≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
2017年09月の記事一覧

FE無双 炎の紋章の物語 

ファイアーエムブレム無双

ルフレ参戦!
femusou-3-1.jpg
数少ない軍師ですからね・・・
無双シリーズなら、結構活躍の場があってもおかしくないかも!
それと、マイユニットキャラだけれど。
ルフレが男で、カムイが女なのは、いいなって思ってしまいますw。
私のイメージ通りかな。

覚醒の悪役キャラを務めるのは、ファウダー。
femusou-3-2.jpg
覚醒の黒幕として、間違いないですからね。

炎の盾。
femusou-3-3.jpg
ファイアーエムブレムを完成されるための物語。
femusou-3-4.jpg
クロムから生み出された光の玉が・・・
femusou-3-5.jpg
ファイアーエムブレムの一つに埋め込まれていきます。
残りは4つ。
手に入れるためには、異世界の英雄達に合う必要があります。

・・・まあ、大まかなストーリーはこれだけ。
後は、ガバガバです\(^o^)/
もうちゃっちゃっと、進めてしまいますね。

フレデリクさん。
femusou-3-6.jpg
HPと防御が高く、防衛には最適のユニットでした。
femusou-3-7.jpg
主人公二人といい・・・クロムといい・・・
剣持ちが多いため、斧ユニットは重宝します。
騎兵なので移動力もあり、操作キャラとデュアルするのも、楽ちんですね。

クロムとルフレの決闘も再現!
femusou-3-8.jpg
覚醒のHDverみたいな感じw。

FE無双 覚醒ルート 

ファイアーエムブレム無双

さあ、次のマップへ。
femusou-2-1.jpg

目を開けると、リズとクロムの姿w。
femusou-2-2.jpg
覚醒をプレイしたことがある人だけ、反応するシーンですよね。
このシーンをわざわざ入れようとした無理矢理感は感じてしまいますけどね。

模擬戦(戦争)
femusou-2-3.jpg
他にも、フレデ肉さんの熊肉など・・・
ちょっとした小ネタも含まれてますね。

他、ウードも参戦。
femusou-2-4.jpg
・・・なんでウード?w
人選がいまいちわからないかも。
子世代なら、セレナでもアズールでもいいのにね。

ちょっとしたやりこみ要素の一つ。
femusou-2-5.jpg
アンネの記憶。
一定の条件をクリア(討伐数1000)をクリアすると、マップのどこかに現れて・・・
イラストの一部を受け取ることが出来ます。
1000は余裕で確保できるので、アンネ出現時は忘れずに、速やかに回収にいったほうがいいかも。
一定の時間で、去ってしまいますからね。
遠くに出現したのなら、誰でも大丈夫なので、プレイアブルキャラの変更で時間消費を避けられます。

こちらは成長要素。
femusou-2-6.jpg
ゼルダ無双にもありました。
ドロップアイテムから、味方ユニットの強化することができます。
今のところ、銅なら幾らでも稼げそうなので・・・。
銅素材を使うものについて全キャラを成長を・・・。
銀素材は出し惜しみして、主人公のみにしておこうかな

FE無双 ハードクラシック 

ニンテンドーSwitch「ファイアーエムブレム無双」
プレイ日記、開始していきます
femusou-1i-1.jpg
まずは開始の設定。
いつでも変更できるということなので・・・
とりあえずは、ハードクラシックで。
詰まる程難しいぐらいならば、後からノーマルに戻すかもしれないです。

スタート!
まずは断章から。
femusou-1i-2.jpg
無双の主人公二人と、異世界の英雄達。
マルス、クロム、カムイと、共闘している姿が見れます。
最近のFEの傾向である、初めに”未来の映像”を見せるパターンかな。
覚醒の”ルフレの裏切り”から始まって。
ifとechosまで、採用されてますよね。
ゲーム的にはチュートリアルです。

序章
femusou-1i-3.jpg
剣の訓練を行っている平和な日常がありました。
femusou-1i-4.jpg
かーらーのー
あっという間の崩壊
即落ち二コマレベルの落城ですw。
まあ、空から城内へと、怪物が降ってきたら・・・
どうしようもないのは、仕方がないかな。

戦闘マップ入ります。
・・・アクションばかりで記事が書けないのはご察しくださいw。
femusou-1i-6.jpg
1マップ1マップ細かにストーリーを追っていくとキリがないですからね。
主人公のリアンはさすがに使いやすく設定されていました。
X→X→X→Yの強攻撃4(?)は範囲が広く、スキや発生も優秀なので、ばんばん連打していけますね。
レベルアップすると、FEお馴染みのステータスアップでした。
ただ・・・慣れてくるとウザいぐらいに感じてくるので、オフ推奨かも。

物語へ。
femusou-1i-7.jpg
王妃様は落石の中へ・・・
二人は紋章に出てきた、”ファイアーエムブレム”となる盾を託されて・・・
お城を崩壊させた邪竜討伐の旅へと、出かけることになるのでした。

仮面の剣士・・・
femusou-1i-8.jpg
イッタイダレナンダ

フィリス 洞窟の少女 

では、アトリエシリーズ。
現時点での最新作、フィリスのアトリエをプレイしていきます。

始まりの村はエルトナという。
firis-1-1.jpg
太陽の当たらない洞窟の中の街です。
陽の当たらない場所であるはずなのに。
そこまで薄暗さとジメジメしさを感じない、広々とした石の村ですね。
(´ヘ`;) 不自然な明るさも、きっと錬金術の力なのでしょう(適当

基本的に人の動きがない街・・・
firis-1-2.jpg
( ゚д゚) 引きこもりの村DAAAAA
・・・鉱石という産物と、外部からの作物と取引しているのは確実でしょうけれど。
それにしても、外部から閉ざすという理由が分からんねー
もしかしたらの、呪われている説。
まあ、こんな偏屈な村に来る人なんて。
よっぽどな、変人しか来ないでしょうね・・・錬金術師とか!

主人公は、名前の通りのフィリスさん!
firis-1-3.jpg
活力に溢れているのと、おっちょこちょいなのと・・・
いつも通り、典型的な錬金娘です!
洞窟の中に住んでいるからか、病的なまでに肌白いように思えますね。

フィリスの超能力(?)として、鉱石の臭いを嗅ぎつけるものがあります。
firis-1-4.jpg
村のあちこちから、鉱石を探し出せる嗅覚。
これは、これからの探索でも活用できそうですね。

フィリスの姉の役割を持つリアーネ。
firis-1-5.jpg
冒険家であり、村の外も探索している、数少ない人物です。
フィリスはこのリアーネの話を聞いて・・・
外の世界を旅してみたい、と熱望するようになります。
firis-1-6.jpg
しかし、母親は猛反対。
外の世界は危険が沢山。
年若い女の子が旅なんて、危ないですからね・・・的を得てます。
魔物よりも、”人”の方が怖いなんて、有り得そうですからね。
こんな純粋錬金娘なんて、騙されたら、ころっと着いてきそうですw。

それでも、どうしても外の世界へ憧れを持つ少女。
firis-1-7.jpg
少女に陽の光が当たるのは、いつなのでしょう。

ウィッチ:ゴゴゴ・ゴーレム 

シャドウバース。

ゴーレム展開デッキ。
ウィッチのデッキです。
こちらも禁忌3積みという、かなりピーキーなデッキとなってます。

goremu.jpg
エンシェントアルケミスト、ゴーレムアサルトにより。
手札を一気に増強させて、”呼び覚まされし禁忌”を発動させるデッキです。
土の展開力や除去力を活かした・・・
手札たっぷりで、デッキを回すのに頭をつかうデッキとなってますね。

よって、手札を減らさないカードが多く仕込まれています。
進化を使うことで一枚のハンドアドバンテージを得る、ドワーフアルケミスト。
レヴィとアルケミストのどちらかをひけるミニゴブリンメイジ。
ゴーレム召喚により、一気にブーストできる運命の導きなど。
全ては禁忌のためのデッキです。
パメラ発動後の、12/12のスタッツは圧巻といえますね。

パメラの展開のために、高コストが入れにくいのも特徴の一つかも。

難点は先行だと、非常につらいです・・・
禁忌の発動条件の難易度が一つあがります。
後攻ならば、うまく行けばエンシェントアルケミスト一回だけで条件を達成できるぐらいですからね・・・
また、ビジョップは諦めましょう\(^o^)/
テミスとイージス相手に、ゴーレムで勝てるビジョンが見えません(´ヘ`;) 

エルフ:バハエルフデッキ 

シャドウバース。

コントロール、エルフデッキ。
デッキの名前から、どんなデッキなのか一目瞭然ですけれどね。

バハエルフデッキ
bahaeruhu.jpg
バハムートで吹きとばせ! が、テーマです。
地味にセルヴィンが6枚入っているため、セルヴィンデッキでもありますw。

セルヴィン、根源、エリンで時間を稼いだら。
バハムート、グリームニル、ジャングルの守護者の、強力な10コス軍で。
一気に流れを掴んでいくデッキです。
ドローカードが一切ないので、いかに10コスカードを残して、立ち回っていくのかがポイントとなります。

回復カードに優れていて、クイーンやエリンでたち直せるし。
天魔のエルフやリラの存在で確定除去が多く、対コントロールにも優れています。
フェアリーナイトやセルヴィンの号令などは、クイーンとの相性もいいかも。
エルフ生成が少なく、墓地肥やしの術がないので、クイーンは一枚のみとなってるんですけれどね。
ドローカードが少なく、引きづらいので、クイーン二枚にして。
確定除去やリリィの存在から、オーディン抜いても良いのかなって、検討中です。
(根源抜いて白狼入れて、0コスクイーンサーチもありかも)
(バハムートからの20回復は抜かりなさそう)

ロイヤル:難攻不落デッキ 

シャドウバース。

次のデッキ紹介はロイヤルです。
好きなクランは、ロイヤルと(イージスのいない)ビジョップだったりします。
実はロイヤルだけで5つぐらいのデッキがあるんですけれどね。
純正ロイヤルでは、ドローと回復が厳しいクラスですけれど。
個々のカードが強く、盤面の制圧や、顔殴りと、圧力をかけやすい特徴を持ってますね。

オーレリアのプレミアが当たって、最大限活用させようとしたデッキとなります。

難攻不落デッキ
nankou.jpg
高いスタッツと守備力により、圧力をかけていくデッキです。
キーカードはルミナス騎士団の旗印
オーレリア、フロントガードジェネラル、ローランにより・・・。
指揮官、守備持ちフォロワーで、盤面を制圧。
ルミナス騎士団の影響を受けるアルベールで10点以上を叩き出す、フィニッシャーとなります。
4コス以上では、エミリアの効果を含めて・・・。
毎ターン守備を展開できることから、リノセウスには滅法強いデッキになっています。

ルミナスメイジは進化権をアルベールに残すための、ミッドレンジ用です。
私のデッキの中で、オリヴィエが入っていない数少ないデッキでもあります(

ジェノは先行で特に光るカード。
ルミナス騎士団を置くスキを軽減します。
私のアカウントだと、”残念ながら”先行が取れるパターンで偏っています・・・
コントロール中心なので、後攻引けるアカウントの方が嬉しいのにね。

エミリアは手札枯渇を塞ぐための物でも、あります。
ドローカードが一切ないので、先行をとると、どうしても息切れしやすくなりますから・・・

アミュレットが主力となる以上、バハムートには滅法弱いです。
そのため、モモやツバキも採用されています。
おにぎりまるー!!!は低コストで、確定除去となれる優秀なカードですよね。

最後に、ユニコやハリネズミなど。
守備持ちを展開することで、場に残しやすくアドがとれる低コストを採用してます。

説明はそれぐらいかな。
アルベールの最大18点OTK(5+ルミナス騎士団(1+1+1)+師の教え)。
フロントガードジェネラルの8/10の頼れる壁など・・・
プレイしていて、とても気持ちのいいデッキとなっております(*`・∀・´*)

神々の騒乱では、高コストの指揮官フォロワーが少なく、あまり変わらなかったけれど。
次の新パックで、使いやすいカード、出てきてほしいな。

ビジョップ:神化デッキ 

シャドウバース

初めてのデッキ投稿です。
新パック「星神の伝説」の解禁前で、すでに解禁されたパックは5つ目。
いろいろなカードが増えて来て、ネタデッキやテーマデッキなど。
自分の好きなカードや戦術も、遊べるようになってきました。

そこで、現時点での、私の扱うデッキの紹介です。
注意点としては、ガチで勝ちに行くデッキでは、ありません。
悪まで、使いたいデッキで戦っていくのが、私のプレイスタイルですからね。

神化デッキ
syadoba.jpg

シャドウバース全てのカードの中で、私の一番好きなカードはオリヴィエです。
シャドウバースというゲームって、たとえマイナーカードであったとしても。
進化権すら行使すれば、腐ることなく戦わせることができるんですよね。
持ち札からの選択肢の増加、コントロールデッキとして盤面の制圧など。
プレイしていて、とても面白いカードだと思ってます。

今回はオリヴィエを三枚全て投入した、とてもピーキーなデッキです。
それに、このデッキって、私の好みの全てを結集したかのようなデッキですw。

①ドローカードの多さ
②進化権重視
③コントロール


オリヴィエの弱点とは、その出したターンで4/4一体しか出せず、流れを取り戻せないことです。
それをサポートするのが、三月ウサギ。
5コスで登場させて、ちょうどオリヴィエの出せる9コスで、もう一体目が出るのがぴったりです。
オリヴェエ自体の進化は弱いので、ブリキの兵隊進化することで。
そのスキを埋めることができる、コンセプトですね。

よって、基本的には進化権が使いたい放題となるので。
カグヤや大修道女など。
進化権を使うことで、使いやすいフォロワーが揃ってあります。
また、コントロールデッキではあるけれど。
ドローカードが過剰な程多いため、低コストのカードが多めに入れてあるのも特徴的かも。

また、ジャンヌダルクと光輝ドラゴンは趣味的な存在w。
どちらも、ブリキとの相性は抜群ですからね。
イージスなんて知りません・・・

難点としては、確定除去の少なさかな・・・
終盤になると、コントロール対決ではバハムートで荒れる世界となりますからね。
テミスとオーディン採用だけでは、心もとない感じはあります。
前は、フィニッシャーとしてもアルミラージは入れてあったんですけれど。
5~6コスの重さに抜いてしまったので、まだまだ改良の余地(お気に入りデッキという意味合い)がありそうです・・・

ブレイズ・ユニオン 感想 

PSP「ブレイズ・ユニオン」の感想です。

これもまた、感想が非常に書きづらい。
何故かと言えば、ユグドラ・ユニオン及びグロリア・ユニオンとほぼシステムが同じですからね。
二番煎じ、三番煎じとなってしまうので。
戦闘システム自体は割愛してしまいます。

正直言えばグロリア・ユニオンでも同じことを言ったと思うんですけれどね。
シリーズの処女作。
ユグドラ・ユニオンが、ユニオンシリーズの中で、最も出来が良くて完成度が高い作品だと思います。
その続編としてつくられたのがこのブレイズ・ユニオンなんでしょうけれど・・・
ゲームとして楽しむなら、ユグドラ・ユニオンで十分でしょう。
ストーリーとして、ブレイズ・ユニオンを楽しんでいくことに意義があると思います。

残念ながら、恐らく絵師さんの関係上・・・
ユグドラ・ユニオンとブレイズ・ユニオンに、雰囲気ががらっと変わってしまったのが、残念でしたね・・・
後付け設定により、キャラの改変や矛盾点がどうしても出来てしまいます。
それでも、分岐ルートが出来ているのは、システムとしていい試みのように思えました。
正史ルートだけならば、どうしても悲しみのエンドに繋がってしまうのは仕方ないですから・・・。
ユグドラに繋がらず、ブレイズだけで完結してしまうトゥルーエンドが用意されていることも・・・
ブレイズ・ユニオンの良さの一つだと思います。

相変わらずの新参が入りづらい、難解なシステムではありましたけれど。
難易度自体はぐっとユグドラ・ユニオンよりは楽になったかな。
ただ、新規開拓ができるはずのないゲームになっているので・・・
ハードモードが用意されているとはいっても、プレイするのはほとんどがユグドラクリア済みのマニアばっかりでしょう。
そういう点を含めて、難易度調整は失敗しているようにも思えてしまいますね。

ユニオンシリーズのまとめでいえば・・・
ユグドラ・ユニオンの成功に酔いしれてしまって。
進化を止めてしまったのが、ユニオンシリーズのように感じてしまいます。
今、現在ユニオンシリーズの再興が、非常に厳しい時代としか言えません。
FEも見れば分かる通り、戦略シミュレーションゲームだけでは、生きていくのが難しいゲーム業界ですから。

せめて、ユグドラ=ユリル=アルトワルツという存在が忘れされないように・・・
スティング様にはどうかコラボでも何でもいいので、出して欲しいと願うばかりですw。

後、PSP版だけではなくて、GBA版もVCで出してください。
個人的にはユグドラ・ユニオンの良さはGBAにこそあると思っているぐらいですw。

ブレイズ・ユニオン かつての仲間 

ブレイズ・ユニオン

現皇帝が倒れ、革命が成功しました。
もともと、圧政に喘いでいた帝国でしたから。
新皇帝のガルカーサに、喝采が送られている・・・その舞台裏で。

魔竜のブロンガの代償に喘ぐガルカーサがありました。
bureizu-26-1.jpg
bureizu-26-2.jpg
ネシアの力により、供物を捧げることで、なんとか押さえ込んでいる状態です。

また、ネシアからの悪魔の囁き
bureizu-26-3.jpg
帝国だけではなく、他国をも侵略させようとする甘い言葉。
これが三年後、ファンタジア王国を攻めるきっかけとなるのでしょう・・・
ネシアはファンタジア王国を戦争に引き釣りだして・・・。
聖剣グラン・センチュリオに血を吸わせるという目的があるため、このような誘導を行ったのでしょう。

このままでは、ガーロットが誤った道を進んでしまう・・・
もとブロンガを倒した英雄の血を引くメデューテは、勝てないと分かっていても・・・
身をはってでも、ガーロットに”仲間”としての心を取り戻そうとします。
bureizu-26-4.jpg
しかし、かつてのガーロットの心はないのか・・・
bureizu-26-5.jpg
反逆の意思を見て、仲間であったメデューテを殺すといいます。
ただし、これは部下の前での話でしょう。
仲間だからといって、反逆を許しさえでもしたら、皇帝としての立場がないですからね。

パーティはネシアやバルドゥスの方が、史実に合いそうな気も。
bureizu-26-6.jpg
どうせ、ガルカーサで倒して終わりなんだから、深く考えなくてもいいぐらいですw。
bureizu-26-7.jpg
仲間同士が殺し合う姿を見て、ジェノンも止めようと入りましたが・・・
ジェノンもメデューテの仲間と見られてしまいました。
bureizu-26-8.jpg
さすがにガルカーサも処刑とは言わず、牢屋に軟禁状態にさせられたのでした。

ここで、エンディングが入ります。
ジェノンとメデューテ、三年後の戦争にその名前が出てくることはなかったので。
もしかしたら、ネシアがこっそりと処理していたのかな?って予測してたんだけどね。

その後のエピローグで、逃されていたことが判明しました。
bureizu-26-9.jpg
そこにはメデューテやジェノンだけではなく・・・
バイフーやスレイプといった、三年後の戦争で出てこない仲間たちの姿がありました。
現在の帝国の姿を見たくないからと・・・他の大陸へ移っていったみたいですね。
なるほど、そしてイータはあの大陸へと、繋がっていくのですね・・・

これで、ブレイズ・ユニオンクリア!
無事に、念願であったユニオンシリーズ全て、ブログ内でプレイできたことになります。

ブレイズ・ユニオン 皇帝ソルティエ 

ブレイズ・ユニオン

帝国軍兵士に圧倒的な力を見せつけるガルカーサ。
その姿には、昔からの仲間であるジェノンとメデューテは、もうガーロットではないと・・・
bureizu-25-1.jpg
帝国の未来に、そしてガーロット自身に危惧しているみたいです。

閑話休題。
わずか二戦ですけれど、もうすぐに帝国軍とのクライマックスです。
bureizu-25-2.jpg
士気を高めるガルカーサ軍。
迎え撃つは帝国皇帝ソルティエ率いる、帝国軍主力部隊です。
bureizu-25-3.jpg
ここでの出撃を、アイギナ、レオン、ネシア、バルドゥス、ジルヴァにしたら・・・
なかなか、熱い展開になりますよね!
でも、ドロップアイテムの関係上、やはりLUKがカンストしているパメラを入れるんですけどね(
やはりユーディの方が雰囲気はあったかなあw。

まず向かいうつは親衛隊長のラピス。
bureizu-25-4.jpg
前作とアイギナと違って、二戦しか刃を交えなかったし。
ちょっと影の薄さが露呈しているかも。
ユグドラのアイギナも、同じ装備をしていましたが・・・
レヴォリューション+一騎打ちの時に必勝
という組み合わせの厄介なボス・・・のはずなんですけれどね。

レヴォリューション自体はシールドバリアで防げてしまうこともあって・・・
bureizu-25-6.jpg
如何に、一騎打ち必勝が騎馬に相性がいいとはいってもね。
この能力差では、勝負にはなりませんでした。
たった二章でジェノサイドがもうカンスト!
なんて無双ゲームなのでしょうw。

ラピスを倒すと、城門を開き、皇帝ソルティエが討って出てきます。
bureizu-25-7.jpg
ソルティエ自身もここで勝ち目がないと悟っているのかもしれないですね。
性格的に戦闘狂っぽいので、ガルカーサとの戦いを望んでいたのかもしれないです。
bureizu-25-8.jpg
今回の皇帝は、ここの一戦でしか戦っていないので、影の薄さピカイチ。
戦闘BGMも初聞きという、勿体なさですw。

ここでいうタイトル双竜とは・・・
ソルティエは魔竜のブロンガと契約したもの。
ガルカーサは魔竜のブロンガの血を引くもの。
bureizu-25-9.jpg
圧倒的なガルカーサの前に・・・専用スキルを使う前に、お亡くなりになってしまいました\(^o^)/

ブレイズ・ユニオン ガルカーサ無双 

ブレイズ・ユニオン

盾を破るのは矛なのか?
さて、とうとうプレイヤーキャラとして、使えるようになりました。
皆のトラウマ、炎帝ガルカーサ。
bureizu-24-1.jpg
ガーロットの喋り方ですらなくなり、もはや別人のような感じですけれど・・・
ガーロットの気持ちはまだ残っているようにも思えます。
この仲間思いな性格は、ユグドラ・ユニオンのガルカーサにも確認できましたからね。

さーて、ガルカーサ無双、はっじまーるよー
装備させるのはもちろんこれ!
bureizu-24-2.jpg
連戦ハンデなし!
これでガルカーサ一人突っ込ませるだけで終わらせるという・・・
素晴らしいゲームが誕生しました。

見てください、このカードパワーも・・・。
bureizu-24-3.jpg
これが暴力だ! 力だ!

ふははははははははははは

bureizu-24-4.jpg
まさに気持ちは、封印ノーマルのソードマスターのごとく! アインズ様のごとく!
すごく、気持ちがいいです(・∀・)
ガルカーサの戦闘テーマソングが、これほど気持ちよく聞けるなんてねw。

この圧倒的な力を見せつけて、降伏を呼びかけるガルカーサ。
bureizu-24-5.jpg
悪まで帝国皇帝を打ち取る革命軍ですからね。
帝国そのものの軍力を削ってしまったら、意味がありません。
bureizu-24-6.jpg
バルドゥスも、ガルカーサに呼びかけに迷っている様子。
ガルカーサは今の皇帝に忠誠を誓えるのかと、さらに揺さぶりをかけて。
bureizu-24-7.jpg
バルドゥス軍意外の軍を捻り潰す圧倒的な”力”を見せつけます。
これには、さすがのバルドゥスも頭を垂れて・・・
今の帝国に何が必要なのかを悟り、裏切ることを決意するのでした。

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
バルドゥスだっさ! それで騎士か!武人か!って思ってしまいますね。
ユグドラ・ユニオン時のバルドゥスはガルカーサに熱い忠誠を誓いながらも・・・
未来を見通し眼を持つ、聡明な武人だったのに。
ブレイズ・ユニオンでは、何か思ったよりもあっさり裏切ってしまいましたね(;^ω^)
聖戦のエルトシャンや、封印のダグラスを少しは見習うべき・・・

ブレイズ・ユニオン ガルカーサ爆誕 

ブレイズ・ユニオン

呼びよこせ魔竜の血
怒りに任せ覚醒した、あの力は何だったのか・・・
bureizu-23-1.jpg
ネシアに誘導によって・・・
帝国を開放するために、魔竜のブロンガの力の封印を解くことになります。
一度、道を踏み外してしまったら・・・
その道が間違っていたと気付けるのはいつなのでしょうね。

魔竜復活の儀式。
ユグドラにも登場した、かのロスト・アリエスの祭壇にて行われます。
帝国から、随分と遠出してきたものですね。
bureizu-23-2.jpg
司祭ベアトリーヌから明かされるガーロットの秘密。
魔竜のブロンガの力を持って生まれてきたものの、その力は強大過ぎた・・・
ガルカーサの母として、ベアトリーヌは子供の幸せを願い・・・。
魔竜の力を封じて、帝国の孤児へと預けたと。

その封印された力を開放するためには・・・
bureizu-23-3.jpg
封印者である、実の母のベアトリーヌを殺す必要性がある。
bureizu-23-4.jpg
もうこの時点で、シスキアの死でガーロットが歪んでしまったことが分かります。
かつて、犠牲0で夢を叶えようとしていた、ガーロットの姿はそこにはありませんでした。
今は復讐という怒りの力を、夢に正当化してしまって、暴走しているのみ。

またしても・・・
ざ ん ね ん な が ら
bureizu-23-5.jpg
LUKの関係上、引導を渡すのはパメラなんですよね(
ばごーん!
深刻なストーリーになりつつあるのに、いつまでも癒やしのパメラさんでしたw。

実子に殺される親の気持ちは・・・
bureizu-23-6.jpg
もしかしたら、封印して孤児となったガーロットが幸せだったのか。
自分の選択した道に、罪悪感があったのかも・・・

ブレイズ・ユニオン シスキアの死 

ブレイズ・ユニオン

別離
一旦別れたシスキアとの合流地点へと急ぎます。
bureizu-22-1.jpg
しかし・・・というか、フラグ通りに。
その場所に、シスキアは到着していませんでした。

そして、発見されたのはヴェルマンに刃を突きつけられたシスキアの姿が・・・
ヴェルマンの裏切り。
bureizu-22-2.jpg
時事上の反乱軍の大将はガーロット。
今までの雇っていたヴェルマンはお飾りになってしまうこと。
そして、ガーロットに潜む”何か”に怯え恐怖し・・・
グラムブレイズを解体する必要があると、考えたのでした。
bureizu-22-3.jpg
まさに、小物か・・・
しかし、戦力が大幅に膨れ上がったグラムブレイズを倒すには、この方法しかないのも事実でしょう。
・・・しかし、ヴェルマン裏切りのフラグが一切、なかったかな
恐らく、ヴェルマン裏切りは分岐ルートでなくなる場合もあるはずなので・・・
それ以前にフラグを建てることができなかったのでしょうね。

ここでグラムブレイズが負けてしまえば、
悲願であったガーロットの夢が潰えてしまう。
シスキアは自らの足で、崖から飛び降りてしまうのでした・・・
bureizu-22-5.jpg
絶叫を上げるガーロット。
bureizu-22-6.jpg
怒りと悲しみにより・・・”何か”が今目覚めようとしている。
この覚醒は一時期だけですぐに終わってしまったんですけれど。
力そのものの兆候が、ここで初めて明かされました。

シスキアの落ちた場所には、”乙女の涙”
bureizu-22-7.jpg
ユグユニのキリエを思い出してしまいますね(`;ω;´)

最後はヴェルマンを殺して、このマップはクリアですね。
bureizu-22-8.jpg
貴族のあなたも戦えたんだなあ・・・
ドロップアイテムの都合上、LUKの低いガーロットに敵討ちさせられないのは、ちょっと悲しいですけどw。

ブレイズ・ユニオン 歪みの前触れ 

ブレイズ・ユニオン

うつろう時の中で
反乱軍の大将として、いまだに決意ができていないガーロット。
そんな中で、シスキアはガーロットを支えています。
bureizu-21-1.jpg
”私達の目的”
それは格差の少ない平和な世界を作ること。
これはチャプター1で覚悟したガーロットの言葉です。
bureizu-5-5.jpg
今まさに・・・そのチャンスが与えられたといっても、過言ではないですからね。

しかし・・・帝国の密偵も将軍も有能で、仕事が早い。
ガーロットに反逆者として、討ち取ろうと動いてきます。
bureizu-21-2.jpg
迎え撃つは帝国大将軍のバルドゥス。
すぐに帝国軍主力が参じてくるとは・・・さすがのグラムブレイズもたじろいでしまうでしょう。

・・・システム上の戦闘自体は楽勝なんだよ?
もう終盤ということで、装備できるアイテムも惜しんでいないですからね。
bureizu-21-3.jpg
しかも、夜固定でコーマカルマが仕えるパメラ様がいらっしゃるわけで。
バルドゥスが連れてきた騎兵も、型無しといったところ。
・・・チャプター6って、最後なんだよ?
いくらモブキャラとはいっても、ATK☆2はさすがに弱すぎなのでは(;^ω^)

しーかーし、ストーリー上は大ピンチ。
bureizu-21-4.jpg
バルドゥスの追撃から逃げるには、ヴェルマン砦の背後に川しか逃げるしかない。
シスキアは逃げ道を作るために、先行していきます。
bureizu-21-5.jpg
フラグ建てるのやめなさーいw
いやいや、育成できるキャラで、しかもスティール枠が居なくなるのはないでしょ(;^ω^)

シスキアが脱出ポイントに到着するまで時間をかければ、クリアとなります。
bureizu-21-6.jpg
ガーロットとパメラで、プロテクトがかかった士気1のバルドゥスで遊んでました\(^o^)/
なんか大ピンチって感じがしないですねー
せめてHIGH状態にしておけば良かったのに(

それでも、後々分かるバルドゥスの心情を考えると・・・
highにするのは、士気的に考えても、変ではありますね。

ブレイズ・ユニオン その時歴史が動いた 

ブレイズ・ユニオン

狂戦士の叫び
レオンが反乱軍に力を貸していた理由。
bureizu-20-1.jpg
妹のエレナが人質に囚われていたからでした。
決死の覚悟で、エレナを助けるレオン。
・・・よもや三年後の戦争で、そのエレナにレオンが倒されることになるなんて、ね。
今作のレオンと、ユグユニ時のレオンが、同じ人物に到底思えないですよね。
性格や作画のタッチも含めて・・・
そのエレナが暗殺者に入っている辺りを考えると、兄を変える何かが起きたとしか、思えないです。

と・・・まあ、戦闘自体はかなり楽なので、あまり書くことはないですけれどね。
bureizu-20-2.jpg
アイギナ、パメラと山賊に多い対斧は楽に処理できてしまいます。
それに、ユグドラとくらべても、敵自体のパラメーターがあんまり強くない感じがするかな。
だって、ボスのバンドラですら、アイギナの☆4のATKに負けてるぐらいですからねw。
終盤のボスで尚且つ山賊なら、☆5ぐらいあっても、違和感ないかも。

その後、必死の形相で生き延びようとするバンドラ。
bureizu-20-3.jpg
今回の正史ルートでは、バンドラの詳細は不明のままでした。
どうして、そこまで生に執着するのかも、分からずじまいかな。

歴史は夜、動く

チャプターが5のラストのマップです。
bureizu-20-4.jpg
暗殺者からヴェルマンを守るというもの。
敵自体がモブキャラしかいない、簡素なマップなので、特に特記することはないかな。

分岐は・・・調べたルート通り。
bureizu-20-5.jpg
反帝国軍を作る、正規ルートです。
先程の滅ぼした反乱軍とは異なり、革命を起こすためのもの。
ガーロットが反乱軍の御旗となり、帝国軍へと反旗を翻します。

ラストチャプター
bureizu-20-6.jpg
ここからは、ブレイズ・ユニオンからユグドラ・ユニオンへと繋がる分岐ルート。
少しだけではあるけれど、細かく日記を付けていこうと思います。

ブレイズ ティエラ炎上 

ブレイズ・ユニオン

帝都軍事演習
かなり規模が大きくなってきたグラムブレイズ。
とうとう、皇帝の目に止まってしまい、軍事演習という形で・・・
力を示させることになります。

相手はなんとあの、帝国の大将軍バルドゥス。
bureizu-19-1.jpg
名将と言われる将軍自らのご相手。
たかが一貴族の私兵団として、見誤っているみたいですけれどね。

さすがは将軍、尋常なく強いです。
というより、道が得意のバルドゥスが配置されているものだから、本当に硬い硬い・・・
bureizu-19-2.jpg
スティールで弱体化させないと、やっていけないレベルです。
バルドゥスVSガーロットの騎兵対決が、結構熱いかもw。

結局は、主戦力ではないと入っても、帝国一の武人を下してしまったグラムブレイズ。
ヴェルマンの危惧したとおり、皇帝から目をつけられてしまうのでした。

守るべきもの
ヴェルマンに反逆の意あり!
そう、疑いをふっかけられて、ヴェルマンが帝国首都へ出頭する・・・その矢先に。
反乱が勃発。
bureizu-19-3.jpg
ガーロット、シスキア、ジェノンで動いていた最初の村が・・・
反乱軍により制圧されてしまったと、一報が届きます。
ヴェルマンの機転により、ネザー地区へ急遽向かうことに。

ティエラ炎上
一番最初・・・1-1でガーロットを動かしていたあのマップが・・・
まさに火の海と化してしまっていました。
bureizu-19-4.jpg
士気ダメージに影響はないんですけれどね。
逃げ遅れた市民を助けるために、反乱軍と戦うことになります。

反乱軍の主力は二翼。
bureizu-19-5.jpg
片翼は、ガーロットを目の敵にする騎士レオン。
レオン自体は、反乱すること自体には意義を感じていない様子で。
むしろ、市民の誘導を見逃していた感じはありますね。

レオン自体は対して強くなくって、ガーロットとパメラで撃破できてしまいます。
撃破後、ガーロットの説得により、レオンは考えを改めます。
bureizu-19-6.jpg
残る反乱軍の首謀者はバンドラ。
このティエラでは決着を付けることが出来ず。
反乱軍の本拠地へ、進軍することになります。

シールドバリアも余裕のカードパワーカンスト!
bureizu-19-7.jpg
4000超えのカードも多くなってきました。

ブレイズ・ユニオン 雪上の温泉 

ブレイズ・ユニオン

戦火に立つ修羅
反乱軍の本拠地へ。
そこは雪が降り積もる高所の場所でした。
bureizu-18-1.jpg
ユニオンシリーズで雪原が出てきたのは、何気に初めてかな。
砂漠地形のように1ターンに1マスしか動けないことに加えて。
夜だと、ダメージを受けるみたいですね。

そんな雪山で・・・
ユーディさん、大暴走w。
bureizu-18-2.jpg
砲台で撃ちまくり!
bureizu-18-3.jpg
雪崩とか山崩れとか、起きそうで怖いんだけどw。
中ボスの黒騎士レオン自体は、苦手な森林地形に突っ込んでくるので。
悠々と対処ができてしまいました。

パメラ専用スキル!コーマカルマ!
苦手なウンディーネ相手でも、この1VS7の状態でも勝つことが出来ます。
bureizu-18-5.jpg
相手をねむり状態にさせる、チートスキル。
眠った相手は無抵抗になるので、ジハードやメギドと同じように、発動したら勝ちという、バグみたいなスキル。
ただ、夜限定であるのと、ボス属性には効かないので・・・
モブキャラを壊滅させるには、向いているスキルですね。

それと、この雪原には温泉イベントも用意されていました。
bureizu-18-4.jpg
ルシエナ姉さん・・・どこから来たの・・・(;^ω^)

ソルトロード

ブレイズ・ユニオン 武術大会 

ブレイズ・ユニオン

戦士達の休息-Boy's Side-
束の間の休憩。
ガールズ達が貞操の危機にあっている間。
一方で男達は、武術大会に参加していました。

3VS3のバトル。
初戦はインザーギなので瞬殺です。
一戦を終えるごとに初期位置にまで戻っていくのはメンドイかもw。
唯一メインで育てているガーロットが固定位置で、一番遠い場所なんですよね・・・
ただし、カードも逐一補充されるため、チャリオットのカードパワーが一気に伸びましたヽ(=´▽`=)ノ。

二戦目は、ブレイズからの新キャラ。
皇帝の側近、ラピス。
bureizu-17-1.jpg
本人はあまりやる気はないみたいですけれど、皇帝直々の命令。
ガーロットの力を試す目的があるみたいですね。
bureizu-17-2.jpg
スキルは、皇帝の側近ポジのアイギナと同じレヴォリューション!
しかし、ガーロットの騎馬兵には効果が薄く、使われてもタイマンで勝ててしまいます。

三戦目はジルヴァ。
bureizu-17-3.jpg
少し、悟りを開いたようですね。
ここでようやくジルヴァが仲間に加わります。
ユグドラ・ユニオンの時より、随分と丸いように思えますねw。

火の粉は集い、大火へと
現皇帝に楯突く、反乱軍の登場。
地方の村を占拠して、民を蔑ろにしていました。
bureizu-17-4.jpg
皇帝に敵対するのはガーロットの目的だとしても・・・
最も大事なのは、帝国の民。
反乱軍討伐へと進んでいきます。

反乱軍幹部は、あの黒騎士レオン、それとバンドラ。
道に配置されている騎士のレオンには苦労しましたけれど・・・
MVPターンにも余裕があるし、特に苦労することもなくクリアしてしまいました!

ブレイズ・ユニオン お持ち帰りぃ~ 

ブレイズ・ユニオン

戦士達の休息-Girl's Side-
決戦となる前の・・・最後の一息。
女性は女性陣だけで買い物に行っていたみたい。
bureizu-16-1.jpg
イベントではパメラが専用スキルコーマカルマの入手があります。
夜限定とはいえ、非常に強力なスキルカード。
後で、紹介することもあると思います。

若い美人だらけの集団。
そこへ・・・ナンパ男登場!
bureizu-16-2.jpg
お持ち帰りって・・・お~い(;´∀`)
bureizu-16-3.jpg
”誰か一人でもお持ち帰りされると・・・”
って、敗北条件が一層酷いです・・・遊びすぎですw。

・・・ダメだ、この男の人達(
bureizu-16-4.jpg
そういえば、グロリア・ユニオンでも同じようなイベント、ありましたね(;´∀`)
同じような感想を書いた気がするんですけれど。
彼女達も貞操を守るために、剣や斧を振りかざして、戦争してるんですよねw。
戦闘シーンでは彼女達だけではなく、部下も居ますw。

途中で・・・イータ参戦!
bureizu-16-5.jpg
く さ い
男にはどきっと来る、一言ではないでしょうか?w

イータはグロリア・ユニオンでも同様に特殊なユニット。
bureizu-16-6.jpg
夜になると男性化して、ユニオンの形が変わります。
目がやばすぎぃ( ゚д゚)
顔芸クラスですw。

ブレイズ・ユニオン 粛清 

ブレイズ・ユニオン

次の内容的に切るに切れないので、短めの記事となってます。
4-4
偶然、神正教団と遭遇するグラムブレイズ。
しかし、アイギナ狙いではないみたいで・・・
bureizu-15-1.jpg
追われているのはジルヴァ。
どうやら、任務に何度も失敗した罪を被せられ、殺されようとしている様子。
・・・ユグドラでエレナを助けたシーンを思い出してしまいますw。
最もエレナは故意でしたけれどね・・・
だからこそ、ジルヴァは許せなかったのかも。

救出後、当然、神正教団にも戻れないジルヴァ。
bureizu-15-2.jpg
やっぱり・・・正史では、仲間になってますからね。
まだ心に迷いがあるジルヴァ。
ここでは、仲間には入りませんでした。
・・・ユグドラ時より、随分と心を持つアサシンのように思えますw。

さてさて・・・
bureizu-15-3.jpg
チャプター5に入ります。
bureizu-15-4.jpg
チャプター3と同じように分岐ルート。

正史ルートを通れるように、攻略マップを選択していきます。

ブレイズ・ユニオン 預言者ネシア 

ブレイズ・ユニオン

4-3
帝国に暗躍する預言者ネシア。
bureizu-14-1.jpg
く、くろまくだー∑(`□´/)/
正史では、ネシアは五頭竜将の一人。
帝国再建において、重要なポジションに着くのは避けられないです。

一方で、エイミとの再会。
bureizu-14-2.jpg
まだ兄上を探しているみたいですが・・・
bureizu-14-3.jpg
お兄様の名前を”ガルカーサ”という。
と、いうことは・・・エイミはつまりエミリオ。
偽名を使っていることに、理由がありそうですね・・・
ガルカーサ・・・ガーロット・・・あっ(

さてさて、グラムブレイズの力を試すということで戦闘に入ります。
マップ画面のスクショがないですけれど・・・
森林地帯のマップ・・・というか、森林地形しかないΣ(lliд゚ノ)ノ
何故か、配置されているウンディーネが非常に厄介な存在でした。
現在育てているキャラはガーロット、パメラ、アイギナ、シスキア。

ガーロットは森林地形が苦手でこのマップでは役立たず。
パメラは”ウンディーネに弱い”の特性持ち。
アイギナは剣なので、槍持ちのウンディーネには不利


シスキア意外が全て厳しいという・・・意外なところでの盲点でした。

ここで何故か・・・というか、ここでのみ活躍したキャラはミゼル。
bureizu-14-4.jpg
森林地形を活かすハンター・・・今回は空気ではなかった!
ボスのネシアにも有利ですからね。

ネシア戦。
bureizu-14-5.jpg
さすがにリインカーネーションではありませんでした。
ネクロマンサーと偽り、ネクロゲートを使ってきます。
bureizu-14-6.jpg
レヴォリューションで一掃!
ユグドラ時はあまり頼りにならなかったレヴォですけれど・・・
ブレイズ・ユニオンでは、心強いカードスキルになってますw。
CC前のユグドラのパワーが低すぎたからかな?

これにより、ネシアがグラムブレイズの参謀として、参戦。
bureizu-14-7.jpg
まさかのラスボスが味方として戦闘にも加わってくれますw。

ブレイズ・ユニオン セリカ様出現 

ブレイズ・ユニオン

4-2
グラムブレイズの戦力強化のために。
bureizu-13-1.jpg
預言者の住む深き森へ向かっている最中でした。
・・・預言者って、まさか、いやーな予感(

それはさておき・・・
荒野の途中で、奇襲を受けることになります。
bureizu-13-2.jpg
待ち伏せていたのはセリカ。
・・・どうして、こんな山賊なんかに筒抜けなのでしょうね。
グラムブレイズか伯爵の関係者に、通じている者がいるとしか思えないのですけれどw。

折角、砂漠のない左上のルートから近づいたと言うのに・・・
増援箇所は下からかーい( ゚д゚)
結局、やり直して下のルートから進むことにしました。
bureizu-13-3.jpg
セリカ側の敵は、斧しか居ません。
つまり、剣であるアイギナ一人突っ込ませておけば、3すくみ有利で余裕で倒せてしまうんですよね。
やっぱり、頭はおバカσ(・ω・*)

本体の後ろから攻めてくるインザーギ隊。
bureizu-13-4.jpg
もう何度目かの・・・
だ れ だ よ !!! ( ゚д゚)
アイギナ意外の全員で、対処。
戦力的も余裕ですね♪

ブレイズ・ユニオン  

ブレイズ・ユニオン 

CHAPTER4
bureizu-12-1.jpg
ようやく分岐ルートが終わって。
ストーリーに戻っていきます。

4-1
神正教団からの差し金。
ジルヴァの強襲。
bureizu-12-2.jpg
白昼から、どうどうと暗殺してこようなんて・・・
夜が得意なアサシンが、どうしたって感じですね。
ジルヴァの焦り具合が分かる気がします・・・
さすがに、昼が得意なハンターが夜襲を仕掛けようだなんて、在りえないですからね(^_^)

アサシン及び弓属性は突撃を受けると、反撃できないので負けやすいです。
だから、こちらの攻撃で全てを倒してしまうか・・・
もしくは、スキルで対処することが重要。
bureizu-12-3.jpg
今回の場合も、ガーロット一人で突撃!

先手を取られても、連戦ハンデで人数が減っていたとしても・・・
bureizu-12-4.jpg
こちらのHPと相手のHPを同じにするチャリオットがあれば、有利に進められてしまいます。
チャリオットの良さは、発動後もスキル溜めを行う時間が取れるという点。
ユグドラもグロリアでも、騎兵はあまり使ってこなかったから。
初めて、使いやすいなって思ってしまいました。

一旦はジルヴァの捕縛に成功するものの・・・
部下の捨て身な助けにより、逃げられてしまいます。
bureizu-12-5.jpg
ふむふむ、ジルヴァも部下に慕われていることが分かりますよね。
この間、ガーロットは少しばかりジルヴァの身の上について、話す機会がありました。
ジルヴァも神正教団という組織に囚われた、被害者なのだと。

ブレイズ・ユニオン 未来の宮廷魔術師 

ブレイズ・ユニオン

外伝ばかりなので、超駆け足で!

帝国の生み出したモノ
現在の帝国による圧政。
苦しめられる民、肥える貴族たち。
それに意を唱えて、義賊を名乗る人は、ガーロットだけではありませんでした。

バンドラ。
彼も今の皇帝を許すことが出来ず・・・
貴族からの強奪で、山賊をやっているのでした。
bureizu-11-1.jpg
ヴェルマン伯爵は、バンドラを仲間に引き入れるために、やってきましたが・・・
ガーロット達とは違い、少し曲がっている思想のために。
断念することになりました。

戦闘自体は特に倒すだけなので、特記することはないかな・・・

変わり者、募集中
神生教団に命を狙われるアイギナ。
仲間であるアイギナを護るため、ガーロットは槍を向けるも・・・
bureizu-11-2.jpg
つ よ す ぎ !
この時点で、半端ない強さを持っているため。
ストーリー通り、逃げるしかありませんでした・・・

しかし、罠に陥り・・・。
神生教団であるジルヴァに包囲されて、最大のピンチ。
bureizu-11-3.jpg
弓アサシンの先制攻撃には、為す術もないですからね・・・

ゲーム的には1ターン退けると・・・
bureizu-11-4.jpg
援軍として、ユーディが助けに入ります。
ユーディーと言えば、大砲!
大砲の力により、絶体絶命の危機から、逃げ出すことに成功します。

この後、ユーディが仲間に!
パメラよりは、ユーディの方が物語に正しいんだろうけれど・・・
三部作で一度はパメラ育てたかったから、今回はパメラにしようかな(´・ω・`)

砂漠に拾え、一滴の涙
ユーディの条件により、神生教団との密約から強奪します。
研究アイテムに使うらしいです。
bureizu-11-5.jpg
こちらも特に書くことはないかな・・・
砂漠の移動は1ターンに1しか進めないので、面倒ですねσ(・ω・*)

ブレイズ・ユニオン 酔っ払い半魚 

ブレイズ・ユニオン

輸送船襲撃作戦
まだまだ、分岐ルートは続きます。
今度は、ヴェルマン伯爵により、極秘に輸送される荷物。
それを解明するために、グラムブレイズ団は動きます。

それとこれとは、全く別の話で・・・
bureizu-10-1.jpg
野良の魔法使い、パメラ様登場!
パメラも荷物を狙っているみたい?

能力は非常に厄介・・・
というより、アイテム入手が大変w。
bureizu-10-2.jpg
スティール不可で、尚且つLUKが☆5。
一工夫入れないと、装備している武器、ラッキーブルームは入手できません。
bureizu-10-3.jpg
そんあときは、スキル”ヴァイス”。
使用中だけ、LUKを最大値にまで上げてくれるので。
このスキル発動の効果中に、倒すだけでOKです!

撃破後、仲間になりましたー
どうやら、PSP本体に”ユグドラ・ユニオン”のデータがあることが条件みたいです。
bureizu-10-5.jpg
パメラの戦闘テーマがとにかく好きですし・・・
ユグドラでもグロリアでも、育てることができなかったので。
ブレイズ・ユニオンで、ぜひ育てたいなって思います(*^_^*)

また、パメラで全く影を潜めてしまいましたけれど。
輸送船の荷物は、奴隷にされていたウンディーネ。
コンテナの中では、虐殺されていて、凄まじい状態であったとか・・・

生存者のウンディーネ。
スレイプが仲間になります。
bureizu-10-4.jpg
・・・??? 酔っ払い!?
なんだ・・・この、謎の属性キャラ・・・
今までのウンディーネはニーチェやフィービーと、真面目なキャラばっかりだったのにw。

ただ、戦闘の音楽は素晴らしいの一言ですw。
三部作全てのウンディーネBGMは安定してますね。

メルルのアトリエ 感想 

PSPvita「メルルのアトリエplus」の感想です。

非常に面白かった!
メルルのアトリエのシステム自体が、アトリエシリーズと相性がいいものばかりでした。

国の開拓システムについて
素材を調合して新しいものを生み出す、アトリエの基盤となるものです。
調合した物の使い道、もしくは、錬金させるための理由(わけ)として。
国を発展させるための目的となるのは、非常に合理的なシステムです。
また、発展させれば発展させるほど、これまでのない素材や品質のいい素材が手に入ったり・・・
アールズ地方が変わっていく感覚は、ワクワクさせられました。

惜しかったのは、開発後のグラフィックが少なすぎたところかな。
一回目の開拓では大きな変化があるのだけれど。
二回目以降の開拓では、何も変わらないことすらありました・・・
もっと目に見える変化を。
開拓できたという、実感が得られるならば、もっと盛り上がったように思えます。

ロロナやトトリを経て。
アーシャ以降のアトリエシリーズに繋がっていく、メルルのアトリエ。
UIについても、かなり進歩して分かりやすくなっていました。
特に大きなものは特性の部分。
これが、武器に付けられるのか、回復アイテムに付けられるのか。
自由に道具を作れるアトリエシリーズの、複雑なところなんですけれどね。
トトリでは、素材に付いている特性が、一々図鑑を調べなければ分かりませんでした。
これが、メルル以降ではセレクトボタンで防具を特性を確認できるのようになっていました。
アーシャ以降でも採用されているシステムです。

よって、初心者でも楽しみやすいという部分は大きいのですが・・・・
メルルは三部作の最後の作品ということで。
初めての人に教えるというのが、ちょっと抵抗があるんですけれどね。
こういった理由で、私がアトリエシリーズをオススメするなら・・・
アーシャのアトリエか、エスカ&ロジーにすると思います。
だって、メルルのアトリエは・・・
過去作からの登場人物が多すぎるからねw。

それでも。
メルルのために、ロロナとトトリをプレイしてもいいぐらいに。
アトリエシリーズでは最高クラスの出来だと思ってます。
絶賛していますw。

アーシャ以降では、調合システムにスキルが加わってゲーム性が広がり・・・
また、別のアトリエワールドが広がっていくことになります。
アトリエシリーズにおける、調合システムの基盤自体が・・・
このメルルのアトリエによって、完成されていたんだなって・・・
しみじみと思いました。


メルル トゥルーエンドへ 

メルルのアトリエ plus

アールズ王国もこの5年により・・・
meruru-25-5.jpg
こんなごちゃごちゃになってしまいましたw。
まるでどこかの遊園地の園内マップみたい。
これでも、まだ全ての施設を建てきったわけではないんですけれどね。

さて、エンディングです。
5年目を迎えて、6年目の四月一日。
meruru-25-1.jpg
アールズ王国がアーランド共和国に合併される、式典です。
meruru-25-2.jpg
メメモを確認してみると・・・エンディングフラグが確定したみたいです。
真・若返りの薬の意外のフラグが全て、なくなってしまっていました。
meruru-25-3.jpg
式典が開催され。
アールズ王国の女王としての生活はおしまい。
これから、メルル一人の人生が始まっていきます。

迎えたエンディングの分岐は・・・
meruru-25-4.jpg
ロロナが若返りの薬により完全復活!
錬金術師として、三人の錬金娘が共に歩んでいくENDでした。
これがトゥルーエンドみたい。
アトリエシリーズでトゥルーエンドを迎えたのは、これが初めてかもw。

ひとまず・・・
積みゲー全部消化したヽ(=´▽`=)ノ
エスカ&ロジーから始まって、PSPのアトリエシリーズを次々とクリアしてきましたからね。
他、ユニオンシリーズも加わり、最近はvitaばかりのプレイとなってしまっていました。
一世代前のゲームも少し飽き飽きしてきましたから・・・
そろそろ、最新作のゲーム、プレイしていきたいですw。

アトリエシリーズにおいては、現状の最新作。
フィリスのアトリエも、近いうちにプレイしていきたいし。
Switchで発売が決定されているアトリエも、購入は確定してますヽ(=´▽`=)ノ

メルル 真・若返りの薬 

メルルのアトリエ plus

ぷにぷに虐待により・・・
見事、人口深淵の塊が完成しました!
meruru-24-1.jpg
あれだけ多くの素材を使ってますからね。
特性も合成し放題!
現状、世界に一個しか存在しないものなのに。
在庫処分品なのか(

ここから、真若返りの薬の合成します。
meruru-24-2.jpg
またまた豪勢な素材軍です・・・
時の石版など、任せられるものは、ホムちゃんにお願いしておくのが吉ですね。
残り一ヶ月半とまだ時間があるから大丈夫。
meruru-24-3.jpg
完成ヽ(^。^)ノ
さすがは錬金術・・・
この世にあってはいけないものを生み出してしまった、そんな気がしますw。
あ、一つ分けてください(切実

メメモに書かれていた全てフラグ。
meruru-24-4.jpg
全て達成しました(*゚▽゚)ノノ
アトリエシリーズにおいて、飽き性の私が・・・
ここまでプレイしたのは初めてかもしれないですw。

後は・・・もう、ゴールしていいよね!
meruru-24-5.jpg
時を進めてしまって。
エンディングを見ることにしましょう!

メルル アールズ王国合併まで 

メルルのアトリエ plus

とうとう5年目の1月を迎えてしまいました。
meruru-23-1.jpg
アールズが王国でいられるのはあと少し・・・
meruru-23-2.jpg
自分が目指す道・・・可能性・・・
メルルはこの5年間を通して。
どの道を選択して生きていくのか・・・
エンディング分岐に向けて、悩んでいることが分かります。

錬金術師レベル、ようやく50でカンスト!
meruru-23-3.jpg
冒険レベルと違って、レベルが上がりづらくなかなか大変でした。
一度は不完全に終わってしまった、若返りの薬。
meruru-23-4.jpg
今度こそ、再挑戦です。

そのためには、この人口深淵の塊が必要。
meruru-23-5.jpg
ぷにぷに玉×28 ( Д ) ゜ ゜

虐殺DA!
meruru-23-6.jpg
メルル新聞の最初の段階でよく書かれたいた事なんですけれど。
また、ぷにぷにを杖で虐待されてることを書かれてしまいそうですw。

ぷにぷに虐待から始まって、ぷにぷに虐待で締めると・・・w

ピカ

Author:わゆ
種族:人間
能力:ご飯を食べる程度
属性:風
スキル:影
性格:おくびょう
特性:てんねん
個性:こうきしんがつよい
このブログについて

ポケモンORAS
QRコード
ハピナス道場

if (82)
SM (27)
XY (29)
BW (38)

2017年 10月 【17件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【30件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【31件】
2013年 10月 【31件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【31件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【34件】
2010年 07月 【42件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】
2009年 09月 【35件】
2009年 08月 【36件】
2009年 07月 【34件】
2009年 06月 【34件】
2009年 05月 【32件】
2009年 04月 【37件】
2009年 03月 【45件】
2009年 02月 【37件】
2009年 01月 【42件】

QR
ヴォルケンとツインテール 夢に向かって!~ポケモンブログ~ UrgentHeart tool's memo
当サイトのバナー