≪ 2015 12   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2016 02 ≫
2016年01月の記事一覧

#FE ハクション刑事真帆 

幻影異聞録 #FE

ダイバースタジオを進んでいきます。
レディアントユニティのスキルで、”飛び入りキャスト”持ちのユニットが増えてきました。
MFE-24-1.jpg
最大セッションは5回までみたいですけれど。
3回以上から、各攻撃ごとにお金かドロップアイテムが貰えるようになるので、おいしいです。
後覚えていないのは、斗馬、まもりだけなので、全員に覚えさせておきたいところ。
セッションに参加するだけでも、経験値が多少入るようになるので。
サブキャストにいるだけでも、レベルが上がっていくようになるのは大きいです。

ストーリーを進めていきます。
鱈知乃監督の実技指導を順に受けていきます。
MFE-24-2.jpg
これはアクションパートとして、モンスターを撃破すること。
このスライムみたいなモンスターはあまり強くないんですけれど、一体倒してもすぐに再生してしまいます。
同時に3体倒さなければならないのですが、前述の通り、セッションが多いので。
意外と楽に突破することができてしまいました。

まだまだ指導は続いていきます。
MFE-24-3.jpg
中ボス戦は今回、二回あります。
指導の流れで、つばさは少しづつタレントというものを理解していきます。
MFE-24-4.jpg
すでにタレントとして働いているエリーの言葉。
姉である彩羽を人質に取られる(演出だけ)こともあって。
イベントを通して成長し、ツバサのパフォーマはまた1つ輝きを増やします。
レディアント・ユニティでタレントとして、華を開いていくわけですね。

棒読みではなく、今度は劇中の真帆になりきって、演じるつばさ。
MFE-24-5.jpg
髪の色まで金髪になっちゃって・・・超サイヤ人かな?
監督を納得させていきます。

二回目の中ボス戦。
MFE-24-6.jpg
一発が超重いねw。
ジェネラルであるまもりは、かなり使いやすい性能を持っています。
いわゆる挑発のスキルを持ち、タンクになれるし。
味方が弱点の攻撃をしてきたならば、確立で庇ってくれるみたい。
ガチでボス戦に挑もうとするならば・・・
強制出撃の樹、
回復役のつばさ、
タンクのまもり

の三人となりそうです。

#FE ダイバースタジオ  

幻影異聞録 #FE

第4章 ザ・オーディション
グラビアモデルとしてもデビューを果たしたつばさに、次の仕事が降りてきます。
お次はテレビのタレント仕事
MFE-23-1.jpg
歌手だけではなく、モデルにタレントと・・・
さらにまだ、学業もあるものだから。
多忙な芸能人ですら、真っ青のハードスケジュールには間違いなさそうです。

これまでの流れからいって、もう大体予想はついちゃいますよね?w
台本通り、劇を演じるつばさ。
MFE-23-2.jpg
もう、完全に棒読みです。
高校生の演劇部の方がまだ演じられている程・・・
これは怒られても仕方ないぐらい。
それは・・・いきなり素人が主演やれって言われても、できるわけないですよねw。

まあ、大体の予想通り。
鱈知乃という名前の監督にミラージュが取り付いて、ダイバースタジオにイドラスフィアが出現します。
MFE-23-3.jpg
テイク158って、やばすぎw。
ダンジョンを通して、またつばさがタレントとして一人前になっていくのでしょう。

ダイバースタジオのダンジョン内は短いければ、パズルを含めた迷宮となっています。
MFE-23-5.jpg
最初は、このテレビ画面を見て、「???」とわからなかったんですけれど。
下のマップ画面と、上記のテレビ画面とが一致していることが推測できます。
MFE-23-6.jpg
例えば、右上の「提供」の部屋に行くならば、最も右上のドアに入れば、良いです。
恐らく、私が見落としてる可能性もあるけれど、このギミックはノーヒントかな?
ちなみに、提供にはアイテムが置かれていて。
ダンジョンを進むには、第一話にドアに入る必要がありますね。

まもりのサブストーリー
ロレント将軍!
MFE-23-4.jpg
ドーガと同じように、鎧に鎖が巻かれているので、呪縛されています。
ドーガは前世の記憶であるはずの、ロレント将軍の存在を朧気に覚えていました。
紋章の記憶が残っていたのは、これが初めて。
となると、クロムやシーダも、やはり、あのFEの世界のキャラである可能性が高くなりそうですね。

ドーガとロレントは同じアーマーナイト。
手が人間とは思えないほど大きく、また足がありません。
足なんて飾りです、お偉いさんにはそれが分からんのです!
と、言いたくなるぐらい、空を飛び回る姿は、もはや戦士どころか人間を超越してますねw。

#FE インターミッションその3 

幻影異聞録 #FE

また1つ章をクリアして・・・
インターミッション、三回目です。
仲間キャラが増えてきたので、サブストーリーもだいぶ増えてきました。
全部は上げませんけれど、ピックアップして単発モノとして、感想を書いていきます。

クラスチェンジの解禁!

クラスチェンジといえば、FE。
これもまた、FEお馴染みのシステムではありますね。
MFE-22-1.jpg
覚醒以降と同じように、分岐クラスチェンジとなっています。
レベルはそのままで、二種類の上級職は覚えられるスキルが違ってくるみたい。
マスターロードは回復スキルを強化できる万能型に対して。
オーバーロードはより攻撃に特化したクラスです。アインズ様かな?

樹は主人公枠で、強制出撃ですからね。
ロードからマスターロードにクラスチェンジさせておきました。
クラスチェンジ後はスペシャルパフォーマンスも新しく1つ覚えることができます。
宇宙から突っ込んでくるクロム様。
敵の中心部へ、ダイナミックダイブ
MFE-22-2.jpg
・・・剣技、関係なくないですかΣ(゚д゚;)

こちらはチキのサブストーリー。
MFE-22-3.jpg
ハニーキャラメル・・・なんだって?w
そんなお菓子を買ってきて欲しいと頼まれます。
こんな長い名前のお菓子ですからね。
後で、選択問題として、「この中でどれが正しい名前か」とか、何とかで問題が出てくると思って。
一応、スクショ撮っておいたんですw。
そもそも、ミラージュの存在なんだから、食べられるのかなって、疑ってはいたんですけれど。

案の定でした・・・。
代わりに目の前で、樹が食べるシーンを見れば、自分も食べている気持ちになるだろうと。
MFE-22-4.jpg
うーん・・・可哀想。
食べている樹の感想もまた、面白いリアクションでしたw。

ADVパートでは、このようなエフェクトが出てきます。
MFE-22-5.jpg
これがもうすごく・・・どうぶつの森のエフェクトが多いんですよね。
どうぶつの森の制作陣、結構、絡んでいるんじゃないかって、思ってしまいますw。
裏を返せば、ミラージュはこの世界に生きているわけではないんですよね・・・
エンディングでは、消えてしまいそうな予感です。

こちらはkiriaのサブストーリー。
MFE-22-6.jpg
・・・誰?Σ(゚д゚;)
クール系で仕事しているアイドルが、こんな仕事を受け持つと、イメージダウンにつながらないのかなって心配になりますw。
それでも、kiriaだからこそ、何でもこなしてしまうんですけれどね。

サブストーリーを通して、落ちていく霧亜さん。
MFE-22-7.jpg
意外とチョロいw。
樹は、つばさは勿論の事、エリーさんや霧亜さんからも好意を持たれるようになってきました。
ハーレムっぽくなってきましたね。
しかし、FEの支援は大体Sが1人まで・・・。
誰かを選択する時がくるのかな?

#FE 呪縛のドーガ 

幻影異聞録 #FE

大東テレビも大詰めです。
意のままに操られてるバリィさん。
歌手になりたいという、まもりへの気持ちが強すぎたところをミラージュに付け込まれてしまいました。
MFE-21-1.jpg
まもりが心を込めた歌によって、これまでのボスと同じように。
バリィとミラージュを引き離すことに成功します。

今回のボス戦は・・・ドーガ!
これまでは、ギャンレル、インバースと敵キャラだったことに対して。
味方ユニットがボスとして出てきましたね。
ただし、呪縛のドーガされているように。
操られている可能性が非常に高いです。
MFE-21-2.jpg
アーマーナイトらしく、取り巻きを庇うなど、非常に硬いです。
FE脳から言えば、アーマーナイト=槍というイメージが強いのですけれど。
チャップさん同じように、#FEでは斧を装備しているので、剣だと弱点を付くことができますね。
厄介な全体攻撃はありませんけれど、一発一発の攻撃は重いです。
二連続攻撃で、チャージ→攻撃の流れは単発1000の威力を超えるので、即死です\(^o^)/
すぐに復活させるので、大丈夫ではあるんですけれどね。

ドーガはもともとバリィさんのミラージュだったらしく。
MFE-21-3.jpg
かつての戦闘で、ミラージュが喪失してしまったらしいですね。
詳細はここで語られることはありませんでした。

そのドーガのミラージュをまもりが受け継いでいく。
MFE-21-4.jpg
まもりのパフォームをドーガに受渡していますね。
樹とツバサが目覚めた時と同じように。

名前は源まもり
今までは守られたばかりの存在だったけれど。
名前の通り、これからは他人をまもる存在となりました。
MFE-21-5.jpg
・・・だから、もうちょっとかっこいいデザインにしてくださいw。
ジェネラルというよりも、まるでキグルミを着ているかのような格好で、どうかなって思ってしまいますね。
武器は
ようやく、剣、槍、斧、弓、魔法が全員揃うことになりましたね。

いつも通り、最後はまもりの歌番組で、この第3章はおしまいです。
MFE-21-6.jpg
和服が似合う子だから。
演歌っぽい曲が似合ってしまいますねー

#FE 大東テレビ  

幻影異聞録 #FE

イドラスフィア「大東テレビ」を進んでいきます。
ギミックとしては、テレビの舞台づくり、裏方の仕事です。
役者であるミラージュの要望を聞いて、明るさを調整しています。
MFE-20-3.jpg
実際問題の話、裏方の仕事って、こんな風にこき使われるのでしょうね。
報道されないだけけで、テレビ局の裏の話というのも、いろいろと闇が深そうなイメージがあります。

中ボス戦では、対ドラゴンナイト
飛行ユニットだけあって、エレオノーラがよく刺さってくれます。
MFE-20-4.jpg
もう、すでに相手の火力がかなり高くなっていて。
セッションを含めて、弱点を疲れることでHP満タンから一気にもっていかれることが増えてきました。
このゲームの仕様として、戦闘中ならいつでも控えのメンバーと入れ替えることはできるんですけれど。
倒れてしまったユニットはチェンジすることができないので、やはり蘇生させる必要性がでてきます。
幸い、蘇生アイテムは結構、豊富に入手することができるし、復帰後の回復量は高いです。
ザオリクを覚えていない状況であっても、場を立ち直すのは楽でした。

また、次の階層に進むためのイベントとして。
アニソンを歌わなければいけないシーンが出てきます。
MFE-20-5.jpg
「ディア☆まじょ!sweet!」・・・
歌の題名からいっても、結構痛たなアニソンなんですけれどね。
それをあのクールなkiriaが歌う、印象的なシーンでした。
MFE-20-6.jpg
声をきっちり使い分ける・・・
声優さんの仕事って、すごいって思ってしまいますねw。
”中の人”も#FEの登場人物と同じ、アーティストですから。

大東テレビをクリアする前に・・・
幾つか、サブストーリーの消化です。
全部挙げていってはキリがないので、一部だけ。

エリーさんもアドリブ・パフォーマンスを覚えました。
戦闘中にいきなり女子高生服に替わり。
上目遣いで・・・「私じゃ・・・だめ?」
MFE-20-1.jpg
恋のキューピッドとしての、弓攻撃。
あの・・・一応・・・戦闘中ですからね?w

つばさのサブストーリーでは、猫と戯れるというもの。
MFE-20-2.jpg
真剣な顔をして、猫と向き合い、「にゃーお」と、猫と会話しているシーンは・・・いたたたたたw
電波系女子? Twitterで写真とって晒してやるっていう通行人すらいましたけれど。
有名人ですからね?スキャンダルものですw。
しかし、これぐらいならば、可愛ければ許されてしまうのも、アイドル業界なのかもしれませんねw。

#FE 弓弦エレオノーラ 

幻影異聞録 #FE

さて、第三章の本編に移っていくことにしましょう。
今回の主人公は、この子、まもりちゃん。
MFE-19-1.jpg
今まで、つばさの成長シーンばかりだったのに対して。
他のサブキャラクターに本編として焦点を当てられるのは初めてですね。

歌手志望のまもり。
生放送での出演が決まり、いざ、その放送が始まったのですが・・・
ミラージュに犯されて、生放送自体が異様な状態となってしまいます。
MFE-19-2.jpg
というか、撮影止めようよ!w
画面に出ているのは、かつてツバサを指導してくれたコーチ、バリィさん。
あの方は、まもりの大ファンであり、元々有名なギターリストだったんです。
知り合いが敵のミラージュの魔の手にかかるのも、今回が初ですね。

言うまでもなく、異変を止めに。
テレビ局にあるイドラスフィア内部、つまりダンジョンへと進んでいきます。
MFE-19-4.jpg
マップ的にはこんな和風チック。
それでも、ダンジョンの名前にあるように、これは舞台セットらしいですね。
無駄に、迷路なんて作っちゃって・・・大規模すぎませんか?

新しく仲間になったエレオノーラを試してみます。
MFE-19-3.jpg
彼女のミラージュはヴィオール。
覚醒での、一番最初に仲間になる、きざな弓使いです。
・・・この変なデザインだけはなんとかならなかったんですかw

私的には、武器の中で弓が好きなだけあって、エレオノーラ、通称エリーさんはかっこいいと思います。
MFE-19-5.jpg
矢を引き絞る、ギギィって音がなかなかリアルでかっこいいですね。
FE同様にペガサスナイトなどの飛行ユニットにたいして、弱点を付けるのは使いやすいかな。
威力はそこまで高くはなさそうですけどねw。

おまけ
クロムの武器にリガルソード???
MFE-19-7.jpg
もともと、蒼炎のアイク専用武器が、なぜクロムに?って感じですw。
他にも、後々作れるようになるんですけれど、ミスト専用のフロレートも装備可能に。
武器イラスト自体も、蒼炎のリガルソードとはかけ離れてますけどねw。

レディアント・ユニティで覚えられるスキルの中に、飛び入りキャストというものがあります。
MFE-19-6.jpg
このスキルはメイン三体の他、控えであるサブキャストでも、セッションを続けられるというもの。
セッションに参加するだけでも、経験値が貰えるようになるので、できれば全員に覚えさせたいかな。
これまで全くの手付かずだった斗馬を育てるのはちょっとめんどいですけどw。

#FE インターミッションその2 

幻影異聞録 #FE

二章が終わって、一息。
二回目のインターミッションですね。
サブクエスト並び、小さなクエストもひと通りクリアしておくことにします。

渋谷に続いて、ふたつ目の街かな?
原宿に行けるようになりました。
そこには服屋さんがあって、これまでライブなどに使われた衣装を購入することができます。
MFE-18-1.jpg
カルネージ・フォームの衣装なので、戦闘時はこれで戦うことになります。
こんな水着姿で戦うのは防御力的な面でどうなのかって疑問なんですけどね。
クロム曰く、カルネージ・フォームはただ単にミラージュの影響を受けているだけらしく、何を着ていても構わないということです。

さらにツバサのサブクエスト消化
アイドルにありがちな握手会の練習のためのものでした。
MFE-18-2.jpg
大体、省略してしまいますけれど。
ティッシュ配りなどを行って、つばさの上がり症及び人見知りを克服するためのものですね。
・・・つばさの写真が大々的に渋谷の町中で宣伝されている最中ですよ?
そんなアイドルがティッシュ配りなんてしていたら、それだけもう人集りが起きてしまいそうなんですけどねw。

ツバサのスペシャルパフォーマンスを覚えることができました。
MFE-18-3.jpg
普通の衣装を来てもすぐに水着になって、パフォーマンスするのは、ある意味どうなのかって思いますねw。
あのさ・・・一応、命の奪い合いなんだからね?w
このゲームの世界観はそんなことすら、薄い意味合いになってしまいそうです。

では、インターミッションも次に章に進んでいきます。
第3章 ネクストジェネレーション

唐突にフォルトナ事務所に現れる弥代。
ミラージュのチキを出せ!と言われます。
さすがに目的も分からないまま、合わせるわけにはいきませんから・・・
MFE-18-4.jpg
初めての、ミラージュマスター同士の戦いとなります。
剣士で、この格好・・・
ミラージュはルキナだったりして?って予想していました。
MFE-18-5.jpg
これは負けイベント。
完全なオーバーキルで倒されてしまいます。

かつて・・・会っていたかのようにチキに話す弥代。
MFE-18-6.jpg
しかし、ミラージュとして記憶喪失となるチキは何も覚えていないのでした。
恐らく、チキの仲間だったのか、どうかは分からないですけれど。
少なくとも敵ではない、ということが推測できますね。
チキが何も覚えていないということを確認した弥代は、そのまま事務所を後にするのでした。

・・・このイベントは今回の3章に関わることではないんですけどね。
大きな伏線かな?

#FE ギャンレル 

幻影異聞録 #FE

再び、幻想渓谷最深部へ。
ショートカットがあるために、入り口からすぐに向うことができます。

グラビアポーズをとって、堀之澤を満足させるつばさ。
申し訳ないのですけれど、撮影したスクショを間違えて消してしまいました\(^o^)/
簡単に言えば、水着姿のつばさがグラビアの撮影に応じているシーンです。
貴重な水着シーン・・・男性共諸君ごめんなさい><
でも、このゲームは水着なんて幾らでも出てくるので、ご安心して下さいw。

さてさて、己の欲望に満足した堀之澤。
裏から操っている黒幕、ミラージュがついに姿を現します。
MFE-17-1.jpg
ミラージュの名はギャンレル。
これもまた、インバース同様に、覚醒時の敵勢力の1人でした。
その姿は上半身のみの、良くわからない姿に。
もはや、彼のクラス、トリックマスターとしての形は一切残されていませんw。
MFE-17-2.jpg
ギャンレルの特徴としては、取り巻きを利用してくること。
敵のセッションで繋げられると相当痛いので、素早く取り巻きを倒してしまいたいところですね。
そこまで苦戦することはなかったかな? ノーマルだし。

ギャンレルを撃破し、無事に渋谷の街に活気が戻ってきます。
織部つばさもグラビアアイドルとしてデビュー!
女子高生なのに、あの体型ですからね・・・
MFE-17-3.jpg
左から、舞子さん、つばさ・・・右の金髪の子、誰?

後々に事務所に配属されているアイドルということが分かりました。
MFE-17-4.jpg
弓弦エレオノーラ。
彼女もミラージュマスターということで、仲間になりそうですね。
もう、苗字からいって、アーチャーとして弓使いなのでしょうw。

#FE MY COMPLEX 

幻影異聞録 #FE

幻想渓谷も、最後のボス部屋に到着。
一応、「次はボス部屋だよ!」という警告はあるんですけどね。
イベントで強制的に渋谷へ戻されてしまいます。
MFE-16-1-1.jpg
カメラマンの映写機にはミラージュの力を一時的に封じ込める力があるみたいです。
これは、力押しでは舞子さんを救出することは不可能という事がわかり。
堀之澤を満足させるしか、なくなったというわけですね。

一方で、戻ってきた渋谷では。
剣弥代がアーティストとして、ステージで盛り上げているのでした。
MFE-16-2-1.jpg
パフォーマを奪われて、絶望という海の中でも。
盛り上げられる力は、まさに本物のパフォーマンスと呼べるのでしょうね。
MFE-16-3-1 (1)
樹達は直接、元凶を叩きに行っているのに対して。
また別のアプローチで、ミラージュの事件に向き合っているように、私は感じました。

さて、ではどうやって堀之澤を満足させればいいのか。
ツバサを満足させられるだけのグラビアアイドルにするしかないんですよね。
元々のグラビア界の頂点と言われた、堀之澤と舞子の作品。
「MY COMPLEX」という雑誌でお勉強です。
MFE-16-5-1.jpg
見せられないよ!!!
グラビアとは一体何なのか。
こういった経緯を通して、ツバサは成長していきます。
MFE-16-6-1.jpg
グラドルとしての決意を固めるのでした。
やっぱり、女の子だからね・・・
自分の裸体を撮られるのって、どうしても抵抗が出てしまうのは分かります。
それをすぐに振り切って夢中になれるのは、つばさの強さなのかもしれませんね。

ツバサ覚醒!
つばさのパフォーマが輝きだし、新たにレディアント・ユニティができるようになります。
MFE-16-4-1.jpg
・・・全く関係のないところでFEのメインテーマが流れるのは少し笑ってしまいますw。
今回、FE要素一切なくないかな!?

#FE 幻想渓谷 

幻影異聞録 #FE

随分と寄り道してきましたけれど。
ではそろそろ、フォルトナ事務所、所長の舞子さんを助けに向かいましょうか。

中ボスから。
ここの中ボスは指揮官のような存在。
MFE-15-2.jpg
周りの取り巻きにバフを、こちらにデバフを積極的にかけてきます。
これでセッション攻撃なんてされたら、ひとたまりもありませんので、倒すのはやはり雑魚敵からですね。
やっぱり優秀なのはエアリアルダンス。
攻撃と回復の両方で使えるので、SP消費の中では一番優先度が高いですね。

さて、幻想渓谷の後半部分。
ここから複雑さが一気に加速します。
MFE-15-3.jpg
全てのアイテムを入手するためにも。
後で「まだ行っていない場所」を探さないといけません。
中には、レディアント・ユニティ・・・いわゆる、パッシブスキルの条件ともなる大切なものありますからね。
取り逃しはだめ絶対! ドラクエ7の石版があると思うぐらいにw。

敵も複数現れることが多くなってきました。
MFE-15-4.jpg
ココらへんから、各属性攻撃の全体攻撃魔法を覚えられるので、対処は楽になりますね。
このような複数対象の魔法でも、セッションをしてくれるので。
一体を倒しながら、複数にダメージを与えておく、ということも可能なんですよね。
全体攻撃なのに、対象を選択できるのはそういうわけ。

それと、つばさちゃん、戦闘にもすごく慣れてきましたねw。
ダイタマの頃は、おどおどしてて、振り回されていたけれど。
今では、もう戦闘後にパフェを食べたい、という台詞を言うぐらいに余裕です。
単純な戦闘の回しだけじゃなくて、こういう変化があるというのも、いいなって思ってしまいました。

後、魔法を発動するときに出てくる魔法陣のようなもの。
よく見ると・・・
MFE-15-1.jpg
各キャラのサインになっているんですねー
衣装が初回限定版のコスチュームになっていて、分かりづらいですけれど。
kiriaのKの文字がはっきり分かります。

さて、ダンジョンを突破して、次はボス戦。
カルネージ・ユニティをして、準備しておきます。
MFE-15-5.jpg
キラーランス!
列記としたFEおなじみの武器。
ちゃんと、クリティカルが出やすいという性質もあります。
”必殺”ではないので、三倍ダメージというわけではありませんけれどねw。
あ、ifでは4倍でしたw。

#FE チッキチキにしてあげる 

幻影異聞録 #FE

クエスト名が「チッキチキにしてあげる」。
ウタロイドのチキと、現実世界のミク・・・
もはや、いろいろとアウトじゃないのでしょうかw。

サブストーリーのチキのクエストです。
今回はウタロイドの職人さんが行方不明になっているので、それを探してくること。
MFE-14-1.jpg
そのネットネームが・・・「チキ嫁P」さん!
きっと、「チキは俺の嫁プロデューサー」・・・の略なんでしょうか?w
いろいろとひどい名前w。
あ、私の名前はワユ嫁Pさんとでも・・・・

それで、そのチキの嫁さんなんですけれど。
イドラスフィア、いわゆる渋谷106のダンジョンに迷い込んでしまったみたいで。
助けに向かいます。
MFE-14-2.jpg
チキ嫁Pさんは女子高生の方でした。
女性が二次元キャラに対しても萌えるというのも、よく分かってしまいますねw。
そもそも、チキ自身はこの世界では、すでに二次元を超越しているわけですけれど・・・
それをこのチキ嫁Pさんは知らないんですよね。

無事に職人さんを救出できて、一安心のチキ。
MFE-14-3.jpg
・・・少し子どもっぽすぎる気がしますねw。
そもそも、紋章では会話がほとんどなかったけれど・・・
新紋章では、もう少しおとなしい女の子のイメージかなあ。
マムクートは見た目の年齡はあり得ないので、まず1000歳は超えているはず。
聖魔のミルラのような、大人びている子どもが私のイメージかなあ。
封印のファはちょっと幼すぎるし、今回のチキも、ファに近い感じがありますよね。

さて、また1つ、サブクエストをクリアしてしまったわけですけれど・・・
当然、舞子さんは誘拐されっぱなし。
きっと、写真を撮られまくってます。

事務所内で、小さなクエストがあるんですけれど。
一時は舞子の心配をする彩羽さん。
MFE-14-4.jpg
しかし、次の台詞はというと・・・
と こ ろ で
MFE-14-5.jpg
すごくどうでも良さそうに、別の話題になりますw。

ここの所長さん・・・そんなにも人望がなかったのかな(´・ω・`)

#FE KIRIA 

幻影異聞録 #FE

さて、仲間に加わった、霧亜を使っていきます。
ミラージュはサーリャということで、武器はロッド(杖)・・・のはずなんですけれど。
どうみても、マイクにしか見えませんw。
MFE-13-1.jpg
それと、そのカルネージ・フォームはどうにかならないのですかw。
普段の姿の方がいいって思ってしまいます。

サーリャのマスターということで。
FEでいう闇魔道士・・・というよりは、魔法使いかな?
各魔法属性をどんどん覚えてくれます。
闇魔法よりも、氷魔法の方が得意そう。
MFE-13-2.jpg
スペシャルパフォーマンスも、氷の技ですからね。
サーリャだったら闇に思えてしまいますけれど。
どちらかというと霧亜のイメージを反映させているのかもしれませんね。

霧亜はさすがの人気アイドル。
ステージランクも最初から7で、サブストーリーをすぐに進められるようになりました。
戦闘もなくて、ただ霧亜という人間を知るためのストーリーです。
MFE-13-3.jpg
落としてしまった、可愛らしい人形を探してきて欲しいという、クエストでした。
結局壊れてしまっていて、樹が修繕したんですけれどね。

そんなエピソードでも、霧亜は樹という人間に、ドキッってしちゃったのでしょう。
この後のライブでは抜群の成果だったらしいです。
MFE-13-4.jpg
この衣装、霧亜にすごく似合っていますよね・・・欲しいーw。
いつかはこの舞台で使われている衣装とか、着せ替えできるようにならないかな・・・?
今は普段着とカルネージ・フォームの二択しかできないんだけどね。

サブストーリーをクリアすると、霧亜はアドリブ・パフォーマンスが使えるようになります。
これはスキルを使用すると、ランダムで発動するらしく、攻撃魔法が全体攻撃で強力になります。
ほんと、急に歌が流れだして、衣装も自動で変わるので・・・
MFE-13-5.jpg
「急に歌うよ~」
の表現が正しいかなw。
でも、この迷路を歌っている霧亜さんも凛々しくてかっこいいので、いいなって思ってしまいますw。

途中でライブとか挟んでるけど・・・
舞子さん捕まったまま、なんだけど!
泣いていいよw

#FE グラドル失踪事件 

幻影異聞録 #FE

二章「あの子に首ったけ」、開幕です。
舞台はコンビニでの立ち読みから始まり。
MFE-12-10.jpg
撮影したグラビアアイドルが失踪する事件が多発しているらしい。
どうみても、ミラージュ絡みなのは間違いなさそう。
・・・というより、そんな重大事件なのに、あまり公になっていないのはなんでなのでしょうねw。

・・・とまあ、二章での舞台グラビアの撮影です。
予想の通り、アイドルデビューしたツバサに、グラビアとしての撮影の仕事が回ってきます。
そりゃあ・・・あれだけスタイルいいですからねw。
高校生の体格には思えないほど・・・縮め!
MFE-12-9.jpg
当然、つばさのカメラマンが堀之澤ということになります。
順調なフラグ回収祭りですね。

しかし、撮影会はその怪しげなカメラマン堀之澤が怒りだして、中止。
つばさは無事にフォルトナ事務所へ戻ってくることができたんですけれど。

その直後に、渋谷がまた暗転。
この都市も可哀想なものです。ね
アトラスに恨みでもかわれたのでしょうか?w
MFE-12-8.jpg
その発端となっているミラージュマスターはどこにいるのか探していると・・・

やっぱり、犯人はカメラマン堀之澤。
フォルトナ事務所の社長の舞子と面識があるみたい。
もともと、二人で、カメラマンとグラドルのコンビだったらしいです。
しかし、闇堕ちしているカメラマンに・・・
MFE-12-7.jpg
写真を取られて、消されてしまいます。
映写機かな?
もともと、昔からカメラには魂を封じ込めるという逸話がありますからねー

ということで、前置きはおしまい。
今回のダンジョンの目的は、囚われた舞子を助けに行くのが目的です。
MFE-12-6.jpg
ギミック自体はそこまで複雑なわけはなく、三脚台に立っているカメラを横に横切ることはできない、というもの。
つまり行き止まりになっているのが見えづらいだけで、複雑化している迷路みたいなものですね。
前半部分は楽なので、さっさと進んでいきましょう・・・

と、言いたいところなのだけれど。
ここからサブストーリーがいくついくつも出てくるので、クリアには結構時間がかかってしまいましたw。

#FE インターミッションその1 

幻影異聞録 #FE

一章を一つ終えて、次のストーリーに入る前に。
サブストーリーやクエストをクリアするための、自由時間として、インターミッションが入りました。
MFE-11-2.jpg
今の間にクリアしておくもの・・・って、何にもなくない?w
サブストーリー関連も、まだ解禁されたばかりですからね・・・
注目していきたいものを、ピックアップしていきたいと思います。

まず、渋谷の街が変わりました!
一週間前ぐらいの記事かな?
その時の、スクショの渋谷の様子では、kiriaさん一色でしたけれど。
MFE-11-5.jpg
無事に、アイドルデビューに成功したつばさの写真が貼られるようになりました。
こういう変化っていいですよね、ちゃんとこだわって作られてるんだなって。
町中でも、あちこちで、”織部ツバサ”のCDを宣伝する声が聞こえてくるぐらいです。
これぐらい有名になると、つばさちゃん、外に歩くのだけで注目集めちゃいそうですねw。

キリアがパーティに加わり、パレスにはサーリャが加わっています。
MFE-11-1.jpg
原作のサーリャってこんなこと言う・・・かなあw。
もともと、優しい性格ではあったし、あのサーリャがもう少し素直になったのが、今のサーリャなのかも?

織部ツバサのデビューシングルのPV!

MFE-11-4.jpg
こういうPVも音声つきで作られてるのは予算かけてるなって思ってしまいますよねw。
声優さんもそうだし。
一曲作るのにどれだけコストかかるのかなって・・・現金なことを考えてしまいますね。
メガテン×FEが正式発表されて。
それがここまで時間がかかったのも、分かった気がしますw。

新しい登場人物二名!
まだストーリーに関わってこないので、顔出しだけですね。
MFE-11-6.jpg
厳格そうな人、弥代さん。
練習中に顔出してきていちゃもんだけ付けて帰っていった謎の人。
明らかにモブキャラではないので、重要人物ではありそう。

フォルトナ事務所に所属するまもりちゃん。
MFE-11-7.jpg
歌手志望のタレントさんかな?
まだミラージュマスターではないのだけれど。
そのうち、仲間になりそうな予感?

#FE インバース 

幻影異聞録 #FE

さて、一章もようやく大詰め。
ラストのボス戦に向けて、強化しておきます。
斗馬の槍もカルネージ・ユニティで新調しておきました。
MFE-10-1.jpg
スレンドスピア!
まさしく、FEの槍ですね。
ほかにも、シーダにはウインドスピアも。
これは新紋章ではシーダ専用武器として、騎兵鎧兵に特攻ありと、重宝した武器でしたね。

また、FEの武器名として。
MFE-10-2.jpg
樹がスキル”ナイトキラー”を覚えました。
敵の中にはソシアルナイトに特攻、セッションが確実に発動するようになるそうです。
騎兵というだけではなかなか範囲が狭いものの、2フェッションまでつなげるとボーナスでお金やアイテムが貰えることもあるので。
積極的に狙って行きたいかな。

さて、渋谷106の屋上です。
彩羽のために、つばさが歌を歌います。
MFE-10-3.jpg
ラーラーラーラーラーラー
歌詞に頼ることなく、ラだけの歌に心を込める・・・って、よう分からないですねw。
FEなら再生の呪歌でも・・・って期待してしまった私が馬鹿でした。

闇を打ち払い、正気を取り戻した彩羽。
彩羽を惑わしていたのは、インバースでした。
FE覚醒の、黒幕と呼べる1人。
クロムの敵でもありますね。

ムービー入ります。
逃げていくインバースを追って。
MFE-10-4.jpg
綺麗ー
でもその後、このペガサスがジェット機のように変形しているのが分かりますw。
カインの馬も、車に変形してましたしね。
MFE-10-5.jpg
この一枚絵、なかなかかっこいいね。

さあ、ボス戦インバース。
まさに女神転生らしい見た目をしているなって思いますね。
MFE-10-6.jpg
正直、対して強くはないかな・・・ワイルドエネミーの方がもっと恐ろしいね。
”妬ましい妬ましい妬ましい妬ましい”パルパルパルパル
の台詞から、こちらの1人にデバフをかけて、取り巻きと一緒に集中攻撃をかけてきます。
そのキャラは危険なので、HPを満タンに意識しておいたほうが良さそう。
逆に言えば、範囲回復がない今では、一体に集中してくれると、回復がとても楽になるんですよねw。
ペガサスナイトらしく、弱点は風ですし。
取り巻きさえ、エアリアルダンスで一掃してしまえば、楽に倒せてしまうと思います。

正気を取り戻した、彩羽とつばさの感動の再会です。
彩羽はフォルトナ事務所に所属することになり、また後々に芸能界に復帰することのこと。
ミラージュのことに関しては、まだ分からないことが多いものの。
とりあえずは、一件落着といったところですね。

#FE レディアント・ユニティ 

幻影異聞録 #FE

さて、渋谷106もかなり上空にまで登ってきました。
MFE-9-1.jpg
この独特な世界観はいいなって思います。
ビルの屋上に灯っているのは何なんでしょうね。
人魂?

3F中間ポイントでは、イベントが発生します。
姉の彩羽と、つばさとの対面。
MFE-9-2.jpg
消失事件が起きてから、もう5年も経っていたのですね。
そういえば、最初のムービーでは、確かにツバサの姿は幼かったなあ。
MFE-9-3.jpg
それでもなんとかして、声を届けようとしているつばさ。
彩羽は周りの期待に押しつぶされてしまったところを、ミラージュに心の闇を見させられてしまったのでしょうね。
しかし、樹が推理した通り、彩羽につばさの言葉は届いていませんでした。

では、どのようにすれば、言葉を届けられるのか・・・
MFE-9-4.jpg
歌で気持ちを伝えること。
・・・お、おう(・_・;)
歌の力ってすごいですからね!
アラガミだって、なんとかできてしまうぐらいに!(GOE2)
あのアドバイザーのレッスンがここで生きてくるわけです。

ゲーム的には、説明にあるように。
チキでレディアント・ユニティというもので、つばさを強化します。
カルネージ・ユニティとか、レディアント・ユニテイとか、横文字だらけで覚えられるか!って感じw
でも、チキが少しだけたどたどしく、カタカナをしゃべるのは、可愛らしいかもw。
MFE-9-5.jpg
それで・・・このレディアント・ユニティというものは。
敵からドロップした素材などで、ミラージュマスターにパッシブスキルを付与できることです。
”折れないツバサ”というものが、ストーリー進行に必須なスキルです。

それから、謎のムービーが入ります。
MFE-9-6.jpg
最初見た時は、何なのこのゲームwwwって、笑ってしまいました。
この表現力には脱帽ですw

#FE 渋谷106 

幻影異聞録 #FE

これが二つ目目のダンジョンです。
・・・戦闘と戦闘の間が非常に長いですw。
ゲームしてるって間隔は薄いけれど。
アニメーション、そしてストーリーがしっかりしているため、すごく楽しいかな。

いろいろな仕様が解禁されてきました。
ワイルドエネミー
MFE-8-1.jpg
いつもは赤いマントが襲いかかってきますけれど。
ワイルドエネミーは黒いマント、しかも、剣で先制攻撃をしても弾かれます。
他のエンカウントと比べて、強敵とされていて・・・
試しに戦ってみると、瞬殺されました\(^o^)/
ちなみにゲームオーバーになると、タイトル画面に戻されるので、実質のやり直しですね。
世界樹初代や2のFOEを思い出すような、恐怖です。
セーブはいつでもどこでもできるので、あそこまで理不尽ではないんですけれど。
細かくセーブしていったほうが良さそうですね。

渋谷106のギミックはでかいメイド服の試着着から。
MFE-8-2.jpg
袖と袖をトンネルみたいに通ることができて、ボタンで上下に変更することができるようになってます。
口で説明するの難しいので、こればかりは実際にプレイしたほうが分かるでしょうねw。
これが結構複雑で、最初の方はいいんですけれど。
ダンジョンの終盤辺りは、どこに行けてないのかしっかりと考えないと、迷ってしまいそうでした。

戦闘での解禁要素。
まずは衣装変更が可能になりました。
カルネージ・フォーム・・・でしたっけ?
変身時の変わった衣装から、普段着や制服などに変更可能です。
MFE-8-3.jpg
つばさちゃんは制服は確かに似合ってるけど、やっぱりこういうライブの舞台では地味すぎる感じはありますねw。
初回購入特典の衣装も変えられるようになりましたけれど。
今のところはデフォルトのカルネージ・フォームが一番に思えてしまいます。

ゲージ技の解禁
セッションを積極的に行うことで、ゲージが溜まっていき。
ゲージを使うことで、スペシャルサポートと呼ばれる強力な必殺技を放つことができます。

クロムのスペシャルサポートは虚空斬波
MFE-8-4.jpg
かっこいいクロムのエフェクトにも必見ですね。
単体技なので、なかなか使う場面は少なそうです。

シーダのスペシャルサポートはエアリアルダンス
ゲームに付属してきたカードにも書かれているスキルですね。
SP消費-2と少し消費量が高いんですけれど、その分だけ強力!
MFE-8-5.jpg
敵全体にダメージがあり、しかも味方ユニットに3ターンのリジェネが付与されます。
ボス戦では取り巻きを倒すのに、有用そうな技ですね。
ただ、このSP自体を貯めることがなかなか難しいので、ボス戦までにSP3の最大まで貯めておきたいところです。

それと、敵がセッション攻撃を行うようになりました。
MFE-8-6.jpg
弱点のダメージを受けると、そのダメージ自体が痛い上に。
追撃まで受けるので、本当に危険です。
しかも、あのクラゲみたいな魔物は、セッション攻撃で全体に毒を撒き散らすスキルを使ってきます。
アトラスゲームをプレイした人なら分かると思いますけれど・・・
毒は非常に危険・・・自分のターンの開始にHPの1/4ぐらい減りますからね;;
今のところ、キアリーもないから、毒治療用の消費アイテムは買っておいても悪くないかもw。
▼追記を読む(コメント返答)▼

#FE 渋谷崩壊 

幻影異聞録 #FE

kiriaの路上ライブ!
MFE-7-1.jpg
近未来の世界だからか、かなり凝った演出がわくわくさせてくれます。
上から降ってくる謎のメテオ、そして浮かび上がる台座w
アニメーションが本当によく出来ているので、見ていて飽きないです。

大盛り上がりの会場。
MFE-7-2.jpg
kiriaに感化されたか、つばさも何か1つ吹っ切れたようです。
姉のためだけではなく、人を元気にさせる歌を歌いたいと。
ようやく、自分の同機が出来たみたい。
また、1つつばさのパフォーマが強くなった演出があります。
MFE-7-3.jpg
唐突に流れる、FEのメインテーマは何か笑ってしまいますw。

さて、こんな人の集まる会場。
当然、ミラージュが攻めてくるわけです。
MFE-7-4.jpg
怖っ(((゚Д゚)))ガタガタ
襲い掛かってきたのは織部彩羽
つばさがずっと探している、こけら落とし消失事件の犠牲者となってしまった、つばさの姉です。

kiriaもミラージュマスター。
MFE-7-5.jpg
も ど し て
キリアは覚醒のサーリャのマスターとなってました。
しかし、彩羽と面識があるみたいで、攻撃を躊躇っているみたいですね。
この彩羽の事件で観客がばたばたと倒れていき、渋谷は負に包まれた街となってしまいました。
彩羽を追って、主人公達は"渋谷106"というビルへ入っていきます。
・・・私は知らないけれど、実際にあるお店なのかな?

#FE アイドルレッスン 

幻影異聞録 #FE

事務所に所属したものはいいだけれど、ミラージュが出てくるまで特にやることはない・・・ということで。
アイドル事務所に所属することとなったつばさはレッスンを受けてくるように言われるのでした。
MFE-6-1.jpg
恐らく、能力を決めるのは”パフォーマ”の強さによるのでしょうね。
芸能、つまり人から存在を認められるほど、存在の力は強くなるのでしょう。

そのレッスン城があるという渋谷へ。
MFE-6-2.jpg
おー、渋谷が綺麗ー
でも、私、東京なんて指で数えられる程しか行ったこと無いから、渋谷っぽい!って思うのが精一杯ですw。
岐阜からの夜行バスが止まったのは、あそこら辺だったかなあ・・・。
女神転生から始まって、東京が崩壊するというのは、アトラスの十八番ですからねw。
何かが起きそうな予感。

そして、鬼のレッスンが始まります。
アドバイザーのバリィさんに厳しく怒られるつばさ。
MFE-6-3.jpg
悪まで、つばさは姉を追って、アイドルになろうとしているだけですからね。
そもそも、アイドルになりたいという気持ちが足りないだろうし。
”歌に気持ちを込める”という課題に対して、どうやって、もしくはどんな気持ちを伝えればいいのか。
まだ、察していない状況ですね。
ちなみにここ、後から分かりましたけれど、盛大なフラグとなっているのでした。

バリィアドバイザーは言ってることはすごく正しいんですけれど。
口調がかなり厳しいです。
落ち込んでしまう、つばさ。
kiriaのライブチケットで、元気を取り戻してもらいます。
MFE-6-4.jpg
ま こ と か ! ?
このはしゃぎようには笑ってしまいますねw。
実際の超人気アイドルの歌を聞くことで、勉強になりそうですね。

おまけ
ステータス画面はこのように表示されてます。
MFE-6-5.jpg
FEの部分はステータス!
いつもの、幸運意外を除いたステータス表記ですね。
幸運だけは別枠・・・そもそも、幸運って何なの?
成長乱数が良くなるとか、あるわけ?と疑問に感じて、説明書を読んだんですけれど。
回避率やクリティカル率上昇などと、元々のFEの幸運と一緒みたいでした。
ほかにも状態異常の回復確立上昇なども、あるんですけどね。

ステータス画面から、ボタンを押すと。
キャラ紹介場面に出ます。
MFE-6-6.jpg
あら、カワイイ。
サイン要りで、まさにアイドルのプロポーションみたいですよね。
チキの重さにはちょっぴり笑ってしまいましたw。
意外と重そうw

#FE ウタロイド・チキ 

幻影異聞録 FE

異界ダイタマから帰還です。
斗馬が所属していている組織、フォルトナ事務所から、ミラージュについて教わっています。
この方はその所長さんの舞子さん。
MFE-5-1.jpg
表では、アイドル事務所。
しかし、裏の顔ではミラージュに対抗するための組織でもあるのでした。
#FEの世界での超有名アイドル「kiria」も、この事務所に所属しています。
ツバサがKIRIAの大ファンであり、我を忘れてしまうほどの熱狂ぶりでした。
つばさ「これがキリアの吸っていた空気」・・・くんかくんか
さすがの樹も、少し引き気味だったのが笑ってしまいましたw。

事務所から、1つのドアを抜けた場所。
そこには異世界が広がっていました。
ミラージュマスターにしか入ることができない空間だそうです。
MFE-5-2.jpg
トワイライトプリンセスの時の神殿っぽい? 後のドアが塞がれてるのもねw。
また、ポケモンコロシアムのセレビィの祭壇も、思い浮かべてしまいますね。

そこに住んでいたのは、ウタロイドのチキさん。
MFE-5-3.jpg
私達はFEのキャラってことを知っているから、ミラージュというのは予測できますよね。
ゲームの世界的には、シーダとチキとカインはお知り合いでもおかしくはないはず?
逆に、クロムはこんな子ども姿のチキとは、あまり面識がなさそうですね。
まあ、ブログに書いたかどうか全く覚えがないんですけれど。
ミラージュの方々は全員記憶を失っているので、前世の記憶もないみたいですけどね。

チキは一緒に戦ったくれるのではなく。
ここで、冒険のサポートをしてくれます。
カルネージ・ユニティ。
俗にいう、武器の合成ですね
MFE-5-4.jpg
敵からドロップしたアイテムをここで合成し、武器に変えることができます。
また、武器自体にも経験値が貯まるようになっており。
武器をマスターしていくことで、スキルやパッシブを覚えることが可能です。
FFⅨのシステムみたいですよね。
女神転生では、悪魔合体を駆使して、呪文や特技を強化していくんですけれど。
#FEでは”武器をレベルアップしていくこと”がその代わりとなっているみたいですね。
やっぱり、女神転生なんだなって、システムを理解した時に思いました。

おまけ
メニュー画面でも独特なコマンド形式になっています。
MFE-5-5.jpg
中央のコマンドと、周りに知り合った人達が寝そべってます。
これから、物語が進むに連れて、賑やかになっていきそうですよね。
こういう、凝った作りこみが世界観を創りだすので、私はすごくいいって思ってしまいますw。

#FE VS司会者 

幻影異聞録 FE

異界サイタマ。
つばさを助けた今、脱出しようとすると、立ちふさがるのは・・・
オーディション会場にいた司会者。
MFE-4-1-1.jpg
明らかに敵の陣営にいるのは間違いないかな。
何のためにアイドルを襲っているのか、”器”とは一体何なのか。
シーダ、クロム達のミラージュとは・・・?
現段階では分からないことばかりです。

漆黒の騎士かな!?
その割にはデブいねw(絶対違う
MFE-4-2-1.jpg
頭の中に、あの司会者の顔だけが出ていて・・・
この黒いロボットが頭を殴りつけているところを見ると、この司会者も実は被害者なのかなって、思ってしまいます。
つばさは、覚醒前の赤いマントのシーダに首を絞められているように見えましたけれど。
闇に堕ちてしまうと、敵の配下になってしまうような、描写が見受けられましたね。

ボス戦闘前に・・・もう一人の仲間。
さっきまでタブレットで会話していた拓磨。
彼だけは、もう主人公よりも先にこの世界について知っていたみたいですね。
すでに、ミラージュマスター。
連れているのは、紋章の謎からの赤の騎士、カインです。
MFE-4-3-1.jpg
真田幸村かな?

ボス戦・・・とはいっても、最初のボスですからね。
MFE-4-4-1.jpg
倒すのに時間は結構かかりましたけれど。
ダメージを受けたら回復!
RPGの基本中の基本ができていれば、問題なく倒せてしまうと思います。

中には特殊なギミックで、分裂して本物当てゲームも。
MFE-4-5-1.jpg
雑魚敵三匹を召喚して、その中の本物を倒せばいいだけです。
似ている三匹ですけれど、よく見れば頭の方に、黒いモヤがかかっているのが一体いるので、それを倒すだけ。
逆に間違ったシーンも見てみたかったんですけどね。

パーティも三人揃い、戦闘が楽になりそうです。
セッションも今までは二回だけだったけれど、三回までの連続攻撃もいつかはできるようになりそうですね。
MFE-4-6-1.jpg
カインは完全武装の鎧の騎士。
その姿は騎兵というよりも、ジュネラルのように見えてしまいます。
これはこれでありかなw。
・・・私はアベルのほうが好きだったんですけどね(

#FE 戦闘シーン 

幻影異聞録 FE

ここにきて、ようやく初戦闘。
さすがにドラクエ7ほどの長さではありませんけれど、結構オープニングが長かったように思えますね。
MFE-3-3.jpg
戦闘システムはFF10やアトリエシリーズみたいな、ターン制コマンド式バトルです。
通常攻撃、スキル、ガード、エスケープと。
普通のRPGではテンプレートみたいな、分かりやすいコマンドばかりですね。
後は観客席みたいに、大勢の人が見ているような背景となっています。
芸能活動・・・ですからね。
それも世界観の1つなのでしょう。

すでに攻撃魔法や回復魔法も使えるみたいで。
MFE-3-1.jpg
回復魔法、いわゆるホイミが「ディア」と呼ばれているみたい。
・・・FEコラボなら、ライブにしてよ!
って、エムブレマーな私はそう考えてしまいます。
・・・ライブ中のライブ! ( *´艸`)

それと、つばさがシーダのこと(この時点では明かされていない)を「槍さん」って読んでいるのは笑ってしまいましたw。
恐らく、この戦闘中のみの特殊ボイスなのでしょうね。

まあ、お試しバトルも戦うを選んでいれば、倒せてしまうと思います。
難易度ノーマルだし、チュートリアルも含んでますからね。

レベルアーップ!
タータラララー↑
MFE-3-2.jpg
もう何千と聞き慣れたこの効果音!
ファイアーエムブレムお馴染みのレベルアップBGMですねー初出は封印から?だったっけ?
ステータスもFEっぽく、ピンッピンッ。
・・・この部分だけFEされても、ちょっと場違い感を感じてしまいますw。
本当にFEの部分ならば、レベルアップステータスもランダムのはずなんですけれど、どうなんでしょうね。

あの光の玉。
それは人が存在するための力「パフォーマ」と呼ばれるものらしいです。
MFE-3-4.jpg
ふむふむ・・・この世界観を感じるにはすごく重要な部分ですね。
まるで、シャナの「存在の力」みたい。
それを集めているということは、紅世の王でも顕現させるつもりなんですかね。
あながち間違っているわけでもなさそうだけど?

さて、エンカウントするようにもなりました。
アトリエシリーズみたいな、シンボルエンカウント形式。
MFE-3-6.jpg
Xボタンで剣を振ることで、先制攻撃できるチャンスを作れます。
杉田さんの「俺を構えろ!」は迷言な予感。
それと、剣を構えてる姿って、なんとなくキリト君のポーズに似ている気がしますねw。
GBAや蒼炎のソドマスも似ているけれど、あれは剣先がもっと下がってるかも。

戦闘システムその1
セッション
MFE-3-5.jpg
敵の弱点を付いたスキル攻撃をすると、自動的に味方が追撃してくれます。
つまり、”弱点を付く”というのが非常に大事になってきそうですね。
敵の耐性については自動的に保存されるみたいだし。
何匹か倒すことによって、分かりやすく暴露されていくみたいで、丁寧設計です。
▼追記を読む(コメント返答)▼

#FE 異界ダイタマ 

幻影異聞録 FE

光の扉を超えた先。
奥には異界が広がっていました。
異界ダイタマ!
謎の少女が現れて、すっと消えてしまうんですけれど。
MFE-2-1.jpg
先程のポスターにあったチキのように見えますね。
異界の世界なら、電脳の世界からの住人でも現れることはできそうです・・・かな?。
こっちの世界で言うボーカロイドならば、二次元のキャラクターのはずなんですけどね。
そんな軽い存在では、なさそうな気も。

サイタマってすげー

MFE-2-2.jpg
静止画なのでよくわからないかもしれませんけれど。
ナイアガラの滝の滝でも到底及ばない、広い広い滝にぐるっと囲まれているみたい。
観覧車があったり、良くわからない電車の車両のようなものがぷかぷか浮かんでいたりと・・・
夢の世界のような、奇妙な感覚が感じられます。

とりあえず、ストーリーに沿って、一本道を進んでいきます。
杉田 ボソッ「寄越せ」 
樹「・・・・・・(完全スルー)」

ムービー入りまーす。
赤いマントを来た異世界の住人。
襲われている樹は、胸から溢れだした光り輝く玉のようなものを取り出します。
最初はポケモンのメガストーンみたい・・・って思っていたんですけれど。
螺旋丸!!!
MFE-2-3.jpg
光の玉を、謎のマントの男に押し付けていました。

すると・・・まるで闇の力が消え失せていくように、変化。
MFE-2-4.jpg
赤いマントの男から、剣士の姿へ。
クロムさん、いわゆる杉田さんへと、戻るのでした。

同じように、襲われていたつばさの光の玉を、マントの女に押し付けています。
使い回し乙!と言われても仕方ない同じモーション! 螺旋丸!
FE紋章の謎からのシーダ
MFE-2-5.jpg
・・・
クロムはまだかっこいいし、違和感もそこまでないから、いいと思うんですけれど。
このシーダの格好だけは、どうも変に思えてしまいますw。
ペガサスナイトというよりも、ソーサラーを思い出してしまう怪しさ・・・
もっと、原作よりの格好をして欲しいと、思ってしまいますよね。ペガサスナイトの純白とかさ。
こんな格好で、「その剣でわたしを好きなようにして!」なんていっても、切り捨てられてしまいそうですw。
あなたは愛を信じますか?(宗教勧誘)

唐突の変身シーン。

MFE-2-6.jpg
正直、私は目を丸くしてしまいましたw。
何なの、このゲーム・・・
でも、樹もツバサも、変身後の衣装はなかなかカワイイかも。
しかし・・・17歳にしては、おっぱい大きすぎまませんかね・・・?

パズドラ ラファエルver 

パズル&ドラゴンズ

フレンド枠はラファエル。
pazudora-rafa.png
白メタとの差異として。
HP二倍、回復力2倍で、さらに耐久性を高めたパーティです。
耐久でスキルターンを稼いだ後。
光花火からのサンダルフォンのエンハで、ワンパンするのが目的です。
サクヤは自由枠かな。
+を振ってある白メタを入れる場合も多いです。

難点としては、白メタと違って時間がかかることと・・・
フレンドにラファエルリーダーが全く居ないこと(´;ω;`)
ラファエルでリーダー固定してくれる人・・・募集中です。
親友になって欲しいぐらい。

ああ・・・ラファエル欲しいw。

パズドラ 白メタ回復パ 

書くことも然程ないですし、ネット復旧まで・・・
たまにはパズドラ記事でも書いておきますかー

今、メインで使っている回復パがこちらです。
フレンド枠は基本的に覚醒アマテラスを選びます。
pazudora-kaihuku_20160104124712696.png
擬似、耐久パといったところ。
白メタのHP1.5倍と、アマテラスの自動回復でスキルターンを稼いでワンパンの流れ。
クイックキュアー、神座の光明が2つと、バウンドに滅法強く。
スキルだけで、アマテラスのリーダースキルであるHP最大まで回復することもできますね。

サブに入っている、私の覚醒アマテラス
パズドラを始めたうえで、リセマラもなしで最初に引いたのがこの子だったんです。
http://picachuu.blog94.fc2.com/blog-entry-1825.html
覚醒してから、普通にレギュラーとして戦えるようになって、嬉しかったです。
私にとっての絶対神として、これからも使い続けていきたいって思いますねw。

明日はもう1パターンの回復パかな。

ユグユニ 1-3 

ユグドラ・ユニオン PSP版

1-3
ここは孤軍奮闘している王国軍、デュランを助けに向かうマップです。
勝利条件は友軍ユニットのデュランにミラノ・ユグドラ両名で隣接させること。
yuguyuni-3-1.jpg
ここは3すくみのチュートリアルマップみたいなものです。
グロリアでも同様に・・・
剣、槍、斧の3すくみはFEと全く同じなので、覚えるのが楽で助かります
パクリだ!とかそんなことはどうでもいいんですけれど。
やっぱり、SRPGの先駆者であるFEはゲーム業界に影響を及ぼしているのかなって思ってしまいますねw。
そもそも、3すくみの最初がFEかどうかなんてことも、知らないですけれど(;・3・)~♪

話がそれてしまいましたね。
制限ターンはなんと32ターン。
ターン数だけ聞くと長そうに見えますけれど・・・
自軍1ターン目、敵軍(A)2ターン目、敵軍(B)3ターン目、友軍4ターン目、自軍5ターン目・・・・・・・
と、計算していきます。
うかうかしているの、すぐにターンが経過してしまうのがユニオンシリーズなので。
なるべく早めに。

ここでも隠しアイテムは多数、点在しています。
yuguyuni-3-2.jpg
中には交換が必要なアイテムもあるため、使用しないほうがいいアイテムも多いです。
装備については、現段階ではできないので、後で説明できたらいいなって思いますね。

デュランを仲間に入れても、まだまだマップは続きます。
後半からとうとうユニオンシステムが解禁。
グロリアと全く同じです。
yuguyuni-3-3.jpg
表示される範囲内に味方がいると、連戦で戦うことになります。
スキルゲージの持ち越し、連戦ハンデなど、強敵に戦う場合はやはりユニオンさせるべきですね。
ほか、相手を一気に倒したい場合はユニオンさせて一掃させることもできますね。

ユグドラとボスのユーディの武器相性は負けています。
当然、あまり強くないユグドラは負けてしまうんですけれど。
yuguyuni-3-4.jpg
士気が残っているなら、削られるだけなので大丈夫です。
ただし、士気は次章もちこし。
あまり削られすぎると、次章が大変になるので、計画的に。
この式計算が終わった後、すぐにミラノとユーディの戦いが始まります。
ユーディはニ連戦となり、連戦ハンデでHPが7から始まるますので、有利に戦いができるというわけですね。

ユーディを撃破した後も、さらにアイギナが王国軍に立ち向かってきます。
これで三回目の転機、32ターンでと思ってうかうかしていると、ターンが足らなくなるのはこういうわけですね。
各種ユニットには特性というものがあり。
yuguyuni-3-5.jpg
ユグドラには、聖攻撃無効化というものがあります。
これは相手のクラスヴァルキリーのゲージが二段階目に突入した時、自動的に聖攻撃となるので、その間だけ無敵になることができます。
ただし、MAXになった場合は、またダメージを受けるようになるんですけれどね。
この仕組みのおかげで、ステータスが負けていても、なんとか勝つことも可能ですね。

ただし、アイギナのLUKは☆3なので、ユグドラで倒してはだめですけれどw。
斧と剣では相性が悪いですけれど。
連戦ハンデを押し付けるなどして、なんとかしてミラノでアイギナを倒す必要性が出てきますね。

ユグユニ 1-2 

ユグドラ・ユニオン PSP版

2章です。
前回はストーリーについてほとんど触れませんでしたけれど。
簡潔にまとめるならば。
yuguyuni-2-1.jpg
帝国に滅ぼされた王国の王女様が1人で逃げてきて、義賊ミラノと共に王国を取り戻すお話です。
FE脳でいえば、蒼炎に似ていますよね。
違いといえば、盗賊ではなく傭兵団の違いというところかな?w

子分は居なくなり、仲間になったユグドラとミラノの2人が仲間となっています。
馬鹿でかい武器を構えている王女様。
yuguyuni-2-2.jpg
あの剣こそが王国に伝わる、神剣グラン・セチュリオ
海賊版のユグドラは銃になっていましたけれどね。
ストーリー的にも、ちょっと重要となる武器でちょっと挙げておきました。
「寄らば、斬ります」の台詞はユグユニファンにとって、名言でしょうね。
寄らなくても、寄って斬ります。

それと、ユグドラの戦闘BGMはGBA版よりもずっとかっこよくリメイクされています。
ユグドラ・ユニオンのサントラにある、アレンジBGMに似ている感じになっていて。
よりユグドラに合うBGMになっているって感じますね。
・・・相変わらず、喧騒は邪魔ですけれどw。

グロリア同様に、ユグユニでも隠しアイテムや条件アイテムは多数存在します。
yuguyuni-2-3.jpg
初見無理とか、そういうレベルで。
何の前触れもなく落ちていること、そして条件が分かりにくい場合がほとんどなので。
ある程度、調べながらプレイしていくほうがおすすめです。MVPターンも含めて。
このゲームの唯一悪いところをあげるとすれば、この部分かな。
そもそも”ターン制限”がある時点で、しらみつぶしに探すのも難しいですからね。

そしてもう一つ重要な仕様。
これはグロリアと同じ仕様なんですけれどね。
yuguyuni-2-4.jpg
戦闘したユニットが敵のユニットよりもLUKが高い場合、持ち物をドロップします。
今回の場合、ボスのインザーギのLUKは☆2。
☆1のユグドラでは倒すと勿体ないので、☆3のミラノで倒す必要があります。
PSP版ではいつでもセーブができるので、いいんですけれど。
GBA版だと、章ごとのセーブしかできないので、全てのアイテムを集めるのは結構難しかったですw。
なんせ、クリティカルなども暴発もあったりして、入手できない場合も多いですからね。

インザーギ撃破後は、ストーリーが進み。
yuguyuni-2-5.jpg
フラッグのある場所まで、脱出する目的となります。
このぐらいの距離だと、スティールのMOV12で余裕で1ターン離脱ですねー
敵全員はプロテクトと呼ばれる、絶対に倒せない仕様になっている可能性が高いので。
FEと違って、素直に作戦通りに進めたほうがいい場合が多いですw。

ユグユニ 1-1  

ネット制限状態だと、プレイ日記が書けるゲームが制限されてしまいます。
そのせいは、大体スクショのためw。
wiiUや3DSはスクショを撮るためにミーバース経由しないと、保存することができないんですよね。

普及予定が8日。
それまでは、直撮りとなるPSPで遊んでいようと思います。
ちょうど、新年の売り出しでDL版が安く変えちゃいましたからね。
このゲームだけは、ブログ上でクリアしておきたいゲームではあるんです。
GBA版でも良かったんですけれど。
昔、プレイ日記の途中で投げ出してしまっているのも、理由です。

ユグドラ・ユニオン PSPリメイク版

さて、ユグユニのプレイ日記を始めていきます。
ユニオンシリーズの原点であり、頂点とも言えるゲームです。
元はGBAで発売だったのですが、ボイスなどの追加要素を加えて発売されたのがPSP版となります。

この前プレイ日記を書いた、グロリア・ユニオンと、システムは基本的に一緒です。
yuguyuni-1-1.jpg
最初のマップ自体は暗くて、見えにくいかもしれませんけれど。
マップがマス上になっていて。
ターン開始で選択したカードのMOVE分だけ、コマを動かすことができます。
□でユニオンとあるように。
戦闘を組むには、隣接しなければならないですね。

戦闘シーン。
今でしか叩かせられない、ミラノの子分君の戦いです。
yuguyuni-1-2.jpg
部隊数(HP)。
まだ序盤なので、何も操作することができず見ているだけなんですけれど。
スキルなども、後に開放されていくことになりますね。
そういえば、序章専用の子分君の戦闘BGMはミラノのテーマになっているんですねw。

戦闘終了後、生き残っていた部隊数やその他諸々で、負けたがわへのダメージが計算されます。
yuguyuni-1-3.jpg
士気を0にすれば、コマが消滅となり撃破となります。
当然ですが、こちらが負ければ、こちらの士気が減ってしまい。
0になると、”ロスト”してしまいます・・・
・・・が、FEじゃないので、ロストしてもそこまで大きなリスクにはならないんですけどね。

戦闘は1ターンに一度のみ
これが結構痛い仕様になっていて。
ターン制限(MVPのため)があるユグドラにとっては、非常に大きな足かせとなります。
今回の場合でも、最初のマップは4ターンが目標。
こちらのターンだけでは、間に合わないので。
yuguyuni-1-4.jpg
予め、ミラノを隣接させておいて、敵フェイズにあちらから攻撃してくるように、誘導しておく必要があります。
経験値が入らない子分君を戦わせたのはそういうわけ。
特にユグドラ・ユニオンでは、レベルアップよりもMVPボーナスがとりわけ大きいので。
敵を倒すというよりも、MVPを目指していくほうがいい、と私は考えていますね。

ボスは・・・あの人。
???となっているので、敢えて上げませんけれど、意外と重要人物なんですよね。
yuguyuni-1-5.jpg
音楽がとてもいいユグドラです。
いきなり敵将のBGMがかっこ良すぎて、盛り上がってしまいますw。
でも・・・GBA版と違ってPSPは効果音がうるさすぎて。
せっかくのBGMが雑音に混じって聴きづらくなっているのは非常に残念かな。
序章の上に、ちょーかっこいいマップBGMでも聞いて、我慢しておくことにしましょうw

早くマップをクリアすることができれば。
クリア後に、MVPボーナスが貰えます。
yuguyuni-1-6.jpg
グロリア・ユニオンとは違って、MVPは+2。
GBA版でもそうなんですけれど。
結構楽にオールステータスカンストができてしまいます。
・・・それでも、GBAは難しいと称されてましたからねw。

お休み 

ネットが繋げないので、おやすみ!
復旧したら、#FE進めたいね

#FE 

wiiU「幻影異聞録#fe」のプレイ日記を始めていきます。
スマブラを除いて。
FE初のサブタイトル、FE初のコラボとなる、異端のゲームです。
最初のうちは、ファイアーエムブレム✕女神転生のコラボだと聞いていたんですけれど。
PVなどで蓋を開けてみると、女神転生シリーズというよりも、普通のRPGのように見えてしまいますね。
私はプレイしたことないのですけれど、ペルソナっぽいという、うわさもちらほら。
”RPG”であり、”SRPG”ですらないので、FEどこにいった!?
というのが、PVでの私の率直な感想ですw。
女神転生は4だけプレイしたことがあるので、少し世界観には触れたことがあります。
本当にメガテンコラボなのかどうかも、見ていきたいところですね。

ではでは、前置きもこれぐらいにして、早速プレイを始めてみようかなっ。

オープニングで流れるアニメーション。
これは劇場の様子なのかな?
FE信者としては・・・
MFE1-1-1.jpg
最初から流れる、FEのメインテーマアレンジを聞き逃すはずがありません!
この曲、最近自然と胸に手を置きたくなってしまう程w。
ああ・・・そういえば、これはFEなんだなって。
再認識させられるシーンでもあるかもしれませんねw。

この期、ムービーでは、突如として人が闇へと消えていってしまう情景が描かれます。
これは後々、ストーリーで語られます。

ようやく、ゲームとして動かせるようになりました。
ここは・・・オーディション会場。
主人公の樹は友達とここに来る約束をしていたみたい。

青色の派手な会場ですけれど。
右色に見える看板には、アイドル化しているチキが見えています。
MFE1-3-1.jpg
現世界ではマムクートのチキですけれど。
この世界では、ボーカロイドとしてかなりの人気を得とくしているみたい。
正直、この写真を見ると、原作のチキを見ている私としては・・・
誰?あなた?
って、思ってしまいますねw。

wiiUでのパッド画面では、樹の”コミュニケーションツール”となっています。
MFE1-2-1.jpg
友達の斗馬と、アイドルオーディションを見て、楽しもうと計画していたのでしょう。
そもそも、オーディションに来る人なんて・・・実はオタクだったり?
私の偏見なのかもしれませんけどw。

ヒロインはつばさちゃん。
アイドルオーディションに参加する、現役女子高生。
この会話ログに書かれている通り、オープニングムービーは姉が消されてしまう1シーンだったのです。
MFE-1-6.jpg
この事件の原因を突き止めるのがストーリーの肝となる予感。
話の流れからいって、まだ姉は生きていそうな感じがありますね。

怪しげな司会者の台詞が発端となり。
このオーディション会場においても、”消失事件”が発生してしまうのでした。
MFE1-5-1.jpg
連れ去られるツバサ。
うーん・・・ヒロインしてますねーw

ここまでで疑問に思うのは、樹とツバサは消えてしまう一般人と比較しても、耐性を持っているように思えます。
特別な力?才能?
司会者は姉に合わせてあげると言っていたけれど。
もしかしたら、消された連中はどこかに軟禁されているのかもしれませんね。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 10月 【17件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー