≪ 2014 10   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2014 12 ≫
2014年11月の記事一覧

ORAS えんとつ山 

ポケットモンスター オメガルビー

キンセツシティから、炎の抜け道を通ってハジツゲタウンへ。
長い道のりとなります。
たまにライバルが回復してくれるので、キンセツに戻らず、一気に行けるようになっていました。

圧巻のえんとつ山
ORAS-10-1.jpg
3Dで見ると、なかなか様になっています。
ポケモンの世界に山は毎回あるのですが・・・
ロープウェイという人口の手が加わっているのは、えんとつ山だけですよね。
それで火口まで行ってしまうのだから、危なくないのでしょうかw。

コノハナ君がリーフブレード習得を確認しました。
ORAS-10-2.jpg
今まで対戦でも物理受けがタネばくだんしかなかったので。
不意打ちとリフブレが使えるようになり、純粋に強化されました。
・・・不意打ちが過去作限定技なので、レートではご察しなのかもしれません\(^o^)/

マリルがマリルリに進化。
レベル25という低レベルで、メインウエポンの二種共に覚えてしまいましたw。
ORAS-10-3.jpg
力持ち補正が加われば、現状、等倍でも一撃でポケモンを倒してしまうほどの火力があります。
さすがは青い悪魔・・・
たきのぼりのわざマシンが終盤にしかないので、アクアテールの命中率が残念なのが、玉に瑕かもw。

秘密基地解禁!
ORAS-10-4.jpg
これも整えるのは殿堂入り後となりそうです。
QRコードがあるので、ブログ上で配信したいなって思っています。
ハピナスレベル100はいるので、レベル上に便利にしたいところw。

懐かしの火山灰、降り積もってる道路。
ORAS-10-5.jpg
使っても壊れないビードロ作り・・・昔はよくやったものですw。
今作では歩いても草むらの火山灰が白色から、元の緑色に戻ったりしないみたい。
特攻の努力値揚げとして、パッチールを狩ったのもここでしたねw。

ORAS シダケタウン 

ポケットモンスター オメガルビー

キンセツシティ近郊を探索します。
自転車を貰ったので、まずはサイクリングロードの敵を全滅させてしまいましょうか。
今作は背景にすごく力を入れているように思えます。
ORAS-9-5.jpg
見てください、サイクリングロード上での夕日に沈む空。
直撮りで、しかも画面が移り変らないから、綺麗に見せることはできないんですけどね。
手を止めて背景を見渡すのも、このソフトの楽しみ方の1つになりそうw。

サイクリングロードでは、何故かメガストーンまで落ちてました。
ORAS-9-4.jpg
地面がキラキラ光っていたので、すぐに分かりましたw。
残念ながらメガリングを持っていないので、メガライボルトにはできません。
リングをゲットする前から、こんな簡単に手に入れられるなんて、思っても居ませんでしたw。

シダケタウンへの道、育て屋ロード
ORAS-9-1.jpg
いろいろと構図が変わってしまっていますけれど。
ポケモントレーナーと戦うとやはり懐かしいw。
ここは再戦できるトレーナーも多く、レベル上げと孵化作業共に便利な場所でしたね。
今作では孵化作業するには不便な場所に・・・
孵化作業はXYでやって、育成はORASの方が楽になりそうですね。

ポケサーチを使って、マリルゲット!
ORAS-9-2.jpg
ルビサファでは大量発生しない限り、出現率わずか1%とレアなポケモンになっていました。
サーチを使うことで好きなポケモンを粘ることが可能なので、楽ちん楽ちん
水フェアリーと強力な耐性持ち、力持ちで火力がすんごいので、手持ちポケモンのエースとなってくれるでしょう。
ラグラージと合わせて、水ポケモンは二匹目なのですが。
なみのり、たきのぼり、ダイビングと水の秘伝技が多いルビサファでは。
私の縛りプレイだと二匹ほしいからですね。

シダケタウン到着。
画像数の都合上、カットしてしまいました。
廃人ロードがここまで繋がっているので・・・
この長閑なBGMは辛い孵化作業の癒しになってくれましたねw。

リア充イベントを岩砕きによってクリア。
ミチルさんのささやかな愛を手伝ってあげましょうか。
ORAS-9-3.jpg
お礼に貰えるのはボスゴドラナイト。
まだ当分使えないんですけどねw。

パーティ
ヌマクロー(ZUZU)
コノハナ(つよい!)
ライボルト(レクス)
マリル(マリリン)

ORAS キンセツシティ 

ポケットモンスターオメガルビー

では、カイナシティを後にして。
サイクリングロードがそびえる110番道路を通って行きましょうか。
サイクリングロードが立体化されて、随分と印象も変わってきました。

道中のからくり屋敷
ルビサファシリーズでもかなり印象深い施設ですよねw。
ORAS-8-1.jpg
最初は居合い斬りの迷路から。
クリアをすることで、わざマシンの回収に繋がります。
チョクチョク更新されるので、カイナシティ訪れた場合は寄ることが大切ですね。

ここでのライバル登場もお馴染みのものw。
ORAS-8-2.jpg
未だに草ポケモンのジュプトルはめんどくさいものの。
レベル差が付いてきているので、苦戦することはありませんでした。
今作は彼のジュプトルはジュカインになるのでしょうか?w

キンセツシティ到着!
・・・
ここどこ!?
ORAS-8-3.jpg
原作だった雰囲気はなくなり、廃人ロードの廃止。
視線はミアレシティのようになってしまっていました。
・・・私の一番の思い出の場所がorz。
孵化作業により、ここの街に最もよく訪れた人は多いでしょうねw。
出店がギュウギュウ詰めにされており、究極技やマッサージなどの店がところどころに並んでいます。
必要な施設をここに押し込めてしまったとか、そんな感じw。
ちょっと寂しいかなー

気を撮り直して、キンセツジムを突破してしまいましょう。
ORAS-8-5.jpg
電気使いのテッセンさんが相手なのですが・・・
文字通り、マッドショットを打つだけで終わってしまいますw。
テッセンの切り札ってライボルトじゃなくて、レアコイルだったんですね・・・

キンセツシティ最後に・・・
ORAS-8-4.jpg
きんのたまおじさんの出現。
これもまた恒例ですねーw

ORAS カイナシティ 

ポケットモンスター オメガルビー

カイナシティに着きました!
ホウエン地方でも最大級の都市です。
ORAS-7-5.jpg
ルビサファ時代でも、育て屋のあるキンセツシティが近く、ニックネームを変えるのもここなので、何度も訪れますね。
BGMも素晴らしくて、気分転換に孵化作業しながら、ここで孵化していた覚えがあるほど。
ルビサファのサウンドトラックには、このBGMの歌アレンジがあるのですが。
ORASアレンジは「リンドン」って、強調されているように思えてしまいますねw。

最初の行き先は博物館
マグマ団に占領されているので、開放しに行きます。
ORAS-7-4.jpg
流れるBGMはサントアンヌ号アレンジ。
ルビサファでもそうでしたが、美しくて和んでしまうBGMですねw。
展示物には、イッシュ地方やカロス地方の海水の成分構成もありました。
良くわからなかったのですが、理由がありそうですね。

さてさて、マグマ団、団長マツブサとのご対面。
ORAS-7-3.jpg
こんなインテリ系になってしまわれて・・・
アオギリがワイルド系と、対比しているのでしょうか。

カイナシティを出ようとすると、何やらアイドルに話をかけられます。
ORAS-7-2.jpg
ミラクル★ルチア
・・・イタタタタタタタw
コンテストのボスになりそうですねー
それはまた殿堂入り後の話。
まずは早くチュートリアルを終えてしまわないと。

仲間をポケーサーチにて、もう一人増やして三人目。
ORAS-7-1.jpg
ルビサファでも毎回ここで、ライボルトを育てることがほとんどでしたw。
見てください、何故か異様にレベルが高いですw。
手持ちのヌマクローよりも高いのだから、完全な即戦力になってくれそうですね。

パーティ

ヌマクロー(ZUZU)
コノハナ(つよい!)
ラクライ(レクス)


ORAS ムロタウン 

ポケットモンスター オメガルビー

ハギ老人の船に乗せてもらって、ムロタウンへ。
街の構図、のんびりとした町、格闘ジムの存在。
金銀のタンバシティを思い浮かべてしまいますねw。

ムロタウンの流行り言葉、そんなのあったあったw。
ORAS-6-1.jpg
当時はこの流行り言葉がなんなのかさっぱり分からなかったですけどね。
ヒンバスの釣れる場所に関係があるとか、ないとか?
今作でのヒンバスはどうなっているんでしょうねw。
ちなみに、私はルビサファ時代にヒンバスを釣り上げることができていますw。
友達との噂でも、すごく盛り上がった要素でしたねー

ムロジム。
・・・なんか変な人がいる( ゚д゚ )
ORAS-6-2.jpg
ずっとスクワットをし続ける謎のジムリーダー、トウキさんとの一戦です。
特に特記することはなく・・・ヌマクローでゴリ押しするだけ。
ORAS-6-3.jpg
ポケスペでのハリテヤマはなかなかカッコ良かったですねw。
当然のことながら、バトル中に進化してくるってことはないですけどね!

石の洞窟では、ホウエンチャンピオンダイゴさんとのご対面。
ORAS-6-4.jpg
イケメン!?
オダマキ博士やパパは三頭身だったのに、ダイゴさんはなんか優遇されているように見えますw。
ポケモンシリーズで意外とゲストで出てくる人、BW2でもお世話になりました。
ルビサファ時代のメタグロスはその見た目の怖さから、かなり白熱した覚えがありますが・・・それはまた後の話。

ORAS カナズミシティ 

ポケットモンスター オメガルビー

カナズミシティに到着。
ルビサファ時代では大規模都市であるのに、施設が少なく立ち寄られることが少なかったかわいそうな過疎地
忘れがちなのは秘伝マシンの回収ですね。
ORAS-5-1.jpg
いきなり街の人がひでんマシンをくれるので、聞きまわり人にとっては詰んでしまうポイントの1つ?
旧PS時代のドラクエ7が好きなマメな人だったら、問題ないでしょうw。
あ、はい、私のことです。

初めてのジム戦。
岩のジムなので、ミズゴロウを選択している人は楽に突破できますね。
・・・というより、後々のRSのジム戦はミズゴロウを選択しているとほとんど有利に戦えますw。
電気のテッセン、炎のアスナが特に顕著ですね。

ここでようやくヌマクローに進化!
ORAS-5-2.jpg
水タイプに地面が加わり、岩半減となり。
岩タイプ殺戮マシーンとなりました。
これにはツツジさんもお手上げ。

もう一匹育てているタネボーは草タイプで有利に思えるんですけれど・・・
イカサマを覚えた個体を探したため、草技を覚えていないんです。
イカサマと鳴き声だけだったので、もしかしたら吸いとるがなくなっているっぽいですね。
ORAS-5-3.jpg
イカサマなんかでノズパスを倒すことなんてまず不可能w。
素直にヌマクローにまかせてしまいましょうか。
1つのバッチ、ゲット!

カナシダトンネル
ORAS-5-4.jpg
原作通り、ゴニョニョしか出現しないマップとなっています。
ルビサファ時代では努力値HPでお世話になりましたw。
あの頃はポケルスときょうせいギブスしかなくて、152÷4回もかる必要があり大変でした(白目
いまのパワー系のアイテムなんて、どれだけゆとり仕様だ!なんて思ってしまいますねw。

ORAS トウカシティ 

ポケットモンスター オメガルビー

トウカシティに到着。
この街のBGMはここ限定で聞けるだけで優遇されていますw。
名曲なのですが、どちらかというとアニメの印象の方が強かったりしますね。

ミツル君イベント。
ORAS-4-1.jpg
このすがるような目w。
完全なショタ属性を手に入れてしまいました、可愛いw。
ラルトスのゲットついでの捕獲のチュートリアルですね。
彼はメガサーナイトとメガエルレイドのどちらを育てるのか、楽しみです。

原作通り、ここではパパとのバトルは実現しません。
ORAS-4-2.jpg
センリ「ミュウL100なんかと戦えるか(((゚Д゚)))ガタガタ 」
トウカシティを抜けて、カナズミシティへと向かいましょうか。

ルビサファを極めた人にとって、何回もお世話になったことでしょう。
ORAS-4-3.jpg
おぼっちゃまw。
お守り小判を持たせて再戦することによって、お金稼ぎでぼこぼこにしていた人は結構いるはず。
今作では再戦することができるのでしょうか?

さてさて、トウカの森。
キノココをゲットしたい人意外は、特に用事がなく通り抜ける程度ですね。
初めてのマグマ団との戦いがここにあります。
ORAS-4-4.jpg
VS悪の組織が専用BGMになったのは、ルビサファからでしたね。
助けたデボンの社員からは学習装置を貰えることができます。
XY仕様の学習装置なので、ONにしておけば育成が随分と捗ることになるはず。
今回も壊れ性能になりそうですね。

森を抜けて、ポケモン界、初めてのダブルバトルがこの場所でした。
ORAS-4-5.jpg
トレーナーとの連戦により、ポケモンがかなり疲労してしまって。
息絶え絶えになっていたのは私だけではないはずw、懐かしい思い出です。
今回でも強い子は瀕死になってしまったので、止む無くものひろいようのジグザグマを参加させてしまいました。

パーティ
ミズゴロウ(ZUZU)
タネボー(つよい!)

ORAS 揺れる草むら 

ポケットモンスターオメガルビー

では、ストーリーを進めていきましょう。
早くストーリーという名のチュートリアルを終えてしまいたいですw。

ポケモンバンクから送ってきたおかげでやりたい放題ができます。
ORAS-3-1.jpg
手持ちはこんなところですが・・・
せっかくのオメガルビーなんですから、ただの無双ゲームにしてしまっては面白く有りません。
私のプレイではいつもどおりの簡単な縛りプレイで進めていきます。

・手持ちは6体満遍なく育てていく
・秘伝技は全て手持ちのポケモンに覚えさせる
・他から連れてきたポケモンの使用禁止

重い縛りはなく、あくまで適度に楽しめるためのものです。

さて、コトキタウンからトウカシティへ、102番道路ですね。
ここのマップは原作通り、ラルトスやアメタマ、タネボorハスボーといったいろいろなポケモンを捕まえることができます。
ORAS-3-2.jpg
下画面のポケナビには、出現するポケモンが表示されています。
これは私が全てのポケモンを集めてあるからですね、はじめたばかりの人はシルエット上になっているはず。
それでも、まだ銅冠・・・おそらく殿堂入り後に出現ポケモンが増えるからでしょうか?
これからポケモンを集める人にとって、攻略サイトなしで見ながら集められるので。
コレクションの楽しみが増えそうですねw。

さて、今作ではBWにあったような揺れる草むらがあります。
ORASでは下画面のポケナビによって、どんなポケモンが出現するか。
さらに、特定のモンスターをサーチできるので、すごく便利になっています。
ORAS-3-4.jpg
持っている道具ももちろん、覚えている技まで・・・
この揺れる草むらで出てくるポケモンは通常では覚えられない技を覚えていることがあります。
今のところ確認しただけで、遺伝技だけですけれど。
PDW限定技や過去作教え技など、ORASでゲットできるのならレートで使用できる可能性がありそうですね。

手持ちはミズゴロウだけでは面白く無いので、ここでパーティにタネボーを入れました。
せっかく遺伝技が使えるのなら、何度もポケナビでサーチして・・・
イカサマを覚えたタネボーをゲット!
性格は冷静でしたが、両刀になる可能性が高いダーテングには使いやすい特性になりそうです。

102番道路の最後には、ルビサファにもあった柔らかい土も。
ORAS-3-3.jpg
ここで木の実を栽培することが出来そうですね。
木の実だけ回収して、トウカシティ入りで。

パーティ
ミズゴロウ(ZUZU)
タネボー(つよい!)

ORAS ポケモン図鑑完成 

ポケットモンスター オメガルビー

オダマキ博士からポケモン図鑑を貰いました。
ポケモンバンクを起動します。
ORAS-2-2.jpg
全てのポケモンを移動します。
その時間、わずか5分。

ポケモン図鑑が完成しました。
ORAS-2-3.jpg
図鑑を博士から頂いて、ゲーム内時間で一分も経たずに全て埋めてきたポケモントレーナー。
オダマキ博士「チートや・・・」

早速、このことをオダマキ博士に報告。
ORAS-2-5.jpg
プレゼントしたいものがあるってさ。
すぐ近くなので、ミシロタウンに戻りましょう。

・・・何も貰うことができませんでした!
それどころか、ポケモン図鑑すら見てくれません。
ORAS-2-4.jpg
ポケモン図鑑を埋めながら?もう埋まってるんですけど?
しかも、全国719匹まで埋まってるんだから、何かくださいよ。
このゲーム、バグってるわ(ゲス顔


バンクで過去作からポケモンを持ってきた時に気づいたんですけれど。
ルビー・サファイアからDP、BW、XYを通じてポケモンを連れてくることができます。
ルビサファから連れてきたポケモンは・・・
ORAS-2-7.jpg
コンテストでのパラメーターが残っていました。
必要となくなり、てっきり引き継いでいないのかと思っていたんですけれど。
12年の歳月を得て、初めて表沙汰にされたのでしょう。
子供の頃、好きだったアブソルにかっこよさを振りまくった私のポケモン・・・
少し感動してしまいましたw。

ORAS キミに決めてた 

ポケットモンスター オメガルビー

さあ、今日は待ちに待ったポケモン最新作。
オメガルビー、アルファサファイアの発売日ですね!
この11月21日というのは、昔で言う任天堂の日です。
昔から、スーパーファミコン、時のオカリナなど任天堂の数多くの発売日となっており。
もちろん、ポケットモンスタールビー・サファイアも今から12年前に発売されていました。
リメイクとして、ゲームの発売日として多くの水曜日や土曜日ではなくて。
金曜日と中途半端な曜日になってしまったのは、日にちに合わせたせいだと思います。

さて、12年の時を経て、オメガルビー始動。
ORAS-1-1.jpg
始まりがドット絵から入るのに、感動してしまいましたw。
いやー・・・懐かしいですねw。
オダマキ博士を写しているのはゲームボーイアドバンスSPのように見えます。
上にあるカメラがまた特徴的ですねw。

ミシロシティに到着。
・・・BGMのアレンジがもうね、懐かしすぎですw。
ルビサファのBGMのサントラを持っていまして・・・
受験勉強しながら、聞き飽きるほど流していたからですね。
だけど!
ORAS-1-2.jpg
唐突な真面目顔のゴーリキーに大爆笑w
ぎゃお ぎゃお ぎゃお ・・・
雰囲気ブレイクにも程がありますね!

初期ポケモン選択。
オダマキ博士が追っかけられている時のBGMはポケモンピンボールの方が印象深いですね。
ORAS-1-3.jpg
選んだポケモンはミズゴロウ!
当然、もう決めてましたけれどね!
最初からタイプ一致技みずてっぽうを使えるようになっていました。

ステータスはこんな感じ。
ORAS-1-4.jpg
性格はようきでした。
特攻は下がるものの、Aが上がるメガラグラージを考えると良特性です。
個体値は現時点で詳しくは分かりませんが、高くはなさそうですね\(^o^)/

ライバル戦も無事に終了。
ORAS-1-5.jpg
こちらのミズゴロウは水鉄砲が使えたんですけれど。
相手のキモリは草技を覚えていないみたいですね・・・
普通に殴っておしまいでしたw。

マグナゲート グレシャーパレス 

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮

グレジャーパレス
特性がんじょうが強化されていたのはこの頃だったんですねー
水タイプのプロトーガは電気ショックで一撃で倒せるんですけれど。
pokemagu-12-1.jpg
ポケダンシリーズの中でも、一発耐えられるというのは厄介ですね。
電光石火や投擲系のアイテムで1だけ削るのは重要かもしれません。
幸いプロトーガは厄介な技を覚えていないので、大丈夫ではあるんですけれどw。

今回眠っているポケモンはイノムー。
ピカチュウ、キバゴと両者苦手なポケモンではあるんですけれど・・・なんとしても倒したくなってしまいますねw。
pokemagu-12-2.jpg
その上のマンムーがいるからか、シャンデラと比べてそこまで強くはない感じ。
ただし、原始の力を引かれた時は恐怖でしかないですw。
ポケダンシリーズでは、S上昇=倍速行動ですからw。

音が凍る・・・?
pokemagu-12-3.jpg
うん、ポケモン界では野暮なつっこみかもしれませんw。
ここで製作者の意図としては、ビリジオンの友であるケルディオの痕跡を伝えようとしたのでしょう。

最深部ではゴルーグとのボス戦。
pokemagu-12-4.jpg
仲間全員とゴルーグ+フリージオのバトルとなります。

仲間になったエフィブラ、ノコッチ共に育てていないので、戦力になっていませんし。
ゴルーグ自体、ゴースト地面タイプなので、攻撃が通りにくいタイプとなっています。
pokemagu-12-5.jpg
ビリジオンの技をマジカルリーフのみ、キバコの技をダブルチョップのみなどにすると、削りやすくなると思います。
シャドーパンチなど、高威力の技を持っているので注意。
鉄の拳補正もかかっているのでしょうね。
でんじはが効かない相手なので、もうげきのたねや弱体化のたねなどを使えば、優位に事を運んでいけるはずですね。
ポケダンシリーズのボスは、基本的に弱いですからw。

マグナゲート 氷の近道 

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮

大氷河。
正直、あまり書くことがありません。
・・・今まで序盤だからと思って、記述してこなかったのですが。
今作ではポケモンのバリエーションが少なすぎ!
前回の地脈のはざま、今回の氷の近道。
共に10F近くもあり、かなり長めのダンジョンです。
それなのに・・・1Fから最後までポケモンの分布に大差がないってどういうことなのでしょうか!
しかも、ダンジョンが異なるはずなのに、地脈のはざまと大氷河は結構被っているポケモン多いって・・・
前作の時闇のように、1F近くではナックラーが出てきて、最深部に近くなると最終進化形のフライゴンが出てくるような。
そんな冒険しているような感覚がなくて・・・
ただ、階段を降りているような作業感が苦痛となります。

・・・というわけで、地脈のはざまでも起きることを、今更氷の近道で記すしかなくなるのですが。
ローグライクゲームお馴染み罠の解禁。
pokemagu-11-1.jpg
急に眠ってしまうという、最悪の罠は健在していましたw。
今回は動かなかったからいいものの、敵の目の前で踏んでしまい、ぼこぼこにされるというのは、よくある死亡パターンですよねー。
想定していないことがいつでも起こりえるのがローグライクゲーム。
ふっかつのタネだけは、必ず所持しておきたいところです。

そして、同じ場所での撮影。
こなゆきの弱体化
pokemagu-11-2.jpg
原作ポケモンシリーズのこなゆきは、氷タイプ最弱の技として、対戦で使われることは有りませんけれど。
これまでのポケダンシリーズのこなゆきは、同じ部屋の全員に攻撃を与えるという脅威の性能を持っていました。
99Fダンジョンでは粉雪を序盤で使える・・・というだけで優遇されていると言われていた程。
それがマグナゲートで弱体化され、直線上のポケモンだけの技になったみたいですね。
同じ壊れ技だったぎんいろのかぜや、ピカチュウやキングドラが覚える高速移動がどうなっているのか、ちょっと楽しみになってきますw。

まだまだ、大氷河での探索は続きます。
pokemagu-11-3.jpg
氷の山・・・というよりも、私の目には針の山に見えてしまいますねw。

マグナゲート 地脈のはざま 

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮

誰もが憧れる冒険隊の目標。
大氷河の探索へ。

地脈のはざま
さすがにここまで来て、仲間ポケモンを別行動にする余裕はありませんでした。
とにかく敵ポケモンのエンカウントが多く、ばらばらに行動させると危険で仕方ないです。
厄介なポケモンも非常に多いので、単独行動は厳禁。
ただし、4人での行動はかなり面倒臭くなるのがこのローグライクゲームの特徴ではあるので。
主人公と相方の2人がやっぱり一番気楽で冒険できると思います。

状態異常攻撃「毒」
pokemagu-10-1.jpg
ポケダンシリーズの毒攻撃は非常に厄介。
自動回復がなくなり、一定歩数ごとに4ダメージを受けていくことになります。
つまり、回復できないのでダメージを受けるだけでも、すぐに危険域に達してしまいます。
モモンの実などで無効化できない場合は即降り推奨。
主人公だけではなく味方にも言えることなので、やはり別行動にはリスクが伴います。

また、回復できなくなる現象として。
天候があられの場合。
pokemagu-10-3.jpg
敵味方両者数ターンごとに1ダメージと前作よりも優しめになりましたが・・・
自動回復できないという最大のリスクが付きまといます。
主人公だけではなく、仲間全体なので注意。
天候を変える技でしか対策ができないので、ダメージを受ける前にさっさと階段降りてしまったほうが無難だと思います。

こんな難関ダンジョンでも、普通に仲間になるポケモン達w。
pokemagu-10-2.jpg
前作以前だったら、逃避行の時など、仲間にならない冒険はいくらかあったんだけど。
今作ではこんな緊迫シーンでも、仲間になるみたい。
当然、一定数で此処に来たというストーリーがあるためか、強制帰還になっているみたいですけどね。
・・・マグナゲートなしでパラダイスとの行き来が意外と楽なのか?って思ってしまいますw。

特攻のお化けシャンデラ
pokemagu-10-4.jpg
ダンジョン内では必ず眠っています。
トルネコの大冒険の魔導師みたいな感じ。
ラリホーとか厄介な技を使ってくるわけではなく、ただ単純に高火力で弱点ではないのにも関わらず。
40ダメージを超える炎技・・・さすがC150。
起こさず無視してもいいのですが・・・でんじはで、相方とタコ殴りにしてしまうのが吉ですね。

地脈のはざまを抜けても、まだまだダンジョンは続きます。
pokemagu-10-5.jpg
光が指し示す道を通って・・・
SSでは薄暗くて見づらいかもしれませんけれど。
3DゲージをONにしていると、結構綺麗に見えました。

マグナゲート くじびきの果て 

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮

エーフィとブラッキーの研究成果。
誰もが憧れるという大氷河へ冒険しにいくことになります。
pokemagu-9-1.jpg
あのヌオーもこの雄叫びである
ぬお~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・正直、今回の世界観はいまいち構築できていないんですよね。
時闇の探検隊ではフーディン隊という上位の冒険者がいたからこそ、物語の重みができていたとは思うんですけど。
なんだか、薄っぺらく感じてしまうのは気のせいでしょうか。
冒険理由も、ポケモンに追われたり、未来のポケモンに連れ去られたりするわけでもなく。
単なる好奇心ですからね・・・

さてさて、チームエムブレム。
誰かを拠点に残して置かなければならない、という決め事があるのでした。
pokemagu-9-2.jpg
強くなるために大氷河を冒険したいノコッチ。
友達の真意を確かめるため、大氷河へ探しに行きたいビジリオン。
・・・あれ、エモンガお留守番でよくね!?
最終的にはくじ引きで決めるということ。
これをエモンガが作るって行っていたから、ここは漢らしく自分が引くように細工をするのだと予測してましたよ。

・・・結果は「完全な運任せかよ!」と突っ込んでしまいましたねw。
そもそも私がリーダーなら・・・そんな約束事なんて知るもんか!皆で行こう!とか。
適当にヌオーでも身内に組み込んで守ってもらうとか・・・いろんなことができたと思うんですw。
それをうじうじして、あーだこーだ・・・茶番に見えてしまうんですよねw。

まあ、兎にも角にも・・・
pokemagu-9-3.jpg
結局、エモンガ1人が残ることになりました。
・・・なんだかなあw。

マグナゲート ドウコクの谷 

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮

何度か依頼をこなすことで、ようやくストーリーが進展してきました。
集落に外部のポケモンの訪れ、ポケダンでは転換期だと思っています。
赤青、時闇でのストーリーも、外部からのポケモンがやってきて、日常が壊れる・・・というパターンでしたから。
pokemagu-8-1.jpg
今作ではブイズの二匹、ブラッキーとエーフィ。
エーフィが悪いやつに追っかけられているらしいので、ドウコクの谷へ助けにいくことになります。

ここまでレベル上げをサボってきたからか・・・
此処に来て一気に強くなりましたね。
とにかく恐ろしいのフシデのころがる!
pokemagu-8-2.jpg
ポケダンシリーズのころがるは・・・まじで怖い恐怖の威力を持っています。
原作では毎ターンに一度しか攻撃してきませんけれど。
ポケダンでは外れるまで限界5回の連続技という鬼畜性能
幸いにも命中率自体は低く設定されているものの・・・
この乱数がどれだけ怖いかというのは、言うまでもないでしょう。

一回のダメージで20ダメージですよ?w
フルヒットでHPから全部もっていかれるぐらいの威力はあります・・・
仲間を連れている場合は特にエモンガに注意・・。
ふっかつのタネを消費してしまいますね。

最部でボス戦。
pokemagu-8-3.jpg
ブニャット戦・・・とはいっても、4人も連れて行けば、電磁波している間にタコ殴りできてしまうと思います。
ピカチュウならではの利点ですねー

エーフィを救出して、2人でいちゃいちゃ。
pokemagu-8-5.jpg
ブラッキーがオス、エーフィが♀なのはよく分かっていると思いますw。
金銀ブイズ2人のペア。
この時代はニンフィアが居ないはずなので、他のブイズも出てくるんでしょうか。
大節減・・・と聞くと、グレイシアが浮かんできますねw。

天邪鬼 二日目 後半 

弾幕あまのじゃく

眼光「ヘルズレイ」
amano-10.jpg
首が分身した!?ヤマタノオロチかな。
道具なしだと凶悪な難易度となりますけれど・・・トイカメラをサブアイテムに入れることで随分と楽になります。
中央から最北端へ、最北端から中央へ。
回転すれば、パターン化完了。
増えていく米粒弾には注意ですけどねw。

御経「無限念仏」
サブアイテムなしだと、到底クリアができませんでした\(^o^)/。
しかし、デコイ人形をサブに仕込んで、弾幕の範囲をあげれば、かなり楽にクリアできるようになります。
amano-11.jpg
最下に立って、ちょい避けしていくだけ。
見た目よりも、当たり判定が小さい御札弾幕なので、ぎりぎりをちょい避けしていかないと。
削り切れないので注意です。

飛首「ツインロクロヘッド」
amano-12.jpg
2つのろくろ首が自機をめがけて突撃してきます。
誘導するタイミングが重要、早すぎると厳しいので、ぎりぎりまで惹きつけて・・・
上下に誘導すれば、クリアできると思います。
こういう弾幕はパターン化で、気合避けがないから、謎解きパズルみたいですよね。

マグナゲート パラダイス作り 

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮

ストーリーは停滞したまま。
一日寝るごとに若干進行している感じはあるものの、とりあえず、今は依頼をこなせというわけですね。
その間に、マグナゲートの仕様をちらほら紹介。

パラダイス作り
依頼の報酬から、ポケモンパラダイスに施設を作ることができます。
pokemagu-7-1.jpg
オレンのはたけは名前の通りオレンを採取できるのでしょう。
まるでモンハンみたい
正直、ハチミツじゃないんだから、オレンを栽培しても利点が少ないので後回しにしてしまいますw。
強化して、HP最大があげられるオボンの実を大量生産できるなら作りますけれど、そこまでバランス崩壊しているわけじゃなさそうですし。

一応、簡易な説明は出るものの、何が必要なのかって考えると・・・
どれも必要じゃない!
って思ってしまう施設ばかりで困ってしまいますw。
pokemagu-7-2.jpg
とりあえず、主人公が電気ポケモンだから電気道場を建ててみました。
・ターンごとに電気技の習得度をあげられるようになる
いまだに10万ボルトクラスをの技を覚えていないので後回しでいいし。
・電気技の習得度の限界値をあげることができる
そもそも限界値まで行ってないし・・・

というのが、現状ですw。

まあ・・・くじや秘密の抜け道などの施設は作っておいても良さそうですね。
pokemagu-7-3.jpg

Vの風
ビクティニさん登場。
pokemagu-7-4.jpg
どうせなら、ビクティニ道場でも開いてほしいなんて考えるのは野暮ですけれどw。
マグナゲート特有のシステム「Vの風」が解禁されました。
これは、ランダムでその日毎に、タイプ別の風が吹くというもの。
例えば、電気の風が吹いた時は、そのダンジョン内の電気ポケモンが強くなり、成長も早くなるといったものですね。
正直・・・面倒くさいシステムですw。
ポケモンを沢山育てさせるためのものなのでしょうけど。
いちいちポケモンを変えようと思わないので、敵だけが恩恵を受けやすくなりそうw。

マグナゲート クエスト消化 

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮

ストーリーの進展フラグがなし。
こういうのポケダンは適当に依頼をクリアしていけば、そのうち進むようになっている(はず)です。
というわけで、依頼をクリアしていきましょう。

やはりというべきか・・・
pokemagu-6-1.jpg
クエストは同じダンジョンであっても
同時クリアは不可能になっていました

いちいち潜り直すのめんど・・・
まだ序盤だから依頼の深度も少なくていいけど、アイテム回収やポイント稼ぎ(パラダイスポイント)が面倒くさくなってしまいます。
・・・まあ、仕方ないので楽そうなやつをクリアしましょうか。

依頼クリアする目的として・・・パラダイスの建築が挙げられます。
pokemagu-6-4.jpg
クエストをクリアすることでしか得られない素材をドテッコツに渡すことによって。
パラダイスの敷地を増やしたり、施設を増設することができるみたい。

まず最初の土地はここ。
pokemagu-6-5.jpg
同じ土地であっても、選択肢が4つもあったため、やりこみ要素としてはかなり作られていそうですねw。
おそらく私のプレイではストーリー後ちょっとぐらいやるだけなので、どこまで建築できるかは分かりませんw。

依頼のクリアは基本的に4人構成で出撃します。
pokemagu-6-2.jpg
作戦を「任せた」にすることによって、主人公とは完全の別行動にすることができます。
私は階段を目指すだけ。
他の仲間達は適当にうろうろさせてしまって、経験値と技使用回数を稼いでもらうといった感じ。
このぐらいのレベルだと簡単に倒してくれますし、たまにアイテムも拾ってくれるので、楽ちん楽ちん。
ただし、超音波といった混乱系の技が怖いので、ふっかつのたねだけは余分に持っていったほうがいいと思いますねw。

マグナゲート 荒れ果て谷 

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮

街の皆がビリジオンにメロメロ。
ビリジオンに憧れたノコッチが闇の道へ走ってしまう・・・というストーリーでした。
とりあえず、突っ込みどころ・・・
ビリジオンって性別不明だからね!
♀かどうかもわからないんだから、ハートマーク出すのはどうなのかと思いますw。
ビリジオンは卵作ることができないと分かっているからか、全て断っているみたいですけどねw。

さて、ノコッチを追って荒れ果て谷へ。
最近は電気の通りが悪いダンジョンばかりでしたが、案の定ここも面倒くさい敵がばかり。
pokemagu-5-2.jpg
タマゴダケ。
草タイプでやどりぎや吸い取るを覚えてるポケモンがやけに多い気がするんだけど・・・
エンカウント率もなかなか高くて・・・
ちょっと見辛いかもしれませんけれど、メッセージ欄の下のタマゴダケ。
どんだけ湧いてくるの!って嫌になってしまいそうですw。

謎ギギアルさん。
pokemagu-5-1.jpg
攻撃しても無力化されちゃうし・・・カゴの実でも投げた方が良かったのでしょうか。

ダンジョン奥ではボス戦。

ピカチュウ、キバゴ、ビリジオン、ノコッチ、ドッコラー✕2、ドッテコツ
VS
コマタナ✕2 デンチュラ✕2 フシデ✕2

という大掛かりなバトル。
pokemagu-5-3.jpg
さすがは伝説、ビリジオンやっぱり強いですw。
こんなバトルになっているからか、相手も結構強く設定されているので注意。
特にデンチュラは最終進化形ですしね。
ゆったりしてると、キバゴが殺られてしまいそうで怖いところ。
味方のノコッチだけ殺られてしまいましたけど、ストーリーは問題なく進んでくれました。

このストーリーをクリアすると、エモンガ、ノコッチ、ビリジオンが仲間に加わり、チーム結成!
地味に三人ともレアなポケモンばかりですねw。
いつもどおり、チーム名は「エムブレム」にしておきました。
きっと、新世界樹2も同じ名前にするでしょうw。
pokemagu-5-4.jpg
マグナゲートのチームの説明がありました。

・経験値は出撃させてなくとも入る
・技は使用するごとに技のレベルがあがり、チーム全体で共用されているということ。


これまでのダンジョンシリーズで感じるところですけれど。
仲間って居ると便利だけど、邪魔になるんですよねw。
難しいダンジョンではキバゴと2人だけにして・・・
それ意外の依頼クエスト消化などはできるだけ出撃させて暴れてもらえば、経験値を稼ぐことができそうですね。

マグナゲート トントン山 

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮

依頼ゲート解禁。
クエストというものは、ポケダンお馴染みのシステムですねー
pokemagu-4-1.jpg
しかし、今回はモンハンのような、受託システム。
クエストを選択して、ゲートを通って、解決していく流れとなります。
今までは、対応のダンジョンへ向うシステムだったのに対し、ちょっと便利になった・・・?
気になる点は、クエストを同時にクリアできるかのところですね・・・できなければ、不便かもw。

さて、ストーリーは続きます。
トントン山へ、迷子になってしまったノコッチを助けに行くというもの。
pokemagu-4-3.jpg
ポケダンの難点というのは・・・落ちている道具に楽しみがないこと。
風来のシレンシリーズでは、重要な武器や盾を見るたびにワクワクしてしまうものですけれど。
ポケダンは一階ごとに全部見まわる利点がレベル上げぐらいしかないので、面倒くさくなってしまいます。
それに、今作では満腹度という重要な要素が抜けているような?
ポケダンシリーズでは不採用になってしまったのでしょうか。
後々の99Fダンジョンで非常に大きくなってきますね。

さてさて、どんどん階段だけを降りていきます。
pokemagu-4-2.jpg
意味深なクリスタルの配置。
扉のようにも見えますけれど、過去作のポケダンで同じようなものがあったような気が・・・
気のせいですかね・・・後々、伏線の回収が行われそうです。

ノコッチを救出して依頼達成。
pokemagu-4-4.jpg
お馴染みのクエストクリア達成BGMを聞いて、ほっこりしてしまいますw。
今回は救助隊ではないので、ランクといったものは存在しないのかしら?

マグナゲート カゲロウ峠 

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮

家の建築のため、続いてカゲロウ峠へ進んでいきます。
ここらの敵は電気技の効きづらいポケモンばかり。
pokemagu-3-1.jpg
泥遊びのウパー、糸を吐いてくるクルミルなど、面倒くさいポケモンが多いです。
ちなみにポケダンの世界では、効果が無いはずのウパーにも、電気技でダメージが通ります
前作では・・・
効果が今ひとつ→0.9倍
効果が無い→0.5倍
のダメージ補正だったので、ゴリ押しが効きます。今作もおそらく同じでしょう。
ピカチュウの現在の攻撃技は猫騙しと電気ショックのみですが・・・
特攻の上がるスペシャルリボンを持たせておけば、ウパーに対して猫騙しよりも電気ショックの方がダメージが大きかったりします。

途中でボス戦。
ドテッコツとズルッグとの戦いですね。
pokemagu-3-2.jpg
裏世界を舐めるなよ(意訳)と自身満々のズルッグさんですが。
石の洞窟へ怖くて行けない辺り、実力は知れているというもの。
砂かけは面倒くさいんですけどね。
電磁波で鈍足にしてしまって、電気ショックで落としてしまいましょうか。
ドテッコツとキバゴでのタイマンは結構厳しい物があるので、オレンの実などを投げて回復させておきました。

さて、ここからはお荷物としてドッコラー二体が付いてきます。
pokemagu-3-3.jpg
ほかっておいたら、勝手にどこかにいってしまって、やられてゲームオーバーになりました。
怖いんで、さっさと階段降りてしまったほうがいいかもしれませんw。

頂上ではドテッコツとの決戦。
pokemagu-3-4.jpg
ピカチュウは電磁波という対ボス兵器最強技があるので、鈍足にしてしまって。
キバゴと共にぼこぼこにしてしまえばいいと思います。

漢は背中で語るもの。
pokemagu-3-5.jpg
落書きのような怪我に笑ってしまいますねw。
力がないといいながら、殴ってくる力は何故か残っているという矛盾。
何はともあれ、家を建築して貰えるのでした。
めでたしめでたし。

マグナゲート 石の洞窟 

ポケモン不思議なダンジョン マグナゲートと∞迷宮

相方のキバゴさんに付いて行くと。
pokemagu-2-1.jpg
ポケモンパラダイスを作ること。
これが当面の目的となりそうですね。
いまだに土地があるだけの無法地帯。
pokemagu-2-2.jpg
寝る場所もなく・・・最初の目的は家の建築かな?
こんな風に、パラダイスの設備を強化していくことになりそうですね。

ということで、建築材料を探して。
pokemagu-2-3.jpg
雰囲気の悪い街。
今回も街のBGMは良曲ですねー

トントン山へ潜っていきます。
まだまだ初級コース、特に特記することはないですね。
pokemagu-2-4.jpg
バチュルの糸を履くは遠距離攻撃で尚且つ鈍足する技。
性能だけを見れば、凶悪そのものなんですけれど、まだまだレベルが低いので楽勝ですね。
ねこだまし一発で倒せてしまう程ですしw。
・・・というより、このピカチュウ、ねこだまし遺伝してるんですねw

マグナゲート でこぼこ山 

ポケモン不思議なダンジョン マグナゲートと∞迷宮

では、早速、不思議なダンジョンに向かって行きましょう。
2DだったらDSシリーズと比べて、かなりグラフィックは綺麗になりました。
pokemagu-4.jpg
可愛らしいアイコンになったので、見ているだけでも楽しくなってきます。
視野が狭いような気がするのは気のせい・・・かな?
ただ、マップがぼやけているように見えて、見づらい感じがありますねw。
一応、下の画面にも表示できるので、細かく見たいときは下画面を頼ります。

メニュー画面。
pokemagu-3.jpg
かなり色鮮やかになりましたねw。
DS版以前のポケダンはまだシレンシリーズに似たメニュー画面でしたが。
技などのコマンドが多いポケダンシリーズだと、見づらい感じがありましたから。
DSという二画面を活かせてるって思いますw。

ちょっとした謎解きシリーズ。
pokemagu-5.jpg
木を倒して、次の道を切り開いていく感じですね。
このわかりやすさが、なんとなくポケモンっぽい。
子供でも遊びやすいように設定してあるはずですから。
・・・しかし、ポケダンシリーズって結構難しいので、今回はどうなっているのか楽しみですねw。

天邪鬼 二日目 前半 

弾幕あまのじゃく

ノーアイテムクリアを目指すなら、6シーンのサブアイテム入手まで進めたほうがいい

そのことに、2-4まで進めてクリアしました。
結局は、一日目も含めて、全部ノーアイテムでクリアしなおすはめになったんですけれど。
サブアイテム入手で難易度がぐっと下がって、すぐにクリアできてしまいましたw。

叫喚「プライマルスクリーム」
amano-7.jpg
神霊廟のように隙間を詰めて反射する弾幕を使ってきます。
いつ左右に逃げるかが非常に難しく・・・
ノーアイテムで取ろうとするなら、一列に整列した黄色の弾幕をくぐり抜ける必要が出てきます。
一回目は右下から。二回目は下に下がりつつ、打ち込みながら、ぎりぎりで左側に抜けるいいと思います。
その後、響子の上を通って、中央へ。
次の三回目は左に交わすんだけど、追ってくる弾幕を楽に避けることができず・・・
針の間を縫わなければなりません。
それさえ、一回の嘘抜けできれば、クリアとなりますね。
サブアイテムの陰陽弾があれば、楽になるかも。

飛首「エクストリームロングネック」
amano-8.jpg
首が自機をものすごいスピードで追いかけてきます。ジオングかな・・・?
後ろに後尾を残してから、一気に外にはじけ飛ぶので。
一周目は出来るだけ大回りに回って、弾幕の内側に逃げると楽かも。
メニュー画面での自動的に撮影されるサムネがすごく綺麗に見えますねー
「天狗のトイカメラ」はあってもなくても大丈夫。
どっちにしても、時間を稼ぐために低速と高速の連打になりますからね。

「ピアッシングサークル」
amano-9.jpg
近づくと米粒弾になる弾幕。
避けるためには近づいてから、米粒に変えて間をすり抜けるという算段を取らなければなりませんけど。
実は上下だけでもかわせるので、慣れると安定すると思います。
間隔は一定だから、横移動しないほうがいいかも。

マグナゲート 

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞の迷宮

今からもう二年前のソフトとなりますけれど。
マグナゲートのプレイ日記を始めていきます。
なんで今さら?って言われると特に理由はないんですけどね。
いつかはやりたかったソフト。
ポケダンシリーズは毎回買っていたのに、何故か今作は発売日に買わなかったんですよね。
ちなみに二年前の発売日当時は、ブログの記事から参照すると、とびだせどうぶつの森をプレイしていましたw。

さて、起動すると主人公であるポケモンを選択することができます。
pokemagu-1.jpg
いつもだったら、ドラクエⅢのような性格占いから、ランダムで選ばれるんですけれど。
今作では好きなポケモンを選ぶことができるんですね。
・・・もうこのBGMが懐かしすぎて、ポケダンファンには堪りませんw。
いつもどおり、今回もピカチュウを選んでおきました。

これまで通り、主人公は人間からポケモンになって始まっています。
性別の男の子、女の子の選択はないみたいですね・・・

相方の設定。
ピカチュウが弱いのは地面、草、ドラゴンタイプ。
その3つに弱くないポケモンを選ぶのがセオリーですね。
pokemagu-2.jpg
御三家から選ばなかったので、相方も御三家意外であるキバゴにしてみました。
ドラゴンタイプの二進化ポケモンって、なんとなく六〇〇族に勘違いしてしまいそうですけど、違うんですよねw。
フラインゴ?虫タイプだし

このブログでは特にストーリーを追っていこうとは思ってません。
最近、RPGばかりやっていたので、見なおしたんですけど。
悪までゲーマーのブログとして、ゲーム性について追求していきたいと考えているからです。
ストーリーもゲームとして1つだとは思うんですけれど。
やっぱり、私がどうプレイしたのか、人との違いを追っていきたいですから。

どんなゲームなのか。
どうポケモンを育てていったのかを中心にして、綴っていきたいと思います。

天邪鬼 一日目 後半 

弾幕天邪鬼

潮符「湖のタイダルウェイブ」
輝針城一面ボス、わかさぎ姫のスペルカード。
かっぱのにとりのような、水の綺麗な弾幕を貼ってきます。
amano-4.jpg
タイダルウェイブの名の通り、次々と波が襲いかかってきます。
白い弾幕に変わるので、そこを気合避け。
最後の波がとにかくキツく、かわせるまでやり直すしか無いですね。
一度だけでもかわせばいいので、嘘避けできるまでがんばりましょw。

氷王「フロストキング」
amano-5.jpg
使い魔から回転するように弾幕が放たれています。
中央で同時に避けようとするときついので、左右どちらかに離れて、やり過ごすのがポイント。
HPを削ると弾幕が熱くなってきつくなりますけれど。
気合でどれだけ粘れるかが問題になりますね。
なんとなく、チルノっぽくない弾幕ですw。

シーン6 魚符「スクールオブフィッシュ」
amano-6.jpg
あたかも魚群が襲い掛かってくるように、自機を追いかけてきます。
三回追いかけてからばらけるので、ぐるぐる回って、やり過ごすのが一番かも。
慣れれば、意外と簡単に取れてしまいますね。

天邪鬼 一日目 前半 

幻想少女大戦が追い付いていないため、緊急用の記事。
スパロボもそうなんですけど、スパロボ系のゲームは一旦休憩しないと、できないんですよねw。

弾幕あまのじゃく

東方Project最新作。
弾幕あまのじゃくのプレイ日記を始めていきます。
非想天則のようにスペカごとの感想になりますね。

今回のシステムはインチキアイテムを使って弾幕をくぐり抜けていくゲームです。
ひらりマントことひらり布で、一定時間の無敵を稼ぐことも出来ます・・・が。
アイテムなんぞ使ってんじゃねえ!
一東方プレイヤーなら未使用で全部のスペカをクリアしたいですよね。
どこまでできるかどうかは分かりませんけれども、がんばってみようと思います。

シーン1
ひらり布を使えば、チュートリアルから始まります。
・ ・
ほぼ360度の弾幕で回避不可能のようにも見えますけれど。
あの作者ZUNさんがクリア不可能な弾幕を作るわけもなく…。
回避できるからこそ、弾幕と呼べるものなんです。

あれ・・・よく見たら上側にちょっとだけ隙間が空いてる。
amano-2.jpg
ここの隙間を通ることで、アイテムなしでクリアすることができました。

シーン2 水符「ルナティックレッドスラップ」
amano-1.jpg
赤い弾幕をどうやって切り抜けるかがポイント。
よく抜けられる時と抜けられない時があるから、運が絡んでくるかも。
何にせよ、二回かわせばいいだけなので、数だけやればクリアできるマップです。
弾幕が切り抜けるときに動かなければ、なんとかなるでしょ(+_+)。

シーン3 氷符「パーフェクトグレーシェリスト」

amano-3-1.jpg
東方キャラお馴染み、チルノの弾幕。
ぐるっと回り込むように避けて、左下から溢れる弾を回避するだけ。
楽にノーアイテムを取れてしまいました。
アイテムを使わずにクリアすると、中央に緑色の円が表示されるみたいですねー

幻想少女大戦 48話 part1 

幻想少女大戦永

さて、儚月抄も一気に終盤まで来ました。
東方シリーズ、屈指のチートキャラ綿月依姫との戦いですね。
開始のプロローグで、いきなりこんな選択肢。
gensoeuei-17-1.jpg
・・・いきなりきな臭くなってきましたねw。
とりあえず、どれぐらい強くなるのか楽しみなので、最大の挑発でいってみました。

綿月依姫
gensouei-17-3.jpg
( ゚д゚ )
極、巫女、気合避けによるチートレベルな回避率。
ブロッキング。
二回攻撃。
紅の風見幽香もびっくりな恐ろしい性能ですねw。

技能が高く、嫁補正でブーストされているアリスですら・・・
gensouei-17-4.jpg
命中率10%って何なのでしょうかw。
しかも、まだ気合避けが発動していない状態で・・・ですよ?
スペルカードを4つも持っているので、必中必須状態ならまず精神が切れてしまいます。

・・・うん、素直にやり直そうw。

幻想少女大戦 47話 

幻想少女大戦永

月に到着。
部隊は豊かの海が広がる海岸となります。
このマップでは、まだ依姫豊姫は出てこず、ネームモンスターの敵は一切なし。
クリアするだけならば、非常に簡単なマップとなっていますね。

背景がすごく綺麗。
gensouei-16-1.jpg
満天の星空、青い惑星を背景に、戦うことになります。
・・・月から見える地球にしては、大気圏も見えず、くっきり見え過ぎな気がしますけれどw。
細かいことは関係なし!幻想の世界なんですからね!

空中で戦うと、豊かの海がなくなり、まるで宇宙そのもので戦っているみたいに見えますw。
gensouei-16-3.jpg
スパロボの世界では当たり前に存在する宇宙ですが・・・。
幻想少女大戦の世界では、この月での戦闘だけが再現できるのでしょうねw。
こういう背景では、魔理沙のノンディレクショナルレーザーがよく見えますねー
gensouei-16-2.jpg
どうみても、ロリバスです、本当に(ry

さてさて、ここのマップは超簡単だと思って油断しておりました。
WP条件は5ターンクリアという少し厳し目なもの。
それでも、敵も強くないので、味方キャラを突っ込ませておけば勝てるものと・・・。

3ターン目に増援!
gensouei-16-4.jpg
・・・は?
ちょうど水が弱点である吸血鬼姉妹の近くに、水中の敵が現れたのだから詰みました\(^o^)/
結局はやり直しに・・・油断って本当に怖いですね。

水中に攻撃できる武装は味方の中でも数が少ないんですけれど。
gensouei-16-5.jpg
一番楽なキャラは霊夢の博麗弾幕結界。
MP消費は激しいけれど、夢想封印(瞬)も水中Aでダメージを出すことができます。
さすがは主人公機、使いやすいスペルが揃っていますねー
・・・魔理沙orz

幻想少女大戦 46話 

幻想少女大戦永

儚月抄に入ったため、レミリア・スカーレットがメンバーに加わっています。
唯一のコスト3.5として、エースで活躍してくれるでしょう!
gensouei-15-5.jpg
それどころか、紅魔館メンバー全員が揃っていますねw。
もともと、レミリアが言い出したことなのだから、仕方がないことかも。
パチュリーとの紅魔館での友人として組み合わせたのだけれど、専用ペアの名前がないのはちょっと残念w。
次のマップは昼なので、日傘を持たせることを忘れずに。

さて、ここは一定ターンまで、月へのロケットを守るマップですね。
こんなシチュエーションがZガンダムにもあった覚えがありますw。
ただし、単純な防衛マップではなく。
WP条件がUFO全ての撃破及びぬえの撃破となっているので、こちらからうってでる必要があります。

こんなふうにペアで組ませていると、非常に忙しくなります。
・・・ソロ出撃で数を確保したほうが楽になるマップだと思いますね。
gensouei-15-3.jpg
白ラインまでの侵入を許したら失敗となるので・・・ぎりぎりでしたw。
フランドールが参戦してくれて、すごく助かりました。

永夜抄ルートで覚えた咲夜の新技。
忙しくなるマップで移動後に攻撃ができる高火力技なので初めて使ってみました。
gensouei-15-1.jpg
幻想少女大戦紅の時の、6面中ボスとしての咲夜が使ってきたスペルですねw。
専用のルナダイヤルが流れるなんて、思っても居ませんでした。
咲夜の武装の主力はほとんどが弾数なので、MPを気軽に消費することができます。

ぬえ戦はあっちから攻めてきてくれるので、ラストは囲んでぼっこぼっこですね。
UFOを全部落としたことの確認を忘れずに。
gensouei-15-4.jpg
レミリアもそうなんだけど、サイズSはボスからの攻撃が非常に痛いので注意が必要です。
特にフランドールは閃きや直感がなく、鉄壁だけしかないので。
一応今回も鉄壁をかけておいたのですが、それでもかなりの大ダメージを受けていましたw。
ぬえを倒して、このマップはクリアですねー

最後にちょこっとだけ出てきた魔理沙。
gensouei-15-2.jpg
今回はあまり出番はなかったけど、さらに攻撃力が強化されていましたw。
ファイナルスパークからの一発火力は、魔理沙の横に並ぶものはいませんねw。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 07月 【22件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー