≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
2017年07月の記事一覧

多忙のため、お休み❤ 

忙しいの、お休みです!
明日もちょっと厳しいかもw
0時更新自体が間に合わないかなあσ(・ω・*)

トトリ VSフラウシュトラウト 

トトリのアトリエ plus

南側にあった南の聖域は、ムカデのボスモンスターが配置されていました。
現状、勝てそうもないボスなので、とりあえず放置。
正規ルートの航海の旅へ向かいます。

Sランクの海の素材ばかり。
物語終盤・・・って、あまりそんな気はしないんですよね。
だって、母を探すという旅が、今始まったばかりに思えてしまってw。

さて、母の船を沈めた怨敵、フラウシュトラウトの海域へ。
totori-16-1.jpg
当然、素通りというわけにもいかず・・・
totori-16-2.jpg
海の化物。
どちらかというと、ドラゴンっぽい?水竜?
フラウシュトラウトとのボス戦となります。

大津波を呼び寄せてきたりと、攻撃がド派手。
エフェクトの割には・・・
totori-16-3.jpg
全体に30ダメージと、対した攻撃力ではなかった感じがありますw。
先程聖域で戦った、”金色のムカデ”と比べたら、雲泥の差がありそうですね。

こちらの最大の手持ち火力はN/A!
totori-16-4.jpg
特性”大爆発ダメージ”に”大きな敵に超有効”。
フラウシュトラウトには・・・多段HITだったので、幾つかは正確には覚えていないんですけれど。
ミミのスキル技が200ダメージとしたら、N/Aは2000ぐらいのダメージを与えてたような・・・気がしますw。
まだ、ホムちゃん複製には時間がかかる(44日)ので、複数は持っていなかったんですけれど。
それでも、あっという間に溶けてしまいましたねw。

トトリのアトリエ 航海の旅へ 

トトリのアトリエ plus

トラベルゲートについて・・・
totori-15-1.jpg
どちらのアトリエに戻るのも自由なんですね∑(`□´/)
使いたい放題のゲートがあると。
もはや、馬車を使う必要が一切なくなってしまいました。

さてさて・・・
totori-15-2.jpg
光る円盤を調合素材として。
全ての船の材料が整いました。

パパさんに材料を渡して・・・
totori-15-3.jpg
三日間で作ってしまいました!
三日間で!
パパさん仕事早すぎ!
・・・ある意味、これも錬金術みたいなものかなw。

出航!
totori-15-4.jpg
悲しみの分かれみたいになってますけれど。
トラベルゲートでいつでも帰ってこられるんですよね(;一一)

ゲームシステム上では。
totori-15-5.jpg
フィールドマップで進める場所が増えただけの変化ですw。
お姉ちゃんは東に迎えと言われたけれど。
まずは、南の大陸をちょこっと探索してからにしましょうかw。

トトリのアトリエ トラベルゲート 

トトリのアトリエplus

4年目4月。
totori-14-1.jpg
ようやく、免許更新です。
後二年間・・・
トトリの制限は6年までかあ。
他のアトリエシリーズと比べると、長い方に入りそうですね。

ポイントが溜まっていたので、ランク8まで問答無用で行けてしまいます。
totori-14-2.jpg
ランク9まで上げて・・・
最後のランク10のポイントまでが相当長いです。

ランクが上がったことで。
冒険できる箇所も、久々に増えることになりました。
ここで欲しかったアイテムが回収できるようになったのが、大きいです。

瑠璃色の羽
totori-14-3.jpg
後述するトラベルゲートの作成に必要なもの。

光る円盤
totori-14-4.jpg
ストーリーのための、船作成に必要なもの。
絵を見ると、全然光ってないような(;^ω^)
ただの硬貨に見えてしまいます。

ダンジョンの最初に、ドラゴンが配置されてるところまでありました。
totori-14-5.jpg
ボッコボコにされました\(^o^)/
炎耐性装備を作ってるわけではないけれど・・・
それでも、圧倒的なレベル差があった感じがします。

探索を終えて・・・
totori-14-6.jpg
トラベルゲート作成!
フィールドマップで使えば、アトリエにいつでも帰ってこれるというもの。
これで冒険の移動日数が半分になりますw。

トトリのアトリエ 母の行方 

トトリのアトリエplus

4年目に突入。
1月です。

ここに来て、初めて母の手掛かりを掴めました。
totori-13-1.jpg
くーちゃんの調査により、残っていた出航届から判明しました。
しかし、このアーランド近郊では・・・。
totori-13-2.jpg
フラウシュトラウトという、怪物が出没するのが当たり前だという。

しかし、出航して流れ着いたのは船の残骸。
totori-13-3.jpg
乗っていたトトリの母は死んでしまったと考えるのが当然ですね。

しかし、トトリは諦めません。
totori-13-4.jpg
母の後を追うために。
船の製造をお願いすることになります。
姉は、トトリが二の舞いになることを案じてましたけれど・・・
トトリの頑固さは母譲りみたいですねー

船の創造には、結構な材料が必要。
totori-13-5.jpg
神秘のアンク三つなど・・・
一人で調合すると、骨が折れてしまいます。

ある程度は、ホムちゃん任せ。
totori-13-6.jpg
二人で分担させて、任せておきます。
パイは店売りのを買っておくと楽かも。
totori-11-1.jpg

トトリのアトリエ ホムちゃん創造 

トトリのアトリエplus

4年目に入るまでには、もうちょっと時間があります。
イクセル君との料理対決!
totori-12-1.jpg
トトリア風ブランチでの勝負となります。
一度はリセットしたのですが、ある程度、高品質でレベルの高いものではないと。
負けてしまうみたいですね。
totori-12-2.jpg
食戟勝者!トトリ!
totori-12-3.jpg
勝つと貰えるのが・・・生命の水!
イクセル君・・・なんてものをもっているのw。

この超レアアイテムは複製も不可。
totori-12-4.jpg
アトリエにある、ガチャポンから、ホムちゃんを生み出すことができます。
男の子にしよっか。
totori-12-5.jpg
ちむすけ君かぁわいぃ・・ヽ(=´▽`=)ノ
複製するホムンクルスが二人になるので、より効率よく進めることができますね。

トトリ グナーデリング 

トトリのアトリエ plus。

今作れる使いやすい装飾品として・・・
ステータスを純粋に強化する、グナーデリングがあります。
これに特性を加えて強くしたい・・・

現状の手持ちの調剤で、ステータスall+10があるもの。
そこから、装飾品に持っていくこととなると。
totori-11-3.jpg
風の精の息吹から・・・
totori-11-4.jpg
幸せのコインを経由して・・・
totori-11-5.jpg
完成!ヽ(=´▽`=)ノ
仲間用に二つ作るので、一気に合成してしまいます。
後は、防御の方がほしいんので、ゲージを調整して守りのルーンにしておきました。

ついでに、トトリ用も。
totori-11-6.jpg
アイテム重視のトトリはMPは必要ないから。
単純な強化特性を集めておきました。

これで、準備は万端、ボス戦に挑みます。
totori-11-7.jpg
この王道の流れこそが、アトリエの醍醐味ですよねw。

トトリ 便利道具大全 

トトリのアトリエ plus

三年目の4月に入りました。
免許更新ができるのは三年目の最期なので、後一年の猶予ってところですね。
ロロナから便利道具大全の参考書を貰いました。
totori-10-1-1.jpg
名前から分かる通り、必需品ばかり。
早速、調合へ取り組んでいきます。

ひ み つ バ ッ グ
totori-10-2-2.jpg
まさに四次元ポケット。
どんな場所でも、コンテナに仕舞うことができる・・・
カゴの要領や劣化という概念が全て無意味と化します。
・・・エスロジと違って、カゴの容量が大きくならないから。
遠出するのに60という限度では、はっきりいって厳しかったです。

豊かの鉢植え

totori-10-3-2.jpg
ロロナでは栽培できましたけれど、ロロナではさらに単純化したもの。
使用すれば、素材が手に入る!
時間経過で使用回数が戻っていく!
Sランクの素材ばっかでうまうま!
totori-10-4-2.jpg
今までの苦労が何だったのかっていうぐらいに、時間もかけずに手に入ります。

ボス戦!
totori-10-5-2.jpg
totori-10-6-1.jpg
探索も今行ける全ての場所に行ったかな・・・
後一つ、ボスが残っているので、強化してから、挑むつもりです。


トトリのアトリエ 三年目スタート 

トトリのアトリエ plus

特に書くこともないまま、二年目を過ごしていきました。
探索に調合、クエスト達成と。
プレイしていることに、変化はありませんw。

あ、お酒イベントは進めておきました。
totori-9-1.jpg
地元のアランヤ村の銘酒を作るイベント。
totori-9-2.jpg
ママさんエンドに繋がりそうな、ルートですw。
まだまだルート達成というわけでは、なさそうなんですけどね。

ホムンクルスの創造。
ロロナは師匠から作ってもらって・・・
totori-9-3.jpg
トトリはロロナ先生から作ってもらえました。
前作のホムちゃん同様に、調合や採取をお願いできる、便利なシステムです。
どうみても、ガチャポンw。
totori-9-4.jpg
うん、可愛い(*゚▽゚)ノノ
totori-9-5.jpg

基本的にロロナのホムちゃんと一緒なんですけれど・・・
totori-9-6.jpg
しかし、チムちゃんの場合は、給料(食料)が必要。
totori-9-7.jpg
パイを作るのに一日かけると考えると・・・
そこまで捗るってわけでもなさそうかな。

トトリのアトリエ 便利アイテム 

トトリのアトリエ plus

さて・・・目的であった冒険者レベルもストップしてしまったわけで。
探索する範囲を広げるという名目で、進めていきます。

今の間に、便利アイテムの作成に取り組んでいきます。
採取速度を上昇させる倍速手袋
totori-8-1.jpg
持っているだけで効果があるので、早めに作っておきたいですね。
ただ、黄昏シリーズと違って、装備できるわけではないのが、面倒くさいかな。
貴重な荷物スペースの一角を占めてしまいますからねw。

アランヤ村の北の方にあるダンジョン。
忘れられた村
totori-8-2.jpg
ここに入ると、トトリが一言話すぐらいに。
totori-8-3.jpg
何かしら重要そうなダンジョンにも見えるんですけれどね。
ストーリーについて(母の行方)には、一切、言及されることがないぐらいに。
何の進展もありません。
どうせ、居なくなった原因を母が追っているとか。
そんな伏線が貼られているのかも?w

ここで入手できるのが、貴重なアイテム。
totori-8-4.jpg
世界の霊魂。
地味にアトリエお馴染みのアイテム?
ロロナにもあったかな? 
アトリエプレイしすぎて、記憶が曖昧かもw。

移動速度を上げられる旅人の靴を作るのに必要なものです。
totori-8-5.jpg
これで遠出しても、少しは時間経過を抑えられます。

トトリ 免許の更新ストップ 

トトリのアトリエ plus

ロロナにもあった、道具屋によるアイテムの複製システム。
今作にも採用されているので、すごく便利です。
そろそろドロップアイテムも優秀なものが増えてきましたからね。
totori-7-1.jpg
調合アイテムの素材になるものを、登録しておきました。
しかしながら、今回のアトリエ生活では・・・
お金がない!
クエスト達成でしか、収入が入らないのも辛い。
クエストの報酬も、そこまで高収入というわけでもなく。
材料代や装備作成で、出費が嵩んでしまうのが、現状ですね・・・
同じ錬金術師なのに、ロロナの方が稼ぎ上手だったのは。
アーランドの錬金術師として、顔が知られていたからなのかな・・・

まあ、ロロナの目的と違って。
トトリの目的は、行方不明の母を探すための冒険者ですからね。
totori-7-2.jpg
探索の範囲を広げて、レベル上げと材料を調達していきます。


この時点で、冒険者レベル上げもストップしてしまいました。
totori-7-3.jpg
次に上げられるのは・・・
totori-7-4.jpg
Σ(lliд゚ノ)ノ
三年目の最後の日?
アトリエシリーズは大体三年間のイメージしかないけれど。
もしかしたら、トトリは長くなるのかな・・・?

トトリのアトリエ ロロナ先生 

トトリのアトリエ plus

さくさくと、進めていっています。
正直に言うと・・・
ブログに書くような要素がないんですよね。
ストーリーが進むわけでもなく、クエストや探索に行って。
冒険者レベルを上げていくだけですからw。
totori-6-2-2.jpg
順調には進めているかな。

二年目辺りだったかな。
馬車が仕えるようになりました。
totori-6-1-1.jpg
アーランドとアランヤ村までの、時間短縮となります。
キャラのイベントはどちらかのアトリエにしか発生しないみたいなので。
たまに顔を覗かせないと、イベントが溜まってしまっている時があるぐらいですw。

この馬車を改良計画には、びっくりしました。
totori-6-5-1.jpg
ちょうど弾む石を切らしていたみたいで・・・
入手するのに、アーランド地方の手前ぐらいまで、行かなければならなかったです。
・・・それでも、今のところ大きな時間制限はないみたいだし。
そこまで切り詰めずに、のんびりとプレイして行けば良さそうです。

ステルクさん!
totori-6-3-1.jpg
・・・あれ、ロロナの時よりも若くみえる気がするw。
この顔で33歳とか。
年齢による消耗を全く感じさせない30代って感じです。
おじさんというより、お兄さんだよね・・・

ロロナイベント!
totori-6-4-1.jpg
ロロナ先生が仲間に加わりました。
totori-6-6-1.jpg
前作主人公が仲間になるなんて・・・plusだけの特権なのかな?
ちょっと使ってみたいかもw。

トトリのアトリエ 冒険者稼業 

トトリのアトリエ plus

無事に冒険者となって、村へ戻っていきます。
totori-5-1.jpg
馬車で片道6日。
結構な、距離がありますね。

さて、冒険者として生活が始まりました。
totori-5-2.jpg
それと・・・クーちゃんと言い争っていた、貴族。
ミミちゃんがこんな村までやってきて、パーティに加わりました。
小柄な体格なのに、攻撃武器は”槍”。
見た目に反して、意外と豪快な攻撃方法ですw。

さてさて・・・またまた、話は飛びます。
省略してしまっていますけれど。
この間には、結構なクエストと調合をして。
冒険者ポイントを貯めていきました。
あまり、特記することがなかったんですけれどね。

その間、三ヶ月。
すでに冒険者ポイントとしては、次のクラスへ進めるぐらいに溜まっていたので。
徒歩でアーランドへ向かいます。
totori-5-3.jpg
村からだと、片道26日という、結構な浪費です・・・
組合にいって、免許をランクアップさせないと、これ以上進んでいかないので。
馬車が使えない以上、それでも行くしかないんですよね・・・

冒険者免許ランクアップ!
totori-5-4.jpg
書いていて免許システムについて触れていないことを思い出してしまいましたけれど。
調合や探索、クエストで、各目標が定められているので。
クリアしていくことで、ポイントを貯めて、ランクアップさせることができます。
ランクアップすると、クエストの種類が増えたり、探索できる箇所が増えるので
早い段階で進めていって、優秀な調合素材が手に入る場所まで行けるようになりたいですね。

二回目のアーランドに来ると・・
ロロナのアトリエのアトリエを貸してもらうことができました。
totori-5-5.jpg
コンテナも繋がっているみたいで、トトリのものと同一のものになっていました。
第二拠点、まるでアーシャのアトリエみたいだなって思います。
ここを拠点にずっと進んでいくのもいいんですけれど・・・
姉が寂しがりそう(;´∀`)

ハゲルさん!
totori-5-6.jpg
武器調合はアーランドのみでできるみたいですね。
グリフォン討伐などは、どうしても強い武器が必要なので。
時間があるうちに、初期装備からの脱却を目指しておきますw。

トトリのアトリエ アーランド城下町 

トトリのアトリエ plus

馬車の御者ペーターに送ってもらって・・・。
totori-4-1.jpg
着いたのは、首都アーランド!
今回は冒険者になるためだけに来たので、滞在時間は一日のみとなっているみたいです。

もはやロロナのアトリエで見慣れてしまったアーランド。
totori-4-2.jpg
イクセルさん!
ロロナの仲間キャラであり、相変わらずレストランを運営しているみたい。
懐かしいw。

さてさて、城内では・・・
クーちゃん!
totori-4-3.jpg
もう一人は新キャラなのかな? 見覚えがないかも。

トトリはロロナの弟子であることは、クーデリアも知っていたみたいで。
すぐに免許を発行してもらえましたw。
totori-4-4.jpg
幼馴染のジーナもすぐに発行されているところを見ると・・・
そもそも、検査とか証明とか、そんな堅苦しい手続きもなさそうな感じ。
クーちゃんの見た目で判断するとか、そんな緩いものでいいのかな?w

アーランドに来た主な目的はこれで達成されました。
ロロナのアトリエに寄っていきます。
totori-4-6.jpg
残念ながら、主は出かけているみたい。
様々なところで錬金術を広める旅をしているのだとか。
ロロナのアトリエでは、そんなENDがあった覚えがありますw。

何一つ変わってない、ロロナのアトリエ・・・
totori-4-7.jpg
長い間使われてなさそうだけれど。
整頓されているのは、クーちゃんのおかげかもしれないですね。

トトリのアトリエ 冒険者になるために 

トトリのアトリエ plus

トトリは母と同じ冒険者になりたいと思っているのですが・・・
姉のツェツィから、猛反対を受けてしまいます。
totori-3-1.jpg
普通の感覚からいったら、そうですよね・・・
か弱い女の子が、命が危険がある冒険者だなんて。
日本的な感覚ですら、近くの森でモンスターと戦うことすら、危ないって思ってしまうのにね。

身内から、大きな反対があったとしても。
totori-3-2.jpg
トトリは折れることはありません。
この頑固さも、また、アトリエ娘の由来みたいですw。

村の周辺で、モンスターと戦っていたら・・・
totori-3-3.jpg
先輩冒険者である、姉のような存在。
メルヴィアが仲間に加わります。
母を探すという、大きな目的はあるものの。
メルヴィアの”冒険者”という経験話から、トトリは冒険者そのものに、惹かれているのかもしれないです。

ブログ上では、特に書くことがないので、省略してしまってますけれど・・・
調合や戦闘、クエストなど、雑用を幾つかクリアして、結構な日付が経過しています。
このブログだけみたら、すぐに考えが変わったみたいになってしまいますからねw。
一応の補足です。

冒険者となるためには、アーランドの冒険者組合に行く必要があります。
ツェツィも、さすがにトトリの揺るぎない決意に負けてしまって・・・
totori-3-4.jpg
アーランドのまでの馬車代を出して、送ってもらいました。
トトリの意思を尊重する形ですね。

幼馴染のジーナと共にアーランドへ。
totori-3-5.jpg

トトリのアトリエ  

トトリのアトリエ

お次は調合システムのチュートリアルです。
totori-2-1.jpg
うーん、特に変更点はなさそうかな?
totori-2-2.jpg
どちらかというと、何も書くことがなくて困ってしまうのが現状ですw。
昨日の記事も、オバロとかで強引に書くことを増やしてましたからね・・・

正直に言うと・・・
アーシャ→エスカ→シャリー→ソフィーと来ているので。
錬金システムがなにも変わらないというのは、ちょっと残念でした\(^o^)/

トトリの錬金術は、ロロナ先生から教えてもらったと。
totori-2-3.jpg
見た感じ、ロロナとは年の差はあまりなさそうだし。
ロロナのアトリエから、年数自体はあまり進んでいなさそう。

”トトリのアトリエ”
totori-2-4.jpg
不思議と広々としているので、アトリエシリーズのアトリエですねー
ロロナよりも部屋が綺麗なのは、お姉ちゃんのおかげだとか。

冒険者となるためには、多額の資金が必要ということで。
村のバーから、クエストをクリアして、お金を貯めていきます。
totori-2-5.jpg
まだまだ序盤ということで、楽なクエストばかりですけれどね。
ここから三ヶ月ぐらいは、のらりくらりと・・・
進み方も分からず、調合と近くの森をうろちょろしているだけで、終わってしまいました。
ようやくストーリーが進むようになったのは、また次の話です。

雑貨屋さんはパメラが運営していました。
アーランドから移転してきたみたい。
totori-2-6.jpg
えっと・・・生身?幽霊?w

トトリのアトリエ モノローグ 

PSPvita「トトリのアトリエ plus」のプレイ日記を始めていきます。
アーランドシリーズもこれで二作品目となりました。
トトリは、メルルと並んで、アトリエシリーズの中でも、傑作と評価が名高いです。
すごく楽しみにしていますw。

主人公及び操作キャラはトトゥーリア・ヘルモルト
通称、トトリちゃん。
アトリエシリーズのフルネームって、どうしてこう覚えづらい名前ばかりなんでしょうね!
明日には、もう言えなくなってると思います(;´∀`)
totori-1-1.jpg
いつも通りのドジっ子属性。
・・・典型的なアトリエ娘の性格ですw。
衣装は鎖骨をくっきり見せてくるタイプ。
ロロナといい、エスカといい、錬金術師というものは・・・w

当分はチュートリアルですね。
totori-1-2.jpg
トトリが目指すものは”冒険者”。
幼馴染のジーノと共に、魔物を倒しに向かいます。
totori-1-3.jpg
ワールドマップを超えて・・・
totori-1-4.jpg
戦闘画面。
うん、何一つ変わらないアトリエの世界w。
ロロナからの大きな変更点もなさそうです。

”冒険者”
totori-1-5.jpg
本当にごく一部の人にしか、伝わらないネタで恐縮なんですけれど。
オーバーロードにて、アインズ様作ろうとしている、魔導国の冒険者ギルドを思い出してしまいますね。
ただし、”害のあるモンスターを倒す必要がない”という違いはありますけどね(

トトリが冒険者を目指すわけ。
totori-1-6.jpg
それは、冒険者として旅に出てしまって。
行方不明となった母を探すためでした。
”母をたずねて三千里”。
もっとも、アトリエの都合上、そんな遠くまで進んでいくことはないでしょうねw。

ブレイズ・ユニオン 自由ミッション 

ブレイズ・ユニオン

三章。
ここはマップを自由に選択できる分岐点です。
ブレイズ・ユニオンから、グロリア・ユニオンに採用されていたのですね。
bureizu-9-1.jpg
どれを選択するのか・・・
ちょっとネタバレになってしまいましたけれど。
限られた一回だけのプレイですからね。
仲間に加えられるルートにしていきたいので、前もって調べておくことにしました。

そうしたら・・・
このグロリア・ユニオンは大きく三つのルートが存在するみたい
だから、このブログでは・・・
ユグドラ・ユニオンへと続く正規ルートを選択することにしました。
また、全仲間を回収できるメリットもあるみたいなので、その攻略マップを通っていきます。

分岐ルートだし、大きなストーリー展開もないでしょう。
さくっといってしまいます。

野盗を追え
メインで育てていくのはアイギナ。
bureizu-9-2.jpg
正規ルートを通ることに決定した以上・・・
アイギナはユグドラ・ユニオンに繋がるキーパーソン。
最後まで使っていきたいですw。
bureizu-9-3.jpg
”寄らば切ります”
ユグドラの代名詞とも言える台詞をアイギナも・・・
もともと、王国ではアイギナとユグドラは出会うことがなかったので。
何か、この台詞を関連する”何か”が王国にあるのかもしれないです。

バイフーが仲間になりました。
bureizu-9-4.jpg
・・・獣の戦士!? 獣堕ち
ユグドラの世界観から外れた、半獣が仲間になるとは思ってませんでしたw。
bureizu-9-5.jpg
能力は弓完全防御・・・TUEEEEEEEE
でも、剣枠はアイギナで埋まっちゃったんで、ベンチ入り確定・・・
それに♂のユニオンって使いづらいんですよね。

大切なものは何処
原作プレイしてるなら、思わず吹き出すでしょう。
は だ し の ミ ゲ ル
bureizu-9-6.jpg
ここの時代でも素足なんかーい Σ(lliд゚ノ)ノ
公式が完全に採用しちゃってますねw。

そんなミゲルさん、今作はなんと仲間に加わりました。
bureizu-9-7.jpg
ショタ化しとる(;´∀`)
きっと、ユグドラで言うクリス枠なんですね、分かります。
空気確定!

ブレイズ・ユニオン 騎士演習場 

ブレイズ・ユニオン

2-3

アイギナが加わったものの。
まだまだ、世界を変える戦力として、心もとないグラムブレイズ。
帝国領内にて、訓練している騎士レオンを勧誘しようと考えます。
レオンって・・・あの暗黒騎士のことかな!?
bureizu-8-1.jpg
間違いないみたいですね(;^ω^)
騎士としての能力は優秀・・・性格に難あり・・・
仲間に加えるのは難しそうとのこと。

その時、また喧嘩をかってしまったため。
演習の延長として、実践演習になってしまいます。
bureizu-8-2.jpg
敵の陣形はさながら演習中だけあって、完璧な布陣です。
森が得意なハンターは森に、道が得意な騎兵は道に・・・
このまま考えもなしに突っ込むと、問答無用でやられます。
特に、森昼ハンターの先制攻撃は、エゲツないので・・・
こちらから戦闘するのではなく、相手が動くのを待つ必要がありますね。

また、ここの地形は有効活用しやすいです。
メデューテが得意な荒れ地、ガーロットが得意な道もあるので。
レオン戦では、しっかりと優位をとっていきます。
bureizu-8-4.jpg
本当に軍事演習のような、マップだったと思いますw。

妹のエレナちゃん。
bureizu-8-3.jpg
この子が将来の暗殺者・・・
絵の感じが違いすぎて、別人のよう
に思えてしまいますw。

ここで二章はおしまい。
bureizu-8-5.jpg
次は三章へと入っていきます。

ブレイズ・ユニオン 悲劇の双子 

ブレイズ・ユニオン

2-2
グラムブレイズ。
任務終了後の帰還途中で、追手に追われる少女と出会いました。
bureizu-7-1.jpg
おお・・・新キャラか!
と思っていたんですけれど、名前を聞いてびっくりしました。
ルシエナ ( ゚д゚)
イラストレーターが違うから、アイギナとルシエナのイメージが全然違ってきますね・・・
恐らく、王国から逃げてきたのでしょうけれど。
イメージとしては、もっと小さい姿だと思っていたんですけれどね。

こちらはその片割れ。
ルシエナは片足を負傷しているので、アイギナのみが戦えるという設定みたいです。
bureizu-7-2.jpg
村娘みたいな格好をしてて、可愛いw。
bureizu-7-6.jpg
勝利後のヴァルキリーのジト目が癖になりそうですね(・∀・)
これはぜひメインで育てていきたいところ。
ユグドラプレイ済みだと、アイギナはキー人物だと思ってしまいます。

初期装備が・・・
bureizu-7-3.jpg
絹のコルセット!
ユグドラ・ユニオンにおける、ユグドラの初期装備と全く一緒なのも、ニヤリとしてしまいます。
王国における普段着なのでしょうか?w

さてさて、帝国の狙いは双子の暗殺。
暗殺言えば、当然、暗殺者・・・
暗殺者と言えば・・・
bureizu-7-5.jpg
ジルヴァ様!
誰ですか!( ゚д゚)

夜固定のアサシンはこちらから攻撃しないと、まず勝てないぐらいなので、厳しいです。
bureizu-7-7.jpg
路地が得意のシスキアでなんとか・・・
スティールで早く盗んで、弱体化させてしまいましょう。

クリア後、アイギナが正式に仲間に加わります。
bureizu-7-8.jpg
身元不明で、尚且つ帝国に追われる少女たちを匿うあたり・・・
斎藤一、少し胡散臭く思えますw。

ブレイズ・ユニオン 山賊討伐 

ブレイズ・ユニオン

2-1
貴族の私兵団となって、最初のお仕事。
bureizu-6-1.jpg
まずは序の口といったところ。
渓谷を脅かす山賊の討伐です。
この斎藤一さん、どうもいまいち信用が足りないんですけれどね。

見た目通り、一直線の道です。
bureizu-6-2.jpg
凸凹しているので、ユニオンも組みづらいかな。
♂は☓、♀は+の形を利用して、ユニオンを組んでいく形になります。

山賊の癖に、やたらLUKが高いステータスですよねw。
bureizu-6-3.jpg
イメージ的には、ユグドラのオルテガのように・・・
ATK>GEN>>>>TEC>LUK
のステータスのイメージがあるんですけれど。
スティールを使わせたいのか、このブレイズは山賊のLUKが異様に高く設定されているみたいですw。

途中でセリカが増援として出てきます。
bureizu-6-4.jpg
この顔も見飽きてきましたね(
bureizu-6-5.jpg
靴を装備している当たり・・・
やっぱりミゲルじゃないですかー
素足でお帰り頂きましょうw。

任務クリア後のエピローグ。
現帝国皇帝・ソルティエ
bureizu-6-6.jpg
・・・若い、思っていたよりも皇帝がごついw。
もともとガルカーサも相当な若さでしたし、今更ですけれどね。
恐らく、今作のラスボスクラスのはず・・・
こんなところで、野生の皇帝と出会わないでくださいw。

ブレイズ・ユニオン 世界を変えるために 

ブレイズ・ユニオン

1-6
目の前の平民たちを助けることはできる。
しかし、世界そのものを変えなければ、意味が無いのではないか。
bureizu-5-1.jpg
ガーロットは若さゆえに、こう考えています。
それならば、義賊団という立場だけでは無理であることも、理解しているでしょうね。

ここのマップは、ヴェルマンの試練として。
ヴェルマンに隣接されないように戦う必要があります。
そのため、ユニオンで一気に倒すことが出来ず、ばらばら。
bureizu-5-2.jpg
ちょっと面倒ではありますね。
敵の士気を削るたびに、選択したカードのパワーが上がるので、ザコ敵狩りをするのもいいんですけれど。
さっさとボスを倒してしまって、MVPを確実なものにするのも手です。
最初の指揮官はLUK4と何故か異様に高いので、スティールで盗んでおきました。

メデューテ。
bureizu-5-3.jpg
素で”稀に猛反撃”を持つのは普通に強そうに思えますw。
このゲーム、ユニオンの形上、男よりも女のが使いやすい傾向があるんですけれど。
ユグドラに存在した強力な”エースガード”が男専用に弱体化されているので、迷いどころですね・・・
ユニオンシリーズの欠点として、移動力が限られすぎているので。
どうしても、ユニットを絞って育てたほうが楽という結果になってしまうんですよね。

後半からはセリカの増援。
後半に移り変わる時に、消費したカードが復活します
bureizu-5-4.jpg
セリカはヴァイスというLUKを上げるスキルを使ってくるので注意です。
使用されると、LUKが高くなってドロップしづらくなるので。
やはりスティールで先に盗んでおくと安心しますね。

この後、ガーロットはヴェルマンの私兵団になることを決意します。
bureizu-5-5.jpg
帝国社会の政治を治すためには、情報も力も必要。
貴族の下で働くということは、視野が広くなることにもなりますからね。

これで1章。
義賊団編はおしまいとなります。

ブレイズ・ユニオン 大人のやり方 

bureizu-5-2.jpg
bureizu-5-2.jpg
ブレイズ・ユニオン

1-4

ノルンの身代金を要求したものの・・・
多額の金を得たディヴィッドは当然、ノルンを見捨てて。
bureizu-4-1.jpg
狙撃でノルンを殺してしまいます。

平然と約束を違える・・・
それが帝国の、大人達のやり方。
そんな”ずるいやり方”に、ガーロットは憤りを覚えます。

槍ユニットばかりで、剣のジュノンと槍のガーロットでは分が悪い相手ばかり。
そこで駆け付けてくるのは、メデューテ。
bureizu-4-2.jpg
・・・ここの世界の女は露出狂なのかな?w
とりあえず、心臓部分は守ろうよと、思ってしまいます。

スキル解禁!
bureizu-4-3.jpg
ユグドラ・ユニオンのリメイクとは違って。
きちんと、スキルも詠唱してくれるのは嬉しい限り。
”その杖、我らを護る盾とならん!”
一緒に声を出したくなるのは、私だけでしょうか(´・ω・`)

1-5
逃げたディヴィッドを追って。
bureizu-4-4.jpg
ずるい人間の方が生き残れる。
まさに傭兵そのものの考え方のように思えます。
現代日本ですら、まだその概念は生き残っているぐらいですから・・・
略奪や横暴といった治安が悪い帝国だったら、もっと酷い在り様なのは、想像に難くないです。

ディヴィッドとの決着です。
かわせるか!アイテムブレイク!
bureizu-4-5.jpg
シールドバリアでかわせちゃうんです!
初期装備の使用帰還が残っていると、アイテムが勿体無いので。
壊されないように注意が必要です。

ディヴィッドが戦死。
しかし、この世のあり方について、疑問を覚えたガーロット。
bureizu-4-6.jpg
力が欲しいか?
そんな決まり文句を出して、ブレイズ・ユニオンに接触してきたのは貴族のヴェルマンでした。

ブレイズ・ユニオン 赤毛の女の子 

ブレイズ・ユニオン

1-2
貴族ノルンの横暴を止めることに成功した義賊団。
偶然にも助け出した女の子が、また後の伏線になりそうなので、紹介しておきます。
エイミちゃん。
bureizu-3-1.jpg
ツインテールで可愛らしい女の子なんですが・・・
σ(・ω・*) (何、その体・・・どういう骨格してるんだろう。)
それで頭の中が一杯でした。

別の立ち絵から察すると・・・
bureizu-3-2.jpg
頭が異様に大きな女の子でした・・・奇形種か!
3頭身? 腰がほとんどないから、違和感を覚えるのかもしれないですw。
兄様を探しているし、ツインテールだと、ユグドラのエミリオを思い出しますね。
髪の色が明らかに違うので、別人で間違いないとは思いますけれどw。

さてさて、まだノルンとの私闘が続いています。
bureizu-3-3.jpg
武器相性に気をつけながら、戦っていると。
bureizu-3-4.jpg
賞金稼ぎのセリカが増援として出てきました。
・・・間違いなく、ミゲルポジション!!!
さすがに靴を装備しているわけではないみたいですけれどね。

敵のドロップはLUKに影響します。
倒したユニットのLUKがボスよりも高くないと、装備しているアイテムをドロップしないので、注意です。
この場合、セリカはガーロットではなく、シスキアで倒す必要があります。

3-3
ノルンが雇った用心棒、デイヴィドとの戦いです。
bureizu-3-5.jpg
橋の上に陣取った敵兵力。
さすがに一体一体倒していくと面倒くさいところですが・・・・

3人で構成されるブレイズ義賊団最後の仲間。
ソードマンのジェノンが加わります。
bureizu-3-6.jpg
それと同時に・・・
ユニオンが解禁
戦闘を行う場合、周りのユニットを巻き込んで、多人数VS多人数の連戦となる、戦闘システムです。
つまり、一度の戦闘で、複数のユニットと戦闘することができるようになりました。

この戦いを制すると。
bureizu-3-7.jpg
悪徳商人ノルンの確保に成功。
ブレイズ義賊団は身代金として、多額の金を巻き上げようと計画します。

ブレイズ・ユニオン ブレイズ義賊団 

ブレイズ・ユニオン

1-1
ユニオンもスキルもなし。
1VS1の地味な戦いだけです。

カードの枚数だけ移動して、隣接。
戦闘を仕掛けます。
bureizu-2-1.jpg
ガーロットと同じようにブレイズ義賊団に所属する女の子。
シスキアは、通称ミラノ枠。
というよりも、ピングーと同じスティール枠と言った方が分かりやすいそうですw。

戦闘シーン。
bureizu-2-2.jpg
今はスキルも、ゲージも動かすことが出来ないので、ただ見ているだけ。
武器の相性は存在するので、剣に槍が有利と、3すくみはFEと同じようになっています。

戦闘結果画面。
一度の戦闘で、ユニットを倒せるかどうかは分かりません。
bureizu-2-3.jpg
戦闘結果により、残存兵数や地形防御の数値に寄って。
”士気”という名のHPにダメージが入ります。
士気が0になったら、撃破ということで、マップ上からロストするわけ。

シスキアは弓属性。
通常、戦闘が始まったら、攻撃側から攻撃が始まり、防御側からの反撃。
その後、白兵戦となり、兵士数の削り合いが起きる順番となっているんですけれど。
弓は、ちょっとだけ特殊で。
攻撃する場合は一方的に攻撃して、反撃を受けない。
逆に攻撃されると、反撃できない・・・

という、ちょっと扱いぐらい特性がありますね。
よって、弓がミラノ枠となると・・・ちょっと使いづらくなるかも。
bureizu-2-4.jpg
それと、敵ボスの武器は杖属性であり。
杖は弓で有利がとれるので、シスキアで攻撃を仕掛けると、反撃を受けない特性により。
圧勝することができて、”士気”を大幅に削り取ることができますね。

マップクリア後、MVP報酬。
bureizu-2-5.jpg
クリアしたターン数が短ければ。
より多く士気を削ったユニットのステータスにボーナスが入ります。

グロリア・ユニオン同様にMVP報酬は1なんですね。
ユグドラの+2が強すぎた感がありましたw。

ブレイズ・ユニオン モノローグ 

ユグドラ・ユニオンに引き続いて・・・
ブレイズ・ユニオンをプレイしていきたいと思います。

ユグドラとは世界観はつながっており。
ブレイズ・ユニオンの時系列は、ユグドラの戦争が起こる前の出来事。
ガルカーサがなぜ戦争を起こしたのか。
ネシアの暗躍も含めた、ストーリーが語られるはずです。

というのは、私も完全初見です。
当時、GBA版に熱中していて、次回作が出るって聞いた時に。
PSP版と聞いて、すごくがっかりした記憶があるんですよね・・・
今回は全く初めての初見ということで。
フィールドアイテムやMVPターン制限を調べることもしないで。
全くの0から、スタートと行きたいと思います。

・・・システムを知っている以上、0とは言えないんですけれどねw。
ただし、中断セーブは活用していくつもり。
配置されていて見えないアイテムを探すには、リセットするしかないですから。

主人公は新キャラガーロット。
bureizu-1-1.jpg
赤毛の整った容姿をしてますね。
またまた、”義賊団”か。
どうしても、ミラノを思い出してしまいます。

時代背景は、荒廃した帝国。
bureizu-1-2.jpg
ガルカーサが任意に付く前の、荒れ果てた帝国首都フレアヴェルグです。
モノローグによれば、現皇帝が軍事費として、圧政を民に強いいていると。
貴族が横行し、平民が虐げられている世界です。
義賊団は平民を守るために、横暴な貴族に対して、力を振っています。

”義賊団”とはいっても、悪い言い方すれば、山賊ですからね。
武器は蛮族の象徴となりつつある、斧が正しいように思えますけれど。
bureizu-1-4.jpg
ガーロットの武器は槍であり、騎兵。
また、ガルカーサを彷彿させる、燃え上がるような赤い髪の色。
何かの伏線の可能性・・・ありそうですね。

チュートリアルが幾度と挟まりますけれど。
システム面は理解していますから。
bureizu-1-3.jpg
カードを選択して、ゲーム開始です!

ユグドラ・ユニオン 感想 

”ユグドラ・ユニオン PSP版2の感想です。

大作
ストーリー、BGM、独特なシステムと。
どれをとっても、よく出来ている神ゲーだと思っています。
戦闘システムだけは、本当にオリジナルティを貫いているので。
ここで説明すると長くなるので、割愛します。

これだけ出来が良かったのに。
ユニオンシリーズは、もう出されることはないでしょうね。
その原因は、コアゲーマー向け過ぎました。
とにかく、プレイヤー側を縛るシステムが多すぎるんです。
カードの枚数、移動力、MVPターン、ドロップアイテムなど。
戦闘シミュレーションとしては、よく出来ていると思いますけれど。
一般の人には、これが受けるとは、到底思えないです。
また、悲しいことながら、時代に淘汰されてしまいました。
戦闘シミュレーションというシステムだけでは勝ち残れないというのが、FEで実証済みですからね。
萌えゲーを入れて、難易度を低くして、大衆化することしか・・・
今のゲーム業界では、厳しいのかもしれません。

後一つ、ユグドラ・ユニオンをプレイするなら、やっぱりGBA版の方を押しますねw。
PSP版はボイスや歓声などもあって。
良すぎるBGMがちょっと聞きづらいというデメリットもありますし。
中断セーブはいっその事使わないほうが、ユグドラ・ユニオンというシステム上、楽しめるのではないかと思います。
炎帝ガルカーサの強さを知りたいならば、ぜひGBA版をw。
また、さすがに推奨したりはできないですけれど。
GBA版ならではのバグも存在するので、PSP版よりもやりたいことができるような気がしますw。

ユグドラ・ユニオン エピローグ 

ユグドラ・ユニオン PSP版。

マリエッタを倒した後のルート。
yugudora-40-1.jpg
ユグドラの台詞がどこか狂気を感じてしまいますw。
他の仲間達は”これで良かったのかな”と疑問を持つ中で。
ユグドラは選択した決意を秘めていますからね。
yugudora-40-2.jpg
神であっても、全てを排除していく・・・
覇王ユグドラの誕生です。

後日談では、この後神々の戦争が続いていくよ!
yugudora-40-3.jpg
俺達の世界はこれからだ! 終焉となります。
スティングさん・・・
次回作、何十年でも待ってるのでお願いします(望薄

もう一つの方が正しいエンドなんですけれどねw。
グラン・センチュリオを封印したルートはトゥルーエンド。
yugudora-40-4.jpg
仲間たちとの決意を秘めて。
これから平穏な世界を作っていくことを誓っていきます。

タイトル画面にも戻ると・・・
オプション画面!
サウンドテストという、神機能が用意されているので、じっくり堪能できますw。
yugudora-40-5.jpg
ここで流れる”ユグドラ戦記”のBGMも雰囲気が出ていて、本当に好き。
こんなメニュー画面のBGMをスマフォにいれたのは、この曲だけですw。

これでユグドラ・ユニオンはクリアとなります!
青春ゲームの一つだったので、ブログ上でクリアできておいて良かったです。
次はブレイズ・ユニオンですね。
ユグドラ・ユニオンの熱が覚めないうちに、プレイを続けていきたいと思います。

ユグドラ・ユニオン ラグナロク 

ユグドラ・ユニオン PSP版。

神界へ。
神々の門番、マリエッタの審判です。
yugudora-39-1.jpg
呪われた剣、聖剣グラン・センチュリオ。
力を封印するのか。
正義を貫くのか。

ストーリー上では、どう考えても上側です。
戦争を貫くユグドラなんて想像できないですからねw。
しーかーし!
残念ながら、プレイヤーの意思に逆らうことなんてできません・・・
ここまで育てたんだから、ラスボスを倒したいって、思ってしまうのがゲーマーですw。

ラスボス:マリエッタ
yugudora-39-2.jpg
士気が???。
見慣れないA.S.シールド、HP制御システム。

戦闘を仕掛けてみるのですが。
yugudora-39-3.jpg
まず勝つことはできません。
スキルはほぼ無効化されてしまって。
yugudora-39-4.jpg
スキルが貯まると”リヴェリオン”で、必ず負けます。

それなら倒し方をどうするのかというと・・・
この強さの癖して、カードパワーが610と異様に低く設定されているのがヒントになっていました。
敗戦として、何度も何度も何度も何度も戦っていく中で・・・
”???”と表示されているマリエッタですが、内部データでHPは削れていってます。

士気が1になると・・・
先程のマリエッタのステータス表記。
さて・・・どこが変わっているでしょう。
yugudora-39-5.jpg
・・・
そう、A.S.シールドがS.シールドになっているのが分かります。
この状態で、ユグドラのジ・ハードを打つこと。
yugudora-39-6.jpg
神殺しの剣、グラン・センチュリオの力で。
マリエッタを消滅させてしまいます。
yugudora-39-7.jpg

ユグドラ・ユニオン リィンカーネーション 

ユグドラ・ユニオン PSP版。

堕天使ネシア。
yugudora-38-1.jpg
神界に背いたことで、地上に封印されるという形で、堕ちてきた天使。
聖剣グラン・センチュリオはネシアが自らの封印を解き放つために、作り出された呪われた剣でした。
今回の戦争も、ネシアが戦争を招いて開戦させたものでした。
ここからは、神との戦いになっていきます。

それと・・・重要なアイテム。
yugudora-38-2.jpg
ウインディーネの戦争の火種となった転生石がここでドロップします。
これもまたネシアの策略であったことが分かります。

島が太陽の届かない天界にまで上昇したことで。
夜固定となります
yugudora-38-3.jpg
輝くエレナ、使いたい放題のブラッディ・クロー。
ブラッディ・クローはダメージだけで見たら、実質兵士二人分で-2と弱いんだけれど。
相手のスキルを封じるという面で、勝ち確を作れる点が強いですよね。

ネシアは王国で戦ったのと同じ、リィンカーネーションを使ってきます。
yugudora-38-4.jpg
強化版サンクチュアリとも言える非常に厄介な魔法です。
使用されるとHPが全快になる上に、相性差で負けることになります。
つまり、ニーチェが相手の場合は、ネシアの武器が斧となり、まず勝てなくなるスキル。
・・・しかし、その程度の小細工、主婦には効きませんでした。
鎌という武器に対応していないのでしょう。
ミステールに対しては、リィンカーネーションを使ってくることはないです。
リメイクの弊害とは一概には言えず、GBA版でもデュランにはぐれドラゴンを装備させることで、鎌で戦えますからねw。

断罪
yugudora-38-5.jpg
自ら作った剣で、裁かれるネシアも皮肉なものですね。

ヘブンズゲートを通って・・・
yugudora-38-6.jpg
神界へ。
いよいよ、最終マップです。

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 10月 【17件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー