≪ 2015 05   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2015 07 ≫
2015年06月の記事一覧

FE if 6章 

ファイアーエムブレム if

6章「光へ手を伸ばす」
問題の6章です。
ダウンロード版では、ここで白夜か暗夜の分岐されることになります。
場面は無章のチュートリアルです。
feif-7-1.jpg
やはり未来の夢でした。

育ての暗夜か、生まれの白夜か。
feif-7-2.jpg
予定通り、ここは白夜を選択しておきます。
ゲーム的な違いとして。
白夜は遭遇戦などがあり、育成に適したバージョン。
対して、暗夜は手強いシミュレーションを楽しむためのバージョンらしいです。
元々のエムブレマーなら、ここで暗夜を選ぶ人が多いと思いますけれど。
二周以上が確定している以上、暗夜はルナでプレイしていきたいと思っています。
時間があったら、白夜ルナにも手を付けるかもしれません。

当然、白夜側につくと、暗夜側のユニットが敵となります。
feif-7-3.jpg
「兄としてお前を殺す」
そもそも、なんでこのニ大国が争い合っているのか、裏の事情が全く明かされませんね。
ここまでのストーリーを見ていると、暗夜側が一方的に白夜側を攻めているように見えてきます。
ただ、マークス将軍を見ていると、何かやむをえない事情があるのかって、勘ぐりたくなりますね。

前章のエピローグで入手した夜刀神。
feif-7-4.jpg
覚醒のファルシオンと同じように、主人公専用武器だから、耐久値が設定されていませんね。
威力は8と然程強くはなく、せいぜい鋼の剣程度かな?
今更ですが、マイユニットではあるんだけど、王族としてFEの主人公として設定されているみたいですね。

勝利条件はマークスの撃破。
feif-7-5.jpg
リョウマに倒させてもいいんだけれど、やっぱり経験値が勿体ないので。
おいしく、主人公で頂いておくことにします。
育ての兄を躊躇なく切り捨てる、外道の極みw。

FE if 5章 

ファイアーエムブレム if

5章 母と子
なんとなく、FEらしいタイトル名ですね。
オープニングでムービー入ります。
ムービー中はスクショが撮れないようになっているため、ブログでは割愛ですね。
内容としては、王女へ暗夜軍国王から渡された魔剣ガングレリが暴走
白夜の街を破壊すると共に、王女の本当の母親であったミコトが命を落とします。
戸惑いを隠せなかった王女はミコトを母と呼び、王女としての血縁である始祖竜の力を暴走させ・・・
竜となってしまいました。

( д) ゚ ゚
feif-6-1.jpg
つっよ!!!
どのような竜補正が入ってるのかは分かりませんけれど。
今まで10代しかなかったステータスが、まさに急上昇しています。
ストーリー的には暴走しているはずなんですけれど、ちゃんとコマンドで指示することは可能でした。

容姿は新紋章の飛竜石に似ているかも?
でも攻撃技は水タイプでした。
feif-6-2.jpg
前記事で現れたアクアさんは歌姫。
FEの踊り子と同じで、烈火のニルスのバードに似ているかな。
1味方ユニットを再行動させることができ、マイユニの竜の力を使いまわすことが可能です。
ただし、竜状態だと経験値はほとんど入りません
出来る限りなら、他の白夜ユニットに食わせた方が美味しいかも。
敵軍には魔導師も多いため、倒すことには苦労しないですからね。

敵軍にはドラゴンキラーを持ったものもいます。
feif-6-4.jpg
ステータスは対したことないのに、竜特攻で18ダメージなんて、どんだけ特攻補正入ってるのよ・・・w
攻撃を受けるとさすがに厳しいので、こちらから攻撃して倒してしまうのが基本ですね。
ただ、中にはドラゴンキラー✕2でダブルで組んでいるものもあるので、注意。
ドラゴンキラー+サンダーでマイユニは落ちるので、魔導師側を倒してしまうか、再行動でドラゴンキラー二体を一気に倒してしまうのも手ですね。

母ミコトの遺言で、光り輝く黄金の刀を手に入れました。
feif-6-3.jpg
魔剣の次は、ど派手な金の刀かあ・・・
この武器は本当に大丈夫なのかなって、疑いたくもなってしまいますw。

暴走した竜の力を、アクアが竜石に封じ込めることで。
feif-6-5.jpg
これで完全なマムクートですね。
始祖竜の力を持つ剣士・・・FE漫画、覇者の剣のアルを思い出してしまいます。
さすがにあれだけのステータスを持つ竜へ、自在に化身できるようになるとは思えませんけれどw。

FEif 4章 

ファイアーエムブレム if

4章 白夜の同胞
橋の上から落ちた後、王女様は白夜軍に助けられていました。
そこでは出生の事実が明らかにされます。
feif-5-1.jpg
今まで、暗夜軍の砦から一度も出させてもらえず、育ってきた王女。
しかし、元は白夜の血を引く王女であり、暗夜へ連れ去られてしまったこと。
つまり、白夜は本当の家族であり、暗夜で育てられたことになりますね。

困惑する王女様、そんな時に暗夜軍の化け物が白夜領へ進軍してきました。
孤立する2人を助けに戦闘マップへ。

白夜軍、現当主:リョーマ君。
feif-5-2.jpg
注目すべきところは、無章で発動していた「流星」を覚えていないんですね。
ということは、あの夢の話は未来の出来事なのかもしれません。
白夜軍のクラスは忍びとか巫女とか、FEでは聞きなれないクラス名ばかりですけれど。
安心と信頼の剣聖(ソードエスカトス)

雪が降り続ける中、化け物に襲われる同盟軍を助け出すため、急いで進軍しなければなりません。
feif-5-3.jpg
その姿はまさに「異型の者」。ドラクエの武器屋さん
暗夜軍が魔王の軍勢のように思えてきてしまいますね。
ここからは白夜軍を使うことができるため、他ユニットも育てていこうと思います。
王女マイユニのレベルが高くなりすぎてきましたw。

忍びを防陣状態で装備すると、移動力が上昇することに驚きました。

feif-5-4.jpg
これはなかなか便利な装備カード。
覚醒のダブルとは少し不便になっている部分があって、前衛と後衛の交代が覚醒のように自由にできないみたいです。
ペガサスナイトを防陣にすることで移動力を補うのは、覚醒あるあるでしたけれど。
覚醒ifでも似たことは可能ですが、前ほど便利というわけではなさそうですね。

エピローグ。
歌姫の登場です。
feif-5-5.jpg
事前情報で明らかに重要人物そう。
服が白かったから、もしかしたら白夜軍かと予想していたんですけれど、当たっていました。
・・・これ、白夜軍ルートが正規ルートにしか見えないですよね。
もう実は分岐がないって言われても、納得しそうなぐらいに。

FEif 3章 

ファイアーエムブレム 覚醒if

3章 旅立ちの刻
捕虜の処刑を実行しなかった罰として。
白夜軍の砦を制圧してくるよう、勅命を出されます。

国王直々の命令で、付いてくることになったガンズ
feif-4-1.jpg
うっわ~悪そうな顔(・・)
封印のゴンザレスが可愛く見えるレベルですねw。
世間知らずの王女が「話し合いで解決する」というのは、さすがに無茶があると思いますけれど。
ガンズはわざわざ白夜軍を挑発して、戦闘へ持ち込まさせます。

ガンズ自体はマップユニットとしているんですけれど。
同盟軍扱いとして、こちらは操作することはできませんでした。
feif-4-2.jpg
死ね死ね死ね死ねぇっ!!




チーン 33-4
feif-4-3.jpg
そんなドヤ顔で言われても・・・
あなた、イベントで一体倒しただけで、瞬殺されましたよ・・・?
完全なネタキャラ。
もし暗夜軍を選んだとしたら、こんなのも仲間になるのでしょうか・・・

さて、このマップは狭い通路での攻防となります。
暗夜軍を選ばないことが確定している以上、やはり育てるのは主人公だけで良さそうなのかな?
このマップから、覚醒でのダブルシステムが解禁されることになります。

味方をサポートする手段と大きく2つ。
一つ目は攻陣
ifでこれまでサポートしてきたもので、攻撃時、味方が高確率で追撃してくれるようになります。
反面、ステータスが一切上昇しないので、リスクは高め。
FEのよくある事故として、やっつけ負けのリスクが上昇します。
もう一つは防陣
feif-4-6.jpg
覚醒のダブルと近いもので、2ユニットが1つにまとまり、前衛と後衛で分けられます。
サポート防御が増えて、一定の確立で完全防御してくれる、いわゆる「大盾」が発動しやすくなるみたい。
装備カード「フレデリク」と同様に、上級職を後衛に回すことで、レベル上げにも活用できます。


覚醒との大きな違いは・・・
feif-4-5.jpg
2VS2での戦闘
敵もサポートしてくるようになったことですね。
従来のFEのように、一体の敵の攻撃力だけを見て、迂闊に判断すると。
敵の攻陣でサポート攻撃が発動し、崩されたりすることもあり得ます。
また、サポート防御もしてくるため、少し運要素が増えてしまった感が否めませんね。

マップクリア後のエピローグ
撤退するところに、あのガンズが襲いかかってきます。
ギュンターが橋の上から落とされ、主人公の隠された力が発現(よくあるパターン
feif-4-7.jpg
まるでゴットイーターみたいに、身体の一部が変化していることが分かります。

結局、能力が暴走して、王女自身も橋から落ちていくことになります。
~完~

FE if 1章 2章 

ファイアーエムブレム if

1章 暗夜の同胞
暗夜軍の将マークスの特訓です。
蒼炎の軌跡の序章、グレイルとの仕合を思い出してしまいますね。
feif-2-1.jpg
エムブレマーならこちらから攻撃すると、相手のターンで攻撃されて死んでしまうと考えるんですけど。
難易度ハードごときの序章では、相手側から攻撃してこないようになっていて、自分から攻めないと進んでくれません。
他にも新要素:竜脈の説明があったんですけれど、次の章で記していきますね。

ジェネラルにのったマー○スさん。
きっと、マーカスポジションなお方。
序盤のお助けユニットであり、最初から上級職で育たなさそうな感じがしてしまいますねw。

2章 魔剣ガングレリ
暗夜軍の王との謁見。
feif-2-2.jpg
もう顔を見る限り、悪っそうな顔してますw。
こういう大概のゲームって、王が愚王だったりするんですよね、予想はできていました。
白夜軍との戦争の動機はもしかしたら王様同士に関連にあるのかもしれませんね。

さて、その悪王の前で囚われた白夜軍の捕虜との戦いになります。
主人公には魔剣を持たせて、実戦形式での処刑に近いものでした。

ちなみに主人公のクラスはダーク♀プリンセス
feif-2-3.jpg
すごく厨二臭がしてしまいますw。
最初のマイユニ作成場面で弓使いを選択したのにも関わらず、武器は剣となっています。
6章までのチュートリアルだからかな?
白夜軍に移る時になったら、職業が変わったりするのかなって予想してます。
ちなみに、最近のFEの傾向らしく主人公の成長は著しく高いです。
得意ステータスは早さにしたんですけれど、それに劣らず守備がぐんぐん伸びていってくれます。

竜脈
暗夜軍の王家のものは始祖竜の血を受け継いでおり、特定の場で力を発揮だせるとのこと。
ゲーム的に言えば、主人公が特定の場所で待機すれば、攻略の助けになってくれます
feif-2-4.jpg
今回の場合は、竜脈を起こすことによって、中央の場所を回復マス一帯に変えることが可能。
これで、中央に陣取ることが容易になります。
feif-2-6.jpg
ただ、他の味方ユニットはどちらも上級兵で倒させるのは勿体ないので。
できるだけ・・・というか、全て主人公で倒していきたいです。
まだ武器を外すことが不可能なので、中央で陣取っていると、片側から攻められてしまいます。
一方を全て倒したら、部屋から出て、同じように主人公を壁にして倒していくのが理想となりますね。

FE if  無章 

では、3DS「ファイアーエムブレムif」のプレイ日記を始めていきます。
FEのプレイ経験は・・・右のカテゴリを見たほうが早いですよねw。
ファミコンから始まり、全てのFEをクリアしています(アカネイア戦記は省いてw)。
もう、FEの記事だけで405記事目となり、どれだけFEを愛しているかが、わかると思いますw。
恐らく、今回も覚醒と同じように。
ハード、ルナ、ルナのその上を全てクリアすることになるので。
覚醒と同じぐらいの記事数となりそうですねー

ただし、覚醒の記事とは違って、今回からはミーバースを利用してSSを取ることが可能となりました。
私の戦術や打開を刻みこんでいけるので、嬉しく思っていますw。

では、早速初めて行きましょうヽ(=´▽`=)ノ
最初の難易度はハード、クラシックを選択しています。
今回、DL版を購入して、分岐後の最初は白夜ルートを通っていきます。
覚醒と同じシリーズなので、まずはマイユニットの作成からとなりますね。

うん、こんな感じでいいかな。
feif-1-1.jpg
長所と短所は恐らくレベルアップ時に、どこが成長しやすくなるのか補正が入るのだと予想しています。
ルナプレイ時など、ガチの時は守備が一番いいと思うんですけれど。
最初は攻守共に必要となる早さを上げておくのが一番便利です。
今回、クラスみたいな選択肢もあるみたいで、弓使いいわゆるスナイパーを選択してみました。
それなら魔力が要らなくなるので、魔力に下方補正を入れておけば無駄がなくなりますね。

無章 その手が招く未来
まずはチュートリアルですね。
エムブレマーたる私には今更聞くことなんてほとんどないんですけれどね。
通常攻撃、そして弓の遠距離攻撃の説明が入ります。
feif-1-2.jpg
グラフィックはやはり覚醒と全く同じ。
個人的にですけれど、中途半端に3Dにするより、GBAのような完全ドット絵の方が好きなんですけどね・・・
まあ、3D表示を生かすには仕方のないことなのかもしれませんけれどw。

たった2ターンの行動だけでした。
周りでは、暁の女神のように、白夜軍と暗夜軍が戦争を繰り広げています。
feif-1-3.jpg
なぜ、この二国は争い続けているのか。
理由についても、着目していきたいところ。

主人公たるマイユニットはこの無章において、白夜軍として戦っています。
feif-1-4.jpg
しかし、わゆのことを暗夜軍から兄妹と言われ、白夜軍からも兄妹と言われ・・・
え?え?どういうこと?
私のために争わないで!(勘違い)
なんて、言いたくなってしまいます
文中の「きょうだい」がなぜか漢字になっていないのは、兄妹か兄弟か、どっちでもいいようにするためなのかもw。

そして、この無章での物語は夢落ち
目が覚めたら、暗夜軍のベットの上でした。
feif-1-5.jpg
鎧、着たまま寝てて、痛くならないのかな・・・
話を聞く限り、マイユニは暗夜軍の砦から出たことがないみたいですが・・・。
しかし、今の夢を見る限り、白夜軍との関わりもありそうですね。
覚醒の場合、最初の夢は運命(笑)から始まりましたけれど。
ifの世界で、この夢はいつ現れてくるのでしょうか。

FEを語ろうバトン 

明日、FE発売!
今日の記事だけ中途半端なので、久々のバトンで稼いでおきます。

0時が待ち遠しいですね。

FEを語ろうバトンバトン

Q1 FEは楽しいですか?
A1 神ゲーです!
Q2 どこが楽しいですか?
A2 ゲームバランスから、世界観、戦術性など全てです
Q3 FEで一番楽しみなことは何ですか?
A3 レベルアップした瞬間です
Q4 シリーズ中でどの作品が好きですか?
A4 暁の女神
Q5 その作品の魅力ってなんですか?
A5 人によって、さまざまなプレイができるから
Q6 各シリーズ、お気に入りのキャラっています?
A6 もちろんいます
Q7 ■暗黒竜⇒
A7 チキ
Q8 ■外伝⇒
A8 セリカ
Q9 ■紋章⇒
A9 カミュ
Q10 ■聖戦⇒
A10 エルトシャン ラケシス
Q11 ■トラ7⇒
A11 アスベル 
Q12 ■封印⇒
A12 クレイン パーシバル
Q13 ■烈火⇒
A13 プリシラ パント
Q14 ■聖魔⇒
A14 ヒーニアス
Q15 ■蒼炎⇒
A15 ワユ
Q16 ■暁⇒
A16 レオ様
Q17 絶対に育てるキャラはいますか?
A17 スナイパーは優遇して育てます
Q18 何で育てるんですか?
A18 何で・・・って・・・普通にレベル上げ?w
Q19 好きなCPはありますか?
A19 エルトラケ
Q20 支援会話、コンプリートする派ですか?
A20 烈火、聖魔はGBAでやりましたけれど、暁覚醒からは諦めています
Q21 サウンド、コンプリートしますか?
A21 いつの間にかコンプしてます
Q22 FEといえば戦いですが、犠牲を出しますか?
A22 出しません
Q23 正直、FEの主人公は王子様や王女様が多いですがどう思います?
A23 全員王族でもいいぐらいです、アイク様・・・
Q24 お疲れ様でした。他のエムブレマーさんに一言どうぞ。
A24 明日のFE楽しみですねー
Q25 知り合いのエムブレマーさんに回してくれますね?
A25 周りにブログ更新してるエムブレマーが見当たりませんw
▼追記を読む(コメント返答)▼

アニーのアトリエ 感想 

DSソフト「アニーのアトリエ」の感想です。

非常に分かりやすい、ゲーム内容となっています。
採取や雑貨屋で購入して材料を入手し。
錬金術でそれを加工。
クエストやリゾート施設、課題を達成していくというもの。
PSPのアトリエシリーズのような、錬金術の複雑さもなく。
任天堂ハードらしい、ライトユーザー向けのシステムとなっていました。

難点としては、結構飽きやすいです。
黄昏シリーズのようなストーリー性もなく。
簡単なミニゲームを除けば、ずっと単調が続いてしまいますね。
街ではキャラのイベントが多数用意されていますけれど。
個人的には、ボイスもなく無駄に長い茶番が続くように思えてしまって。
途中からは全部飛ばすようになってしまいましたね。

それと、攻略については、トゥルーエンドを目指すならば、初見では分かりづらいです。
リゾート施設の依頼についてもそうなんですけれど。
wikiや攻略サイトを見ながら、調合していかないと、実はかなり面倒くさいんですよね。
街から移動するだけで時間がかかってしまいますし。
自由度が高そうに見えて、実は時間という制限にいらいらしてしまう人もいるのではないでしょうか。

それと、せっかくの錬金術システム、そして戦闘があるのだから。
ただ武器を普通に買って通常戦闘だけで終えてしまうようなシステムでは、ちょっと勿体無いように思えてしまいますね。
これをプレイした後だと。
やっぱり黄昏シリーズのアトリエシリーズって、よく出来てるなって思ってしまいますw。

アニーのアトリエ エンディング 

アニーのアトリエ

とうとう三年目を迎えます。
事実上、これが最後の課題となりますね。
さすがは最後というべきでしょうか。

今までの課題よりも、少しだけ時間がかかってしまいます。
ani-9-1.jpg
必要なものが全て調合がから作らなければならないものであり。
アバカーンについては、1つ合成するだけで5日もかかってしまいます。
この記念碑は2つ必要なので。
一から作ろうとすれば、最低でも20日近くは必要となります。
特徴「高品質」を付け忘れないように。

ともあれ、これで・・・
全ての課題、オール金賞達成ヽ(=´▽`=)ノ
ani-9-2.jpg
リゾート開発も万全ですからね。
ani-9-3.jpg
優勝は間違いないでしょう!←フラグ

後は、三年目終わるまで、特にやることも少なく。
ani-9-4.jpg
イベント戦闘などもちょっとありましたけれど。
作業のような感覚で終わってしまいましたっと。

セラ島の錬金術大会、これにて終幕!
さて・・・気になる大会の結果は・・・!
見事に負けました(#^ω^)
しかも、ライバルキャラとして「銀賞だったら悔し~」っていっていた奴が優勝ですよ?
審査委員買収されてる説まで出てきます。

後々、調べたんですけれど。
優勝して、トゥルーエンドを迎えるためには・・・
二年目の後期に、何の前触れもなく・・・・
リーズを連れてみのりの森に行くイベントを逃してしまうと。
三年目に重要なイベントが発生しないで、何事も無く終わってしまうみたいです。
調べなきゃ分かんないよヽ(`Д´#)ノ

エンディングはアニーが宮廷錬金術士となるのでした。
ani-9-5.jpg
ぐうたらなアニーには向いてなさそうな終わり方ですねw。
ニートを会心させたということで、良しとしましょう!

アニーのアトリエ 二年目終了 

アニーのアトリエ

二年目の10月を迎えます。
今回の課題はこれまで納品系ばかりでしたけれど。
クエスト関連含めて、初めての討伐系となっていました。

その討伐対象は、なんと最初の採取地で出てくるイベント戦闘です。
ani-8-1.jpg
地のエレメント・・・対して強くはないですね。
レベルが非常に上げやすく、また武器を楽に揃えられるバランスなだけあって。
一応、攻略のヒントとして、「紫色の武器」が弱点なんですけどね。
普通に通常武器で殴ってしまったほうが早いと思います。
余裕の金賞ですね!

二年目の終盤となり、ラストの採取地も解禁されました。
3日かけて行くことができる、「洞窟」です
ani-8-2.jpg
中には、最近のアトリエシリーズお馴染みドンケルハイトも。
グラフィック自体は全然他のものと違いますけれどね。
ドンケルハイトって赤く大きな花のイメージが強いです。
アニメ「エスカとロジーのアトリエ」では、ロジーさんがドンケルハイトを持ってきた場面もありましたねw。
・・・とはいっても、エスロジやアーシャのように「花」といった抽象的な材料になっていないので。
ドンケルハイトを使う材料自体がほとんどないので、意味は薄いんですけどねw。

各リゾート施設も人気全て300となりました!
後はショップ自体の人気上げ。
これは冒険者の酒場でのクエストをコツコツクリアしていかなければならないんですけれど。
ani-8-4.jpg
錬金術レベルが「マスター」になったら、クエストが全て同じになってしまうみたいで・・・
毎回毎回要求される蒸留水
アトリエシリーズでは超基本的な素材ですけれど、アニーでは入手が採取しかなくて面倒くさいんです。

アクセサリー流星の髪飾り
ani-8-3.jpg
採取用のアクセサリーで、蒸留水稼ぎには持ってこいのものです。
NPCの説明を聞いていると、一人が持っていればパーティ全員に効果があるみたいですけれど。
重複があるのかどうかは、定かではないですね・・・
念の為に三人にもたせておきましたw。

二年目おしまい!

とうとうラストの一年を迎えます。
ani-8-5.jpg
一ヶ月ごとの収入も先端が見えなくなってしまいましたw。
もはやリゾート用の資金も使い道がないので、貯めても意味ないんですけどね。

アニーのアトリエ 第4期課題 

アニーのアトリエ

二年目に突入します。
とはいっても、アーシャやエスカと違って、特に行ける場所が増えるわけでもないので。
やることは基本的に一緒なんですけどね。
だんだん、パターン化して飽きやすいのがアトリエシリーズの欠点でもありますね。

さて、第4期課題。
リゾーチ、セラ島の名物を作ることでした。
ani-7-3.jpg
3DS、前作の主人公リーズからイルカパイのレシピを買うことができるので。
それを元に、特徴を付けて合成するだけですね。
材料も難しいことはなく、一ヶ月中にはクリアできて、金賞を貰うことができると思います。

さて、金賞での賞金で新しくリゾート施設を増やしていきましょう!
今度作成したところは・・・
ani-7-1.jpg
この海に囲まれたセラ島にぴったりである、ビーチを建設しました。
ビーチの依頼には「白い砂」があったりと。
このビーチは人工で整えられたものみたいですね。
最近クリアしたばかりの、碧の軌跡のビーチを思い出してしまいました。

さて、ビーチの依頼は・・・
ani-7-2.jpg
食材を多く求められます。
大体・・・ホテルと一緒ですよねw
星印の割にはかなり、簡単なイメージ。
劇場が一番面倒くさいように思えてしまいますw。

さらに事業資金が溜まって、スパを建設しました。
ani-7-4.jpg
これで5つ全て揃ったことになります。
全ての施設の人気レベル100を目指してがんばっていきましょうか。
段々、ミニゲームも面倒くさくなってくるものです(´・ω・`)

アニー リゾート開発「劇場」 

アニーのアトリエ

では劇場の人気上げに入って行きましょう!
最初のリニューアル条件は人気80以上なので・・・
30はミニゲームと稼げるんですから。
5個の依頼を解決すれば、OKということになります。

劇場の依頼は武器や防具に関連したものが多いです。
ani-6-1.jpg
赤い短剣や青い短剣が依頼されているので。
短剣自体は市販で揃えるだけで、他の材料は簡単に手に入れられますね。
ただし、武器自体の費用は自腹なので、お金だけはかかってきますw。

劇場での、材料を集められるミニゲームはくす玉割り。
完全なランダムゲーですけれど、大当たりしたときのメリットが超大きいです。
ani-6-2.jpg
100G払うだけで、こんなにも貰えるんですからw。
中には「リターンゲート」と呼ばれる、どこからでも拠点に戻れる神アイテムすら手に入れることができます。
往復する時間を半分にして、3日稼げるので、大事にしていきたいですね。

これを何度も何度もやっていると・・・素材在庫が一杯になってしまいますw。
ani-6-5.jpg
99の状態では、新しい特徴の付いたものも手に入れられなくなってしまうので、定期的に売っちゃいましょう。
このゲームの金策はこれでなんとかなってしまいます。
ただし、依頼をクリアし続けないと、人気が下がっていってしまうので。
酒場の依頼は納品していく必要が出てきますね。

劇場をある程度あげたら、洋菓子店の方にも行っておきましょうか。
これまで作れなかったアタシのケーキ
ani-6-3.jpg
アニーオリジナルのケーキなんでしょうかw。
女の子らしく可愛らしいデザートとなっています。
これを新メニューとして、洋菓子店へ納品。
想像ですけれど、アニーのケーキとしてでも、売られているのでしょうか?w

レベルがあがった洋菓子店のミニゲームはかなり難しくなってきます。
ani-6-4.jpg
この記憶ゲームでも、レベル1は3つだけだったのに、レベル3は5も覚える必要がでてきます。
こんな風にカメラの瞬間記憶能力を使ってもいいですけれど・・・
レベルを下げても、上昇する人気自体は変わらないので、レベル2ぐらいで確実にクリアできるようにするほうが楽そうですw。

アニー 第二期課題 

アニーのアトリエ

10月、ハンスから新しく課題が発表されます。
ani-5-1.jpg
騎士団の槍を10個納品。
10個もの武器を錬金するなんて、面倒臭そうに思えるんですけどね。
実は騎士団の槍自体は市販で売られています

さすがに買って終わりというわけではなく、通知書に記載されているように。
赤い特徴を付けるのが今回の課題となります。
ani-5-2.jpg
このアニーのアトリエは錬金術の癖して・・・
武器を錬成する材料に、その武器を必要とする
という、謎の法則があるのです。
そりゃまあ・・・赤くするのも青くするのも、元の武器がなければ付けられませんけれど・・・
染色するんじゃないんだから、そこは錬金術っぽくしてほしいなって思ってしまいますw。

「特徴付け」の錬金方法から行けば、意外と簡単に課題をクリアできてしまいます。
これで第二期の課題はクリアですね。
二年目の4月まで、また自由行動が続くことになります。
とりあえず、半年ごとにお店のラインナップが変わってくるので。
追加されたレシピや錬金器具を買い占めて起きましょう。

錬金器具
ani-5-3.jpg
今回の課題が武器錬金だけあって、武器を作るのに適した機材ですね。
そもそも、前述した理由により、クエストクリア意外で武器自体を錬金することが少ないので・・・
錬金機材のレベル上げをするには、相性が悪くても、使っていく必要がでてきますね。

レシピ

ani-5-4.jpg
一気に増えます。
第一期に洋菓子店でクリアできなかったものが、これで錬成できるようになります。
また戦闘中でお世話になるアクセサリーは、レシピ上だけでは効果がさっぱりわからないので。
全て一つづつ作る勢いで、錬成していくことになりますねー

洋菓子店に続いて、今度建てるリゾート施設は「劇場」
ani-5-5.jpg
「服装」とは書いてありますけれど。
武器や防具に特徴を付けて、納品していくクエストが多めですね。
詳しくは次記事でー

アニーのアトリエ ミニゲーム 

アニーのアトリエ

一つ目の課題が終わり、現在はリゾート開発を伸ばしています。
ある程度の錬金をしてから、納品アイテムを持って、洋菓子店へ。

作ったリゾートの施設では、ミニゲームで遊ぶことができます。
ani-4-1.jpg
「ミニゲーム」とはいっても、このゲームではクリアにおいて非常に重要です。
まず、お手伝いでのミニゲームがあるのですけれど。
各レベルごとに三回ごとかな。
クリアすれば、人気があげられるので、必ずあげておきたいところです。

次は材料をゲットできるミニゲーム。
ani-4-2.jpg
これは作った施設ごとに変わるみたいで。
ミニゲームをクリアすることで、報酬としてアイテムが貰えます。
材料が枯渇しがちなアトリエでは非常に効果が大きく・・・
ani-4-3.jpg
これだけ手に入れられて・・・
たったの100G
特に蒸留水は採取限定な上にしょっちゅう使用するので、何度もプレイして貯めておいたほうがいいかも。
施設のレベルが上がるに連れて、料金はあがるけどもらえる報酬が多くなるので。
逐一取りに行くのもありですね。

人気が80以上になったら、リニューアルして施設のレベルが上げられます。
ani-4-4.jpg
最大のレベル3には人気が180以上なので、それも納品こなして上げてしまいたいです。
30はミニゲームを三回クリアで稼ぐことができるので。
人気100から80には、5回納品すればクリアっと。
特に洋菓子店は納品するアイテムが、ミニゲームでゲットすることができるので。
比較的楽にレベル3まで行くことができてしまいます。

そんなこんで・・・これだけやることやっても、次の10月までには時間がたっぷり。
リゾートもやれることだけやってしまったら、後はお金稼ぎや錬金レベル上げでもって感じですねー
10月開始がこんなかんじとなりました。
ani-4-5.jpg
お客さんが飽きてしまうのか。
洋菓子店は時間がたつにつれて、売りゆきが落ちていってしまいます。
どうやら、定期的にクエストをクリアしていかないといけないみたいですね。

アニーのアトリエ リゾート開発 

アニーのアトリエ

課題で金賞を授かると賞金を貰うことができます。
その金額なんと・・・
14.000.000ゴールド
今まで雑貨屋さんで物を買うのに50だった考えると、とんでもない金額w。
アニーがびっくりしてしまうのも分かってしまいますね。

も・ち・ろ・ん
これはゲームの世界、そんな大金を錬金術に使うことなんてできません。
1.0000Gを錬金に当ててレシピぐらい買わせてくれてもいいのにね
この賞金はリゾート開発への融資となります。
大会で優勝するためには金賞だけではなく、リゾート開発の進み具合にも影響された・・・はず(うろ覚え
ani-3-1.jpg
そういうことで、セラ島に洋菓子店を設置することにしました。
この「仕事」というのは売上を上げるのに重要なもの、後述します。

ここからはリセット推奨のお話
自分が作った洋菓子店へ行くには、なんと日数がかかります。
ani-3-2.jpg
洋菓子店へ行くには3日・・・往復で6日も消費するっという遠さ。
何度も往復してしまえば、それだけ貴重な時間の無駄遣いということになりますね。

そこでお仕事の話。
自分が作った施設のレベルを上げるためには人気を上げる必要があり。
人気を上げるためには「仕事」を行わければなりません。
アトリエシリーズでいう「仕事」というのは・・・もちろん納品クエストのことですね。
ani-3-6.jpg
何が必要なのか知るためには施設へ行かなければならないし・・・
一々、確認して戻って、錬金して納品市しに行くという、流れは余りにも勿体無いです。
だから、一度リセットして何が必要なのかを知って、錬金してから。
一度に納品する方が効率的となります。
ぶっちゃけ、wikiとか見て、確認したほうが早いんですけどねw。
そもそもこんな仕様なのか、時間はかなり余ってくるので、完全初見プレイでもなんとかなるかもしれませんけど。

というわけで、また時間は遡り。
洋菓子店に必要なアイゼンバールを錬金してからにしましょう。
レシピは図書館で購入。
ani-3-3.jpg
図書館で本を買うってどうかと思うんだけどw。
貸出はダメなのですか!?

洋菓子店のしごとの必要な材料はほとんど雑貨屋で揃えられてしまうので、楽ちん楽ちん。
ani-3-4.jpg
ただし、アイゼンバールの必要個数は25個
それを一気に持って行くには、やはり資金が必要となってきます。
ちなみに、30個合成するなら、30個を3日かけて一気に合成するよりも。
10個✕3日の方が、経験値効率は高いみたいですね。

お金稼ぎは基本的にクエストで。
ani-3-5.jpg
滝壺で手に入れたシランギョを高値で買い取ってもらえます。
特性「普通」なら・・・って最初は普通ばかりですけれど。
要求されている特性が一致しているなら、もらえるお金がなんと1.5倍。
どんな依頼システムなんだ・・・っていう、常識的なつっこみはなしにしてあげましょうw。


アニーのアトリエ 第一期メイン課題 

アニーのアトリエ

仲間を三人連れて、冒険へ出発ーヽ(=´▽`=)ノ
ani-2-1.jpg
アトリエシリーズらしく、探索の地へ行くには数日かけていかなければなりません。
最初の探索地はお馴染みに通り、「一日」で行ける場所です。

探索地「滝壺」
ani-2-2.jpg
この吹き出しが出ているところで採取することができます。
ただし・・・移動するだけでの時間経過がかなり厳しいです
できるだけ採取ポイントへの距離を短くして進むようにしていきましょう。

移動や採取時に確立でエンカウント。
ani-2-3.jpg
前衛後衛の概念がある、ターン制バトルとなっています。
フルボイスではないのですが、掛け声などの台詞はボイス付きとなってますね。
Yボタンを押しっぱなしにすれば、自動的に通常攻撃してくれるので。
最初のうちはY押し続けておけば、問題なさそうですね。

後、この採取でかなり時間が取られます。
システム上、戦闘回数自体が減ってしまうことになるのですけれど。
その代わり、かなりレベルが上がりやすい仕様になっていました。
レベルが上がると、最大HPまで回復してくれるので、よっぽど強い敵と当たらなければ。
回復アイテムを持って行かなくても、悠々と進むことができます。
ちなみに、もう少し進むと回復アイテムの大量入手が可能になるので、余り気にしなくていいですけどねw。

採取で「清涼な湧き水」を入手したら。
ani-2-4.jpg
蒸留水に錬金することができます。
それ、錬金じゃなくてただの蒸留じゃない?
他の第一期課題「セラ島の地図」に必要なアイテムは、全て雑貨屋で買えるので。
地図を合成したら、課題達成となります。

大会実行委員のハンスへ地図を提出して、課題クリア!
ani-2-5.jpg
今回は「速度」を重視されているので、余裕の金賞ですねー
この金賞で何が得られるのかは次記事で。
いよいよ、アニーのアトリエのメインであるリゾート開発が始まります。

アニーのアトリエ 

DS「アニーのアトリエ」のプレイ日記を始めていきます。
実は数年前に一度プレイしていまして。
ブログ上では、これが二周目という形になりますね。
その時は、わずか記事3つとそこまで深くやらなかったんですけれど。
PSP版のアトリエシリーズ(エスカ、アーシャ)をプレイした後で、もう一度やり直してみたいって思いました。
DS版のアトリエシリーズはPSP版、PS3版と比べると、評判はあまり良くないんですけれど。
そこのところも注目していきたいですねー

さてさて、それでは・・・
アニーのアトリエ、初めて行きましょう!
ani-1-1.jpg
アニーのストーリーは・・・だらだらでぐうたら性格の女の子、アニーが錬金術大会に参加することになり。
そこで優勝することで、王子と結婚し玉の輿に乗るという・・・
超ふしだらな動機です・・・。
とまあ、こんな感じに、ストーリー自体はうーん・・・と思ってしまいますよねw。

マップでは、二頭身の可愛らしいアイコンを動かして操作していきます。
3DS発売の新ロロナは中途半端なリアルで二頭身でした(頭が大きい)けれど。
ani-1-3.jpg
アニーのアトリエでは、もっとアニメチックで可愛らしいですねー
さすがはDS版らしく、ロード画面が一切ないので、不自由なくプレイすることができます。
マップ移動も楽ちん楽ちん。
ちなみに、個人的にこの雑貨屋さんのBGM「おじいさんの物語」はゲームBGMとしてトップクラスに好きな曲だったりw。
アニーのアトリエBGMはいい曲ばかり。
緩いストーリーとよくあってると思います。

調合画面
実にシンプル
ani-1-2.jpg
調合スキルは何にもなく。
材料と材料を合わせて、錬金術で新しい物を生み出すだけとなっています。
勿論、特性といったものは付けれるのですけれど。
「赤い」「でかい」「高品質」といった、分かりやすい特性をアトリエシリーズお馴染みの中和剤を使って付与することが可能。
錬金レベルは錬金術の成功率ぐらいしか影響しないし・・・
失敗したとしても、リセットすればいいだけの話だから、特に気にしなくてもよさそう
分かりやすいシステムというのは利点ではあると思いますね。

ちなみに、このセラ島の地図が第一期のメイン課題となっています。
調合するには、やはり探索に行かなければなりません。

セラ島の街を回ることでいろいろなイベントが発生します。
ani-1-4.jpg
ハンスさんとジェリアさんという方。
その三人を連れて、探索に向かいましょうー

アーシャのアトリエ 感想 

PSPVITA「アーシャのアトリエPLUS」の感想です。

プレイステーションでのアトリエシリーズは・・・
エスカとロジーのアトリエに続いて、二作品目となります。
ガーランドの錬金術士三部作はプレイしていないので、アーシャの前作との比較はできません。

まずは一言。
面白い
この言葉に尽きます。
アトリエシリーズとしての根幹のシステムは本当に完成されていると思います。
採取やバトルで素材を集めて、調合を行い、ストーリーやクエストを進めていく流れは飽きないですね。
調合の方法についても、自由度があり。
どの素材を使って、どんな順番で調合を行っていくのか。
発動させるスキルや個数を増やすために、頭を使うパズルが私はとても大好きです。

残念ながら、アーシャのアトリエでは、エスカとロジーの調合システムのように、分かりやすく、それでいて自由に組み合わせられるシステムではありませんでしたけれど。
前作の基板を作ったソフトなんだって、実感しました。

ストーリー自体もよく出来ています。
とにかく細かいイベントが多いので、RPGに付きものの飽きやすさを軽減してくれます。
アトリエシリーズでは「日数」というものがあり、どうしてもシビアに動きたくなってしまう気持ちはありますけれど。
時に癒やされながら、のんびりと楽しむことができるゲームですね。

難点としては、エスロジの時もそうだったんですけどね。
敵のバリエーションが少なすぎるところかな。
カラーを変えただけで同じような敵が多く、新しい場所へ行ったとしても、わくわくする楽しみが少なくなっていました。
ただし、戦闘グラフィック自体はかなり凝っているので、各キャラの必殺技は必見だと思いますけれど。
それを飛ばすことができないのも、また作業感を増幅させてしまうんですよね。

でも、本作はフルボイスであることを考えると・・・
予算の都合上、手抜きになってしまったことも仕方がないことなのかもしれませんね。
コーエーテクモに吸収された今、次のアトリエシリーズがどう生まれ変わるのか。
とても楽しみに思えます。

アーシャ ウィルベルEND 

アーシャのアトリエ PLUS

三年目もいつの間にか時間が過ぎていき・・・
気がついたら・・・
何もやることがなくなってしまいました\(^o^)/
エスロジでも一緒だったんですけどね。
初見で・・・しかも、極めるつもりがない私は半端に終わってしまうものです。

レベルもカンスト!
asya-23-1.jpg
とはいっても、たった50レベルなんですけどね。
ここまでレベルを上げても、まだ裏っぽいボスには歯が立たなかったため。
エスロジのように、レベル99までの開放条件がどこかにある・・・のだと、その時は思っていましたw。
実際にはクリアした後、調べたら、レベル50が最大だったようですねorz。

同じように、錬金レベルの方も50でカンスト。
・・・経験値稼ぎの作業もなくなってしまいました。

アルバムの条件埋め

スキル強化lv3や全能力+6などを装備に付けるクエスト。
asya-23-2.jpg
こちらは、武器や防具を強化するための砥石などにスキルを付ける必要がでてきます。
どこから付けるのか、考えるのが結構楽しかったですw。
結果、こんな強い装備を作ることができてしまいました。

この装備を付けていると・・・
asya-23-3.jpg
まさかの消費MPが0!
さすがに消費MP系を付け過ぎましたかw。
スキル強化LV3だと、大体25%を軽減してくれまして。
それらが全て積み重なって、-100%を超えたのでしょう。
パズドラなどの重ねがけでは、100%に25%軽減で75%で、その75%に軽減効果が付けられるので0になることはないんですよね。

そんなこんなで・・・
asya-23-4.jpg
結局、ほとんどの目標を達成することはできませんでしたorz。
ここからはまさに極める範囲となってしまいますので。
エンディングを見てアーシャのアトリエを終えてしまおうと思います。

エンディングやはりというべきかな。
ウィルベルさんエンドでした!
asya-23-5.jpg
アーシャとともに、お店を出すのがエピローグです。
エスロジに繋がる正規ルートではないと思いますけれど。
ベルちゃん、可愛いので大方満足なエンディングでしたー

これで、アーシャのアトリエクリアー!
2つ目のアトリエシリーズのクリアとなり、最後に残すのはシャリーのアトリエのですね。
VITAでPLUSが発売されたら、買おうと思います。

XenobladeⅩ 感想 

XenobladeⅩ

まずは一言。
非常に勿体無い!
この言葉に尽きます。

惑星ミラ、この広大感は素晴らしいです。
ただ探索しているだけでも、その光景に心を奪われてしまう程ですし。
いくつかの洞窟を発見して、冒険しているのでも、ワクワクしてきます。
種類多い敵グラフィック、巨大なボスとの戦いなど。
世界観は非常にうまく構成されていました。

しかし、その世界観をうまく生かせなかったのがバランスだと感じています。
とにかく戦闘がだるいし、楽しくない・・・RPGとしては致命的であるかもしれませんね。
生身で冒険したくなる気持ちはあるんですけれど。
すぐに敵に発見されて、戦闘となりますし。
その戦闘を終えるまでが長く、気軽に戦いたいと思えなくなってきます。
そして、冒険というよりは敵に見つからないように、スネークのような隠れてこそこそ動いていくようになってしまうんですね。

極めてドールのシステム。
こいつに頼ることで、戦闘が超楽になります。
生身で戦っていた時は、なんだったの?って思ってしまうぐらいにw。
終盤では無制限に飛べるようになってしまって、冒険システムが完全に崩壊
全て空を飛んで行けてしまうので、力を込めて作った惑星ミラの美しき風景も。
冒険するということ自体がなくなってしまい、宝の持ち腐れになってしまっていました。

つまり・・・ゼノブレイドクロスはネットゲームに近くしすぎました。
マルチプレイは私未プレイなので感想は書けませんけれど。
家庭用ゲームのRPGらしくないバランス調整だったと感じています。

XenobladeⅩ 惑星ミラ 

XenobladeⅩ

助けに来たラオさん、しかしルクザール総帥との肉弾戦により。
セントラルライフの暴走に巻き込まれ、化け物化してしまいます。
欲望が暴走し、セントラルライフを破壊しようとするラオを・・・
それでも庇おうとするリンさん・・・
zenokuro-21-1.jpg
ブレイドとしては失格なんでしょうけど・・・
それでも、今回ばかりは戦わざる負えませんね。

ラスボス戦:ラオ
このレベル42では・・・全くもって勝ち目が見い出せませんでした。
少しばかりレベルをあげて再戦しても。
zenokuro-21-2.jpg
二段階目であるラオはとにかく強い。

まず・・・ドールが使えなくなります。
敢えてもう一度いいます。(またかよ)
ドールが使えなくなります
これまで頼ってきたドールが使えず、自分で戦わなければならないのは、まさにラスボス戦と言えるのでしょうけど。
そのおかげで非常に辛いですw
それでもがんばって、HP半分以下に削ることはできたんですけれど。
キマイラの取り巻きを二体も呼び出されて、一瞬にして戦局が傾いてしまいました。

もう、圧倒的にレベルが足りないことを実感したので・・・
レベルを56にまで上げてきて再戦。
それでも難易度を下げでのバトルで、ようやく勝つことができました。
ラオ戦自体は破壊する部位が多いので、ちょっと楽しかったですw。

感動のエンディング
これまでの伏線を回収していきます。
まずグロウスが執拗に人類の肉体を狙ってきた理由を簡単に説明すると。
人類の祖先が、グロウスという種族を作り出したおかげ、遺伝子的に(?)逆らうことができないようになっているとか。
猫がライオンに歯向かわないようなものなんでしょうか。

そして、これまで主人公より主人公してたエルマさん。
実は地球人じゃなくて、異星人でしたー
zenokuro-21-3.jpg
も ど し て
赤のようなイメージの強いエルマさんでしたけれど。
姿はまるで雪の女王みたいな、寒々しい見た目をしていますね。

・・・正直な話ですよ、正直な話。
今更、異星人だーって落ち出されてもなあ・・・w。
地球人に、BBや宇宙船の技術を教えたのもこのエルマさんだとか。
これまでのストーリーもそうでしたけれど、なんでエルマさんは地球人にここまで尽くしてくれるのか。
ぶっちゃけ、セントラルライフ探しでも、エルマさん「私関係ねーし」状態だったんですからね。
そもそも、セントラルライフにエルマさん自身がコールドスリープ状態として眠っているなら。
最後のように遠隔操作して起き上がり、内部から操作することもできそうな気もするんですけれどw・

セントラルライフ内部にあり、地球人類の補完されているはずのデータベース。
墜落の際に全て壊れていたことが判明。
zenokuro-21-4.jpg
え?じゃあ、BBとして今動かしている肉体の意志はどこから来てるの?
to be contenuid
続編が出るのか、それともDLCとして次のストーリーが用意されてるのか。
楽しみではありますね!

最後に1つ。
主人公って結局なんだったの!?
一人流星の丘から動き出して・・・他のモブキャラBBと同じ、一般兵と代わりないのでしょうか・・・w
「記憶をなくしている」という伏線も一切触れられることはありませんでしたね。
これまた次回の伏線なんでしょう。
きっと!多分!

XenobladeⅩ セントラルライフ 

XenobladeⅩ 

人類がこれまで探し求めてきたセントラルライフ。
それは海上にポツンと墜落していました。
遊戯王のアルカトラズかな?
zenokuro-20-1.jpg
人類を恐れるグロウスもここの場所を嗅ぎつけており。
グロウスとの最終決戦となります。
ここからはセーブ不可、まさにラスボス戦へと入っていくことになります。

グロウス、ルクザール総帥が乗るドールとの決戦。
このドールは元々うちらが回収して、グロウスに奪還された謎の高性能ドールでした。
zenokuro-20-2.jpg
こいつもまたまた強い強い・・・
レベル50,難易度下げてもレベル45。
11章クリアしてすぐのレベルでは、非常につらいものが有りました・・・
HPを半減させると、イベントで強化されます。
黒く丸っこい援軍を呼び出してくるので、各個撃破していかないと。
HPの回復手段の乏しいゼノブレイドクロスのシステムではかなりの脅威となります。

人類の肉体が眠っているとされたセントラルライフ。

zenokuro-20-3.jpg
しかし、エルマの口から、それは嘘であったことを告げられ・・・
真実を語られることになります。

これまでの説明では、セントラルライフに眠る肉体から、クラウド型としてリアルタイムでBBと呼ばれる、今の動かしている身体と通信していると説明されていました。
zenokuro-20-4.jpg
しかし、実際の話では地球人類の肉体はとっくに滅んでしまっていたと。
ただし、脳や魂としての部分を電子化し、データだけを残すことによって。
何百万人の地球人類の意志を地球から、持ち出すことができたのだと。

なるほど、確かに道理ですよね。
肉体を残すにしても、生命維持装置を付けなければならないだろうし、何よりその分だけ場所や重量をとってしまいます。
電子化することで1つの宇宙船に詰める人間の数を増やすことに成功したのでしょうね。

それにこのセントラルライフには肉体を構成する機能が備わっています。
つまり一度は喪われてしまった肉体ですけれど。
DNAの解析からか、一から元の肉体を作り出すことも可能。
すごい!まさに未来の技術ですよね。

しかし、その機能がグロウスのウィータの攻撃によって暴走してしまいます。
タンパク質を組み分け、生命を生み出すこの装置。
暴走によって、まさに化け物を生み出してしまうのでした。
zenokuro-20-5.jpg
キマエラ✕10との戦い。
こちらはドールにのってさえ、いれば楽ちん楽ちん。
ドールの大技アーツを決めれば、一発で沈んでくれます。

まだまだ12章は続きます。

今日の一枚

zenokuro-20-6.jpg
黒鋼の大陸の存在する、謎の巨大花。
グロウスというよりも、この惑星ミラの原生生物に違いないでしょうね。
まさに食虫植物という見た目を持ち、グロテスクそのもの。
レベルが上がったら倒せるようになるのでしょうか。

XenobladeⅩ  黒鋼の大陸 

XenobladeⅩ

ようやくですけれど。
ゼノブレイドクロス、進めることができました!
レベル41制限が厳しく、なかなかレベル上げる方法が分からなくて、滞っていたのですけれど。
結局、グーグル先生に聞いて、効率の良い狩場を調べてしまいました。

そうすることで、これまでの苦労が嘘のように・・・
どんどんレベルを上げることができるようになりました。
zenokuro-19-1.jpg
フィアーマンダ狩りなど、ドールを使えば簡単に倒せてしまうんですけれど。
貰える経験値は1000近くですからね。
数10ぐらい倒せば、レベル1上がる計算となります。
正直、ストーリーと自体は難易度を下げてクリアしてしまえばいいと思っちゃってるので。
早く、エンディングを迎えたいというのが、気持ちとしてありました。

さて・・・11章ですね。
ラストが12章なのですから、もう1つ前にまで来てしまいました。
zenokuro-19-2.jpg
ラオさんの裏切り
これまで散々裏切りフラグを出しておいて。
10章ではほぼ確信に近い域にまで達していたのに、監視も付けず野鯖らしておくというのは、さすがに対応ミスでしょうにw。
まあ、確かに今まで仲間として使ってきた時期もあるから。
「信頼しすぎてしまった」という、面が大きいのでしょうね。

物語の目標である、人間の肉体が眠るセントラルライフの居場所
ラオさんがデータすべてを持ち逃げしてしまったため、主人公達は取り戻すという、ミッションを受けることになります。
場所はグロウス敵本拠地内部である、 黒鋼の大陸
危険というか、無謀に近いものがあるような気がしますけれど(;・∀・)

入り口が小さく、グロウス基地内ではドールを使うことができません。
敢えて、もう一度言います。
ドールを使うことができません
zenokuro-19-3.jpg
おかげで非常に辛いです・・・
ストーリーのイベントボスですらないので、難易度を下げることもできませんし。
必ず戦闘をしなければならない箇所も幾つか存在していますね。
レベル41ぴったしだと、なっかなかの難しさでした。

内部中枢へ行くと、ボス戦。
最初は難易度を下げずに戦ってみるのですけれど、まず勝てそうもありませんね・・・
zenokuro-19-4.jpg
このフリーダムのフルバーストみたいなマルチ攻撃。
難易度下げずに受けると、パーティ全員が即死するという、馬鹿みたいな火力。
難易度を下げたとしても、半壊するような威力でしたから困ったものです。
幸い、一戦闘に一回来るかどうかぐらいの頻度なので、全体回復のオーラヒールを使えるだけテンションを蓄えておいて。
すぐに体制を整えるように、工夫していました。

要塞内部にてラオさん発見。
このターンXみたいなドールとの戦いとなります。
ここからはドールに乗って戦うことができるため、ずいぶんと楽になりますね。
zenokuro-19-5.jpg
一定ごとに(?)、格闘無効か射撃無効になることがあるので、戦況を判断していきましょう。
特にドールはレベル上げなどのため、格闘アーツばかりに偏ってる場合が多いと思われます。
そういう時は一旦降りるというのも、選択肢に入ると思いますね。

自分の意識や魂が機械の中に保存されてしまってる・・・
死のうと死ねない状況・・・人によっては確かに地獄のように思えるのかもしれませんね。
地球から脱出際に家族を失ったラオさんの心が病んでしまったのも、分かるような気がします。

次は最終章12。
セントラルライフの位置もわかり、物語は終盤へと向かっていきます。

今日の一枚
zenokuro-20-7.jpg
本日装備していた、主人公(♀)のエロ装備。
このソフトって可愛らしい衣装は少なく、露出の高い装備ばかり多いのは不思議ですw。
今はまだファッション装備と言われる見た目だけ変えられるシステムは使えないんですけれど。
もう少し着せ替えゲームとして遊べたら良かったのにね。

アーシャ ベルちゃんイベント 

アーシャのアトリエ PLUS

さて、とうとう三年目に突入しました。
私の中ではアトリエシリーズといえば三年間!というイメージがあったのですが・・・
エスカとロジーのアトリエでは4年間であったため、アーシャももしかしたら、4年目あるのかな?

ニオさんを救出した後、目標は一気に増えました。
asya-22-1.jpg
このように、各キャラのストーリー進行がずらっと並んでいます。
しかも、このお手伝い系のクエストは・・・
何をやればいいかさっぱり分かりません\(^o^)/
例えば、リンカさんを例とすれば・・・
リンカを連れて旅をして、さらに仲を深くしよう
と書かれているんですけれど。
この時点で親密度カンストしているわけで。
さらにリンカさんを連れて旅をしても、ただただ日数が過ぎていくだけ。
どないすればええんや!って感じですね。

まあまあ・・・とりあえず、できることからやっていきましょうか(∀`*ゞ)
この三年目から、探索やイベント回収がさらに楽になります。

その理由としては・・・
asya-22-2.jpg
この転移の翼
説明を見てみると、ワープの機能があり・・・
最初はせいぜい使いきりで、近くのアトリエに戻る程度の物だと思っていたんです。
エスロジにも一瞬で帰還できるアイテムがありましたからね。
あちらは作成するのに10日もかかり、使うタイミングを選ぶものでした・・・が。

この転移の翼。
調合釜があるアトリエにいつでもワープすることが可能
弐番図書館にもワープすることができるので、「正しくは仲間がいる場所」なのかもしれませんね。
これだけでも超性能です。
この翼の調合は一日だけ、しかも一回で3つ以上作れますからね。
しかし・・・実際に使ってみたら。
使用してもなくならない
( ゚д゚ ) ←その時の私の顔
各街のイベントをこれで回収したい放題というわけ。
これまで、イベントの回収のために街を往復することもありましたけれど。
これ、一つでどれだけの日数を節約できたことでしょうか・・・

ウィルベルさんイベントを進めていきます。
風の王との契約
asya-22-3.jpg
エスロジでのウィルベルさんはすでに風の王と契約していました。
アーシャとの冒険で契約していたことを示唆する言葉がありましたので。
正規ルートであることが分かります。

風の王自体はあまり強くありませんでした。
エスロジでの炎の王の強さと比べたら・・・月とすっぽんかもしれませんw。
ただし、ターン制限があるみたいで、のんびりダメージを削ってると逃げてしまうご様子。
一旦逃げられたのでリセットして・・・
精一杯の爆弾とリンカ・ウィルベルペアで倒しきってしまいました。
asya-22-5.jpg
ウィルベルさんのメテオ!
契約もなしにこれほどまでのメテオを使えるんだから、大魔法使いでいいんじゃないかな?

さよなら・・・ウィルベルさん・・・・
って、工エエェェ(´д`)ェェエエ工
asya-22-4.jpg
これ、どうみても死んでいく顔だよね!?
もちろん、死ぬわけではなくて、単なる演出なんですけどねw。
そのノリの良さにちょっと笑ってしまいました。

エスロジでは炎の王との契約後、スキルが強化されたんですけれど。
アーシャのアトリエでは、まだ正式な契約ではないからか、何も変わらなくてちょっと残念でしたw。

アーシャ イグドラシル 

アーシャのアトリエ PLUS

イグドラシル内部のボス。
asya-21-1.jpg
名前は知らないんですけどね。
まるでブラックローズドラゴンのように、花びらの中央に化け物の胴体がくっついたような、見た目をしています。
最初はマリオンさん、オディーリアさんペアでいってみて。
負けたら、リンカさん、ベルちゃんペアに替えようとと思っていました。

しかし、今回は二人共強く頑張ってくれました。
まずマリオンさんは牽制射撃が非常に優秀でした。
asya-21-2.jpg
リンカさんのチェックメイトの、ゲージ消費が少ない版なのかな?
一度だけボスの攻撃を無効化してくれるので、被ダメージ減少により、攻撃に移れますから。

オディーリアさんは今回装飾品のに消費MPを軽減する装備を付けておいたおかげで。
攻撃に回復にと器用に立ちまわってくれました。
オディーリアさんもベルちゃん同様に、一定ターン回復してくれる継続回復スキルを持っていまして。
ウィルベルさんはMP回復スキルがあるのですが、オディーリアさんはその膨大なMP消費がきついという違いがありますね。
反面、オディーリアさんの方は物理防御を半減するというパッシブがあるため。
壁役にもサポート役にも、そして攻撃役にも慣れるという、万能オートマタさんとなりました。
基本的にはエスロジよりも、非常に貯めやすい必殺技がダメージ源となります。
アーシャにダメージが入ると、ゲージも増えないので、なるべく2人で庇っていきたいところですね。
この前のボスよりも火力はずいぶんと少なかったので。
なんか、あっという間に倒してしまいました。

感動の再会
asya-21-3.jpg
さっきのボスが「地下に眠っている強大な力」とは思えなかったので・・・
まだ管理者のような、フラメウちゃんのような、ラスボスが出てくると思ってたんですけど。
呆気無く、クリアしてしまいましたね。
こうやって、一枚絵を見ると、アーシャちゃんも少女ではなく大人びているように見えてしまいますw。
妹のニオさんの前だからかもしれませんけど。

これで、旅の目的は終了なんだけれど。
これまでの仕事を完遂させるということで、まだまだアーシャの冒険は終わりません。
ニオの帰還でアーシャのアトリエでのBGMが明るいものになっていました。
asya-21-4.jpg
シリーズ恒例の「たーる!」も復活していましたw。
今作はないのかなって思ってたのに。

エスロジ同様に、ニオさんも仲間に加えられるみたいですね。
asya-21-5.jpg
親密度は最初から100みたいで。
パーティに連れて行くメリットは少なそうですw。
まずはマリオンさん、オディーリアさん。
そして、次にレジナさん、キースさん、ユーリスさんという順番に親密度稼ぎしていきたいです。
後一年しかないなら、間に合わなさそうですけどねw。

アーシャ ボス戦準備 

アーシャのアトリエ PLUS

キースグリフさんとの作戦通り。
ニオに発信機を渡すことで、ニオの場所を探り出します。
幸いにも必要な材料は少なめ。
asya-20-1.jpg
すぐに作ってしまって、ストーリーを早く進めていきます。
ただ、アーシャが説明してくれる通りに。
発信機をニオに渡すために、ハリーの貸部屋に待機していなければなりません。
その間は、ボス戦の準備をしておきましょうか。

この前のボスで懲り懲りですからね。
今回は優秀なスキルを持つ装飾品、十分な量の回復薬、最後の発狂を押し切るための爆弾を作っておきます。
asya-20-4.jpg
例えば、不死鳥の腕輪。
行動ターンに20ぐらいかな?
自動回復するため、非常に有用。
ダメージを受けることで必殺技ゲージをあげることができるので、回復手段が多いほど優位になりますから。
2つ作っておくことにしました。

爆弾についてはドナーシュテルンを。
この爆弾の良いところは、継続するダメージを与えるところですね。
上から巨大なスラグを落とすメテオは可愛いようで、いろいろとシュールw。

お金もかなり溜まってきたので、各ショップで買いまくって、レベルをカンストさせるようにがんばってます。
asya-20-3.jpg
回復アイテムは数の方が大事なので、店売りのでも十分ですね。
特にフレッドのパン屋さんでは、HPMP中回復であるパンを買うことができるので。
幾つか用意しておくと、ボス戦時に楽になると思います。
これまでの準備期間、ほんとアトリエしてるなーって感じます

さて、ニオさんに発信機を渡しました。
asya-20-2.jpg
この場所・・・闇に綺麗な花が点々と咲いている背景。
エスカとロジーにもありましたね、確か、遺跡の内部だったような?
そのダンジョンも奥に入ることができなかったので、今でも謎めいてますね。
シャリーのアトリエで何か分かるのでしょうか?

さて、ではボスがいるイグドラシルへ。
asya-20-5.jpg
まだ二年目ですからね。
旅の目的である妹の救出、難航するような気がしますけれど。
成功するのでしょうか?

アーシャ VS巨大スラグ 

アーシャのアトリエ PLUS

リーゼンガングの遺跡の中層へ。
そこには巨大スラグと操られたニオの姿がありました。
asya-19-1.jpg
ニオさんを操っているのが・・・
キースグリフの言っていた、この地に眠る巨大な存在なのでしょうか。

VS巨大スラグ
asya-19-2.jpg
・・・ちょーつよい(;・∀・)
エスロジのよく合ったボスと同じように・・・
小型ミサイルを生み出して、何度も攻撃してきます。
このミサイルは範囲攻撃なので、安易に「かばう」などを行うと同じ場所に2人集まることになってしまい。
余計被ダメージを増やすことになるので、かばわずに回復で対処するほうが安定しやすいと思いました。

でも・・・さすがにこの2人ではどうしようもなかったので、メイン2人を解禁することにしました。
ウィルベルさん、リンカさんペア。
asya-19-3.jpg
エスロジと違い、ウィルベルさんはサポート役として非常に優秀です。
数ターン回復してくれる精霊魔法エレメントコール、防御力を向上させるシールディング。
攻撃面でもアルカナコールもあるし・・・
さらにサポートゲージで自身のMPを回復させることができるのは大きいですね。

リンカさんはサポートゲージ2.5消費のチェックメイトが優秀。
ボスの攻撃であっても完全無効化して、ダメージまで与えてくれます。
耐久力も高く、敵の攻撃を引き受けてくれるので、タンク役。
必殺技も強力なので、攻撃を受けることで、貯めていくことができますね。

それでもかなりぎりぎりでした・・・
最後の方は敵の攻撃パターンが発狂するので、すぐに倒してしまわないと危ないです。
asya-19-4.jpg
もうパターンとなってきましたねw。
エスロジと同じように、リンカの必殺技が〆となりました。
用意しておいたアイテムも結構消費したし、かなり苦戦しました・・・

リーゼンガングの戦闘から、キースグリフと作戦を練ることになりました。
キースグリフの謎の技術で、リーゼンガングから弐番図書館へワープ。
・・・キースさんが神出鬼没にどこにでも現れるのは、この技術があるからかもしれませんね。
asya-19-5.jpg
今、ニオさんがどこにいるのか突き止めるために・・・
ニオに音を出すようなもの渡すことが作戦となりました。

・・・リーゼンガングからぎりぎりフィルツベルグへ戻れば、バザールに間に合うと思っていたのに。
弐番図書館からだと、一日足りない・・・
リーゼンガングへも ど し て (TдT)

アーシャ 光花の結晶 

アーシャのアトリエ PLUS

早速、アーシャのアトリエに行く・・・前に!
フィルツベルグでやることだけやっておきます。
4回目の品評会。
asya-18-1.jpg
この前気づいたんですけれど、評価予測って左下にあるから、もうこの時点で結果が分かるみたいですね。
ハリーさんよりも評価が高くなるので、このじょうろを出せば優勝間違いなしって感じですね。

品評会で優勝し、お金も超余ってきました。
asya-18-2.jpg
ここまで来たら、各ショップのレベルを上げていきたいと思います。
特にパン屋さんは回復アイテムになるため、幾つ買っても無駄にはなりませんからね。
最大がレベル5までみたいですね。
これなら全てのショップのレベルカンストも夢ではなさそう。
次のバザールの日が楽しみになってきました。

さて、ではアーシャのアトリエに戻って・・・
asya-18-3.jpg
光花の結晶を生成します。
この結晶を解き放った時、大地は地響きを起こしました。
まるで、予兆を示すかのようですね・・・
キースさんによれば、この光る花というものは、「言葉」だそうです。
自然が訴える、人間では近くすることができない波長。
少し分かりにくいかもしれませんが、ポケダンマグナゲートで言えば、サザンドラってことになりますねw。
それは置いておいて・・・この言葉は前時代のモノには「神の言葉」となる用です。

スラグが暴れだしたのは、この神の言葉の影響を受けたせいでしょう。
リーゼンガングの村では、暴れだしたスラグによって、騒がしくなっていました。
asya-18-4.jpg
あれ?村で戦っているはずなのに後ろの背景・・・
私、結構こういうとこ気にしてしまうんですけどねw。
元々敵のグラフィック自体使い回しばかりだし、少ない予算で頑張っているところは認めてあげたいですw。
アトリエとしてのバランスはよく出来てますからね。

話は逸れてしまいましたけれど。
自分のせいで他に人に迷惑がかかっていると、気にしているアーシャ。
asya-18-5.jpg
遺跡で巨大スラグの目が覚めたらしく。
アーシャのアトリエでの初めてのボス戦が待ち受けています。

アーシャ 陽を避けて咲く花 

アーシャのアトリエ PLUS

アーシャの調合スキルで・・・
asya-17-2.jpg
調合スキルを全て半分にするという神スキルを覚えてしまいました。
ただ、調合スキルって言っても、今作は3つだけなんですけどね・・・
それでも潜力コピーしたりするのにたったの3というのは便利ですねー
これから材料を釜に入れる前に、調合スキルを毎回使うようになることが多そうです。

さて、このスキルを利用したことで・・・
asya-17-3.jpg
流浪の民のくつの最大の属性スキルを発現させることに成功しました。
本当に無理やりだったですけどねw。
力を注ぐで、他の材料を犠牲にして、一部の属性だけをバク上げしたような感じです。
とにかく、これで移動も最小限にできるようになりました。
前記事より、何気ない日常イベントでも、重要なイベントが発生する可能性がありそうなので。
これから、一気に回収していくことにします。

よって、これから11月11日まで・・・移動で時間を費やすことが多くなりました。
イベントの中には、アーシャちゃんの温泉イベントも。
asya-17-4.jpg
・・・塩の温泉って肌が荒れそうだけど大丈夫なのかな(・_・?)
リアルでも有名な画像の中に・・・
塩分濃度の高い塩湖で、水の上に浮かびながら本を読む人の写真なんてありましたねw。
それぐらい人体が浮かんでくるみたいで、ちょっと経験してみたいかも。

そんなこんなで、11月11日となり、ホルンハイムへ。
asya-17-5.jpg
何事もなく、陽を避けて咲く花を回収することができました。
図書館で調べた3つの花を全て回収し終えたことで。
次はアーシャのアトリエが目的地となります。
キースグリフからの教えで、光る花の結晶を作るために。

アーシャ 自家用気球 

アーシャのアトリエ PLUS

やることが特になくなってきたため、イベント回収のためにホルンハイムへ行ってみると・・・
asya-16-1.jpg
自分用の気球が買えるようになっていました。
20000コール・・・決して安くはないお金だけど。
払えないお金ではないので、その場で現金一括払いで買ってしまいましたw。
やれることを増やして、今のうちやっておきたいですからね。

自分用の気球を買うことで、何ができるようになるのかというと・・・
探索できる島の数が増えます!
asya-16-3.jpg
・・・それだけええええええええええええええええええええ?
もしかしたら、ワンチャンでここからフィルツベルグまで帰れるようになるのかと期待してたんですけどね・・・orz。
でもまあ、探索できる場所が増えたんだし、やっておきましたw。

マリオンさんとオディーリアさんペア・・・やはり火力が足りなくて非常に苦労します。
asya-16-4.jpg
一々回復するのも面倒くさくなったら、それこそこの時だけウィルベルさんを連れてくることにしましたw。
戦闘って思ったよりも新商品上がらないみたいですしね・・・
とりあえず、マリオンさんだけ早く上げてしまいたいと思いますw。
事務系だからか、彼女が一番足引っ張ってるかな・・・
武器も新しいのに新装したはずなのにね。

さて、ここで手に入るレシピは・・・今までずっとフィルツベルグでクリアできなかったクエスト。
asya-17-1.jpg
永遠の純水を作れるようになります。
やったぜ!!!
・・・保存のツボって作るのに結構手間だから、納品したくない気持ちもあるかも(´・ω・`)

他、同じく気球で行くことができるホムンクルスの村にて。
asya-16-2.jpg
唐突に光る花の一種をゲットできてしまって、びっくりしました。
こんな唐突のイベントでも重要アイテムがゲットできることもあるんですね・・・
それと、さらにターニャちゃんから光る花一つである「塩の花」を入手できたので。
これはできるだけイベントをクリアしていく必要があるなって、思いました・・・

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 08月 【23件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー