンカウントすることができます。
前回仲間にした者達のレベルを行って、せめてジョブチェンジにまでしておこうと思いました。

FFTの戦闘システムの特徴として・・・
何か行動をすれば経験値が貰らえます。
味方を殴ったり、石を投げつけたりすることでもね。

よって、固有のジョブにする前に・・・
見習い戦士のスキルポイント300の「ためる」を全員に習得させておくことにしました。
覚えさせておくだけでも、暇な時に使えば、レベル上げすることが可能ですからねヽ(=´▽`=)ノ

ただし、難易度簡単になっちゃう気がするので、やり過ぎには注意かもw。
ランダムエンカウントは2~3回ぐらい戦えば全員にためるを覚えさせられるので、それまで・・・かな。
後は詰まったらレベル上げに入る感じぐらいで、戦略シミュレーションを楽しんでいきましょう(*´﹃`*)

ホークブリザードの育成 

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

ブロニール地方まで攻略できました。
dqm-4.png
パーティはずっとこの5人で進んできています。
回復役がスライムナイトを入れて三人もいるため、もう一匹ぐらい火力職を増やしてもいいかなー

金の地図ふくびきで出てきたホークブリザードの育成に入ります。
早い段階で「ザキ」を覚えるんですけれど。
使いづらい呪文で、どうやらボス相手には無効みたいなので…
ほんと要らないスキルですね。
レア度Bの強さを生かすためにレベル18まで育成して、氷の息を覚えさせない限り。
ホークブリザードの強さは出てきません。

どうやったら、レベル上げの効率がいいかなと考えてみると。
ブロニール地方のラストダンジョン、死者の渓谷が美味しかったです。
宝箱に人食い箱が出てくるので経験値も良く、世界樹や世界樹の雫を手に入れられるので、金銭面でも助かります。
ダンジョンボスは三体いますけれどどれも耐久力の低いやつばかり。
dqm-6.png
全体攻撃を覚えたモンスターがいれば楽に倒せてしまうと思います。
マップ自体も特にギミックもなく短いので、周回プレイには最適ですねヽ(=´▽`=)ノ

最終的な経験値は
dqm-5.png
これぐらい。
序盤の稼ぎ場所として、どうでしょうか(*´﹃`*)

DQMSL 

ドラゴンクエストクエストモンスターズ スーパーライト

先日配信されたばかり。
スマートフォン用アプリ「DQMSL」をプレイしてみました。

・・・どこかで見たことがあるゲーム画面。
dqm-1.png
こちらで用意できるモンスターが5体。
ダンジョン前に、フレンド、もしくは野良からサポートモンスターを借りることができます。
フレンドの人はサポートポイント10点貰えて。
野良の人はサポートポイント5点しか貰えず、リーダースキルが発動しません。
ダンジョンクリア後に、フレ申請することができます。

どうみてもパズドラですよね・・・?
戦闘システムだけはさすがにパズルではありませんけれど。
根幹となる部分はパズドラと一緒です。

今は開始記念として、毎日ジェム100個貰えています。
500個でパズドラでいうレアガチャが引ける権利を貰えます。
最初に貰えたモンスターは・・・
dqm-2.png
スライムナイト!
・・・後から知ったことですが、チュートリアル中のレアガチャはスライムナイト固定だそうです。
露骨なリセマラ対策ですねΣ(゚д゚;)
その後の二回目のレアガチャで引けたモンスターは。
レア度Bのホークブリザードでした。

戦闘画面。
dqm-3.png
RPGらしく、戦うから魔法まで選択できるようになってます。
ほんと、パズル&ドラゴンからパズル部分がなくなって、クエストが付いたみたいなものですねw。

パズドラも実質引退状態みたいなものなので。
少しはこのDQMSLを続けてみたいと思います。
・・・飽きっぽい私だからいつまで続くのやらヽ(=´▽`=)ノ
フレンドコードはPC画面での左側に乗せておきますね。
ご自由にどうぞー ▼追記を読む(コメント返答)▼

FFT 1章 

ファイナルファンタジー タクティクス アプリ版

姫の護衛の任務を仰せつかった主人公ですが…
敵対する国に従い、姫を誘拐するディリータを見つけます。
先ほどの冒頭の英雄は彼を示していましたねー

話は主人公の回想に繋がり、回想の回想といった・・・
ちょっと複雑な話になってきましたw。

主人公が士官時代のお話。
この頃は貴族の末弟として名門ベオルブ家の一員っと。
先ほどの英雄ディリータは、主人公の幼なじみの関係・・・なるほどなるほど。
ディリータは仲間ではあるんだけど、強制出撃及びこちらから指揮することができません。
魔法都市ガリランド
FFT-7.jpg
お前がゆーな!
脳内突撃CPUな癖して(#^ω^)

最初の一章だけあって、かなり楽に進められますね。
FFT-8.jpg
普通に殴っていれば、クリアすることができてしまいます。
回復はアイテム士のポーション任せ。
最初の仲間であるモブキャラは使うことはないので、経験値は主人公貢いでいきましょうかー

一マップ終えて、クリアしたら。
戦士斡旋所にて、兵士を雇うことができます。
既プレイ済みの方に教えて頂いて…
FFT-9.jpg
BRAVEかFAITHの値が70の兵士を集めていきました。
少しだけ囓ってあるので、何人育てようかすでに決めていまして。
とりあえずは、5人。
黒魔道士、白魔道士、弓使い、前衛を育てていこうと思います。

名前は・・・それぞれ。
ソフィーヤ
ミスト
レオナルド
カミュ
FEから引用してしまいましたw。
育成は次回から。 ▼追記を読む(コメント返答)▼

フェアリー統一 3 

ポケットモンスターXY

フェアリー統一でよく相手から選出されたポケモン
ゲンガー/メガゲンガー
フェアリー統一の最大の難敵。
上からヘドロ爆弾で殴られるだけで辛く、道連れで二人持って行かれると統一パでは負け濃厚となります。
電磁波を撒ければ、楽に処理できるようになるのですけれど。
メガゲンの場合は身代わり持ちも多く、安定しません。
タスキかメガストーンか、見極めるのも大事になってきますね。

メガガルーラ
環境最前線のノーマルポケモン。
やることは分かりやすいので、対策はし易いかも。
ピクシーをパーティに入れていても、壁張りグロパン積みを狙ってくるのは低レートだからでしょうか?
ゴツメピクシーやらゴツメグランブルで受けることは可能ですね。

メガリザードンY
炎を受けられるポケモンがいなくて、マリルリにもソラビがあるので、かなり重いです。
エースであるクチートにも強く、鬼火持ちもいるので、不意打ち頼りでは難しい相手。
HP振りキッスなら火炎放射は耐えれるので、麻痺を撒いてなんとか・・・って感じ。

ロトム全般
マリルリ、トゲキッス、グランブル、クチートに対して重く、パーティにぶっ刺さり。
麻痺が効かない鬼火持ちは、クチートで対処できないので、しんどいです。
このポケモンを見ると、ピクシーをパーティに入れたくなりますw。

ギルガルド/メガクチート/ヒードラン
フェアリー狩ポケモンの鋼達。
前者二匹は対策してあるので、はたき落としたり燃やしたりできますけれど。
面倒なのはやはりヒードラン。
マリルリをドランのラスターカノン二耐調整にしたいです。

ガブリアス
フェアリー統一なのに、なんでお前出てくるの?w
実際にはどくづきやアイヘ持ちが多く、上から殴られると結構辛いです。麻痺らないし。
メガクチートの威嚇込みだと地震を耐えて、返り討ちにすることができます。
こだわりタイプはトゲキッスとクチートで撹乱することが可能ですね。

フェアリー統一 2 

ポケットモンスターXY

フェアリー統一の続き。
4体目
kissutoge.png
白い悪魔・・・選出率ほぼ100%ぐらい。
エアスラでひるませれば何でも突破できてしまいます糞ポケモン
このポケモンが輝けば勝てる、そんなゲーム。
鋼が重いフェアリーにとって、大文字は重宝してくれます。
Sは80族の同族対決を必ず抜きたいので、かなり安全にマージンをとっています。
対フシギバナで先手取れるかどうかが、すごく大きですから。

5体目
megasana.png
特殊エース。
物理に耐久を振って、広範囲の攻撃を耐えられる用に調整してあります。
メガ枠はクチートも採用しているので、どっちかというと選出率は低め。
相手の物理か特殊かによって、メガ枠をどちらにするか決めます。

6体目
ktito.png
物理エース。
麻痺を撒いて圧倒的な攻撃力で、上から殴りに入ります。
バンク解禁から、過去作での教え技であるはたき落とすは強力。
生半可なポケモンでは受けられず、タイプ半減するポケモンは基本的にクチートの前には出てきません。
ヒードランをはたき落とす→不意打ちで持って行くこともできました。
チラチーノぐらいの耐久なら、はたき落とすでもっていけますが。
HP振りシールドギルガルドにほんの少しだけ耐えられるのが惜しいところですね…。

フェアリー統一 

ポケットモンスターX

フェアリー統一が完成しました。
レートで何戦か潜っていたのですが、普通に使いやすくて強いです。
当然、ガチ相手と戦うことも多いのですが、パーティ単位で無理と感じた試合はほとんどありませんでした。
個々のスペックが高いポケモンが多く、対処できないポケモンが居ないのがフェアリー統一の強みであり、醍醐味であると思います。

まずはパーティ概要から。
その後、6匹パーティのうち今記事で三匹、次記事で三匹。
明後日の記事で対策と考察を綴っていきたいと思います。

パーティ
プクリン グランブル マリルリ トゲキッス サーナイト クチート

基本的には、麻痺を撒いて、エースで殴っていきます。
トゲキッスはご存知の通り、麻痺があれば無双できてしまうポケモン。
メガクチート、メガサーナイトは共に火力が高く、耐久力が高いので、突破力が高め。
統一パのメリットして、相手の選出が非常に読みやすいことがあります。
タイマンに持ち込んでしまえば、勝利が見えてきますね。

重いポケモンは鋼や毒ではなく、電気
麻痺で攻めるパーティなので、単純に辛いです。
特に鬼火を持つロトム、クチート選出の場合は最後まで残られる場合が多いです。
トップメタであるギルガルドに対しては、マリルリ以外のポケモン全てが有効打を持ってます。
ゲンガーが若干重いですが、特殊耐久のあるポケモンが多く、麻痺を撒ければ突破は容易になりますね。

一匹目。
pukurin.png
変更点(マジカルシャイン→大文字)
麻痺まきその一、ステロ要因。
耐久力高く、麻痺とステロを巻きやすいポケモンです。
身代わり貫通のハイパーボイスがあるため、強気で電磁波を打ち込めるのが美味しい。
挑発、身代わりが多いギャラドスにも勝ち気で反撃することが可能です。
ステロがあれば、重いメガリザードンYやファイアローをクチートの不意打ち圏内にまで持っていけるので、優先して狙って行きたいです。

二匹目

guranburu.png
麻痺巻きその二。
威嚇での物理耐久とフェアリータイプで唯一覚えられる地震が強み。
ただし、若干特殊耐久が足りておらず、ヒードランやゲンガーの弱点一致技で一撃で倒れてしまうのがネックではあります。
物理耐久で特化すれば、メガガルーラに後出しして、電磁波を撒ける耐久力を持っています。
怒りの前歯と合わせて、育てなおそうか検討中。

三匹目
mariruri2.png
物理アタッカー。
HPが偶数なのは、腹太鼓型の使い回しなので許してください><。
言わずと知れたアクアジェットのお化け。
重いヒードランやボスゴドラは基本的にはこいつで対処するしかありません。

おやすみ(・・。)ゞ  

更新忘れて、寝てしまったのでお休み(∩。∩;)ゞテレテレ・・・

FFT 概要 

ファイナルファンタジー タクティクス アプリ版

突然ですが、スマフォ版ファイナルファンタジータクティクスを始めていきます。
fft-4.jpg
戦闘シミュレーションファンとして、是非ともプレイしたい作品だと思っていました。
PSPを持っていない私にとって、唯一チャンスなのがアプリ版だったのですが。
少し前までは、評判がかなり悪く・・・まともにプレイできないとさえ、耳に届いていました。
それがアップデートによって改善されて。
年始に半額キャンペーンが行われていた(700円)ので、いい機会だなと思いました。

かなり奥が深くやりこみ要素があるゲームらしく・・・
初見プレイだとゲームシステムを理解するだけでも大変そうです。
アプリ版に搭載されているチュートリアルもあるのですが。
fft-5.jpg
見れるか(゚Д゚)ゴルァ!!
40個って多すぎwww

実際には、このプレイ日記を始める前にテストとして、数章だけクリアしました。
どんなゲームなのかなーって理解して、途中でやり直すことに。
だから、最初の方は初見ではなく、ちょっとは分かったプレイ・・・になってるかもしれませんw。

ああ・・・それと、最近はリアルでも忙しくなってきましたので(遊びの意味で
これ以前にプレイしてきたメダロットやファミコンウォーズのように早足ではなくて。
ゆっくりプレイ日記を続けていこうと思います。
写真数でいえば、一つ記事2~3枚で、1マップ~2マップぐらいになるのかなー
・・・FEに慣れているだけであって、戦闘シミュの感想は書きやすいですねヽ(=´▽`=)ノ
ストーリーは悪までゲームプレイ日記としたいので、深く触れることはないと思います。

というわけで、スタート!
時代はヨーロッパ中世。
伝説を語るように始まり、表舞台の英雄と影の英雄として、主人公(デフォ名でラムザ)の名が挙げられます。
アプリ版とはいっても、ムービーも綺麗ですねー(*´﹃`*)

主人公は傭兵。
「今は傭兵」と聞くと、昔の彼は王族とか、いい身分の立場にいたのでしょうか。
( ゚д゚)ハッ!・・・主人公=王族って・・・エムブレムじゃないんだからw

最初のマップはチュートリアルみたいなものですね。
動かせるキャラは主人公のみ。
後の味方ユニットはコンピューターが勝手に動かしてくれます。
fft-6.jpg
やった!討伐数1!(石を投げながら)
▼追記を読む(コメント返答)▼

エルフーン育成 

ポケットモンスターXY

エルフーンの育成をしました。
eruhun_20140121211613153.png
マルチバトル(ダブルバトル)用の構成となってます。

今作、フェアリーが追加されて、耐性が強化された反面。
毒4倍により、コットンガードでの居座りが難しくなりました。
無効タイプも増えて、出しやすくなり。
先制アンコールでの縛りでの流し性能、追い風といったサポートが強化された感じがします。
しかし、草タイプに粉系無効が追加されて。
アローやフシギバナといった、どうしようもない相手も増えています。
現環境でも草タイプは辛い傾向があると思いますね(ただし、バナを除く(#^ω^)

今回は、そんなシングル界ではなく・・・
というよりも、私はパーティでの役割を考えるのではなく、個人で如何にポケモンを活躍させるかを重きに置いてるので。
なかなか、エルフーンのようなポケモンは使いづらいんです。

ということで、今回は主にマルチバトル用の構成となりました。
先手甘えるやアンコールで掻き乱す役割ですね。
主に麻痺や壁を張ってくるニャオニクスに強く、物理をごまかすことができるが強みです。
以前は追い風も採用していたんですけれど。
やっぱりマルチだと難しいですねw
相方のポケモンによっては安定しないので、結局、痺れ粉を入れることにしました。
アンコールでトリルにも、多少は耐性がありますから。

メダロット7 感想 

メダロット7 カブトverの感想です。

久々のメダロットのプレイでした。
7まで続いているそのブランド力。
独特の戦闘システムは現在でも通用するほど、面白いですね。
コンボ攻撃やバーストゲージなど、戦略の幅が広がりました。
シールドや継続ダメージ、アタックなど、三体のメダロットを組み合わせて、戦略を建てていくのは醍醐味であると言えると思います。

残念なところは・・・ストーリーのみの内容となるのですが。
終盤まで結局同じパーツとメダルでクリアできてしまったこと。
ほんとたくさんのパーツが容易されているんだから・・・
それを生かすようなゲームシステムを作って欲しかったですね。

見た目重視の装備となると、一式装備を全て集めなければならないし。
コンビニで買おうにも、ほんと異様な高さがそれを邪魔していました。
一戦闘でパーツ一つしか貰えないのに、あのパーツの高さは買わせる気がないでしょ!って思ってしまうぐらいですw。
・・・もともと、同じ攻撃手段(うつ攻撃や殴る攻撃など)の場合は、違いがわからないほど、パーツの差ってものが感じられないんですよね。
最初から貰えるカブトメダル、次に貰えるのがクイーンメダル。
どっちも射撃特化であり、最後まで使える性能になっているので。
見た目を考えると、変えづらく感じてしまいました。

ストーリーとしては、テーマは「友達」。
最初は仲が悪かったカブト君でも、最後のうちは信頼できるパートナーとなっていき。
主人公は自然と人やメダロットを引き寄せるような存在へ。
先が気になる展開だったし、とても良かったと思います。
・・・ただし、最後のオチがねー・・・うーん、惜しい(×_×;)。

このゲームはどちらかというと、ポケモンみたいに。
ストーリークリア自体がチュートリアルみたいなものなのかもしれませんね。
メダロットを極めたり、対人戦で戦ったりするのは別の面白さというものがあると思います。

私のプレイはここまで。
わずか1000円の新品で買ったソフトでしたけれど。
随分と長く遊ぶことができました

地球の平和を守るため 

メダロット7 カブトver

地球と月と衝突を避けた後・・・
月の過激派達が地球に降り立ってしまって暴れてしまいます。
人間達は隔離され、この世はメダロットたちの世界。
( ̄~ ̄;)ウーン・・・・・メダロットって、ほんと何のエネルギーで動いてるんでしょうね。
主人公たちは月の過激派達のリーダーを倒すために、メダロット社の中へ。

中ボスとして、グリードが立ちふさがってきます。
このグリードが非常に強い…
正直、この先のラスボスより強かったΣ(゚д゚;)
meda7-48.jpg
取り巻きのメダロット達が完全シールド系の装備をしていて…
特に頭のかんぜんガードがとにかくやばい性能を誇っています。
恐らく使用回数があるのでしょうけれど・・・
使用中は無敵状態
こちらが攻撃しても、無効化されてしまって、グリードにすら攻撃が通ることはありませんでした…。

対策らしい対策をしたのは、ここまでこの戦いのみですね。
攻撃が出てこないならとりあえず、ブーストを貯めること。
メダロットに「しかける」のパーツを装備させたりして…トラップでのダメージを与えていきました。
やっぱりカブトメダルのメダフォース、アタックトラップは優秀すぎますね。
攻撃をキャンセルしてくれるだけでも・・・
こちらはグリードさえ止めてしまえば、勝ち確定なので、粘るだけで勝つことができます。

さて、会社の屋上に到達して…ボス戦となります。
VS月の帝王。
meda7-49.jpg
つ・・・強そう(小並感
実際には楽に倒せてしまったりします…

結局、月の帝王は、人間がメダロットを隷従させていると勘違いしていただけ。
主人公とカブトとの絆を見せつけて一件落着・・・。
意図をくじいたところで、最後に黒幕との戦いになります。

流れからして、メダロット博士・・・ではなく。
meda7-50.jpg
誰!?

ストーリー的にはすごく残念な最後となりました。
あれ程、父が博士には注意しろ!と言われていて・・・
レアハンターズのアンが実は父の手の者で、博士のスパイだったのかー的なノリだったのり。
実はその父が言う「博士」とは別の人物だったーというオチ。
・・・すごく、寒くないですか?w

ラスボス戦は特に特記することもなく、クリアーヽ(=´▽`=)ノ
難易度的には、最後まで簡単なゲームだったと思いますw。

・・・
meda7-51.jpg
チトセという幼なじみがありながらあああああああ
こんなドッキドキエンドなら、もう何でも許せちゃうってかんじですねw。

大きなお月様 

メダロット7 カブトver

六つ全てのMドライブが揃いました。
父親に集めてくれと頼まれたのはいいものの、父親からの連絡は一切なし。
途方に暮れる主人公の元に、一本の電話が・・・

わけのわからないまま、メダルハンターズのアンを追いかけて…。
「信じている人に合わせてあげる」ということで…。
meda7-44.jpg
降り立ったのは
なんか非常に軽いノリで、宇宙ロケットに乗って、月のメダロットの本拠地にまで来てしまいました。
宇宙旅行なんて、日常茶飯事なんですかねー

父は月のメダロットたちに囚われていました。
月のメダロット達も一筋ではなく・・・
地球の人間と敵対側と、その反対側と分かれているみたいです。
敵対側は月を地球にぶつけることで、戦争を仕掛ける模様・・・
そんなことをしたら、星自体も崩壊してしまいそうなので・・・
当然、主人公達は阻止するために動くこととなります。

月のメダロットとの連続バトル。
meda7-45.jpg
9体と非常に多い連戦だったんですけどね。
いつもながら、一体も倒されることもなく、クリアしてしまいましたw。

集めたメガドライブを使って、月を地球の起動から離すために。
Mドライブを設置してきます。
meda7-46.jpg
一つ設置するごとに、一戦闘。
前の博士がドヤ顔で連れていたモンスターの一匹ですねーヽ(=´▽`=)ノ
・・・あれ、博士関係なくね?

氷の神殿 

メダロット7 カブトver

最後のMドライブを求めて。
雪山へと進んでいきます。

今度は博士の手のものであるレアメダルハンターズと行動を共にすることになります。
meda7-40.jpg
黒幕であるメダロット博士で・・・しかもアプリに発信機を埋められてしまって。
騙されやすい主人公はどんな展開になっていくのでしょうねー

氷の神殿ではパズルのような仕掛けが用意されています。
meda7-41.jpg
・中に入ることができない
・氷を押すと滑って奥まで進んでいく、途中に氷があるとそこで止まる。
・複数同時に押すことができる。
これぐらいでしょうか?
これが6個もあって・・・その中はむつかしく、結構長く頭を悩まされました。
コツとしては、どれも対照に設置されていることから。
上下左右同じように動かせば、クリアできるということですね。

現在のサムライはサソリ装備一式。
meda7-42.jpg
こうかは ばつぐんだ!
メルト攻撃は毒攻撃のように、徐々にダメージを与えて行ってくれます。
カブトのバースト技のアタックトラップとは抜群の相性を誇っていますね。
若干命中率は低いですが、狙い撃ちや我武者羅のすきに攻撃を差し込んだりすることができます。
スキを狙いやすいのが、射撃攻撃ではない近接攻撃の取り柄ですねー。

最後には、ロボロボ団とMドライブをかけてのバトルが待っています。
仲間たちはこれまで敵対行動をとっていた、ウィローズ。
8人ものメダロットとの、連続ロボトルですね。

・・・相方さん強すぎw。
meda7-43.jpg
結局、一体もやられることもなく、8対全て撃破してしまいましたw。

全てのMドライブを揃えて・・・父親の言うとおりにしてきましたけれど。
次、どうするんでしょうね。

海底都市 

メダロット7 カブトver

五つ目のMドライブを探して。
Mドライブも残り二つとなりました。

次の舞台は海底神殿
砂漠に続いて、次は海ですよ!海!
コハク君のサービスショットがあるわけでもなく・・・
初めての、天才メダロッターコハクとのバトルが待ち構えていました。
まあ、省略~ヽ(*´∀`)ノ

海底都市を目指して、洞窟を進んでいきます。
meda7-36.jpg
時には転がってくる大岩をロボトルで破壊したりw。
日頃、戦闘を繰り返しているメダロットですけれど。
意外と破壊力高いんですね…人も殺せそうな威力はありそうですヽ(´Д`;)ノ。

何もないダンジョンの行き止まりのようなところで、重要そうなアイテムをゲットできてしまいました。
meda7-37.jpg
まさかのティンペットw。
6体目になるのかな? そんな限られたレアが落ちているなんて…
これまでさまざまなダンジョンをクリアしてきましたけど。
メダルとか、A連打していれば入手できた、なんてありえそうですね…。
手持ちのメダル少なすぎるから・・・絶対見逃してるorz。

さて、海底神殿。
meda7-38.jpg
海の中が見えて綺麗ですねー
お魚がすごい勢いで動いているので・・・
タイムマシンやワープするときの、特殊なエフェクトなんかに似てますね(・∀・)。

ボスにはグラコス・・・ではなくって。
巨大なロボットでした。
meda7-39.jpg
ただのでくのぼうさんでしたw。
ちなみに、クイーンメダルはいまだに初期装備なんですけどね(^_^;)。

古代神殿 

メダロット7

ようやく後半といったところです。
さあ、エンディングまで突っ切っていきましょうか。

次に落ちた隕石は古代神殿。
メガドライブを探して、砂漠へ、サンドラシティへ進んでいきます。

サンドラシティにはカジノの存在も。
ポーカーやスロットといった、RPG系お馴染みのマシンがそれっていますねヽ(=´▽`=)ノ。
景品にはパーツやメダルといったものまで。
meda7-32.jpg
めちゃくちゃ欲しい(*´﹃`*)
これまでプレイしてきたけど、メダルって5枚程しか持ってないし…

さて、神殿に到着。
隕石のMドライブを狙っているわけでもないのに・・・
meda7-33.jpg
扉をこじ開けようとする、セレクト隊の姿がありました。
一体、何が目的なの? 平和を守るにしては過激ですねえ・・・(-_-;)
もはや、味方ではなく敵対組織ですw。

神殿最下層にて、メガドライブ入手。
meda7-34.jpg
テロテロテロリン♪って、ゼルダのファンファーレでも聞こえてきそうですねー
謎の多い、光の橋。
これが6賢者の(蹴

そして、このラスボス臭である。
meda7-35.jpg
黒幕はメダロット博士ということでいいのかしらん?
←しんりゅう ↑ゴールデンスライム →ローズバトラー
ドラゴンクエストモンスターズのモンスターじいさんを思い出してしまいましたw。
なかなか、カリスマを誇ってますねー

プクリン育成 

ポケットモンスターX

プクリンの育成論です。

第6世代の強化点として。
タイプにフェアリーが追加され、主に耐性が強化されました。
後出しが効くようになり、ステロや癒しの願いといったような、サポート役として使いやすくなりました。
攻撃面では、特性かちきが追加され、特攻種族値が10アップ。
それでも、85からの一致技90では威力がしれているので、威力上昇のアイテムや勝気を発動させない限り、確一で持っていくのは難しそうですね。
元ノーマルタイプらしく、さまざまなタイプの技を覚えるので、広範囲に弱点を付くことができます。
炎技を持たせれば、苦手な鋼タイプに対しての有効打に。
特殊ギルガルドは鋼技を切ってる場合も多く、影玉無効で聖剣等倍。ただし、弱点保険には注意。
クチートに対しては勝気発動で文字が確定一発・・・ただし、素早さで負けてるので、交換読み、素早さを降るなり。
並以上の耐久力があるので、やりたいことを決めて調整さえすれば。
活躍させられるポケモンだと思います。

HPが高いプクリンは防御と特防に振ることになるので、調整する醍醐味が味わえますね。

して、私が育てたプクリンは何をするわけでもなく、ただのステロ撒きなんですけどねw。
パーティ単位で考察していないので、そこらへんは仕方ないのですけれど・・・。
pukurin.png
物理耐久:補正ありこだはちファイアローブレバ耐え調整
特殊耐久:ようきゲンガーのヘドロばくだん高乱数耐え
     補正なしメガリザードンYの日照りか火炎放射耐え調整

物理は分かりやすい調整先がいるので、メタっておけば問題ないです。
本当によくみかけますからね・・・。
特殊調整には、前作ではラティオスのりゅうせいぐんという、いい調整先があったのですが。
今作では何を基準に見ていけばいいんでしょうねw。
とりあえず、プクリンの苦手なゲンガーを見ておくことにしました。

大抵の場合、一発耐えて麻痺からのステロを撒くことができるので、非常に使いやすいです。
特性かちきにしたので、C振りにして、アタッカーもこなせるように。
威力自体は低いんですけどね、ガブリアスに対してマジカルシャイン一発では落とせませんけれど。
コジョンドといった、低耐久のポケモンぐらいならもっていってくれます。

ハイパーボイスは調整したファイアローやリザードン相手に。
だいもんじにすると、広範囲にはなるんですけれど。
前述したとおり、文字を覚えさせても中途半端な火力なので、ボイスのままでいいかなって思えます。
・・・プクリンに進化させたら、もうハイパーボイスを消すことができなくなりますからw。

そして、何げにステロ+特性かちきは結構めんどくさいんですよね・・・。
ステロが前作のみの教え技なので・・・
BWで孵化させる→進化させてステロを思い出させる→XYに連れてくる→特性カプセル
といった流れ・・・。
BP200が詰まったポケモンですが・・・好きなポケモンだし使い勝手もいいので、満足していますヽ(*´∀`)ノ。

ビブラーバ育成 

ポケットモンスターX

完全なネタ枠となりますけれど。
ビブラーバの育成を行いました。
bibura-ba.png
修正し忘れてしまいましたけれど。
りゅうせいぐんの枠を今はとんぼがえりにしてありますw。

色乱数ができるようになって、是非とも育てたいと思っていたポケモンです。
全ての色ポケモンの中で、一番好きかもしれませんw。
ナックラー時は気持ち悪い色をしているんですけどね・・・
bibura-ba1.jpg
綺麗な蝶の芋虫程、不細工というか・・・

色ビブラーバの華麗な戦闘シーン。
bibura-ba2.jpg
ほんと、「赤とんぼ」って色で、すごく綺麗なんです。
これがドラゴンタイプだなんて・・・到底思えないですよねw。
虫統一パが組めるようになった時には、パーティに入れておくことにしますw。

フリーでビブラーバ3たて!
V25W-WWWW-WWW4-DBGF
タスキを持っていれば、なんとかなるのがポケモンなのです。
・・・それにしても、バトルビデオあげるのはいいんですけどね。
ポケモンXでしか見れないのは難点ですよね・・・打ち込むのがめんどくさいし。
せっかくPGLがあるのだから、ネットで見れるようになって欲しいですw

ウルガモス育成 

ポケットモンスターX

ウルガモスを育成しました。
gamosu育成
あの焼き鳥によって・・・
環境から離れることになってしまったポケモンですね。
それでもスペック自体が高いので、存分活躍できるポケモンだと思います。

アローやメガカイロス、こだスカキッスも存在もあって。
今では蝶の舞を前提とした耐久を重視したウルガモスで厳しくなっていると思います。
こだわり系を持たせて内逃げに特化したりしたほうが、環境にはあってますね。

以上、ここまで使ったことのない机上論乙!w
え?なんで育てたのかって?
私の図鑑コレクションにウルガモスが抜けてたし。
卵孵化用に便利で、そのうちレベル100になるだろう的な意図で・・・(^_^;)

ワタッコ育成 

ポケットモンスターX

ワタッコを育成しました。
watakko.png
マルチバトル(ダブル)用の構成となっています。

元々、その見た目愛らしさから結構好きなポケモンで。
金銀時代から育ててはいるんですけれど。
あの頃はシングルバトルメインでプレイしていたので。
エルフーンの影に隠れたりして、なかなか陽の目が当たらないポケモンでした。

今回、マルチバトルがwifiでできるようになったので、ダブル用のポケモンとして育成しました。
110からの先制眠り粉はやはり強力。
いたずらごころ+神秘の守り持ちでも、すり抜けて眠らせることができるので。
ワタッコならではの力を発揮することができますね。

何げに最速のグラスフィールド使い(?)なのかな?
ミストフィールドと同じように、グラスフィールドにも地面半減という隠れた性質を持っているみたいで。
相方の弱点を保護したり、草技の威力を上げたりすることができます。
昔に、こだわりメガネメガニウムを育成してあるのですが。
ギガドレインを強化すると、回復力だけでもゾンビとなりますねw。

シャンデラ育成 

ポケットモンスターX

シャンデラを育成しました。
osyan.png
栄光あれ

シャンデラの特徴といえば・・・C145の圧倒的な火力です。
生かすためにも是非とも控えめにしたいと思って、補正ありスカーフになりました。
今、流行っているのが壁貼りパーティ。
クレッフィ、エーフィ、ニャオニクスと相性がよくて。
壁をすり抜けて圧倒的な火力でたたき込めるのがシャンデラの強みですね。

残念ながら、控えめだと素早さ全振りにしても130族。
メガゲンガーを抜くことができません。
できるだけ、すばやさを下げて耐久に降ることにしました。
115族抜き調整。
HPに降ることで、ファイアローの弾ブレバが高乱数で耐えることになります。

ただ、よく見かけるゲッコウガ・オンバーンを抜けなくなるのが結構痛い・・・
どっちみちこだわりブレバを耐えることができないので。
思い切って素早さ極振りにまで降っておいたほうがいいのかなって、検討中ですw。

ウインディ育成 

ポケットモンスターX

ウインディ
を育成しました。
今作ではエンティが聖なる炎を取得。
役割は違えど、神速を持つクラウンエンティも含めて。
炎単色では強力なライバルが出てきましたね。

今回私が育成したウィンディはちょっと変わった型。
素早さ振りが多いウインディですが、極HP振りにしてみました。
uindexi.png
威嚇を含めて高耐久のステータスを持ちます。
炎単一という弱点がメジャーなタイプも生かして・・・
新しく追加された、弱点保険を活かす型です。

気になる耐久はというと・・・威嚇込みを前提として
メガガルーラの地震、補正ありガブリアスの地震を耐えることができます。
後攻で、二段階あがったインファイトで反撃。
しんそくもあるので、後続にも大きな負担をかけされることができます。

ワイルドボルト
は対水タイプです。
ギャラドスに対してもマリルリに対しても有用に。
舐めてアクアジェットとかしてくれると、すごく美味しい展開になりますw。

それにしても、見た目的にじゃれつくが覚えそうな気がするんだけど・・・
覚えないのがすごく残念ですw。
ドラゴンに対して優秀な有効打となりえたのにね。

余談ですが、名前が6文字まで入力可能となり。
ポケスペのクリスのニックネームであった、ウィンぴょんができるようになりましたw。
・・・・ほんと、あの頃のポケスペって、未来を予言しすぎですよね・・・。

ロボロボ団連続戦闘 

メダロット7 カブトver

メタフォース検定に合格してきました。
これはチャージゲージを全て消費して使うことができる、スパコンみたいなものですね。
カブトメダルならば、一体に対して大ダメージを与える一斉射撃と・・・
非常に優秀なアタックトラップを設置することができます。
これは、戦闘画面で話すことにしましょうかー

さてさて、まだMドライブに関わることではなく。
タルト君がロボロボ団にパーツを撮られて、取り返えすことになります。
・・・また、この流れかーいヽ(´Д`;)ノ
正直、正式なロボトルで負けたなら、パーツを取られても文句は言えないと思うんですけどね・・・。
主人公も普段からやってるルールじゃないですかw。

勝ち抜きロボトル三連戦。
meda7-30.jpg
一戦ごと回復するものの、負けたら最初からになるだろうと思うと、嫌なプレッシャーがありますね。
合計18体を倒す必要がでてきます。

これがまたまたなかなかの強さで・・・
meda7-31.jpg
リーダー各ルゥが倒れてしまって、1VS1まで追い込まれるところまで行きました。
画面中央にTRAPと表示されていますが、これが前述したアタックトラップです。

この技が非常に便利で、相手の攻撃しようとしたパーツに60ダメージ与えることができます。
判定が攻撃前に来るので、耐久力60以下のパーツは攻撃することもできず、破壊することができ。
今のところ、切れたところことがないほど、永続するみたいです。
簡単に言えば、攻撃パーツを耐久力60以下にしてしまうだけで、勝確みたいな。
こんな長引く勝ち抜きロボトルの場合は真っ先に設置を狙いに行くと、展開がものすごく楽になりますね。
カブトの性格である「弱いパーツから狙う」にはマッチしていないかもしてませんけどねw。

それにしても、メダロットのカオス装備のカッコ悪さは異常・・・。
meda7-29.jpg
もっとマシな装備ないの?wこれ。
もらえるパーツも一つばかりで、しかも性能差はあまりないし。
パーツを買おうにも高すぎて手がつけられない状況です。
結局、メイン機はセット装備のまま進んでしまうのがメダロットの欠点だと思ってしまいますね・・・。

ピラミッドへ 

メダロット7 カブトver

久々にメダロット7を進めていきますヽ(*´∀`)ノ。
ポケモンやらパズドラやら、間にいろいろなものが挟まってしまいましたね。
それでも、なんとかクリアには導いていきますよ。

次はサンドラシティという場所に隕石が落ちたらしく。
Mドライブを探しにいくことになります。
分かりやすい、ゼルダみたいな単純なストーリーでOKー
これで三つ目となるんでしたっけ?

都会であるもろこしシティからバスに乗って・・・ゲーム内時間だと数秒。
サンドラシティへと到着しました。
meda7-25.jpg
!?
何この、砂と石でできた村は・・・
日本風の都会だったもろこしシティからバスにのってきただけなのに。
そうか・・・ここが鳥取か
場違いのように建っているコンビニが何ともシュールな光景となってますw。

ピラミッドの内部には原住民とひと悶着あったのですが、それは省略しておいて・・・。
これはメダロット7に限った事じゃないんですけど。
最近、私のプレイ日記ってストーリーばかり追いすぎじゃないですか?
そこのところ、気になりだしたので、もっと「ゲーム」としてのプレイ日記に戻していきたいと考えてます。

というわけで、ピラミッド内部へ。
meda7-26.jpg
うわぁ・・・超複雑
エンカウントすると、メダロットは戦闘がめんどくさいから長引くんですよね・・・。
これまで貯めておいたロボロボメダルを使いながら、進んで行きました。
今のところダンジョン内に宝箱があった試しがないから、きっと取り逃しなんてない・・・はずヽ(;▽;)ノ。

ボス戦は遊戯王のアヌビスのような、格好をしていますね。
meda7-27.jpg
我武者羅メルト攻撃で継続的なダメージを与えると共に、リペアでターンを稼いでこようとしてきます。
まるで、ポケモンのどくどく+再生連打みたいな感じw。
さすがにそこまで回復はしないので、ナパームでゴリ押ししてしまうことも可能でしたね。

月の使者の中に、主人公の姿を知るものが現れました。
meda7-28.jpg
どうやら、主人公に対して、信頼しているような節があるのですが・・・。
他の月の使者と違い、Mドライブを授かる形となります。
まだまだ謎だらけですねー(*´﹃`*)

ライチュウ育成 

ポケットモンスター XY

ライチュウの育成を完了しました。
ライチュウ
マルチバトル(ダブルバトル)用の構成となっています。

XYになって、すばやさが110族となりました。
これは本当に良調整。
電気の課題であるガブリアスよりも早く動けて、めざ氷で突破することも可能になりました。

個人的にはライチュウってダブルの方が向いていると思います。
ダブルでのねこだまし使いとしてあげられるメガガルーラに対して、先制のねこだましを打つことができ。
その後、アンコールで縛ることができます。
マルチバトルではその性質上トリルパを構成しにくい点が挙げられるので。
麻痺が刺さりやすく、ほっぺすりすりで麻痺巻きを加えた耐久振りとしました。

10万ボルトかボルチェンはどちらにするか迷いますね。
今回はCにも降ってないし、大したダメージにはならないし。
守るで不発に終わることのほうが怖いので、10万ボルトでいいかなって思います。

地味に、特性避雷針もダブルで有用な特性ですね。
昔のギャライボルトの代わりに、ギャライチュウがワンチャンあるかな?w

アメモース育成 

ポケットモンスターX

アメモースの育成論です。
mosuto1.png

XYから、ねばねばネットというアイデンティティを習得。
まきびしの素早さ版といったところ。
相手が出してきた地面のポケモンのSを一段階下げるという、変わった性質を持っています。

今回はそのねばねばネットを安定して入れるための耐久振りとなっています。
特殊にした理由は威嚇によって、物理は補うことができるからですね。
先発のポケモンもしびれ粉によってすばやさを奪い、後発のポケモンもネットによってSを下げることができるような。
そんな役割となってきます。
でんじは+ネバネバネットが使えるデンチュラに近いものがありますね。
アメモースの場合は、威嚇に加えて、みがわり貫通のさざめきがあるため。
そこらへんが差別化となりそうです。

実際に使ってみると・・・やはり、初手アメモースは読まれやすい感じ。
特に初手ロトムの法則もあるため、ネットを貼れて終わりという、残念な場面が多かったです。
・・・それでも一応、役割は遂行できたというところでしょうかw。

裏にはネットを活かせるメガサーナイトやチラチーノを待機させておいたのですけど。
ネット対象外のポケモンが多いので、腐ってしまう場合も多かったです。
特にゲンガーのSを下げられないのが結構痛い・・・メガサーナイトの弱点でしたからね。

マルチバトル(ダブルバトル)だと、6匹となるのでネットの恩恵は多くなります。
威嚇もその分だけ有用になるのですが、雪崩と猫だましには要注意。
1ターンの重要性が増えるので、命中率が低いしびれ粉が外れたりすると、非常に痛い展開となってしまいます。
ほか、ネットの注意事項としては、マジックミラーの存在。
相手のどちらか一匹にエーフィがいると、跳ね返されて一気に大ピンチになってしまいますねw。
ミロカロスやプクリンといった、特性勝気ポケモンも増えているので、考えもなしに使用すると、相手を援護してしまうことにもなりかねませんね。

結局、ねばねばネットを生かすためには・・・
見せ合いで相手のポケモンから判断すること。
これが最も大事なことですねー。
刺さるときには刺さるけど、刺さらない場合は全く刺さらないし。
撒いておくだけで、役立つステロとは、運用方法がなかなか難しくなってきますヽ(*´∀`)ノ。

メガルカリオ育成 

ポケットモンスターX

メガルカリオを育成しました。
megarukario.png
A145からの適応力インファイトは強力。
メガガルーラ、メガクチート、メガバンギなどを上から殴れるのがルカリオの最大の強みですね。

特性に関しては、正義の心の方が発動機会は多そうです。
バンギに対して出しやすく、交換に大きく負担をかけられるのは大きいかな。
時にルカリオに対して猫騙しをしてくる場合もありますけれど。
初手メガシンカが基本なルカリオにとって、精神力頼りに動くのはもったいないかも。
大したダメージですらないので、安全にメガシンカできたと割り切ってしまいましょうか。

弱点はメガシンカする1ターン目。
種族値90族のままなので、ガブリアスが相手だとメガシンカする前に倒されてしまうことが多いです。
安定させるにはまもるを入れたりすると安定することができます。
ただ、技スペースがもったいない気がしますねw。
相手のHPを削っておけば、神速で1ターン稼ぐことも可能なので、プレイング次第で工夫することはできると思います。
ガブリアスなどのげきりんを誘発させておけば、積みの起点に。
メガシンカしながら舞って、インファイトで吹き飛ばすことも可能ですね。

ルカリオの役割としては、ファイアローと同じようにフィニッシャーです。
つるぎのまいで突破性能をあげるもよし、多彩な技で範囲を広げるのもよし。
パーティとご相談・・・というよりも、好みでもいいかもしれませんねw。

しんそくはファイアロー意識。
それでも、舞状態ですらファイアローをもっていけないあたり、あの鳥が以下にバグってるかがわかります・・・w。
サブウエポンのかみくだくはゲンガーとギルガルド意識。
フェアリーが重いなら、バレパンやラスターカノン、アイアンテール(前作)にすればいいと思いますね。
▼追記を読む(コメント返答)▼

メガアブソル育成 

ポケットモンスターX

メガアブソルの育成論です。
二回目の記事となりますね。
http://picachuu.blog94.fc2.com/category45-1.html#entry2058

前回のアブソルから、育てなおすことにしました。
悪タイプとの愛称補完がいい、じゃれつく遺伝のためです。
megaabusoru2.png
正義の心は発動できたらラッキー程度。
もともと、半減でもかなり痛い耐久種族値ですからね・・・。

種族値
65 150 60 115 60 115

耐久は全く変わらないけれど、A、C、Sがメガ進化によって上昇。
S115族は最速にしたくなるのですけれど。
タイプ一致メインウエポンがふいうちの80しかないので、威力不足に泣かれます。
物理技のレパートリーが広いとは言えないので・・・。
悪タイプのトリッキーなおいうちや、特殊技の二刀で広くして相手を苦しめていくしかありませんね。
前作でのマニューラを彷彿させるような、ポケモンだと思いますw。

今回は、その素早さを下げて、いじっぱりのふいうち重視の型にしました。
先制技であるふいうちと特性のマジックミラーの相性がいいので、アブソルらしい立ち回りになると思います。
すばやさは激戦区である最速81族抜き調整。
ギャラやトゲキッス、フシギバナなど、今作での素早さの目安ラインだと思ってます。

元から紙耐久のアブソルだけど。
158でも降っておくと、少しは耐えてくれるようにはなります。
無補正道具なしガブリアスのじしんなど。
耐久ポケモンに出して、舞う機会を作ってあげれば。
不意打ちでの3たてが見えてきますね。

ラストの技の一枠、おにびはパーティによって変えればいいかも。
ふいうちがかわされる交換読み(マリルリ、クチート)のために採用しておきました。
マルチバトルだったら、守るにしたりしますw。
▼追記を読む(コメント返答)▼

2014年 あけましておめでとうございます 

あけましておめでとうございます! 
今年もよろしくお願いします

このブログもとうとう5年目を迎えるんですねー。
5年という歳月・・・長すぎるようで短すぎるようでもあるし。
毎日、更新として記事数2000近くと考えると、途方もない日が経ったなあって感じます。
毎年恒例の、あけおめ記事ですが、さすがに書く事もなくなってきたので。
あけおめ記事と同時に、去年の振り返りをやっちゃおうと考えました!

去年、2013年で印象に残ったタイトルランキング。

五位 新・世界樹の迷宮
実はというと、去年はビッグタイトルこそ出たものの・・・
振り返ると、バテン・カイトスやらブレイブリーデフォルトやら。
過去のゲームをプレイしていることのほうが多かったと思いますw。

その中で、新・世界樹の迷宮をノミネート!
世界樹続編として、大きくリメイクされた一作です。
ストーリー性・ボイスが導入され。
RPGらしく、楽しんでプレイできるようになりましたねー

四位 パズドラZ
パズドラの名作として、初めての3DSでの発売。
当初は需要なんてあるのか?なんて思いましたけれど。
いざ、蓋を開けてみると、あれほどの売上本数を叩き出しましたねw。

パズドラの目的を持たせるゲームとして。
スマフォアプリのパズルゲームとまるで変わらないんですけれど。
飽きることもなく、エンディングまで一気にクリアできてしまいましたw。
元々、完成されたゲームだけあって、DS化しても、深く遊べるゲームだったと思います。
ポケモンの後ろに隠れてしまって、エンディング以降は全くプレイしていませんけれど。
いつかはプレイしたいと思いますねー

三位 ゼルダの伝説 風のタクトHD
GC版のリメイク作品として。
名作がプレイできて、楽しかったですw。
やっぱり、スカイウォードソードと並んで。
3Dのゼルダはとても楽しいですねー

三位以下と二位以上の差が激しすぎるかもしれませんw。

二位 モンスターハンター4
言うまでもないソフト!
友達で、野良で、ソロで。
幅広い武器の選択や味方との声のかけあいですw。
モンスターを狩るアクションは熱いですねー

一位をとるスペックがあるにも関わらず・・・
相手が悪すぎたかもしれません。

一位 ポケットモンスターX
問 答 無 用
言うまでもないですねヽ(*´∀`)ノ
ポケムーバーが解禁して以降、ずっとポケモンにはまっております。
人それぞれの遊び方があって。
ガチで対戦するも良し、遊びで対戦するもよし、集めるだけでもよし。
誰もが遊べるソフトなので、人に紹介しやすく、さすがのキラータイトルですw。

お前の販売本数はおかしい(∩´∀`)∩ワーイ

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 04月 【26件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー