≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
2017年04月の記事一覧

Echoes マップシステム 

ファイアーエムブレム Echoes もう一人の英雄王

アルムの村からの旅立ちです。
外伝同様に、ワールドマップが用意されています。
ecoes-3-1.jpg
聖魔の元となった、システムですからね。
魔物も存在する以上、聖魔と外伝に繋がりがあるようにも、思えてしまいます。

敵のアイコンにぶつかると戦闘になります。
聖魔や覚醒のような、消化戦ではなくて。
ecoes-3-2.jpg
敵がいる場所が、一章であり、デモの会話も用意されています。
初期メンバーは、村の仲間が加わるから、最初から大世帯。
外伝プレイでは、クリフを最初から最後まで育てていたので・・・
今回もイケメンになったクリフを育てていくつもりです。
ecoes-3-3.jpg
戦闘後では、参加したメンバーに経験値が与えられるみたい。
これはFE初のシステムかも。
大勢、平等に育て安くなるので、シンプルながらもうれしいですね。

二つ目の戦い。
ecoes-3-4.jpg
アーチャー登場!
外伝での問題児クラスです。
ecoes-3-5.jpg
!!
攻撃範囲が1~3マスと、この時点ですでにおかしいw。
近接攻撃も可能になっているので、反撃もできてしまう、超優遇クラスとなってます\(^o^)/

Echoes ソフィア解放軍 

ファイアーエムブレム Echoes もう一人の英雄王

そういえば、サブタイトルの”英雄王”。
”新紋章の謎”のサブタイトルと似ていますよね。
誰を示すのかと予測すると・・・
アルムとセリカで二人、という説もありますけれど。
アカネイアを開放したマルスと、バレンシアを開放するアルムの方がしっくりきそう。
そこで”新紋章の謎”の物語が入ってくるならば・・・
”3人目の英雄王”となりそうですね。

さてさて、セリカが村を離れて、数年が経ちました。
マイセンに稽古を付けられている、アルムがそこにありました。
ecoes-2-1.jpg
王女を匿うという、王国に因縁を付けられてもおかしくない状況だったのにも関わらず・・・
戦火の後もなく、村が存続しているのは、マイセンのおかげなのかもしれないですね。

バレンシア大陸にて、戦争が始まっていました。
リゲル帝国とソフィア王国。
不可侵条約が結ばれていたのにも関わらず・・・
リゲルはソフィアを攻め始めていました。
ecoes-2-2.jpg
”盟約”を破ったそうで、魔物が各地に溢れてしまったと。

探索モード!
まるでADVみたいです。
ecoes-2-3.jpg
街の人と会話したり、落ちているものを拾ったり・・・
ドラクエみたいな、泥棒ですw。
ecoes-2-4.jpg
村の各所に赴いて、ストーリーを進めていきます。

ソフィア王国はクーデターにより、リゲル帝国の魔の手が伸びてしまっていました。
ecoes-2-5.jpg
宰相ドゼーにより、このままではリゲルに侵略されてしまう・・・
ルカは王国の将軍であったマイセンを仲間に引き入れるため、村までやってきたのでした。
しかし、マイセンは断り、話を聞いたアルムが解放軍に加わります。
ecoes-2-6.jpg
ここから、アルムの戦いが始まっていきます。

おやすみ(は~と) 

多忙のため、お休み。

Echoes アルムとセリカ 

ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王

では、最新作のFEのプレイ日記を始めていきます。
私のエムブレマー歴はカテゴリ欄を見れば、分かりますねw。
封印が初めて、全てのFEタイトルをクリアしてきました。
外伝についても、VCでクリア済みしたことがあります。

さて、今回のエコーズは、外伝のリメイク版。
舞台はバレンシア大陸であり、覚醒にもそのマップだけ、出てきていますね。
最近のFEは、覚醒以降、鞍替えしているように思えます。
これから先、ファイアーエムブレムはどのように向かっていくのか・・・
もしかしたら、FEというタイトルの歴史の転換点にもなり得る、ソフトになるかもしれないですね。

前置きはここまでにして・・・
早速、楽しんでいきましょう!
いきなり、導入からのムービー入ります。
覚醒if同様に、ムービーではスクショが撮れない仕様になっているので、文字だけで説明。
外伝をクリアしているので、私は分かるんですけれど・・・
初めて外伝のストーリーに入る人には、固有名詞を覚える上で、重要な話です。

アルムが剣でセリカを貫くシーン。
これから起こる未来の映像なのでしょうね。
この後のバレンシアに関わる世界の説明です。
ドーマとミラ、二人の神様が、バレンシア大陸に二つの国を作ったこと。
北側のドーマは、厳格な規律がある騎士の国、リディア帝国。
南側のミラは、豊穣溢れる自然の国、ソフィア王国。
主人公のアルムが暮らす国は、ソフィア王国にあります。

序章。
ecoes-1-1.jpg
まずはチュートリアルを含めたオープニングです。
小さな村で仲良く遊ぶ、幼馴染。
二人共、不思議な聖痕を持つアルムとセリカです。
ecoes-1-2.jpg
一枚絵!
烈火の剣から導入されたのが記憶にありますけれど。
挿絵がすごく綺麗ですねー
セリカは幼女であるはずなのに、どこかしら大人びているように思えますw。

そんな小さな村に・・・
何者かを探して、ソフィアからの騎士が訪れます。
ecoes-1-3.jpg
”一般的な王国”の概念に当てはまるのが、ソフィア王国だと思います。
生まれが絶対であり、貴族は腐り果て、騎士が暴力を片手に権力を持つ、王国です。

そんな騎士の横柄さに、村の子供達が我慢できず、戦闘になります。
ecoes-1-4.jpg
村の子どもたち・・・TUEEEEE
一介の王国の兵士と、渡り合えることができるなんてねw。
ecoes-1-5.jpg
下画面のどアップがウザく思えますw。

戦闘画面では、よく動くので見ていて楽しいかも。
ecoes-1-6.jpg
攻撃<相手の防御でも、ダメージは1通るみたい。
弾かれる仕草は可愛いかもw。

序章なだけあって、経験値が入ることはありません。
護衛のマイセンだけ、上級職で異常に強いので、無双してしまうと良さそうかな。
敵のAIも、弱い村人を狙わず、マイセンに攻撃が行くようになってるみたい。
なかなか騎士道精神はあるようです。

王国に知られてしまった以上、セリカはこの村で暮らすことができないと。
ecoes-1-7.jpg
アルムと分かれ、別の場所に移動することになります。

この世界に動乱が起きるのは・・・
数年後のお話。

ユグドラ・ユニオン 磔のユグドラ 

ユグドラ・ユニオン PSP版。

4-11
チャプター4もラストのマップ。
とうとう、ユグドラを発見することができました。
yugudora-24-1.jpg
モノローグを見る限り、十字架に磔にされている様子。
ガルカーサが自身に流れる、魔竜の力を覚醒させようとするため。
ユグドラを生贄に捧げようとしていたのでした。

儀式の準備に夢中なガルカーサを差し置いて、救出に成功!
ここから、王国軍は逃げの一手になるのですが・・・
yugudora-24-2.jpg
恐ろしいガルカーサが追いかけてきます。
GBA版では、ステータス、ジェノサイド、そして”HIGH"状態なので恐ろしく苦戦した覚えがあります。
プロテクトがかかっているので、スティールで盗む必要もあるんですけれどね。

逃げようとする王国軍の後方で・・・
yugudora-24-3.jpg
アイギナが退路を塞いできます。
前方では、それはもう恐ろしい強さを持つガルカーサが追いかけてくるため。
プレイヤーにも、絶望感を与えてきたことに覚えがありますね。

またまた絶体絶命の危機だったのですが・・・
yugudora-24-4.jpg
エレナの崖からの狙撃により、アイギナは撤退します。
この時、アイギナは片目を射抜かれることになり、それはまた後の話で、分かりますね。
退路が開かれるので、王国軍を脱出させてクリアとなりますね。

ただ、PSP版では、ガルカーサと武器の相性で互角になれるミステールがいます。
前記事でも紹介したとおり、ステータスでも上回ってしまったので。
もはや、普通にガルカーサを倒せてしまうんですよねw。
yugudora-24-5.jpg
さすがに、最初に戦った時ほどの苦戦はありませんでした。

ユグドラ救出完了!
これで、救出編は終りとなります。

ユグドラ・ユニオン 黒騎士レオン 

ユグドラ・ユニオン PSP版。

4-10
贖罪の門へ。
そこでは、帝国を裏切ったエレナが一人奮闘しているのでした。
yugudora-23-1.jpg
弓兵だしね、さすがに分が悪いです。
すかさず援護に向かいましょう。

多人数でのユニオン!
投石機もユニオンに含まれているので、一気に有利ですね。
yugudora-23-2.jpg
相手のHPである士気も対して高くはないので。
一気に殲滅できてしまうと思います。
yugudora-23-3.jpg
エレナの武器が弓であるため、こちらの攻撃さえできれば、大抵勝ててしまうのが、メリットですよね。
ステータス的にはGENが低めに設定されているだけで、優秀です。
yugudora-23-6.jpg
どこぞのハンターさんとは、大違い。

いつの間にかミステールとミラノのステータスがやばいことになってきてます。
全カンストまで、遠くはないステータス。
yugudora-23-4.jpg
ミラノにおいては、ATKがMAXまで伸び切ってますからね。
yugudora-23-5.jpg
当面は・・・というか。
最後までエレナの育成のみとなってしまいそうですw。

黒騎士レオンとの最後の戦い。
yugudora-23-7.jpg
この戦闘で、五頭竜将の一角が始めて戦死します。
前述した二人のステータスを見たら・・・
きっと、レオンも震え上がることでしょうねw。

ユグドラ・ユニオン 嘆きの谷 

ユグドラ・ユニオン PSP版。

4-8
マルドゥークの大森林を超えた先。
かつて、魔導大戦の跡地であり、草木の生えない、死んでしまった地。
贖罪の門と呼ばれる場所で、ユグドラを処刑しようとしていることが分かります。

王国軍は急いでユグドラを奪還しようと、”嘆きの谷”へ進軍するのですが・・・
立ち塞がるは王国軍、暗黒騎士レオン。
yugudora-22-1.jpg
強行した結果、罠にかかってしまいます。

後ろにはジルヴァ、前方にはレオンと同じ五頭竜将であるエミリオが待機して・・・
進むにも引くにも出来ない絶体絶命の危機
そんな時に・・・
(画像は私の陰が移ってしまっていたので、消しました\(^o^)/)
今まで、ジルヴァと一緒に行動していたエレナの裏切り。
これにより、王国軍は窮地を脱します。

裏切り者として、エレナはジルヴァに追い詰められるものの・・・
ミラノがエレナを助けることに成功します。
エレナの目的は、兄である暗黒騎士レオンを止めること。
この時点ではまだ仲間になりませんけれど、帝国軍を止めるために、別行動となります。

4-9

死の大地へ。
決戦前の静けさと言ったマップです。
yugudora-22-4.jpg
連れ去られたユグドラを探すため、幾つかの街を訪問していきます。

ここで敵のグリフライダーをフレイムで倒すことにより、入手できるアイテム。
グリフグリルゲット!
yugudora-22-5.jpg
焼き鳥だ!美味しそうw。
ストーリーで一回しか入手することは出来ませんけれど。
ドーピングアイテムなので、有効に使うことができますね。

それと、ここでは珍しくスキルカードがドロップしています。
yugudora-22-6.jpg
飛島ができていて、明らかに怪しい地形。
ワープシューズを使わないと入手できない場所においてあります。
ほぼ、対ガルカーサ専用となるドラゴンキラー。
歩数もまあまああるので、育てておいても損はないカードですね。
MVPを気にしないで、カードを使うことが多くなるプレイならば、使う機会は出てくるはずです。

ユグドラ・ユニオン 夜襲の人 

ユグドラ・ユニオン PSP版。

4-5
連れ去られたユグドラを追って、マルドゥークの大森林へ。
レネシー山脈と同じように、ここでも帝国軍を迂回するような、進軍となります。
特に書くことも少ないので、3マップを一記事にまとめてしまいます。

パメラさん、登場!
yugudora-21-1.jpg
シリーズでの皆勤賞だとか!
PSP版では仲間になるんですけれど、それは二週目限定。
専用BGMが好きなので、使ってみたかった分だけ、残念です。
もし、二週目ハードをやることがあればその時に・・・(望み薄

ここのマップも移動だけして脱出で終わりなので、簡潔に。

4-6
ユグドラ・ユニオンでの屈指のネタキャラであり、最弱キャラかつ、空気キャラ!
クルスの登場です、通称”夜襲の人”。
初見では、仲間にできず、通り過ぎてしまったんですけれどね。
yugudora-21-2.jpg
何が弱いというと・・・

・弓兵で反撃を受けにくいのに、GENが高めと、ミステール並のステータスの低さ
・昼が得意 ←夜のマップが多い上に、サンクチュアリあればOK
・森林地帯が得意 ←森林地帯なんてほとんどない
・同じ弓のエレナと違い、専用スキルがない

なぜ、”夜襲の人”と呼ばれているのはと・・・
昼が得意なのに、”夜襲しよう”の台詞からw。

ほんとはね、イケメン金髪キャラだから、今回育てようかなって思ったんだけれどね。
yugudora-21-3.jpg
折角、PSP版だから、PSP追加キャラのミステールを使いたいと思って。
ドーピングはミステールに流れることになるので、諦めてしまいました・・・
今回のプレイは、ユグドラ、ミラノ、ミステール、エレナ・・・と。
完全、ガチキャラでの構成となってしまっています。

でも、戦闘BGMは本当にカッコイイんだよ・・・
yugudora-21-4.jpg
ラッセルといい、通常のプレイに使われないキャラのBGMがとにかくカッコイイ。
このBGMをもっと多く聞きたいって思ってしまうんですけれどねw。
スマホに入れておくことにします。

4-7
さて、クルスへの愛を語ったところで・・・
次のマップも4-5と同じように、脱出するだけなので省略。
yugudora-21-5.jpg
世界樹の葉なんて入手すると。
誰か一人、復活できるのかって、思ってしまいますよねw。

FEif 感想 

ニンテンドー3DS「ファイアーエムブレムif」の感想です。

ifの3ルートを、全てクリアできました。
最終感想に移りたいと思います。

ゲームとしては、良作なのですが・・・。
しかし、FEというハードルが高いシリーズなだけあって。
残念な結果になってしまったと思います。

特に酷いのはストーリー。
本筋は決して悪くはないと思ってます。
二つの国が戦争していて、背後に暗躍している国がある。
別々の3ルートの分岐があるのも、決して嫌いではないのですが・・・
世界観の見せ方が、余りにもお粗末でした。

重い話のはずなのに、全体的に軽いように感じてしまいます。
これは、私が世界観に浸ることで、感情移入できていないから。
物語の背景や人物の過去を説明することもなく。
ただ、表面だけで物語を組み立てているものだから、浅いストーリーとなってしまっています

また、キャラのラノベのような浅はかな設定。
ポケパルレのような、人の顔を撫でまわるシュール差。
主人公の行動そのもの、など。
世界観自体が構築できていないように思います。

それでも、ゲーム性については、寧ろ、よく出来ていると言えます。
・これまでのFEにはない、ファンタジー世界を存分に活かした、斬新なマップギミック。
・チェンジプルフによる、成長率変化とスキル習得による、キャラの育成。
・武器が壊れなくなり、よりお手軽にプレイできるようになったシミュレーション。
古参のエムブレマーの私にとっては、あまり”認めたくない”ものの。
それでも、面白いなって、思ってしまった部分でした。

でもね、やっぱりファイアーエムブレムのシリーズとしてみたら、物足りない感は否めませんね。
ストーリー、BGM、ゲーム性。
全て良かったと思える、過去のFEが、私にとって完成されすぎていたのかもしれないです。
FEifをもう一週するぐらいなら、他のFEをやりたいと思ってしまうのも。
仕方のないことなのかもしれないですね。

透魔 エピローグ 

ファイアーエムブレムif インビシブルキングダム。

エピローグ
王が居なくなった、透魔はカムイが治めることになりました。
touma-29-1.jpg
血縁を辿れば、透魔の王族ですからね。
・・・というか、そもそも狭間の世界にある透魔って、本当に”国”としての機能があるのかどうか。
いまいち、飲み込めません。
このカムイが治める透魔は、現実世界に建国されたのは確かみたいですけれどね。

エンディングムービー入ります。
ムービー中は撮影ができないので、言葉だけで。
白夜王国と暗夜王国の、永久不可侵条約の締結。
リョウマとマークス、レオンとタクミ、ヒノカとカミラ、サクラとエリーゼ。
それぞれ、王族同士で話し合ってるのが印象的ですね。
・・・今回のプレイでは、マークスとヒノカは夫婦なんですよ!
ちょっと、白々しいですよ!あなた達!

しかし・・・トラキアやSAOのアリシ編外伝の話をみたいに。
白夜王国と暗夜王国では、土地の豊かさに差がある限り。
また、争いが起きる時が来てしまうようにも思えますね。
しかし、少なくとも戦友となったリョウマやマークスの世代では、戦争が起こることはない。
ハッピーエンドで、透魔ルートは幕を閉じることとなりました!

戦績
私のプレイ日記では、いつものMVP賞です。

5位 シグレ 99勝
タクミとアクアの息子、シグレ。
ペガサスナイトと、飛行系が多い子世代において、被りやすいのが残念でした。
そもそも、アクアの息子をどうしてペガサスにしたの・・・w
男のペガサスがどうしても好きになれないのは、私の偏見かもしれないですw。
結局はバトラーにして、最後まで使ってました。
スキル自体に強いものはなかったのですが、それでも素のステータスが高く、使いやすかったですね。

4位 キサラギ 128勝
同じくタクミとアクアの息子。
メイン、スナイパーとして大活躍してくれました。
耐久力は低いのですけれど、力と速さに優れて、後衛としての役割を全うしてくれました。
GBAや蒼炎暁と違って、ifでは殲滅力を問われるケースが多いです。
アクアの再行動によって、二体を葬ってくれる火力は信頼することができました。

3位 マトイ 135勝
ツバキとオボロの娘。
ステータス的には大きな強さはなかったんですけれど・・・
いつの間にか、勝数を稼いでいたような、そんな感覚w。
やたら変な個性が着いてるキャラが多いifにおいて。
希少なまともの人間のように思えますw。
容姿の良さもあって、子世代の中では人気がありそう。

2位 ヒサメ 141勝
ヒナタとカザハナの息子。
ifにおいて、白夜の侍系統は本当に使いやすいです。
侍と剣聖のスキルは、どれも優秀で最後まで使えるものばかり。
また鍛冶のスキルの”槍殺し”を覚えさせることによって。
剣しか装備できないデメリットも、緩和することができます。
終盤では、キルソード+鬼神の一撃(必殺+20)により。
スコアを大幅に稼いでいましたw。

一位 カムイ 299勝

途中から子世代をパーティに入れて、一新してますからね。
最初から最後まで戦うカムイが一位になるのは、当然でした。
今回、魔力カムイということで、使ってきましたが・・・
やはり竜石自体はあまり使用することもなく、終わってしまいました。
魔法自体は優遇されていないifですが、ジェネラルやグレートナイトが硬いため、重宝します。
無料DLCの魔女に転職したため、ワープが非常に便利で・・・
困ったら、カムイのワープでOKという、難易度が崩壊していたようにも思えますw。

透魔 竜ハイドラ 

ファイアーエムブレムif インビシブルキングダム。

第28章 透魔竜ハイドラ
一旦、ハイドラを押さえ込むものの・・・
唐突にガロン王登場!
そういえば、こいつの存在を今の今まで忘れてました\(^o^)/
touma-28-1.jpg
このガロンも操られているだけなんだろうけれど・・・
元の王が、マークスのいう忠誠を仕える王には、まるで見えないですね。

ハイドラが真の姿を表しました。
透魔竜ハイドラ
魔竜ギムレーのような・・・絶望感はありますね。
touma-28-2.jpg
折れたりしません!
さあ、最終決戦です。

準備画面ではセーブができないため、念入りに。
やり直すとなると、前章からのスタートとなります。
ここでチェンジプルフを使うと・・・
touma-28-3.jpg
後ろにハイドラが見えるため、大変シュールな光景になりますw。
後、上忍のミドリコちゃん、可愛い(・∀・)。

さあ、最終マップの攻略です。
まずは周りのザコ敵を蹴散らしてから。
暗夜の終章のように、範囲攻撃を持っているわけではないので。
ハイドラを無視して、殲滅してしまえばいいです。
無限湧きみたいですけれど、狭いマップなので、出てきた瞬間に、消してしまいましょう。

VS透魔竜ハイドラ

まずは支えている両手から。
touma-28-5.jpg
特殊なスキルもなく、ダメージのみの攻撃であるため。
急がずにダメージを蓄積させていけば十分です。
touma-28-7.jpg
戦闘画面は、カメラ視点がちょっと特殊な位置に。
カットインが入ると、見えなくなっちゃうかもw。

両手を倒したら、顔面へ。
touma-28-4.jpg
謎の球体のようなものが見えてます。
あれは、コアなのかな。
馬神・午の魔法を使うと、ハイドラがどれだけ離れているかが分かりますね。
これでも近接武器でダメージを与えられるのが不思議ですw。

ドラゴンを撃破すると、コアが露出。
touma-28-6.jpg
攻撃範囲が5マスになる違いはあるものの。
特に、攻撃パターンが変わるわけではないので、削りきってしまいましょう。
touma-28-8.jpg
魔防が高い魔法カムイにとっては、脅威ですらないですからねw。
ラスボスの攻撃すら、たったの10ダメージと、かなり余裕があります。

透魔 王ハイドラ 

ファイアーエムブレムif インビシブルキングダム。

第27章 埋もれ狂い果てて
これが・・・物語の元凶にして、黒幕のハイドラ。
touma-27-1.jpg
(ノ∀≦。)ノプッ だっさ!!!
なんでこんなイラストにしたのでしょうね。
壊れる前・・・
狂い果てる前は、優しい王様であったことを示しているのでしょうか。

ここからは・・・
いつものパターン
touma-27-2.jpg
ハイドラの攻撃に為す術もないカムイ軍。
一度はヤラれるのですが・・・
touma-27-4.jpg
全ての神器が共鳴することによって。
touma-27-5.jpg
夜刀神が覚醒し、ハイドラへ対抗できるようになります。
夜刀神・終夜は白夜と暗夜の夜刀神の融合。
力、速さ、守備、魔防に+4するという、最強の装備になってます。
今回は魔力装備なので、力の恩恵はないものの、それでも強い・・・

さて、マップ攻略。
前回のギュンターを倒したときと全くの同じマップ。
敵の数が多くなってるかな。
touma-27-6.jpg
もう面倒くさいので、こんな障害物のない広大なマップなら。
リザイア一人で事が足ります。
夜刀神により守備と魔防が上昇しているので、より安定するようになりましたね。

ボスもまだ一段回目なだけあって、楽勝楽勝。
touma-27-7.jpg
touma-27-8.jpg
HPは高いものの、ハードだからか特殊なスキルがないため。
ターンさえあれば、安定してダメージを与え続けられると思います。

透魔 誰からも信頼されないカムイ 

ファイアーエムブレムif インビシブルキングダム。

第26章 我が名は透魔王
とうとう、透魔城の玉座まで辿り着きました。
敵からの範囲攻撃に怯む、カムイ軍。
しかし、何故か、カムイとアクアには攻撃が来ませんでした。
それを理由にギュンターは・・・
touma-26-1.jpg
透魔の血を引く、カムイとアクアが黒幕だ!・・・と。
リョーマ「・・・まさか」
マークス「馬鹿な・・・」
これまで、「兄様信じてください!」と言い続けてこれまで来たカムイは・・・
全く味方に信用されていないという、悲しい事実が判明
特にリョーマ・・・あなたは全面的に信用するって言ってたでしょw
臣下ですらない人間に疑惑をかけられただけで、揺らいでるのは、王の資格を疑いたくなります・・・

と、まあ。
ここからはカムイの謎の推理によって、ギュンターが黒幕だということが、判明するんですけれどね。
touma-26-2.jpg
ダイジョーブです、もう引き裂かれました(^q^)
このゲーム。
人を信じる大切さを伝えたいのか、よく分かりません\(^o^)/
touma-26-3.jpg
それでも、ギュンターを信じようとするカムイ。
ここまでお花畑だと・・・
もはや狂気を感じるぐらいですw。
馬鹿という問題じゃないよw

ギミックとしては、増援箇所を龍脈で防ぐというもの。
永続的に塞ぐものではないので、ターンで解除されてしまいます。
touma-26-4.jpg
でも、増援の数自体は少ないので、無視できるレベル。
もしかしたら、ギミックに反して、無限増援ですらないかもしれないです。

撃破後、流れ的にギュンターが死ぬのかなと思ったんですけれど。
touma-26-5.jpg
ギュンターが切腹するシーンが見られましたが、なんとか、生きていました。
透魔国の王、ハイドラに乗り移られていただけ。
共通部分にて、橋から落とされたときから、操られていたみたいですね。
ギュンターが罠を見破る時など、優秀なところがありましたけれど・・・。
意外と、ハイドラも楽しんでた説があるのかも?

透魔 VSスメラギ 

ファイアーエムブレムif インビシブルキングダム。

第25章 魔剣士再び
敵の本拠地にて・・・謎の分散。
touma-25-1.jpg
カムイについても、アクアについても、国の王女なのですよ?
サクラには、エルフィとハロルドのお付きが着いてるように・・・
軍で行動しているのだから、一人きりになるのはまずあり得ないように思えてしまいます。


そして、何者かに襲われるカムイ。
目が覚めたら、ギュンターに助けられていました。
touma-25-3.jpg
襲撃者
の逃げた方向には、アクア一人しか居なかった・・・と。
アクアを疑うように仕向けるギュンター。

いやいやいやいやいやいやいやいやい(
この透魔国に連れてきたのがアクアというこtで、黒幕はまずあり得ないことです。
頭お花畑で、自分で考えるということができないお姫様は・・・
ギュンターを疑うということが出来ないのか。
お花畑どころか、ハッピーセットだよ、もう!

さて、ボスラッシュ&お別れラッシュが続いています。
お次の悲しい(笑)ボスは白夜の元王族スメラギ。
序盤で、ガロン王からの攻撃を庇ったシーンで、後ろ姿だけ出てきましたね。
touma-25-2.jpg
うっわ・・・悪そうな顔。
ぶち殺したくなりますね
戦闘時だけでも、実は元の意識を保っていて・・・
無理やり戦わされてる感を出したほうが、感情移入しやすそうな気がしますけれど。

ギミック自体は、移動床なので。
touma-25-4.jpg
とりわけ、目新しいギミックではなく、ターン制限もないので、普通のマップ。
ifのギミックは斬新なものが多かったけれど。
さすがにネタ切れになってきた感じがありますね。

スメラギ戦。
touma-25-5.jpg
touma-25-6.jpg
スメラギには専用グラフィックで、カッコイイ。
でも、侍の癖して、二刀流w。
専用スキルとかつけて、常時二回攻撃とか、カリスマ溢れる強さにすればいいのにね。
ハードだから、余裕で倒せてしまいますw。

透魔 デスクリムゾン 

ファイアーエムブレムif インビシブルキングダム

第24章 在りし日の面影
お次は、序盤の共通部分にて。
戦争の兆しとなってしまった、母のミコト。
touma-24-1.jpg
カムイのことを味方してるといい・・・
これからのマップにて、青の扉を開くように、助言をしてくれます。

そして、戦わずに通り抜けること。
touma-24-2.jpg
今回のマップのプレイになりますね。
FEでいう、隠密プレイは基本的にわざと見つかって、出てきた増援でレベル上げというパターンがほとんどですけれど。
もう、正直早くクリアしちゃいたいので、戦闘を回避していく方針で行きますw。

赤と青の扉。
touma-24-3.jpg
ミコトの助言通り、青の扉を選んでいけばOK。
間違えた扉を開くと、ダメージを受けてしまいます。

三つ目の扉で、ミコトは赤を開けと言われますけれど・・・
実は罠であり、青の扉を開くこと。
touma-24-4.jpg
最初のミコトが本物だったのか。
マップ中のミコトが偽物だったのか。
真偽については、よく分かりません・・・
そもそも、このゲームのストーリーに意義を求めること自体が間違ってるように思えます(´ヘ`;) 

シャンメイに続いて、またもや母と子の分かれ。
touma-24-5.jpg
ミコトは二度死ぬ。

透魔 青髪おばさん 

ファイアーエムブレムif  インビシブルキングダム

第23章 眷属シェンメイ
透魔城、玉座を目指して。
プロローグです。
touma-23-1.jpg
”裏切り者が中にいる”
頭お花畑、信じてる厨のカムイにとって。
とても、受け入れがたい事実なのかもしれないです。

さてさて、透魔ルートもいよいよ終盤。
今回のマップでは、アクアの母、シャンメイとの最後の決戦ですね。
touma-23-2.jpg
ギミックは”移動する床”。
基本的に防陣で動くので、ユニット自体は少ないしね。
ターン制限があるわけではないので、ゆったりと床を待てばいいだけ。
ギミックと機能していないマップのように思えます。

おっと、唐突なクリムゾン先生。
プロローグでも、伏線は張られていたけれど・・・
実際に戦闘になるまで、気づきませんでした\(^o^)/
touma-23-3.jpg
レイプ目になってるのが、痛々しい・・・
でも感情移入はできないのは、ただ、マップで配置されているだけで、印象が薄いからかも。

経験値は美味しいんだけれど・・・。
touma-23-4.jpg
進軍が早すぎたのか、増援が追いついてませんでした。
こんな床だし、戻るのも面倒くさいので、ちゃっちゃとクリアしてしまいましょう。

エピローグでは、悲しい悲しい母と子の分かれ。
touma-23-5.jpg
しかし・・・
シャンメイについては、一切、過去の回想すら用意されていません
どんな人なのか、全く想像できず・・・
置いてきぼりにされるプレイヤー達。
私には、シャンメイなんて、変な青髪おばさんにしか、見えないですw。
そのセクシーな服・・・年増のくせに無理すんな(#^ω^)

透魔 ヒサメとの結婚 

ファイアーエムブレムif インビシブルキングダム。

第22章 母の記憶
ここから立ち塞がるのは、アクアの母。
シャンメイ
touma-22-1.jpg
今まで名前しか出てこなかったのに・・・
その髪型と格好と、おばさんオーラで、プレイヤーを困惑させたこと間違いなしでしょうw。

マップは・・・うん、特に書くこともない普通のマップ。
これまでにも幾つかあったとおり、龍脈は障害物を消して、道を作るものですからね。
touma-22-2.jpg
私が一番困惑したのは・・・
前章で、透魔国に侵入したんじゃなかったっけ( ゚д゚)
うん、異次元だから何でもありだね。
死者も復活するし、何でもありだね。

ここで、カムイは結婚しましたー
touma-22-3.jpg
結婚相手は、ヒサメ。
魔力カムイとは相性が悪いのですが、私の好みです^^
しかし、漬物一つで結婚するとは、支援会話も程度が痴れてるように思えてしまいます。

外伝 竜の血がもつ宿命
最後の仲間、カンナを仲間に向かいます。
touma-22-4.jpg
このマップは、もう三回目となりますねw。
今回のプレイでは、顔イラストありのキャラは全て捕獲しているので。
ホルモンとウィリアムを捕獲しておきます。

二人で攻陣組んでると、何ともシュールな光景・・・
チープな3Dだから、筋肉が見えなくて、弱そうに思えますねw。
touma-22-5.jpg
エポニーヌが感激しそうな光景だなあ・・・

透魔 さも当然のように 

ファイアーエムブレムif インビシブルキングダム。

第21章 進むべき道
とうとう来ました・・・そろそろ最終決戦も近くなってきました。
透魔国の王城、ロウラン。
touma-21-1_20170331231804442.jpg
確かにこんな崖の上にあるお城は、難攻不落で間違いないのでしょうけれど・・・
この世界に攻め込んできた軍なんて、いるのかしら?

”ロウランには隠し通路がある!”
なんて、甘い言葉に、すんなり騙されるカムイ。
touma-21-2_20170331231806ffe.jpg
うん、知ってた\(^o^)/
歴代主人公の中で、間違いなく・・・というか、ダントツで突き抜けて。
おバカな主人公になるでしょうねw。
二位はクロムな予感。

しかし、タクミとレオンが駆け付けて、カムイの暗殺に失敗。
ロンタオは作戦の失敗により、ノスフェラトゥにされてしまうのでした。
touma-21-3_20170331231808a78.jpg
ううむ・・・あっさりストーリーが進行してしまったけれど。
余りにも、酷い仕打ち。
今まで見てきたノスフェラトゥは、もしかしたら、透魔国に逆らった者たちの成れの果てなのかも。

さて、マップ攻略へ。
touma-21-4_20170331231809b08.jpg
???
説明見ても良くわからないけれど・・・
なんだ、変身って。

簡単に言えば、青いマスの上の敵ユニットは弱体化するよーってこと、でした。
touma-21-5.jpg
touma-21-6.jpg
戦って倒しても、経験値は上級職のままみたいなので、美味しい。
ただ、まあ腐ってもハードだし、そんな敵の数も多いわけじゃないので。
ギミックに関係なく、普通に進軍してクリアしてしまいましたね。

さすがは本拠地。
武器レベルSのレア武器も手に入りますね。
touma-21-7.jpg
・・・クラスチェンジを繰り返して、スキルばかり習得させるてるから。
武器レベルSが居ないのも事実(`;ω;´)
これまでのFEと比べて、武器が壊れないので。
武器レベルの上昇度が遅いんですよね・・・

透魔 写し身の世界 

ファイアーエムブレムif インビシブルキングダム。

第19章 滅びの街
透魔城を目指して進んでいたところ・・・
touma-20-1_20170331221347ea2.jpg
民間人っぽい人から、助けを求められました。
・・・というか、普通の人済んでるんですね?
一応、透魔”国”ですからね。
陰っぽい兵士以外の人も住んでいるのでしょう。

暗夜ルートにもありましたけれど。
全く隔離された空間が二つ用意されていて、片方は写し身で進んでいくマップですね。
実体の方は、離脱箇所がすぐ近くに用意されてるので。
アイテムを入手するために、写し身の方で進んでいくことがメインになります。
touma-20-2_2017033122134904c.jpg
無料DLCで手に入る”ワープ”のスキルはここでも大活躍。
写し身の方でも、飛んでいくことができます。
主人公が二人で分身して戦ってますσ(・ω・*)

HPは暗夜同様に共通しているので・・・
touma-20-3_2017033122135009a.jpg
動かし終えた本体のほうで回復しておくと、手間が省けます。
ベロアさんて、赤ずきんを思い出すんですけれどね。
お婆ちゃんを真似してる狼・・・?

第20章 疑惑の種子
先程助けた、ロンタオという少年。
touma-20-4_20170331221352506.jpg
いつも通りといえば、いつも通り通り。
カムイはロンタオを信じて、透魔城を目指していきます。

このマップのギミックは、ターンごとに足場が移動するというもの。
touma-20-5.jpg
RPGやアクションゲームなんかは、よく見かける移動床。
ファイアーエムブレムでは、これが始めて・・・
というか、ファンタジーの世界ではあるけれど、ここまで物理法則を無視した世界も。
FEifの特徴の一つなのかもしれませんね。
それが、決して良いとは思わないですけれどね。

ここから、パラレルプルフが使いたい放題となります。
touma-20-6.jpg
ifの数少ない面白い部分は、スキルの考察だと思いますからね。
どのキャラにスキルを覚えさせていくのか、計画を立てておくといいかも。

透魔 狭間の世界へ 

ファイアーエムブレム インビシブルキングダム。

第18章 見えざる王国

暗夜と白夜の軍勢が勢揃い。
透魔国へ行くためには、橋から飛び降りるという、自殺行為をしなければなりません。

主人公のカムイは、自らを犠牲にして・・・
透魔国のことを話して、水の泡になったとしても、透魔国について、信じてもらおうと、試みました。
・・・ただの世間知らずお姫様じゃなかったんだ( ゚д゚)
唯一、カムイが切れると思った瞬間でした。
唯一です!

さすがに、カムイが居なくなったらストーリーが進まないので・・・
リョーマは、”ここまで来たんだ、カムイのことを信じている”と。
全面的に、信頼してくれています。
この言葉、よく覚えておいてくださいね・・・
touma-19-1_20170329195038e55.jpg
そんな、話の流れで、透魔国、インビシブルキングダムへ。

ムービー入ります。
ほんと、唐突な流れ。
touma-19-2_20170329195039337.jpg
ク、クリムゾンさーーーーーーーーん!
何者かに襲われて、殺されてしまいました。
ここで死者を出すという、タイミングがよく分かりませんw。

悲しみを乗り越えて・・・
というか、あっさり頭を切り替えちゃって。
透魔城を目指して、進行しています。

ここ、インビシブルキングダムは浮遊する島だったりと。
物理世界を超越した、何かがある国です。
touma-19-3_201703291950410ce.jpg
ここのマップは各種の龍脈を起動して。
中央のボス部屋へ、移動できるようになる仕組みですね。
・・・それぐらいで、特にゲームについては書くことはないです。

透魔竜は死者を操る。
touma-19-4_201703291950429ad.jpg
いろいろと、フラグが乱立してきます。
そもそも、冥界の竜なのか、何なのか・・・
このifの世界は、中世ヨーロッパの世界から大きく飛躍しすぎて、世界観があやふやになってきますw。

透魔 子世代名鑑 その④ 

ファイアーエムブレム if インビシブルキングダム。

これで、ラスト!
結構、纏めてると、長くなって疲れてしまいますw。
でも、楽しい(・∀・)。

オフェリア
オーディン×オロチ
touma-21-1.jpg
オーディン×エルフィ(暗夜ルナ)
feif-40-1.jpg
ダークマージである以上、黒髪の方が似合いそうです。
性格上は厨ニ感が感じられる金髪でも、マッチしそうですねw。
専用武器持ちと、子世代の中で優遇されてるオフェリア。
ダークマージの特徴として、服の露出度が高くエロいのも、特徴的ですねw。
カップリングは透魔限定の魔法使い同士。
魔力ががんがん伸びるため、リザイア使いにはもってこいですが、耐久力が頼りないかもしれないですね。

ソレイユ
ラズワルド×ルーナ
touma-21-2.jpg
ラズワルド×ベルカ
touma-21-4.jpg
髪の色は・・・なんだろうw。
何でも似合うような、顔をしているように思えますw。
父親に似て、ガチレズなソレイユ、百合を通り越して、レズにしておきますw。
カップリングはこれまた王道でしょう。
覚醒の子世代組、アズール×セレナ。
覚醒からは、他にもオーディン(ウード)が居ますけれど、あちらは魔力なので。
組み合わせ的には、この二人が一番やりやすいと思います。

エポニーヌ
ゼロ×セツナ
touma-21-3.jpg
三つ編み・・・盗賊なだけ合って、なるべく地味の色のほうが似合いそうな気がします。
こう全身絵を見ると、オフェリアに続いて結構エロい格好をしているように思えます。
それに、戦闘中のエポニーヌの弓打ちは脇フェチが歓喜しそう(
カップリングは、今までで一番のミス組み合わせな予感w。
透魔限定なんだけれど、全く相性が悪いようにも思えてしまいます。
弓同士とだけで、組み合わせて見たのが、ちょっと間違いだったかもw。


ふう・・・これでおしまい!
唯一、仲間になってないカンナはまた後日ですね。
ようやく、ストーリーに戻っていきますw。

透魔 子世代名鑑 その③ 

ファイアーエムブレム if インビシブルキングダム。

フォレオ

レオン×ニュクス
touma-20-1.jpg
レオン×カムイ(暗夜ルナ)
FEif-42-4.jpg
ドレッドヘアーなだけ、黒色でも似合いそうですけれど。
女性のようにオシャレをする性格ならば、父と同じ金髪の方が似合うようにも思えますね。
最初のレオンが隠したくなるような、びっくりする性格。
性同一性障害かな?、レズ性格のソレイユと、結婚させてあげたいですよね。
・・・・この子がブリュンヒルデを継承する姿が想像できませんw。
カップリングは、魔力同士の組み合わせ。
魔力が伸びやすい成長率になるので、無駄が少ないカップリングだと思います。

イグニス
ブノワ×シャーロッテ
touma-20-2.jpg
西洋的な髪型。
父親の数少ない髪の色が金髪なだけあって、よく似合ってるように見えますね。
カップリング理由は・・・ブノワみたいなおっさんが、似合うのがシャーロッテぐらいしか思い浮かびませんでした!
でも、支援会話見てると、もともと仲のいい暗夜軍兵の組み合わせで王道だったかも。
どちらの親も育てたことがないから、よく知らないんですけれどね。
暇があったら、支援会話集に目を通しておきたいと思います。

ベロア
フランネル×リンカ
touma-20-3.jpg
キヌ同様に、髪の色が一部だけ継承されます。
リンカの髪の色が白いので、分かりづらいですけれど、微妙に違っています。
目立たないので、なかなかいい組み合わせのように思えました。
カップリングは、地味に透魔限定。
髪の色が両親似ているし、リンカが女性の中で、野生っぽい(失礼)なので、組み合わせてみました。
ベロアもそうだけれど、人狼の戦闘シーンが好きじゃないので残念です。
戦闘エフェクトも長くなるのがデメリット。
ベロアを育てるならば、人狼だけはやめたいなって思いますね。

ルッツ
ハロルド×エルフィ
touma-20-4.jpg
スーパーマンやヒーローはやはり金髪の方が似合います。
ただ、ハロルドもそうなんだけれど、FEの世界観でアメリカン的、ヒーローというものはどうしたことか・・・
ショタ系で可愛いんだけれどね。
世界観にマッチしてない辺り、あんまり好きじゃなかったりします。
組み合わせは、エリーゼの新鋭同士の、所謂、王道ですね。

透魔 子世代名鑑 その② 

ファイアーエムブレム if インビシブルキングダム。

キヌ
ニシキ×ピエリ
touma-19-1.jpg
狐耳のせいか、金髪は固定で、一部だけ、髪の毛が遺伝されるみたいです。
髪の色を統一させるなら、金髪を遺伝させるのが一番似合うかも。
組み合わせの理由は、ピエリが頭おかしい獣のような殺人衝動があるから・・・
今のところ、支援を全部見たわけではないですけれどね・・・。
暗夜軍は紹介文を見ただけで、本当に仲間か・・・って思うプロフィールが多いですよね。
ちなみに、キヌとピエリの支援会話は、到底ピエリとは思えない母親になってますw。
テンプレをいじってるだけだから、仕方ないか。

ヒサメ
ヒナタ×カザハナ
touma-19-2.jpg
白夜の侍同士の組み合わせ。
安定と信頼の黒で、よく似合っている髪です。
今回の子世代で一番好きなキャラかな、結婚しよ。
カップリング理由は、お互いに強くなろうと努力する組み合わせ
結構、王道なカップリングな気がしますw。

ミタマ
アサマ×フェリシア
touma-19-3.jpg
お嬢様なミタマには、意外と似合っている優しい色になったなって、思います。
そもそも、意味☆不明なアサマから、どうしてこんな、別の意味で意味☆不明な巫女が生まれたのか・・・w
こんな引きこもりな子供を、とりあえず戦場に出すんじゃありませんw。
カップリング理由は余り物同士なので、ありません><
王道そうなジョーカーフェリシアは、ジョーカーがカミラに盗られたため、なくなりました!

マトイ
ツバキ×オボロ
touma-19-4.jpg
子世代の女の子の中では、一番好きなキャラかな。
ペガサスナイトだけあって、青い色の髪がよく似合っているように思えます。
容姿もなかなかの美人さんで、子世代でなければ、そこそこの人気が出そうな見た目をしていますね。
羽の髪飾りのことや、自分の胸のことを気にすることなど、どことなくティアモを思い出してしまいます。
ティアモに似せるならば、赤にするのが一番ですけれどね。

シャラ
ツクヨミ×サクラ
touma-19-5.jpg
ツクヨミ×カムイ(白夜ハード)
feif-18-5.jpg
シャラの性格上、やはり暗い髪の色が一番似合います。
覚醒のサーリャを見ても、やっぱり黒が一番かな?
同じ子供として、ツクヨミサクラはなかなかお似合いなカップリングのように思えます。
政略的にもね。
しかし、あのサクラの娘がこんなイカれた娘になるのは・・・考えづらいですけれどねw。
でも、シャラとサクラの支援は、チグハグになりやすい、母子会話の中でも、マッチしてるように思えますね。

シノノメ
マークス×ヒノカ
touma-19-6.jpg
悲しいかな・・・
真面目そうな顔には、ヒノカの燃えるような髪の色が、見事にもマッチしていませんでした\(^o^)/
地味そうな顔には、地味そうな色が似合いそうです・・・
カップリング理由は、インビシブルキングダム限定。
政略的に、暗夜王族と白夜王族に血を混ぜることで、互いに両国を気づきあげるためのものにしてみました。
リョウマ×サクラやカミラ、よりは、まだマシな組み合わせだと思ってますw。

透魔 子世代名鑑 その① 

ファイアーエムブレム if インビシブルキングダム。

子世代のカップリングと、髪の色について、各キャラごとに述べていこうと思います。
資料館の自軍名簿にある、番号順通りにいこうと思います。

ディーア
ジョーカー×カミラ
touma-18-1.jpg
ジョーカー×ルーナ(暗夜ルナ)
touma-18-7.jpg
根暗な性格上、黒のような、色のない髪型の方が似合いそうです。
ルーナの褐色も、なかなか様にはなっているように思えますね。
カップリングに関しては、カムイ厨なお二人のジョーカーカミラの関係が個人的にツボですw。
どの支援会話をとっても、カムイなことばかり出てくるお二人は、なかなか相性がいい組み合わせになっていると思いますね。
ただ、あの残虐なカミラの息子が、ディーアとは、なかなか考え難いですけれどw。

ゾフィー
サイラス×エリーゼ
touma-18-2.jpg
安定と信頼の金髪。
ディーアやシェラのような根暗キャラを除けば、ほとんどのキャラが金髪に合う気がしますw。
カップリング自体は、特に理由はなく・・・悪いことを言えば、余り物の組み合わせ(
エリーゼのような少女と合うようなキャラが、イメージ付かなくて・・・(ツクヨミはサクラ行き
王族なのに、結局、最後まで決まりませんでした\(^o^)/
ちなみに、サイラスを残したのは、白夜と暗夜、どちらも支援会話ができるので、調整しやすいからです。
後、ゾフィーは専用スキルのおかげで、服を剥ぎ取りまくる、痴女のように思えてしまいますw。

ミドリコ
スズカゼ×モズメ
touma-18-3.jpg
スズカゼ×カミラ(暗夜ルナ)
rouma-18-8.jpg
安定と信頼の黒髪
金髪同様に汎用性が高く、多くのキャラに合う気がするのは、日本人気質だからでしょうか。
特にミドリコは、白夜側の服しているだけあって、黒髪がよく似合っているように思えます。
カップリング自体は、実は早めに決定していまして。
スズカゼがどことなく、田舎っぽく感じるからでしたw。
田舎もの同士ならば、ブノワ×モズメでも、良かったかもしれないですね。
黒髪のイグニスも、悪くはなさそうです・・・ちょっと、白人顔ですけれどね。

シノノメ
リョウマ×カゲロウ
touma-18-4.jpg
元のリョウマが黒髪だから、当然似合っているようにも思えます。
白夜勢の服着てる子世代は、全員黒髪が似合いそう(
カップリングの理由は・・・主従愛、いいよ!主従愛!

キサラギ
タクミ×アクア
touma-18-5.jpg
タクミ×オボロ(白夜ハード)
feif-23-2.jpg
うん、白夜側の衣装なだけ合って、黒っぽい地味な髪の色の方が、似合っているように思えますw。
こうやって比較すると、アクアよりもオボロの方が、似合ってますね。
カップリング理由は、序盤のタクミとアクアの関係を見て・・・
支援により、信頼していくような内容を期待していたんですけれど。
実際には、最初からアクアにデレデレな、仲のいい姉弟でしたw。

ちなみに、アクアの息子のシグレは、髪の色が固定なので、割愛しますw。

グレイ
サイゾウ×ベルカ
touma-18-6.jpg
前作、覚醒をプレイしているならば・・・
ガイアと同じ髪の色である赤に近い髪型にしたくなりますね。
組み合わせは、透魔限定。
白夜と暗夜、お互いの敵同士の殺し屋が結婚するカップリング。
なかなか惹かれる愛だと思いますw。

BOW 感想 

ニンテンドースイッチソフト、「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」の感想です。

私はオープンワールドというゲームを初めてプレイしたのですが・・・
すごく自由度が高くて、楽しかった!
ストーリー自体は、いつでもクリアできるのだけれど。
サブストーリーを含めた、やりこみ要素が多く存在して、冒険することだけでも、わくわくして遊ぶことができました。

ゼルダらしさと問われれば・・・
今までのゼルダとは、形式に当てはまることはないので、ゼルダらしくはないです・・・
かつての謎解きの楽しさとは全く違うので、”謎解き”というダンジョンゲームでは、なくなっています。
オープンワールドというゲームを作る上での制約もあって。
ギミックを解くためのアイテムも、非常に少なくなっていますからね。

それでも、前のゼルダとは違って、別の意味で楽しいと言えばいいのでしょうか。
ダンジョン攻略に関しても、”攻略法”といった形式に捕らわれることもなく・・・
人によっては順序もばらばらで、一からギミックの在り処を探していくのも。
”自由”なんですよね。

反面、”ゲームとは縛られていることからこそ楽しい”という概念はありますから。
自由度が高すぎるゲームでは、”何をしていいか分からん!”という人もいるでしょう。
”ウォーリーを探せ”のような、時間を探索していくのが、面倒くさいと感じる人もいるでしょう。
オープンワールドというジャンルもまた、人を選ぶゲームなのかもしれませんね。

最後に・・・
私は武器が壊れるというシステムは、あまり好きではなかったかな。
見た目がかっこいい武器、気に入った武器は出てきます。
それでも、必ず壊れてしまうというのは、任意の縛りプレイもできないので、ちょっとさみしかったかなw。
ジャンルは全く違うものの、最近のファイアーエムブレムが武器を壊れなくして・・・
一方で、まさかのゼルダが武器を壊れるようにした・・・
面白い対比のように思えてきますw。

BOW 魔獣ガノン 

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド。

厄災ガノンを撃破後・・・
第二形態の魔獣ガノンがラスボスとなります。
bow-30-1.jpg
ここで、驚いのが・・・
まさかの馬!
ブレス・オブ・ザ・ワイルドでは、エポナのような固定の馬がなく・・・
馬自体が全く重要視されていなかったため、最後の戦いが馬上になるなんて。
予想もしていませんでした。

あ、これは分かってましたけれどねw。
bow-30-2.jpg
安定と信頼の光の矢!
ゼルダの存在意義。

ゼルダのナレーションにそって、光の矢で射抜いていきます。
bow-30-3.jpg
かなり簡単な部類。
bow-30-4.jpg
というのは、私が見たところでは・・・魔獣ガノンの攻撃が当てるように見えないぐらいw。
お前の銃口補正、どうなってるの?レベルの。
糞エイムのおかげで、ゆっくりと狙うことが出来てしまいました。

撃破!
bow-30-5.jpg
ガノンから開放されるゼルダ。
・・・100歳ババア!
リンクと同じように、年をとっていないみたいですけれどね。

エンディングでは、リンクとゼルダがハイラルを復興するために、動くシーンが出てきます。
bow-30-6.jpg
うーん・・・リア充してるなあw。
もう力を失ってしまったというゼルダ。
それでも、昔とは違って、”どうでもいい”と割り切っています。
ガノンを封印し、試練から開放されたからか・・・
リンクと一緒になることで、恋をしたからか・・・
後者だったらいいな(*´ω`*)

これで、ブレス・オブ・ザ・ワイルド!クリアでーす!

BOW 厄災ガノン 

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド。

では、ハイラル城本丸へ!
bow-29-1.jpg
以前来た時と違い、カースガノンとの戦闘はありませんでした。
神獣の内部で、倒してしまったからかもしれないですね。

ラスボス:厄災ガノン
bow-29-2.jpg
さあ、開放した神獣達の力を結集させる時!
bow-29-3.jpg
全ての神獣から、巨大な光の奔出。
bow-29-4.jpg
ガノンのHPを半分にまで、減らしてくれます。

・・・これだけ?( ゚д゚)
期待はずれ感はあるかも・・・
まあ、オープンワールドという都合上、神獣を倒していなくても、ガノンを倒せるような設定しなければならないので。
ダメージだけというのは、仕方のないことなのかもしれないですけれどね。
HP半減とか、なくてもあまり大差ないのは、事実ですw。

ここからは、本当のボス戦。
bow-29-5.jpg
攻撃パターンは多種多様であるものの。
回復アイテムを沢山用意してあるので、パターン化するまで、余裕で粘ることができてしまいました。
bow-29-6.jpg
問題は金剛を纒ってからでした・・・
最初、どうやったらダメージを与えるのか分からなくて・・・
もしかしたら、また神獣でも来てくれるのかと、期待してたぐらいw。
ウルボザの怒りで解除するなり、レーザーを跳ね返すなど。
ダメージの与え方に気づけば、元のパターンと同じになりますね。
bow-29-7.jpg
撃破!

ラスボス二段階目に続きます。

BOW 最後の記憶 

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド。

ウツシエの記憶。
全てゲットできました!
bow-28-1.jpg
カカリコ村のインパの元へ。

そこで、最後のウツシエの記憶を教えてもらいます。
bow-28-2.jpg
カカリコ村からすぐ近くの場所。
ガーディアンの残骸が多数ある場所だったので。
すぐに見つけることができてしまいました。

リンクの最後の記憶。
4つの神獣は全て乗っ取られて・・・
bow-28-3.jpg
多数のガーディアンに追いかけられる、絶望的な光景です。
昔の時代のリンクTUEEEEEEEEEEEE
現代のリンクなんて、ガーディアン一人と戦うのにも、一苦労だよ┐(´д`)┌

覚醒したゼルダと、死ぬ直前であるリンク。
ボロボロになったマスターソードが印象的でしたね・・・
bow-28-4.jpg
この後すぐに、リンクを蘇生されるために。
100年もの年月が過ぎ去っていったのでした・・・。

さて・・・では、ゼルダの伝説、ブレス・オブ・ザ・ワイルド。
bow-28-5.jpg
厄災ガノン討伐に向けて。 
クリアしてしまいましょう!
ハイラル城については、ウツシエの時に、クリアしてしまったので、ボス部屋まで進んでいくだけですねー

BOW ウツシエチャレンジ! 

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド。

まだまだ、オープンワールドでやり残したことはあります。
・・・キリがないんですけれどね。
それでも、メインストーリーは全てクリアしておきたい。

ウツシエの記憶
bow-27-1.jpg
ストーリークリアや道中で怪しいところは探してきたのですが・・・
まだまあ、残っている写真はありますね。
ある程度は、背景で検討できるウツシエはありますけれど(ハイラル城の位置とか)
さすがに、森の中なんて、全く思い浮かびません。

これは全くノーヒントというわけでもなく。
bow-27-2.jpg
ヒントを出してくれるイベントも用意されているみたい。
これも駆使して、がんばって埋めていきます。

最後は一番右の中央にあるお城。
・・・どうみても、ハイラル城内部ですよね。
bow-27-3.jpg
ハイラル城へ向かいます。

二回目のハイラル城!
bow-27-4.jpg
初期防具というわけでもないので、クリアもだいぶ楽になりました。
まず、即死じゃない!
ガーディアン自体は、古代兵装の矢を使わないと、結構きついので。
極力無視で進んでいきます。

城の内部を探索するのも、なかなか楽しい。
bow-27-5.jpg
敵が非常に強いんですけれどね。
蛮族の服を、最大にまで強化したわけでもないので。
ザコ敵の攻撃すら超痛いですw。
ハートは多いので、なんとかはなりますが・・・難しさは歴代のゼルダ、最高クラスかな?
ここで、入手できる武器も優秀なものが多いので、探索して拾っておきます。

ゼルダの部屋から、登っていたところで・・・
bow-27-6.jpg
最後のウツシエ、発見!
ガーディアンにロックオンされながらも、思い出にふけるリンク。
鉄の心臓かな?

BOW ライネル狩り 

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド。

ハイラルの三つの場所に。
迷宮の試練が合わせて、三つ存在します。
bow-26-1.jpg
右下のマップを見ればわかると思いますが・・・
内部はまさに迷路を通り越して、迷宮となっているので。
ちょっと、面倒くさいかも。

この試練では、蛮族の服シリーズを入手ができます。
bow-26-2.jpg
攻撃力UP効果!
非常に優秀な効果を持つので、メイン装備として使っていきたいです。
・・・見た目はあまり好きではないんですけれどね。
防具の強化には、ライネルが落とす素材が必要です。

ライネルとは、一度ストーリー上で戦いましたけれど。
ケンタウロスのような、モンスターで、ハイラルの各所に配置されています。
bow-26-3.jpg
攻撃力、耐久値、共になかなかなものなので、最初は苦労しますけれど。
攻撃パターンは少ないので、パターン化できてしまうと思います。
bow-26-4.jpg
場所によっては、落とす素材の種類が違うので・・・
強い場所にいるライネル程、レアな素材を落とすみたいですね。

他、素材だけではなく、ドロップする装備も強力なものばかり。
bow-26-5.jpg
この弓なんて・・・
威力20×5回!?
爆弾矢で使うと、いろいろ楽しそうですw。

回復アイテムについては、ゲルドの街で最適なものが買えます。
bow-26-6.jpg
マックスドリアン
料理素材にすることで、全回復するアイテムを作ることができます。
買っても時間が経てば、補充されるので。
今のうちに集めておくと、便利だと思いますね。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 11月 【18件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー