≪ 2016 09   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2016 11 ≫
2016年10月の記事一覧

新・ロロナ 高品質フラム 

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語。

任意の依頼の中に、”高品質フラム”の調合というものがあります。
これがなかなか面倒で、少し頭を捻らせました。
rorona-6-1.jpg
良い完成品を作るためには、いい調剤が必要ですから・・・
受付で、品質の高い、鉱石と交換する必要がありました。
(´ヘ`;)  引換券6枚をこの時点で消費してるので、実質マイナスだけど・・・

このフロジストンと、高品質の燃える土。
そして、雑貨屋さんから買った高品質の水から作り出した中和剤。
rorona-6-2.jpg
全てを合わせることで・・・
rorona-6-3.jpg
ようやく品質70超えのフラムを作ることができました。
(;´ρ`) 燃える土が面倒だね・・・黄色に光るレア採取地しかとれないみたい

任意の依頼も無事、全て達成。
あとは、自由時間です。
ハゲさんのところで、武器が製造が解禁されたので。
rorona-6-4.jpg
各種、強い武器を作っておくことにしました。
武器を作る場合は、調合の際の特性の引き継ぎにも、気をつけておきます。
φ(・_・”) 交友値が上がり、雇用費が下がってきてます

街の依頼。
rorona-6-5.jpg
需要が高いからか、衣服の材料となる布類や、武器の材料となるインゴット類が高く取引されてます。
お金稼ぎに、クリアしておくと良さそう。
(*^_^*) 今のところ、このゲームで、お金に困ったことはないかも

新・ロロナ 坑道探索 

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語

では、第二期の依頼ですね。
rorona-5-1.jpg
今度は爆弾シリーズの制作。
フラムにた~ると、こちらはお馴染みの武器なのかも。
φ(・_・”) 見る限りだと、これも簡単そう。すらすら進めていきましょ。

今まで課題や依頼を提示してくれた、王国騎士。
ステルクさんが仲間に加わってくれます。
rorona-5-2.jpg
さすがは、戦闘の専門家である騎士さん。
ステータスも強くて優秀です、その代わり雇用費が割高。
おまけに、写真が怖いかも・・・まるで、刑務所でとられる写真みたいw。
(´ヘ`;)  ステルクさん、イケメンなんだけど、声が渋すぎて好みではないかも・・・

結局、前のメンバー。
幼馴染とコックという貧弱メンバーで潜っていきます。
回復アイテムは余分に持っていきましたけれどね。
rorona-5-3.jpg
敵が強いので、どんどんレベルが上っていきます。
気がついたら、ステルクさんのレベル12をどちらも超えてました。
今回は王国からの依頼に、特定のモンスター討伐などもあるので、じっくりレベル上げを行いながら進んでいきます。
(*^-^)ゞ 途中から壊せない大岩があるので、また来ることになりそうかな

途中でイクセルさんがスキルを覚えました。
rorona-5-4.jpg
自動HP回復!これは便利!
他にも、回復スキルを覚えたりと、さすがはコックさん。
なかなかの女子力です!w
(*^_^*) 守備はイクセルさんに任せると、回復アイテムを節約できるので、使いやすいかも

さて、探索から戻ってきて・・・
さっさと課題クリアしてしまいましょう。
rorona-5-5.jpg
作りやすいフラムを沢山、製造して、提出。
課題達成と共にビンゴ達成で、おいしいです。
( ・`ω・´) できるだけ自由時間を作って、人気の依頼や交友値を稼いでいくぞ!

新・ロロナ 最初の課題達成 

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語

ロロナのご両親。二人共、若杉!
rorona-4-1.jpg
でも、お母様は見た目より、おばさん声な気がしますw
ご夫婦は旅行が大好きみたいで、お土産として調剤を持ってきてくれます。
ロロナの言うとおり、娘のプレゼントとして、獣の死体というのは一体どうなんでしょう。
(。・_・。) アトリエ始まって、ご両親がすぐ旅行に向かったから、失踪するとかどうとか、予想しちゃってました

さて、では最初の課題に手を付けていきます。
rorona-4-2.jpg
日用品の調合ということで・・・全種類を渡したあとで。
高評価を貰うために、一番作りやすいゼッテルを幾つも生産していきます。
(^O^)/ アトリエシリーズのゼッテルは、材料にもなる、必需品のイメージ

ビンゴ式ご褒美も完成ですね。
rorona-4-3.jpg
本当にエスカを思い出します。
(*`・∀・´*) 私は今のところ、エスカ&ロジーがアトリエの中で一番好きかな。

依頼の達成状況も完璧に達成!
rorona-4-4.jpg
赤星は全部埋めては居ないけれど・・・
黄色が全部埋まっているなら、十分でしょ! ・・・多分w。
(*^_^*) パーフェクトプレイとかあるなら、全部埋めていくのかな

ここで一つ重要なこと。
rorona-4-5.jpg
ロロナのアトリエでは、調合にMPを消費します。
また、探索に行ったときの消費HPやMPも回復しないので、何日か働いたら、休めてあげましょう。
えーっと・・・一ヶ月に一日だけのお休み。ブラック企業
大丈夫、後輩の錬金術達は休みすらないんですよね・・
φ(・_・”) 黄昏シリーズ以降にもソファーは用意されていましたけれど、この名残だったのかな?

余った時間は、国からではなく・・・
町の人や、仲間から出される依頼をクリアして、人気や交友地を稼いでおきます。
そして、期限が来て・・・
rorona-4-6.jpg
無事に課題達成!ヽ(=´▽`=)ノ
(*`・∀・´*) 初回だから、特に苦労することはなかったかも

新・ロロナ 採取地へ 

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語。

お次は採取地へ。
今、味方はクーちゃんがいるので。
rorona-3-1.jpg
食堂のコックさん、イクセルを仲間にして、三人パーティが最大です。
ここで「あっ」と、思ったのが・・・雇用費
幼馴染のクーちゃんは雇用費は要らないみたいですけれど。
今作では、冒険に連れて行くためには、一定の費用を払わなくてはならないみたいです。
私にとっては、マリーのアトリエから入ってるので、当たり前に思えちゃうんですけどねw。
最近のアトリエシリーズは簡単に連れまわすことができるので、こっちのほうがしっくりくるかも
( ゚д゚) 写真が証明写真のように見えるから、まるで履歴書みたい

ワールドマップ。
rorona-3-2.jpg
これもアトリエらしく、本拠地が中心にあり、周りを探索していくシステムです。
当然、採取地へ向かうには、移動日数はかかるので、あまり往復はしたくないところ。
φ(・_・”) アーシャでは、本拠地が沢山存在しているのも、特徴の一つですよね。

採取開始!
rorona-3-3.jpg
これもまた、特記することもなく、採取できる場所があるので、調べましょう。
rorona-3-4.jpg
モンスターはシンボルエンカウントも、PSPシリーズではいつも通り。
杖で殴ると、先制することができます。
( ・`ω・´) ロロナの杖攻撃の判定は、非常に長く設定されているので、空振ったようにみえても、当たります

王国からの依頼には戦闘に関わるものものあります。
rorona-3-5.jpg
前述しましたけれど、あまり往復は割けたいところなので。
出発前にやるべきことをしっかりと決めておいて、計画を立てておきましょうね。
(´ヘ`;)  ・・・依頼? 依頼というより課題なんじゃ・・・

このようにアトリエシリーズはRPGなので、武器屋さんも存在します
rorona-3-6.jpg
今回のロジーさんポジション。
名前が・・・ハゲる・・・・あっ(ご察し
よく考えると、外国人の名前を、日本語の意味として解釈するっていうのも、違和感ありますね。
( ´∀`) 専用BGMがおっさんが演歌で熱唱しているような曲w

新・ロロナ 調合システム 

新・ロロナのアトリエ

オープニングのチュートリアルも終わりました
ここから、「ロロナのアトリエ」が始まります。
rorona-2-1.jpg
黒髪の女の人は、錬金術師。
ロロナの師匠にあたるお方、アストリッド。
このアトリエは本当はアストリッドが運営すべきなのですが・・・
昼寝を日課とする師匠は、全てロロナに押し付けてしまうのでした。
σ(・ω・*) こういう師匠は、物語的に有能なはず

これが初めての課題です。
rorona-2-2.jpg
研磨剤、ゼッテル、錬金炭。
お馴染みのアイテム陣って感じですねw
(´・ω・`) 最初の課題だけあって、簡単にクリアできてしまいそう

レシピや調剤は食堂や雑貨屋さんで買いに行きます。
rorona-2-3.jpg
売られているものは、在庫が限られていますけれど。
後で補充されることが多いので、優先的に使用していきます。

早速、調合。
これまたお馴染みの中和剤ですね。
rorona-2-4.jpg
今回はよくわからなかったので、売られていた小麦粉から作ってしまいましたけれど。
街の中には、井戸水が取り放題になっているので、簡易的な中和剤は費用0ですね。

作成個数です。
rorona-2-5.jpg
中和剤にかかる時間は0.2日。
時間をうまく活用するなら、5個同時に作れば、一日をうまく活用することができます。
これで・・・OKボタンを押すと。

完成!
rorona-2-6.jpg
幾つもの材料から、新しいものを生み出す錬金術。
これこそが、アトリエシリーズの醍醐味ですね。
φ(・_・”) 画面を見る限りは材料には品質”しかないね

新・ロロナ 始まりの物語 

PSPvita「新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 アーランドの錬金術師」のプレイ日記を始めていきます。

このブログでは6作目となる、アトリエシリーズですね。
黄昏シリーズに続いて、アーランドシリーズも引き続き、プレイしていこうと思います。
いつになるかは分かりませんけれど。
最新作である、フィリスのアトリエはその後になりそうです。

新ロロナについては、3DS版もあります。
任天堂ブログなら、3DSでやれ?、というツッコミが聞こえてきそうですけれど。
やっぱり等身大のゲームでプレイしたいですw。
いつか書いたと思いますが、半端な3Dはあんまり好きじゃないんですよね。

舞台はここアーランド王国。
rorona-1-1.jpg
オープニングから世界観を見ていくと・・・
「古代遺跡から発見された機械」
黄昏シリーズと、同じような世界観があると思いました。
(*^_^*) 黄昏化が起きていない平和な世界

主人公のロロナのストーリーの始まり
rorona-1-2.jpg
古くからのアトリエが潰されそうだから・・・
「国から出される課題をクリアして、存在価値を認めてもらうこと」です。
故郷の水涸れとか、妹の行方不明とか・・・
黄昏の暗い雰囲気とは、打って変わってますね。
σ(・ω・*) ”自然”との関わり合いが黄昏シリーズですが、アーランドは人との関わり合い

そして、彼女が主人公のロロライナ・フリクセル。
通称、ロロナです。
rorona-1-3.jpg
性格的に、すごくアトリエ臭がしています。
具体的には、「おっちょこちょい、優しい、天然、アホの娘」辺りがですね。
服装を見てみると・・・露出度の高い服を着てますねw。
コルセットで強調しつつ、上乳を見せながら、ミニスカート・・・娼婦?
現代なのか中世なのか、よくわからないですw。
(。・_・。) エスカとどっこいどっこいだけど、淫乱ピンクが強いかも

チュートリアルを進めます。
ブログ上では、後々自分で説明していくので、カットしていきます。
rorona-1-4.jpg
調合や採取はいつも通りかな。
詳しい話は後述します。
rorona-1-5.jpg
期間内に決められた課題を達成していくのも。
古くからのアトリエシリーズを彷彿させますね。
(*´ω`*) システム的にはエスカ&ロジーにすごく似てるね

仲間キャラ、幼馴染のクーちゃん。
rorona-1-6.jpg
年齢はロロナと同じぐらいなんだろうけれど。
背の高さ胸囲の格差から、ロロナの方がお姉さんのように見えてしまいますね。
お金持ちのお嬢様。
戦闘では、どこからともなく、黒服のガードマンを呼び出すスキルを持ってます。
(〃ノ∀`〃) こんなこというと、クーちゃんがむくれてるのが、想像できるかもw

デモンゲイズ 感想 

PSPvita「デモンゲイズ」感想です。

感想、書くのが結構、難しくて、迷っていました。
それだけ長所短所がよく出ているソフトだと感じました。

まずは、ストーリー
話の流れは本当に良かったと思います。
シリアスあり、笑いあり、プレイしていて先が気になる展開もありました。
しかし、予算の都合だと思うんですけれどね。
登場人物が圧倒的に少ないのは悲しい・・・ボイスありにしている弊害なのかも。
また、これは私だけなのかもしれませんけれど。
グラフィックは綺麗でキャラの個性もはっきりと出ていたのに・・・
竜姫亭の住民たちに、愛着は持てませんでした。
きっと、クエストで出てきたぐらいで、インパクトのあるストーリーでの活躍が少なすぎた・・・のかもしれません。

ダンジョン探索については、ギミックが少なく、単調になりがちなのは残念でした。
しかし、ダンジョンマップの形が工夫されているように感じたり・・・
マップを埋めて踏破していく作業は、なかなかにして楽しかったです。
エンカウント率は高いけれど、戦闘自体は作業にできてしまいました。

RPG要素について。
正直、あまりバランスが取れてるとは思いませんでした・・・
MPの消費しないバリアなど、ザコ敵戦はAボタンを押しっぱなしで省略できてしまうお手軽さ。
面倒くさくなくていいんですけれど、それでも重要な戦闘バトルはRPGの要だと思うので、”楽すぎた”と思います。
ボスについても、戦闘ログ自体がカットされがちで見づらくて、ボス戦が楽しいとは、感じられなかったですね。
全てのボスが同じようなギミックなので、もう少し変化が欲しかったと思います。

その中で、私がこのゲームで一番楽しいと思ったのは、グラフィックでした。

ボスとなるデモン、通常モードと本気モードの形態があるのですけれど。
通常から、どう変化が起きるのか・・・期待していることも多かったです。
イベントの際に挟まれる一枚絵も綺麗でした。
DMMさんらしい、強みだったと思いますね。


デモンゲイズ2は・・・今のところプレイするつもりはなくなってしまいました。
ダンジョンゲーとして、世界樹やシレンにどっぷり浸かっている私として・・・
もうちょっと、ゲーム性が欲しいなって思ってしまいますw。

デモンゲイズ 闇の大天使ソル 

デモンゲイズ

ラスボス戦です。
まずは第一形態、ルル。
demoge-31-1.jpg
初戦だけあって、楽に倒せてしまうと思います。
ここでかけたバフは引き継がれないので、注意。
さっさと倒してしまいましょう。
φ(・_・”) この時点で死亡者が居たり、HPが減ってると、立て直すのに1ターンかかるのは勿体無いかも

君臨するソル。
demoge-31-2.jpg
日食を背景に、強大な図体の持ち主。
\( ̄□ ̄)/ 大天使というより、ゴーレム??? 弱そう

ラスボス:ソル
demoge-31-3.jpg
次々とこちらが仲間にしたデモンの影を召喚してきます。
数ターンごとで、次のデモンが召喚される前に、一体一体を倒しきれる火力は欲しいですね。
ソル自体の火力は高いので、デバインアーマーは早急に全員かけておきましょう。
配置換えを頻繁に行ってくるので、もともと後衛を前衛にしておいても、悪くはなさそうですw。
(´ヘ`;) ソルというよりは、召喚されるデモンのイメージが強すぎて、影が薄くなってる感。
(゜o゜; UIがちょっと不便で、ソルと増援のデモンを狙っているのかが分かりづらいかな
(#^ω^) カーソルがいつもソルに戻ってるのがうざったいです

ようやく、ソルを倒し終えた後で、やらなければいけないこと。
demoge-31-4.jpg
殺される側のオズは決意してるでしょうけれど・・・
愛する人を手に掛ける、フランの心情は如何程に。
(*^^*) この時点でも、フランは生き返る可能性を知っていたみたいですけどね

失っていく意識。
オズが気づいた時・・・そこはベッドの上。
demoge-31-5.jpg
オズは人として、生きていた。
だから、魂がデモンと分離されていたことにより、デモンだけを殺すことが出来たのでした。
しかし、人間に戻ってしまったことで、不老不死の体ではなくなってしまった、もよう。
(´・∀・)? ここまで来て全く振られなかったけれど、プロメスって何者なんだろう・・・

その後のエピローグでは・・・
竜姫亭は平和に運営されていったこと。
demoge-31-6.jpg
フランとオズの間に、子供が生まれたということ。
demoge-31-7.jpg
平和なラストエンドになりました!
(・∀・)?? やっぱり竜の子なのかな? 半獣?印付き?

これで、デモンゲイズクリアー

デモンゲイズ ソルの大鍵 

デモンゲイズ

さあ、ラストダンジョンですね。
春の王宮につづいて、同じダンジョンですが・・・
季節は秋になっていました。
demoge-30-1.jpg
マップ自体も、左右対称で、なかなか様になってます。
( ゚д゚) 生活感は感じられないけどね!

パーティメンバーもレベル30に到達。
demoge-30-2.jpg
ファイナルとあるものだから、恐らく覚えるラストスキルなのでしょう。
ここまで来て、ザオリクやリザレクションといった類の・・・。
復活魔法は覚えることはありませんでしたね。
φ(・_・”) 最近はヒーラーというよりバフ役で、AGIの高いサムライに回復アイテムを使用する事が多いかも

さて・・・最後の戦いです。
demoge-30-3.jpg
フランも戦闘装束に着替えて、いよいよ・・・といったところ。
(・∀・)?? 竜化するのなら、アーマーの意味あるのかな?

ルルが待ちかねていました。
demoge-30-4.jpg
自分自身を生贄して、大天使ソルを君臨させること。
それが、乗っ取られたルルの狙いでした。

カッスルが母親(元ルル)の形見であるペンダント。
実はそれがソルの大鍵であり・・・
demoge-30-5.jpg
ルルに宿るソルの魂を封印しようとするものの、失敗。
しかし、大鍵の力により。
demoge-30-6.jpg
魔剣デモンスレインは目覚めることになりました。
φ(・_・”) うーん、ストーリーまとめるの難しいね、プレイしてないと分からないかもw

デモンゲイズ 魔剣デモンスレイン 

デモンゲイズ

10体、全てのデモンを手に入れて、竜姫亭に戻ってきました。
最後の決戦に向けて・・・
demoge-29-1.jpg
あらー、なんだかいい雰囲気がです。
二人きりで過ごす最後の夜・・・
demoge-29-2.jpg
朝チュン!?
話の流れを見ても、どうみても・・・昨晩はお楽しみでしたね。
∑(`□´/)/ 任天堂ゲーマーだからか、ここまではっきりさせてくるのは始めてかも・・・w

話を戻しまして・・・
最後のデモン、アストロの性能です。
demoge-29-3.jpg
命中率はおまけみたいなものですけれど。
魔防防御を上げられるのは大きな強みですね。
クロノスとセットで、両方どちらも上げてもいいのかも。
そもそも、ネプトゥヌスのHP上昇が安定すぎるんですけどね。
(๑•̀ㅂ•́)و✧ 結局、最初から最後まで、序盤で仲間になるマルス、クロノス、ネプトゥヌス安定かな・・・

グリモダール城に眠る魔剣デモンスレイン
demoge-29-4.jpg
すべての鍵を使うことで・・・
demoge-29-5.jpg
手に入ることができます。
ソルを倒すための、必要な手段ですね。
キーアイテム扱いではなく、オズ自身にも装備させることができます。
σ(・ω・*) 所謂、王者の剣、ラグネル。+の補正によってはデモンスレインよりも普通の武器のほうが強かったりするけど

この剣を使って、前記事のあった、盾のところへ行きます。
デモンスレインで断ち切ったところ、盾は魔物となり、襲い掛かってくるのでした。
demoge-29-6-1
難敵
攻撃力自体はそこまででもないですけれど・・・
恐ろしいのは脅威の回復力、数ターンで5000近く回復してきます。
そのためか、最大HP自体は低く設定されてるものの、5000以上の火力を出せない限りは突破できません。
本気マルスだけでも、さすがにきついので、こちらも全力で削っていく必要がありますね。
大事なのはパッシブ、全員にデバインアーマーやデバインウエポンなどを付与して畳み掛けます。
所謂”凍てつく波動”で消そうとしてくるので、無効化するスキルの貼り直しを忘れずに。
また、ボスがデバインアーマーを貼ることもあるので、すぐに無効化してしまいましょうね。
(´ヘ`;)  戦闘ログが見づらいところが、地味に辛いかも・・・見落としがち

デモンゲイズ 最後のデモン 

デモンゲイズ

前回、仲間にしたプルトのスペック。
demoge-28-1.jpg
こちらも魔法系のパッシブを持っています。
ウィザードのクアッドボルトの威力が高いので、なかなかの補正が付きそうです。
ただし、今のパーティは物理のほうが多いので、レギュラー入りはないんですけどね。
見た目も好きじゃないかな。
φ(・_・”) プルトとアストロを組み合わせたら、魔法攻撃補正がすごいことになりそう

さて、いよいよ、ラストのデモン探し。
ウラヌスを求めて、春の王宮を進んでいきます。
demoge-28-2.jpg
そこはまさに黄金の世界。
金色で飾られた、ド派手なダンジョンを進んでいきます。
demoge-28-5.jpg
全体マップも左右対称で、キレイなものですねー
(*^_^*) シレンのテーブル・マウンテンにある黄金都市を思い出していました

中には進めないようになっている場所もありました。
demoge-28-4.jpg
イーシルの御鏡
後々行くことになるので、きちんと覚えておくことにします。
(。・_・。) この鏡の前の”足跡”を見ると・・・手強いボス戦になるのですね・・・

では、最後の10体目のデモン。
ウラヌス戦です。
demoge-28-3.jpg
機械仕掛けの天使+ナースみたいです。
(゜o゜; お注射系の武装、多くないですか?w

これが本気モードになると・・・
demoge-28-6.jpg
おおっ!
今回、珍しくまともな衣装をしているように思えますw。
相変わらず露出度は高いですけれど。
今までの本気デモン系をみると、慣れてしまいますよね。
( ̄∇ ̄+) 今までのボスの中だと、一番好きかも

デモンゲイズ 時計塔再び 

デモンゲイズ

涙目で見ながら、「ルルは操られているだけで、助けて欲しい・・・」と、主人公を誘い込み。
再び、時計塔へ。
demoge-26-1.jpg
二回目の時計塔・・・同じように、ターン制限付きです。
正直、面倒くさいです。
( =_=) どうみても、ルルの罠にしか見えないね

最上部にまで上がってくると・・・
demoge-26-2.jpg
それは、同情を引こうとしたルルの罠でした。
油断した主人公を金縛りにさせて、絶体絶命のピンチ。
σ(・ω・*) ばればれですって・・・

そんな時に、一匹のドラゴンが主人公を助けます。
demoge-26-3.jpg
”あのアマ”とルルが叫んでいる時点で、もう正体は分かりますよね。
ただし、バトルの介入にはご法度らしく、ルルとの戦いには参加してきません。
恐らく、お父様のご意向なのでしょう。
∑(`□´/)/ 意外とごついドラゴンですね

再び、ルル戦。
demoge-26-4.jpg
この前と同じ?
特に苦労することはありませんでした。
ヽ( ゚∀゚)ノ ルルのサムネでじわじわ来ますw

撃破。
demoge-26-5.jpg
ルナはこの言葉を残して、転移して逃げてしまいます。
話の流れからして、主人公もデモンなのだから、自分も死ぬとか、そんな流れになりそうですね。
(。・_・。) 転移できる敵キャラは戦闘が何度もあるパターンが多いですよね

デモンゲイズ シャーク団の最後 

デモンゲイズ

8体目のデモンを手に入れて、戻ってくると・・・
シャーク団が慌てて、駆けつけてきます。
demoge-25-1.jpg
あれほど崇拝してたシャーク様がご乱心・・・
これもルルの仕業とのこと。
どうやって乱心させたのかは、分からないんですけどね。
( ゚д゚) やってること・・・結構、えげつないかも

こんな張り紙まで用意されています。
demoge-25-2.jpg
恐らく、グリモダール城の魔物達も全て手の内なのでしょう。
さすがは暗黒神ソル、デモン母と、フランは言ってましたね。
( ・ั﹏・ั) そんなことができるなら、そもそも主人公パーティもなんとかなりそうなものだけどw

さてさて、やっぱりというか、あの見た目ですからね。
シャーク様とのボス戦となります。
・・・見た目に反して、強かったですw。
次々と、サメの仲間を呼んでくるので、早く倒さないとキリがありません。
demoge-25-3.jpg
ここで活躍したのは、ウィザード
demoge-25-4.jpg
降り注ぐ隕石!全体ダメージです。
シャーク様は神だから、闇属性の攻撃がよく効くみたいで。
増援のサメも効率よく、処理することができました。
( ̄∇ ̄+) 今までウィザードは強みを感じてなかったけれど、ここに来て、全体魔法攻撃習得は大きい!

滅んでいくシャーク団。
demoge-25-5.jpg
救い主と呼ばれていたのに、マモレナカッタ・・・
死に間際に、次のデモンダンジョンへ行くための、キーアイテムを授けてくれます。
σ(・ω・*) シャーク団って結局何だったのか良くわからないし、感情移入はできなかったかも

デモンゲイズ ルルの裏切り 

デモンゲイズ

ヴィーナスを仲間にしたあとで、イベントが発生。
カッスルがルルを決闘を申し込み、呼び出していました。
demoge-23-1.jpg
いろいろと裏切りフラグは立っていましたからね。
あの”足跡”にも、ネタバレが乗っていたこともありましたけれど・・・。
カモフラージュしようとしていた優しい人達も、中には居ました。
(。・_・。) そもそもカッスルさん、決闘で勝てるつもりあるのかな?

主人公やフランの前で、白状するルル
主人公の暴走を促して、ランスローナを関節に殺したのも、ルルの仕業でした。
demoge-23-2.jpg
その後、モブキャラの賞金稼ぎ仲間をナイフで殺害。
(・・? あの小さなナイフで、両断・・・人ならざる力のように見えます。

そのまま、真の姿を表したルルとのボス戦に。
demoge-23-3.jpg
も ど し て
・・・原型全くとどめていませんね。
シリアスなモードのボス戦の割には。
雑魚!瞬殺できてしまいます。
( ・ั﹏・ั) ルルの残滓すら殆ど見えない・・・ロリからおばさんに

急におばさんかしたのもわけがあったみたいで。
demoge-23-4.jpg
カッスルのおふくろさん・・・らしいです。えっ!
それなら、相当のおばさんに間違いはなさそうですね。
ソルの力を得たカッスルママは、デモンのちからにより、若返ることができた、とか。
ある意味、ママの願いは叶っていた・・・のかもしれませんね。
( ゚д゚) 若作りしすぎでしょ! せいぜい、薔薇の20代が一番でしょうにw

大天使ソルというのは強大なもの。
demoge-23-5.jpg
いまいち、私には”デモン”とは何か。
あまり、理解は出来ていないです・・・
デモンゲイズは続編みたいなので、世界観を知るためには前作もプレイしておいたほうがいいのかも。
(・∀・)?? おおまかなストーリーは分かるから、ゲイズからでも十分です

デモンゲイズ アストロ 

デモンゲイズ

さて、デモン集めに戻ります。
次は無限坑道・・・とはいっても、無限ではないですからね。
demoge-24-1.jpg
久々の水中を進んだり。
採掘員から強奪したり。
ゴーレムに投げてもらったり。
ギミックがそこそこありましたけれど、省略します。
( ´∀`) ランダムエンカウントはA押し続けの作業状態です

さすがは終盤のダンジョン。
装備の+もすごいことになってます。
demoge-24-2.jpg
+23・・・しかも、インナーですからね。
いま装備している防具から、何倍もの防御力を有しています。
( ̄∇ ̄+) これは単純に運が良かった!

さて・・・デモンアストロ戦です。
demoge-24-3.jpg
ヴィーナス同様に、まだ、まともな格好!
まだ!ですよね、まだ!

これが本気を出すと・・・
両手を前に掲げた、謎の格好になりますw。
SSでは見えづらくなっちゃったかも。
demoge-24-4.jpg
戦闘自体は・・・ご察し。
主人公のスキルにあるデモンレイズを使えば、召喚しているデモンは暴走します。
この暴走マルスがとにかく強力で、一気になぎ倒してくれますw。
\( ̄□ ̄)/ 荒ぶるお兄様のポーズ!

仲間になったアストロは魔法系のデモン

demoge-24-5.jpg
パーティによっては大活躍しそうなデモンですね。
・・・それにしても、ちょっと仲間になるタイミングが遅すぎるかな。
ここまで物理型の方が有利なので、魔法をメインに据えたパーティなら、ここまで来るのに苦戦するはずです・・・
( =_=) 荒ぶるマルスがなんとかしてくれそうだけどw

デモンゲイズ 一人旅 

デモンゲイズ

ヴィーナスを捕まえて、宿屋に戻ってみると・・・
フランが出かけたまま行方不明状態でした。
そこで、フランが向かったという妖精の村へ。
demoge-22-1.jpg
ここでは人間は入ることができないルール。
オズ以外のサブメンバー全員は人間なので。
ここからはオズだけの、探索となります。
それと、またまたフランが”人間ではない”ということも示唆されてますね・・・もはや、今更ですけれどw
(。・_・。) 人間よりも、デモンであるオズの方が、里にとってよっぽど危険な気も・・・

ザコ敵やボス戦もあるんですけれど・・・
demoge-22-2.jpg
ある意味、サブメンバーよりも強いマルスを召喚できるため。
いともたやすく、進んでいくことが出来ます。
(;^ω^) もうあいつだけでいいんじゃないかな

里の奥地にて、フランと再開です
demoge-22-3.jpg
なぜか、パジャマ姿でした
主人公も落とし穴に落ちてしまってるわけで・・・
パジャマ姿の女と、男が一人・・・狭い狭い落とし穴で一日を過ごすという、何とも気まずい雰囲気でしょうw。
(*^^*) もはや、何も突っ込めない・・・

その後、里の入り口においてきた仲間たちによって救出されます。
フランにより、ヴィーナスが仲間に加わります。
demoge-22-4.jpg
経験値とお金に補正。
こういうスキルは結構好きなんですけれど・・・でもたった10%かあ。
ボス戦には有効かもしれないけれど、やっぱりあの三人が安定ですね
( ゚д゚) 淫乱ピンク

デモンゲイズ ヴィーナス 

デモンゲイズ

さて、次の行き先のダンジョン。
demoge-21-1.jpg
グリモダール城のエレベーターから、地下牢獄へ向かいます。

そこは、まさに牢獄のようなダンジョン
demoge-21-2.jpg
檻や小部屋が連なっているダンジョンでした。
他にも、訓練場など、探索していて、ワクワクしてきます。
(;・∀・) 何の意味のない小部屋を一々踏破するのも、ちょっとめんどくさいけどね

またまた暴走されている方もいらっしゃいました。
demoge-21-3.jpg
・・・ちょっと怖いぐらいのコメント。
なかなかのセンスはありますw
((+_+)) ”出し入れ”とか”クンカクンカ”とか、どうみても攻略に用いないワードを用意されてる時点で・・・

さてさて、サクサクと勧めていきます。
暗闇+電流の壁といったギミックもありましたけれど・・・
よく見て探索するだけという、小学生でも余裕なギミックでした。
ようやく、デモン:ヴィーナス戦
demoge-21-4.jpg
珍しく、まともな人型(?)。
属性はドSぐらいにも見えますね。
(゜_゜) ほんと、属性だらけのデモン勢・・・w

そんなヴィーナスですが、本気モードになると・・・
demoge-21-5.jpg
痴女に大変身!
はだけるどころか、全裸だよ(///)
(#^ω^) 胸を見られるもなにも、その格好がおかしいじゃないw
( ゚д゚) あ・・・戦闘についてはなんにもないです^^

デモンゲイズ 時計塔 

デモンゲイズ

時計台イベント。
demoge-20-1.jpg
時間制限あり・・・恐らく、この張り紙を見る限りでは、ターン数制限みたい。
時計塔は8階層近く(?)あり、その間に何度も強制戦闘が設けられているので、しんどいです。
demoge-20-2.jpg
一度、頂上に上がっても、もう一度落ちてから、再び、登るという苦行。
しかも、これ、間違えた場所で落ちるとやり直しさせられる羽目になります・・・
こういうのは、ちょっと不親切ですよね・・・
(´∀`*) 皆が残してくれてる足跡が親切です

本気ユピタル戦。
demoge-20-3.jpg
特に・・・何も書くことはないかな。
ここからはマルスが火力をサポートしてくれるので、随分とボス戦も楽になってきました。
・・・グラフィックは相変わらず、おはだけになって、露出部分が増えていますね。
(´ヘ`;) このシールドファンネルみたいな戦闘パターンも飽きてきたなあ

ユピテルの特徴は命中率。
demoge-20-4.jpg
連続攻撃だけれど、命中率の低くなる技があるから、それには使える・・・かも。
しかし、このゲーム、バフというものが非常に強く。
命中率も際限なく上げ続けられるみたいで、優先度は低めですね。
まだ敵が使ってきたことはありませんが、凍てつく波動も無効化できるスキルも存在するほどです。
φ(`д´) マルス クロノス ネプトゥヌスが安定すぎるかも

おまけ
シャーク様登場!・・・シャーク?サメ???
demoge-20-5.jpg
単なるザコ敵のグラフィックに羽が着いただけという、お粗末なものでした。
(^ω^) 後々、戦闘になりそうな予感 フカヒレ料理かな

家賃も1000G超えて、高くなってきました。
demoge-20-6.jpg
(*^^*) ドラクエもびっくりの宿賃。でもお金の使い道がないから、痛くないかも

デモンゲイズ ユピタル 

デモンゲイズ

グリモダール城を進んでいきます。
広大なフロアなだけあって、デモンサークルも多め。
周りのにも、一苦労ですね。

とうとう、ユピタルとのご対面。
demoge-19-1.jpg
その名の通り、雷を司るデモン・・・
とはいっても、このゲーム、あまり属性とか気にしなくてもいいから、関係がないかも。
あの、アスタルト戦とは一体何だったのでしょう・・・
そう思ってしまうほど、さっさと倒せてしまいます。
(#^ω^) 猫耳、眼帯、ミイラ、拘束・・・と、どんだけ属性を持っているですかw

主人公のレベルが20に到達。
デモンスロットが一つ増えました。
demoge-19-2.jpg
・・・これ、めちゃくちゃ大きいですね。
ステータスの補正もあるし、デモンのスキルもさらに追加で覚えさせられます。
現状、ネプトゥヌスとクロノスを補正のために入れるとしたら・・・
デモン消化用に、攻撃タイプのマルスを採用しました。
(๑•̀ㅂ•́)و✧ これで、ザコ敵殲滅も、さらに楽ちんに!

宝物庫
その名前を聞いて、宝箱があるだろうと、ドキドキしたのです。
フロア内はちょっとした迷路になっていて・・・
特定の場所を進もうとすると、最初に戻らされるギミック。
demoge-19-3.jpg
攻略のヒントはこちら。
天井が高くなっている部分だけ進めることができます。
👆 天を見よ 見えるはずだ あの死兆星が!

さすがに全てのマップ埋めは面倒くさいかな・・・
demoge-19-5.jpg
奥には何もなかったので、がっかりした後で・・・
他の探索を進めていきました。
( ゚д゚) 宝物庫って名前だけかい!

全てのサークルを集めた時・・・
本気ユピタルが現れたのは、まさかの宝物庫の最後。
多少、イライラしながらも、再度行ってみると・・・
demoge-19-6.jpg
ここでもまた、戦闘にならず、引き伸ばされます。
次は時計塔が目的地みたい。
(# ゚д゚) いい加減にせいやー

デモンゲイズ グリモダール城 

デモンゲイズ

グリモダール城を進んでいきます。
城内はなかなか面白い配置になっていて、まさにお城を再現したかのようなマップになってます。
demoge-18-1.jpg
”食堂”と、実際に人間が使っていた名残がありますからね。
demoge-18-2.jpg
小マップの左上にある個室は・・・きっとトイレなのでしょう。
グラフィックにもうちょっとこだわって欲しかった感はありますけどねw
ヽ(=´▽`=)ノ なかなか広大で時間はかかるけれど、想像が出来て冒険が楽しいです

またまたシャーク団登場。
demoge-18-3.jpg
城内のシャッターはこのシャーク団が管理しているみたいで・・・
先に進みたかったら、クエストをクリアして欲しいとのこと。
( ゚д゚) そもそもなんでシャーク団を助けなければ行けないの・・・

そんでもって、不死の者をさくっと倒しに行きます。
demoge-18-4.jpg
特に苦労することもなく、あっさりでした。
φ(`д´) 消費MP0で範囲攻撃できるサムライの切込みは便利

これでお城の二階に上がれるようになります。
demoge-18-6.jpg
何気ないシュールな↑。
これに触れれば、二階へ。
( ゚д゚) 階段のグラフィックぐらい作って欲しかったなあ

2Fからの風景はなかなか綺麗ですねー。
demoge-18-5.jpg
周りは山しかないものの、ついつい足を止めてしまうものです。
(・・? 2Fのはずなのに、やたら高くない? グランバニアの城みたい

デモンゲイズ 装備集め 

デモンゲイズ

このゲームはほんとレベルが全然上がっていかないので・・・
まずは装備を整えます。
demoge-17-2.jpg
道具屋で売られている、強化ジャムを使うときが来ました。
さすがにお値段はなかなかのもの、しかも購入に制限があるみたい。
全部使うと後々が怖くなりそうなので、三つぐらいは残しておくことにしました。
( ・`ω・´) このゲーム、仲間揃ったら、お金の使い道がないので、ばんばん使っちゃても良さそう

デモンサークルへ。
demoge-17-1.jpg
補正値+10の防具を入手することができます。
この補正値の効果が凄まじく・・・防御30ですよ?
今までの防具と比較しても、三倍以上の差があります。
強化ジャムを使って、ある程度リセットを交えながら、揃えていきます。
(∩´∀`)∩ デモンサークルでセーブができるので、リセマラも楽ちん!


再び、アスタルトに挑みます。
今度はちゃんと作戦も練ってきました。
demoge-17-3.jpg
クロノスのスキル”アイアンスキン”。
この効果が強力なので、常時かけるように維持します。
DPがなくなりそうだったら、スキルを回復ですね。
毎ターン4消費だけれど、それでも余裕があるぐらい。
demoge-17-4.jpg
後は・・・がんばって削りきるだけ!
ネプトゥヌスのリジェネもあって、危なげながらも突破しました
(*`・∀・´*) この時点でレベル15。強かったよぉ・・・

次はこのグリモダール城の攻略です。
demoge-17-5.jpg
ストーリーの世界観から見ても・・・いよいよ!って感じ。
(*^_^*) エンカウントも、今のレベルで十分なので、どんどん進めていきます

デモンゲイズ VSアスタルト 

デモンゲイズ

仲間になったネプトゥヌス
demoge-16-1.jpg
スキルを見ただけで分かる優秀さです。
クロノスを合わせて、パーティの耐久力を大幅に上げることができそうですね。
(*^ ^*) ターン制限なしリジェネも使うことができるので、サブとしてすごく優秀、レギュラー入りかも
 
デモンを5体を仲間に加えたので・・・
demoge-16-2.jpg
次はクエストを進めていきます。
世界樹と違って、デモンゲイズのクエストは実質、キークエばかりですね。
ヽ(=´▽`=)ノ 最初は受注するだけで意味が分からなかったクエストが、ここに来て繋がってきた!

ミミック。
その名前を聞いたら、どうしてもドラクエの方を思い出してしまいますけれど・・・
demoge-16-3.jpg
デモンゲイズのミミックとは獲物を体内に取り込む巨大な化け物。
ボス戦でした。
((+ _ +)) この生き物、体内なのに隙間ありすぎじゃない?

ミミックを倒して入手したものは、ダールの指輪。
demoge-16-4.jpg
これで、とうとうグリモダール城へ進入することができます。
ラストダンジョンには・・・まだ早いはず。
(゚д゚) 王の指輪って聞くと、どうしてもロード・オブ・ザ・リングを彷彿させますね

早速、城へ行こうとしてみると・・・
ボス:アスタルト戦
ほぼ丸裸の・・・なんという格好をしてるのでしょう。
demoge-16-5.jpg
ぼっこぼこにされました\(^o^)/
今までのボスが何だったのかというぐらいの強さ・・・
これまで後衛には耐久を削ってきたのですけれど。
ここに来て、後衛にまで即死級のダメージを飛ばしてくるボスが出てきました
(´・ω:;.:...  これは一旦レベル上げしないと無理そうかな・・・

デモンゲイズ 古王の廟堂 

デモンゲイズ

9体目のデモンを探して。
古王の廟堂というダンジョンを進んでいきます。
demoge-27-1
ここは奴隷基地から続いている場所で、ショートカットが存在します。
プルトの存在は、クロノスを仲間にしたときから、分かっていましたし。
ようやくって感じですね。
( ・ั﹏・ั) 悪く言えば、ダンジョンの使いまわしかも

ヒーラーがスキルを覚えました。
demoge-27-2.jpg
マナ回復Ⅱ
戦闘中、自動でMP回復が行われるようになります。
回復力はなかなかのもので、スキルを毎ターン使っていても、消費は全然追いついてくれます。
MPを渡すマナコンバートを利用して、ウィズのMP回復にも当てられる便利技。
シールドに回復、バフに、MP補充と・・・
この世界のヒーラーさんも、役割盛り沢山です。
(*`・∀・´*) RPGでスキルが使いたい放題になると、テンション上がりますよね!

ボス:プルト
demoge-27-3.jpg
この時点で、ドヘンタイ間違い無し。
(´ヘ`;)  そのお胸の髑髏はシールなの?

これが本気モードになると・・・
demoge-27-4.jpg
なんだか、物凄い状態に・・・ほぼ、全裸。
ウィザードが覚えたクアッドボルトが非常に強力。
役200ダメージを4回与えられて、尚且つ、ファストキャストでクアッドボルトを二連族で打つことができてしまいます。
ここに来て、ウィザードがパーティの中のメイン火力として役割を担ってくれるようになりました。
φ(・_・”) 消費MPはその分激しいから、ヒーラーのマナコンバートでのサポートが光ります
宿屋に戻ってみると・・・
グリモダール城に異変が起きています。
demoge-27-5.jpg
このままだとグリモダール城を中心にして世界が魔界化してしまうとのこと。
今はまだ9体目のデモン・・・
残りの1体を手に入れないといけないから、そわそわしてしまいますね。
σ(・ω・*) いきなりのセカイ系に

最後に、主人公は生きていられないと。
demoge-27-6.jpg
デモンの禍根を無くすためにも・・・
ソルを倒した後、兄弟であるデモンのオズも殺さなくていはいけない。
過酷な運命が待ち受けているみたいです。
(´ヘ`;) シリアス展開!予想はできてたことだけど、フランに殺されるなら本望?

デモンゲイズ ネプトゥヌス 

デモンゲイズ

引き続いて、青の旧市街を進んでいきます。
デモンゲイズの特徴として、プレイヤーはダンジョンの各所に文字を残していくことができるんですけれど・・・
demoge-15-1.jpg
もはや、暴走中のファンの方々も見えますw。
やっぱりプレイしている方は男性が多いのでしょうね。
(*゚д゚) 尻 とか キノコ とか・・・ 組み合わせられる言葉が意図的に見えますw

さて・・・ようやく青の旧市街もマッピング終了です。
demoge-15-2.jpg
この水流地獄。
マップ埋めするのも、一苦労でした。
世界樹と違って、自力でマッピングできないので、踏破する必要があるのもつらいです・・・
( ´゚д゚`) そもそも、湖なのに、こんな水流はできるのかな・・・

ほんとは、ここでイベントが挟まるのですけれど、前後します。
本気、ネプトゥヌス戦。
demoge-15-3.jpg
火力が求められます。
盾を召喚してくるので、その間に回復という流れですね。
”回復”のデモンだけあって、粘られるのも厄介。
マルスを召喚して、そうそうに撃破してしまいましょう。
( ゚ε゚;) 服を脱いでなかなかのスタイル、そんなことよりも・・・足あったのね

サムネ詐欺再び。
demoge-15-4.jpg
風邪を引いて、寝込んでいるフラン。
ドラゴンだけあって、熱を出すだけでも、高温になるみたいです・・・謎の特性。
ただ単に、フランがドラゴンである、ことを示唆するためだけのイベントだったみたいですね。
(#^ω^) その為だけに、青の旧市街から一時的に戻らされたのね
あるべきものがないみたいだけど

物語の重要な場面。
demoge-15-5.jpg
同じ冒険者であるルル。
彼女はソルの大鍵を探しているということ。

宿主であるフランは逆にソルの復活を防ぐこと。
demoge-15-6.jpg
この時点で、ルルに裏切りフラグが立っていきます。
主人公の最終目的が判明された感じですね。
( ゚д゚) この闇の大天使というのが、ラスボスっぽいね

デモンゲイズ 青の旧市街 

デモンゲイズ

宿屋に戻ります。
行き先がなくなったので、クエストをクリアしていくと・・・
demoge-14-1.jpg
道具屋のレゼルムが次のダンジョンへ行くためのアイテムをくれます。
水の中・・・
φ(゚Д゚ ) ということは?

水中ダンジョン!
demoge-14-2.jpg
フランの説明通り、水中では魔法が使えなくなります。
今まで回復はヒーラー頼りになりましたけれど、ここでは回復魔法を使うことができないので。
回復アイテムを仕入れておく必要がありますね。
(((( ;゚д゚))) ピラミッドの地下はトラウマです!

こんな環境でも、ヒーラーとしての役割はまったくないというわけでもなく・・・
demoge-14-3.jpg
特性としてのスキル「ホーリーシールド」を毎ターン貼り続けます。
このスキルがまたまた強力で・・・
MP消費0で、確実に先制することができ、幾つかのダメージを無効にする・・・というもの。
エンカウントの敵ぐらいなら、このスキルを連射しておくだけで、ノーダメージで切り抜けてしまうことも多いです。
(*^ ^*) Aボタン押しっぱなしで、高速で戦闘を終わらせられるのも、このスキルのおかげかも

いきなり、現れるシャーク教団
demoge-14-4.jpg
ダンジョン探索中に唐突にあらわれて・・・
こちらのことを救い主様と読んだりと・・・なぞの、宗教集団。
良くわかんないので、とりあえず、保留しておきましょう
《゚Д゚》 シャーク様って誰だよ!

幾つのかのサークルを得て。
demoge-14-5.jpg
一回目のデモン戦、ネプトゥヌスです。
人魚+ナースと、謎の組み合わせを思いますw。
ここまで進んできたこともあって、楽に倒せてしまいました。
(。・_・。) 雑魚戦も逃げずに消化してきただけあって、レベルも高くなってきちゃったかな。

MOTHER3 サターンバレー 

MOTHER3 WiiU版VC。

どせいさんの救援お手紙から。
サターンバレーにやってきました。

どせいさんが拷問される惨状!
mother3-20-1.jpg
どせいさんの脇の下・・・?一体どこw
頭に生えてる波兵一本の毛で、吊るされるのがなかなか痛々しいのですけれど。
不思議な生き物だから、自重なんて、あまり存在しないのかもw。
ついでに拘束されているダスターさんが、ちょっと惨め。
早く助けてあげましょうw。

ダスターも再加入して、また4人パーティに戻りました。
4本目の針はサターンバレーから行くことができる、火山地帯にあるとのこと。
mother3-20-2.jpg
どせいさんの”はしごごっこ”によって、道が開かれます。

むにゅ・・・むにゅ・・・
そんな効果音が聞こえてきそう・・・ごめんね。
mother3-20-3.jpg
ちょうど鼻が足場になって、登りやすそうな気もしますw。

火山ダンジョンです。
mother3-20-4.jpg
ダンジョンが短い傾向があるマザーシリーズで、例に漏れず、ダンジョン字体は短め。
でも、マザー2から始まり、火山地帯の敵は、攻撃が痛くて厄介です。

マザー2では、炎に燃えてるようなグラフィックの男でしたけれど。
mother3-20-5.jpg
マザー3では溶岩マダムが非常に厄介。
全体110ダメージ近くになるPKファイアーγを高確率で初手に打ってきます。
一体ならば、速攻で倒して、戦闘終了でHP減少のカウントストップができるんですけれど。
他にも敵がいると、面倒くさいので逃げてもいいかもしれませんね。

ボス戦、ニューヨクバ。
タワーから落ちたヨクバが機械化して、戦闘です。
正体があれである以上、寿命どころか不死である可能性が高いですからね。
mother3-20-6.jpg
非常に痛い物理攻撃が厄介・・・
全体にシールドをかけられる、シールドΩがあるとないとの差が段違いです。
レベル的にはこのレベル帯で覚えられるはずなので、周りで少し経験値を稼いでから挑んでもいいかも。
ちなみに、私の場合はニューヨクバを倒した時の経験値で覚えました\(^o^)/
それを知ってたら、覚えさせてたのにね・・・

ヨクバを撃退して、4つ目の針を抜くことができました。
mother3-18-7.jpg
これで、2:2と、対となりました。
かなり早い展開ですが、次はもう5本目ですね。

サターンバレーから鳥かごにのって、タツマイリ村に戻ります。
mother3-20-7.jpg
一体、こんなので空が飛べるのかと言われたら・・・
どせいさんの不可思議な技術なんですよ!きっと!

MOTHER3 オケラホール~雪山 

MOTHER3 wiiU版VC。

キマイラ研究所から戻ってくると・・・
最初の最初・・・クラウスが子供の頃に出てきたオケラから。
mother3-19-1.jpg
勝負をして欲しいと、オケラホールに招待されます。
ボス戦:オケラ
”この子に戦うのはやめたほうがいい”
とか、さんざん、フラグを立てておいて・・・
通常攻撃のワンパンで沈みますw。
SSはカット!

複雑なオケラホールを抜けて
長老の話では、3つめとなる針はオケラホールの抜けた先にあるという・・・
ただ、このホールはアリの巣の如く・・・シレンの兵隊アリが開けた通路の如く・・・
mother3-19-2.jpg
マップを見ても、さっぱり分からないほどの大迷宮となっています。

ヒントは「必ず曲がることでたどり着く」
mother3-19-3.jpg
一見、複雑で長そうなダンジョンにも見えますけれど。
仕組みが分かれば、すぐに抜けられてしまいます。
エンカウントする敵も居ないですからね。

オケラホールを抜けたその先は・・・
雪国でした。
mother3-19-4.jpg
ニューウェア島の右北部に位置します。

雪山北部に針は存在しました・・・が。
ヘリコプターという移動手段があるブタマスクに、遅れを取ってしまいます。
mother3-19-5.jpg
針を抜いているのが、ブタマスクの幹部でもある、仮面の男と確証が得られます。
もう、ここの時点で、正体を察することができますよね。
・ブタマスクに間違えられるほど、リュカに似ている。
・針はリュカと仮面の男にしか抜けない。

3つめの針を抜かれてしまって、これで1:2で負けてしまっています。
冷蔵庫・・・じゃなかった、しあわせの白いハコにのって、タツマイリ村まで強引に戻ってきました。
mother3-19-6.jpg
・・・もはや、何も突っ込めませんw

次の行き先は・・・謎の手紙便に誘導されて・・・
mother3-19-7.jpg
この特長ある字体!
もはや、マザーの代名詞とも言える、あの不思議義な生物の登場です。

MOTHER3 二つ目の針 

MOTHER3 wiiU版VC。

二つ目の針の場所。
仲間になったサルサのおかげで、たどり着くことができました。
mother3-18-1.jpg
そこでクマトラと合流。
パーティは三人となり、心強くなりました。

目的である針の場所。
それは湖の底にあるとのこと。
mother3-18-2.jpg
水を抜くための必要なキマイラを借りてくることになります。

三匹のキマイラから、正解を選ぶ必要があるのですが・・・
mother3-18-3.jpg
説明を見たら、すぐに分かってしまいます。
アン・ドーナッツ博士が”つまらない”と教えてくれる通り。
わざと、間違ったキマイラを選択してみましょう。

・・・カワ(・∀・)イイ!!
mother3-18-4.jpg
こんなおふざけなシーンも、まさにマザー3って感じw。
キマイラ・・・? 一生懸命やってるのを見てると、リュカも手伝ってあげて!って思ってしまいますね。
結局、クマトラやボニーが居眠りを始めるまで、拉致があきませんでした。

一通し楽しんだたら、正解のポンプキマイラで物語を進めましょう。
mother3-18-5.jpg
なんて・・・ピンポイントなキマイラなのでしょうw。
アン・ドーナッツ博士はここの針について・・・何か聞いていたのかな?って疑いたくなるぐらいです。

二つ目の針。
始めて、リュカが抜く針です。
mother3-18-6.jpg
スマブラの上スマの元ネタですね。
これで、ブタマスクと針の勝負で一本づつ同士。
並んでいます。

MOTHER3 キマイラ研究所 

MOTHER3 WiiUVC版

残りは6本の針。
次の針はキマイラ研究所という場所の近くにあるとのことです。
mother3-17-1.jpg
行き方はタツマイリ村から電車で向かいます。
ご親切にも、拾ったトランシーバーから、忘れないように何度も何度も教えてくれますw。

みんな大好きトラウマ、キマイラ研究所
mother3-17-2.jpg
マザー3の中でも、かなり印象深い施設ですよね。
バイオハザードやサイレントヒルでもそうですけれど・・・
不気味な研究所というものは、ホラーにうってつけですね・・・

ここで名前が初登場!
mother3-17-3.jpg
ポーキーの名前が・・・
正直、ここにポーキー08があるのは、分かりません。
少なくともキマイラではないはず・・・クローン機械もここで作られていたのかな?

トラウマの原因は・・・スマブラでもお馴染み。
きゅうきょくキマイラ
mother3-17-4.jpg
戦闘になることもなく、噛まれた瞬間にゲームオーバーとなります。
BGMは不穏で怖いんですよね・・・ブタマスクの悲鳴も聞こえてくるし。
ある意味、特殊なBGMです。
でも、ゲーム慣れした今なら、そこまで怖くはなかったかな。
ランダム出現とかだったら、もっとトラウマになっていたのかもw。

アン・ドーナッツ博士!

mother3-17-5.jpg
ブタマスクの技術の背景にいるのがこの博士。
マザー2でも、ジェフのキーパーソンとして、出てきましたね。
さすがに別人ですw。

ブタマスクに追われるサルサとサルコを探して。
クマトラによって開放されたサルサは、無事にサルコを助け出すことが出来たみたいです。
キマイラ研究所に送られていたあたり・・・もうちょっとでサルコもキマイラにされてしまっていたのかもしれません・・・
mother3-17-6.jpg
しかし、ブタマスクを身に着けていることで、勘違いされているみたいですね。

究極キマイラは生物でもあり、機械でもありました。
背後にはスイッチがあって、オンオフすることができるみたい。
mother3-17-7.jpg
すばしっこい、サルサのおかげで。
なんとか、キマイラをやり過ごすことが出来たのでした。

MOTHER3 ヒマワリ畑 

MOTHER3 wiiU版VC。

ヘリコプターから、落とされて・・・
気圧で、気絶してしまったのでしょう。

気がついたら・・・
一面のヒマワリ畑。
mother3-16-1.jpg
天国のように思えてしまいますよね。
ある意味・・・黄色っぽいお花畑です。

十字キーで左右に動くことはできるんですけれど。
どれだけ歩いても、ヒマワリ畑が続いていきます。

それでも、少しの間、歩き続けていると。
死んだはずのお母さんヒナワの姿が・・・
やっぱりここは天国なのかと、近寄っていくリュカ。
しかし・・・
mother3-16-2.jpg
まだ、母の元へ向かうのは早い・・・
ヒナワには届くことはなく・・・お花畑から、また雲の下へ落ちていきます。

ヒュ~ バサッ
mother3-16-3.jpg
アサシンクリードかな?
”ヒナワの夢”でピンポイントで藁が積まれていました。
・・・高度、何千メートルの世界からの落下なので、こんな藁で助かるのかって
気にしたら負けですね(*`・∀・´*)

場所はタツマイリ村。
クマトラとダスターは別れてしまったみたい。
mother3-16-4.jpg
何故か、橋の上で縛られている変態マジプシーに連れられて。
ストーリーは進行していきます。

7本の針
mother3-16-5.jpg
この地、ニューウェア島に眠るドラゴンを封印しているもの。
全ての針が抜かれたら、ドラゴンが目を覚まします。
mother3-16-6.jpg
悪い者が抜いたら、世界は破滅する。
良い者がドラゴンは人々のためにチカラを貸してくれる。
マジプシーはその針を守るのが使命であり・・・
針を抜かれた瞬間に、それを守護していたマジプシーは消えてしまいます。

すでに、何者かによって、オソヘ城の針は抜かれてしまいました。
マジプシーのエオニアはドラゴンの針についてを遺言に・・・
形見を残して消えていってしまうのでした。

ここからは、7本の針を抜くのが目的となっていきます。
ブタマスクの集団とどちらが針を抜くのか・・・
世界をかけた競争です。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 04月 【23件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー